つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
『施設を見られては』
かめこは、最期までつるちゃんをみられたら、どんなに幸せだろう。と思っている。
でも、どこかに預ける可能性も、考えてはいて、準備だけは、しているよ。


かめこの父が、亡くなる時に、『母さんを頼む。』 って、かめこに言ったけど、
それも、 
「ちゃんと考えてくれ。」 という意味で、
「かめこに、最期まで看てほしい。」 と思ってたわけでは、ないと思う。

だって、
父が亡くなってから、手紙とかを、整理してたら、
まだ、計画段階の、施設と、連絡を取り合ってることがわかったから。
それは、父の勤めていた会社が、出資予定の、施設だった。 

つるちゃんの精神科主治医Dr.お茶の水博士が、

「ご家族が余裕のあるうちに、施設をいろいろ見られては、いかがでしょう。
その時、必要がなければ、断ればいいのですから。」

そう、父に話していたのだ。

つるちゃんについて、その頃、徘徊に関しては、全く予想などしてなかった。
同居と同時に、被害妄想や、激しい言葉の暴力など、強い精神症状が出ていたが、
それも、薬が出てからは、なんとか治まり、
今は、まだ、家族が、充分動ける。
そんな段階だった。 

父が、

『仕方がないんだろうね。』 と言うから、
かめことオットさまが、施設を見に行く役を申し出ていた。
冬の初め頃、先生から、そういう話があって、
かめこだって、今から探そうなんて、直ぐ動く気にはなれなくて、
春になったら、動く予定でいたら、
その春、父が亡くなって、
かめこは、自分が施設をまわる余裕が、なくなってしまった。


だから、実際に、施設とコンタクトを取っていたのは、
父の方だった、というわけだ。

(この施設については、後に、かめこが、連絡を引き継ぎはしたけど、
認知症の、厳しい精神症状の出る人を、預かれるようになるか、わからなかったから、
そこで、終わってます。) 


ちなみに、
初めて、Dr.お茶の水博士から、施設の話が出たのは、2000年11月。
つるちゃんが、介護認定の申請をしたのが、翌3月で、要支援。
(父が亡くなったのは、4月初め。)
介護度1の認定を受けたのは、2001年10月。
介護保険制度を基準にするなら、
から、話が出たのは、それほど、早い時期だった。


かめこは、そのことを、今でもとても感謝している。
父の意思がわかったし、
早い時期から、そういう可能性があることを、かめこが、頭におくことが出来て、
自分が大きな病気をして、つるちゃんを預けなくてはいけなくなった時に、
心の準備が、出来ていたから。
                                              すくすく育て

続きは、つるちゃん情報優先で、特に、何もなければ、書きますね。

↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/04 14:30】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(16) |
<<99未来の介護 | ホーム | 9回目の、う☆ち>>
コメント
e-200
e-400様、ちゃんと準備されてたんですね・・・

私の祖母が介護認定受けたのは5年ぐらい前かな?
要介護3でした。
【2006/05/04 15:20】 URL | ツナ #-[ 編集]
e-277
うちはパパの事を現在ブログに書いてますけど、実は祖母が2人いますのでそろそろ施設入居も他人事ではなくなってくると思います(今の所、うちはパパだけで精一杯なので。。)

でも、施設が見つからない。。
うちの地域はドコも、満員なのです。。。
ママとしては、いろいろ複雑な心境だとは思いますけどね。。。
【2006/05/04 16:00】 URL | mayumi* #-[ 編集]
e-365より、e-200
ツナさんに、早めにコメントいただいたおかげで、
書き方が、わかりにくいことに、気が付きました。
最初の部分を書き直して、この施設には、申し込んでないことを、書き足しました。

かめこが、言いたいことは、「準備だけは、早めにしてほしい。」 ということなんです。
最期まで、見るつもりは、(気持ちだけは)満々なんだけど。
【2006/05/04 17:06】 URL | ツナさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-182ほんとうに早くから、いろいろとご準備をされていたことに驚いています。ドクターとの出会いが運命的だったのでしょうね。初期の認知症を、そこまで具体的な今後の予想図、家族へのサポートも含めてアドバイスしてくださるドクターは、とても珍しいのではないかと思います。それから、お父様が施設入所という新しい対策を、一案として考えられていたのもすごく立派なことだと思います。そっか、介護保険の導入と同時に申請されてるんですね。びっくりです。◆うちは、発症からずっと、保守的な考えを貫く母任せにしてました。初期はずっとどこの病院も父を、「どこもおかしくありません」と取り合ってくれなかったのです。◆おれは母が耐えられなくなった2004年の1月からの同居です。すべては、そこから始まりました。ツナさん同様、最初の認定で要介護度が3。それからの進行はほんとうに早く、めまぐるしい日々で、とにかく受容がたいへんでした。ようやくここにきて、ひとつ大きな山を乗り越えつつあるところです。
【2006/05/04 20:07】 URL | scallops #cpypwpSw[ 編集]
e-365より、e-277
mayumi*さんのおばあさまですと、そろそろ、視野に入ってくる、お歳なんでしょうね。

