つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
誰のための人生?
「介護とは、自分を抑えて人のために生きること」 そう、私は思います。

これは、ある介護経験者の言葉で、
介護者の為のメーッセージの冒頭部分だった。 

その人のメッセージは、
「自分の趣味の時間などを大切にしなさい。」 っていうものだったから、
全体として、伝えたいことは、理解できるんだけど、

そもそも、この人は、介護している間、人の犠牲になってた、ってこと

そこに、自分の人生は、無かったっていうの

過去形で書いてないってことは、
今でも(今、介護してる人達について)そう思っている、っていうこと



「介護が、人のために生きること」 だと思う人がいる、というのは、
かめこだって、わかるつもりだ。
そして、誰がなんて言っても、それはその人の自由だ。

でも、介護を特集した読み物の冒頭が、そのメーッセージで、
反対の、

つまり、「介護する者も自分のために生きている、」 というような考え方が、
そこには、取り上げられてなかった。

こんなの、一方的よ
みんながそう、ってわけじゃないわよ
何をしていても、私の人生は、自分自身のためにあるのよ。

そこで、私は、その読み物を出版した新聞社
(特集そのものは、新聞記事ではない。)
の読者のページに、投稿したが、ボツになった。



今朝、このブログのコメント欄で、
「介護は、(自分を)犠牲(にしてするもの)ではないです。」 
と,
おっしゃった人がいらした。

私も同じ考えなのだが、
私流に表現すると、今でも、その投稿文に書いたような文章に行き着く。


という訳で、
皆様に読んでいただきたいのは、
2005年11月に、かめこが書いた、
新聞には掲載されなかった文章です。
もちろん、原文には、実名記載。
冒頭部分を除き、原文のままです。
ただし、段落の間、改行などは、読みやすく直してあります。





【投稿文】

○○読みました。(というような書き出し。)

ここでは「介護とは自分を抑えて人のために生きること」だという考えだけが
紹介されていたので、残念だった。

これは、今、現実に大変な思いでいる「介護者」への
ねぎらいと励ましを意図したものだろう。
しかし、私の思いは異なる。
介護する立場にある者も介護される立場にある者も
どちらも、かけがえのない自分の人生を生きていると思うのだ。

私は今、認知症(痴呆症)の母を介護している。
両親の元に家族と共に越してきた7年前、
痴ほうの母は、私に家を盗られると思い込み、症状が悪化してしまった。
母との関係を良くしようとして、自分を抑える努力を続けたが、
事態は悪くなる一方で、半年後やむなく撤退した。
不本意だった。
両親のために良かれと思って、越してきたのに。

だが、全てが順風満帆で
意に沿わないことのない人なんて、いるだろうか。
どんな人生なら、自分のものなのだろう。
私は、どんな立場や境遇になっても、
存分に自分らしく生きようとしている。
この秋、うちの介護は、母と私色に染まってきた。


説明:
最後の部分は、文章が変ですね。恥ずかしいです。
昨年秋頃に、つるちゃんが落ち着いてきて、かめこに余裕が出来て、
二人とも、自分の良い面が出せるようになったことを表現したつもりです。
「撤退した」 というのは、近くにアパートを借りて移ったことです。



ご家族を、介護されてるみなさん、
あなたは、今、誰のために、生きているの

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/11/19 15:46】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(44) |
<<つるいじめ? | ホーム | 至上命令>>
コメント
e-314はじめまして。エディと申します。
ブログランキングからきました。要介護5とはたいへんですね。
誰のために生きているの?という問いに対する回答は、わかりません。
私は人は生きているというよりも、生かされていると感じていますから。
何かの必然性があって、今自分は生きているのだと感じています。

【2006/11/19 16:30】 URL | エディ #-[ 編集]
e-365より、e-314エディさんへ
こちらこそ、はじめまして。つるちゃんとかめこへ ようこそ。v-300
早速、絵文字入れてくださったことも感謝します。

ああ、そういう感じ方を、忘れていました。
かめこも、同感です。
赤ちゃんは授かるもの、というのは、いつも意識していましたが、
同じ意味合いですよね?

