つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
NHK取材報告
このブログの管理人宛のコメント欄に、
NHKのディレクターさんより取材の申し込みをいただき、
11月末に、オットさまとお会いしました。


コメントに書いてくださったこと、ほんとに嬉しかった。
それには、
『ブログを読んで大変感銘を受けました。』
『壮絶な介護の経験からうまれた、優しさと深い洞察を感じます。』
と書かれていました。

認知症の介護をテーマにした番組の取材の一環のようでしたので、
私は、番組の意図に沿った意見をまとめると共に、
この際なので、言いたいことを聞いていただこうと、考えていきました。

それが、
当日にご一緒だったのが、、ドラマ制作のチーフディレクターさんで、
どうやら、ドラマ化の原作候補として、
「つるちゃんとかめこ」が選ばれている様子だったのです。
このケーキ屋さんで取材受けました。
先方は、ブログの記事は、全て読んでいて、
プリントしてあった束の1枚1枚には、マーカーで下線が引かれ、
それ以外の記事のタイトルも、ポンポン出てきて、
それら一つ一つについての、詳しい話を聞かれました。

ある記事の、家族達へのメッセージをとても誉めていただき、

『これが、(ドラマで家族達の心の中に)ストンと落ちたら、
(認知症介護が)変わりますね。』

という言葉も頂戴しました。
そして、改めて、今の言葉で、介護する家族達へのメッセージを聞かれました。


それは、記事にはありません。

その時、私がお話したのは、

どうか、優しくなれない、などと悩まないでほしい。
認知症になったご家族のことを、
今より もう少し、よく見ようと努力はしてほしいけど、
怒鳴ったりしても、家族なんだから、いいんじゃない?
というようなことだったと思います。


又、乗り越えたきっかけについて、何回も尋ねられましたが、
私の場合は、母の認知症については、初めから受容できていたと思う。
と、お答えしていました。


私は、つばを飛ばしながら、夢中で話し続けました。

先方は、とても謙虚に熱心に聞いてくださいました。
ブログに書いたことは、書いた意図どおりに、受け止められているのがわかり、
自分の感じたことや考えや意見が、そのまま、伝わったと感じることができ、
とても幸せな、3時間を過ごしました。



年末には、脚本家を交えて、検討中とのことで、
1月12日に、採用にはならなかったという、丁寧なお電話を頂戴しました。 

でも、NHKが、認知症介護について伝えたいことのひとつは、

「認知症になった人本人の世界を大切していきましょう。」 ということで、
私のブログに書かれていることと同じだというようなことを、言っていただきました。

 

今回のことで、
私は、NHKさんのファンになりました。
介護についての番組は、いつも注目して、応援していきたいです。
でも、気になることがあれば、反対意見もきちんと書くつもりでいます。 



NHK 番組放送日

3月21日(水)春分の日 朝

ドラマとスタジオを結ぶ、
        
         新しい形の特別番組。


  又詳細がわかりましたら、お伝えしたいと思います。
  もう、看取りを終えられた方のお話だそうです。
  私も、少しお手伝いさせていただいた気がして、楽しみにしています。
  出来るだけたくさんの方に、見ていただきたいです。



過去記事 「認知症本人会議に応えたい」は、
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-383.htmlです。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり たんぽぽ 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:NHK | ジャンル:テレビ・ラジオ]

【2007/01/14 21:20】 | つるちゃんからの贈り物 | トラックバック(0) | コメント(38) |
<<居眠りつる | ホーム | 1周年:このブログの傾向>>
コメント
v-63おおっつ、この記事最初のこめんとかな?

