つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
セカンド・オピニオンの提案
前記事http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-321.html#more から続く。

おととしの6月。
内科かかりつけ医 キューピー先生は、


『いつも、可愛(つる)さんのことが気になってます。』

『(つるさんが、人の話などを) こんなに、わかっているのだから、

もし、違う病気だとわかって、薬が見つかれば、

違う生き方が出来るんじゃないかと思うんだ
。』 


『徘徊なんかを抑えるだけの薬(を処方する) しか(方法が)無い。
というんじゃなくて。』



つまり、キューピー先生は、
「アルツハイマー病」だという、現在の診断に疑問があり、
薬の処方などが適正ではないのではないか。

そう、言っているのだと、かめこは、理解した。




そして、次の診察日に、
セカンド・オピニオンへの受診についての提案があった。



そのセカンド・オピニオンの候補は、先生が懇意にされてるという、
A大学病院B医師と C公立病院D医師の二人。

その二つの選択肢候補について、
病院の性格の違い・検査方法(入院の有無)・一生のかかわり方・
二人の医師のプロフィール・人柄など、

具体的な情報が提供されたのだ。




できることなら、
キュピー先生は、これから、
そのどちらかと一緒に、つるちゃんを最期まで、診ていきたいんだね。




かめこは、キューピー先生に、
ただ、
 『しばらく、考えさせてください。』 とだけ、答えた。

もちろん、
自分が、つるちゃんの病名について、疑問を持っていることは、
話してはいない。




ものすごく考えた。

セカンド・オピニオンを受けるか受けないか、
そのメリットとデメリットを、徹底的に書き出した。
つるちゃんの病状について、
かめこが、「アルツハイマー」ではない。
と思う点も、書き出した。


それらを元に、訪問看護師さんに、2週にわたって相談にのってもらった。


その再在宅1年間は、
訪問看護師さんの定期訪問が、週に1時間設けてあった。
その上、
前ケアマネの満月さんが、「かめこさんの一番の相談相手になる人」 と、白羽の矢を立てた、
訪看さんトップの人がいてくれた。
いつもだったら、どの看護師さんが来るか、選べないんだけど、
2回目の時は、トップさんに来てもらった。


訪問看護師トップさんは、言った。


『どちらを選んだとしても、かめこさんが、これだけ真剣に考えた結果ですから、
うまくいくと思います。』


それから、前ケアマネの満月さんにも、話した。

満月さんは、

『私も、どちらでもうまくいくと思うけど、
もし、Dr.お茶の水博士と離れると、かめこさんは、心の支えを失うわね。』 

って、言ってた。



おととしの6月の話だ。
つるちゃんの状況は、今とは比べ物にならないほど、厳しかった。


つるちゃんが、辛がってる。

それを支える、かめこは、つるちゃんと向き合うことに、精一杯だった。

いつも、心の中で、Dr.お茶の水博士だったら、どうするだろう。なんて言うだろう。
そう、考えてた気もする。




でもね、その時は、それよりも、
キューピー先生の熱意に応えられたら、どんなに良いだろうと思ってた。



セカンドオピニオンを受けるか受けないか。


なんて、贅沢で幸せな選択なんだろう。


だから、真剣に考える。




2006年10月23日午後
今から、その、キューピー先生の診察に行ってまいります。


この続きは、
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-323.html


「つるちゃんとかめこ」最新記事へは、
タイトルをクリックすれば飛べます。



押してね   ごめん、終わらなかった。でも、応援してね。 
【2006/10/23 14:35】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(16) |
<<続:セカンドオピニオンの提案 | ホーム | 続:病名について>>
コメント
v-22です。
ありゃ・・・まだ 終わらなかった。。。w
まだまだ いっぱい書きたいことあるんだねv-361
いっぱい考えて色々教えてね~v-410v-344
その時のe-365さんの気持ちv-343
周りのあたたかいスタッフの言葉v-341

>ダイサンさん
(*ノωノ)キャッ♡ 顔文字 気に入ったのありましてv-361
【2006/10/23 17:18】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
書き出したら、その時のことがよみがえってきちゃったんです。
いつもながら、細かいこと。。。
なんか、恥ずかしいヤツだよねぇ。

