つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
抱え込まないで??
先日、お友達のブログのコメント欄に、

私は、
「在宅では抱え込まず、預けたら預けっぱなしにしない」 
という立場を推奨したい。

                                というようなことを書いた。


でも、あれ?
なんか、マ逆のことを話した覚えがある。

たしか・・・
「隣近所の声のかけ方」に記事に書いたようなことを、話題にした時に、
介護経験者と。 

その私の記事は、

ご近所にいる認知症の人を、(親切心で)気易く見ることが出来る、
なんて思わないでほしい。

というようなことを書いたものなんだけど、

知人と話した時には、

もし、これがヘルパーさんとかでも、無理な場合も多いだろうね。
って、言って、 

二人で、

「介護って、家族が抱え込まなきゃいけないこともあるよね。」
って話したんだった。 



・・・という訳で、
お友達さん、それを読まれた多くの方、ごめんなさい。



【私は、在宅で、抱え込まないなんて出来ないし、
家族が抱え込まなくてはいけない部分だって、あると思います。】


と、お詫びして、訂正させていただきます。


私は、もう、安易に、【抱え込まないで】 なんて言いません。



                              
   
うちは、利用限度額いっぱい、介護保険のサービスを使っていて、
ヘルパーさんにも長時間、訪問看護師さんにも来てもらってるし、
デイサービスも、これは介護保険ではないけどショートも利用していて、

【いかにも、抱え込んでなんかいない】 ように、見えると思うけど、


3年前、とても厳しい状態のつるちゃんの再在宅が、実現したのは、

かめこの長女のミニーが、仕事を辞めて、
        つるちゃんを一緒に介護してくれたからだ。



【抱え込む】 ということは、
家族が、他に助けを求めず、過剰な負担を背負うことでしょ?



あの時、決定的な助けは、他に求められなかった。
介護保険のサービスも、認知症専門病院の存在も、
それがあるから、在宅が出来る、というほどの力は無かった。



かめこもオットさまも当時のケアマネも、
ミニーが退職したことを、決して良いことだとは思っていない。

つるちゃんを家に連れて帰りたいと願い、
家族が、そうするしか、手が無かったから、背負ったんだ。

孫が、祖母の介護のために退職することが、
            自然なことのわけ、無いじゃない。

国や世の中に、『美談にするつもりは無い。』 と、言いたい。




きっと、家で介護してる、多くの人に、

【他には助けを求められない部分】 がある。

その部分が大きいか小さいかは、人によると思うけど、
       抱え込んでる部分は、何かしらあるはずだ。 


だから、
私は、もう、安易に、【抱え込まないで】 なんて言わない。




もちろん、他に助けを求められるよう、摸索し続けてほしいけど、

抱え込んでも、良いんだよ。
          それは、あなたにしか、できないことなんでしょう?



追伸:かめこは、在宅至上主義でもありません。念のため。


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

参考記事
「ミニー介護のために退職」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-46.html
「隣近所の声のかけ方」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-340.html

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/21 19:05】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(28) |
<<我慢しましょうね。 | ホーム | 泣いて抗議した理由>>
コメント
i-281momiji1021

待ち焦がれた記事を拝見しました~。
かめこさんは、抱え込むのも、抱え込まずにすむ方法も、その他・・・いろいろ体験されているからこその記事です。

どこか考えさせられるけれど、微笑ましくもあり、優しさも・・・・感じました。

私も前の会社を辞めました。100%ジージが理由ではありませんでしたが、十分きっかけにはなりました。

そうなんです。
私の反省点は、他に助けを求める、本当の努力をしていないことです。多くの体験から、「絶対ムリ!」と思い込んでいたかもしれません。
そして、母と私じゃないとやっていけなかったということも事実です。

何度でも試せばよかったんだよなぁ・・・・って今になって思います。
遅かったね。ジージ。ごめんね~。

今日はまだまだ残業だ!
明日も、会社だ!
ここしばらく、まったく休みがありません。
でも、働けることが幸せなんだということも、今日、ウルルさんの記事を読んで実感しています。
頑張るぞ!!!!
【2007/04/21 19:53】 URL | momiji1021 #-[ 編集]
v-16です、こんばんは。