取材かあ、すごいですねー。
また、NHKの方々が良い方たちで良かったですねー。
でも、個人的には、ドラマ化されなくて良かったなと思っています。
ドラマは、やっぱりドラマだし、
かめこさんの想いが、脚本家さんや監督さん、
そして俳優さんたちによって”脚色”されるのは、
避けられないことなので、
読者(いや、視聴者)としてはきっとガッカリするでしょうから。

でも、見てみたい気もするな。
ドラマ「つるちゃんとかめこ」。
かめこさん役は、やっぱり黒木瞳かな?
わはは。
【2007/01/14 22:08】 URL | 弓道戦士ダイサン #-[ 編集]
v-121こんばんは!
いえ、
あけまして、おめでとうございます!
失礼ながら僕、今年に入ってこちらにお伺いするのは初めてだと思います。
で、久々に覗きにきたら凄い話になってますね!
僕も認知症の番組は時々見ますが、まだ直接身内が・・・とかは無いので実感しなかったです。
でもドラマになったら見逃せませんね!
さっそく放送日をメモしました!(^o^)

今年も体に気をつけて、つるちゃんさんの介護を頑張ってください!
【2007/01/14 22:25】 URL | おもちゃのひろくん #-[ 編集]
i-281momiji1021
いいお話です。
「つるちゃんとかめこ」のドラマが観てみたい!と心から思います。配役とかまで想像しちゃいますね。
NHKはいい面と悪い面の両方を持ち合わせていると思います。国営放送という意味が国民には伝えきれていないと思います。真実の報道とは何か・・・と難しいことを考える以前に、純粋に私達のための番組や報道をしてくれればいいのです。
つるちゃんとかめこをドラマ化したいというディレクターさんの心は純粋だったのでしょうね。
NHKという企業が、ディレクターさんの夢や私たちの夢を代弁してくれる企業であることを望みます。
【2007/01/14 23:50】 URL | momiji1021 #-[ 編集]
e-365より、v-63弓道戦士ダイサンへ
わははっ!黒木瞳、次に話が来たら、いただきます。
ダイサンが黒木瞳ネタ書いた時、かめこを含めて、黒木瞳似が、続々名乗り出て来たんだよね。

オットさまも、かめこ役は誰がいいか、考えてました。
彼の好みの女優さんが、よくわかった。ふっふっふ。
【2007/01/15 00:03】 URL | 弓道戦士ダイサンへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-121おもちゃのひろくんへ
いえいえ、なにも失礼とか無いです。

勘違いして無いよね?つるかめのじゃないよ。
でも、これまでの介護ドラマとは、一味違うのではと、期待してます。
ひろくんは、祝日の朝、テレビ見られるのかなぁ?
【2007/01/15 00:15】 URL | おもちゃのひろくんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-465すっごい!
NHK!!ドラマ!!!!
これ、奇跡じゃないんだけど奇跡だ。(笑)
楽しみだなあ!!
【2007/01/15 00:26】 URL | なが #-[ 編集]
e-365より、i-281momiji1021さんへ
NHKは、国の税金でなく、受信料で運営されているから、
国営放送ではなくて、公共放送というのよ。

このディレクターさんが、ドラマ化したいと考えたわけではなくて、
そういう企画がある中で、このブログのことを取り上げてくださったのだと思います。
候補に挙がったものについては、すべてについて、
これを採用すると、どういうものになるか、イメージしながら、取材されたのだと思います。
私の話だけを、熱心に聞いてくれたわけではなくて、
全ての取材対象に、同じように向き合っているのだろうと感じました。
【2007/01/15 00:27】 URL | momiji1021さんへ #u6i4c2k.[ 編集]
e-365より、e-465ながさんへ
あれぇ?またまた、大丈夫かなぁ。
「つるちゃんとかめこ」が、ドラマになるわけじゃ、無いんだよ!
でも、精神は、「つるかめ」と、似ているのだろう、と思います。
【2007/01/15 00:57】 URL | ながさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
i-281momiji1021
正確な書き方をしなかった私がいけませんでしたね。ごめんなさい。
公共放送であること、当然、知っていましたが、あえてそう書いたのです。
私が伝えたかったことは別な事でした。
言葉足らずですが、そういうことです。
【2007/01/15 09:19】 URL | momiji1021 #-[ 編集]
v-516おはようございます。
きっとこのブログは対象になってると思ってました。
生きているっていうのかしら。光明っていうのかしら。
介護はつらくて苦しいばかりではないって、
ふつふつと力が沸いてくるみたいな・・

