つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
タイムトラベラー番外編
この記事を、ブログ友達のだいさんの、大切な、亡きおばあさまに、捧げます。

「つるちゃんの生い立ち」
         

つるちゃんは、東北の、城下町 に生まれた。
おとうさんが、職業軍人だったから、
やがて、一家は満州に渡った。
こうして、
つるちゃんは、子ども時代を、北京・奉天・大連で暮らした。
       
        つるちゃんは、大陸育ちなんだよ。

満州国地図
         ↑南京  ↑だいさんのおばあ様の暮らされた“上海は”ココ
               矢印の真上の線上。 南だから暖かいのかな?
           
           
             この地図を、
             きのう2006年2月17日に、つるちゃんに見せました。
             「ここが北京」「ここが大連」「ここが奉天」と、言いながら。 
             全部、「分かった」って顔して、大きくうなずいたんだよ。
             ヘルパーのひまわりさんも、「ホント、分かってるね」って。



つるちゃんの、お父さんは、少し偉い軍人で、家には、兵隊さんと馬がいた。
お父さんの身の回りの世話は、兵隊さんがしてたんだって。
お手伝いさんが何人かいる、裕福な暮らし。
ハンバーグだか、オムレツだか忘れちゃったけど、
庶民が食べられないような、
そんなものも、お出かけして、食べていた。


奉天平安小学校
 奉天:平安小学校入学式   

満州は、寒いから、
冬には、河や湖が凍る。
       つるちゃんは、スケートが得意だったんだよ。
       運動は、何でも得意だった、って、よく、自慢してた。
       一番は、鉄棒だって。
              かめこが、学年で一番下手なくらいで、
              つるちゃんは、いつも、首をかしげてた。
 
                     奉天平安小学校にて
                     つるちゃん12歳

戦争が終わって、
つるちゃんは、家族と共に、中国大陸を後にした。
「引き上げ」ってヤツさ。

             
              「引き上げ」っていうのは、大変だったみたいだ。
              だいさんのおばあさまも、経験されたんだよね。 
              もっと、ずっと、大人だったと思うけど。。。


一家が、帰ってきたのは、あの、城下町。
両親は、ここで、旅館を始めた。
              旅館といっても、学生さんと行商の人達相手の、
              下宿屋さんに、毛が生えたような。。。
              大きな玄関があって、
              お客さんも、家族も、そこから出入りする。
              ホテルみたいなフロントとか、
              大きな旅館のお帳場みたいなのはなくて、
              お客さんは、
              家族の居る茶の間に、用を言いに来る。。。
              ご飯は、大きな釜で、薪で炊き、
              お客さんも、家族も、「同じカマの飯を食う」。。。

     
      
       タイムトラベラーになった、つるちゃんに、
       かめこが、歳 を尋ね、
       つるちゃんが一番多く言う 歳、
             
              
          「18歳」と「19歳」              
       
                   その頃、つるちゃんは、
                   家族だけでなく、たくさんの人たちの、
                   温かい、ぬくもりの中に居たんだね。
                 



2月20日は、つるちゃんの、亡くなっただんな様の誕生日です。
かめこのお父さんは、元祖 「真夏でも熱燗派」 
                  
             
「だいさんのおばあさま」、「かめこのお父さん」、
そして、皆さんの、「天国に居る、大切な人達」 へ 。。。
 

『私達は、あなたを忘れません。
      
      どうぞ、これからも、私達を見守っていてください』


↓応援クリックお願いします。
押してね


         関連記事「つるちゃんが、かめこを産んだ日」
         http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html#more 
         この物語の後の、「乙女のつるちゃん」の写真も出てます。

