つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第2回嚥下検査結果:障害への対応
前記事の続き

ハート歯科(仮) 嚥下専門歯科医による、
つるちゃんの現在の嚥下障害への対応についての指導は以下のとおり。

青色部分が報告書の文章を引用。グレーがかめこの説明部分。


対応:
1.
・今回の検査食の中では、どれが適切な食事形態だったか。 (前記事参照)
  ・固めのペースト状でも、
  モグモグすることで、ある程度ゆるくなるので大丈夫そうです。


    つるちゃんは、今のところ唾液が良く出ているので、
    固めでも、モグモグすることで程よい濃度に薄まる。

  つるちゃんの嚥下障害 ①【嚥下反射が遅くなっている】 ので、
  適切な濃度がついていないと、ゴックンより先に気道に流れてしまいやすい。 
     (食道はゴックンしないと開かないが、気道はいつも開いているので)
  対応としては、
  かめこが、濃度を含め適切な食事形態のものを提供することが不可欠。
  
  前回の検査報告を基準に、
  この3ヶ月間、つるちゃんの様子を見ながら作ってきた結果を
  今回の検査で評価してもらえたことが、とても力になった。
  第2回の検査後は、どういうものが良いのか より分かって安心して作れる。
  なお、つるちゃんは、適切な形態のものには、大きな口を開けてくれる。
         


2. 嚥下後、咽頭部に残留しやすく咽頭侵入や誤嚥の原因になるうるので、
   3~4口摂取毎に お茶ゼリー(クラッシュした状態)を摂取して
   残留物を流し込むようにしてください。


  つるちゃんの嚥下障害 ②【飲み込む力が弱くなっている】ため、
  残留しやすい。
  対応として、
  残留した食べ物を流すために、食事中の飲み物を、
  ゼリーナ2.5g/200ccでゼリー状したものを
  かき混ぜてトロトロにして飲んでもらっている。
     (スプーンですくったものを、飲んでもらうことも多い)
     (ゼリーの作り方については、やりやすい方法を工夫しました)
 
  また、今回の報告【対応】には書かれていないが、
  エンシュアリキッドを飲んだ後にも、引き続きゼリーを摂取してもらっている。
  今回の検査中も、先生は「エンシュアは難しいから」を2,3回おっしゃっている。



3. 1口量はティースプーン1杯量で山盛りにしないようにしてください。
   1口量が多すぎると、モグモグしている間にのどに流れ込んでしまって
   誤嚥の原因になりかねない状態です。 


  かめこの記憶では、 
  先生が「今のマズイわ!」 と声を上げられたのは、
  かめこが つるちゃんの口にスプーンを運んだ直後。
  つるちゃんの様子を見ながら 介助していたのだが、
  先生に言われても、つるちゃんに変化は感じられなかった。
  介助者が全く気づかないまま誤嚥していることもありえると痛感した。
  
  なお、検査時には 普段使っているスプーンを何種類か使ったのだが、
  それらは全て、“ティースプーン”として売られている物より わずかだが小さい。
  先生は それらで良いと思われていたようだ。


 現在つるちゃんは全介助。すべて介助者が食べさせている。
 使っているのは、主に写真③と④と⑤
 ゆるめのものには、⑥を使うこともある。 品数分を用意する。
 
 ④と⑤は木製で、温かいもの(カッコ参照)用。
 中が浅くえぐられていて、食べ物が載る部分の大きさは③に近い。
 ②と③は、どちらも“コーヒースプーン”として売られている物だが、
 ②は小さすぎて深すぎるように思い、使っていない。
 ②と③の形状はちょっとの差のようにも見えるが、使い勝手の差は大きく感じる。
 
(今冬は、食卓にカセットコンロを置き、器を湯煎している。
 今回の検査時も、同様に温めながら食べてもらった)


スプーンの種類

【おまけ】
現在つるちゃんは、湯のみ茶碗を時々持つくらいで(かめこが手を添える)、
自分でスプーンを持つことは無いが、
全介助になっても、長い間、
ご飯だけは たとえ2、3口でも自分で食べてもらうようにしていた。