黒木瞳さんは問題なしとして(笑)
つるちゃんはだれが?ってことでドラマ化されなかったかも~
とにもかくにも春の放送は見逃さないようにします!
【2007/01/15 09:28】 URL | みつこ #mQop/nM.[ 編集]
e-365より、i-281momiji1021さんへ
はい、コメントの内容で、「国営」と思っていないことが、わかりますよ。
でもね、他の読んでくださる方の誤解を避けるために、
言葉が足りない場合には、説明させていただくのが、管理人の役目だと考えています。
ご了承くださいね。

で、この記事は、最初にこのブログを見つけてくれた、ディレクターさんも、読まれると思います。
だから、先ほどの、momiji1021さんのコメントは、ダイレクトに、届くと思うよ。
【2007/01/15 09:44】 URL | momiji1021さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
まぁ、ありがとう。

キャスティングについては、オットさまと二人で、
『宝くじ買うより遊べるね。』 って、勝手にあれこれ考えて、楽しんでいました。
オットさまったら、美人で演技力ある人何人か挙げたあげく、
結局、『かめこが、自分でやるしか無い。』 って言ったんだよ。v-398

本当の理由は、前半部分では、介護者の葛藤のようなものを描きたいそうで、
その部分のエピソードがある人のものが、選ばれたようです。
それがないと、大勢の人の共感は得られないものね。
e-288テレビドラマだったら、当然だと思うわ。v-410
【2007/01/15 13:11】 URL | みつこさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-518
つるかめ、ドラマ化。すごく期待してたんですが残念です。
でも、NHKスタッフの目に止まり、ブログをしっかり読まれて評価された訳です。
彼らが真剣に考えてくれたことは間違いなく。
今回、ドラマとして作った場合のインパクトなど、
そいういうことで他の候補に落ち着いたのでしょうけれど、
ドラマになるほどの、ステキな介護であることは、
誰もが知っています。

だから、やっぱり言っちゃうね。

やったね、かめちゃんe-2
【2007/01/15 14:50】 URL | SATOKO #J7K/fbQw[ 編集]
e-365より、v-518SATOKOさんへ
ありがとう! SATOKOさん。

今回、採用されなかったこと、がっかりは、してないです。
むしろ、このブログが、いろいろな専門家や多くの物を見聞きしている人の目に留まって、
評価していただけたこと、
ほんとに やったね!  って思ってるんだ!

それに、なぜか、これで終わりという気がしないの。
時代は、かめこのやってる介護の方向に、少しずつでも進んでいくと思うから。
ちょっと先で、待ってる。って感じです。 (生意気だぁ。v-290
【2007/01/15 15:25】 URL | SATOKOさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-282
わぁ!昨年のかめこさんの重大ニュースって、
もしかしてこのことだったの?!
すばらしい!!

私はねー、NHKに取材されたってだけで、なんだか涙が出てきてしまいました。
今、認知症について考える番組、いろいろやってますよね。アレ見ていて「どうしてつるちゃんとかめこが出てこないのよっ!」って思ってたの。
私はいろいろなことをかめこさんに考えさせてもらって(勝手にだよ)います。ドラマじゃなくても、かめこさんのコンセプト、まだ知らない沢山の人に届くといいなぁ!
【2007/01/15 17:00】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
そうなの!
ブログはじめたこと、たくさんのお友達が出来たこと。
そして、取材まで受けたこと。
昨年1年の重大ニュースは、全部、ブログはじめたからこそ!

ブログって、訪問先のブログから、いろいろ教えてもらえるし、
こうしてコメントでお話しすることで、又違う角度から考えられるし、
かめこ自身が成長できる要素が、いっぱいつまってる場所です。

3月の番組も、かめこの路線と外れないはずだから、きっと見てね!
【2007/01/15 17:25】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-282
あわわわわ~~~!
踏んでしまった~~~!!!

