つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
続:セカンドオピニオンの提案
前記事からの続きです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-322.html


おととしの6月、
つるちゃんの 内科かかりつけ医キューピー先生より、
精神科のセカンドオピニオンの提案があった。

かめこは、提案を受けるか受けないか、とても真剣に考えて、
スタッフにも、気持ちを聞いてもらって、


セカンドオピニオンは、受診しないことに決めた。

その時点のつるちゃんにとって、
「新しい病院を受診することが、とても負担になり、
その為に、
少しずつでも、安定方向に向かっている日々の生活が、崩れてしまうのではないか。」
そう考えたからだ。


 キューピー先生は、

『そうなんだよねぇ。』 『そこが問題なんだよねぇ。』 と理解してくださった。


その後、 先生は、つるちゃんを診る度と言っていいほど、

『信じがたいけど、良くなってる。』 という言葉を繰り返された。

『これが、アルツハイマーだというのなら、その根拠を訊きたい。』 
とまで、言われた。

これについては、前ケアマネのアドバイスにより、
 キューピー先生が望めば
 精神科主治医と、電話にはなるが、直接 話が出来るように、
かめこが、段取りすることになったが、

先生は

『そういう時が来れば、お願いします。』 とのことだった。



そして、今年になり、かめこは、
つるちゃんの病名は、
 「アルツハイマー病非典型」 である。との、
精神科主治医の見解を伝えた。


 キューピー先生は、
 
『そういうことなら、わかる。』 と、納得された様子だった。


つるちゃんを見てると、精神科のかかわり方にも、疑問は、なくなるのではないか。
つるちゃんが、いろいろありながらも、うまく暮していけてると思うから。



押してね   応援してね。  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
【2006/10/24 23:59】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<電話しちゃった? | ホーム | セカンド・オピニオンの提案>>
コメント
v-528
この4日間の記事は、
いろんなことを考えながら、
読んでいました。
周りに信頼できる人達が集まり、
みんなで真剣に考えてくれる。
すばらしいこと。
でも、
たまたまそういう人達が集まったんじゃなく、
かめこさんの熱意が相手に伝わって、
みんなが助けてくれるんだろう。

僕も、いつも、
アルツハイマーってなんだろう。
と思ってる。
症状は人それぞれというけど、
すべてがアルツハイマーという
ひとくくりに納まるのかな?

今、病院を信頼できなくなっている。
だけど、そのままにしている。
ダメだな。
セカンドオピニオンを考えて見よう。 
【2006/10/25 09:49】 URL | スリブリ #G/R0oQrY[ 編集]
v-518
アルツハイマーの典型ってどういうのをいうのでしょう?
私がお勉強していたころは、認知症という言葉はなく、
老人性痴呆のひとつの種類として分類されていました。
精神科の研究そのものが発展途上ということです。
ダウン症も自閉症も親の遺伝的要因はないといわれていましたが、
今では遠い要因であっても関係があるという説になってきているように
聞きました。
これだって、きっとまだ、推測ですよね。
日進月歩。新しい発見はきっとあるはずです。
精神障害は複数の要因が多発的に発生してくることもあると思いますし。

かめちゃんが一番いいと思う方法が一番正しい。
それは、自信を持って大丈夫。
新しい出会いも、きっとかめちゃんが、素晴らしい人間関係に変えていくはず。
私は、疑問を持ってセカンドオピニオンを受けるということでなく、
新しい発見を探しに行くということであれば、
受けることに賛成です。
疑問をかかえて行くのであれば、効果は疑問。
そこでのどんな診断も新しい疑問をかかえることになるだけかもしれないから。
そして、人は自分に都合のよいことのほうを信じやすいようにできているから。
【2006/10/25 11:07】 URL | SATOKO #-[ 編集]
e-365より、v-528スリブリさんへ
ねぇ、スリブリさん、
スリブリさんは、かめこが、つるちゃんの厳しい症状について、記事に書いた時、
『話にくいことを話してくれてありがとう。』 と、何回か、コメントしてくれました。
でも、そういうことは、かめこにとっては、話にくいことでは、なかったです。
なぜかというと、
どんなつるちゃんでも、かめこは、差別してなくて、人として尊敬できたから、
「困った人なんです。」 という風に書いてるわけではなかったから。
そういう、厳しい症状があったということは、
事実なだけで、恥ずかしいことではないから。
追記:26日です。↑「辛いかどうか。」 ですよね。
何書いてるんでしょう。

でも、この4回の記事は、書きにくかったです。
そして、かめこにとって、もっと書きにくいと思ってることを、次に書きます。
わざと、「続く」とは、書かなかった。
別に、書かなくても済ませられる。
今、書くと決めました。

リンク先の「認知症・アルツハイマーを理解する」 の ドクターkが、
『そのこと、ブログで、書いてはいかがですか?』 と、メールでアドバイスくれてから、
何ヶ月も経ちます。

14時43分 追記:その記事は、次の次にします。
もったいぶって、ごめんなさい。v-435気分転換する!
【2006/10/25 11:18】 URL | スリブリさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-518SATOKOさんへ
精神科の認知症についての研究は、進んでいるのでしょう。
でも、現場の医師の役割のようなものについての意識は、
あまり進歩してないんじゃないかしら?
現場での、これから先のそういう面での進歩も、かめこには見えないでいます。
自分は、たまたま (じゃないと、v-528が、言ってくれた矢先ですが)、 
ドクター達にも恵まれているけれどね。

セカンドオピニオンを受けるかどうかについて、くださったご意見は、
さすが、SATOKOさん。
なんていうか、さすが我が友。(親友だって、勝手にこっちだけ宣言してもなぁ。)
かめこのこと、良くわかってるぅ。v-415

v-480 キューピー先生の提案は、わくわくするものでしたよ。
でもねぇ、つるちゃんにとっては、いい迷惑な話だと思ったの。

そして、「疑問」 ってやつはね、
一番信頼する人に、ぶっつけるのが、一番なんだよv-363 
【2006/10/25 11:53】 URL | SATOKOさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
v-22です。

認知症・・・奥が深いv-364
キバの母方の祖母が、高齢で寝たきりになって痴呆になりましたが、キバは何も手伝った事がないから、よく分からないのが事実です。
母は伯母(母の実の姉)から 「あ~だった!こ~だった!」と聞かされてはいたようなんですが、母が泊りがけで行くとその症状が全然出なかったそうです。
だから 母に聞いても分からないだろうなぁ~。。v-390

リンク先のドクターK氏の所にお邪魔しちゃっても大丈夫ですかねv-362
【2006/10/25 14:00】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
そうそう、そういうお話は、よく聞きますね。
つるちゃんだって同じです。
相手や場所によって、全然違う人みたいな方が、普通でした。
最近になって、そういう差が少なくなってきてますが。
だから、一番近くに居る家族は、誰にもわかってもらえなくて、
孤独な気持ちになったり、ストレスがたまったりすることが多いと思います。

(だから、もし、周りの人が、家族達の力になりたいのだったら、
と、途中まで書いたけど、難しくて止めた。)

doctor k のところ、ぜひいらしてね。
最後2つの「介護についての文章」 に感動して、リンクをお願いしたのよ。
【2006/10/25 14:42】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/323-897996e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。