かめこも、多分、エディさんと同じような感謝の思いがベースにはあって、
その上で、自分らしく生きようとしているのだと思います。

それから、大変と感じるかどうかは、介護度には関係ありません。
その人には、その人の、それぞれの大変さがあります。
【2006/11/19 17:04】 URL | エディさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-380asaponです。
介護職についたのも、目指しててってわけじゃなく、いろいろ模索しているうちにこういうことになってしまったのです。いつのまにか自然にね。
主人の両親のお世話をすることもなく亡くなってしまったので今考えるとこういうことになるのは
そういう風に決まってたって感じる事があります。こうやって社会に少しでも貢献する役目が
私にはあったのでしょうね。やっぱり、大きな流れの中で「生かされてる感」が強いかもしれません。
【2006/11/19 17:35】 URL | asapon #-[ 編集]
e-365より、v-380asaponへ
v-380は、「震災のあと、いつの間にか、今の仕事に就いてた。」 って、いつか、言ってたよね?
そういう大きな抗えない出来事を経験してる人は、
ますます、大きな流れというものを感じるものなのではないかしら?
そして、その流れの中にいる自分を見つめる時、
行くべき道も、自然に見えてくるのかも知れませんね。
【2006/11/19 18:02】 URL | asaponへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-516です。
私は
母の人生は母のものだから、これからは楽しく過ごしてもらいたい。と考えて動いてます。

判断と管理ができない母のために協力はおしまない。
母のお金は母のために使う。とケアマネに宣言してます。
もちろん、私の人生は私の物です(笑)
お互いが楽しく暮らすため協力することは決して犠牲ではありません。人の子として当然のことです。
でも今は何を協力するのか、どう時間を過ごせば楽しいのか親子で学習する時期だと思ってます。
道が見えるまで少し自由な時間が少なくなるけれど、私の人生のためには意義ある時間よね?v-410

【2006/11/19 19:13】 URL | みつこ #-[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
私も、同じこと、弟に話して、ケアマネに宣言したよ!
そうしたら、
「例え、お母様のお金でも、それをそう言える人は少ない。」 と、言われました。
どうして?母のお金は母のために使うに決まってるんじゃないの?
(母の生活にかかる、かめこ家の出費については、多めにもらってはいます。)

コメント、泣かされました。
私の場合は、学習する時期は、長かったなぁ。
努力したよ。
そして、だから、今があるんだ。
ただ、受身で過ごしてたわけじゃないから、意義ある時間でした。v-218

つるちゃんもすごく頑張ったよ。
みつこさんがおっしゃるように、
親子・家族で学習して、獲得したものだと、今、感じています。
【2006/11/19 19:39】 URL | みつこさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-38
「他人のため」と「自分のため」は、
少なくとも私の中では矛盾するものではありません。
自分の仕事で他人が喜んでくれる。
これほど嬉しいことはありません。
そのための苦労など、苦労ではありません。

阪神淡路で仮設トイレの汲み取りが大きな問題だったそうです。
汲み取り業者が行くと、とても感謝され、
「自分の仕事がこんなによろこばれるなんて・・・」
以来、汲み取り業者が自分の仕事に自信と誇りを持つようになった。
そんな番組の一シーンを観たことがあります。

ある営業マンが仕事に行き詰っていたとき、
上司が彼に聞きました。
「営業やってて、嬉しかったのはどんなときだった?」
「売り上げが上がったとき・・・」
「本当にそうか?
「××工業はどうだったっけ?」
「・・・お客さんに喜んでもらったときです!」
あきらかにその営業の顔は変わっていた・・・そうです。

「自分が他人のためになっている」と感じられること。
これ以上の自己実現は私は知りません。
介護はしたことがないので、偉そうなことは言えませんが、
仕事に関しては自信を持ってそう言えます。
後悔も含めて。
【2006/11/19 19:54】 URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 編集]
v-22です。
まだ キチンとした介護は無に等しいキバ。。。w
でも まだ元気な実母には
「子供にお金を残そうと思わなくていぃ。
自分のお金は自分の為に使って!
ただし 借金だけは×(゚ω゚ )夕"乂夕"乂( ゚ω゚)× 」
と言ってあります。これはキバだけが言っているので、妹達はどう思ってるのかは分かりませんが。。。w
これからは ジジ・ババ様も看ていかなければならない立場。。
どうなることやら・・・w 
【2006/11/19 19:54】 URL | キバっち #-[ 編集]
v-369かめこさんこんばんは。最後の誰のために生きているの?という言葉につられて来てしまいました^^
たぶん私の答えは 一生出ないのかも知れません。今お世話してるのは旦那のおばあさん、正直に言えば 決してやりたくてやっているわけじゃなく 不満もいっぱいな毎日です。
それでも ネットを始めていろんな方の頑張りを知り 自分も負けちゃいられないと、少しずつですが前向きになれました。
この毎日もきっと与えられた試練。ならば楽しく!最後には絶対笑っていたいと思います。
だから誰のためでもなく自分のために生きてると 思いっきり楽しんで生きるんだ!と思いたいです。

