つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
法律上の保護者
かめこは、家庭裁判所で、  「保護者選任」 という申し立てを認められ、
法律上、つるちゃんの保護者になっている。



これは、つるちゃんのショートステイ先の「和やか病院」(仮)が、
認知症専門の精神科の病院だということで、
入院(医療保護入院)に際しては、
保護者の同意が必要な決まりで、手続きを取ったものだ。

手続きには、
かめこが、つるちゃんの娘であることや、他の兄弟についてなどの証明が、必要で、
かめこや両親や弟のかかわる市や区の役所と、法務局を回って、
書類を何枚か用意して、家庭裁判所に提出した。



そして、ドキドキで、裁判官に会う。
もっとも、裁判が行われるわけではなく、審判をする人なので、役職は、「家事審判官」。


部屋の中で、かめこを待っていた、家事審判官は、女性だった。
ご自分も、お母様の介護されていたそうで、経験を話された。
そして、いくつかの質問や話し合いの後、最後に、

『あなたが、保護者として、適任だと思います。介護、頑張ってくださいね。』 
と、励ましていただいた。


かめこは、つるちゃんの 「保護者」 になれて、嬉しかった。

なんだか、つるちゃんが、
それまでより、とても大事な人になったような気がした。

この 「保護者選任」 について、記事にするために調べてみたら、
これは、入院の同意を得られない精神障害者に、
治療を受けやすくさせるための、法律のようだ。
問題点もあるようだが、よく理解できなかった。




という訳で、
私のイメージしてた、いわゆる
「保護者」 とは、違ったのだが、


かめこは、現在、つるちゃんの保護者である。


そして、現実に、
社会的な弱者であり、自立できない、つるちゃんの、様々なお世話をしている。




でも、決して、

つるちゃんを、一方的にお世話してるつもりはない。
 



人は誰だって、支え合って、生きているでしょう?


      つるちゃんとかめこも、同じなんです。
 

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/09/21 23:59】 | 認知症専門病院 | トラックバック(0) | コメント(26) |
<<寺参りの帰り道 | ホーム | 咳、長引く>>
コメント
v-45
かめこさん、おはようございます。
先日はアスタさんのコメントを読んでいただきありがとうございました。

そのような手続きがあるのですね。
知らない方もみえると思います。
お母さまのお世話をされている人がブログ友さんがおられます。
近々、この記事リンクを貼らせていただいて紹介させていただけませんか。
よろしくお願いします。

>つるちゃんを一方的にお世話しているつもりはない
>人は誰だって支えあって生きているでしょう
本当にそうですね。でもややもすれば忘れてしまいそうなことです。
そういう気持ちを大事にしていきたいと思いました。
かめこさん、ありがとうございました。
【2006/09/22 07:34】 URL | 未歩 #-[ 編集]
v-375
うんうん そうだよね
たとえ親であり保護者であっても、親が子に教わって育てられるって事あるし、お互いの人格って大事だものね
そっか、つまり、正常に物事を認識して判断できないだろうと思われる人の為の法律なんだね
何かにつけての同意書とかも保護者がつけなきゃいけないし。
ただ親子です。だけではダメなのねぇ
つまり、色々の責任問題になってくるんだろうなぁ
【2006/09/22 09:29】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
e-277e-86
勉強不足なもので、あたし。
先日まで、かめこさんのコメントを読むまで
このような手続きが存在するとは、知らなかったんです(・ω・)e-330
書いてくださって、ありがとうございますe-420
またひとつ、お勉強になりました(*ノωノ)
【人】とゆー漢字も、お互いに支え合ってますもんねv-398
あたしも、この気持ち。大事にしてゆきたいです・・・☆
【2006/09/22 09:32】 URL | mayumi* #mi4u0YmM[ 編集]
v-66 こんにちは。
このことだったんですね。
先日は「風邪ひかせた」っていう言葉をなにげなく使ったんじゃないかなんて書いてごめんなさい。e-365さんが言葉をなにげなく使うなんてことはないと思ったんだけど、“そこまで突っ込んで聞かれても困る”と思われるかな~と思って・・・ 考えすぎですねv-411
いつも丁寧に答えてくださって嬉しいです。

法律上の保護者って、財産上の手続きに必要なだけかと思ってました。また勉強になった~ありがとうございますv-352
【2006/09/22 11:20】 URL | こうばこ蟹 #mQop/nM.[ 編集]
v-16です。
家庭裁判所、行ったことがあります。
私自身も、家族も悪いことをした訳でもないし離婚調停でもないから特にドキドキはしなかったけど、対応した若い事務員が感じが悪かったのを覚えています。

