つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ちのわくぐり2009
2009年も半分が過ぎ、
水無月の終わり、茅輪(ちのわ)神事の時期がきた。
つるちゃんとかめこも、4回しっかりくぐって参拝してきたよ。



6月29日午後。
茅の輪くぐり2009



1周目。
台に上がるのは、まったく問題なかったが、
ちのわを“”だと思って乗ろうとした。

「段じゃないの。またぐのよ」 って言ったら、
ちのわを軽く踏んだ左足には重心をかけず、
そのまま跨ぐことが出来た。


1周目



2周目

2周目



3周目
くぐる方向は同じです。反対側から撮っています。
2周目からは、跨ぐんだって解ってた。

3周目



4回目 (このあと参拝)
1周目・2周目・3周目と、回を追うごとに、上手になった。

4周目




普段は、
つるちゃんの身体能力が落ちたと感じている。

でも、
こと、“ちのわくぐり”
(くぐって周る)に関しては、
昨年一昨年と、それほど変わりないように感じた。
ただ、
4回くぐったあと、前に進み、参拝するんだけど、
本殿まで真っ直ぐ歩くことについては、昨年までより落ちたと感じて、
本殿前の階段を上ることは、昨年までとは大違い。
疲れたこともあってか、足が上がらなかった。


(家のお風呂は湯船が高いけど、少し足を持ち上げれば跨げます。
また、デイサービスへの送迎の車は、階段がかなり高いけど、
足を持ち上げなくても、上れることもあります)



どうぞ来年も、無事 くぐれますように。 



2008年 「ちのわくぐり2008」 
2008年6月27日

2007年 「ちのわくぐり」
2007年6月29日

2006年 「茅輪神事」 どんな行事だか説明です。つるちゃんは居ません。


スポンサーサイト
【2009/06/30 00:45】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(4) |
脱食事全介助
6月28日日曜日。
【6月のお寺参り】から帰り、お昼ご飯になった。


食事は、基本「全介助」。
介助者が食べさせていて、
つるちゃんは、手は使わずに口を開けて食べるだけ。
それでも、
たとえ1口2口でも、つるちゃんが自分でスプーンを持って、
自分で口に運んで食べてもらうように、努めてきた。



そしたら、
きょうのお昼は、
お粥を全部自分で食べられた。



かめこは嬉しくてたまらない。
この食べっぷりを、写真に撮らなくちゃ!




3枚は、上から順番なわけではありません。
お粥をすくう


口に運ぶ


口に入れる



つるちゃんが、
食事をすべて介助者に食べさせてもらうようになったのは、
2008年10月20日頃のことだ。

3口しか食べられなかったり、2時間かけてしまったり、
とにかく食べられなくなって、
そうなった。

おかずは、それまでもミキサーにかけてたけど、
もっともっと緩くした。 

そして、必要な栄養確保のために、
栄養補助食品のエンシュアリキッドを飲み出した。
おやつも、同じく栄養補助のゼリー中心に。




今も、エンシュアリキッドは続けている。ゼリーも常備。
だけど、
かめこが考えている分は、しっかり食べられる事が多くなった。

食べ物の形状は、
食事ごと器ごとに、つるちゃんの食べる様子を見ながら硬くしていき、
今、家では、ご飯はいつも全粥。
おかずだって、ミキサーにはかけるけど、以前と比べるとかなり硬い。


自分で食べられるのは、
お粥が一番上手。
スプーンですくうのが、他の物より楽みたい。

すくうのも大変で、
いろいろ手をつけてもらのは疲れるだろうから、(というか、出来ない)
「お粥だけは全部自分食べること」

を、目標にやってきた。  




そして、
ついに本日、
6月のお寺参りから帰って、


つるちゃん、お粥を全部自分で食べました。




なお、4月17日記事のコメントで、
「つるちゃんに合うスプーンが見つかるといですね」 
と、言っていただきました。
ありがとうございました。
おかげ様で、見つかりました。


お粥を上手くすくえるようになったのは、
このスプーンを買ってからなんです。
柄に厚みがあって、持ちやすいみたい。


でも、つるちゃんの食べ方見てると、
L字型の“持ちやすく作られたスプーン”の方が、
食べやすいのかなぁ?
なんか人工的で好きじゃなくて、買わなかったけど、
普通のスプーンだと、
口に入れる時の角度が、不自然でやりにくそうなんです。
 (写真参照)
試してみる価値あるかしら? 



