つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
99未来の介護
何ヶ月か前、認知症介護に関するテレビ番組を見てたら、
『家での介護に限界を超えていたので、施設に預けたら、
お嫁さんも、優しくなれて、毎日、喜んで介護に通うことが出来た。本人も笑顔になった。』
『施設に預けることに、罪悪感を持たないでください。』

と、言ってた。

その話を、見ていて、半分は、正しいんだけど、

「どうして、そんなに心労が重なるまで、預けなかったの?」
と、逆に突っ込みたくなった。

遅すぎるわよ。

日々の生活は、毎日続くものだから、
どこかで、区切りをつけることは難しい。
もう少し、もう少し、と、思ってる間に、
家族は、自分が追い詰められた状態になってることにさえ、気づけなくなる。


「施設に預けることに、罪悪感を持たない。」
そんなことではなく、
「自由に、選べるんだ。」
そのくらいに、考えてほしい。


みんなが、暗い顔して、心が病んで、それでも、自宅でがんばってるのなんて、おかしいです。
施設に預ける方が、家族みんなが幸せってこともある。



「未来の介護」 その理想形は、「みんなが、幸せ」。


そのためには、

現在、受け入れ先、全く足りてません。
質の高い、施設や病院を増やすことが、急務です。
「預けるなんて、かわいそう」
そんな、介護する家族たちや、周りの人たちの意識を改めたいです。

きちんと、受け皿が用意され、利用することに、抵抗を感じなければ、
将来への不安が、今よりは、少なくなり、
介護する家族に、ゆとりが生まれます。
そのことが、「在宅介護」 を支援することになるんです。
自宅で介護する人を増やすことにもつながります。 



かめこが、こんなにつるちゃんとの暮らしを楽しめるのは、
「先のこと、ちゃんと考えてる。」 って、心のゆとりが、あるからだよ。

「つるちゃんとかめこ」 オットさまもミニーもディジーも、
我が家は、つるちゃんが居てくれて、みんな、とっても幸せです 

             
             アトム、ある時は、桃太郎

             次回は、100作目。 ご愛読、記念特番。 乞う、ご期待

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/05 14:44】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(33) |
<<100作目謝恩:出会いの時 | ホーム | 『施設を見られては』>>
コメント
ども、v-286です!

>「どうして、そんなに心労が重なるまで、預けなかったの?」

そこそこの家庭の事情もあるでしょうが
やっぱりお金ってのはネックになるのかなと.

私の知人も夫婦共々一人っ子のところで
お父さんを施設に入れる入れないでかなり
かなり悩んだとのコトを聞きました
仕事や家族や近所そして本人のことを考えたら早く入所させたいのだが
先立つものが・・・と口癖のように言っていました
で、その後夫婦は朝早くから夜遅くまで働いて
小学生と幼稚園の子供はカギッ子・・・

何かを手に入れて何かを失うことがあるかも・・・

>家族は、自分が追い詰められた状態になってることにさえ、気づけなくなる。

これ怖いですよね~!こうなる前に誰かが
気づかないといけないですね~v-390

>「未来の介護」その理想形は「みんなが幸せ」

ですね~!これも家族と施設とのチームワーク
でしょうかね!

次回100回おめでとうございます!!
特番楽しみにしていま~す!v-286











【2006/05/05 15:52】 URL | ぺろりん #bvGyghKE[ 編集]
残念ながら・・・安心して預けることができる施設が圧倒的に少ないという事実もあります^^;
なんとかならないだろうか・・・と日々思ってたりして^^;;

介護する家族がゆとりを持つということは 本当に重要だと思います^^
キツイ時も笑いで吹き飛ばせるのが理想ですね^^
と 理想ばかり並べたててもしょうがない・・・ですね^^;
【2006/05/05 16:44】 URL | はな #-[ 編集]
e-365より、v-286
面積、ひろー。記事かと思っちゃった。v-411

