つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
感情の波
きのう10月23日(木)付けの、朝日新聞朝刊生活面を読みながら、
泣いてしまった。

そのページの記事は、
「備える」と題した続き物、 「人生のエンディング⑨終末医療2」 


[2]だから、当然[1]がある。
[1]が出たのは、先週の木曜日。
それを読んだときには、
つるちゃんには、まだまだ先の話だと思っていた。
まさか1週間後に、続編を読んで自分が泣くなんて、
思いもしなかった。

なのに、
そのたった6日後に、
「この先、胃ろうするかどうか」といった「終末医療」の話が出たんだ。





「終末期」とは、
16日付け朝日新聞記事の中の、全日本病院協会の言葉によれば、
「治療効果が期待できず予測される死への対応が必要となった期間」


2003年夏に、つるちゃんは
ほとんど食べられなくなった時期があって、
栄養補助リキッドのお世話になっている。

(施設に居たときなので、かめこは食事の様子を把握してない)

そのときと今回とでは、
それまでの経過が全然違う。
今回だって、このまま食べられなくなるとも思っていない。
だから、つるちゃんが「それ」なのかどうかは、分からないけど、
終末医療の選択について、
かかりつけ医から具体的な話が出るような時期にはなった、
ということは事実だ。

近づいていることは、確かなんだ。 
   そうこみ上げて、涙が出たんだろう。



ちなみに、
初めて医療関係者から、「終末医療をどうするか」という話が出たのは、
2003年12月。
認知症専門病院「和やか病院」(仮)に、初めて入院した日に、
担当看護師長さんから、

「考えておいてくださいと、皆さんに話しています」と、お話があった。

かめこは、そういう話が出ても、別に驚かなかった。
つるちゃんのアルツハイマー病と言う病気は、
進行すれば、生命に関する機能にも障害が出てくる病気だと、
知っていたし、
それまでにだって、
自分の生き方死に方、つるちゃんについても、考えてはいたから。




だけどだけど、

終末医療についての情報を読んで、

泣く日が来るなんて、

想像しなかった。



(きょうは、その記事を読んでも平気でした。
自分が泣いたのも、少し他人事みたいに感じています。
感情って、いろんな波があるんですね)




 (書いたのは24日ですが、記事は25日の日付になってしまいました)

【2008/10/25 00:46】 | アルツハイマー病(非定型)2 | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<息子の来た日 | ホーム | リキッドと今後の話>>
コメント
v-375
私も  ばぁの病気を知ってからというもの
いつもいつも心の中には「覚悟」というものを存在させて過ごしてきた
でも、それでも やっぱ目の当たりにそれを現実の物として目の前にその姿を見たら そりゃ心穏やかに なんて居られるわけがないよね

いつだって心づもりはしていて、理解して、その場にきちんと対応出来てたとしても
人間だもの 家族だもの。
それが当たり前な感情。

今日 25日は 姪の誕生日なの。
5才まで生きられないだろうと言われて 10才まで生き続けて輝きながら空に昇った子。
でも、親の気持ちは  たとえ覚悟はしていても 理屈じゃないよね

かめこさん    泣いていいんだよ。
【2008/10/25 12:31】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
v-17ishokujuu

かめこさん。その通りです。

人には感情があるからね。
感情の波は、やはり何かが不安定な時にやってくると思います。
疲れている時も・・・・

ぐらぐら揺れるのは当たり前です。

私なんて、すごいもんです。
でも、最近はマインドコントールが少し出来るようになりました。

かめこさんも感情的になるんだ!と分かって、私はますます「つるちゃんとかめこ」になりましたよ。
【2008/10/25 18:34】 URL | ishokujuu #-[ 編集]
v-17ishokujuu

ん?文字が抜けてる。
「つるちゃんとかめこ」になりました・・・って意味不明ですよね。

正解は、
「つるちゃんとかめこ」のファンになりました。
でした。
【2008/10/25 18:36】 URL | ishokujuu #-[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
介護記録とかではなくて、情報読んで泣くとは思わなかったわ。
それも、瞬間ではなくて、しばらくダメでした。
それまで張り詰めていたというか、頑張っていた部分があるんでしょうね。
自然な自分の気持ちだったんだろうと思います。
これからも、無理に何かを抑えたりはしないと思う。
ウルルさん、どうもありがとうね。
【2008/10/25 23:40】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-17isyokujyuuさんへ
ぐらぐらというのとは違うの。自分でも意識してなかった、心の奥にあるものが顔を出したという感じでした。
ああそうか、と自分の気持ちに気づきました。

isyokujyuuさんは、マインドコントロールが出来るようになられたのね?
努力された成果なのね?

