つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
認知症:わからない部分を探せ
2月23日(土)、NHK教育テレビ『ETVワイド』は、
“認知症”をテーマに、医療と介護の情報が放送された。
この番組の終盤で、
介護士の和田行男氏が説明されていた事柄が、
介護の手がかりの一つとして、わかりやすかった。
かめこは、以前から知っていて、一度記事にしたいことだったので、
ここで取り上げさせていただく。



ただ、和田氏の説明とは若干変えて、
かめこの言い方で説明させていただきます。
ニュアンスは、間違えてないと思うのですが。



和田氏は、
認知症になったからといって、何もわからなくなった人ではない。
わからない部分を特定して、適切な援助をすれば、出来ることもある、

という意味の事柄を伝えていたのだと思う。



番組では、
【お茶を入れることが出来なくなってしまった】
と、いう例を取り上げて、 

【お茶を入れる】 という作業を、
【やかんを探す】・【やかんに水を入れる】・【やかんを火にかける】
などと分解して考えて、
どこがわからないのかを、具体的に観察すればよいと、説明された。


例えば、
【やかんを探す】でつまずく人は、
         →やかんと鍋の区別がつかないのかもしれない。
          やかんのしまい場所を忘れたのかもしれない。
また、例えば、
【火にかける】でつまずくとすると、
→どちらのスイッチを押せば火がつくのか、わからないのかもしれない。

という風に、
その人個人の、出来ない部分を具体的に探していくのだ。

とにかく、動作の一つ一つを区切って考えていく。



これを、
これまで、『わからなくなってしまって大変だ。』 と思われていた、
具体的な事柄について、
試してみてほしい。




例えば、
【お風呂とトイレの場所を取り違えてしまう】 という方がいるとする。

出来なくなってしまったと、あきらめないでほしい。

まず、
その人が、部屋からトイレまで行く動線の一つ一つを具体的に区切ってみる。
その一つ一つについて、詳しく観察する。


明るい廊下では、迷いなく歩く、  
のに、
トイレの前の廊下では、困る様子だ。
もしかすると、
廊下が暗くて、わかりにくい為、トイレの位置がわからないのか?

また、
トイレだと気づけないで、通り過ぎてしまう。
もしかすると、
トイレのドアが閉まっているからか? とか。

そういうことが、発見できるかもしれない。



認知症の人は、
そうでない人にとっては、「簡単なこと」で、つまずいてしまうことがある。
予測つかない、「難しいこと」があるものだ。
だから、一つ一つを検討してみる。



かめこだったら、
つるちゃんの動作を、 『実況中継』 のごとく、
ひとつひとつ口で説明してみる。



そして、
認知症の人は、何もわからない人ではない、
という大前提の下。

わからない部分、出来ない部分を探し出すんだ。



後は、出来ない部分を補う為に、
環境を、いかにわかりやすく変えるか、
あるいは、部分的に手を貸すか。

考える、工夫する。



わからない部分が探し出せれば、
他の部分は出来るということも、見えてくるだろう。
認知症の人を見る目が、大きく違ってくるはずだ。

認知症の人は、何もわからない人ではない。
と、気づけるだろう。




実は、
かめこは、この介護方法を、自分で意識せずに、自然に行っていた気がしている。
また、かめこがしてきた、つるちゃんにやってきたことの本質、
「つるの認知症は改善した!」の記事の中で、
自分のやってきたこととして、Dr.お茶の水博士に話したこと】
 は、
この介護の方法論とは、異なっている。

それで、つるちゃんについての実例が示せないようなのだが、
多くの人にとって、とても役に立つと思うので、紹介させていただいた。



[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/02/25 14:18】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<つるちゃんがねぇ | ホーム | 父島の思い出>>
コメント
わたくしも、最近、よく、介護関係のTVを見ます
毎日が気づきの日々です
>認知症の人は、何もわからない人ではない。
本当にそう思います
わたくしのホームにも重度の方がいらっしゃるけど、他の方が困ってる時に、事務所まで、教えてくださるのは、いつも、その方なんです・・・
「あの人、おトイレに行きたいと言ってるわ」・・と
でも、ご本人は自分の事はわからないのですよ
だから、便・尿失禁されるのですが・・・
新顔の人にも、甲斐甲斐しく、声掛けられるのですよv-410
【2008/02/25 16:52】 URL | ダーツ #vzwujU1.[ 編集]
e-365より、ダーツさんへ
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
ダーツさんのお勤めのホームにも、ステキな方が居らっしゃるのですね。
周りのお仲間を気遣われて。
ご自分のことがわからなくても、お仲間のお困りなことはおわかりになる、
とのこと・・・。
思いやりある、お気持ちが豊かな方なのでしょうね。
嬉しいお話をありがとうございます。
ダーツさん、お仕事、これからも頑張って下さいね。
【2008/02/25 23:30】 URL | ダーツさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
認知症の人は、何もわからない人ではない
これまでは、いま一つピンときませんでしたが、
今日の記事を読んで、明確にわかりました!
これはタメになります。
「きっと自分にもできることがある」と思えるようになりました。
具体的にどうということではありませんが、
多分、認知症の人とかかわることになっても「どう対応していいかわからない」という不安を持たずに接することができそうです。