このテレビの場合は、違うんだけど、お金のことが、やはり、一番ネックでしょうね。
介護保険を使うと、1割負担ですむ。というけど、その1割だって、生活費の他に必要なんだから、普通は厳しいですよね。
うちの場合は、つるちゃん自身の蓄えが少しはあって、オットさま家の持ち出しは無くてすむので、助かってます。
だから、もちろん、お金がかからなくて、質の高い施設が必要なんだと思います。
【2006/05/05 16:47】 URL | ぺろりんさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-256
まず、夢とか、理想とかを並べたてることから始めていいんじゃない?
現実に、どっぷり浸かってると、視野が狭くなって、見えるものも、見えなくなっちゃうわないかな?
それで、そのあと、各自が自分に出来ることを、始めてみる。
かめこも、これから、やってみたいこと、あるんだぁ。v-411
【2006/05/05 17:37】 URL | はなさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-200
国や施設、介護関係者は全てこの様な現実に気付いています。
知っていて対策を練ろうとしないし、変えようとしていません。

いつも介護の番組を観ていて思うのですが、何かを隠してませんか?
もっと突っ込んだ内容の話があるし、テレビ局も介護の現実を伝える映像を持っているよううに思うんだけど・・・
弱いんですよ、映像から伝わってくる物が。v-412

私の明日の記事も介護に関係のある話です。
皆さん、ドン引きする様な内容です。

【2006/05/05 17:48】 URL | ツナ #-[ 編集]
e-277
【預けるなんて、かわいそう】。。。
そうなんですよね、先日市役所のおばちゃまもかめこさんと同じ事をおっしゃっていました。
今はパパ、いずれはおばあちゃま達やママ、もちろん皆を在宅介護してあげたいけれど、どうしようもなくなる日が来るのかもしれない。。

この記事、うちのママと2人で読んで、いろいろ語ってみたいと思います(*^^*)ノ゛
【2006/05/05 18:03】 URL | mayumi* #-[ 編集]
e-365より、e-200
テレビの場合は、一般大衆に見てもらうためのものだから、仕方が無い側面があるんだと、かめこは、思います。
不特定多数に理解を求める場合、わかりやすい部分だけになるとか、するどく聞こえるようなことは、言わないとかの、配慮が、ある気がします。
それは、隠すとかというより、介護界全体の利益の為には、しかたがないんじゃないかと、思ってます。

それでは、明日のツナさんの記事、ドン引きしに読みに行きますね。v-392
【2006/05/05 18:08】 URL | ツナさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、e-277
まさしく、“若い世代に負担がいく。” の図ですね。(あえて、「負担」と言わせていただきました。)
介護する人一人。介護される人多数。
で、福祉施設開くしかなくなっちゃうじゃない。

お母様と語ってくださるなんて。嬉しいお言葉ありがとう。v-410
【2006/05/05 19:04】 URL | mayumi*さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
ふぅ・・・v-20でございますわよ。
まず、e-365ちゃまに申し上げます。
毎日blogを書くことだって難しいのに、介護という今時の難解な問題を書いているe-365ちゃんが素晴らしい!
しかも1日1記事どころかそれ以上を書いていらっしゃる。素晴らしいことです。
子育てよりこれからは件数が多くなると思われる介護。
今のyellにはわかるよなわかってないような・・・でもいずれはゼッタイに避けていられない問題、介護。
もし仮にv-20が両親を介護するようになったとしても、少しも心の準備というか、もてるような気がします。
ありがとう、かめちゃん。
【2006/05/05 19:28】 URL | yell #rI2kGhSA[ 編集]
v-66です。こんにちは。
かめこさんが,在宅至上主義ではないということが意外ではないけど不思議なような気がします。私にとってはかめこさんとつるちゃんは理想の親子のかたちです。
私にも,どこまで在宅介護し続けられるかは大きなテーマです。どこまで愛情持って在宅介護できるか・・・もうすごく大変になって,自分が壊れそうになったら,被介護者だって迷惑ですよね。そうなった時にどうしよう・・・少し疲れるとつい考えてしまいます。かめこさんのこういう記事とても勉強になります。これからももっともっと聞かせてください。
【2006/05/05 21:02】 URL | こうばこ蟹 #2Ck1dPOk[ 編集]
v-8
かめこさんに同感。