【2006/11/19 20:24】 URL | モモ #-[ 編集]
v-16です。
冒頭の一行を読んでビックリ!
かめこさんの気持ちかと思ったわ。

私、抑えていたなんて全く思わなかったわ。
もちろんつらいこと、腹立たしいこと(夫に対してや、介護と言うことでなく)いろいろあって3日3晩語っても足りないくらいの事はあったけど・・・。
でも夫の介護中に世間知らずなノー天気な私もいっぱい勉強出来たし、夫が病気にならなかったら出会えないような素晴らしい人達といっぱい出会えました。
医師やヘルパーさんのようにその時だけの人もいるけど何人かの友人はお付き合いが続いています。

でも夫の介護をしている(していた)と知ると
「偉いわね~」
「大変ね~」
「可哀相ね~」
「私には出来ないわ」
が決まり文句でした。

私は夫の介護中にも自分を大切にしてきたつもりだし、犠牲になんかなってないわ。
だからちっとも可哀相じゃないの!
そう言った人に、言い返したいけど先入観で思い込んじゃってるのよね。

今は淋しくて早く逝ってしまった夫を時々、恨んでるけどネ。

【2006/11/19 20:36】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
e-365より、i-38syugyousouさんへ
私もそのテレビ番組見てました。

ああ、そうなのか。
私達が人生で目指すものは、自己実現なのですね?

このブログをはじめて、何人かの人に、
『出会えてよかった。』 『もっと早く会いたかった。』 『介護のヒントになる。』
と、言っていただけました。

このことは、つるちゃんに話していて、
『病気のあなたが、人の役に立ているのよ。』 『うれしいね。』 『幸せだね。』 と言いました。
私は、自分が人の役に立ててるらしいことより、
つるちゃんが、人の役に立てるらしいことが、何倍もうれしいです。
つるちゃんが、人の役に立てるように手伝えて、すごく幸せです。 

リンク先(公表できません) 涙で文字が見えなくなって困りました。
ねえ、syugyousouさん、
人はどんな事情を抱えて、笑っているのか、怒っているのか、
わからないですよね。
SATOKOさんも、かめこが介護してること気付かなかったと、とても悔やまれてましたよ。
彼女は、その旅行の意味を知らなくても、最高の仕事をしてくれました。
それでも、気付かなかったことを悔やまれていたようです。
その時のSATOKOさんや、きっと後悔された後の、今のあの方のように、
いつでも誰に対しても、人の役立てるように一生懸命な人は、ちゃんと居るんだよね。
【2006/11/19 20:45】 URL | syugyousouさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-255初めまして、Ay(あい)と申します。
私も要介護5の認知症(アルツハイマー病)の母を介護しております。
母(73歳)は父(77歳)と二人暮しで、その父も要支援1。
2年前より自宅と実家を半月ごとに往復をして住み、この春より父の体調にもいろいろなことが起きているので8ヶ月実家に泊まりこむかたちとなっています。

近頃母が嚥下に問題を生じてきつつあることから、ネットで検索をしておりましてこちらのBLOGに辿り着きました。

まだ全部ではないのですが、1月の記事から少しずつ読ませていただいております。そしてつるちゃんやかめこさんやかめこさんのご家族のみなさんからも、贈り物を分けていただいておりますv-238 これからもよろしくお願いいたします。

誰のための人生?
誰のための介護なのか。。。
もちろん母のためであり、そして父のためでもあり、そして自分のためでもあると感じています。

私は数年前か神経性の病気にかかり、仕事をすることができなくなりました。2年ほど外も歩けませんでしたが、父だけでは母を看れなくなった時、ああ、私は母の介護をするためにこの病気になったんだ!と思いました。子供のない私に神様が介護という形で子供を授けてくださったのかもしれないと思います。

父とともに泣いたり笑ったり。悪戦苦闘の毎日ですが、自分が大人になってから年老いた両親と過ごす時間は貴重な宝物だと感じています(*^ー^*)

