つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
居場所
前回の記事の続きです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-221.html#more


認知症専門の「和やか病院」(仮)では、いわゆる「身体拘束」を全くしないで、
どのように対応しているか。
かめこ目から見た、院内の様子と、かめこの思いを書きます。


なお、は、和やか病院(仮)相談室長です。


【点滴をする際】
ナースステーションが、カウンターで仕切られた、オープン形式になっている。
点滴している人は、ベッドごと、ナースステーションに居る。
常にスタッフの見守りと言葉かけがあり、手が出せる状況にある。


 『「患者さんの点滴の外しの行為」 には、タイミングがあるんですよね?』
 『そうなんです!』
つまり、タイミングを、見つけるまでは、大変だろうと思います。
わかれば、
24時間の見守りでも、24時間厳重にしてるわけではない。ということ。でしょうか。



【車椅子からのずり落ち】 (座位が保てないことによる)
 『ゆりかごが、V字になったような、車椅子が、ありますね?』
 『はい。なるべく、クッションの位置を工夫して、対応しますが、
       それでも難しい場合には、この車椅子に乗っていただきます。』

 『素人ながら、一番危ないのは、これかな?と思ってました。』
 『そうですね。』
    『というか、これと、「点滴」については、
    介護者が、拘束しないことを、あきらめやすいですね。』 




【夜間のベッドからの落下】
つるちゃんは、7月3日に、初めて、大きく寝返りを打つようになった
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-197.html
つまり、今回、この病院スタッフは、つるちゃんの寝返りを、初めて経験する。
このことへの、病棟師長の対応は、
「ベッドを低くしましょう。」

そうなんだよねぇ。
「柵で完璧に覆って、自分で降りられないような状況する。」ことは、しないんだよねぇ。
かめこは、つるちゃんが、降りたくなったら、降りられる方がいいです。


余談ですが、スタッフみんな、
つるちゃんが寝返りできるようになったこと、驚いていたよ!

『ガチガチでしたものねぇ。』 と、感慨深げな人も居ました。

病棟の部屋に、鍵はなく、患者どおしさえ、出入り自由になっている。
かめこにも、のぞけちゃいます。
それで、部屋の床中にマット敷き詰めて、
そこに、ベッドを置かずにマットレスだけ置いている部屋があることは、知っていた。


 『動きが激しくて、落ちるような場合には、
       初めから、布団の高さで、寝るんですね?』

 『はい。そうなんですけど。』
    『実は、行政の監査がうるさいんです。』

つまり、床に寝ることは、本当は、不衛生からだと、認められてない。ということ?
その続きの会話からの推測です。未確認で、ごめんなさい。



なお、寝てる部屋を見回るとか、起き出してきた人を見守るとかの、
【夜間の見守り体制】 は、
かめこは、実際に見てるわけではないけど、
この病院の、ウリの一つだと思います。
そこを見込んで、“愛するつるちゃん” を預けることにしたんだから。
ある時、スタッフが、

『きょうは夜勤なの。つるさん、一緒に遊びましょうね。』 と言っているのを聞いて、
かめこが、どれほど嬉しかったか。
ここには、夜眠れない、つるちゃんを、邪魔に思う人は居ないんだ。
 


今、気付いたけど、
かめこには、つるちゃんが、結果として、怪我するかしないかより、
つるちゃんが、人に邪魔者にされるか、大切にされるか。の方が大事だな。


起こってしまった事故が、
邪魔にされて、放って置かれた結果のものならば、認めないけど、
つるちゃんという人を、大事に思ってくれたことの結果ならば、
仕方が無かったと、思える。



【徘徊への対応】 については、次回にまわします。
ショートステイ中に、徘徊時に転倒して、大たい骨骨折を負ったことも含めて、
ご報告させていただくつもりです。



それで、つるちゃんが、今現在、居るところは、

大きな窓のある、広いホールがあって、
みんな、パジャマでなく、普段着を着てて、
症状が軽いように見える人は、談笑したり、テレビ見たり、作業したりしている。
好きに、歩き回っている人も居る。
車椅子に座ったまま、みんなを眺めてる人も居る。
大声を出してる人や、怒ってる人も居る。
誰かに、常にまとわりついてる人も居る。
ベッドに横たわって、点滴を受けている人も居る。
床で、おしっ☆ しちゃう人も見た。
騒ぎだって、いろいろある。

