つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
隣近所の声のかけ方
隣近所に、認知症を持つ人が家族と共に暮しているとする。

なんとか、家族の力になりたい。
どうしたら良いだろう?



家族の代わりに見てあげたら、助かるんじゃない


そう、考える方が、もし いらしたら。。。
かめこからのアドバイスです。



認知症のある人を、安易に預かろうとしないでほしい。

そう、申し出たら、家族は身体が休まって助かるだろうなんて、
思わないでほしい。



人を預かるということは、命を預かるということだ。
ただ「留守番」するのとは、わけが違う。

特に、認知症のある人の中には、
突拍子もないことをしでかすことがある人も居る。
そういう時の対応は、慣れた人でないと難しいから。

また、認知症のある人は、環境の変化に弱い人が多いと思う。
だから、慣れた人のそばでないと、事故も起きやすくなるだろう。


ご近所さんにでも、安心して任せられるような人なら、
自分で留守番できる人なのではないかと思うし。




もし、家族に身体を休めてほしいのなら、

例えば、

『買い物くらいは、行かせてください。』 では、いかが


ヘルパーさんを頼んでいても、家族の買い物は、してもらえない。
だから、買い物を代わりに行ってもらえると、
身体が休まって、助かる人も居ると思う。
かめこは、ご近所さんに実際に言われて、とても嬉しかった。





この1週間ほど、すごく悩みました。

隣近所の支えのあり方について、
地位のある専門家が、そういうことを皆で考える大きな会で発言して、
それが大きな新聞に掲載されたことがらが、

私の考えと異なっていたので。



介護保険の破綻が叫ばれてる中、かめこには、
隣近所を、介護の労働力として数えるような視点があるように見えました。
そういう考え方もあるのかもしれませんが、
具体例の一部は、
現実の家族達のニーズを理解していないと思います。




かめこがほしいのは、
つるちゃんやその家族への 理解ある温かい眼差しです。

今、かめこたちが、ご近所から頂いているような。 



なお、声かけについては、『何かできることありますか?』 が、良いのでは?
というご意見が、コメント欄で出ました。
かめこも、その方が良いと思います。


なお、かめこのご近所さんについては、 「支えてくれる人達 下」 を ご覧下さい。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-28.html



押してね     応援クリックお願いします。 

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/11/07 07:14】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(1) | コメント(33) |
<<不眠は過去形 | ホーム | あんまん悲話>>
コメント
v-266ご無沙汰してます。
そうですね、安易にいうのは考え物です。
近所に同じような介護家庭がいらっしゃるので
1~2ヶ月ごとに庭の草引きをさせてもらっています。
【2006/11/07 09:20】 URL | コロコロこころ #-[ 編集]
e-365より、v-266コロコロこころさんへ
まぁ、さすが コロコロこころさん。
それは、とても喜ばれてると思うわ。
正直、そういうところまで、手が届かないもの。
つるちゃんが元気だった頃は、芝生の手入れが行き届いていて、
ご近所さんも喜んでくださっていたのに。。。

うちでも、つるちゃんに目がもっと離せない頃、
お隣さんたちは、自分の家の前を掃除される時、
ついでに、つる家の前も掃いてくださっていました。
とてもありがたかったです。
【2006/11/07 09:35】 URL | コロコロこころさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-375
私もそれは思う。
安易に家族の居ない所での見守りは正直私は恐いです。
どんなに親しくつき合っていても 子供を預かるのとはまた違うよね
施設はそれなりに対応できるようになってるけど、
個人ではどうかなぁ~ 介護士の資格を持っていて症状とかきちんと聞いて知っている人なら大丈夫かもしれないけど

でも、家事とかの手助けは出来るよね
気にかけて見守る事もできる。
介護は大変だけど、ホントに助けてあげたいって気持ちになるけど、あくまでも補助しか出来ないと思う
ヘルパーさんでも、念入りに打ち合わせや話し合いが必要なのだから。家族と同じにはなれないよね
【2006/11/07 10:05】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
わ~ん、うれし泣きだぁ。
かめこの言いたいこと、全部言ってくれました。

たとえ、現役でヘルパーや介護士やってる人だとしても、
特別な事情がある時を除き、
会社を通してきちんと契約している人でないと、
かめこは、任せられません。
それどころか、日常において、そういう申し出をされたとしたら、その方の見識を疑います。
それは、つるちゃんが、特別大変な人だからではなく、
人を預かるという意味を知ってる人だからこそ、
言い出すはずのないことだと思うからです。

それで、特別な時ってあるから、
例えばもし、自分が倒れたとかしたら、
携帯番号教えてくれてるご近所さんに、
『助けて。つるちゃん預かって。』 って、電話しちゃうな。
【2006/11/07 11:02】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-277e-86
在宅を経験してるワケではないのですが
とてもよく分かりました(*´ェ`*)e-420