私、一度踏んでるから、気をつけなきゃ!って思っていたのになぁ~i-282
記念写真撮りましたv-221
URLに貼り付けておきますねぇ~!
【2007/01/15 21:51】 URL | ゼリー #8iCOsRG2[ 編集]
v-375
だはぁ~~ 今回も おしぃいい!
111113でしたぁ  ゼリーさんに持って行かれたわ 残念ですぅ(≧▽≦)ウキャ
今日ね、例の介護雑誌のラフが送られてきたのよ
なんか恥ずかしいけど・・・来月発刊みたいですぅ
【2007/01/15 21:52】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
v-275より。
かめこさん、すごい!
採用されなかったのは残念だけど、ぜんぜん勇気貰ったよ。
認知症の人たちの本人の世界を語れたことがなにより充実できたんじゃないですか?
まだまだ現在進行形だし、かめこさんの介護スタイルが多くの方に共感され、実践に向けていいお手本になっていくでしょう。
わたしもキャスティング考えておくわ!!
【2007/01/15 22:14】 URL | CHAN #-[ 編集]
v-16です。
読みながら勝手にキャスティングを考えていました。

でも、、、かめこさんのことがちゃんと描かれるかしら、ご家族のことなんか間違った伝え方はして欲しくないな~なんて心配して読んでいたら・・・。

とっても残念なような、少しホッとした様な不思議な気持ち。
【2007/01/15 22:31】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282 i-282
v-457111111ゲット、ゼリーさん、おめでとう!v-457
そして、ありがとう。嬉しいです。

だれも名乗り上げてくれないと、ちょっと、がっかりしちゃうの。
URLの先、どうすれば、入れるのかしら?
【2007/01/15 22:43】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
ウルルさん、残念!
次は、123456に、したからね!待ってるよ。

そうそう、ウルルさんのが載ってる介護雑誌、楽しみだわぁ。v-345
なんか、こっちが、照れちゃうかも。v-398
【2007/01/15 22:52】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
ウン、すごい!CHANさん、どうもありがとう。

そうなの。
認知症になった人の本人の世界を理解してることが、認められたの。
ブログから、それが、ちゃんと伝わってたことが、嬉しいです。

NHKさんも、そういう介護にしていくことを伝えたいって。
テレビ番組の伝える、その先に、かめこがいるんだよ!

採用されなかったのは、
かめこが、初めからつるちゃんを理解してたことが、
ドラマを見る、大勢の人たちに、共感されないから。
初めからわかってちゃ、主人公にならないんです。
ドラマだからねぇ。
目指す介護を伝えるより、葛藤を乗り越えていくところが、山場になるのは、当然だわ。
【2007/01/15 23:12】 URL | CHANさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
e-365より、v-16ベンジャミンさんへ
ありがとう!認められたこと、喜んでくださるのね!

上のコメントの続きです。
かめこのやってきたことをそのまま出すと、
視聴者から、『そんなに、甘くないわよ。』 と、反感買うようです。
一人一人に、詳しい話を出来るわけじゃないから、仕方ないよね。
それで、、「つるちゃんとかめこ」が採用になるためには、
ドラマの前半部分に、主人公が葛藤するエピソードを作っていかなくてはいけないんですって。

NHKさんは、認めてくれたけど、
まだまだ、ブログに書いてる通りが、広い世の中に、理解されるわけでは、無いです。
でも、将来的には、理解されるといいなぁ!
【2007/01/15 23:31】 URL | ベンジャミンさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
v-254
すごぉぉぉぉい。すごぉぉぉぉぉい。すごぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!
いつの日か 実現するのなら・・・・かめちゃん本人に
出てほしいなぁ・・・・・・なんて本気で思ってしまいました^^
【2007/01/16 12:35】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
v-276hai!asaponです。
ドラマ化のお話。いつかこんな時がくるのでは?
とはなんとな~く思ってましたが。
脚色されて、事実とはちがう物語。になっていくのは不本意な感じがしますし。私のことじゃないのにねぇ。v-390
一番いいのは、時が経ちかめたんが原作者となり本を執筆してくれることかなぁ。。なんてね。
他人の言ってるたわごと。気になさらないでください。失礼があればごめんなさい。
【2007/01/16 13:56】 URL | asapon #-[ 編集]
あー、上のURLじゃ見られませんでしたね。
失礼しました!

