つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「訪問介護の散歩介助」東京の場合
前記事の続きです。
「訪問介護員の散歩同行」についての 東京都鶴亀市(仮) 
介護保険担当
 (個人ではなく部署として) の見解は、
平成21年1月16日(金)現在、

「“平成17年1月に出した見解” (ここではとする) と変わりない」  
との回答だった。


 とは、
「訪問介護員による散歩介助は、
一律に認められないというものではないが、
原則として認められない」

というもので、

「(条件を満たせば)←かめこの言い方
 現行制度においても、介護報酬の算定は可能である」

とする12月の総理の答弁内容とは、異なる。 


つまり、前記事で、かめこが確かめたかった、
① 「認められる」ということがはっきりしたのかどうか。
の答えは、 鶴亀市では「はっきりしていない」


市の見解に変わりないことの理由は、
「総理の答弁以降に、東京都から「通知」が下りているわけではないので、
市としての見解も、以前と変わりない」

というもの。
 (「通知」と表現したかどうか、定かではないです。すみません)


かめこは、初めは、
一国の総理大臣が国会で説明したことなのに、
東京都も鶴亀市も“無視”する気なのぉ
って、驚いたけど、

直接上から言われてないから、動きようがない
と言われると、
お役所仕事というものは、市区町村が自分勝手に判断出来ないんだな。
と、理解出来る気がした。



でもね、

もしも、東京都の出した見解通りに、
東京都内のすべての保険者(区や市)が見解を出し、
その通りにに実行しているなら、
そういうことになるのだろうけど、

(ただし、「東京都は、これまでの見解を見直して、
早急に、市区町村へ通知すべきだ」とかめこは思う)



どうやら、そうではないらしい。



今回、ケアマネが、
東京都内区と市の「散歩についての見解」を集めて調べたところ、 

「ひとつとして、同じものはない」
「文言に違いがあるのは、当然として、主要な部分の見解が、何通りかある」
「“医師の意見書があっても
 (つまり、いかなる場合も)認められない”とするものもある」
とのことだった。


東京都の場合、現実は、
保険者(区や市)によって、独自の見解をだしているというなら、
総理がなんて言ったって、
かめこには正直、
今後もたいして変わりないだろうという気がするけど・・・




さて、
鶴亀市の見解  の内容を具体的に説明すると、

散歩とは、
気分転換を目的とする散歩  と、
身体能力維持を目的とする散歩 の2通りに分かれる。


後者について、
家族かボランティアによる対応を優先させる。
それが出来ない場合、
介護保険では、
通所リハビリと訪問看護によるリハビリの2種類を提供しているので、
これを利用することができる。

というもの。

これは、
東京都福祉保険局 高齢者対策部の出した書類に基づいた見解で、
その書類は、
厚生労働省の見解に基づいている。

という。



けど。。。

“東京都の市や区の「見解」がすべて異なる” という現実の元には
あまり意味のない説明だと言う気がする。
だって、現実には、
上からの通知より、お家の事情が優先するんでしょ?



ただ、かめこには、
保険者(市や区がお家の事情を優先させるには、
それ相応の理由があるのだろうと思える。

どうして実現できないのか、
そこのところを明確にして、
どうしたら、介護保険の理念を実現できるか、
考えていかなければ、
総理大臣が国会でなんと言っても、
“絵に描いた餅” なんじゃない?





かめこが、この問題に、特に関心があるのは、

現在は、散歩介助を自費でヘルパーさんにお願いしているのだが、

平成17年7月に、
特例により、
「可愛つるが、訪問介護員による散歩介助を認められた」

という経緯があるから。

そのとき、前ケアマネに、

「これが、隣の市でしたら、認められないところでした」と、
説明を受けるなど、
これが認められることが、いかに難しいことかの
説明を受けていたのだ。



当時の経緯は、

① ケアマネが、必要性を認め、
② 「散歩の必要性についての意見書」を、
  精神科主治医のDr.お茶の水博士に求めて、
   
  (実際には、意見を記入する書類を、かめこが言付かった)
③ ドクターの意見書があり、
④ 担当者ケア会議において、必要性を認められ、
⑤ 保険者(鶴亀市)の審議を経て、
⑥ 実現した。




前記事で、かめこが確かめたかった、

今後は、
可愛つるの「散歩」についても、
②「原則として認められない」のを前提とせずに、
ケア会議で、ケアプランに載せることを検討課題にできるのかどうか


についての、市の回答は、

「そのときと、同じ手順を踏めば良いです」

だった。



でもね、あの時と今とでは、
まったく事情が異なるんだ。
その話
 (「その時と今のつるの散歩の必要性について」)の話は、
またいずれ。




追記:  (記事には初めから入れている)

1月16日夕方、市より、
「来週頭には、
12月の麻生総理大臣の国会答弁についての、
保険者としての市の見解を出して、
可愛つる担当のケアマネジャーに報告する」 
との回答を得た。

総理の国会答弁、
まるっきり“無視”という訳ではないようだね。




押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
認知症の症状の出た67歳終わり頃からの10年余のお話です。
ご注文よろしくお願いします。
【2009/01/18 16:51】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ショート先への連絡事項 | ホーム | 首相答弁書を読んで>>
コメント
応援ポチに来ました。
総理大臣、それがどうした? って言われそうなほどの軽さですね。そっちの方も気になります。
【2009/01/18 19:39】 URL | 八歩 #VEIOABK.[ 編集]
e-365より、八歩さんへ
応援ありがとうございます。
もしかすると、市区町村にとっては、逆に重過ぎるのでないかとも考えています。
【2009/01/19 15:25】 URL | 八歩さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-254 
あまりにも手続きが 何でも面倒。
同居のおばぁちゃんの 介護認定見直しをしていただいたのですが
バリアフリーに関すること、ヘルパーさんがどこまで仕事として手を貸せるか・・・
本当にケアマネさんや 市役所や病院の先生方と何度も書類を書いて 
話し合いをして・・・・
もっと柔軟に対応してくださると嬉しいのに・・・

かめちゃんの行動力・洞察力。
会いに来ると 本当にいつも元気をもらってますv-10 
踏まないといけないから
【2009/01/20 12:51】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
e-365より、v-254海空ママさんへ
その話し合いの真ん中に、おばあちゃんのことを一番理解されているママさんが、いるんだよね。
同居のおばぁちゃんは、どんなにか心強いことだろうね。v-10

踏まないといけない・・・?
【2009/01/20 16:03】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-254 ???
踏まないといけない・・・?何だろう?私にもわからない (´゚ω゚):;*.:;ブッ

(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!! 変換ミスかなぁ・・・
気にしないでください  本当にわからないの

話し合いのとき・・・いつも 携わる機関・スタッフの方々が 
『おばぁちゃん』だけでなく 『私』のことも気にかけてくださってるのが
手に取るように伝わってくるので 本当にありがたいな・・・と
いつも感謝せずにはいられません。
【2009/01/21 22:26】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
e-365より、v-254海空ママさんへ
そうね。
かめこが5年ほど前に、つるちゃんとまた、家で暮らすようになったとき、
ケアマネは、「私はかめこさんも見ています」「ホウカン(訪問看護師)さんにも、そのように言いました」と言われました。
何しろ大病してるから、とても気遣っていただきましたよ。
感謝しています。
【2009/01/22 12:11】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/945-792cb534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。