お賽銭が・・・

きょうは、お賽銭用に渡そうとした5円玉を、
つるちゃんが指で挟めなくて、
賽銭箱の溝に落としてしまいました。
オットさまが鍵で取ってくれて、リベンジお賽銭は大成功!
つるちゃんとオットさまの頑張りを、仏さまが見てくれてたかな?



押してね ランキングに、応援クリックお願いします。

参考記事:
2008年10月20日記事 「食べられないことと・・」
             食べられなくなった経過を書いています。
2009年4月17日記事 「デイの昼を見学」
             食べ物の形状やスプーンの大きさについても書いています。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
認知症の症状の出た67歳終わり頃からの10年余のお話です。
母つるちゃんと家族との、互いの愛情を感じていただけると思います。
ご注文よろしくお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。


【2009/06/28 18:17】 | 良くなったこと | トラックバック(0) | コメント(8) |
舌掃除は大変だよぉ
つるちゃんの口が、臭わなくなった。

24日水曜日、
舌掃除を終えた訪問歯科ドクターが、

「なんだか、つるさんのお口、あまり臭わなくなりましたよね?
 (臭いに)慣れたせいかなぁ。。。?」

と言ったときには、
まさかぁって、笑っちゃったけど。


1週間後の水曜日(7月1日)にドクターが見えたら、
全然臭わなくて、きっと驚くだろう。

火曜日のヘルパーさんも、

「(口臭の原因は) きっと口じゃぁ無いですよね?」 って、            
       (何か病気があるのではないかということ)
とても心配してくれていたから、
あっさり治っていて、
びっくりするだろうなぁ。



これで、
つるちゃんの口臭の原因は舌苔過多だと、はっきりした。




それにしても、
舌掃除って、歯磨きなどの口腔ケアとは大違い。
難しいのナンノ!


ドクターが、
○○と△△をなんたらすれば、(無理なく)お口を開けてくださいますね!
って、嬉しそうに言ってたのを、
気にも留めずにいたのが悔やまれる。




【続きの表示】
【2009/06/27 16:35】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(2) |
口臭の原因と舌掃除のやり方
口臭の話です。
今回は、原因究明と対策まで。


ここ数日、急につるちゃんの口臭が、きつくなっていた。
24日(水)に、訪問歯科先生が来るので、(今は ひと月に1回)
まずは、口腔内に異常があるか診てもらい、
口臭の原因が口の中になかったら、
訪問看護師さんと内科かかかりつけ医に相談する心積もりでいた。




訪問歯科ドクターが見えた。
かめこは、この1ヶ月のつるちゃんの様子、特に婦人科受診についても伝えて、
この数日、口臭が気になることを話す。



「呼んでくだされば、直ぐに来ましたのに」 
と、フラワー歯科ドクター。

「つるさんは、もともと口臭が無い方ですから」
      (何か原因があるでしょう)
  

「はい。でも、去年の11月に食べなくなってからは、
口臭が出てきましたけど」



近くに顔を寄せて。
「ああ、確かに(かなり臭いますね)」
「食べ物が逆流するようなことはありませんか?」


「いいえ、むせることもなく、しっかり食べられています」


歯科ドクター、丁寧に診察。


「良くケアできてますね。何もないなぁ」
「歯茎がつるつるしてるでしょ?  こういうのがいいんです。
 唾液がしっかり出てるってことですし」
「寝たきりの方で、年中唇がむけてる方って、
 それは、唇だけが乾燥してるわけじゃなくて、
 口の中が乾燥してしていて、必ず痰の塊がたくさんあるんです」
           
            (他、唾液の効用をひとしきり)
            (そして、口腔ケアを、たくさん誉めてくださる)




結論として、
歯科ドクターの所見では、
つるちゃんの口臭の原因は、
見た目、舌が白すぎるので、
舌の汚れ【舌苔】(ゼッタイ)が多過ぎることによるものだろうとのこと


舌って、深い隙間に汚れが溜まりやすいんです。
  (図解しながら説明) 
そして、これまで舌の点検・ケアの指導してこなかったことを、謝られる。



歯科ドクターったら、
なんどもご自分のベロを べえ~って見せて、 


ほら、舌って、こんなに大きいんです。
歯垢なんかいくらあっても、狭い部分じゃないですか。
だから、口臭の原因は、
 (開業歯科医は「歯垢」だとか言うけど) 
舌だってことが多いです。
つるさん(の口臭)は、
(原因が)舌でなかったら、内臓とかから来るものだろうなぁ。