今度はどうですか?
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~nono/kiriban.jpg
ココです。
って、すっごいショボイ写真なんですけど!
でもなんだかすっごくうれしかったので、かめこさんにも見てもらいたかっただけなの~(^^ゞ
【2007/01/16 14:26】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、v-254海空ママさんへ
うん、自分でもすご~い!って、思ってます。

でも、実物のかめこは、歳くうからなぁ。。。。v-410
【2007/01/16 15:44】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-283です。
ドラマ化のお話か~。NHKは最近特集やドラマで介護問題をよく取り上げているからな~。
かめこさんのブログが候補に挙げられたのは、これからの介護のあるべき姿からして当然なんだと思いました。でも介護ドラマっていうのはメッセージ性が先にありきで、なんていうかそれ以外はだめとか(ほんとはそうじゃないんだけど)、こんなの綺麗ごとだとかいう(特にものすごく介護に苦労してきたひとたちとか介護を極端に忌み嫌うひとたちからの)意見に押し流されて、本当の意図がかえって伝わりにくいんじゃないでしょうか?
やっぱり介護には各人いろいろあっていいと思います。施設介護しろといったって皆が皆経済的にゆとりがあるひとばかりではないはず。自分ができる最上のことが自宅でヘルパーなしの介護ならそれもありなんじゃないでしょうか?
それに高齢化社会だからって誰も彼もが認知症予備軍みたいな色眼鏡で見られるのも問題ありじゃないでしょうか?死ぬ寸前まで現役で自分の義務を果たせるひとだっています。現にうちの母はこういう風潮に憤ってます。
型にはめてしまうというのが介護でも、それをとりまく家族でも一番やりにくくしてしまう第一の問題でしょう。
いろんなブログをみると、「介護なんて生産性のない最低のこと」なんていう意見が最近多いなかで感じたことでした。介護だって人生のごくごく一部分なんです。言葉やメッセージだけでは人生生きていけないと思います。
【2007/01/16 16:33】 URL | チャッピィ #-[ 編集]
e-365より、v-276asaponへ
まぁ、な~んとなく、思っていてくださったとは、嬉しいです。

そうか、自分で本を執筆するのが、一番そのまま伝えられるというわけね?
そして、それには、まだ時期が早い、ということね。

考えてみます。asaponありがとう。
なんか、気を使わせちゃって、ごめんね。
【2007/01/16 17:12】 URL | asaponへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ

わぁ、ありがとう!111111きれいだね!
自分では、見られないんですもん。
すごく嬉しい。 ゼリーさん、ありがとうv-415
【2007/01/16 17:16】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-275より
採用にならなかった理由・・・・・なんかちょっと不満e-282
乗り越えなければならない事情があったということが共感を得るとの事。
それは介護する側が・・・ですよね。
認知症の本人はもっともっとたくさんの苦しい体験があったはずでしょう。何度も何度もいろんな事を乗り越えてきたよね。
それを伝えればいいじゃないの。そう思ったな。
そこに大きなメッセージ性があると思うよ。

ずっと採用されなかった理由を聞いて釈然としなかったので考えていたんだ。
NHKでは「本人の発言」についても随分積極的になっていると思うので、今度は是非つるちゃん目線のドラマを作ってほしいものです。
こんなに本人の世界を理解しているかめこさんだったら、その時々のつるちゃんの気持ちを代弁できると思うしね。
やっぱりキャスティング考えとこe-111
【2007/01/16 18:18】 URL | CHAN #-[ 編集]
e-365より、v-283チャッピィさんへ
介護が人それぞれでいいというのは、当然のことだと思います。
それは、つまり、人それぞれの生き方が尊重されるべきだからです。
私は、チャッピィさんと同じに、介護は人生のホンの一部だと、思ってますよ。

