つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
つるの2008年
今年は、つるちゃんにとっても変化の大きな1年だった。


1月  27日  ミニーの結婚式に出席。

2月  中旬  10日間も和やか病院でお泊り。         
         (かめこ夫婦はデイジーのいる父島へ)  

3月初めから  導眠剤を飲まずに眠れるようになる。          
          (発症と同時に必要になっていた。
           これ以降、ずっと必要なくなる)
         
          和やか病院とDr.お茶の水博士とのお別れ。      
     18日  急な発熱。          
          かめこの前での発熱は初めて。
          以降39度近く出たのは、4月11月12月の4回。   
          3点クーリングが大変有効。
 

4月       (ディジー入籍)    
      3日  2日が命日の夫の墓参り。 
               (お墓の前で遺影に話しかける風)           
                  かめこ:ブログの書籍化を考える。
              つるは、夫の存在を消していた時期があるので、
              家族の存在を取り戻したことは、かめこにとって感慨深い。

        ショートステイ先が地域の特別養護老人ホーム併設型へ。
                (これ以降、毎月利用)               
5月6月    体調は良い。
               「しのう」という。



7月半ば    箸が持ちにくくなる           
         もともと口の中に食べものが残りやすいが、

         飲み込みが悪くなり、嚥下機能低下を疑う。
         ( 後に、飲み込みの問題ではなさそうだということになる)

         発語も少なくなる。
   
    下旬   おかゆとパン粥(紅茶)以外の
         おかずは、ほとんどミキサーにかけるようになる
         午後昼寝を習慣とするようになる。


8月半ば    おしゃべり復活。
         つるの兄が亡くなり、お通夜と告別式に出席する。
             理解してとても悲しむ。
         以前から屋内は手引き歩行だが、体重をますますかける。


9月      おかずはミキサーながら、よく食べられる。

10月2日   睡眠中に歯が折れる。         
          (それにより、噛み合わせが良くなる)     
   5日    結果として、最後の「お蕎麦屋さん」               
        (ふた口目までは食べられなかったが、3口目からは普通に)
   半ば   突然、食べられなくなる。水もゴックンできない。
         内科かかりつけ医が、終末期に向けた話をする。         
        栄養補助のリキッドを処方される。
 
           (これ以降、飲み続ける)  
                                                            
11月初旬  食事量一時上向きになるが、
   中旬   食事はほとんど食べられない時期がある。

         ミニーがミッキーの転勤により、
              平日は家から職場に行くことが多くなる。
              つるは、ミニーに話しかけられることが多くなる。


12月     食事量:家ではムラがあるものの、食べられないことはない。          
         デイジーが出産準備のため家にいるようになる。
         (家族が5人揃うことがある)
         
         ショートステイ先では、食べられない。         
         昼間座っていて、身体が前のめりになるのがひどくなる。
         昼間うとうとしている時間が長くなる。
         手引き歩行の際、ますます体重を預けるようになる。
         食事は、ミキサーにかけ、ほとんどトロトロ状態のもの。
         エンシュアリキッドと栄養補助ゼりーを常用する。
         意思の疎通・反応などは、
             波はあるものの年初めと変わらず。 




それでは、皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。


スポンサーサイト
【2008/12/30 23:59】 | アルツハイマー病(非定型)2 | トラックバック(0) | コメント(12) |
ラジオ番組電話生出演
きょう27日、かめこはラジオに電話で生出演した。


ラジオ福島で毎週土曜日7:00から11:50まで放送されている、

「大和田新のラジオ長屋」
8:20からの7分間の「長屋の噂」コーナーだ。 



前日朝、大和田アナウンサーさんから打ち合わせのお電話があり、
かめこがラジオで話すのは、
「東京の天気」と「本の内容」と「どうして出版しようと思ったか」とお聞きした。
それで、原稿を用意して、基本はそれに沿ってお話するようにした。

(でも棒読みになっちゃうと困るなぁ)


当日は、8時に大和田さんからお電話をいただき、
お天気の話などをして、気持ちをほぐしていただき、
本番前の段取りを伺う。


 「2分前に、また電話を入れて番組を流します。
  そのまま、お待ちください。
  元気に行きましょう!」



4分くらい前に電話のベルが鳴り、ニュースだか?が聴こえ、
それから番組が再開され、大和田さんがリスナーからの手紙を読み上げ、

それで、「長屋の噂コーナー」に突入。



さすが生放送、恐るべし!
 