(かめこ、ドクターがベロを出すたびに、 
「ほんと、舌って広いですよねぇ」 と相槌)  




さて、次は、舌苔を取る方法について

この辺も、は、講習会の講師を務めているとかで、
専用グッズも、たくさんお持ちだそうだけど、 

舌クリーナー
(この画像はネットより拝借。 うち、3種を図解してくれた)


歯科ドクターお勧めは、 コレ。アイスのさじ。
  実際に自分で試してほしい、
  専用グッズと差を感じないはずだとのこと。
  どちらも水洗いして使うけど、
  惜しげなく捨てられるので、より衛生的、だとか。

アイスのさじ


【続きの表示】
【2009/06/25 12:56】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(6) |
ケーキ
父の日には、長女ミニーとその夫ミッキー君が来た。
お父さんへのプレゼントは、おしゃれな“お酢”。
ケーキは、小さなバラ飾りの、真っ白なロールケーキ。
紅茶味だって。


みんなはアイスコーヒーで、つるちゃんには冷たい紅茶。



ミニーが5つに切り分けたけど、
つるちゃん、ケーキ食べられるかなぁ・・・・?



かめこがフォークで口に運ぶと、
つるちゃんは、
唇でフォークを挟んでケーキを食べるのが、ちょっとやりにくそうで、
かといってスプーンでは、
こっちがケーキをすくいにくい。

だけど、どちらにしても、
ケーキは、半分ぐらいしっかりつるちゃんのお腹に収まった。
しかも、
 「ケーキ」って1回つぶやいて、
久しぶりのケーキを味わっていたみたい。



そのロールケーキは、
生地がシフォンケーキみたいにふわふわで、
甘すぎない生クリームがたっぷり挟んで巻いてある。
紅茶は、クリーム色の生地に、チップみたいちりばめてある。
真ん中にちょっと入ってる苦めのチョコが、
紅茶の味と香りにとてもよく合う。



「フルーツとか入ってない方がいいと思って・・」って、
つるちゃんも食べられるように、
ミニーが選んでくれたケーキは、
二人の住む、横浜の味かな?
【2009/06/22 23:09】 | つるちゃん名語録② | トラックバック(0) | コメント(4) |
⑦サービスの種類
鶴亀市「認知症の方を介護する家族のための介護講座」
第6回は、「サービスをうまく使おう」。 


まず、鶴亀市高齢者支援室スタッフより、
資料に基づいて、私たちが利用できるサービスについての説明があった。

資料は、

「介護保険の概要」            市高齢者支援室介護保険担当製作 
「鶴亀市くらしの案内~おとしより編~」市高齢者支援室高齢福祉担当製作  
「認知症ケアに関する鶴亀市の情報」 高齢者支援室製作
  (各種相談窓口・東京都老人性認知症専門病棟9病院を含む)
「認知症の方を介護する家族のための相談事業のご案内」
  (臨床心理士による個別相談と精神科医師による個別相談)


介護保険制度の概要
内容: 

制度のしくみ/.財源・保険料の決め方/納め方.サービス利用までの手続き/
利用できるサービス/所得の低い方への負担軽減・減額制度/苦情申立て/
高齢者の総合相談窓口。


今回の記事では、確認の意味で、
要介護1~5の人が介護保険で利用できるサービスの種類
を並べてみる。
赤字は、つるちゃんが利用経験のあるもの。
ピンクは、つる利用実績。
ベージュは、鶴亀市では行われていないサービス。



 1.介護保険制度で利用できるサービス(要介護1~5) 

在宅サービス

通所して利用するサービス   
   ●通所介護(デイサービス) 介護施設を日帰りで利用
   ●通所リハビリテーション(デイケア)
                 老人保健施設や医療機関等を日帰りで利用
訪問を受けて利用するサービス
   ●訪問介護(ホームヘルプ) 
       ホームヘルパーが家庭を訪問し、身体介護や生活援助を行う。
        同居家族が居る場合は原則「生活援助」は利用できない。
       現在:週3日 食事・排泄・入浴介助などの身体介護。
       つるの場合は、他に全額自費で通院介助・散歩などで利用。