【保護者責任】文字だけ見ると何だか難しい言葉ですね。

つるちゃんはまだ治らないのかな~。
【2006/09/22 11:54】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
v-22です。
((φ( ̄ー ̄ )メモしちゃったぜぇ~v-364
口頭だけでは済まない問題もおきるからなんでしょうね~。
キバも1つ お勉強になりましたv-363:*:゜・☆ヾ(TωT。)了└|力"├♪
v-378ちゃんもe-365さんが保護者なんで 安心でしょうねe-266v-410
【2006/09/22 14:13】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-45未歩さんへ
紹介していただけるのは、嬉しいのですが、
この「保護者選任」の手続きが、必要な人は、まれだと思います。
ご存じなくても、お友達は、お困りにはならないと思いますし、
必要になった場合に、教わればいいことではないかしら?
お断りするわけでは、ないので、その辺は、未歩さんに、お任せしますね。

なお、認知症になった人など、財産を管理する能力の不十分な人を保護することなどの為には、 
「成年後見人制度」 というのがあり、
そちらの方が、まだ、一般的というか、より多くの方に参考になる制度だと思います。
【2006/09/22 17:13】 URL | 未歩さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
記事にも正直に書きましたが、
調べたら、わからくなっちゃって、記事にするのは止めようと思ったんです。
でも、コメント欄で、半端に出しちゃったから、
かめこが、体験したことだけでも、お伝えしようと思って、書きました。
これは、精神科に医療保護入院する時には、必要な手続きだけど、一般的には、縁がないと思うので、最後の6行以外は、書かせていただいたということで、とどめて置かせてくださいね。
【2006/09/22 17:58】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-277mayumi*ちゃんへ
いえいえ、これは、 (自分で書いておいて、それはないでしょう?という感じですが、) 
お勉強されなくても、お困りにならないと思います。
自分では、今回記事にしたことで、調べられたから、勉強になりましたけど。
でも、調べて、より詳しく理解するとか、理解が深まるとかだったら良かったのですが、
わからなくなってしまったので、v-388orv-404状態だというのが、正直なところです。v-390
【2006/09/22 18:11】 URL | mayumi*ちゃんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-66こうばこ蟹さんへ
先日いただいたコメントは、嬉しかったなぁ。
素直な気持ちを書いてくださって、本当に感謝してます。ありがとう!
お返事は、我ながら、いつもくどいなぁ。と思うのですが、その方と、ずっとお話していたいもので、長くなってしまうのよ。

ここで言う 「保護者」も、経済面での利益を守る役割もあるようですが、
判断の能力の不十分な人に、精神科の治療を受けさせやすいようにするという目的の方が、
主ではないかと、かめこは、理解しています。
読んでくださって、ありがとう。
【2006/09/22 18:31】 URL | こうばこ蟹さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/22 19:06】 | #[ 編集]
v-45
了解しました。青年後見人制度のこと調べています。
ありがとうございました。
【2006/09/22 21:17】 URL | 未歩 #-[ 編集]
e-365より、v-16ベンジャミンさんへ
フフ。そういうのって、忘れないのよねぇ。
感じ良くしておいて損はないのにねぇ。
かめこは、管轄を間違えて、別のところに行ってしまったらしいのですが、
門前払いされることなく、受けてもらえて、助かりました。
その女性審判官も、ステキな人だったし、家庭裁判所は、好印象です。
ははん、正しい方に行かなくて、正解だったかも。v-391

つるちゃんは、きのうから、咳がほとんど出なくなりました。
後ほど、元気な姿をご報告しますね!
お心にかけてくださって、どうもありがとう。v-344
【2006/09/22 22:18】 URL | ベンジャミンさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
いいのいいの。これは、お勉強してくださらなくって。

うん、適任だと思うよ。って、自画自賛じゃぁv-363
【2006/09/22 22:28】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、19時6分の内緒さんへ
はじめまして。コメントどうもありがとうございます。v-300