その時使っていたのが、①のスプーン。 
とても握りやすく、口に運ぶさい安定してこぼれない。
ご飯が載る部分は大き目だが、
自分ですくって食べると、“食事”が一連の流れを持つので
量もちょうど良いと思っていた。



4. 飲み込む機能に適した食事形態のものを安全な状態で食べることが、
   何よりのリハビリになります
ので、
   調理や介助が大変かと思いますがよろしくお願いします。 



本当にそのとおりだと思う。
加えて、日々の【口腔ケア】にも、虫歯や歯槽膿漏の予防・
口腔内の衛生を保つことで【誤嚥性肺炎を予防する】他に、
リハビリとしての役目も大きいと感じている。



なお、
前回の検査は10月15日。ゼリー導入10月下旬。
体重は、11月2日に36.7キログラム。
      1月6日に38.9キログラム。
最初の嚥下指導後2ヶ月で2キロ増えている。
1月初めの体重は3年ほど前までのもの。
その後 口の中に食べた物が残るようになり、
2007年秋(1年2ヶ月前)よりは、全てミキサー食になっている。
それ以降、体重は35キロ台だった時期が長い。



押してね  嚥下障害への対応頑張ります。
             応援よろしくお願いします。




  
スポンサーサイト
【2010/01/30 17:07】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(6) |
第2回嚥下検査の結果
1月14日に行なわれた 第2回嚥下内視鏡検査の結果は以下のとおり。
青色が報告書内容。
グレーがかめこ説明部分です。 


姿勢 : 椅子上、座位      
      頭を固定する必要があり、いつもより顔が上向き気味。
     通常は見えない“のど仏付近”が見える状態。

検査食: 結果に記載
一口量: スプーン1杯量 
    
      4種類使用。木製とステンレス製。
      どれも浅い大き目のコーヒースプーン位の大きさ。
          

結果:
① 安静時の咽頭部(のど)の状態を確認したところ、
  少量の痰の残留が確認されました。
    
     前回の検査時よりは、残留量が少なくなっている。

② 茶(トロメイク1%入り):
   嚥下(飲み込み)反射が遅く、
   咽頭侵入(気管に入りかける)が認められたものの、
   誤嚥(気管に入る)は、確認されませんでした。

      結果は言葉としては良くないが、段階的には軽いとのことで、
      今の濃度のまま飲ませて良いそうだ。
      【トロメイクSP 1g/100cc】      
      日頃見ている限りでは、スムーズに飲めているように感じているので、
      検査画像を見て そしてこの検査結果を知り、ちょっとショック。
      つるちゃん以外の人でも、
      介護者には まったく問題ないように見えても、
      本人は違和感を感じている場合もありそうだと思った。    
           

③ 茶(ゼリーナ1%入り):
   嚥下反射は早く、少量の咽頭侵入が認められたものの、
   誤嚥は認められませんでした。

      検査時には、ゼリーをかき混ぜると水の部分が出来てしまい、
      見るからに緩すぎた。
      先生のお話でも、
      【咽頭侵入】はゼリーが固まりきらない部分があったことが原因だとのことだ。
      同じゼリーナ量のつもりでも、はかりが微調整が出来ないので、
      少なかった可能性あり。
      それで、安全を期すために、
      検査後からは、2g/200CCを2.5g/200ccに変更した。
      おかげで、
      計量に誤差ができても、水に分離することなく作れるようになった。
      また、検査日に、
      先生が「今後もゼリーナを使って良い」と話されたので、
      ゼリーナは、ゼリーを作る製品としてオススメできるようだ。            
   
      

④ エンシュアリキッド(つるりんこ牛乳・流動食用入り)
嚥下反射は少し弱いものの、咽頭侵入・誤嚥のいずれも確認されませんでした。    
  
      
      検査しようとした時点でも、先生は、
      4g/250CCのエンシュアリキッドつるりんこ入りを見て、
      「いい感じよ」と言われている。
      かめこの感想としては、4gが限度で、それより緩くなるとマズイ。
      それで、安全を期すために、
      検査後から、4.5g/250ccにしている。
      計量時に誤差が出ても、4g未満になることはないので。
      なお、5g/250ccでは、つるちゃんが飲みにくそうにする。