まだまだ時にはいらいらしたりもするけれど、犠牲なんかではない! きっとまだまだ続く私の人生の中で、愛しい1ページなのだと思います。
【2006/11/19 21:20】 URL | Ay #RB6DIJds[ 編集]
こんばんは~v-286です!
介護されてる方ってのは介護している方に
ある意味人生を託しているってのもありますよね~!これって凄いことだと思います
自分は病院やグループホームっていう手段に
頼りましたがそこでも皆さん頑張って
最善の処置をしてくれている・・・
どこにどう行くかでその人の人生を左右
しまうところもあるわけで・・・(もちろんそれが
全てではありませんが)最善を尽くすことが
大事と分かっていてもなかなか現実的には
・・・
犠牲になっているっていう考え方になる事態が
寂しいですよね~
そばで協力できる方が他にいればそんな考え方
もなくなってくるかもしれませんね~
自分の理想の形と違いしかも状態が悪くなっているのを見ると難しいなぁ~と思いました
【2006/11/19 22:20】 URL | ぺろりん #odhe05w2[ 編集]
i-282(最近このマーク忘れ気味でゴメンナサイ)
私は今月で在宅介護生活2年目に入りました。
正直に言うとね、まだ「ハハの犠牲になってる」と思う時、沢山あります。アハハ!でもそれは、1年目の思いというか、介護を始めて、それまでの生活が一変したので、「あれもできなくなった、これもできなくなった」ってマイナス面ばっかり見ていた頃の名残りみたいな感じかなーって、今、思っています。そして、私は自分の人生を楽しまねば!と気付いたところです。その為にいろいろ試行錯誤して悩むことや、どんな境遇でも自分を磨くことができれば、カッコイイ!と思ったことが、1年介護をしてきて学んだことかなーと思っています。

って、なんか演説の文章みたいになってしまった(笑)
【2006/11/19 23:09】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
うん、うん、お元気なお母様には、人生をエンジョイする為に、お金を使ってほしいですね。

つるちゃんは、もう、自分の意思でお金を使うことが出来ません。
自分のものではなかったとしても、買い物って楽しいじゃないですか。
つるちゃんの物買って、かめこが買い物した気分になれるから、なんか、申し訳ないです。
だから、せめて、えいといれぶ☆でのおやつ選びは、毎日続けたいです。
【2006/11/19 23:40】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
http://blog44.fc2.com/image/icon/e/244.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
私は 自分の実の両親の時は
全く介護に対して自分の人生を犠牲にしてるとか
自分を抑えこんでいるとかは思わなかった
色々回りは 大変だね とか言うけど 自分がしたいからしている云わば自己満足的な思いもあった
だから全然 自分の人生って?とか思わず これはこれで私が自分で選んだ自分の人生だって自信持って言えたし

でも…今は…
そう言い切れない自分がいる
あまりにも想定外すぎて
あまりにも時期が早すぎて
自分の描いてた人生を送れなくて
誰の為に私の人生があったの?って考えてしまって
こんなはずじゃ無かったって
私は一人だから…
本当に一緒に時間を共有していきたい人と充分にいられない
介護する人を自分で好きに選べないから辛い
だから…一方では介護を自分の人生だと思えるのに
もう一方では 自分の気持ちなんて考えていられなくて
やるしかないからとか 私しかいないから って思うしかなくて
でも ほっとけなくて やっぱり情もあるわけで
こんな気持ちで介護してる自分がいるのを自分でも嫌だけど
とにかく今は私がそこに必要だから。

こんな介護生活もあるんだと 今更ながら思うわけで
ん~支離滅裂でごめんなさい
寝る前に携帯から覗いたら思いが溢れてしまいましたm(_ _)m
【2006/11/20 00:31】 URL | #L1ch7n1I[ 編集]
e-365より、v-369モモさんへ
コメント、よくくださったね。感謝してます。

私のブログは、良い子過ぎて、現実のお悩みや本音が言いだしにくいのではないかとも思っています。
でも、それを言える場所は、他にあるから、いろんなブログの中に、自分がいても良いと思っているのよ。

