つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
新・デイの候補
つるちゃんとかめこの家から4,5軒しか離れてない場所に、
デイサービスの施設が開かれることになった。
ご近所内覧日のお知らせプリントが配られたので、
つるちゃんを連れて、ヘルパーのしろつめくささん同伴で出かけた。



普通の家をリフォームして使っている。
まるで、家に居るのと同じような雰囲気。
明るくゆったりしていて、スタッフの目も届きやすい間取り。
管理人さんとのお話を含め、
かめこも しろつめくささんも、好印象を持った。
食事についても、
つるちゃんに合った対応をしてもらえそう。
つるちゃんの状態を見てもらえたことも良かった。

つるちゃんも居眠りするほど馴染んでいたので、
通わせてもいいかなぁと思え、

「現在、水曜日・木曜日・土曜日とデイに通っている。
 月曜日の追加希望を出しているが、まだ叶わない。
 こちらにお願いするかどうか、ケアマネと相談する」
 
と伝えておいとました。




帰り道、
歩行器を押すつるちゃんを介助しながら、
しろつめくささんが言った。


私、ここに勤めようかなぁ。
ゆくゆくは、こんな風な在宅に近い施設を作りたいんです。
もうメンバーも揃えてあるんです。
娘が(小学生)、もう少し大きくなれば。。。


ああ、勉強のために勤めるのね?
夢があって、羨ましいなぁ。
しろつめくささんは、ヘルパーさんではもったいないもの。
そういう志があると、どんなことでも勉強だと思えるでしょうね。




新しいデイに通うかどうか、
ケアマネとは、26日(木)に相談する。
もしも、賛成が得られれば、
12月第1月曜日、7日から通ってもらうことになるかもしれない。
スポンサーサイト
【2009/11/25 02:40】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(8) |
鼻汁吸い取り大成功!
副鼻腔炎で青っぱなや黄色っぱなが出るつるちゃんを助けるべく、
前記事コメントで、吸い取りグッズを教えていただきました。
ヘルパーさんの訪問を待ちかねて、
かめこは駅前のスーパーのベビー用品売り場へ。



期せずして、お二人の方が同じ商品を教えてくださったのですが、
それは残念ながら置いてなくて、
他社の製品が2種類。
単純なつくりの方を選びました。

家に大急ぎ。
   (ちょっと大げさ)
おやつを終えたばかりのつるちゃんは、また青っぱな。
早速、ミッション開始  




かめこでも上手に吸い取れましたよぉ。
見えるものはもちろんのこと、奥の方にたまったものまで。
ズズズズズズゥゥッと、チューブを駆け上がってきます。
またまたズズズズズズゥゥ、
結構、思い切り吸う。
力いっぱい吸っても、
つるちゃんは嫌な顔をしないし、鼻血などが出る気配はない。


それからは、
ちょっと見えたり、つるちゃんが鼻をすすり出すと、直ぐにスイトリィッ
吸い取る感触で、
鼻の中に残っているかどうか分かります。
赤ちゃん用なのですが、
吸い込み部分は、穴の中に入り込まないように膨らんでいるので、
鼻が高くて穴が大きめのつるちゃんにもピッタリ!

吸い取った汁が、
かめこの口に入るようなことは絶対にありません。
でも、副鼻腔炎特有の嫌な臭いは、吸ってしまいます。
家族にしか出来ないやり方じゃないかなぁ。



こうして つるちゃんは、
すっきりお鼻で、
夕食をモリモリ、バクバク食べましたよぉ。
気分が良くなったんだね。



お助けコメントくださった方々、ありがとうございました。
ご心配くださった皆様、ありがとうございました。




 吸い込み口を つるちゃんの鼻の穴に当て、
      思い切り吸い込む。

はな吸い器

この商品は、
鼻汁が溜まるボトル部分(左手)が、二つに分解できます。
流水を入れて、
吸い取りチューブ側と吸い込みチューブ側に、それぞれ通せば、
きれいさっぱり、お手入れ簡単でした。





なお、赤ちゃん雑誌 『ひよこクラブ12月号』 で、
【はな吸い器】情報を見つけました。

     以下は引用です。

ひよこママリサーチ結果 p.65 【はな吸い器部門】

1位 「はな吸い器お鼻すっきり」 ピジョン・1029円

2位 「ママ鼻水トッテ」 丹平製薬・1029円

3位 「カネソンはな吸い器」 カネソン本舗柳瀬ワイチ・924円
         

         スーパー価格は、これより300円前後安値でした。



押してね お鼻すっきり嬉しいね。


【2009/11/20 23:29】 | 介護品のこだわり | トラックバック(0) | コメント(8) |
ショート後クリアー→副鼻腔炎
11月17日火曜日午前、つるちゃんがショートステイ先から帰ってきた。
前回10月は、それはそれは疲れている様子だったけど、
今回は、拍子抜けするほど、いつもと変わらない様子で帰宅した。