⑤ エンシュア・リキッド(リ●■▲ン液状タイプ入り)
    嚥下反射が遅く、咽頭侵入と少量の誤嚥が確認されました。


      実は検査時に、かめこがうまく濃度をつけられませんでした。
      (湯煎にかけうまく濃度がついたことがあるが、
          19.3度に湯煎しても再現できなかった。
       リ●■▲ンが針状に細かく残り、混ざらない)。
      検査結果が悪いのは、このためです。
                 
      製品パーケージに使用方法として、
      ◎本品や濃厚流動食は室温(20~25℃)でそのままご使用ください。
       本品や濃厚流動食を冷やしたり温めたり・・・・使用すると
       トロミがつきにくくります。
       
       と記載されていますが、冬夏はどうするのでしょうか?
          
      現在、冬場(エンシュアを置く場所が20度未満)の利用方法を、
      購入先担当者経由で、メーカー側に問い合わせ中です。
      冬場と夏場にも利用されている方は、使用方法を教えてくださいね。


⑥ 親子丼の具(ペースト状)
   嚥下反射が遅いものの、咽頭侵入・誤嚥のいずれも確認されませんでした。
   嚥下後の咽頭部への残留が確認されました。

     肉が入ると、トロミ剤ナシでは、のどを通る時にバラける。


⑦ 親子丼の具(ペースト状トロミあり)
 嚥下反射は少し遅いものの、咽頭侵入・誤嚥のいずれも確認されませんでした。

    トロミ剤(うちではトロメイクSP)を入れると、
    のどを通る時にも“まとまる”ので、ごっくんしやすい。
       

⑧ 粥(固めのペースト状)
  嚥下反射は早く、咽頭侵入・誤嚥のいずれも確認されませんでした。

       実際のところ、全粥より固めです。
      (水分がほとんどご飯に吸われている状態)
      ミキサーのかけ方は、
     指導されたものではなく、あくまでもかめこのやり方ですが、
      1秒位を5,6回。粒が粗方なくなるまでで止める。
      検査しながら、先生が「とても良い(形状)です」と、おっしゃっている。
      今回の検査対象の中で つるちゃんに最も適していたとのことだ。


⑥  里芋とにんじんの煮物(固めのペースト状)
 嚥下反射は少し遅いものの、咽頭侵入・誤嚥のいずれも確認されませんでした。
 嚥下後の咽頭部への残留が少量確認されました。




食事形態は今回の検査食の中では、 
 ・エンシュア(つるりんこ牛乳・流動食用)
 ・親子丼の具(ペースト状トロミあり)
 ・粥(固めのペースト状)
 ・里芋と人参の煮物(固めのペースト状)が適していると思われます。
固めのペースト状でも、
口の中でモグモグすることで、ある程度ゆるくなるので大丈夫そうです。




続く


押してね  嚥下障害への対応頑張ります。
             応援よろしくお願いします。



【2010/01/28 23:59】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(3) |
冬の川岸を散歩
1月24日日曜日。
暖かな日差しに誘われて、つるちゃんと川岸を散歩した。
歩行器と車椅子を両方用意して、
つるちゃんにはピンポイントで歩いてもらうことにする。


(この歩行器は、簡易的な車椅子にもなるけれど、
 身体の向きを変えなくては座れないし、
 段差や坂道での利用は危ないから、歩行器としてのみ使っている)



まずは、家から川まで歩行器を押す。
つるちゃんは、時々前を見たり周りの家を見たりしながら歩いていく。
このところ、歩行状態が落ちてきてると感じるけど、
きょうは、随分余裕だこと。


川に着き、
車椅子に乗り換えてもらい、向こう岸の土手まで下りる。
オットさまが車椅子を押して、
かめこは 空の歩行器を押す係り。



さぁ つるちゃん、地面を歩きますよ。
土を踏む 感触はいかがですか?