確かに、現実には、施設が足りないとか、
大変すぎて、受け入れてもらえない。
とかいう、問題が出てきますね。
そういう意味では、今回は、現実的では、ないかもしれませんが、
かめこが、在宅至上主義でなく、「施設もあり」と考えているということを、お伝えしたいの。
こういう考えもある。ということをね。
【2006/05/04 20:08】 URL | mayumi*さんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-274こんばんわ
施設って中々良いところって難しいですね。
出来る限り自宅介護で頑張るつもりです。
それが私の希望です。
【2006/05/04 20:21】 URL | mamaru #9ngaR462[ 編集]
e-365より、v-182
かめこ、大失態。v-435年を、1年ずつ、前に間違えていました。(資料の、見間違い)
scallopsさんが、『介護保険導入と同時の申請だったんですね。』 と、言ってくださったおかげで、気が付きました。『あれ?1年経ってたはず?』 って。本当に、ありがとうございました。

うちも、最初は、「誤診」の記事に書いた通りです。これは1病院。
診断がついたのは、1999年秋になって。
かめこが、同居を始めたのは、1998年12月で、診断がつくより、10ヶ月位前です。
だって、つるちゃん、ほんとに、おかしかったんだもの。

確かに、うちも、介護認定が3から5になるまでが、速く、あれよあれよという間でしたね。
この期間は、施設にいたんですけど。

パパさんは、ほんとうに、scallopsさんのがんばりで、やっと、ひとつの形が見えて来られたように、思います。
ご法事に行かれるなんて、なんだか、こちらが、夢を共有させていただいているようです。
【2006/05/04 21:08】 URL | scallopsさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-380こんばんは。アサポンです。
今日は、眠くて眠くて、記事よんだんだけど
コメントがうまくかけそうにないよ。
読んだ足跡だけ。。ごめん。
【2006/05/04 22:21】 URL | asapon #-[ 編集]
e-365より、v-274
mamamaruさんは、ご自分の時間を大切にされて、自然体で介護されてるから、ご無理もされてませんよね。
かめこも見習いたいです。
そういうやり方なら、mamaruさんのご希望は、かなうはず。
かめこが、「預ける準備もする」というのは、保険みたいなものかな?
または、安心料、心の余裕。
【2006/05/04 23:12】 URL | mamaruさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
e-365より、v-380
大掃除で、眠いの?v-411
お疲れのところ、読んでくれてありがとう。
【2006/05/04 23:19】 URL | asaponへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-528
僕も運が良かったのかも。
早い頃から診断してもらって、
いまの時点で色々考えることができてる。
まだ、要支援の段階からブログを始められて、たくさんの人の経験を知ることができ、
心の準備ができている。
でも、準備がたまりすぎて、
重すぎることもあるけどね。i-229

【2006/05/05 10:34】 URL | スリブリ #G/R0oQrY[ 編集]
e-365より、v-528
そうだろうと、思います。
スリブリさんには、情報が、集まりすぎるかもしれませんね。
こうなると、情報の取捨選択が、大事でしょうね。
そういうの、得意なんじゃない?v-290
【2006/05/05 10:44】 URL | スリブリさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-22です。
そういうドクターと巡りあいたいなぁ~。。。w
絶対 なんだかんだいって キバがジジ・ババ様の面倒を1人で看なきゃならなくなりそうで。。。w 不安で一杯です。。。w
【2006/05/07 20:16】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22
あのさぁ、もう、すでに、「介護」の域なんじゃないかと。。。
特別、大変な気がするんだけど。。。
キバっちは、もうすでに、すご~く、がんばってると思うよ。
【2006/05/07 20:35】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-22です。
(´゚ω゚):;*.':;ブッ やっぱりそ~v-361
だよねぇ~。。。w
どこかに キバのショートスティ先見つけなきゃv-363
【2006/05/08 10:22】 URL | キバっち #-[ 編集]
e-365より、v-22
かめこだったら、「自分で思ってることでも、人には言われたくない。」 
って思うかもしれないのに、キバっちは、素直に聞いてくれるんだね。
後のところで、もらったヤツ、お互い様ってことで、v-415。 キャーe-2
【2006/05/08 17:52】 URL | キバっちへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/123-3d4eb5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。