つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
長期療養型病床へ
入院33日目の8月4日、
つるちゃんが、一般病床から、同じ病院内の【長期療養型病床】に移った。

この【長期療養型病床】というのは、
「病気の急性期が過ぎても
 何らかの医療的な処置が必要な人が、長期入院できる場所」
だと、かめこは理解している。


つるちゃんは、
入院時の診断病名である、「肺炎」と「腸閉塞」が治った状態だが、
嚥下力のさらなる低下のために、食事が開始できず、
【高カロリー輸液】(中心静脈栄養IHV)で、水分と栄養を摂っている状態。
また、尿を管で取っている。

「肺炎と腸閉塞の治療は終わっているので、
一般病床には、居られないんです」 との、主治医の説明だった。



【長期療養型】というと、
これまで かめこには、
「一生退院できない場所」だというようなイメージがあった。
また、かつては「社会的入院」と呼ばれ 問題視されるような、
「身体は退院できる状態だが、自宅など受け入れ体勢が無い人が居る場所」
でもあるというイメージもあり、
「特別養護老人ホーム待機場所」という側面も持つ、というイメージまであった。

つまり、“偏見”を持っていた場所なのだ。

(それぞれの患者さんやご家族のご事情があると想像しています。
 失礼がありましたら、お詫びします。申し訳ありません)


それで、
主治医が説明する「一般病床から移る理由」は、
理解できるけど、なかなか受け入れることができないでいた。
それでも、予約を入れることを了承し、
転床が4日に決まった旨の報告にも、了承した。


そしてきのう、
つるちゃんは、
「寝たきり」のまま、ストレッチに乗って移動し、
【長期療養型病床】の4人部屋のベッドに寝かされた。

その部屋の隣は、食堂兼談話室。
看護師さん同士の引継ぎは 軽くあったものの、
ヘルパーさんがふたり、待ち構えていてくれて、
荷物の確認と、身の回りの世話をはじめてくれた。

予想通り、
ここは、医療保健適用ではあるけれど、介護施設に近い場所なんだ。
なおさら、拒否反応のようなものが、もたげてしまった。

病気で入院して、まだ点滴つけているんだから、一般病床でいいんじゃない?
「病気で入院してる」というのなら、とても納得できるの。




家に帰って、オットさまに八つ当たりしてしまった。
かめこが、受け入れられないままでは、
つるちゃんのためにならない。
しっかり 主治医に、疑問点を話し、「今後の見通し」を聞くことにしよう。



8月5日。長期療養型病床へ移動して、2日目。

主治医の説明は、
「【長期療養型病床】といっても、この病院は病床数が少ないので、
 あまり長くは居られないんです。
 ここは、あくまでも、急性期を過ぎた患者さんを受け入れる場所です。
 もっと長く入院されたい方は、医療相談室に行かれれば、
 別の【長期療養型病床】を紹介してくれます」 というもの。



いやいや、ちがうんだってば。

長期って、長期って、長期って、
ずっと ってこと? って心配しちゃったんだってば。
ああ、ここは、“そういうとこ”じゃないのね?  安心したぁ。


「別の【長期療養型】には行きません。
 ここでは、母が疎んじられたりしてないです。
 よく看てくださっていると感謝しています。
 ここから退院して、自宅に戻りたいです」
      (ここを退院させて、自宅に戻したいです)



結論から言えば、

退院の時期は、
暑い間に戻ると、いっぺんに参ってしまうだろう、との理由で、
「涼しくなってから」ということになった。


ただね、
かめこは、この退院を、
退院したときの つるちゃんの状況を、
今はもう、決して甘くは考えてはいない。
ケアマネジャーのマウンテンさんも、かめこと同じ考えだった。




追記:別の長期療養病床に移るメリットについての、
   主治医の説明部分が、不足していますので、
   次に、追加させていただきます。
【2010/08/05 23:59】 | 長期療養型病床 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<長期療養型も視野に | ホーム | 終末期の生き方:本人と家族の意思>>
コメント
v-8あれから年数もたっているので、かるく読み流して下さいね。
療養型病床の事。
私も最初はかめこさんが持っていたイメージと同じように思ってた。
オヤジが入院していた所は俗に言う老人病院とも言われていた所(イヤな言われ方だけど、まぁオヤジはそこにしか入れて貰えなかったんだど)
たしかに同部屋に社会的入院と思われる高齢の方もいらしので、そういった面も現実にはあると思う。だけど意外と年齢層も広く、いろいろな方が入院していたね。(もちろん高齢の方の比率は高いけど) 実際オヤジの隣のベッドにいた方は、まだ30歳くらいの若い人。ただ慢性的な疾患から自分で動くことが出来ずミキサー食しか摂れないので、長期入院を余儀なくされてた方だった。(ブログでも少し触れた事があるけど、その方のお母様、毎日午後になると訪ねて来ていたナ)

あと記憶が定かではないんだけど、ケアに関しては一般病棟より理解者が多い分良かったように感じてた。医療行為プラス、ケア・リハって感じで。 それと急性期の病棟じゃないので、ほんの少し自由度が高かったかも。
オヤジと初詣に行ったり、例の「お花見」なんかも、この療養型病床から出掛けたし。それに退院して在宅にするか特養・有料のホームにするか悩み、職員の方々に面談しに来て貰ったのもココにいた頃。
どちらが良いとかは分からないけど、かめこさんも知っての通り、オヤジはこの病院内の療養型病床と一般病棟を何回か往復してるけど、最終的にこの療養型病床から退院直前、それこそ退院日を決めるところまでいったし。
ナースをはじめスタッフの方々みんな、早く退院して家に帰れるようにしてあげたいとの思いは強かったと思う。
、、、
引越しでパソコン壊れたので、ミニミニノートからなので、このへんで(キーボード触れないくらい高温!)
早く退院できるよう祈っています。
【2010/08/06 23:02】 URL | カズ #-[ 編集]
e-365より、v-8カズPさんへ
ミニミニノート? キーボードが高温なの!? 
うちは、本体が熱くなるから、いつも扇風機かけて、直ぐにダウンさせていちいちコンセントまで抜いています。

お父さまのこと、いろいろ思い返しています。
パン隠せるのも、自由な雰囲気からかしら?(笑)。
それにしても、コメントいただいて、「初めは同じだった」と教えていただいて、ほっとしました。
そう思う人がいても、不思議はないのですね。

私も、特にお世話をしにくる家族達を見て、ここも悪くないなぁ、と感じています。
確かにケアは、一般病棟より、一人一人に合わせられていると思います。
患者と接するスタッフの意識については、前の病床の方が、外れがなかった気がしていますが。
【2010/08/07 00:43】 URL | カズPさんへ #u6i4c2k.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/1175-c8177c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

01≪│2017/03│≫02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。