        ただし、今月は限度額を超えてしまい、
           本来なら介護保険で利用できる内容でも全額自費分あり。        
    ●訪問入浴 看護師と介護士が浴槽を用意して家庭を訪問。 
   ●訪問リハビリテーション
   理学療法士や作業療法士言語療法士が訪問し、リハビリテーションを行う。 
        現在:週1回理学療法士が訪問。
   ●訪問看護 看護師が家庭を訪問。現在:週1回
   ●居宅療養管理指導 現在:訪問歯科毎月1回・過去:内科往診1回
        支給限度額とは別枠。1ヶ月2回まで利用料金は1割負担で500円。
        医療費は別途。
在宅での暮らしを支えるサービス   
   ●福祉用具貸与 ベッド・マットレス・付属品・車椅子・歩行器・玄関用昇降イス   
   ●特定福祉用具販売 2004年度のみ利用:風呂用イス・浴槽内用台・特注すのこ等   
   (福祉用具購入費の支給) 1年間で10万円まで9割支給される
   ●住宅改修費支給  住宅改修費限度額20万円の9割支給
         風呂場トイレ手すり設置・段差解消リフォームの一部
短期入所するサービス(ショートステイ)   
   ●短期入所生活介護 介護施設を泊まりで利用。現在:毎月2泊3日   
   ●短期入所療養介護  老人保健施設等を泊まりで利用
   ●特定短所療養介護 難病やガン末期の人が、医療機関等を日帰りで利用。
                  鶴亀市と近隣にはない。
在宅に近い暮らしをするサービス
   ●特定施設入居者生活介護(有料老人ホームなどに入居している人対象
          2002年1月~2004年12月まで利用

地域密着型サービス
住み慣れた地域での生活を支援するサービス   
  ●小規模多機能型居宅介護(特に認知症対応を意識) 市内2ヶ所   
  ●認知症対応型共同生活介護(グループホーム)市内6ヶ所   
  ●夜間対応型訪問介護 市内なし        
     現在鶴亀市では、介護保険を離れる別の形で夜間対応を検討中。 
 
  ●地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(30人未満) 市内なし   
  ●認知症対応型通所介護(認知症デイサービス)市内5ヶ所
            現在:週3日利用。   
  ●地域密着型特定施設入所者生活介護(30人未満) 市内なし

施設サービス
施設に入所する    
   ●介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 原則終身利用
   ●介護老人保健施設(老人保健施設) 
     原則3ヶ月間利用だが。現実には、特養の待機施設のとしての利用が多い。   
   ●介護療養型医療施設(療養病床等) 原則終身利用。国削減の方針。



【続きの表示】
【2009/06/19 23:47】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(6) |
眼科の対応が進歩
15日(月)午後から17日(水)午前まで、
つるちゃんは、月1回のショートステイに出かけていた。


「お帰りなさい!」
かめこが車から降りてきた つるちゃんの顔を覗き込んだら、
右目が腫れてる。
上まぶたが垂れ下がって、いつもの顔じゃない。

送ってくれた運転手さんにも、目の状態を確認してもらう。

つるちゃんをリビングのイスに誘導し、
かめこは、記録用紙に目を通す。
目については、特に何も書かれていなかった。


そこで、ショートステイ先に電話して、
出るまでの様子を訊く。

スタッフさんが、朝、つるちゃんの顔を拭いた時にも、
右目は確かに赤かったって。
目やには少しで、涙が出てたそうだ。

「きょう家に帰れるので、泣いていらしたのかな」と思ったそうだ。
その後は、腫れなどには気づかなかったということなので、

どうやら、帰りの車の中(20分弱)で、ここまで腫れてしまったらしい。


次にかめこは、訪問看護師さんに電話する。

「心配なので、2年4ヶ月前に1度行った眼科に連れて行きます。
 夫もいますし」
「でも、点眼がとても大変なんですけど」


「ああ、そうですね。
 点眼グッズがあるんですが、
 もしも点眼薬が処方されたら、そういう物もいただいてください。
 もし眼科に無ければ、うちに新しいのが一つあるので、おっしゃってくださいね」



おっし!  これで点眼の心配はしなくてすむゾ!
訪看さんの、なんて頼もしいこと!