土手を散歩


土は人には優しいけれど、
歩行器は うまく進まない。
早々に引き上げて、
また車椅子で移動する。


今度は川の北側を歩く。
青い空とポカポカお日様。
なんて気持ちがいいんだろうね。 



川辺を散歩



いつもの散歩は、
今では 川の手前までの往復が精一杯。
こんな風に川岸を歩くことはできなくなった。




散歩から帰り、
「お昼ご飯にしますからね」 
と つるちゃんに声をかける。

つるちゃんは、大きくうなずいて、
お腹がすいたことを教えてくれた。 




【2010/01/24 22:46】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(4) |
第2回嚥下検査の報告①障害の症状とゼリーの適応について
ハート歯科嚥下専門歯科医より、1月14日に行なわれた、
第2回嚥下内視鏡検査の報告書が届きました。

報告書記載順番は、
1.検査結果 2.対応(指導内容) 3.質問への答え なのですが、
3から先にご報告させていただきます。

    (文章表現を、一部国語的に分かりやすく変えています)



書面での質問への答え 

●つるの嚥下障害はどのようなものか。健常者と比較してどこがどう違うか? 

→ ・飲み込む反射が遅くなってきているため、
   水分などはトロミがついていないと飲み込むタイミングが合わずに
   誤嚥するリスクが高い状態です。

  ・また、飲み込む力も弱くなっているので、
   のどに残留しやすく残留物による誤嚥のリスクも高い状態です。
  ・そのため、途中でゼリーを摂取してもらって
   残留物を流すようにしてもらう必要があります。



●つるの場合、食べ物や飲み物が液体に近いと どういうリスクがあるのか? 
     (かめこの質問表現では、「柔らかすぎると(液状に近い)

→ ・つるさんは 飲み込む反射が遅くなっている状態なので、
   液体に近い程のどに流れてくるスピードが速くなり
   飲み込む反射が追いつかずに誤嚥しやすいというリスクがあります。



●つるの場合、食事が固すぎると どういうリスクがあるのか?

→ ・ある程度の固さであれば、
   口の中でモグモグすることでゆるくなるので大丈夫ですが、
   固すぎると、のどに残留しやすく、
   ゼリーでも流しにくいというリスクがあります。


次の質問については、先生が誤解して答えられているので記載しません。


●つるに限らず、どういう場合に、トロミ入りよりゼリー状飲料が適切なのか?

→ ・食べ物がのどに残留しやすい方で、
   残留物を安全に流しやすいのがゼリー状だと判断された場合です。
  ・(濃度が適正だと思われる)トロミ入りの水分を摂取しても 
   少し誤嚥しそうな方の場合も、
   食事中はゼリーを摂取してもらう方が安全です。


●3、4口より多く口にしてからゼリーを摂取するとどうなるか? 

→ ・のどへの残留量が増えるので 誤嚥するリスクが高くなります。



検査当日の口頭での質問と答え。

●つるの摂取したゼリー状飲料が
 残留物をスルスルっと流す様子は、嚥下検査の画像で明らかです。
 食道に流れていって、気道には流れないのは、どうしてですか?


→ ゼリー状飲料の流れる速さが、
   つるさんのゴックンの速さに合うのだと思います。




【2010/01/23 13:04】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(2) |
母と最後に泊まった宿
つるちゃんのショートステイ中に、
オットさまとかめこは、長女のミニーを誘い河口湖に出かけた。
最寄のバス停から高速バスに乗り込んだとたん、
窓から見えた富士山は、
帰りのバスに乗り、河口湖駅を背にするまで、
雪化粧を施した姿を、ずっと見せ続けてくれていた。



宿の屋上より望む富士山




さて、
宿泊先は、かめこがつるちゃんと最後に泊まった宿。
思えば、母娘二人で泊まった ただ一つの宿だ。



2001年7月。
つるちゃんが夫を亡くして3ヶ月後、
かめこは つるちゃんを1泊旅行に誘ってみた。
その頃のつるちゃんは、
「毎日3回くらいコンビニに通っては、惣菜を買ってくる」
以外、自分からは外に出ようとしない生活。

気分にムラがあり、
誘っても、行ってくれるかどうか、
当日にならなければ分からなかった。
予約しても無駄になってしまうかも知れないけど、
弟が、それでもいいと言ってくれたので、
宿を予約した。

案の定、
 「旅行なんか行きたくない」 と怒り、
その時は断念。




10月になり、
かめこは あきらめ切れずに、
同じ宿を、またダメもとで予約した。
その時は、当日、つるちゃんのお姉さんが説得してくれて、
おかげで、行く気になってくれた。