なんだか、モモさん、変わられたみたい。
そちらのブログでの、今のモモさん、頑張ってきたことがわかって、
なんだか、抱きしめたくなっちゃった。
あなたは、大丈夫だよ。
【2006/11/20 00:51】 URL | モモさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-284かめこさん始めまして。
「ジージのKAIGO」ブログを書いてますmomiji1021です。いつもブログ拝見しています。今日は、どうしてもコメントしたくなって・・・・・
私の父も要介護5です。母は一日24時間、父の介護をしています。
かめこさんの考え方に大賛成です。
介護が犠牲の上に成り立つなんていう考え方は私も大嫌い!事実はそうかもしれませんが、それを、あたかも同情を買うかのように表現するのは卑怯です。
介護は100人いれば100通り。
介護をしていない人間がとやかく言う資格もないと思っています。かめこさんも私の母も介護をしつつ、自分のために生きていると思います。
介護は大変です。
でも、私はこれから母も父も見守っていきたいです。
かめこさんのブログもず~と見させて頂きますね。
【2006/11/20 10:05】 URL | momiji1021 #-[ 編集]
v-116ご無沙汰でした。
でもちゃんと毎日見に来ています。
決算なので、頭の中ぐちゃぐちゃになってます。
今回の記事は始めびっくりしました。かめ子さんの意見?!!って思って。
「誰のために生きているのか?」って
もちろん、母のためだけに生きているのでは、ありません。
一番最初のコメントを書かれた方がおっしゃっているように、「生かされている」命を、
どう生きるか?
これって、一生のテーマですよね。
実母を介護できる幸せ、
もちろん、泣いたり、責めたり、喧嘩したり、怒鳴ったりして暮らしています。
でも基本的には介護できる幸せを感じています。
実母の介護は、神から与えられた自分を磨く宿題かもしれません。
だから、自分の宿題を自分で、学びながらしているってことは、自分のために生きているってことですね。
私は、まだまだかめ子さんのように、母から信頼されておりません。これはこれからの課題です。
一歩進んで、2歩下がるって感じのアホなことばかりしておりますが。
【2006/11/20 10:40】 URL | 福桃 #-[ 編集]
v-283初めまして、チャッピィと申します。
いや~同じ考えの方とやっとめぐり合えてうれしいです。
私はあまり他人に介護してることを話したりはしないのですが(純粋に個人的な問題だと思うので)、なにかのきっかけで介護してることを知ると「自分の生活を大切に」とか「あなたが幸せであることが介護を受けてるかたの幸せなんです」とか言われることが非常に多いことに常々疑問を感じてきました。
それじゃあ、まるで私がいやいや犠牲的精神でやっているみたいじゃないですか?世の中には介護放棄するひとがいる一方で、自ら選択して介護生活にはいっていくひとだっていますよね。少なくとも私は自分で選んだ以上、プライドをもって介護してますよ。そのためにしたいなにかを泣く泣く諦めたってのは全然ないんです。
家族のために生きることが自分の人生のヒトコマであってもいいと思います。いつもいつも自分、自分じゃあね、やっぱり他人との関わりの中で生きるのが人間社会ですからそういう時期が人生のなかにあったって当然良いわけです。
介護にまつわる様々な問題を解決していくにあたって、自分の隠れた能力もいろいろ発見できたというメリットもありました。
どうしても介護をする=自分の生活を諦めた不幸なことっていうイメージが強いみたい。こういう風潮を少しずつでもいいから介護から払拭していきたいです。
【2006/11/20 13:46】 URL | チャッピィ #-[ 編集]
こんにちはv-284です(^-^)
e-365さん、本当にありがとうございました☆下の記事へのコメントレス、しっかりと受け取りました。皆さんのコメントも何度も拝見しました。

正直に言いますと、やっぱり私の中の羨ましいという気持ちが消えません。自分には出来なかったこと・また将来自分が二度と経験することが出来ないこと・・それを考えるとたまりません。
ごめんなさい。かめこさん。

>ここをごらんになった皆様へ
これからもつるちゃんとかめこをよろしくお願いします。うちの素敵な紹介ブログです(^-^)
【2006/11/20 14:20】 URL | 三毛猫 #-[ 編集]
v-299
誰のために?って、自分のためです。
「生かされてる」って言う気持ちはないでもないけど、やっぱり、私は「私は私自身を生きている、精一杯自分自身のために」と考えています。

自分、夫、子供、実親、そうして、義母
なんて、ことを言っていられるのも、要介護1の今だけかもしれないなあ~~と思う今日この頃
【2006/11/20 14:23】 URL | 夏 #-[ 編集]
e-365より、v-16ベンジャミンさんへ
驚かせちゃって、ごめんなさい。
でも、かめこの言葉でなかったとしても、
冒頭がこれだったら、びっくりしない?

例えば、認知症になったり、介護をされる立場になった人を、
「普通に暮せなくなった、かわいそうな人」 だと思う人がいるでしょう?
それって、本当の意味のいたわりではなくて、差別意識や優越感、さげすみといった色が含まれるのを、私は感じてしまいます。
それと同時に、介護する人に向けても、
ベンジャミンさんがおっしゃっているように、
「かわいそうな人」 という意識があるよね。
私の友達なんて、『貧乏くじ引いたね。』 って、言われたのよ!