介護の形って様々で「抱え込んでる人」「抱え込まなくてはならない人」がいます。
事実、かめこさんのおっしゃるとおり「他には助けを求められない部分」があるのです。
「部分」と言うか「事情」と言うか、「性格」もあります。
相談をされると出来うる限り調べたりして私の知っている範囲、のアドバイスはしますが聞き入れられることは少ないです。

共倒れが心配な2組を知っています「部分」が邪魔?をしています。
でも、1組は介護10数年でやっとディ(週1)を受け入れてくれました。
ほんの少しだけホッ。
【2007/04/21 22:19】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
e-365より、i-281momiji1021さんへ
momijiさんの知りたいことは、きっと書いて無かったですね。

本当の努力って、何かしら?試す数?
方向が違っては、意味が無いです。

momijiさんの反省点は、と言うか、長所でもあり短所でもあるんだと思うけど、
「思い込み」ではありそうですね。
でも、ジージの介護については、「他に助けを求める」についての思い込みではないと、かめこは思います。
【2007/04/21 23:23】 URL | momiji1021さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-16ベンジャミンさんへ
人に相談される、ということは、その方達は、
このままではいけない、と思われている、ということなのでしょうか?
少なくとも、情報が無くて、相談先があることを知らなかった、
ということは、無い方たちなのですね?
知人とは、その差は大違いだろうと、話しました。
ベンジャミンさんが、お力(ご友人の)になれて良かったです。
【2007/04/22 00:32】 URL | ベンジャミンさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-281momiji1021

短所・・・ですか・・・・
【2007/04/22 01:14】 URL | momiji1021 #-[ 編集]
私は「在宅では抱え込まず、預けたら預けっぱなしにしない」 という立場を推奨し続けて欲しいと思います。

これは、とても大切な事ですよ。

一人で介護をしていると、社会との断絶が深くなってしまいます。どうしても背負わなくては行けない部分は、ある意味他人が犯す事ができない部分があります。

でも、抱え込むと、本当は背負うべきものが20だとしても100背負い込んでしまうケースが多々あります。これは男性の介護者に多いのですが。。。

私もそうでした。少し近所とトラブルがあり、母を守らなくてはと思い完全にこのようになってしまいました。その結果、守らなくてはいけないと思った母の首を絞めると言う暴挙に出た経験があります。

それから後に「認知症の人と家族の会」とつどいに参加するようになったのですが、このときの私のような状況に陥っている方がおられました。

お子さんがおられ、SOSを発する相手がいるにも関わらず、それが出来ないでいる方。ディサービスに通わせていても、恥だと思って、その心を閉ざされて限界に達している方。

私が修羅にいた時、「他人に迷惑をかける訳にはいけない」と言って、焼身自殺したご夫婦、お母様と心中をはかりご自分だけ命を取り留めた息子さんがおられました。これらの方々が心に重くのしかかっても、だれにも助けを求められない、我慢して耐えようとした私がいました。

介護。それぞれの家族で背負わないと行けない事は当然あります。でも、必要以上に心を閉ざし、最悪のケースに陥るのは避けなくてはいけません。(介護心中、介護殺人)

このように閉ざされてしまった方の心を少しでも、溶かすために一番助けになる言葉、それは、かめこさんのように介護を真剣に捉え、そして実践されている方の、「抱え込まないで」と言う言葉なのだと思います。
【2007/04/22 09:03】 URL | あしたがあるさ #-[ 編集]
v-275より
『書いて伝える』って難しいですよね。
ことばだと抑揚がついているので、その奥の気持ちまで伝わるときがあるものだけど、文章だけでは伝わらないときがある。
その中でもかめこさんのブログは気持ちが伝わりやすいと思っていますが・・・・・