その時、宿の部屋に入り、
窓から景色を見て、
 
「いいところね」 と つるちゃんが言ってくれたのが、
かめこは忘れられない。

部屋からは、河口湖が望める。



宿の窓から見える景色




季節こそ違うけれど、
その時と同じ宿に、
オットさまとミニーと3人で泊まった。

母と見たのと 同じ角度の窓からは、
冬の花火を満喫した。



かめこ夫婦は、1月20日に結婚30周年を迎える。
つるちゃんと暮らしながら、
娘のミニーと、やがて二人目の孫なるお腹の赤ちゃんと一緒に、
こうして元気で旅出来ることを、
今、とても幸せに感じている。




押してね  今年も応援よろしくお願いします。
【2010/01/18 23:35】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(10) |
ケガさせてショートへ
きょう、つるちゃんにケガを負わせてしまいました。
嚥下検査の続報より先に、
そのことをお話しさせていただきます。



16日(土)、
ショートステイ先“ほほえみ”さん(仮)のお迎えが来て、
リビングのサッシから つるちゃんを昇降椅子に乗せて、テラスに下ろした。

リモコンの“下がる”を押しながら、もう片方の手をつるちゃんの腰に置き、
かめこが正面から つるちゃんに顔を見ていたら、

突然、つるちゃんが震え出した。
目を見開いて、歯を食いしばる。
強い痛みに耐えているような様子。



「どうしたの? どこか痛いの?」
わけが分からず、かめこは声をかけ続ける。

つるちゃんの震えは止まらず、
目が点になったまま。


つるちゃんの身体に 注意深く目を走らせ、
かめこは、びっくり!



つるちゃんは、
昇降機の下りてきたイスについた“板”と“降機の足”に 
靴のかかとを挟まれていた。

昇降機を少し上げ、
靴を脱がせて見たら、
左足かかと少し上の皮がむけ、血がにじんでいる。



かめこは、あわてて手当てをして、
履かせても痛くないものか、迷いながらも靴を履かせ、
薬と 替えのガーゼ(テープ付き)を お迎えスタッフに預けた。
つるちゃんは、スタッフが初めから用意してきた車椅子に乗って、
車に乗り込み、ショートへと出発した。



「行かせていいんでしょうか?」
かめこが迷ったら、
「看護師もいますし、看てもらえますから」と、
スタッフが背中を押してくれた。



つるちゃん達が“ほほえみ”さんに着いて 落ち着いた頃を見計らい、
かめこは電話をかけた。


ショート責任者さんが、

「広い範囲 皮がむけて血がにじんでいますが、
 消毒して、持ってきて頂いた薬を塗って ガーゼを貼って手当てしました。
 現場のスタッフとも話したのですが、
 それでいいだろうということで 

 (病院に連れて行くなど、家族が引き取る必要は無いという意味)、
 (明日かあさっては)
 お風呂にも入れると思います」


かめこは、少し安堵した。
かすり傷とは言えないけど、
かめこが見た時と 変わらないようだ。



「明日は旅行に出るのですが、
行ってもいいでしょうか?」


「はい。だいじょうぶですよ。
何かありましたら、ご主人の携帯に連絡します」


「本当に、ケガさせてお預けしてしまい申し訳ありません。
よろしくお願いします」





という訳で、
つるちゃんをケガさせてしまい、そのまま預けています。

ほほえみさん、ありがとうございます。
つるちゃん、ケガさせてごめんなさい。 


(原因ははっきりしているので、今後は足を挟まないように対応できます) 



【2010/01/16 21:18】 | 地域ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(6) |
第2回嚥下内視鏡検査の視点
1月14日(木)約3ヶ月ぶりに つるちゃんの『嚥下内視鏡検査』が行なわれた。

●デイサービス帰宅時刻の17時開始、18時終了。
●ひまわり歯科スタッフは、前回より1名増えて4名。
  前回と同じスタッフは、
  嚥下専門歯科医・歯科衛生士・コーディネーター。
  今回は、広報部長なる人も参加。


検査に先立ち、かめこなりの目的意識を書いてみた。
これをプリントして、検査終了後に歯科先生と広報部長に手渡す。
        (
            (先生が、広報部長の分も希望された)                        