押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
認知症の症状の出た67歳終わり頃からの10年余のお話です。
母つるちゃんと家族との、互いの愛情を感じていただけると思います。
ご注文よろしくお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。
【続きの表示】
【2009/06/17 22:02】 | 精神科と内科以外の医療 | トラックバック(0) | コメント(2) |
デイのお仲間
場面は、前記事の続きです。

つるちゃんが“そよかぜさん”(仮:デイサービスセンター)
迎えの車に乗り込んだ。

階段は、スタッフさんが つるちゃんの手を引き上げ、
かめこが下からつるちゃんの足を持ち上げで応援。
方向転換もなんとかこなし、
つるちゃんが着席。



すると、先ほどから その様子を見ていた、おじいちゃまが、

「えらいなぁ」 
かめこに声をかけてくれた。


「ありがとうございます」
何が偉いのか解らないまま、かめこはとりあえずお礼を言う。

「おれは、ななじゅううん歳で。。。」

「75歳ですか?」
何歳だか聴き取れなくて、かめこが訊き返す。

「76歳だよ」

「それじゃぁ、この人(つるちゃん)の方が年上ですね」

「ああ、そうだと思ったよ。
散歩、偉いねぇ」



ああ、そういうことだったのね。
この方は、車の中から 
つるちゃんが歩行器を押して歩くのを見ていて、
お年だろうに頑張ってるなぁ、って、思ってくださっていたのね



すると、おじいちゃまが、もう一言、

「あなたも偉いねぇ」


これには、かめこ参っちゃった。
なんてステキなおじいちゃまなの。

頑張ってる つるちゃんと、
そのつるちゃんを支える かめこの
両方を誉めてくれるなんて。

(もちろん、丁寧にお礼を言いました)


つるちゃんの通う、認知症専門デイサービスには、
こんなにステキなお仲間が
いらっしゃるんだよ。
 
【2009/06/15 23:10】 | 認知症専門デイサービス | トラックバック(0) | コメント(4) |
初めての挨拶
6月13日土曜日。
デイサービスに出かける前に、 
いつものように つるちゃんを散歩に連れ出した。

この朝は不調。左足が地面を擦る。
そんな理由もあって、
いつもより短めで引き返し、
家の前を行ったり来たりして、車を待つ。

「もう直ぐ“そよかぜさん”(仮)のお迎えが来るからね」
と、つるちゃんに声をかけながら。


お迎えのライトバンが来た。
あまり近づくと歩行器が邪魔になるので、
かめこは車の少し前で つるちゃんを止めた。
           
        (といっても、静止はできない)
ライトバンを降りて、スタッフさんがこちらに近づいてくる。
かめこは、歩行器の持ち手から、つるちゃんの手の指を一本一本引き剥がし、
いったん しっかり つるちゃんの手をとって、
改めて スタッフさんの手に引き渡す。
つるちゃんはスタッフさんを認めると、
前歯を見せて、それは嬉しそうな顔をした。



「つるさん、おはようございます!」
スタッフさんは、つるちゃんの手を取ると挨拶し、
自分は後ろ歩きで車へと誘導した。
かめこは つるちゃんの右脇を1歩下がって歩く。

すると、
つるちゃんが、ごく自然に首を斜め後ろに傾け、
かめこに向かって何かつぶやいた。


スタッフさんが、

「今つるさん、『いってきます』っておっしゃいましたね」
って言ったので、

かめこが、

「そんな感じでしたね」
って、答えると、

『い』 しか聞こえなかったけど」
と、スタッフさんが追加した。


(え~? ほんとに言ったの?)


かめこ、   \(◎o◎)/!




だって、
デイサービスに通うようになってから、
4年9ヶ月が経つけど、

これまでいっぺんだって、
「行ってきます」だなんて挨拶してくれたことない!
 
   (他のときも同く言わない)

いつも、迎えが来ると大喜びでそっちに集中。
かめこになんて、目もくれなくなるんだ。


それなのに、それなのに、

言葉がほとんど出なくなった今頃になって、
挨拶してくれるなんて。。。。。




つるちゃんは今、
本当に気持ちが落ち着いていて、
きっと、留守番のかめこにまで、
気が回るようになったんだね。



バスに乗り込むと、
いつもスタッフさんが、つるちゃんの手をとって、
窓の外のかめこに向かって、
「行ってきます」
と、つるちゃんの手を振ってくれる。
窓の外には目を向けられない、つるちゃんだけど、
それでも、スタッフの気持ちは きっと届いていて、
この朝の「いってきます」に つながった、
というのもあるだろうなぁ。




つるちゃん、ご挨拶ありがとう。
つるちゃん、行ってらっしゃい!