抱え込むとか、預けっぱなしとかいうのは、その現実の場面を表現するための『文章』にすぎないと感じます。
実際はそのときつるちゃんを中心とする人たちが『みんなの幸せのためにとった行動』であることは事実でしょう。その場面にいた人たちが納得して分かり合えていたのであれば、どんな言葉で表現してもいいと思います。
【2007/04/22 09:19】 URL | CHAN #-[ 編集]
v-516私の場合、在宅は短期間でしたが、初めの頃はケアマネと何度も相談して、使える介護サービスを検証(そんなに大げさなものではないのですが)し、あわてずゆっくり母が快適に過ごせる条件を探していこうと考えました。
結局は病状が悪化してあわてるはめになりましたけど、
それがなければ未だに試行錯誤して、ディに行ってみよう、ショートをお願いしようと悪戦苦闘していたと思います。
でも、その試行錯誤することを重荷とは感じなかったでしょうね。
これはうまく行った、これはダメだった。と、発見する楽しみがありましたから、自分で抱え込むのだという殊勝な気持ちではないみたいです(笑)

ただ、サービスを利用することで一番気を使ったのは
「私は母のプライドを傷つけない。誰からも母を傷つけさせない。」ということでした。
【2007/04/22 09:56】 URL | みつこ #mQop/nM.[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/04/22 10:26】 | #[ 編集]
e-365より、i-281momiji1021さんへ
お返事遅くなりました。
自分で短所だなぁと落ち込むことがよくあって、
そういう時、それは逆に長所でもあると、自分を慰めているの。
それで、対にしてしまいましたが、
そのまま人に言ってはいけませんね。失礼しました。

私は、お母さまとmomijiさんのされていたことは、丸ごと最良で、
ジージもお母さまもとてもお幸せだと思っています。ほんとに。
ただ、家族以外の人のことで、(私だけ感じる)疑問はあります。
momijiさんには、思い込みではなくて、冷静にそれでいい、と、話してほしいと思ったの。
【2007/04/22 16:52】 URL | momiji1021さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-212あしたがあるささんへ
そういうのが常識で、言うべきことなのだろうと、(どちらかというと自然に)口から出た言葉が、「抱え込まないで」の方なのです。
自分でとても考えたら、それでは無かったです。

心を閉ざされた時のあしたさんが聞きたかった言葉が、
「抱え込まないで」なのでしょうか?
あしたさんも言っていらして、私にも、そう言ってほしいということなのでしょうか。
これは、あしたさんに適任のお役目だと思うのですが。

全く白紙の人に、そう言うのでは無くて、
すでにたくさん「抱え込まないで」 と、言われているだろうから、
私は、「良いんだよ」と、言いたいのです。
まず、その人のなさっていることを、出来れば丸ごと肯定したいです。

介護でもないし、修羅にはならなかったけど、
ノイローゼのようになって、他が見えなくなったことがあるのですが、
その時言われたかったのが、「そうでなくてもいい」 だったから、という気持ちもあります。

もし、「抱え込まなくていい」ことに、気付いていない人と、話す機会があれば、
「抱え込まないで」と、そういう方法があることを伝えると思います。
【2007/04/22 18:04】 URL | あしたがあるささんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-281momiji1021

何度もお邪魔しちゃって・・・
かめこさんにお返事ばかり書かせていて申し訳ないです。

自分の長所も短所も含めて、冷静に理性的になれることを理想としています。
そう。それでいい・・・と思いたいし、思い込みでもないと、本当はわかっているのかもしれません。
ジージと母と私のことは、これが最良だ!
でも、なんでそう言い切れないんだろーか。

でも、かめこさんと、こうしてお話していると、少しずつ、自分のしてきたことを理解できるっていうか、そうなんだよねって思えてきています。
どうもありがとうございます。

長所と短所の言葉については、もっと文章を書くつもりだったんですが、急用ができて中断と思いきや、間違えて送信しちゃったんです。
全然、落ち込んだりはしなかったんだけど、そうやってハッキリ言ってくれる人が、私の周りにもう一人いたんだ!って、感慨深く思ってたくらいなんですよ。
【2007/04/22 18:23】 URL | momiji1021 #-[ 編集]
v-22です。