テレビが言っていた、青い字の『』の部分、確かに当たってるけど、現実を見れば100点の答えではないですね。

我々利用者側から見れば、選択肢が非常に少ないです。
それには、まず、施設を増やす事です。
今は絶対数が足りません。
その為に施設間の競争原理も働かない。
よって、質の向上に繋がっていかない。

だから、皆が「施設」イコール、質の悪い介護→「可哀想」になる。
一般の方の持っているこのイメージ、今の時点では、不正解とは言えません。
良い施設も、そうでないところもいろいろ有りますから。

私が思っているのは、
「在宅も良いけど、施設も良いわネェ~」なんて、
こんな会話が老親と子供の間で、ふつーに出来るような社会整備を、私は願っています。
【2006/05/05 22:44】 URL | カズP #-[ 編集]
e-365より、v-20
姫、いつも応援してくれてありがとう。
記事は、2つ書いたことは、ないと思うけど。。。
24時間経たないうちに書くことがあるからかな?

介護は、避けて通れない問題。
その通りe-2
将来のyell姫のお役に立てたら、とても嬉しいよ「絵文字:v-363]
【2006/05/05 23:12】 URL | yell姫へ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-66
理想の親子ですか?
そちらの記事のコメントに書こうかとも思ったんだけど、
かめこは、結婚したら、両親の家に、「行く。」という感覚でした。「帰る。」とは、思わなかったな。
関係が近くなったのは、つるちゃんが病気になってからなんだよ。

v-66は、疲れると、先のことが、不安になるんだね?
保険というか、安心のために、続けるのが難しくなった時のことを、今のうちに、考えてほしいです。
【2006/05/05 23:45】 URL | こうばこ蟹さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-8
最後の会話。いいですねぇ。。。
理想ですねぇ。。。

「可哀想」のイメージは、必ずしも、質がどうのでは、ない気するんだけど。。。
それほど、質が低くなくても、「家族と居られないこと」とか、「住み慣れた家から離れること」、とかのことを、指すんじゃないかしら?
【2006/05/05 23:56】 URL | カズPさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-182おれが在宅介護にこだわっていたのは、父が「家にいたいだろう」と思ったからです。あとは育った環境かな。祖父母も親戚一同も「家で看ることが幸せ」と思っている。だから、会うたびに母やおいらに「なるべく家で・・・」といってきた。◆一時はそれがプレッシャーでした。けど、今、それは、「ひとつの意見」としてスルーできるようになってる。いちばん優先したいのはパパ自身の意見と、身体の安全。◆年末に、パパの病室で「今後のこと」についてはなしたことがあります。そのときに、パパは「(病院という選択肢)で、ぜんぜん構わないよ」って、当たり前にいったの。認知症でも、むちゃくちゃわかるときがある。「ほんとにいいの?」って半信半疑だったけど、父にとっては、どこにいても「家族といることには変わりない」みたいでした。「在宅」にこだわっていたのは、本人より家族だったの。◆施設や病院のあり方に不満はあっても、今はその中から選ぶしかありません。要は、自分の心に折り合いをつけることが大切な気がします。あとは、家族が悩んで考えて「決めたことが正解」だから「決めたら迷わない」こと。この精神で、今は毎日の葛藤をやっつけてます~。
【2006/05/06 05:35】 URL | scallops #cpypwpSw[ 編集]
e-365より、v-182
実体験を踏まえた、貴重なご意見をありがとう。

ご親戚の皆さんが、「家で看ることが幸せ」と言ってくるのを、v-182が、ひとつの意見として、聞き流す(で、良い?)ことが出来るようになって、本当に良かったと思います。