でも、誰も、ベルトで抑えられたりはしてない。

ここでは、みんなが、その人なりの、普通の 暮らしをしているように、
かめこには見える。

かめこ自身は、少しの時間しか、居ないけど、
ここに来れば、自分が、気分が晴れるような。
そんな、居心地の場所です。


続きは、
「徘徊の原因」 身体拘束の無い病院の話ではないです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-225.html
「拘束のない環境」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-224.html

↓ 応援クリック、お願いします。
押してね

[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/29 19:03】 | 認知症専門病院 | トラックバック(0) | コメント(30) |
<<「徘徊」の原因 | ホーム | 身体拘束しない病院>>
コメント
v-375
いいなぁ~ こういう施設(*⌒▽⌒*)
特に私が ビビッv-345ときたのは
『今日は夜勤なの。つるさん 一緒に遊びましょうね』
もう ホントこれ最高やわ!
うちのばぁも深夜眠れない人だったから嬉しいわぁ
でも、悲しいかなこういう施設には出会えなかった
ホントに もっとこれから介護とはなんたるかを考えた施設が増えることを願うね
【2006/07/29 21:56】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
あのね、施設じゃないの。
ここは、認知症専門の病院なの。
夜は、最初の頃は、つるちゃんの部屋の前のローカに、小さいテーブルを出して、
誰かは居てくれたみたいよ。
ただ、つるちゃんは、夜も部屋には居なかったから、一緒にお散歩してたって、わけだけど。

かめこが、この病院を見つけたのは、
精神科主治医に、勧められたとかではなく、「紹介センター」のような所の紹介です。
もちろん、決める前に、主治医に相談しましたが。
ケアマネは、この病院の存在は、知りませんでした。
情報は、貪欲に、どこからでも入手してます。
ただし、質の高い、使える情報をね。
【2006/07/29 22:24】 URL | ウルルさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
v-31です。
かめこさんはこんな素晴らしい病院を見つけるにはずいぶん見て回られたのでしょうね。
拘束をしないで看る事が出来るのだ、と感心しました。

夫が入院したのは大学病院でしたから、とてもそこまでは出来なかったのでしょう。
すぐ転ぶのにベッドや車椅子から降りてしまう、点滴外し、傷口のガーゼを外してしまう・・・
夫の血管は自慢じゃないけど超超細いの。
何度目かの手術の翌日、点滴を抜いてベッドの周りが血だらけでした。
でも、夫には理由があったのです。
トイレに行きたかったの。
もちろんちゃんと歩けないからすぐに転んで同室の方がナースコールをして下さったそうです。
21回の入院中、自発的なナースコールは一度もありませんでした。

面会時間終了時はミトンのような手袋をしてベッドの柵に縛って帰宅しました。
【2006/07/29 23:19】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
e-365より、v-31ベンジャミンさんへ
そう、そこなの。手術の翌日に、点滴外されたことには、理由があるのですよね?
【「身体拘束」をしないことを、あきらめない】 ということは、
=【ご病人の行動の意味を理解しようとすること】 なのだと、かめこは思います。

それにしても、ご主人は、我慢強い方だったのですね。
21回も?入院されて、ナースコールなしですか?
ベンジャミンさんも、お帰りの時には、さぞ、お心が痛まれたことでしょう。
それでも、「仕方ない。」 と、思うしかなかったのですよね?