そうゆう関係を築いてゆきたいし、
自分もそうあれたらいいなと思いますv-398
【2006/11/07 11:03】 URL | mayumi* #mi4u0YmM[ 編集]
e-365より、e-277e-86mayumi*ちゃんへ
本当に支えたいのなら、とにかく、相手をよく見て、
そして、自分に何が出来るか、相手の立場に立って、深く考えてほしいです。

かめこは、このこと、ずっと言っていくよ。
まず一人、ここに理解者が増えたことを力にね!

mayumi*ちゃん、わかってくださって、本当にありがとう。
【2006/11/07 11:31】 URL | mayumi*さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-282
私もそう思います。
認知症の方だけでなく、身体的な障害が大きいウチのハハも同じです。
認知症は「お話し相手くらいなら」って軽く考えてしまうのでしょうか。ウチみたいな場合は目に見えて「介助方法知らないとできない」とハッキリしてるので、皆結構恐ろしがって手を出しません。認知症も同じですよね。

私は「何か手伝えることがあれば」というお申し出戴いたら、迷わず「何か料理作って持ってきてー(もしくは 送ってー)」と言います。その料理を作る労力と時間を、その人にプレゼントしてもらえるんですよね。その分家族は休めるのです。

実はウチと同じフロアにね、要介護4の認知症のおばーちゃんがいるのです。
かめこさんのブログ読み始めてから、そのおばーちゃんへの私の接し方、ものすごく変わりました。
【2006/11/07 13:49】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
v-22です。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
e-365さんの言いたい事 よく分かります。
【2006/11/07 14:23】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
料理かぁ。なるほど。
そういえば、「○○にすると、おいしいですよ。」 って、頂いて、
えー?○○にして、持ってきてほしかったぁ。
なんて、内心思った。ってことは、ご近所に内緒にしておいてね。v-392

今、ゼリーさんが言ってくださったことって、
つるちゃんが認知症になって、辛かったたくさんのことが、すべて報われるくらい嬉しいです。
ゼリーさんも、ブログ書いてる人、みんなそうだけど、
これからも、かめこだから書けること、書いていきたいと思っています。
【2006/11/07 15:18】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
キバっち、わかってくれて、ありがとう。v-413
【2006/11/07 15:21】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-278です!
そうだよね、命を預かる!!!
子供も然り!同じ思いです!!!!!

ありがたいけれど、実家の両親でさえ安心できない自分がいます。
性格なのかもしれませんが・・・(恵美ママの場合)

同じく、温かく見守って欲しいんです。
【2006/11/07 17:52】 URL | 恵美ママ #-[ 編集]
支えてくれる人達も読ませてもらいました
とっても参考になります
かつては私も介護していましたが
それでももし目の前に介護されてご家庭があったら
どのようにしてあげたらいいのか悩むと思います
勿論ケースバイケースでしょうが
こういう生の声って
ほんとうに役に立つと思います
【2006/11/07 19:14】 URL | katasumi #-[ 編集]
v-66
うわあ! 私が書きたいと思ってたことがそのまんま書いてある! ゼリーさんのコメントに(笑)

その通りなんですよね。認知症の人の場合も、障害者の場合も同じなんだなぁって思いました。
私もやっぱり、母の介護はたとえ少しの時間でも他の人にはできないと思います。だからもし申し出をいただいたら、かめこさんやゼリーさんと同じことを頼むだろうな・・・

そして私も、たまに自分のブログで登場させてる近所の重い認知症のおばあちゃんへの接し方が、かめこさんのブログのお陰で変わりました。
変わったというか、自信をもってきちんと接することができるようになりました。
とても感謝してますv-351
【2006/11/07 19:45】 URL | こうばこ蟹 #mQop/nM.[ 編集]
e-250
今日はいい言葉をありがとうございました。 
母の近所の方たちも 温かく見守ってくれているようです。みんな子供もとうに手を離れ母と年齢が近い方が多いのでありがたいです。
今日は久しぶりにv-540ぺたり。
【2006/11/07 19:46】 URL | まよっち #-[ 編集]
v-275より
どの部分を支えてほしいかは、その方によって違うと思います。
「なにかできることはありますか?」
ということばが町中に飛び交う世の中。
最終目標は私の今日の記事です。

さしあたって花縁では「窓拭き」なんぞ手伝っていただきたいv-288
【2006/11/07 20:04】 URL | CHAN #-[ 編集]
v-516。ステキなご近所さんですね。
助け合うというより支え合う、すばらしい人たちです。
命を預かる、心を預かる。大事で、とても難しい事ですね。
私ももっと職員の方達と仲良くなろうと思います。母も交えて楽しく語り合えるように・・
今はまだ環境全てを警戒してるようです。
【2006/11/07 20:42】 URL | みつこ #mQop/nM.[ 編集]
うちの母のパーキンソン病も、症状が変わるのでわかる人は家族しかいないです。ご近所とはつき合ってないし・・。
お手伝いさんが欲しいです!!
デイやショートも不安を抱えつつ・・。
私は仕事と介護で崩壊寸前!