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、
です。
他の人は、使わないでね。 
 
【2006/02/18 14:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(23) |
<<タイムトラベラー後編② | ホーム | タイムトラベラー後編①>>
コメント
v-266です。
奉天とか大連とか懐かしい地名ですね。
もち、私は行ったこともないけど、私の母が娘時代を過ごしたとこです。
ますます、人事じゃあなくなってきましたね~
【2006/02/18 15:57】 URL | ポン太 #-[ 編集]
e-365よりv-266ポン太さんへ
ポン太さんのお母様もいらしたのですね。
つるちゃんは、15年位前だったかに、同窓会で、行ったのですよ。
帰ってきた時の、つるちゃんのハイテンションな饒舌ぶり、およそ、いつものつるちゃんらしくなくて、忘れられません。
【2006/02/18 16:16】 URL | ポン太さんへ #-[ 編集]
v-254お花やさんしてるので お花のアイコンにしました♪

HPまで足を運んでくれて本当に(●ゝま・)ノ ァリガ㌧㌧・゚:*:゚

HPの「えんたぁ」から入って、「文字掲示板」に
書き込みできます♪

義母も幼少期を大連で過ごしてるんです^^
ここのブログを読んでると心が洗われるようです^^
【2006/02/18 16:44】 URL | 海空ママ #-[ 編集]
e-365よりv-254海空ママさんへ
今、コメント入れてきたよ。
キャラ、バラにしたんだね。いいなぁ。きれいなイメージで。

海空ママさんの義母さまもなの?
教科書とかで、字で読んでも、なかなかピンとこないけど、なんだか、日本の歴史が、ここにある。って思います。
人生の先輩達の通ってきた、道なんだね。
【2006/02/18 17:11】 URL | 海空ママさんへ #-[ 編集]
v-63えへへ、なんだか、記事に名前がのっていると、照れるです。v-398
つるちゃんは、軍人さんの娘さんでしたか。
私の祖父は上海で製薬会社の支店長をしていましたので、
祖母はつるちゃん宅と同じく、
今で言うセレブな生活をしていました。
「風と共に去りぬ」に出てくるような廻り階段のある洋館に住んでいて、
お手伝いさんが何人もいて、
炊事場には米国製の電気冷蔵庫があったといいます。(昭和初期だよ、昭和初期!)
戦時中とはいえ、租界のあった上海は比較的平和だったそうです。
その後、戦況が悪化し、祖父も兵隊に行き、
結局、兵舎でチフスを患い、上海の病院で病死しました。ほどなく終戦。
戦争で亡くなったわけでないので、遺族年金ももらえず、
二人の幼い子供(父とおば)をかかえ、ずいぶん苦労したと聞いています。

セレブから一転、瀬戸物屋の女主人へ。
当時のセレブは、意外とタフだったのですね。

……書きながら、祖母の人生は決して不幸じゃあないと思うようになりました。
二人の幼い子供を育てるために、
鼻息荒く、自転車をこぎながら瀬戸物を売って歩く祖母には、
きっと生きてるぜっ!という実感が強く強くあったと思います。
生きると言うことは、働くことであり、食うことであり、育てることであると、
そんなことを彼女の生き様から感じます。

そんな祖母にそだてられた事を、私は誇りに思います!

すみません、長くなりました。




【2006/02/18 18:12】 URL | だいさん #-[ 編集]
e-365より、v-63だいさんへ
ありがとうございます。
ああ、ほんとうに、人生の先輩達の生き様には、
敬意を表したいです。
つるちゃんが、認知症になったことは、不運なことに違いないけれど、その人の、人生そのものは、認知症になってしまった今も、変わらず、尊ぶべきものだと、強く感じました。

ところで、困ったことに、「チフス」という言葉を、次の記事で、使わなくてはいけないの。ごめんなさいね。
【2006/02/18 18:28】 URL | だいさんへ #-[ 編集]
v-266です。
セレブというと私の母はセレブの娘だったようです。
祖父が大連病院の医師で、お手伝いさんが何人もいて…
みたいな話をよく聞きました。
どっちにしても昔の人々の苦労があったからこそ、
今があると思います。
【2006/02/18 21:40】 URL | ポン太 #-[ 編集]
こんばんは。v-284です☆
うえ~ん・・カメの絵文字が見つかりません。
どこにいったんだろ・・。