病院は、最初に紹介された所が、ここだったので、他は、見てません。
紹介センターの情報能力が、高かったのでしょう。
親身になってくれて、話しやすかったので、
詳しいつるちゃんの状態などを、話したところ、
「認知症の専門的な場所でないと、預かれないでしょう。」とのことでした。
【2006/07/30 00:29】 URL | ベンジャミンさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-375
なるほど、 でも、病院でもそういうところはないわぁ
私もばぁをディに通わせる前にあちこち探したわ
でもまず、食事面でひっかかってしまうのよねぇ
あと、持病があったし、ショートに行くには病院付属みたいな、医師が居るところでないとダメだったの
近辺には1件しかなかった 選びようがないのよね
でも、結局そこも2回しか行かなかったのよ
色々とね 問題多くて
これからはもっとこういう受入をしてくれる病院も増えるといいね
普通の病院じゃショートなんてまず無理だし、
【2006/07/30 01:25】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
e-277
・・・今回も、ひっそりキリ番狙ってます(笑)
100回くらい、足踏みしてゆきたい位です(;・∀・)=3

教育の現場で感じた事ですけど。新しい事や他人と変わった事をやると、
なかなか理解が追いつかなくて、難しいなぁと。。
でもやっぱり、こうゆう風に真剣に取り組んでる姿はいい(good)!と思いました。
現在、パパを物扱いするよーな言語を吐き捨てる人に、深く憤慨してます。
だから、夜の声かけにはとても感激しましたv-398

あ、そうだ。
あたし、個人的に【痴呆】って言葉が嫌いだったんです。
子供の頃の相手をけなす言葉の1つに、コレが流行ってたんですね。
(いわゆる、ムカツク人や、汚い人を指す言葉でした)
だから、変わった時になんだかスッキリしたんです。
!でも、かめこさんが名づけ親だったら、もっと素敵な言葉に生まれ変わるかもv-352
【2006/07/30 01:37】 URL | mayumi* #mi4u0YmM[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
実は、ベッドの空きがあったとしても、ここにも、「お断り」は、あるんです。
認知症以外の病気で、専門的な治療を必要とする人は、NOなの。
お年寄りなら、持病の一つや二つ、あって当たり前だと思うから、
はじかれる人は、たくさん出ると思います。
結局、何もかも、どんな状態でも、受け入れるところは、多分無いんじゃないかしらね。
それで、かめこは、介護の質を問いたいので、
「断らなければそれでいい」とも、思っていないのですが。
【2006/07/30 01:44】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-277mayumi*ちゃんへ
キリ番、」ぜひ、取って、ほしいわ。

子どもの頃流行ったんですってぇv-363
言いだしっぺ、探し出して、おしりぺんぺんしてやります!

「身体拘束」しないことは、怪我がしやすくなる。ということでもないらしいです。
認知症の人の場合、自由に動ければ、ストレスが減って、結果として、精神状態が良くなり、
無謀な動きが少なくなることが、多いようなので。
それにしても、mayumi*ちゃんのおっしゃるとおり、
認知症医療と介護の考え方としてでも、「拘束まったくしない」 というのは、新しいようです。
なかなか、受け入れられなくて、広まらないのも、わかる気がします。
【2006/07/30 02:24】 URL | mayumi*ちゃんへ #/Amn5WiM[ 編集]
またまたv-31です。
「夫は我慢強い」のではないの。
前頭葉に腫瘍が出来た為、自発性が決如しちゃったんです。
お腹がすいても「食べたい」って言えないし、おしっこがしたくても「トイレに行きたい」って言えないの。
ナースコールを押すのも自発性なのよね。
【2006/07/30 12:29】 URL | ベンジャミン #oUPgpoCM[ 編集]
e-365より、v-31ベンジャミンさんへ
そうでしたか。
ご病気の症状で、ナースコールも押せなかったのですね?
それでも、点滴やガーゼを外すことは、なさるのね?
伺った限りでは、去年までのつるちゃんと似ています。
つるちゃんの傷の手当て、大変でした。
ガーゼを外すので、ほとんど1晩、寝ずの番をしたこともあります。
でも、きっと、つるちゃんを病室に残して、帰る方が、辛いかなぁ?
【2006/07/30 13:27】 URL | ベンジャミンさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-369かめこさんこんにちは!
50000多分私?やっちゃいました。狙ってた方ごめんなさいv-356
凄いです!おめでとうございます!! 初めてココに来たとき 私は地獄の底みたいな気持ちでいました。
かめこさんのつるちゃんへの思いも始めは信じられなくて 正直言うとそんなの綺麗事じゃないって思っていました。だけど毎日読んでかめこさんに影響受けて 少しずつだけど成長してるんじゃないかなぁ。。。なんて思っています。
いつかかめこさんに言われた事 すごく痛かったけど 嬉しかったです。あの時の気持ちを忘れないで これからもっと成長していきたいです。
【つるちゃんとかめこ】とっても素敵なブログです!ココに出会えてほんとうによかった。かめこさんありがとう。
【2006/07/30 13:30】 URL | モモ #-[ 編集]
e-365より、v-369モモさんへ
わ~いv-363
50000のキリ番ゲット、
e-230 (*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)
 v-314