私は、ベンジャミンさんとご主人と娘さんたちの間の空気を感じると、
自分も幸せな気持ちになります。
かめこには、わかるよ。
ベンジャミンさんが過ごした、苦しむ夫を見ていることは辛いけど、
それでもかけがえのない幸せな時間だったということ。
【2006/11/20 14:34】 URL | ベンジャミンさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-255Ayさんへ
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。v-300
初めから読んで下さっているのですね?
とてもうれしいです。ありがとうございます。

Ayさんは、ご病気をされて、とてもお辛い時が2年も続いたのですね。
でも、その間のことも、ご自分の心の栄養にされているのね?
それにしても、
「神様が介護という形で子どもを授けてくださった。」 というのは、名言だわ。
こんなこと言える方には、二度と会えないような気がします。

泣いたり笑ったり、イライラしたり・・・悪戦苦闘の毎日!そういうの、いいなぁ。v-238
Ayさんには、この際、いつまでも、上手な介護なんかしないで頂きたいわ。
家族だもん、生の感情ぶっつけて、そうやって、暮していきたいよね。
そういうのって、
何でもうまくいくより、人生の愛しい1ページになるようにな気がしませんか?
【2006/11/20 15:17】 URL | Ayさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-352
誰の為・・・自分のための人生ですよ。決まっています。介護?父の介護は・・あまり考えたことはない・・そこに父が居て・・高齢になり・・私達が必要になった。だから・・父の生活の手助けもしてきた。時々・仕事・父・家・を一日中・何度も往復に疲れ・・イライラもあるけど・・犠牲?そう思ったことは・・ないな・・介護しながら{今は休んでいますが・・仕事も介護}イロイロな人の生き方に触れ・人に関われば関わるほど・・勉強になることが多い。それと・・父の手助けをすることで・・今までは知らなかった父に出会えたり・ささやかなことでも・・うれしさを感じたり出来・・自分が優しくなれるようになりました。遠い存在の父が近くに感じらたり・・人はもちつもたれつ・・お互い様をかんじています。思うように伝えられないな~
【2006/11/20 18:40】 URL | nonnko #-[ 編集]
v-275より
いいテーマですね。
私たちは家族としてではなく仕事として毎日を暮らしています。その仕事に大いなる喜びを感じ誇りを持っています。
私たちは自分の人生を自分の足で歩いています。自分のために生きています。

けれどその思いがちょっと角度を変えるとおかしなことになる場合があります。
介護する自分の姿を通してでないと自分を認められない人がいます。介護をする自分としか向き合えない人がいます。
あたかも介護することが自分の人生の美徳と思い込みその場所から離れられない。
そういう人は自分を見失う傾向にあります。
上手くいえないけど、そういうひとがかめこさんが紹介したあの言葉に繋がるように思いました。
【2006/11/20 21:30】 URL | CHAN #-[ 編集]
v-266何か釈然としませんね~
少なくとも犠牲にしたという意識はありませんでした。
他人からみれば介護ですが、自分は母と最後まで同居しただけです。
同居できて、今はもういないけど幸せだと思っています。
そんな構えて偉そうにいうことじゃないと思います。
【2006/11/20 22:21】 URL | コロコロこころ #-[ 編集]
e-365より、v-286ペろりんさんへ
義母様は、グループホームから病院へ戻られたということでしたよね?

ペろりんさんのおっしゃるように、
介護されている方というのは、どんなところでどんな介護を受けるかによって、
人生が変わってしまう程の影響があると、私も思います。
でも、その人が、幸せかどうかというのは、子どもとしての思いや、見た目とは違うかもしれないとも感じています。
自分たちの名前や顔を忘れられてしまうのは、子どもとしては、さびしくて悲しいけど、
ご本人にしてみれば、辛い現実を忘れられる、ということかもしれませんし。
【2006/11/21 00:00】 URL | ペろりんさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
自分では、どうでなくっちゃいけないというより、自然体なのが一番良いのだろうと思っています。
だから、ゼリーさんが、犠牲になっていることがあると思えるのって、自然体だから好き。
前との生活に比べて、出来なくなったことがたくさんあるのは、事実だし、意識して当たり前だよね。
問題は、そのことで、ずっと気分が暗いままでいるとかで、
ゼリーさんの場合は、初めからカッコいい介助生活目指せてたんじゃないの?
初めてゼリーさんのブログ見た時、「イカス!」 って、タイトルどおり、感じたよ!
でもって、これからもお互いに、自分を磨くのだ!v-410
【2006/11/21 00:42】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
ウルルの里のかめこへの手紙も読みました。
この記事書くとき、ウルルさんのことを思いました。
読んだら、辛くなるだろうな、って思った。

ウルルさんは、義務でも犠牲でも、どう感じてもいいんだからね。
そう思わないで、なんて、言わないよ。
どんな風に感じてもいいから、
どうか、自分を不幸な人にしないで下さい。
不幸な人には、ならないでください。
自分の中の大切なもの、なくさないで下さい。
【2006/11/21 01:24】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、momiji 1021さんへ
はじめまして。ようこそ、つるちゃんとかめこへ。v-300
せっかく絵文字入れてくださったのですが、先に使っている人がいるので、
お手数ですが、違うものに、替えていただけますか?