顔文字、レパートリー多くて、かめこも楽しいです。
いつもありがとv-349
【2006/10/23 17:39】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-516です。
こんなに真剣に考えてもらえるって幸せですね。うらやましいです。
セカンドオピニオンも。。
いい結果が得られますように。かめこさんにもいいドクターでありますように。
報告おまちしてますよ~
【2006/10/23 19:15】 URL | みつこ #mQop/nM.[ 編集]
i-38
>ごめん、終わらなかった。
とんでもない!
現状を正確に見極め、可能と思える最大限の努力する。
あるべき姿だと思います。
正確な現状の確認へ。
始まりですね。
その意味で一連の記事はきちんと完結しています。
そう読ませていただきました。
そして、楽しみです!and チョト、ドキドキ。
【2006/10/23 21:41】 URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
書き方悪かったかしら。
結局、セカンドオピニオンは、受診しなかったの。
ご期待にはそえないと思うけど、正直に書きますね。
読んでくださってありがとう。
【2006/10/23 23:12】 URL | みつこさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
e-365より、i-38syugyousouさんへ
はい、可能性を探るべく、最大限の努力はしたつもりです。
「正確な現状の確認」 というのも、syugyousou さんが、おっしゃってる場面で、
では無いと思いますが、
出来たと思っています。
【2006/10/23 23:51】 URL | syugyousouさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-38
ありゃりゃ、
こりゃ勘違い。
てっきり「セカンドオピニオンを」と読んでしましました。
10月23日が光って見えた syugyousou 。
考えてみれば、『しばらく、考えさせて下さい』って言ったて、2年も待たせられないやァねェ。プハハ!
失礼いたしました。
【2006/10/24 00:17】 URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 編集]
e-365より、i-38syugyousou さんへ
安心しました。

この頃は、夢中で、頑張るとか意識無く頑張り過ぎてたの。
介護は、頑張りすぎちゃ、いけないんだけどね。
【2006/10/24 00:52】 URL | syugyousou さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-252
↓の記事、キャラクターを入れるの忘れてしましましたm(__)m
選択肢があるのは嬉しいけど
迷ってもしまいますね
その過程をブログに書かれると
いろいろ迷っている人の参考になるし、励みにもなりますね
【2006/10/24 01:26】 URL | katasumi #-[ 編集]
e-277e-86
あぁぁぁ!!続くー(゚Д゚;≡;゚Д゚)=3e-330
ドキドキ、ハラハラして読んでますーv-405

個人的には、セカンドオピニオンに踏み切るまでに
何年も、時間がかかりました(汗)
あたしの場合は、めんどくさかっただけなんですけどe-330
当時、通ってたトコを信頼してたので、別の場所で受診する。。って事に
少し抵抗があったんだと思いますσ(^_^;)
【2006/10/24 03:50】 URL | mayumi* #mi4u0YmM[ 編集]
なかなか難しい問題ですよね♪v-278です。

みんながつるちゃんの一番♪
かめこさんの一番を考えてくれている幸せに感謝ですね。
【2006/10/24 10:52】 URL | 恵美ママ #-[ 編集]
e-365より、v-252katasumiさんへ
選択肢があるということは、幸せなことだと思います。
どんな事柄についてもね。
でも、選ぶ基準になる、自分の価値観を持っていないと選べないから、難しいです。

いつも個人的なことを、細かく説明してしまって、
読んでくださる皆さんには、ただただ感謝してるのよ。
【2006/10/24 11:41】 URL | katasumiさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-277mayumi*ちゃんへ
かめこの場合は、母子3世代渡って、同じ病気を持っている(遺伝なので当然なんだけど)ので、
病院によって、病気に対する見解や手術のやり方や予後が違うことを経験しています。
それで、「セカンドオピニオン」 という言葉が一般的でない時期から、
そういうことの必要性は、感じていて、
自然にそれらしいことをしたり、逆に、必要ないと判断出来たりしてました。

今回の件は、でも、これまでとは、状況というか、決断の基準が違った気がします。
【2006/10/24 11:57】 URL | mayumi*ちゃんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-375
ほんとに。。。。

いろいろな事を乗り越えて 歩いてきたんだねぇ
でも、その周りにはいつも信頼出来る人が居たのね
それって、凄く幸せなことだね

この後の続編も待ってますよ
【2006/10/24 14:08】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
e-365より、v-278恵美ママへ
うん、ほんとに難しいです。
でも、考えてくださる人たちの存在は、
特に、つるちゃんを直接見ていてくださる人たちの存在が、ありがたいです。
【2006/10/24 16:41】 URL | 恵美ママへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
誰でもいろいろあるんじゃないかなぁ。
話すか話さないかだけで。。

真面目なもんで、つい深刻ぶってごめんねぇ。
【2006/10/24 17:53】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/322-a4785772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。