でも、介護が特別なことだと考えている人や、忌み嫌う人がいても、別に不思議はなく、
ただ、そういうのって、生き方としては、損してるだろうなぁ、って思います。

私が実際に会った、NHKの二人の社員から、感じられたのは、
介護について、よく勉強されていて、意識も高い、ということと、
多くの人にとって、(認知症)介護が辛すぎるものにならないように、
今、辛い人が、少しでも辛くなくなるように、
(それには、認知症介護の場合、本人を理解しようとすることが、鍵になるのですが。)
放送局に出来ることを、多角的に摸索しているようだ、ということです。
そして、手を替え品を替え、提供し続けていきたいと考えているようです。

その一つに、ドラマがあって、いいし、
このブログが、使えるものなら、協力したいし、
でも、もちろん、大きく作り直してまで、使ってほしい、なんて思ってないし。

それで、ブログの世界で、「介護なんて、生産性の無い最低のこと」 という意見が多い、というのは、私は、知りませんでした。
私の訪問先には、グチや弱音ははいても、それは、聞いてもらうことで元気になれるから、という人が、ほとんどです。
私は、少なくとも、訪問先からは、「介護を最低のこと」 という空気を感じてはいません。
【2007/01/16 18:54】 URL | チャッピィさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-283です。
私の言いたいこと判っていただけたでしょうか?
今はあまりにも「介護」「認知症」に注目が集まりすぎていて、永年介護してきた私のようなものからみれば、興奮しすぎというかちょっとお祭りさわぎみたいなところが感じられるんです。
ドラマ化も介護を知らない人たちへの情報提供という側面もあると思いますが、かえって介護未経験のひとには介護が自分たちの生活を犠牲にしなければならないようなつらいものという印象を与え、介護経験者にはもうすでに自分でさんざん模索しつづけて到達した境地がドラマのメッセージと違っているからといって何か自分の介護観を否定されたような気になるような結果しか生まないのでは?と思ってしまいました。
別にかめこさんのブログや考えにけちをつけているわけではありません。
それと他のブログですが、実際「子育てなら喜びもあるけど、介護なんて先もみえないし、やりがいもないし、家族を疲弊させるだけの生産性のないものだ」という意見は、そこではあたりまえのように飛び交っています。そしてそういうひとには、とにかく介護から逃げなさい、離婚でも家出でもいいから・・・というアドバイスが当然のようになされています。
私もあまりにひどいと思いましたが、介護になんらかの意味を見出そうとする意見は少数のようでした。かめこさんにも同じ介護をするはずの仲間にこういう考えをもったかたたちがいることを知ってもらいたいです。そんなひとたちは相手にしなければいいのかもしれませんが、なぜそんな考えをもつようになるのか、これだけ情報や共感を得るためのブログやTV番組なんかが多数ある現在、介護にそんな病んだ認知しかできないのか、一度考えてみてほしいと思います。
私の介護に対するスタンスは、ただ助けを必要としてる家族がいるからそれを自分の問題として、いつか自分も通らなければならないかもしれない道として静かに実践していきたいというものです。いろんな情報交換はもちろん活用していきたいですが、相手に対する接しかたなどは相手と自分との今までの関わりのなかで自然にでてくるものでいいのではないか・・・というものです。
一方的に議論を吹っかけるような形になってしまいましたが、以前から強く考えていたことでした。なかなか相手を選ぶような話なので今まで誰にもどこにもこの話題をだしたことはありません。真摯なかめこさんを見込んでのこととお許しください。
【2007/01/16 20:41】 URL | チャッピィ #-[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
現在のNHKの介護番組制作の主な観点は、
「介護の悩みを、一人で抱え込むことなく、どうしたら、家族や友人、隣近所などと分かち合えるか」です。(取材申し込み原文より引用)
ですから、【介護者の悩み】なくして、介護番組は成立しないのではないかしら?
又、介護者が悩みを抱えたままでは、
認知症の人を理解しようとする余裕など生まれないと思います。
ですから、介護者が、心の余裕を持てるように助けることが、認知症の人について理解してもらうために、不可欠だと思います。