「第2回嚥下内視鏡検査の視点」

1. 目的 

飲み物 毎日飲んでいる ほうじ茶・エンシュアリキッドについて、
① 同じ飲み物に、異なるトロミ剤やゼリーにする食品を入れて、
  嚥下状態を比較する。
② より適正な形状についてのアドバイスをもらう。
  
食べ物 
① トロミ剤入りなしの比較。
② より適正な形状についてのアドバイスをもらう。



2.検査食品

① ほうじ茶:トロメイクSP入り (約1g/100ml)
  (メーカー目安:箱記載フレンチドレッシング状・目安表記載ポタージュ状)
  トロメイクメーカー表現では、ポタージュ状は“トロトロした感じ”
② ほうじ茶: ゼリーナ入り(約1g/100ml)
  (メーカー目安:0.8%~2%で流れるソフトゼリー)


③ エンシュアリキッド苺:つるりんこ牛乳・流動食用入り (約4g/250ml)
         (メーカー目安では、約2g/100 mlでポタージュスープ状)
④ エンシュアリキッドコーヒー:リフラノン液状タイプ入り(1袋25g/250ml)
      (メーカー目安:1袋/200mlでヨーグルト状。2袋/200mlでプリン状)


⑤ 親子どんぶりの具ミキサーにかけピューレ状にしたもの トロメイクなし
⑥ 親子どんぶりの具 だしを足してトロメイクを入れたもの。


⑦ 里芋とにんじんの煮物 ミキサーにかけてピューレ状にしたもの
⑧ 全粥ミキサー 3ヶ月毎に毎回同じ食品を調べて、様子を比較する食品として、
           主食であるお粥を選んだ。




3.知りたいこと

① 母の嚥下状態は、健常者の嚥下と比較すると どこがどう違うのか?
  それらは、どういうリスクがあるのか?

② 母の食事や飲み物が柔らかすぎる(液状に近い)と、どういうリスクがあるのか?

③ 母の食事が固すぎると、どういうリスクがあるのか?
          


4.食事中の飲み物をゼリー状にするよう、前回指導を受けたことについて  

① 母の場合、適正トロミ入りの飲み物ではどうなるのか?  

② 母に限らず、どういう場合にトロミ入りよりゼリー状が適切なのか?

③ 3,4口毎と指導されたが、もっとたくさん口にしてから飲むとどうなるのか?



検査しながら口頭でも、いくつか質問した。
それらも、報告書に書いてくれるとよいのだが。



前回は、鼻に管を入れるまでが、あきらめかけたほど大変だった。
今回は、鼻に管を入れる作業は、特に問題なかった。
検査している状態のとき、
頭が固定し切れずに頭が動き、管があたるのか、つるちゃんが苦しそうだった。
それでも、検査には協力的で、しっかり口を開けて飲んだり食べたりしてくれた。
            



続く。


押してね  検査頑張ったつるちゃんに応援よろしく!


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。


【2010/01/14 23:59】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(1) |
デイで「ノロ」感染注意報
きょう、つるちゃんがデイサービスセンター“そよ風”(仮)から、
手紙をもらってきた。


それによると、
デイサービス利用者の中に、ノロウイルス(急性胃腸炎)感染者が出たそうだ。
ノロウイルスは、「症状としては、嘔吐・下痢・発熱などがみられ、
他者への感染のおそれが非常に高い病気といわれている」とのことで、
感染防止の協力が呼びかけられた。


デイサービスに通う人のいる家庭で気をつけることは、

★健康状態〈嘔吐・下痢・腹痛・発熱〉の確認。
★調子が悪い時には、早めに受診する。
★吐しゃ物・排泄物の処理時にはゴム手袋などを使用する。
★適切な対応と予防を心がける。健康管理に注意する。
★デイサービス利用当日の健康状態の確認。
 本人の体調により、早退もありうるので了承してほしい。

    (“そよ風”からの手紙を一部変更して引用してます)



どうか、これ以上感染者が増えずに、
つるちゃんが元気でデイサービスに通えますように。


皆様の地域では、いかがでしょうか?
新型インフルエンザのみならず、季節型インフルエンザにも、ノロウイルスにも、
お気をつけくださいね。




ちなみに、
新型インフルエンザは、うちの地域(東京)では、
「鼻水が初症状でグングン熱が上がる」だそうです。
 (訪問看護師さんの情報)