まだ 『介護』に携わっていないので
なんてコメント書いていいのか分からないのが
本音です。
実際 今後(もうすぐかもしれないし、まだ先なのかもしれないけど)の事を考えると
e-365さんのように、ほんとに信頼しあえるケアマネとかに巡りあえる事が出来るか
v-361不安だらけです。
ここでは 経験されている方がいっぱいいらっしゃって
色々な事をご存知だから、とっても勉強になります。
介護経験者の皆様
これからも 色々教えて下さいv-364お願いしますv-421
【2007/04/22 22:30】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-277
ヒトも十人十色。
介護も十人十色。
環境も、症状も、状況もそれぞれ違いますからね(´m`;)
かめこさんの記事、皆さんのコメントを何度か読み直して
介護、奥がふかいな。。と改めて思いました。

【それは、あなたにしかできないことなんでしょう?】
の一言に、かめこさんの優しさや思いを感じました(。・ω・。)
【2007/04/23 02:29】 URL | mayumi* #mi4u0YmM[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
そうですね。
うちの場合は、文章上の表現なんだろうな。
かめこたちの選んだ、多分全てが、みんなの幸せに結びついてるもん。
ミニーにしたって、辞めたことでマイナス面はあるんだけど、
自分の人生を切り拓いていく力があるから、違う幸せを手に入れてると思うしね。

かめこは、どんな介護の状態だとしても、
ご家族の中に、傍の者にはうかがい知れない、『幸せな形』 があれば、良いんだろうと思うの。
『良い悪い』 の『良い』とは、少し違う気がするけど。。。
【2007/04/23 13:10】 URL | CHANさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
それそれ。
私は、ずっと試行錯誤(楽しんで)続けてるのよ。
サービスについては、安定してるけど、
つるちゃんの状態は、同じって訳じゃないから、やってることも同じじゃないもん。

「お母さまのプライドを傷つけない、誰からもお母さまを傷つけさせない」
というの、尊厳を守るってことだよね?
姫もつるちゃんも、認知症の人の中でも、特にそういうことが難しい人なんだと思います。
家族が常に意識して、自分もだけど、かかわる全ての人が常にそうであるように、見ていきたいです。
これ、本当に難しいことです!
【2007/04/23 13:38】 URL | みつこさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、ないしょさんへ
お役に立てますでしょうか。
ぼちぼちで、いいのなら。
【2007/04/23 13:40】 URL | ないしょさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、i-281momiji1021さんへ
これが最良!なんて、自分で言い切れたらそっちの方がおかしいでよね。
ダガ、かめこは、すっかりその気かも。。。みんなから嫌われそうだぁ。i-235
【2007/04/23 13:49】 URL | momiji1021さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
何度も言うようだけど、
キバっちのところの実態は、介護同然だと思ってます!
かめこにはとても出来ないことだと、尊敬してます。
いつも真面目に聞いてくださって、どうもありがとう。
他の皆さんも喜ばれてると思います。
【2007/04/23 13:54】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-277mayumi*さんへ
ほんとに奥が深いですよね。
一人一人の生き方の問題になってくると思うもの。