CHANさんのおっしゃることは、介護の専門家達には、通用してほしいと、切に願うけど、
今の家族達に、受け取れる人は、少ないと思います。

実は、リアで、ある認知症介護経験者に、
『かめこさんが、主人公なんかに、絶対になれるはずが無い!』 と、言われました。
幼い子どもを二人抱えながら、徘徊のひどい、噛みついて抵抗する、お姑さんの介護をされていた人です。
本人の気持ちを理解し、本人に当たることなく、介護されていました。
でも、その相手に振り回され、合わせるしかないことに、強いストレスを感じて、
自分の人生を諦めることで、やっと、心の平静を取り戻せた、と言っていました。

彼女にとって、私の介護を知ったことは、
とても辛いことだと、私は想像しています。
これほどの愛情を持って!
我慢もせずに、いつも落ち着いて、しかも楽しげに、いい加減そうに見えたりもして。
そんな人の存在は、自分の苦労は、なんだったのかと、思わせられはしても、
共感など持てるはずもない様子です。
【2007/01/17 00:13】 URL | CHANさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-283チャッピィさんへ
やはり、私は、チャッピィさんのお話をわかってなかったようですね。
戻ってきてくださって、感謝しています。

「私の介護に対するスタンスは・・・から、4行」 については、私もほとんど同じつもり。
静かに、というところは、違うかな?
特に、相手に対する接し方は、その家族ならではの、自然に出てくる物が、良いと思います。

でも、家族が認知症になったことで、関係が全て崩れ去ったと思い込んでしまう人も、多いのではないかしら?
言葉やメッセージで、助けられるとも思わないけど、
私は、「本当は何も崩れてないよ。時間はかかるかもしれないけど、自然にしてればいいんだよ。」 と、伝えたいです。

私は、世の中の人が、手助けの必要なお年寄りと一緒に暮すことを、もっと自然なことだと感じることが出来るためには、
見慣れる、聞きなれる、口に出しなれる、必要があると思います。
だから、取り上げ方さえ、考えたられたものならば、露出度は高い方が、特別なコトではなくなると思います。

ドラマ化については、NHKの人たちは、二つとも、その真逆の目的を考えているようでした。

ブログについてですが、
私は、そういうところに訪問すると、ストレスが大きすぎて、エネルギーを使い果たしてしまいます。
そこに訪問して、そういった現実を知るより、
ここで、こうしてお話しすることに、時間と労力を使いたいです。
私は、自分の居場所を選びたいです。両立は出来ません。

一方的に議論を吹っかけられたとも、自分の考えにけちをつけられたとも、思っていません。
チャッピィさんと、お話し出来ること、とても嬉しいです。
どうもありがとう。
【2007/01/17 01:10】 URL | チャッピィさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
この記事を読んで、一言すごいぃぃって言葉が!日々のかめこさんのブログのような生の声が色んな方法で皆に届けることができるんだなぁ。
ドラマにするなら起承転結!最初に苦労し悩み今こうだってのが必要なんだろうね。そういう意味でやっぱり最初からすんなりはいれたっていうのはすごい事なんですね。
私も少し前NHKのテレビで痴呆になった人の言動や行動には意味がある。その意味をわかってあげる事が大切だみたいな感じの番組を見て。かめこさんを思い出したよ(*^m^*)
【2007/01/17 10:34】 URL | 里美 #-[ 編集]
e-365より、e-196里美さんへ
実際に、NHKの人とお話して、認知症の介護については、里美さんが見た番組で言っていることを伝えたいと思っているようでした。
特によく書けてると誉めていただいたのも、そういう内容の記事なのよ。

かめこは、そのことについては、自分は、初めからわかっていたけど、
そうで無い人の気持ちも、想像できるからこそ、今、ブログが書けているのだと思っています。
【2007/01/17 11:29】 URL | 里美さんへ #u6i4c2k.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/404-5125b912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。