ダーツさんの、エエ話しも聞けたし、
寝る前に来てよかった!
【2008/02/26 00:56】 URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 編集]
e-365より、i-38syugyousouさんへ
まるで、v-252のようなコメント、ありがとう!v-290
この切り口が、すべての認知症の人に通じるわけではないと思うのですが、
理解する為の、一つの手がかりには、なると思います。
どのような状態の人についても、「わからない人だ」 と、決め付けないでほしいですね。

かめこはねぇ、こういうこと、知識として教わらなくても、
つるちゃんを見ていたらわかるの。
そして、ドクターや介護士さんが説明されると、
ああ、言葉にするとそうなるんだ、とか、
それは本質とは違うんじゃないかしら?自分ならこうだわ、とか、
自分のやってきたことが、はっきりわかるのよ。
【2008/02/26 15:38】 URL | syugyousouさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-22です。
ん。。。。どう 説明したらいぃのかな。。。
まだハッキリ『認知症』の事が分かりません。
直面していないせいかもしれないけど・・・・
どこからが『認知症』って 区切れが分からないんです。
ババ様を見てて、「アレ?」って思う事はあるけど
コレが当てはまる事なのか???
キバはe-365さんの様に、「分かる人」になれるかなぁ~??
【2008/02/26 19:37】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
家族が、認知症を疑う必要があるかどうか、の判断をどこでするか、と言うのは、
キバっちは、精神科のドクターたちが本に書いたりテレビで言ったりしているのを、
参考にしてほしいと思います。

かめこが、「これは、普通の老化ではないだろうな」、と思った、つるちゃん以外の例だと、
【かめこに質問して、答えたそばから、また同じ質問をした、というのが、5回くらい重なった】というものです。
ただ同じ質問を繰り返した、というのではなくて、
その方が、とても知りたくて尋ねた内容だったのに、
【明らかに、今質問したことを忘れている様子が重なった】ので、
おかしいと直感しました。
その後も、
【間違いに気づいた時に、ごまかそうとして作り話をした時の特有の感じ】 など、
直感を強めるエピソードが、重なり、
アルツハイマー病の、初期の症状ではないかと疑いました。
でも、ご家族が気づかれたのは、その1年後くらいよ。
その1年間、そんな失礼なことを言えないと、すごく悩みました。
つるちゃんの場合は、【同じことを何度も言う】、【話を作る】と言うのは、
全くありませんでした。
待ち合わせが出来なくなったことが、初めの?!です。
v-488のお話では、出来事を丸ごと忘れると、疑う必要があるとのことでした。
それは、最初の?!から半年後ぐらいのつるちゃんに、ありました。
法事の件で打ち合わせしたこと自体を丸ごと忘れて、お寺さんを怒らせたの。
また、アルツハイマー病以外の認知症の場合には、初期に【物忘れがない】場合もあるそうです。
【2008/02/26 21:10】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/27 13:18】 | #[ 編集]
i-282
とても具体的に説明してくださって、
よーくわかりました。
なるほどなー。実況中継ね。うんうん。なるほど。
それって、認知症では?という疑いを持っているときの観察としても、役立ちそうです。
【2008/02/27 17:52】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、ないしょさんへ
あっ、実はね、つるちゃんは、施設にいた時そうなったので、
最初にどう話すか、という苦労してないんです。
でも、今でも、つるちゃんがショックかなぁって気になって、
「おむつ」って言えずに 「パンツ」って言ってるのよ。
パットはね、うちで暮すようになったときには、「安心のために入れさせてください。」と、お願いしてたけど、
最初からは、そう言えなかったと思うわ。
【2008/02/27 23:34】 URL | ないしょさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
「実況放送」風は、このこととは関係なくても、今もしてるの。
つるちゃんが、それがなんだか意識できるように、言葉を忘れないように、
見えるものを言葉にしています。
以前は、夕食の支度を見てもらって、お料理の手順を口で言いながら、作ったりしてました。
家の中を歩く時も、「台所ですよぉ。ドア開けますよぉ、ローカに出ましたよぉ。」
って、言ったりしてます。
ヘルパーさんの中にも、かめこがお願いする前に、してくれた人が居るのよ!
【2008/02/27 23:43】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/668-00abfde2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。