一般的に、身内って、とかく、いろいろ言ってくることが、多いと思う。
でも、e-365は、全ての介護する(または、一番かかわっている)ご家族に、
どうぞ、聞き流す方向で、努力なさってください。と、お願いしたいです。
意向を取り入れようと、努力するのではなくてね。
それは、ご家族ご自身の気持ちを、もっと、優先してほしいからです。
そして、実際には、介護する可能性のない、周りの人たちには、
家族がやっていること、悩んで、決めたことに対しては、「そうなんですね」と、
ただ、認めるだけにしてほしいと、お願いしたいです。
v-182も、最後に言ってるけど、家族が悩んで、決めたことが、「正解」なんですから。

だから、かめこも、皆さんにコメントを頂いた中で、
「それは、もっと、考えてもいいんじゃない?」と思う時は、その材料を提供したいけど、
「それは、あなたが、悩んで、決めたことなんだね。」と、思う時は、
全面的に、支援します。心から、応援してます。いつも。誰にでも。
【2006/05/06 10:18】 URL | scallopaさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
続き e-365より、v-182
v-182は、一番に優先したいのは、「パパさんの意見」と「身体の安全」ということですが、
かめこが、一番に優先したいのは、「かめこ自身の気持ち」 です。
「本物の家族」の記事のところで、書いた、v-488Dr.お茶の水博士が、「あなた自身のことを考えてください」というご意見の通りだと思っています。
それは、「つるちゃんがどこで暮らすか」という、問題に関しても、同じです。
つるちゃんが、今、家に居るのは、
「かめこが、つるちゃんと、一緒に暮らしたくて、それが、かめこの、今の幸せだから」 です。
【2006/05/06 10:38】 URL | scallopsさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
はじめまして。
初心者で
コメントの書き方も是で良いのか
不安ですが、
昨年位から父親の認知症が始まり
今申請中です。
読者の一員に加えていただけたらと
思います。
宜しくお願いします。
【2006/05/06 11:08】 URL | hii #1nz4QCLU[ 編集]
e-365より、hiiさんへ
はじめまして。ご訪問ありがとう。v-300
(初めての方には、花束を差し上げてるのよ。)

お父様の認知症、急に進まれたようですね。
hiiさん、ご心労の大きいことと思います。大変ですね。

つるちゃんは、アルツハイマーとしては、非典型で、一般的な経過をたどってはいないようです。
だから、記事の中に、とても厳しい症状の話も出てくるんだけど、「お父様には、当てはまらない。」ということを、頭において、読んでくださいね。心配しすぎないでね。
ということで、こちらこそ、よろしくお願いします。v-410

それで、次にコメントくださる時にでも、
コメントの欄の上の、アヒルをクリックして、絵文字を選んで、コメント文の最初に、入れてくださると、嬉しいです。
【2006/05/06 12:26】 URL | hiiさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-8
>可哀想のイメージ…
「家族と離れる、住み慣れた家から出て行く」
んん、確かに、この意味も含まれてますね。
【2006/05/06 12:59】 URL | カズP #-[ 編集]
i-282です

私、最近ちょこっと体調を崩して、
「あー、こんな時にちょこっと預かってくれる、介護ホテルみたいなトコあればいいなー」って思いました。
介護保険で、デイもショートステイも利用してますが、介助側はその日に合わせて計画しなくてはならないし、それができる時はいいのですが、ちょっとゆっくり休めたら・・と思う時の受け皿が欲しかったです。
私はまだ在宅初めて半年で、無我夢中なのですが、先の事考えておかないとダメですね。なんだかんだ言ってもやっぱり私にも正直「預けるなんて可愛そう」という意識がどこかにあります。コレをババーンと払拭してくれる施設がドドーンと出来て欲しいです。誰でも利用できるね。先日、ウチの近くの有料(高級?)施設を見学する機会がありました。私が「入りたい」と思うくらいの素敵なトコでした。
今日の記事の様な事が、在宅介護を支援し、自宅介護を増やすことになるっていうかめこさんのご意見、心から賛同します。私が億万長者だったら、絶対作りたい!
【2006/05/06 15:56】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
かめこさん、こんにちは。ヽ(^o^)丿e-251