【2010/01/13 23:33】 | 認知症専門デイサービス | トラックバック(0) | コメント(4) |
初詣2010
つるちゃんとかめこの「初詣」は10日日曜日だった。

初詣


天気が良くて暖かく、
お寺も いつもの日曜日より、華やいでいたよ。
混雑した参道を進むとき、
車椅子を押すオットさまは、
前の人のかかとにぶつけないように、
いっそう気をつけてくれていた。


お寺は この日も、初詣バージョン。
本堂前の賽銭箱は、木の箱ではなくて、
大きな白いビニールのスペース。
車椅子の目線では、白い壁しか見えないだろうね。
つるちゃんに立ってもらって、5円玉を握ってもらって、
やっとの思いで 指を開かせたけど、
5円玉は、内側のフチ部分に落ちてしまった。
それをスペースに落としたのは かめこだけれど、
お賽銭をあげたのは、つるちゃんだからね、
仏様。




「どうか 家族が穏やかに暮らせますように」
真剣に祈った。
つるちゃんだって、気持ちは同じだろう。




これは祈ったことではないけど、
新年に改めて思ったことで、
お参りした時も、
心の中でつぶやいたこと。 


つるちゃんのこと。
かめこが 今出来ることを、
ひとつひとつ積み重ねていきたい。
困ったことが起こっても、
今やれることを 見つけていきたい。





この日 お寺に出かける前にだって、
出来ることはあった。



① ゆっくりトイレタイムをとった。
めでたく大が出て、
かめこは 気分良く出かけられた。
夕方にも、トイレで2回目の大が出た。


だから、
かめこが これまでより落ち着いてトイレタイムを取ってあげられたら、
つるちゃんがトイレで用を足せる回数も、増えるのではないか。
せめて う○ちくらい、
トイレでさせてあげたい。
便通の好調が続いているだけに、
今がチャンスだと思えるんだ。
(でも、こちらが意識すると、つるちゃんが緊張して、
 出るものも出なくなる。
 あくまでも自然に、というのがミソだなぁ)




② 金曜日に変更した、【リビング直の出入り】について、
 お互いの動きを、オットさまと確認した


かめこは、つるちゃんと一緒にリビングから出るから、
オットさまが テラス窓に鍵をかけて、
つるちゃんのイスの向きを変えて、
玄関から出る。
車椅子に乗せる、クッションや膝掛けは、
これまでと同じに 一部は玄関からオットさまが出す。 


3人の息が合って、
うまくいった。

これで、これからも散歩を続けられる。嬉しいなぁ。



おまけ
翌11日は くもっていて寒かったけど、
歩行器で散歩に出た。
つるちゃんは 何度も前を見ては、
嬉しそうにしてた。




押してね   応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。

【2010/01/11 23:59】 | お寺参り② | トラックバック(0) | コメント(6) |
外出をリビング直に変更
これまで、外への出入りは、つるちゃんも玄関を使っていた。
左大腿部を骨折・手術後、家に戻ってきた2005年3月からは、
たたきに、介護保険でレンタルした“電動昇降イス”(リフト)を置き、
【上がりかまちの段差】【靴の脱ぎ履き】に対応していた。



ところが、つるちゃんの動きが衰えてきた上、
玄関が狭いなど、介助に制約があり、
この 「昇降イスに座らせる」という介助が難しくなってきた。

訪問リハビリの時間に、
PTさんに介助のコツを教わってはいても、
とても追いつかない。



年末、PTさんに、改めて相談したところ、
玄関の壁に手すりを付けることを、提案された。
そして、手すりの位置や長さを教えてくれた。




でもねぇ。。。


つるちゃんが手すりにつかまってから昇降イスに座る一連の動作を
何度もイメージしてみたけど、
どうも、ピンとこない。
手すりから つるちゃんの手を引き剥がす手間が増えるだけ、
という気がしてならない。

「手すりの位置が、
つるさんの自然な動き方とは、左右反対で利用しにくいだろう」 と 
ヘルパーさんも言う。




そこで、
新年の訪問リハビリの時間に、
他の方法を考えたいと相談した結果、
思い切って、
外に出るのを、
玄関からではなくて、直接リビングからに替えてみることにした。