前回は、疲れて眠り込んでいる つるちゃんを移動させるのも、
かめこ一人では危なかった。
何しろ非力なもので。。。。


それで今回は、
出来る限り早くヘルパーさんに来てもらうよう頼んであって、
12時から、火曜日担当のしろつめくささんが来てくれた。
また、いつもは午前中に来てくれる“訪問看護師”さんも、
14時に来てくれた。
万全の体制。



結果としては、今回は、
ヘルパーさんナシでも、
移動介助などでの安全面で 困らなかったと思うけど、
つるちゃんのショート後の様子を見てもらえて心強かった。
ことに、ホウカンさんに、皮膚の状態もチェックしてもらえて助かった。
今回は、前回のような “新たなじょくそう”は無かったけど、
“おむつかぶれ”は やはりできていた。

でも、顔も元気な様子だし、歩行状態もいつも通り。
食べ方も、やや食べにくそうだけど 通常の“波”の範囲内。
何より、意識が 行く前より鮮明になった様子



つるちゃんは、お泊まりすると、
調子の良い時には、クリアーになって帰ってくるんだ。
地域ショートでは、はじめてのことかも知れないけど。
それだけ、環境が変わることで刺激を受けるんだろうね。
調子が悪いと、刺激のせいで疲れるけど、
調子が良いと、刺激が良い効果を生むようだ。
もちろん、スタッフさんたちの声かけやかかわりもありがたい。



どんな風にクリアーなのかと言うと、
言葉がはっきり出る。


帰宅後、直ぐにトイレ誘導をして、
パッドを交換した後に

「ちょっとここで待っててね」 とかめこが言ったら、
「ハイ」と お返事してくれた。
その言い方が、いつもより かなりはっきりしている。

また、
つるちゃんの孫のデイジーが、
ピーチちゃんに お昼ご飯を食べさせていた時、
ピーチちゃんに、
 「おいしいね」って言ったら、
つるちゃんが、それを聞きつけて、

「おいしてった」  (おいしいねって言った)。


極めつけは、
かめこが その後出かけて、夕方帰宅したとき、

「ただいま」って言ったら、
「おかえり」     

つるちゃんが「おかえり」なんて言ってくれたのは、
何年ぶりのことだか、かめこも覚えてないほどのこと。
ものすごくびっくりたし、嬉しかった。




残念なことに、
驚くほどクリアーだったのは、その日限り。

午後ホウカンさんが熱を測ったら、
37度2分あって、
夜までそのままで、
朝から出ていたという“鼻水”は、
夜には、もはや水ではなく“うみ”のように黄色くなって、
朝までに、枕を黄色く汚すほど出ていた。その部分は悪臭を放つ。

翌、18日水曜日には、熱は36度5分。
デイでは、体温を測りながら気をつけてくれていた様子。
鼻水は、青くなって出続けていたという。

それで、キューピー先生に連れて行ったら、
 
「急性副鼻腔炎」 とのことで、抗生剤が処方された。

翌19日木曜日には、熱は無いけどデイサービスを欠席した。

うみのような鼻汁は、朝は治まっていたけど午後には頻繁に出るようになる。
今度は黄色。臭いです。


それでも、今のところ 食事はしっかり食べられています。




ところで、
つるちゃんは、鼻をかめないので、鼻水や膿をすすってしまいます。

どなたか、
鼻水や鼻汁(膿)を吸い出すための方法を
教えていただけないでしょうか。


今は、ティッシュで鼻をつまんで押し出したり、
ティッシュを “こより”のようにして差し込んで出したりしています。
綿棒はうまく使えません。
手動の吸引機は、比較的安価なようですが、
吸引機で うまく吸い出せますか? 