いつの頃かちょっと忘れたんだけど、こちらのお邪魔したての頃。
何となく、「かめこさんはずっとつるちゃんを家で見ていくんだろうなぁ。
施設なんて眼中にないのだろうなぁ。」って思っていました。

それが以外や以外。ちゃんと先の事を考えているんですねぇ。
つるちゃんの在宅介護を「どん」と構えて看てあげられているのは、
次への選択肢がちゃんと準備されているからなんだなぁ。とわかりました。

家のだんな様は、時々こんな事を言ってくれます。
「次の手、次の手を準備しておくんだ。」
「アクシデントがあれば他の方法を考えるんだよ。」
「なるべく、お母さんに任せるようにしなさい。」
母は、気持ちだけが先行して、「家で父を見たい。」と言います。
現実、母だけで看るのは、到底無理な話です。

なので、現実をもっと分かってもらうために、
出来ない事は出来ないとちゃんと伝えて、後は母にお任せしています。
私の仕事は月末とかは、会社を休めないので、母も現実が見えてくると、
「施設に行ってもらった方が良いよ。お父さんもちゃんとやっているし。」
と、考えが変わってきます。

「施設=可愛そう」
周囲の人達は簡単に言ってくれます。(^_^;)
現場がどれだけ大変なのか。。。
介護って、「介護者の面倒を看る。」この事だけじゃ無いんですよね。
いろんな問題が山積です。
仕事・病院・スケジュール調整・家のリフォーム・資金調達・親戚・人のアサインなどなど・・・・。

実家の母は、脳卒中で倒れた祖母を20年間在宅介護しました。
あの頃はまだまだ、「施設=姥捨て山」のような
言われ方をしていたから、母も苦労したと思います。
それでも、自営業だったから比較的介護しやすかったのだとも思います。
祖母が倒れたのは、私が8歳の時だったと記憶しています。

その母は私にいつも、「がんばり過ぎないようにね。」と
言ってくれます。
【2006/05/06 16:33】 URL | elunar #yjwl.vYI[ 編集]
v-275より
考えるところがいっぱいある内容です。
介護(特に認知症)のために家族間に亀裂が入り、親子関係も維持できなくなったケース。主介護者が心労のため病気あるいわ死亡してしまったケース。などなど思い出しました。だから認知症のこともっとみなさんに知っていただきたいです。
そしてもうひとつ、「施設」について。
ある先生のGHの本に書いてあったんです。
「GHは現場で働く一介護人でも、その理想と意欲があれば立ち上げることのできる施設だ。夢を叶える施設だ。」
私はそれを読んで自分の自信に繋げました。
でもお金のある人が簡単に立ち上げられるため、利益優先で理念の薄いGHが沢山あることも事実です。
それを言っても仕方がないのだけれどね。私にできることからはじめたい。私にできること・・・それはやっぱり認知症を多くの方に知っていただくこと。
【2006/05/06 22:09】 URL | CHAN #-[ 編集]
e-365より、v-8
それは、つまり、「家族と居るのが、幸せなことなんだ」 という、イメージ、思い込み。
「家族が、サポートする側になることも、ひとつの選択肢」だとかめこは、思います。
【2006/05/06 22:30】 URL | カズPさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、i-282
新しい試みとして、紹介されている、施設のタイプとしては、
ディサービスで利用して、慣れたら、ショートでも利用して、いよいよ、家族が看きれなくなったら、入所という形。
v-380のブログでも、少し前に紹介されていて、その時すでに、かめこは知ってました。
もちろん、低血圧で、寝込んだ場合にも(それって誰?v-410
『あら、それじゃ、すぐ、迎えに行くわ。』なんて、いいじゃな~い?