時間が足りなくて、という理由ではなくて、
話そびれた部分というのがあるので、
ここでお話しさせていただきますね。

生放送をお聴きになった方は、
そうだったのね。と笑ってやってくださいませ。


赤字「 」部分は、実際には、話していません。


〈本の冒頭3行を、かめこが朗読後〉

「こういう書き出しではじまります。
“つるちゃん”というのが私の母で、
認知症の症状が出てから10年以上経ちます。
本では、
母の様子が以前とは変わったことに気づいてから、これまでの、
母の様子と母を囲む家族の暮らしぶりを、
分かりやすくまとめました。

私の家族は、夫と娘がふたり。
父は今から8年前に亡くなっていますが、
ちょうど10年前の12月に、
私たちがこの家に越して来た時には、父も元気そうでした。
本の前半では、
両親と同居したときの大変さですとか、
母の認知症の症状の厳しい様子も、淡々と書いていて、
後半部分では、
主に母と家族との心の交流を書いています。
どの場面でも、特に、その時々の私自身の気持ちと、私の想像する母の気持ちを
丁寧に書いたつもりです。」



これが、
大和田さんの要求された「本の内容」だったと思うのに、しそびれて、
最後に時間があればのつもりだったけど、8時の段階で申し出ていた、
こちらの勝手な「やりたいこと」を、

(かめこは、時間があればとは言ってないので)
叶えていただいてしまった。



大和田さんには、
お詫びをすると、感謝の気持ちが伝えられなくなってしまいそうなので、
お礼だけ、メールした。



それにしても、
これじゃぁ、かめこのラジオジャックだわ。


大和田さ~ん、
番組スタッフの皆様、
もちろん、リスナーの皆様、

とんだお耳汚しをいたしました。
ごめんなさ~い。





かめこがしたことは・・・

「つるちゃんとかめこ」
冒頭3行のみならず、
104ページと105ページ
(ブログでは、「田舎は下宿屋さん」の途中まで) 
      (本の文章は↑を推敲しています) 
ラジオで朗読させていただいちゃったんですぅぅぅ。

それで、本を買っていただくためには、
著者朗読は、
逆効果だったと思いまするぅぅ。
 



17時 追記:
大和田アナウンサーから、メールをいただきました。
「第2段を考えていますので、その時はまたお願いします」
とのことでした。

かめこ、今度はうれし泣きぃぃ。 
【2008/12/27 16:13】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
本の記述に誤りがあります
昨日、書籍「つるちゃんとかめこ」の本文の記述に、
重大な誤りがあることに気づきました。
お詫びして訂正させていただきます。



誤まった箇所
(かめこが、)つるちゃんの様子が以前と変わったことに気づいた時の
つるちゃんの年齢。  


誤 : 57歳も終わりの頃
正 : 67歳も終わりの頃


これは、書籍「つるちゃんとかめこ」16ページ。 (タイトルは「父が気づいた」)
中ほどに記載されています。


かめこの考える、
つるちゃんの認知症発症の時期なので、
事実関係として、
とても重大なポイントだと思います。
この本を読まれた方に、心からお詫び申し上げます。

そして、「つるちゃんとかめこ」を応援してくださって、
この本をお知り合いに差し上げてくださった方、
紹介してくださった方、薦めてくださった方には、
なんとお詫びしてよいか、言葉もありません。
その方の信用にもかかわることだと、申し訳なく思っております。


また、出版元の文芸社さんには、
著者しか知り得ない事実については、
特に誤まりがないように、著者が充分気をつけなくてはいけないと、
ご指導いただいていました。
(一般的な誤りならば、専門家の手により、誤りに気づいてもらえます)
文芸社さんにも、ご迷惑をおかけすることになってしまいました。




なお、この件につきまして、
出版社としての対応は、以下のとおりです。

ただ、年末の時期に入ってしまうので、
来年年明けの対応になります。


●現在の出版社在庫分について、【正誤表】 を差し入れる。
  今後、書店さんから返品されるものについても、同様にする。
  
 (返品されても、また別の書店さんからの注文によって出荷されます)
  