踏んでくださって、どうもありがとう。
とっても嬉しいです。

それに、ご祝儀の言葉まで、頂戴して、恐縮です。
本当にありがとう。
なんか、モモさんには、言いたいこと言って、生意気で、恥ずかしいのですが、
どうぞ、これからもヨロシクお願いします。
【2006/07/30 14:00】 URL | モモさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-277
あっ!モモさんおめでとーん!!v-222
あたし、50040番台でした( ´;゚;Д;゚;)
あ~れぇ~~、どんどんキリ番とるのが難しく。。
それだけ、かめこさんのブログがどんどん人気者になってる証拠かなぁv-398

かめこさん、次こそ必ず・・・( ̄∀ ̄*)ニヤリ
【2006/07/30 14:38】 URL | mayumi* #mi4u0YmM[ 編集]
v-255
拘束なし・・こんな病院、施設が増えるといいですね。先日、父が入院した病棟も、点滴をはずすから、ベットを高くして、柵をされ、トイレに行きたい父は、オムツをされ、オムツをはずすから。夜は手を縛られていたようです。たまたま熱も出ましたが、、かめこさんの参考資料をよんだら・・
病院に??とまたまた感じましたね。父には「一人で動いたら、転んだら大変だから・・看護士さんが考えてしたことだよ」と、話はしましたが・・駐車場に戻り、車のなかで。涙が・怒りが、・・とまりませんでしたね。ずいぶん長い間、・・置いてこなくてはならに自分にも腹をたてていましたね。拘束をしない・・家族も覚悟がいるけど、受け入れる施設も覚悟がいりますよね。誰でも、心を持った人間。きっと、施設の方達は、その気持を大切に、施設にいるみんなを見守って、日々、過されているんでしょうね。認知症専門の施設が・もっと・もっと・増えるといいですね。
【2006/07/30 15:16】 URL | nonnko #-[ 編集]
v-37550071だったぁ~~だはぁ~~~

かめこさん

v-352e-267v-35250000ヒット・おめでとうございますv-352e-267v-352

e-113これからも、e-113
e-113つるちゃんとかめこさんのブログが沢山の人の励みになって 続いていきますように
e-113
カンパイ!( ^^)/e-12v-275\(^^ ) チーン
【2006/07/30 15:45】 URL | ウルル #L1ch7n1I[ 編集]
e-365より、e-277mayumi*ちゃんへ
どんどん ということは、ないと思うけど、
懲りずに読んでくださること、
とてもありがたく思っています。
mayumi*ちゃん、どうもありがとうe-2
【2006/07/30 15:53】 URL | mayumi*ちゃんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-255nonnkoさんへ
「参考資料をよんだら・・・」の部分で、おっしゃったことが、わからなかったです。ごめんなさい。
あの参考資料は、「介護保険制度」ついてのものなので、
この記事については、適切な資料ではないとは思ったのですが、
「身体拘束」というものについて、わかりやすいと思ったので、入れておきました。

nonnkoさんも、お辛い思いをされているのですね。
認知症の人が、病気になると、治療も、本当に大変な場合が、多いと思います。
ちょっとの怪我の手当てでさえ、おおごとになるのに、
知らない環境で、点滴をされて、おとなしく出来るわけないです。
でも、実際問題として、「身体拘束しない」ということは、とても難しいことだと思います。

