つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第2回嚥下検査結果:障害への対応
前記事の続き

ハート歯科(仮) 嚥下専門歯科医による、
つるちゃんの現在の嚥下障害への対応についての指導は以下のとおり。

青色部分が報告書の文章を引用。グレーがかめこの説明部分。


対応:
1.
・今回の検査食の中では、どれが適切な食事形態だったか。 (前記事参照)
  ・固めのペースト状でも、
  モグモグすることで、ある程度ゆるくなるので大丈夫そうです。


    つるちゃんは、今のところ唾液が良く出ているので、
    固めでも、モグモグすることで程よい濃度に薄まる。

  つるちゃんの嚥下障害 ①【嚥下反射が遅くなっている】 ので、
  適切な濃度がついていないと、ゴックンより先に気道に流れてしまいやすい。 
     (食道はゴックンしないと開かないが、気道はいつも開いているので)
  対応としては、
  かめこが、濃度を含め適切な食事形態のものを提供することが不可欠。
  
  前回の検査報告を基準に、
  この3ヶ月間、つるちゃんの様子を見ながら作ってきた結果を
  今回の検査で評価してもらえたことが、とても力になった。
  第2回の検査後は、どういうものが良いのか より分かって安心して作れる。
  なお、つるちゃんは、適切な形態のものには、大きな口を開けてくれる。
         


2. 嚥下後、咽頭部に残留しやすく咽頭侵入や誤嚥の原因になるうるので、
   3~4口摂取毎に お茶ゼリー(クラッシュした状態)を摂取して
   残留物を流し込むようにしてください。


  つるちゃんの嚥下障害 ②【飲み込む力が弱くなっている】ため、
  残留しやすい。
  対応として、
  残留した食べ物を流すために、食事中の飲み物を、
  ゼリーナ2.5g/200ccでゼリー状したものを
  かき混ぜてトロトロにして飲んでもらっている。
     (スプーンですくったものを、飲んでもらうことも多い)
     (ゼリーの作り方については、やりやすい方法を工夫しました)
 
  また、今回の報告【対応】には書かれていないが、
  エンシュアリキッドを飲んだ後にも、引き続きゼリーを摂取してもらっている。
  今回の検査中も、先生は「エンシュアは難しいから」を2,3回おっしゃっている。



3. 1口量はティースプーン1杯量で山盛りにしないようにしてください。
   1口量が多すぎると、モグモグしている間にのどに流れ込んでしまって
   誤嚥の原因になりかねない状態です。 


  かめこの記憶では、 
  先生が「今のマズイわ!」 と声を上げられたのは、
  かめこが つるちゃんの口にスプーンを運んだ直後。
  つるちゃんの様子を見ながら 介助していたのだが、
  先生に言われても、つるちゃんに変化は感じられなかった。
  介助者が全く気づかないまま誤嚥していることもありえると痛感した。
  
  なお、検査時には 普段使っているスプーンを何種類か使ったのだが、
  それらは全て、“ティースプーン”として売られている物より わずかだが小さい。
  先生は それらで良いと思われていたようだ。


 現在つるちゃんは全介助。すべて介助者が食べさせている。
 使っているのは、主に写真③と④と⑤
 ゆるめのものには、⑥を使うこともある。 品数分を用意する。
 
 ④と⑤は木製で、温かいもの(カッコ参照)用。
 中が浅くえぐられていて、食べ物が載る部分の大きさは③に近い。
 ②と③は、どちらも“コーヒースプーン”として売られている物だが、
 ②は小さすぎて深すぎるように思い、使っていない。
 ②と③の形状はちょっとの差のようにも見えるが、使い勝手の差は大きく感じる。
 
(今冬は、食卓にカセットコンロを置き、器を湯煎している。
 今回の検査時も、同様に温めながら食べてもらった)


スプーンの種類

【おまけ】
現在つるちゃんは、湯のみ茶碗を時々持つくらいで(かめこが手を添える)、
自分でスプーンを持つことは無いが、
全介助になっても、長い間、
ご飯だけは たとえ2、3口でも自分で食べてもらうようにしていた。

その時使っていたのが、①のスプーン。 
とても握りやすく、口に運ぶさい安定してこぼれない。
ご飯が載る部分は大き目だが、
自分ですくって食べると、“食事”が一連の流れを持つので
量もちょうど良いと思っていた。