かめこは、怒りんぼうなの。直ぐにカァッとなる。そのまま勢いでストレートに声に出す。なかなか治まらない。
でも、怒り以外では、気持ちの切り替えが直ぐ(同時に)できるみたい。
ずっと前から思っていたのですが、
他の人が「我慢する」所を、我慢しないですむのは、「気持ちをうまく切り替えられる」からのようです。
また、ショートに預けている間は、つるちゃんのことを心配しない、というのも、切り替えが出来るの。
【2008/10/25 23:53】 URL | isyokujyuuさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-17isyokujyuuさんへ
たまたま、ひとつ目のコメントいただいて直ぐに拝見しました。
「好き」か「ファン」かのどちらかだと思ったわ。
isyokujyuuさん、ありがとう。
【2008/10/25 23:56】 URL | isyokujyuuさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-354 かめこさんこんにちわ。
私もなんだろう。。情緒不安定な事がたまにあって、仕事が終わって自宅へ戻るのが嬉しいはずなのになぜか涙が出てきたり。。。っていうことがたまに(本当にたまにですけれど)あります。
色々な認知症の本など図書館で読んだり、職場ででケアマネさんが来ている時に急に先が不安になったことも。  なんだろうホルモンのバランスとかも影響しているのかな??  特に私の場合は生理前は何も義父に問題がない一日でも精神的になんだか辛く感じる事がおおくて。 本当に不思議です。

我が家はまだあまり進んでいる方ではないけれど、やっぱり不安なことだらけです。  いつもかめこさんのように色々と工夫が出来るといいのですが(^^ゞ  
【2008/10/26 12:57】 URL | ♪まき♪ #-[ 編集]
v-516こちら(地方紙)での、
「終末医療。家で(最後を)看取る」という特集で
かなり詳しく具体例と説明があったにもかかわらず、
まるで人ごとのようで実感がわかなかったのですが、
かめこさんのこの記事を読んで、まさに「今」なのだと思う始末です。

言葉が無防備にすとんと心に入ってくる時、知らず知らずのうちにほとばしるっていうか、そんな波があるような気がします。
【2008/10/26 16:16】 URL | みつこ #mQop/nM.[ 編集]
e-365より、v-354♪まき♪さんへ
皆さん、誤解されてるようだけど、
認知症が進行してからの、こういう不安より、♪まき♪さんの義父様の頃についての不安の方が、ご家族のストレスは大きいものです。
つるちゃんの場合は、これからどうなるか、速度以外はある程度予測がつくから。
でも、義父様の場合は、突然何か事件が起こったり、出来なくなることが増えてきたりしている時期ですよね?この先何が起こるのか、とても不安だろうと思います。ご家族は情緒が不安定で当然だわ。女性が不安定になる期間は特にね。
それにストレスって、その日何かがあったから大きくなるだけではないと思うの。日々頭のどこかに、お父様のことがいつもあることが、ストレスになるものだと思います。愛情の大きさなどには、全く関係なく。
ねぇ、♪まき♪さん、「これは病気がさせているのだから、本当は我慢しなくてはいけない」と、思わなくていいのよ。
今のスリブリさんも(すみません、例を出します)かめこも、我慢しているわけではなくて、気持ちの切り替えが上手なんだと思います。
出来るようになったのは、人生経験のなせる業かも。
かめこは、つるちゃんが元気な15年ほど前に、病的に情緒不安になって、精神科に通っていた時期があるんです。(こういうのは時間がかかる)
優しい理解あるオットがいても、崩れるときには崩れるものですね。
【2008/10/26 17:29】 URL | ♪まき♪さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
そんなこと意識されなくて、良かったのに。。。どうもすみません。
それに、一口に「終末期」といっても、進行が速かったり激しい痛みを伴うようなご病気の場合とは、違いますよね。

最後の2行、この記事の場合は、まさしく「それ」でした。
【2008/10/26 17:47】 URL | みつこさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/900-fdf06b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。