今回、この記事では
「それを、実践している病院が、日本に少なくとも1ヶ所は、ある。」 ということを、ご報告させていただいています。
【2006/07/30 16:15】 URL | nonnkoさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-375ウルルさんへ
オッ!レイアウト直したな。(笑い)
さすが、ウルルさん。
センスいいお祝いメッセージ、どうもありがとうe-2
【2006/07/30 16:20】 URL | ウルルさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-275より
介護保険開始と同時に「身体拘束」禁止となり、そういった施設では「身体拘束委員会」なるものを設置しなければ減算の対象になってしまいます。やむを得ず身体拘束をするときはご家族に説明し同意をしていただき同意書にサインしてから拘束するシステムになっている。
委員会では身体拘束の数を減らせ!と必死になる。現場は身体拘束できないからといって特に夜間などは少ない人数で危険性の高い方を見守るわけですが実際にはその業務体制が不十分なため転倒や転落が後をたたない。
一方「安全管理委員会」では事故およびひやりはっと報告書の提出で転倒や転落の状況について思案され減らす努力を求められる。
問題はそこに起きている転倒や転落の事実ではないんです。
組織の体質、理念、運営方針等々根本のところでトップがこのお年寄り達にどんな暮らし、生き方を提供できるか?をどのくらい考えているかではないでしょうか。特に『病院』は「管理」体質です。看護師、医師は『管理すること』が身についていますからね・・・・・
現場スタッフは本当に頑張っています。
トップの方針がはっきりして、拘束がなぜいけないのか、なぜこの人は歩きたいのか、なぜこの人は動くのか・・・・・この単純なことさえ解決すればすべて解決するんです。
長く、熱く語りましたが、拘束ゼロの施設は道内でも本当に数少ないです。
かめこさんいいところに出会いましたね。
【2006/07/30 18:28】 URL | CHAN #-[ 編集]
v-254
情報は貪欲にどこからでも入手してくる姿勢が本当に手にとるように伝わってくる。
いかなるケースであれすべての人が平等に尊厳ある命なんだってことをちゃんと向き合ってくれる場所
「仕方ない」って言葉で逃げる人おおい世の中で
行政よりベッドの位置を替えることで対応する姿勢に感動しました
【2006/07/30 20:50】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
e-365より、v-275CHANさんへ
「身体拘束委員会」「安全管理委員会」なるものの存在は、いかにも日本的というか、そうだろうな。と、思わせられます。
この「和やか病院」(「仮)は、設立時の、トップ(理事長?)の方針がしっかりしているようですね。
家族から見て、全てが、いいというわけではないのですが、これから、もっと良くなると、期待しています。
特に、つるちゃんにとっては、もっと、居心地の良い場所になるはずで、
かめこにとっても、もっと、力強い、パートナーになるはずなの。
ふふふ、ブログで、報告するのが、楽しみ。ふふふ。
【2006/07/30 21:30】 URL | CHANさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
v-255
拘束禁止・・介護保険開始で・・目にしてました。
たまたま父は検査で1泊2日で帰る日・迎えに行った姉達が、ブルブル震えている父の様子にきずき、熱があり・・慌てた看護士さんが医師を呼び、入院続行になったんです。熱が下がって、熱の原因を姉が病院に尋ねたら「感染症」と返事。病院だから、管理は仕方がないし・熱もありだったしと思ったけど、介護保険で{拘束禁止になっていたはずなのに・・}マダマダそこまで行くのは難しいんだな~と。思い・頭のなかで??になってしまったのです。v-275くわしく教えていただきありがとう。かめこさん、お騒がせ、いつもスミマセン。つるちゃんの行ってるような病院が増えてほしです。
【2006/07/30 21:49】 URL | nonnko #-[ 編集]
e-365より、v-254海空ママさんへ
この行政の監査の話は、他のいろいろな項目でもあるようなんです。
「靴は絶対に履いていないといけない」 とか。
「そんなの、ベッドに入る時に、きれいにすればいいじゃない。」 って、怒ってました。v-381が。
「いいなぁ。好きだなぁ。頭堅くない人たち。」 と、嬉しかったです。
「介護」の世界って、生真面目で、頭の堅い人が、多い気がしてたの。。。
【2006/07/30 21:53】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-255nonnkoさんへ
かめこは、「身体拘束すること、しないこと、が、どういう意味があることか」 とかは、
知識としてでなく、価値観として、わかってるつもりなんだけど、
法的なことは、わかりません。
nonnko さんのお気持ちが、少しでも晴れれば、良いのですが。。。
【2006/07/30 22:59】 URL | nonnko さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-22です。
50000HIT
( ^-^)/:★*☆オメデト♪
すご~~いv-363