私は、望ましい介護の姿というのが、
「在宅では抱え込まず、預けたら預けっぱなしにせず」だと、以前は思っていて、
自分でも、抱え込んではいけないんだ、と思ってやってきたのだと思うの。
でも、今(きょうのこの時)は、 やり方の形に望ましい姿があるのではなくて、
気持ちや心のあり様が、介護される人も介護する人も、より辛くないこと、
ささやかでも幸せを感じられるものが望ましいのだろうな、と考えています。
【2007/04/23 16:28】 URL | mayumi*さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-282
現在、私がしている介護(介助?)の自分自身のイメージは
「ハイハイ!みんな、出来ることあったら、出来る人が持ってって~~~!」
っていう感じです。自分が自分しかできないって思ってる部分でも、簡単に他の人が助けてくれていたりして、その方がいい結果だったりして、私の場合、柔軟さが大事って、知りました。
でもね、以前、かめこさんがお姑さんの介護をされていた方で、「自分を諦めることで平静を保てた」っていう方をご紹介されていたと思うのですが、アレを読んでから、「抱え込む介護もアリなのかな」って思っています。(すごく衝撃的でした)
いろんな介護環境がある中で、「頑なさ」が一番辛いのかもしれないなって、思い始めています。
【2007/04/23 20:19】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
v-254多くの人の意見が聞けてすごく勉強になります。
文で表現するって本当に難しい・・・
受け取り手の数だけ解釈があるから・・・
かめちゃんの文章はとてもわかりやすくてママは大好きです^^
【2007/04/24 12:56】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
v-66
そうですよね。 だれでも抱え込むところは持っているんだと思います。
良くないのは、抱え込むことで自分自身を追い詰めてしまうことなのかな。 そしてそれに気付かないでいることかな。
自分にしかできないことというのが私はないんですが、 自分がやったほうが早い、カンタンなことは全部自分でやってしまうことにしています。
それがいけないのかな~i-229
【2007/04/24 15:21】 URL | カニー #mQop/nM.[ 編集]
e-365より、i-281ゼリーさんへ
そうなんだぁ!
何でも持っててもらうのね?
なんか、それって、ママンが喜びそうだね。
さすが、わが娘は頼もしいヤツだって。

「誰のための人生」の他の人へのコメントで、お話しましたね。
「ホントは、そういうのは良くないのよ。」という態度で、話が出る度に、やんわり話してたら、
彼女がそう言ったの。
それが、認知症のお姑さんに当たらずに済む、唯一の方法だったんです。
その時から、彼女の生き方として、認めて尊敬してます。
彼女は、お姑さんには、人として、誠意を尽くしてたもの。
それが、彼女なりの、みんなが幸せになる方法だったの。

それで、多分、彼女が、世の中で一番会いたく相手が、かめこだったと思うよ。
【2007/04/24 17:01】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-254海空まママさんへ
自分が書いたものを、読んでくださった人が、どういう風に解釈されたり思われても、
それは構わないんです。
その時の自分の思ったとおりに書けていれば。
自分の気持ちや考えを、自分で知ることが、結構難しいの。
【2007/04/24 18:20】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-66カニーさんへ
そうですね。
自分自身を追い詰めるのと、何も見えなくなって、その状態に気付けなくなるのでしょうね。

たいていのことは、自分でやったほうが早いし、楽です。
人に頼むと、自分の思い通りにならないし、めんどうなことばかりで、ストレスがたまります。
おまけに、人が入るとプライバシーもなくなるし。

実は、10月だったか、4人のヘルパーさんとケアマネに、そういう話を(別々に)したら、
全員、「そうよ、ヘルパーなんて邪魔なだけよ。」って、言ってましたよ。
そういうことが言える人は、すごくできる人だと思っています。

私は、他の人でもできることは、人にやってもらいます。
自分は、自分にしかできないことに専念したいもん。
(これからは、非力なかめこにとって、できないことをやってもらう場面が多くなるとは思います。)
【2007/04/24 19:21】 URL | カニーさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
v-73ご無沙汰してます。ずっと読み逃げになっていてすみません。仕事、まだ続けてます。
人に頼れる人とそうでない人って、やっぱりいるんだと思うんです。こちらが見ていて辛くなるほど、気負って頑張っている人知ってます。でもそれを取ってしまうことが良いことなのか?ずっと寄り添って折れそうになる前にそっと手を出せたら…。抱え込んでもいいよ。抱え込む必要はないよ。何も出来ないけどずっと側にいるよ。
今はそんな感じです。
【2007/05/07 19:09】 URL | ぷりん #-[ 編集]
e-365より、v-73ぷりんさんへ
ため息つきたくなるほど、ステキなケアマネさんになられたのですね。
ご自分が悩まれたからこそ、人の痛みや辛さがわかるのでしょうね。
人の話を聴ける人は、やっぱり人の気持ちを分かる人だった。

気負って頑張りすぎる、その人でも、
そんな風に見続けてもらえれば、
いざと言う時にそっと差し伸べたぷりんさんの手を、取ってくれると、
かめこは信じています。
【2007/05/07 23:26】 URL | ぷりんさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/485-9a912b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。