母を理解する人は私しかいなくて、母も私が優しいことを一番望む。
仕事はやめられない。ならば、家事をしてくれる人。料理洗濯掃除などをしてくれる人を望みます。(働き者の嫁希望)
そしたら、少しは私も余裕が出て優しくなれるんじゃあないかと思うんだけど・・・。

介護する側のヘルパーもあるといいのに・・。

【2006/11/07 22:37】 URL | [絵文字:e-134] totoです #-[ 編集]
あの、絵文字をどうするのかよくわからなくて・・。
すいません。
【2006/11/07 22:45】 URL | totoです #-[ 編集]
e-365より、v-278恵美ママへ
ごめん、恵美ママ。
かめこは、「かわいい子には旅をさせろ」派なんです。
ディジーは、一人っ子のお子さんのおうちで、そのうちの子同然だった時期ありますし。。。
子どもは、親である自分が信じてあげれば、自信が持てるのもだと思うの。
だから、誰と居ても大丈夫だと思ってしまいます。
でも、子育てをしてる、自分達親については、尊重して、温かく見守ってほしいと思います。
【2006/11/07 23:25】 URL | 恵美ママへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-252katasumi さんへ
前記事も読んでくださったとのこと、ありがとう。
あそこで書かれている感じより、今の方が、
私に余裕が出来たし、
ご近所は、安心してみていてくれてると思います。

そう、もちろんケースバイケース。
でも、実体験ですから、参考にしていただけるようで、とても嬉しいです。
こんな個人的な情報や意見が出せるのも、ブログの長所でしょうね。
【2006/11/08 00:02】 URL | katasumiさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-66こうばこ蟹さんへ
あ、かめこは、実際には、買い物に行っていただく機会は、今のところありません。
そういうお申し出が、嬉しかった。という意味です。
うちの場合の支えは、なんと言っても、夜中の悲鳴を笑って聞き逃してくださったり、
徘徊してることを、皆さんがわかってくださっていたことでしょうね。
現物(?)では、おしり拭きのぼろきれで。

いつも書いてるけど、認知症のある人への接し方が、本質的に他と違うわけでは、ないから、
出来る人は、初めから出来ていると思います。
ただ、これでいいんだ。とは、思っていただけたようで、
とても嬉しいです。
【2006/11/08 00:31】 URL | こうばこ蟹さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/08 00:44】 | #[ 編集]
v-20おはよう┌○"ペコッ

難しいね。
優しい気持ちで手を貸したいと思ったときに、自分に何が出来るのか・・・
障害を持つ方にいらぬ手出しをして断られたときに、すごく恥ずかしかったこと、また思い出しちゃった。
かめちゃんを始め、介護してる方に(-∧-;)オネガイシマス・・・。必要なことを、声を大にして言ってください。
どんなことが手助けになるのか・・・。

そっか!まず始めにお手伝いできるのは「お買い物」・・・....φ(・∀・`*)ヘェ
任セトキィヾ(´ー`)~♪
【2006/11/08 08:18】 URL | yell #rI2kGhSA[ 編集]
e-365より、e-250まよっちへ
いい言葉と言ってくださったのは、「理解ある温かい眼差し」 の部分ね?
お母様のご近所さんが、温かく見守ってくださっているようで、何よりですね。
それって、ご両親のお人柄によるものと、
今のお父様のご様子が目に入ると、自然にそうなるのではないかしらね?
【2006/11/08 09:38】 URL | まよっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
そう、それぞれの人によって、どの部分を支えてほしいかは、もちろん違いますよね!

CHANさんの言われるように、
「何かできることはありますか?」 という言葉が、
町中で行き交う世の中に、したいものですね。 (丸写しだぁ)
それには、受け入れる側も、心を開かなくては。 (これが難問)

・・・窓拭きかぁ。
いつか、そちらにうかがう時は、そのつもりで参ります。v-410
【2006/11/08 09:57】 URL | CHANさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
きょうも私は、みつこさんのお話伺って、心が満たされるような、幸せな気持ちになりました。
何回も言うけど、とても大変な状況でも、この人は、大丈夫なんだ。と、思わせてくれます。
そういう人が居てくれること、とても勇気付けられる。

なんか、目に浮かぶよ。
姫の周りに、みつこさんとそこのスタッフさん達がいて、
姫があくたれついて、
でもそれは、警戒心からではなくて、気を許してるから出るのだと、
みんなが微笑んじゃってるような場面。。。
これからは、姫と下女と小人達なんてどう? 
それじゃ、オーロラでなくて白雪だけど。
【2006/11/08 10:10】 URL | みつこさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
v-16です。
そうそ、オレンジの蓋です。

