つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
眼科の対応が進歩
15日(月)午後から17日(水)午前まで、
つるちゃんは、月1回のショートステイに出かけていた。


「お帰りなさい!」
かめこが車から降りてきた つるちゃんの顔を覗き込んだら、
右目が腫れてる。
上まぶたが垂れ下がって、いつもの顔じゃない。

送ってくれた運転手さんにも、目の状態を確認してもらう。

つるちゃんをリビングのイスに誘導し、
かめこは、記録用紙に目を通す。
目については、特に何も書かれていなかった。


そこで、ショートステイ先に電話して、
出るまでの様子を訊く。

スタッフさんが、朝、つるちゃんの顔を拭いた時にも、
右目は確かに赤かったって。
目やには少しで、涙が出てたそうだ。

「きょう家に帰れるので、泣いていらしたのかな」と思ったそうだ。
その後は、腫れなどには気づかなかったということなので、

どうやら、帰りの車の中(20分弱)で、ここまで腫れてしまったらしい。


次にかめこは、訪問看護師さんに電話する。

「心配なので、2年4ヶ月前に1度行った眼科に連れて行きます。
 夫もいますし」
「でも、点眼がとても大変なんですけど」


「ああ、そうですね。
 点眼グッズがあるんですが、
 もしも点眼薬が処方されたら、そういう物もいただいてください。
 もし眼科に無ければ、うちに新しいのが一つあるので、おっしゃってくださいね」



おっし!  これで点眼の心配はしなくてすむゾ!
訪看さんの、なんて頼もしいこと!



押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
認知症の症状の出た67歳終わり頃からの10年余のお話です。
母つるちゃんと家族との、互いの愛情を感じていただけると思います。
ご注文よろしくお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。
午後、
つるちゃんをタクシーに乗せ、オットさまと眼科に向かう。

受付で、

「お久しぶりですね。きょうはどうされましたか?」
かめこ 返事。
「なるほど、右目が腫れて赤いですね。いつからですか?」
「左も少し赤いですね」

などと、簡単な問診を受ける。

以前来た時には、診察前の検査が大変だったので、
(無理だとかめこが進言したのに、いろいろさせられた)
「あのう。。。検査は何も出来ないんですが。。」
と申し出る。

「はい。大丈夫ですよ。何もしません。少しお待ちください」


待合室には、3,4人いたけど、
5,6分で呼ばれた。

(検査待ちしなかったからだと思う)



Dr. 「お久しぶりです。
   認知(症)は、進みましたか?」


「はい。でも、眼科に来たことは、よく分かっています」



ドクターは、3回、器具を手に、つるちゃんの両目を覗き込んだ。
(つるちゃんは嫌がって払いのけるし、大きく目を開けるとかなんて出来ない)




つるちゃんは、右目が急性結膜炎だった。
白内障もあるけど、歳相応で、見えるようだから心配ない、
って。 


「前のとき、点眼がとても大変だったんです。
訪問看護師さんが、グッズがあると教えてくれたのですが」

と言ったかめこに、

「ああ、点眼できませんよね。
その“てんがんくん”は、うちには置いてなくて、
そもそも、それを使っても、さほど点しやすくはないです」 

とドクター。

「軟膏にしましょう。
目のフチに塗れば、目の中に入りますから。
ここでは、綿棒で塗りますが、
家では指で塗られて構いません」



(ええええ?  そんな簡単でいいのぉ?)

(それでいいなら、前の時にも、そうしてほしかったぁぁぁ)


その上、
「2,3日で治ると思いますが、1週間経っても治らなければ、また診せてください。
治れば、来なくて結構です」
とのこと。
(前の時には、どちらにしても来るようにと、予約させられたけど、
治ったから行かなかった)




つるちゃん以外の人は、 
「初回は先に検査」 「1週間後には診せに来るように」
と、言われている。



つるちゃんへの対応は、
2年4ヶ月前に受診したときとは、大違い。

きっとこれは、
あれから、認知症や介護の必要な患者さんが増えて、
一般の患者さんと同じようにはいかないことを、
病院側が経験された結果なのだろうと思う。



・・・という訳で、
K眼科ドクター、
本日、つるちゃん支援チームに、正式加入!




参考記事: 平成19年2月 「母子で眼科」


【2009/06/17 22:02】 | 精神科と内科以外の医療 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<⑦サービスの種類 | ホーム | デイのお仲間>>
コメント
e-256点眼薬に変わる軟膏があるとは初耳でした。義母も目薬指しづらく、いつも『あ~~』と言っていて下さいねと言いつつ、いそいで点眼してきました。
点眼グッズというのも初めて知りました。
記事にして頂きありがとうございました。
早く良くなりますように。目の赤みが取れたら、OKですものね。お大事に・・・
【2009/06/19 11:23】 URL | hiro #nP1loStQ[ 編集]
e-365より、e-256hiroさんへ
お母さまも目薬は大変なのですね。
でも、少しは協力してくださるのでしょうか?
そんな風に肝心な時に息が合うのは、日頃hiroさんが一緒に課題に取り組む時間を作っていらっしゃるからでしょうね。
“てんがんくん”とやらが、少しは役に立つといいのですが。。。

今回軟膏で済んだのは、腫れてすぐ受診したので軽かったから、というのもあるかもしれません。
それで、試してみたところ、指で塗るより綿棒で塗る方が上手く行きました。
おかげさまで、今朝はもう腫れはほとんど引いています。
【2009/06/19 12:00】 URL | hiroさんへ #/Amn5WiM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://turukameko.blog44.fc2.com/tb.php/1010-365f00eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。