【2009/06/14 19:05】 | つるちゃん名語録② | トラックバック(0) | コメント(6) |
リハビリ効果あり
5月1日から週に1回、
つるちゃんのサービスに、訪問リハビリを入れている。
とは言え、
先週と先々週は、都合があってキャンセルしたので、
理学療法士(PT)さんの訪問は、きょう12日が3週間ぶり5回目。

初回のみ男性PTさんで、2回目からは新人の女性PTさんになった。
(新人PTさんは初回見学で、男性PTさんは2回目主に見学)



初回には、つるちゃんの動きの様子をみてもらい、
その後の3回は、
安全を確保することが難しくなった介助場面について、
アドバイスをもらうことを優先していたので、

「生活機能の保持」のための“マッサージ”は、お試し程度だった。

その間、
つるちゃんの歩行を含めた生活にかかわる動作は、
初日にPTさんに見てもらった時に比べ、下がる一方。
4月までと比べて、下がり方も大きいと感じていた。



それがね、
きょう、

PTさんが今のつるちゃんに適していると考える“マッサージ”を、
きちんと行ってくれたら。。。



なんと、
PTさんが帰られてからの歩行状態が、格段良くなっていたんだ!



外に散歩に出た(歩行練習)とき、
ここのところずっと、
  先に出す右足は、前に出るけど、
  後から出す左足は、右足を越せなかったのが、

右足より、しっかり前に踏み出せていた! 

すごいすごい!
こんなの久しぶり。
なんて嬉しいの!


股関節が開くようになって、
歩くことが楽になったみたい。
歩き方全体もスムーズになっていた。



「生活機能の保持」が目的だったのに、
一時的なものにしろ、
改善 してるじゃん! 



【続きの表示】
【2009/06/13 00:05】 | 訪問リハビリ | トラックバック(0) | コメント(0) |
忘れられない婦人科受診
ちょうど2週間前の火曜日に、つるちゃんは婦人科を受診した。

その後、
翌水曜日と木曜日、デイサー ビスを休んで、
訪問看護師さんに家で洗浄してもらったけど、上手くいかなくて、
金曜日と土曜日に、また、婦人科を受診した。

その3回の内診が、
つるちゃんの頭から離れないみたい。


 

① 日曜日にお寺に連れて行こうとして、
  いざ出かけるとき、
  
 “「タクシーに乗る」 という言葉に反応して泣いたこと” は、お話したね。


② その次の水曜日は、デイサービスの日で、
  出かける前に、
  
  「この後“そよ風さん”(仮)に行くからね」 って話したら、
  朝から何度か話した時にはなんともなかったのに、
  
  また、急に泣きそうな顔をした。

3回目の婦人科受診は、そよ風さんの帰りに寄って、
その後はじめてのデイだったから、

「そよ風に行けば、帰りまたあそこに寄るんだ!」
って、頭グルグルしちゃったみたい。 

  あわてて、
  「違う違う、きょうは迎えに行かないよ。
   いつものように バスに乗って帰ってきてね」
  
  って言いまくって、安心してもらった。 
                   


③ そして、きのうの火曜日
  2週間に1度の定期受診で、
  内科主治医のキューピー先生の医院に行ったとき、

  ヘルパーさんが、
  「診察するから、入りましょうね」
  と言ったら、
  
  首をブンブン振って、イスから立ない!って風に頑張ったんだって。   
     (つるちゃんの動作は時間がかかるから、
     先生に呼ばれると、いつも一足先に、かめこが先に診察室に入る) 


つるちゃんは、そこがキューピー医院だってことは、
百も承知だけど、
急に、「あの診察するんだぁ!」って、頭グルグルしちゃったんだろうね。

運悪く、そのヘルパーさんが、
最初に受診したときに一緒だった しろつめくささんだったし、
「診察する」なんて言葉、
いつもかめこは使わないから・・・かなぁ?