すばらしいですね。
プロの方が、お年寄りに支えていただいている。と、思われるのって。
かめこは、「ケア」 というのは、そういう気持ちから始まるように思います。
きっと、暮らしてる方たちも、スタッフも、皆、生き生きされているのではないかしら?
日本中に広がるといいなぁ。そういう思い。
【2006/09/22 22:44】 URL | 内緒さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-45未歩さんへ
変換ミスだと思いますが、 「成年後見人制度」 です。
【2006/09/22 22:49】 URL | 未歩さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-38
>『あなたが、保護者として、適任だと思います』

そりゃそうさ、うちのe-365さんなんだもん!
なんか自分がエヘン!エヘン!と胸を張ってしまいました。バカですね~ェ。ハハハ。

>]『介護、頑張ってくださいね』


良い方ですね。
このブログ読ませてあげたい!へへへ。
【2006/09/22 23:30】 URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 編集]
v-266
家事審判官の大半は女性のようですね。
私は行ったことがありませんが、行った人に聞くと
全員が「女やった~」と言ってました。

私の母は認知症ではなかったので法的手続きはしませんでしたが
役所や介護施設などからの書類は私が保護者になっていました。
【2006/09/23 00:31】 URL | コロコロこころ #-[ 編集]
e-365より、i-38syugyousouさんへ
かめこも、良い方だと思いました。
ご自分が介護された話は、まるで、個人として、友人に話すように、話してくださったような気がしました。
だから、こちらも、変に気負わず、お話できたと思います。

syugyousou さんの言葉、素直に嬉しいです。ありがとう。v-344
【2006/09/23 01:14】 URL | syugyousou さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-266コロコロこころさんへ
そうなんですか。
その全員の中に、かめこも入れてくださいね!

認知症でなくても、書類は、全部家族が書くことになりますよね。

父が亡くなった時、つるちゃんは、すでに認知症だったのですが、
見た目わからなかったので、父の遺産の手続きの際、配偶者と言うことで、ごまかしました。
書き込み、書名、捺印は、オットさまが、内緒でしましたが、不審に思う人は、ありませんでした。
【2006/09/23 01:32】 URL | コロコロこころさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-254
ママもすごく勉強になりました。
世の中にはいろんな手続きがあるんだなぁ・・・・
保護者・・・言葉の重みをものすごく感じました
【2006/09/23 17:42】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
e-365より、v-254海空ママさんへ
ママありがとう。
そうだね。かめこも、同じです。
【2006/09/23 22:34】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-282
私は「成年後見人制度」が、あるというのは知っていましたが、保護者選任というのは知りませんでした。
だから前の記事の時も、かめこさん、成年後見人なのかな?って思っていました。

最後の6行、心から同感です!
【2006/09/27 16:19】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
この「保護者」は、調べたら、財産上の不利益から、本人を守る意味もあると、書いてあるけど、
今の暮らしの中で、つるちゃんにかかわる支出をどこかに届けるとかは、全然必要ありません。
このことは、助かってます。
「守る」ということは、「厳しく管理する」必要がある場合もあるものね。

最後の方の部分が、上の記事と、うまく つながってないんじゃないかって、不安だけど。。。
書かずには、いられなかったんですv-363
【2006/09/27 16:45】 URL | ゼリーさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
保護者選任の手続き難しいですよね~。実は私は精神科病院で働くソーシャルワーカー(つまり一応、保護者選任等の手続きのプロ?)ですが、数え切れないぐらいのケースにかかわっていながら、情けない話いまだに勉強の日々です…。
かめこさんの『保護者になれて嬉しかった』という想いに非常に感動しました。これまで私が保護者選任の手続きを指導してきたご家族の中にそう思ってくれた人が果たしていただろうか?入院させるだけさせて、その後は面会に来ない、そんな家族もいる中、かめこさんのような介護者がいるつるちゃんは本当に幸せですね。これからも介護がんばって下さい。
【2008/09/01 18:49】 URL | m@co #-[ 編集]
e-365より、m@coさんへ
はじめまして。ご訪問くださってありがとうございます。v-300

面会の足が遠のくご家族の気持ちも、わかります。見るのが辛かったり、反応が薄くて気持ちが萎えたり、預けてしまった後ろめたさだとか・・・そういうものがないわけないですもの、面会に行くのも、勇気がいることだと思います。
暮す場所は離れても、入院されたご家族を、ずっと家族だと思えると良いですね。

「在宅では抱え込まない、預けたら預けっぱなしにしない」
どちらも難しい人も多いけど、大事なことだと、かめこも言い続けることにしますね。
【2008/09/01 22:42】 URL | m@coさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/285-f247d6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。