合唱曲に「私はいつもあなたのそばに」って言う
ような曲があります。正式な曲名は忘れました。
この曲は愛する人を残して死んでいく人の
気持ちを歌った曲で、

私は今から焼かれていく
焼かれて、灰になって一本の煙になって
空に上っていく
煙は高く高く上っていってやがて水蒸気に
なって空に舞い上がる

風の日には風になってあなたのそばに
雨の日は雨粒になってあなたのそばに
天気のいい日は雲になってあなたを見ています
ずっと一緒・・あなたと一緒・・こうやってあなたのそばにいます

っていうんですけど、理系っぽいですが何だか
いいと思いました。
(いいと言いながら曲名を忘れていますが)

大陸も小島も地球規模では同じですね~。
そうやって亡くなった私たちの大事な人は
雨の日も風の日もそばにいてくれるんだと
思います。
(ってまた的外れなことを書いてしまった・・)

だいさん、ポン太さん、こんばんは。
と今頃挨拶している大ばか者です。

【2006/02/18 22:03】 URL | 三毛猫 #QW2XpfMs[ 編集]
v-276hai!アサポンです。
人あるところに歴史あり。ですね。
うちの母ははたおりの工場のお嬢様だったらしく。。性格がとてもお嬢様しています。(笑)
【2006/02/18 22:51】 URL | asapon #-[ 編集]
e-365より、v-266ポン太さんへ
そうですね。人生の先輩方の築き上げてきたものの上に、私達の生活があるのね。

アジアの歴史という観点から見ると、大陸に渡った日本人の中に、とても裕福な人たちがいる。ということは、どういうことなのか、ということも、現代を生きる私達は、忘れてはいけないと思います。
これは、ポン太さんに、話しているのでは、ないのですが、「満州国時代の地図」を、載せることについては、悩んだのですよ。
でも、そういう時代を生きてきた人々がいる。ことを話すには、地図も必要だと、思ったのです。
【2006/02/18 23:20】 URL | かめこ #-[ 編集]
e-365より、v-284三毛猫さんへ
e-365は、5番の右端、上から5番目だよ。地味な存在なのさ。

的に、的中してるよ!v-62(だいさん、ごめん。使うよ)
三毛猫さんも、そうだけど、きょうは、大切な人を、見送った者の一人として、の記事を書きたかったの。
その、応えとして、最高のe-343e-289だね。ありがとう。e-113
どんな、e-291メロディーなんだろうな。e-293e-294
【2006/02/18 23:43】 URL | 三毛猫さんへ #-[ 編集]
e-365より、v-276asaponへ
性格が、お嬢様してるのかぁ。。。
それって、素直で、のんびりっていうような、意味でしょうか?
なんか、今の、アサポンの目指すものに近くない?
【2006/02/19 00:02】 URL | asaponへ #-[ 編集]
こんちゃ!v-20だよ。
大陸かぁ・・・小説でしか出会ったことないな。
なかにし礼の「赤い月」は、大陸の日本人たちを、かなり細に入り書いてあったね。
大陸の日本人たちは良いことも悪いことも含めて、気持ちが大きかったと思う。成功したヒトは特にね。
引き上げてきた日本では、どうだったかわからないけれど、みんな頑張って生き抜いてきたんだね。
友達の身内に、そういう人がいると思うと、v-20もなんだかこれから「大陸」って言葉がでるたびに、今までとはちがった見方をするんだろうな。
【2006/02/19 14:13】 URL | yell #rI2kGhSA[ 編集]
e-200
私の父方の祖父が戦争中、中国に居たそうです。
中国での暮らしは、かなり裕福な暮らしをしていたそうです。
現地の方をお手伝いさんとして、何人も雇っていたそうです。
平和な時代の話ではなく、戦争中の話というのが悲しいですね・・・
【2006/02/19 14:39】 URL | ツナ #-[ 編集]
e-365より、v-20のyeii姫へ(きょうから、そう呼ぶよ)
v-20よ。どうか、かめこだけの姫で、いておくれ」e-266v-528さんトコの過去のコメント欄参照)(笑)