とにかく、
あの3回は、未だに、頭のどこかにいつもあって、
何かの拍子に、
また、あそこに行くんだぁ!
って、頭グルグルしちゃうみたい。


強烈なイヤな経験だったんだね。

そして、それだけでなくて、

つるちゃんは、

「まだ自分は完全に治ったわけではなさそうだから、
また、いつかあそこに行くんだ」 

って感じてる、って気がする。

かわいそうだなぁ。 




でも、
いくら安心してほしいからって、

つるちゃんに、

「もうあの病院には行かないから、安心してね」
とは、言えない。

ほんとに、まだ全快してないから、
またいつ行く羽目になるかもしれないもん。




だからね、
つるちゃんに安心してもらうには、
その都度、
「本当にきょうは、あの病院には行かない」 ことを教えて、

ベースになってる不安については、
かめこ達が、つるちゃんがなるべくイヤでない方法を考えている事を、
心から わかってもらうしかない、と考えている。
不安は消せなくても、
堪えるための助けにはなってほしいから。

そしていつか、婦人科に行くことになったとき、
かめこ達がとても考えたことだろうから、我慢しようと思う、
助けになってほしいから。





【続きの表示】
【2009/06/10 12:23】 | アルツハイマー病(非定型)2 | トラックバック(0) | コメント(2) |
⑥認知症をとらえなおす
鶴亀市主催「認知症の方を介護する家族のための介護者講座」
第5回目は 「認知症をとらえなおす」

「認知症の心理的理解を深めるために」 というタイトルで、
客員講師 N大学心理学科 
内TOU佳TU雄先生による講義があった。



内容は、
「認知症の人は何を考えているのか」から始まり、
「認知症とは?」・「認知症の進行過程」
「認知症による症状と特徴」
     (認知症の人の心の中で何が起きているのか)
「中核症状の心理的影響」・「記憶障害が生活に及ぼす影響」
「周辺症状を起こす心理」・「周辺症状が起きやすい時」
「認知症の人と周囲との関係性」
「コミュニケーションを重視したケア」
「認知症の人から見た、
自分・自分らしさ・認知症と言う病気・家族・専門家・住まい・もの」



医学的説明と、出てくる“用語”や“タイトル”は同じでも、
●認知症の“人”の気持ちを推察する場面
●行動の背景を摸索する場面 
   
   (もちろん、単に想像するわけではなく、データーを取った上での推察であり模索)    
が、より多く深いように、かめこには感じられた。 (心理学だものね)
それらを基に、【ケアの方向性】が説明される。
  
  (コミュニケーションの項目以前でも、ケアに結びつけて説明された)
 


「つるちゃんの“気持ち”と“行動の背景”を考えること」って、
常にかめこが つるちゃんについてやっていることだし、
それらを基に、どうすれば良いか、かめこは自然に思いつく。

   (方向性が自然に定まるわけは、
    ケアの大元に、“かめこの信念”があるから)
    かめこの信念って、
    “認知症があってもなくても同じ人”だとか、かな?
     

だから、講師の説明は、かめこにとって、
もはや「知識」ではなくて、ほとんどが「経験に基づく“実感”」。
それが、
最も的確な言葉で整理されて、スッスと頭に入ってくる感じ。
講師の説明と つるちゃんの特徴が異なる部分についても また、
“何がどう異なるか”が、はっきり整理されてくる。



“わかる”って、面白いねぇ。
講義の間中、ワクワクしっぱなしで、ずっと大きく頷いてた。




1時間15分近くの講義が終わり、
参加者に、質問や意見が求められた。

誰も手を挙げない。
そうしたら、司会の講師が、かめこを指名。      

(あれだけ派手に頷いてたら、訊くだろうね)


 「面白かったです!」   
(後で考えたら、「その言い方はないんじゃない?」って、チョッピリ落ち込む)

 「どこが面白かったですか?」 



【続きの表示】
【2009/06/08 07:42】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(4) |
言葉を失くしても目力で
つるちゃんの歩き方がますます不安定になっている。
それで、
かめこは、ヘルパーさん達に、

「外につるちゃんを連れ出すとき、玄関ドアの開け閉めはしないでください」
   (閉めるのも開けるのも かめこ。チャイムで帰宅を知らせてもらう) 

と、お願するようになった。
介助者が、片手だけで つるちゃんを支える場面を作らないために。



先週のその日も、
出かける前に、そのことをヘルパーさんに話した。
それなのに、
つるちゃんが散歩に出た後、ドアを閉めようと、かめこが玄関に行ったら、
ドアが閉められていた。