4. 飲み込む機能に適した食事形態のものを安全な状態で食べることが、
   何よりのリハビリになります
ので、
   調理や介助が大変かと思いますがよろしくお願いします。 



本当にそのとおりだと思う。
加えて、日々の【口腔ケア】にも、虫歯や歯槽膿漏の予防・
口腔内の衛生を保つことで【誤嚥性肺炎を予防する】他に、
リハビリとしての役目も大きいと感じている。



なお、
前回の検査は10月15日。ゼリー導入10月下旬。
体重は、11月2日に36.7キログラム。
      1月6日に38.9キログラム。
最初の嚥下指導後2ヶ月で2キロ増えている。
1月初めの体重は3年ほど前までのもの。
その後 口の中に食べた物が残るようになり、
2007年秋(1年2ヶ月前)よりは、全てミキサー食になっている。
それ以降、体重は35キロ台だった時期が長い。



押してね  嚥下障害への対応頑張ります。
             応援よろしくお願いします。




  
【2010/01/30 17:07】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<金棒ズとパンツ | ホーム | 第2回嚥下検査の結果>>
コメント
高齢になると、どうしても老いは避けられないものだと思います。身体機能が低下するのは老いる症状として高齢になると避けられないのは人間の宿命なのだろうかと思います。だけど、ミキサー食になっても口で食べれることは、ほんとにとっても大事だと思います。つるさんととかめこさんの努力は人としての生きる頑張りを感じられます。
遠くから、僕も応援しています。つるさんも体を大事にお母さんといつまでも一緒に素敵な生活送ってくださいね。
【2010/01/30 22:46】 URL | おぶぶ #-[ 編集]
e-365より、おぶぶさんへ
お返事大変遅くなりました。
つるちゃんの場合はアルツハイマー病が進んで飲み込みが悪くなったものですが、年齢を重ねると、身体の弱いところが出てきたり、もともと弱いところがますます弱くなることは、避けて通れませんね。
それでも、この先も、その時々やれることが きっとあると思います。出来ることがあることが嬉しいです。
つるちゃんには、「長生きしてね」「辛いこともあると思うけど頑張ろうね」と時々話してます。私が母に生きていてほしいのだと伝えています。
応援ありがとうございます。v-300
【2010/02/01 23:36】 URL | おぶぶさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
i-282
嚥下の一連の記事、とても参考になりました。
かめこさん、細かく書いてくださってありがとうございます。
つるちゃんは、むせるってことはないですか?
むせるってことは、まだ嚥下反射がちっとは残ってるってことなのかなー。
私は顔を真っ赤にして、ゲンゲン咽てるハハを見たくなさに、いろいろ工夫してきたような気がします。

つるちゃん、体重増えてきたのね!
よかった!
【2010/02/03 10:54】 URL | ゼリー #JalddpaA[ 編集]
e-365より、i-282ゼリーさんへ
むせることは良いことだといえ、ママンがゲンゲンむせるのを見てるのは辛いだろうな。
つるちゃんはね、むせたことはこれまでほとんどないです。
内科キューピー先生は、「むせないで誤嚥するのは寝たきりになるほどになってから」と言われているけど、そうでもないんじゃないかしら?
誤嚥は肺炎と直結するから怖いです。
熱が出ても、聴診器などでいつも確認してもらっているから肺炎はないと思うけど、嚥下の先生には初回に、肺炎になってないか何回か確認されたのよ。検査中も誤嚥してたようだから。

体重増えたこと、すごく嬉しいです。
きょうも月初めだから量ってくると思うの。どうかなぁ?
【2010/02/03 15:42】 URL | ゼリーさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
v-254体重が増えて本当にうれしい!!
口から食事がとれるって 本当に素晴らしいことだから
一日でも長く 一回でも多く つるちゃんに
食事を楽しんでほしいです^^
【2010/02/03 22:54】 URL | 海空ママ #n5wo/zCo[ 編集]
e-365より、v-254海空ママさんへ
体重ね、2月は40キロ越えしました! 3ヶ月で3.5キロ増よ! やったぁ!
本人に合う形状ものは、飲み込みやすいだけじゃなくて、身体も受け入れやすいのね。
形だけ口からなのではなくて、本質的に口から食べられているのだと思えて 嬉しいです。
【2010/02/04 22:49】 URL | 海空ママさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/1114-383442e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。