【2009/11/19 23:59】 | 地域ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(8) |
ショートへの嚥下対応連絡
11月14日土曜日午後から17日火曜日午前まで、
つるちゃんはショートステイに行っている。
今回3泊4日。



【内視鏡嚥下検査】を受けたのは、前回10月のショートステイ直前だった。
当日に歯科先生から、かめこは口頭で
「食事中に“ゼリー茶”摂取」のご指導受けていたが、
ゼリーの用意はできてなかったし、
ショート先に、新しいお願いをするについては、順序段階があると考えたので、



嚥下の対応について、10月度は、

●水分用トロミ剤濃度の指示
●エンシュアリキッド用トロミ剤濃度の指示
●みそ汁にもトロミ剤を入れてほしい   
●口腔ケアの時も水が飲めないので、
(以前から“うがい”はできない) 
 汚液を吸い取るための“口腔用使い捨てスティックスポンジ”を持参するので
 利用してほしい。 

 (「菌のウヨウヨいる汚液を飲ませるくらいなら、歯磨きなどしない方がマシ」と
  前歯科医は言っていた。
  うがいが出来ない人には重要な点。
  家では、スポンジではなくて、歯科用ガーゼを使っている)


の4点を、
事前に ショート担当責任者に お願いするにとどめた。  



10月21日。
つるちゃんが帰宅し、持ち帰った記録を見て、かめこは驚きと困惑。
エンシュアリキッドは、朝と昼に1缶ずつ飲ませるようお願いしているのだが、
朝・昼・夕・20時に 125ccずつ飲んだとの記載。
就寝は20時なので、
なんと、夜寝る直前に飲ませているのだ。


食べて直ぐ寝ると、食べ物が逆流して誤嚥の可能性を大きくするのではないか。
エンシュアリキッドに限らず。
もちろん口腔ケアなどするわけもない。
口腔ケアは、かめこは誤嚥性肺炎予防のためにも必要と理解しているが、
夕食後が最後で、その後エンシュアを飲ませていては意味が無い。


就寝前に飲ませなくては、2缶を飲みきれないならば、
どうして家族に、その旨相談してくれなかったのだろうか。



その後、
ケアマネが別の用件で担当者に連絡した際、

「つるさんが10月21日に、とても疲れて帰ってきた」 と話したところ、
「一日中、飲んだり食べたりするようになってしまい、お疲れだったと思います。
 可哀想でした」
 と、報告があったそうだ。

それらば、なおのこと、
エンシュア・リキッドを2缶飲むのは難しい と教えてほしかった。
家では、楽に飲めているので、かめこには分かりにくいのだ。




今回11月のショートステイに向けては、
嚥下について、
事前に かめこがステイ先“ショート担当責任者”に お願いしたことは、


●水分の濃度は前回同様を確認
●口腔ケア用汚液吸い取り用スポンジ持参を確認
●エンシュア・リキッドのトロミ剤について   
   a.家では他の水分と別のものを使っているが、1種類の方が混乱ないか?     
     答え:違ってもかまわない   
   b.スティックタイプを購入して無いので、
     1回に使う量を、家で個包装しても良いか?
 
     答え:そうしてもらえれば助かる。1回に半缶ずつトロミをつける。
●エンシュア・リキッドは、1日に1缶に変更します。
 朝と昼に飲ませてください。
     
    責任者:食事が食べられないのに、1缶で大丈夫ですか?     
     かめこ: 家では食事量が増え、体重が大幅に増しているので、
          (食べられない上に1缶でも)大丈夫です。

●前回は、OS-1を服薬時の飲料として持参したが、これをゼリー状に変更します。      
      (ショート先では水分量不足なのでOS-1を何CCか飲ませたい。
      いつ飲むかは、服薬時に飲むように指示するのが、
      ショート側にとってやりやすいだろうと、かめこが思ったので)

●食事の順番について
  【出される食事→エンシュア・リキッド→ゼリー状OS-1で服薬】の順に。
    以前見学したとき、食事前に服薬だったが、この順番でできるか?
      
      責任者: この順番で出来ます。    
    
    母は、のどに 飲んだり食べたりした物が残りやすいので、
    ゼリー飲料で、食事をしめてほしい。
    エンシュア・リキッドを、寝る前に飲むなど絶対にしないでほしい。
    エンシュア・リキッドに限らず、寝る前摂取は誤嚥に繋がると思う。
      
      責任者: 寝る前に飲ませていましたか?     
      かめこ:  ハイ。前回の記録にあります。  
      責任者: それは食事時に飲み切れなかったからですね。
      かめこ:  ・・・・。



なお、ケアマネジャーは、
つるちゃんの嚥下状態の理解・意思統一のために、
サービス担当者会議を開くと言っている。




かめこは、
デイサービス先とショートステイ先スタッフについては、

つるちゃん個人について嚥下障害を話す前に、
嚥下障害や誤嚥について
基本的な理解をしてもらう
必要を感じている。



デイサービススタッフについては、
専門家の嚥下検査と指導があったことを伝えて、
家族が水分のトロミ剤濃度指示を出したにもかかわらず
それ以降にも、
トロミ剤を入れないみそ汁を飲ませ続けていた事実が、
かめこには、信じられない思いだ。