モミジって、猫ちゃんのお名前なのですね?
つるちゃんも猫が好きなのは、ご存知ですよね?

そう、介護も、100人いれば100通り。
だから、私は、もし、同情を買うような表現をする人がいたとしても、卑怯だとは思わないです。
それは、きっと、その人が大変で大変で、押しつぶされそうになるのを、紛らわす手段なのではないかしら?
どんな手段をとっても、楽になってほしいです。
かめこが、不満というか、異議あり、と言いたいのは、
介護する人誰もが、つまり私も、「自分を抑えてるんだ」、と思われてしまうことなのです。
その人は、そうかもしれないけど、私は違う、
人それぞれでしょう?そう、言いたいのです。

momiji 1021さんがいらして、お父様もお母様も心強いですね。
【2006/11/21 02:00】 URL | momiji1021さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-116福桃さんへ
最後の言葉、いつか同じこと聞いた気がして、
これまでの福耳さんのコメント、全部読み返していました。
6月24日に、言ってた。v-410
6月18日に初めてコメントくださって、「前日初めて訪問して、1月から読んでる」 と、言ってくださいました。

あの頃のことを思うと、
今日のコメントは、なんとたくましくなられたこと!と、感慨深いです。
泣いたり、責めたり、喧嘩したり、怒鳴ったり、でも、幸せ感じていらっしゃるのですよね。
今も疲れる毎日だとは思うけど、6月半ばまでの疲れとは、まったく違うものだと想像してます。
今日のコメント、とてもうれしかったです。
【2006/11/21 02:35】 URL | 福桃さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-283チャッピィさんへ
はじめまして、チャッピィさん。ようこそ、つるちゃんとかめこへ。
ビックリしちゃった!
かめこが、ブログをはじめる前のハンドルネームが、chappyっていうんです。
たった、2ヶ月しか使いませんでしたが。

1年前の私、チャッピィさんが、おっしゃっていたように感じていました。
でも、今は、少し違うというか、+アルファーなの。
私は、今は、両方の考え方があることが、(ある、って、確かに今日、わかったもの) 知られてほしいと思っています。

うちに来てくれるヘルパーさんの中に、徘徊のひどいお姑さんを、子どもが幼稚園の頃に介護してた、という人がいるのですが、
彼女は、「自分の人生を諦めることで、心の平安を取り戻せた。」 と、言っています。
そういうのって、あると思う。
辛くて辛くてたまらない人を救う言葉は、記事冒頭の言葉の方かもしれません。
「あなたは、それだけ辛いことしてるんだよね。」 「わかるよ。」 という気持ちを伝えたいとしたら、冒頭の言葉になるのかもしれません。
でも、それだけでは、ダメ。明るい未来は来ない。
だから、私は、チャッピィさんやかめこのような考え方もある、ということを、
日本中の人に、伝えていきたいと思っています。
【2006/11/21 11:38】 URL | チャッピィさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-284三毛猫さんへ
まぁ、皆様にご挨拶ありがとう!

私ね、三毛猫さんに、『羨ましい。』 と言っていただけて、素直にうれしいの。
申し訳ないないような気持ちも、少しはあるけどね。
今、言ってくださった「羨ましい」は、
「認知症が、余命何ヶ月というような病気ではないから。」 という意味合いではないですよね?
つるちゃんと家族達の幸せな様子が、ただただ羨ましいのですよね?
(ご自分の介護を悔やむ必要は、ないですよ!)
そういうのなら、いくらでもうらやまれたいです。
介護経験者だけでなく、介護を経験したことのない人にも、
日々のつるちゃんとかめこの様子を見て、
「介護=幸せ もある」 という印象を持っていただけることが、このブログの、ひとつの目的なようにも思っています。
【2006/11/21 11:52】 URL | 三毛猫さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-352nonnkoさんへ
ああ、お父様が高齢になって、nonnkoさんたちを必要とされることが、自然なことだと考えていらっしゃるのね?
私も、きょうのnonnkoさんのコメントと、全面的に同じ気持ちでいます。
(イライラは、直接的なことでは感じないけど)
でも、正直言って、もっと、お悩みかと思ってしまっていました。
多分、そういうときを乗り越えられてきたのですね。
そして、気持ちも体力的も大変な時でも、ご自分の根っこのところは、
今日のコメントに書いてくださったようだったのね。
とても、明るい気持ちにさせていただきました。
どうもありがとう。
【2006/11/21 14:34】 URL | nonnkoさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
それって、介護だけの話ではないような気がします。
自分がない、というか、見えてなくて、当然相手のことも見えない。
そういう人がいる、てことでしょ?
そして、そういう人たちが認知症の人を見ると、
どうしてそういうことをしているか、とかには、思いが及ばず、
わけのわからないことしてる人、問題行動をする困った人、って、とらえてしまうのではないか?
って、言いたかった?
違ってたら、ごめんなさい。v-435
【2006/11/21 14:54】 URL | CHANさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
人はどんな環境にいたって、自分のことのみ考えて生きては行けない。