かめこ、プンプン。 
そういうとこ、ヘルパーさんたちに厳しいんです。


家の周りを一周し、つるちゃんとヘルパーさんが帰ってきた。 (「散歩」は自費です) 
まだ、門の外にいるときから、かめこ、 
「玄関、開けておいて、って言ったでしょ!」 
   (その日は、かめこの機嫌も悪かったのねぇ、 と皆さんに弁解してみる)


そしたら、
部屋に戻って落ち着いたとき、
つるちゃんが怖い目をして、かめこをにらんだ。


かめこは、
つるちゃんがにらんだ意味が解ったから、
つるちゃんに謝った。

「ヘルパーさんに、外で怒ってごめんなさい」    
    (かめこ的には、「冷静に注意する」必要はあると思う。
    でも、怒ることではなくて、まして外でなんて、NG



そしたら、つるちゃんが、なおも かめこをにらんだ。
その目が、
「違うでしょ!」って、言ってる。

(ああ、お母さん、間違えました。
謝らなくっちゃいけないのは、お母さんにではなくて、ヘルパーさんにですぅ。。。)



そこで、
かめこは、ヘルパーさんに謝った。

「ごめんなさいね。何も外で言うことなかったわよね」
「怒ることでもないし」 


ヘルパーさんは、
「いいえ、私が解ってなかったんです」     
     (そのヘルパーさんは、つるちゃんの歩行状態をイマイチ把握してなかったことが判明。
      それで、ついドアを閉めてしまった)



事体は、そこで終結したはずだった。
ヘルパーさんとかめこの間には、もう わだかまりなどない。
かめこは、時々こんな風にきついことあるけど、
ヘルパーさん達は、理由がわかれば、それで理解してくれる。
 (はず・・・)



だけどね、
ハハの気持ちは、娘が謝っただけでは、治まらなかったみたい。



その後、
そうねぇ、5分くらい?

つるちゃんは、そのヘルパーさんを強く見つめて、

「うちの娘が、すみません」
「この子ったら、なんて言い方したんでしょう!」
「あなたに、なんてお詫びをすればいいでしょう」
「いつも、こんなに良くしていただいているのに」
「ほんとにごめんなさいね」
「ああ、いくら謝っても足りないほどだわ」
 (すべて想像です)

って【ビーム】を、何度も送り続けたんだ。
カメカメ波にも、負けないような強烈なビームを!

        (命名します! ツルツル波


つるちゃんに 【目力ビーム】を送られた ヘルパーさんは、
恐縮のしっぱなし。 


「いいえ、私は大丈夫ですから」
と、つるちゃんに何度も言っては、終始困り顔。


その日は、散歩を最後にしてもらったから、
つるちゃんの【目力ビーム】が5分ですんだ、という感じ。
その間中、ヘルパーさんは恐縮しっぱなし。




~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

この話を、
他のヘルパーさん達にした。
そうしたら全員(他の3人)、
 「わかるわかる」 って言ったよ。

それで、かめこは、お願いした。


「あなたたち、(世の中の人たちに)証言してよ」 
「ヘルパーは見た!(笑) 
 その認知症の母は、ちゃんとわかってる」
 って。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


つるちゃんのすごいところは、
“娘のことを、過ちに気がついた後は、叱らなかった” 
というところ。

その場で、ピシッと教えて
その子が理解すれば、それでおしまい。
クドクド言わない。

  (『考えさせて』に変更します。そういえば子ども時代も、言葉では言われなかった


この娘には、
ヘルパーさんに対してキツイところがある。
母としては、それがいつも気がかり。
だけど、
他の面では、本当に良くやっている。



つるちゃんは、かめこのこと、
きっと、そんな風に見てくれているんだね。


ああ、お母さん、大好き!



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

このエピソードとそっくりな話が、
2007年8月1日付け、
「大変だわねぇ」です。
あれから、2年弱経ち、
つるちゃんは、聴き取れる言葉を発することが、ますます少なくなりました。

だけど、
何にも変わってない!
中身は、ずっとかめこのお母さんです。




【2009/06/03 13:24】 | アルツハイマー病(非定型)2 | トラックバック(0) | コメント(24) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2009/06│≫07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。