午後、ヘルパーさんと一緒に試してみたら、
危ないと感じていた
【昇降イスの座り方・靴の脱ぎ履き】 が 改善され、
介助も余裕を持って出来そうだ。

PTさんが この件でアドバイスしてくれた箇所に、まだ改良の余地はあるけど、
これからは、
この形で 出入りすることにした。





以下に 紹介させていただきます。


左の青いイスが 玄関で使っていた昇降機。
現在はテラスに置いてある。
右のイスが いつも座っているイス。
実際には、
つるちゃんをイスに座らせたまま、後ろ向きに この位置まで引いてくる。


リビングからテラスへ


外出の支度をする。
靴は、家の中で脱ぎ履きする。


①靴を履く


立ってもらって、
介助者とダンスするみたいに ゆっくり身体を90度回す。
昇降イスに腰を下ろしてもらう。

(つるちゃんは しっかり立てるので、うまく介助すれば、
 全介助の いわゆる“移乗”ではなく、
 自分で足踏みしながら回ることができる) 


②昇降イスに移乗


予め、コンセントに差し込んでおき、
昇降機を下げる。


③昇降イスを下げる


テラスからガレージへ
段差は、これまで使っていた ステップ台を利用。


④テラスからガレージへ


散歩の時は、ガレージで歩行器を押す。
または ガレージで車椅子に乗る。
デイのお迎えや、タクシーに乗るときは、
    手引き歩行で 道路まで出る。


⑤歩行器を持つ

「つるちゃん、行ってらっしゃい」



家に入る時、

つるちゃんは、左足がいつも下がるので、時計周りは難しい。
右手に移動できるよう、室内のイスの位置を、
出る時とは反対側に 移動しておく。


入るとき

マットは、風呂で使っているもの。


リビングのイスに移乗
【2010/01/08 23:59】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(4) |
孫婿効果
2010年、明けましておめでとうございます。
おかげ様で つるちゃんの熱も、年を越すことなくすみました。



ミニーとミッキー君は、2日に来宅。
つるちゃんは、前日から楽しみにしてたんだよ。


確かに、熱は下がっていたけど、
それにしても、
ミッキー君が居るときのつるちゃんは、ものすごくクリアー。
顔つきが いつもと全然違った。



その1. 
ミッキー君が 「こんにちわ」 って挨拶したら、
つるちゃんも、はっきり 「こんにちわ」

ヘルパーさんたちなど、うちに来る人は、
みんな必ず つるちゃんの目を見て挨拶するけど、
返事は、しても「はい」とか頷く程度。
それが、「こんにちわ」だもんね。 




その2. 
いつも以上に しっかり食べた。

熱が出てたときに、あまり食べられなかったから、
取り戻してるのかな?
とも思ったけど、
ミニーとミッキー君の居たときは、特別しっかり食べてた。


元気なところを見せたかったのかなぁ。


その3. 
トイレで用が足せる。

今回も2回成功して、
ミニーに、
 
「私が来るときは、いつも成功してるじゃん!」って言われた。

孫夫婦の前で ソソウなんか出来ないわ。

そんな感じ。


食事の前と後には トイレに行く習慣だから、
「歯磨きしたらトイレに行こうね」 って言って、
かめこが歯磨きセットを取りに、席を立とうとしたら、
つるちゃんが、テーブルの上のカップを 手で払おうとした。


危ないっ! 落ちる!

つるちゃんを見たら、怒った顔をしてる。

あっ、直ぐにトイレに行きたいのね?
ガマンしてたのね?


つるちゃんは頷き、
ようやくトイレに連れてもらうことができ、
用を足すことができた。


ガマンもできる、ってこと

ミニーが驚く。



その4. 
つるちゃんは、たくさんの時間、ミッキ君を見つめていた。
じいぃっと。しげしげ見る。


いつもは僕のこと見るんだよ
と、オットさまが言う。


つるちゃんの熱い視線。
この日ばかりは、
可愛い孫の婿さんに 向けられたね。
【2010/01/04 23:46】 | 孫(娘)たちの結婚 | トラックバック(0) | コメント(16) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

12≪│2010/01│≫02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。