人のために生きて、人に生かされてるって思うんです。
今回、弟が交通事故で入院し切にこのことを感じました!
【2006/11/21 14:59】 URL | 恵美ママ #-[ 編集]
e-365より、v-299夏さんへ
コメントの順番間違えました。

私は、精一杯自分の人生を生きている人が、人の気持ちもわかることの出来る人だと思っています。
自分のことも分からない人に、相手の気持ちなんかわかるはずないから。
そして、自分を大切にする人が、相手のことも大切に思える人なのだと思っています。

介護度がましても、今、夏さんがなさっているように、
義母さまを理解しようとする姿勢が変わらないなら、
きょう、コメントしてくださったことは、ずっと言えると思いますよ。

『義母にとって「最良」はなにか?私にとっても「最良」は何か?かみ合わない時はどこに妥協点を見つけるか・・・』
と、試行錯誤されてる夏さんを、かめこは、応援しています。
前にお話したことは、傍にいる夏さんのやり方の方が、良いに決まってると、思いなおしています。
【2006/11/21 17:48】 URL | 夏さんへ #u6i4c2k.[ 編集]
e-365より、v-266コロコロこころさんへ
ほんとそう。かめこもコロコロこころさんと同じに、つるちゃんと一緒に暮してる、という感覚です。
でも、そんな風に自然体で出来る人は、とても少ないようですよ。
コロコロこころさんは、多くの人が、試行錯誤して、やっと獲得するようなことを、
最初から自然に身につけていらっしゃるのだと思います。
だから、自然体で、いられるのだと思います。
【2006/11/21 17:57】 URL | コロコロこころさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
e-352
ハーイ。あの・・どん底の時・・思い切って、かめこさんに話したら・・気持が落ち着いて・・
本当に感謝しています。アリガトウゴザイマス。
そして、今の状況にいます。ボチボチ・・マイペースで・・あるいていきます
【2006/11/21 21:30】 URL | nonnko #-[ 編集]
v-275より
そうそう、あってるよ。v-426
~~したのに・・・・・・
~~してあげたのに・・・・・
というように、自分の行った行動行為にのみ満足感を感じる。
それは相手を見ていないことです。
与えることのみの自己満足のケア・・・
自分も相手も見えないから、結局行動が理解できない。
それを「抑えている」と錯覚することになるのでは?

介護は特別な作業ではありません。
人が普通に生きるときに必要な手段です。
私に眼鏡が必要なように・・・・・
誰かが抑える必要などありません。
【2006/11/21 23:21】 URL | CHAN #-[ 編集]
e-365より、v-278恵美ママへ
お返事遅くなりました。
弟さん、バイク事故に遭われたんですね。
一日も早く回復されますように、祈っています。

本当にそうだと思います。
かめこも、病気いろいろしてること、思い出しました。
(いつもは能天気に忘れちゃってるの。)

人のために生きて、人に生かされてる、
ということを、意識できる自分の存在が、必要なんだと思うけど。
【2006/11/22 11:53】 URL | 恵美ママへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-352nonnkoさんへ
まぁ、お役に立てたのかしら。
とてもうれしいです。
そんな風に言ってくださって、こちらこそ、ドウモアリガトウゴザイマス。
【2006/11/22 11:59】 URL | nonnkoさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
かめこも、今は、つるちゃんと自然体で暮していると言えると思います。
でも、去年の秋前までは、とてもじゃないけど、眼鏡をかけるように、なんてわけにはいきませんでした。
あの時期の「介護」は、強い意志を持って挑まないと出来ないようなことだったと思います。
【2006/11/22 12:24】 URL | CHANさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/352-9b4fc2c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。