押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。
【2009/11/15 16:49】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(10) |
デイでもゼリー茶
嚥下専門歯科医のご指導により、
つるちゃんは、食事中には、3,4口毎に“ゼリー茶”を飲んでいる。
10月の嚥下検査でつるちゃんは、のどに食べ物や飲み物が残りやすいと分かり、
ゼリーは(乳製品ゼリーを除く)、それらを うまく食道に流してくれるから。


おやつの時(おやつの内容が何であれ)も、ほぼ同様にしている。
エンシュア・リキッドを飲むときには、250cc飲む間に3回位と
飲み終わった時にゼリー茶をふくんでもらうことにしている。


指導では、エンジョイ・ゼリーとエンシュア・リキッドは、「最後にゼリー茶」
なんだけど、
途中にも入れる方が、つるちゃんは飲みやすそうで食べやすそうだから。




11月1日からは、デイサービスでも、
「食べながら飲む物は、ゼリー茶」にしてもらうようにお願いした。
協力していただけるとのお返事で、感謝している。


最初に、ケアマネから伝えてもらい、
まずは、昼食用にかめこが作った“ほうじ茶ゼリー”入り保温水筒を用意し、
その後、どういう形でゼリーにするか、デイ側と連絡を取り合った。

「指導書」を見せてほしい といわれ、
デイに向けた物は、まだ先生から頂いてないので、
かめこ向けの報告書(二つ前の記事)をデイスタッフに見てもらった。
これは、ケアマネと訪問看護師さんに、同じ物が先生より送られている。



だけど、その書類を見てもらっても、
画像を見たわけではないから、
どうも、つるちゃんが誤嚥しやすい状態だということは、
イマイチ理解してもらえていないようだ。



きのう、
食事中に飲む、みそ汁には、トロミさえ付けていないことが判明したのだ。
デイでは、具のある飲み物は、具と汁に分けているので、
“みそ汁”と言えば、“汁”状のはず。
つまり、飲み物でしょ? 
どうして「トロミナシで良し」 としたんだろうか。。。


「みそ汁はどうしてますか?」との かめこの問に、
「トロミなしで上手に飲まれました」 とスタッフが答えたことで知ったのだが、
正直驚いた。


「母は見た目うまく飲んだように見えても、誤嚥しやすいです」
「飲み物だけ摂る時や食べる前は、トロミをつけた飲み物でいいですが、
 食べはじめてからは、ゼリー状の飲み物にしてください」
 と、
同じ話を、また繰り返す。

(ゼリー茶を飲んだ後なら、トロミ入りみそ汁を飲むことができるのだが、
 分かりやすいように、これまでと同じ説明にした)



なお、昼食用に試しに、
かめこが作った“ほうじ茶ゼリー”200ccを入れた保温水筒持参については、
“衛生管理上、夏場が心配なのでNG” とのこと。
それについては異存なし。
それで、
ゼリーを作る粉
 (かめこの使っている物は「ゼリーナ」)
1グラム毎紙に包んだ物をいくつか持たせて、
その場でゼリーを作ってもらうことになった。
この方が、かめこも楽で助かるし、つるちゃんも、より温かい状態で飲める。

(0.8%~2%でゼリーが作れる。かめこは1パーセントでトロトロゼリー状に作り、
 飲んでもらう時にかき混ぜて、飲みやすいクラッシュ状にしている)
       (いったん85度→40度以下で固まる)



みそ汁 (汁のみ)は、
家ではゼリー状にしている。
デイでは、
トロミを付けたものなら、
食前や ほうじ茶ゼリーを飲んだ後なら飲んでもらえる。
もしも、デイでみそ汁をゼリーにするんだったら、
“入れれば 何度の物でもゼリーになる”、
コンポーションタイプのものが便利だろう。

(かめこが買ったのは「キューピーかんたんゼリーの素」)
これも、最初の頃にデイ側に実物を見てもらっていて、
要望があれば持たせるつもりだ。
高価なので、出来れば持参したくないけど。




ところで、体調が回復し嚥下指導が入ったこともあり、食事量増え、
体重は、大幅アップ
こうしてみると、10月が測り間違えたんじゃないかと思うほどだね。

 8月1日
    34.0キロ 
 9月     デイを休み続けて測れなかった。
 10月1日   30.8キロ
 11月2日   36.7キロ 
              (次のデイで測りなおしてもらい 36.4キロ) 
 


(つるちゃんは、手すりを握ったままでないと体重計に載れないので、
 家では測れない。
 デイで測ってくれて助かっている)


【2009/11/10 21:32】 | 嚥下検査と嚥下障害への対応 | トラックバック(0) | コメント(8) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

10≪│2009/11│≫12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。