「赤い月」は、映画で観ました。e-365には、刺激強かったです。
たいてい、映画先に観ると、本も読むんだけど、読んでないや。
つるちゃんの話から、受ける印象だけでは、同じような日本人が固まっていて、何重にも、色んなものから、守られてた気がするけど、
その、子供たちを、守ろうとしていた、大人達は、大変だったろうと、想像するよ。
【2006/02/19 14:45】 URL | yell姫へ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/02/19 14:53】 | #[ 編集]
e-365よりe-200ツナさんへ
ツナさんのおじいさまもですか。。。
yell姫も言ってたけど、これだけ、「身内が、」って話を聞くと、やけに、身近に感じる。。。
「大勢行った、居た。」ということは、逆の見方をすれば、「大勢来た」ってことだものなぁ。。。
そうだね、ツナさん。
これは、戦争に向かう時代と、戦争中の話なんだよね。。。
【2006/02/19 15:19】 URL | ツナさんへ #-[ 編集]
e-365管理人だけが、というコメントは、事務連絡です。
【2006/02/19 15:21】 URL | かめこ #-[ 編集]
v-528です。
e-354姫、またのご来店お待ちしています。
e-365さん、ありがとね。
この絵文字、なれると面白い。

うちの親父、
最近、シベリア抑留された時の話をするな~
昔はは全然話さなかったんだけどね
戦争体験の話は、伝えていかないと。
日記を見て、そんなことを考えてしまった。
【2006/02/19 22:15】 URL | スリブリ #G/R0oQrY[ 編集]
e-365より、v-528スリブリさんへ
あ、スリブリさん、絵文字、面白くなりました?
しかも、ちゃっかり、e-365まで、使ってるしぃ!

やはり、意識して言葉にしていかないと、薄れていくものですよね。
気がついたら、同じ方向に行ってた。なんて、ことに、ならないように。。。
【2006/02/19 22:53】 URL | スリブリさんへ #-[ 編集]
v-20(*//////////////ー//////////////*)ボッ
e-365ちゃん、愛してるよw(*ノノ)キャ
戦争を経験してる先輩たちは、あるところまでは「話したくない」経験なんだろうね。
それでも今話さなくては伝える者がいなくなるっていうのが切実に感じられて、話し始める方もいるんじゃないかしら。
戦争はわたしの年代には遠い話。
それでも現実に、今でも世界のどこかでは戦争をやっている国がある。
そして日本では、心無い大人によって子どもが殺されていく。
心の豊かさが失われていく・・・そんな気がしてなりません。
【2006/02/20 08:27】 URL | yell #rI2kGhSA[ 編集]
e-365より、v-20yell姫へ
さすが姫、いつもながら、その洞察力には、敬服いたすゾ。
そして、言葉だけでなく、実際に、子どもたちを守るべく、立ち上がっとる、その、行動力にも、e-365は、かねてより、感服しておるゾよ。
【2006/02/20 11:59】 URL | yell姫へ #-[ 編集]
e-365
かめこが、このブログを始めた頃、SMA★が、歌ってた歌があります。
♪“英雄も、少女も、同じ「尊ぶべき、命だから」”って、歌っています。
“戦渦・兵士”とかという言葉が、たくさん出てきて、
それで、プロモーションビデオの映像は、老人ホームでした。

かめこは、「やられた。先、越された!」って、思いました。
かめこが、このブログで、話していきたかったことが、そのまま、歌とプロモになってました。
この、ブログは、介護の話なんだけど、言いたいことは、プロフィールの最後に、書いたことです。
「SMA★が、言うから、いいんだよなぁ。
かめこが、ブログで、話してもなぁ。。。」って、思ってたけど。。。
そうじゃなかったようですね。
コメントを寄せてくださった皆さん、
そして、大勢の、これを読んでくださっている皆さん。
どうもありがとう。v-300
これからも、よろしくv-237
【2006/02/20 12:19】 URL | かめこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/12-b90f77f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。