プロは目の付け所が違うのかなv-361
【2006/07/30 23:11】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22キバっちへ
おかげさまで、50000達成しました。
キバっち、いつも読んでくださって、どうもありがとう。

「あきらめないプロは。」 ということじゃないかしら?
【2006/07/31 00:03】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-516タイムリーな話題でとてもうれしいです。
先日点滴が終了し、夜中にハデに粗相していたので、洗濯やら雑用やらで一時帰宅させてもらったのです。
「車椅子でお昼ご飯を食べさせるから、ゆっくりしてきてね」と、ナースから優しく言われて帰ったのですが、
病院に戻ってきたら、つなぎのパジャマを着せられてました。
素っ裸でベッドから落ちたそうです。
私はつなぎ型を見たのが初めてで、「こんな便利なものがあるのか」と感心していたのですが、
2日目以降の姫の荒れかたたるや、惨憺たるものでした。
これが拘束なのですね。
こんなストレスを感じさせないように工夫しなければ・・
【2006/07/31 13:43】 URL | みつこ #mQop/nM.[ 編集]
e-365より、v-516みつこさんへ
お母様は、点滴が終わったのですね?
それは、まず、おめでとう。
実は、みつこさんに、点滴の時のバトルの様子を伺っていたことが、とても参考になったんです。
昼間、読書ができた。いうことが、驚きでした。

つなぎは、つるちゃんの場合は、
小さい施設に居た頃、夜中騒いで、部屋にカギかけ。+(トイレに行けないから、した)、う☆ちが、(気持ち悪いから、脱ごうとして)、う☆ちに触るとかで、つなぎを着せられていたらしいです。
それで、ホラ、エマニエル夫人になった。って訳。 ( )は、かめこの補足
この「和やか病院」(仮)に来た時も、自分で、う☆ちをすると、隠そうとして、服や部屋を汚していました。
でも、この病院に居ると、そういう行為も、スタッフの誰も困らないし、
自然な行為として、受け止めてもらえました。
そのうち、つるちゃんは、触らなくなったし、隠さなくなりました。
そういうものなのね。と、納得してしまいました。

でもね、大たい骨骨折して、別の病院で、手術の後、つなぎを着てた時は、
なぜか、つるちゃんも、平気だったみたい。
看護師さんたちの対応が細やかで、気遣いが、たくさんあったからかなぁ?

みつこさんのところは、当分、優秀な下女達と下僕が、必要なようね。
【2006/07/31 15:23】 URL | みつこさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
私、今年の3月くらいだったかな?
とある有料ケアホームを見学に行きました。
和やか病院のことが書かれていると
いつもその施設を思い出します。
アルツハイマー先進国から学んだことを生かした施設で、「やっぱお金あるとすごいことできるのねー」って思ったけれど、
専門病院でも同じ様なことが沢山できるのですね。「専門」だからこそなのでしょうね。

あ、カウンタ、51177!
ゴー!イイナナ!
なんのこっちゃ(笑)
【2006/08/02 17:27】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
実は、かめこは、日本中の富裕者層が、順番待ちしてる(A新聞いわく)病院
というのを知ってるんです。
用事もあったんだけど、ホテルの喫茶室代わりに、利用したことが、あるの。
デートで行きたい位のところです。
もちろん、介護の中身も、申し分ないんだと思うけど、
でも、つるちゃんには、経済的にご縁が無いです。
その点、「和やか病院」(仮)は、ショートの場合は、個室代がかかるけど、
長期療養の場合は、4人部屋だと、(おむつ代以外は)保険適応のみだと思うのよねぇ。
ただ、かめこには、不満ももちろんありますよ。

「身体拘束」に、限って言えば、認知症専門だとしても、とても難しい取り組みだと思っています。
【2006/08/02 18:06】 URL | ゼリーさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/223-be8499b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。