あと、かめこの考える、質の高さとは、設備面などの高級感より、スタッフの意識と介護介助能力の高さと、オーナーの経営理念へのこだわり。(上の、v-275のコメント読む前に考えたんだからね。)
ゼリーさんが、億万長者だったら、経営理念のお勉強、がんばってしていただいちゃうわ!
追記:↓下の方も読んでね。
【2006/05/06 22:47】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365 より、e-251
elunarさんの優しさ、温かさの秘密が、明かされましたね。
そうですか。8歳の頃から、おばあさまを介護されてるお母様を、見てらしたのね。
その、お母様のおっしゃるのは、きっと、
『がんばらなくっちゃいけない時ってあるけど、がんばりすぎちゃいけないわよ。』  ってことだよね?

だんなさまは、『次の手、次の手を準備しておく。』 っておっしゃるのね。
さっきね、v-305オットさまが、
『将棋で、プロと、アマの違いは、アマは、王手になってから、考えるんだよ。』 って、言い出しました。v-410 
将棋好きなもんで、例えは、いつも将棋なの。
初めて聞いたもん。elunarだんなさまの影響だぁ。v-391

それにしても、elunarさんのお母様へのサポートぶりは、たいしたものね。
いやぁ、感心、感心、すばらしいv-363
【2006/05/06 23:16】 URL | elunarさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-275
この内容は、99回書いてこなければ、書けなかったものです。
それにしても、CHANさんの言うとおり、盛りだくさんだこと。e-2

最初の、家族関係に亀裂が走るケース。
いかにも、多そうですね。
認知症というのは、本人の病状そのものも大変な場合もあるけど、むしろ、周りとの、相互関係が、大変なくらいなほどじゃないかしら。

それで、かめこは、やっぱり、ブログを通して、つるちゃんとかめこ のこと、皆さんに見ててほしいです。
それが、認知症を理解することに、近づけることになると思うから。
【2006/05/06 23:53】 URL | CHANさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-380おはよ!アサポンです。
みなさんへ。
施設をうまく利用してください。
できれば在宅でいられるのが理想かもしれませんが。これからは小規模多機能サービス増えてくると思いますよ。施設にご入居されても家族の面会、できれば1度にたくさんの家族がくるのではなく、みなでわけて絶えず誰がが訪問してる状態がご本人にとって淋しくない環境かもしれません。スタッフどんなにがんばってもご家族にはかにませんからね。v-410
【2006/05/07 07:07】 URL | asapon #-[ 編集]
e-365より、v-380
皆さん、↑上のv-380コメント、読んでね。
これから、こういう時は、色文字でも、太字でも、どんどん使っちゃってくださいね。
ゼリーさ~ん、そうそう、小規模多機能サービスでした。
億万長者まで、いかなくても、ゼリーさんなら、造れるんじゃない?
asapon、ナイスフォローありがとう。v-363v-392
【2006/05/07 07:48】 URL | asaponへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-235
おぉ~、次特番ですか。
楽しみにしております。
自分もいつかは母の面倒をみないといけない、
というかカミさんのところも娘だけだから
どうなるか分からないし。
今のところ私は当事者ではないですが、
ツナさんやかめこさんのところでちょっと興味を
持てたことに感謝しております。
【2006/05/07 12:36】 URL | m_kenko #-[ 編集]
e-365より、v-235
m_kenkoさんは、お母様が介護のお仕事されてるから、
もともと考える環境には、おありだと思いますよ。
でも、こちらこそ、興味を持っていただけて、とても張り合いあって、嬉しいです。
ね、ツナさん。
【2006/05/07 18:07】 URL | m_kenkoさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-22です。
色々な方の色々な意見が聞けて勉強になりますv-363
【2006/05/07 20:28】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22
そんな風に、言っていただけて、大変、恐れ入ります。
キバっち、どうもありがとう (^-^)ゞ ポリポリ。
【2006/05/07 20:38】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/125-92f1fcb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。