娘たちとヘルパーさんとデイの方しか安心してお任せできませんでした。
新しいヘルパーさんは引継ぎをされて見えますがそれでも最初は不安です。
度々、入院しましたが看護師さんはコロコロ変わりその度に夫のことを理解して頂けなくて・・・。

病気になってからこのマンションに引っ越してきたので回りの理解を得るために夫の事を書いた物を全戸(146軒)に配りました。
お手伝いを求めるのではなく失礼な(おかしな)言動があっても「ごめんなさい」って事を含めてです。
ハラハラドキドキがいっぱいありましたから・・・。
【2006/11/08 11:05】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
e-365より、e-134totoさんへ
はじめまして。初コメントありがとうございます。v-300
絵文字、e-134で、よろしかったでしょうか?
NAMEの欄には、入れられないの。
本文の頭にお願いしますね。

さて、とても厳しい状況の中、今現在を過ごされているご苦労をお察しします。
totoさんが、お母様のことをわかってあげられていて、良かったです。
まずは、そこから、だと思うので。
でも、その先が広げられないのですね?

totoさんのお母様の担当のケアマネって、どんな方なのでしょう?
暮らし全般についてや、デイとショートの不安について、相談しにくい方なのかしら?
崩壊しない手立てを、なんとか、考えていただけるように、
これまでよりも、積極的にケアマネにお話される、というのが、かめこは必要だと思います。

お嫁さんについては、
totoさんは、ご自分の幸せのために、結婚を考えてほしいです。
そして、totoさんの未来の伴侶にも、幸せになってほしいです。
そのためには、
料理炊事洗濯をするために、お嫁さんを希望する、という、
今のtotoさんの意識は、改革が必要ですね。
【2006/11/08 11:09】 URL | totoさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、ないしょさんへ
ありがとう。
私、わかってたよ。
ないしょさんが、つるちゃんのこと、あの時、特別に感じてくれてたって。

辛いこと、たくさんあったね。
自分でこなせることなら、そりゃぁ、疲れるけど、まだいいよね。
世の中には、自分の力では、どうにもできないことって、たくさんある。
弱い立場の者に、それがまとめて降りかかる。
ほんと、辛いばっかりだ。

それなのに、ブログで会っただけのつるちゃんのこと、思ってくださって、
本当にありがとう。
その愛情は、
ないしょさんのお身内にも、お仕事でかかわる人たちにも、伝わってると思います。
伝わらない、なんてはず、ないです。
【2006/11/08 11:24】 URL | ないしょさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-20yell姫へ
買い物、っていうのは、例えなの。

それでもって、訂正します!
合言葉は、 「何かできることはありますか? v-363

でも、正直なところ、かめこは、物や時間より、
「理解ある温かい眼差し」 が、一番ほしいです。
つるちゃんが、あなたの近くに住んでいることを、
迷惑に思わないで、認めてくださることが、
何より、望みです。
初めから、叶っているのだけどね。
【2006/11/08 11:42】 URL | yell姫へ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-16ベンジャミンさんへ
やっぱり、オレンジね。v-392

お話、頷くことばかりです。
うちは、ヘルパーさんが定着するまで、1年以上かかりました。
その間、それはそれは大変でした。
初めての頃は、ヘルパーさんが来ない時より、手間隙かかって、気も使う。
この話は、きりないので、ここまでに。

マンションの全戸に、ご主人について書いた紙を配った話。
わかるわかる。ものすごくわかる。
私も、それは考えたけど、うちは、住宅街だから、
徘徊に付き添っていた時は、
道ですれ違う人全てと、庭に出ている人全てに、
「どこそこの可愛です。お世話になっております。」 と、
心から挨拶してました。
もし、一人で出歩いていたら、気付いていただけるように、との思いも含めて。
【2006/11/08 11:56】 URL | ベンジャミンさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-196
すごぉ~く納得!
私も周りにそういう状況があれば、実行してみようと思います。
でもやっぱり、温かい心で接するには知識も必要だと・・・かめこさんのところに来るようになって色んな事を学びました(*^m^*)
【2006/11/13 14:54】 URL | 里美 #-[ 編集]
e-365より、e-196里美さんへ
里美さんなら、相手の立場で、何が望みか、考えられると思うなぁ。

今、もう一つ思うことは、
かめこがいないところでの、うちに関する、
ご近所同士の雰囲気をより良くしようと、気にかけてくださってる方が、あるようなの。
そういうのって、間接的にだけど、とてもありがたいです。
【2006/11/13 15:16】 URL | 里美さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/340-75235da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
介護
介護に関するリンク集です。記事に関するコメントや介護に関するサイトを登録をお願い致します。 相互リンク・口コミ情報『@時代の言葉』【2007/04/15 12:01】
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。