●現在出ている、 【アマゾン 『なか見!検索』】 を、終了する。 
 アマゾンでは、本の表紙と目次と本文の抜粋と著者プロフィールが、
 閲覧できるようになっています。
 これに、【57歳も終わりの頃】の記載ページも含まれるので、
 閲覧された方が、
 「50歳代で発症した人の例を知りたい」と思われる場合も考えられると思います。
 止めていただくように、かめこが出版社に要望しました。
 

●重版される際には、正しい記述で印刷・発行する。


かめこが本を贈呈させていただいた方へは、
後日、正誤表を送らせていただくつもりです。



皆様、本当に申し訳ございません



追記:
明日27日(土曜日)、朝8時20分より7分間、
ラジオ福島「大和田新のラジオ長屋」の
「長屋の噂」コーナーに、
かめこが、電話で生出演します。

ラジオ福島をお聴きの皆様は、
ぜひお耳をお貸しくださいませ!
【2008/12/26 07:15】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(10) |
暖かい冬至に
タクシーでお寺に着いたら、11時半を告げる鐘の音が響きだした。
お寺の賑わいは、車椅子が通るのに邪魔なほどの混雑もなく、
かといって寂しいほど少ないわけでもなく。
つるちゃんとかめことオットさまの「寺参り」には、ちょうど良い人出。


きょうは山門は通らずに、
つるちゃんを車椅子に乗せたまま、脇の門をくぐる。

本堂の前で車椅子から降りてもらい、段を上り、
いつものように、賽銭箱につかまってもらう。
いったん、赤い金魚のがま口を持たせ、
かめこが中から5円玉を取り出して、
つるちゃんに握らせる。

そこからお賽銭を入れるまでが、
いつも通りなかなか。。。
つるちゃんは、握った手を開けない。
5円玉を投げ入れる、なんてことは出来なくて、
それでも偶然のように、つるちゃんの手を放れ、
5円玉は賽銭箱の中に納まった。



門前の風景

いつものように、
車椅子をオットさまが押して、
家までお散歩。
きょうは冬至だというのに、ちっとも寒くない。
のんびりゆったりのお散歩日和。



川沿いの桜並木は、
もうすっかり葉を落としている。
「冬枯れ」と言うけれど、
木々たちは、
春を迎える準備に取り掛かっているんだね。



川沿いの桜並木


家に帰って昼食。
つるちゃん、もりもりもりもり食べました。





【おまけ】
かめこの誕生日に、
つるちゃんにもワインをあげた。
ワイングラスはガラスで危ないし、
口が細いとつるちゃんには飲めない。
それで、お猪口に入れて。
一口飲んで、お酒だと分かったようで、
両手でお猪口を持って、自分で ぐぃっ!
1滴残さず、ぐぃっ! ぐぃっ!



誕生日ケーキ

【2008/12/21 23:59】 | お寺参り② | トラックバック(0) | コメント(10) |
10年前と今現在と
10年前のきょう、12月20日、
かめこは家族と共に、この家に越してきた。 
つるちゃんに、痴呆(当時の言い方)らしき症状が出て、
“下剤を飲み続けて入院する”という事件が起きたのがきっかけだった。



引越しを手伝ってくれた人も帰った後、
弟が、大きなケーキを土産に訪ねてきた。
父、母
(つるちゃん)、弟、そしてかめこ家4人の7人で、
かめこの誕生日を祝った。

日頃はケーキなど、口にしない父が、

みんなで食べると美味しいね。
って言ったのが、
嬉しくて、
とても印象に残っている。

かめこ家が持ってきたテーブルは
結構広くて、
7人で囲んでちょうどだった。
同居など、少しも予想してない時期に、
大きなテーブルがほしくて、買ったものだった。


「まるで、
両親と一緒に食事をするのが分かっていたみたい」 



その後、
五目ちらしの夕食を7人で囲んだ時も、
大きめのテーブルを、先に用意していたことが、
かめこは、なんだか誇らしかった。




だけど、
かめこ達が、つるちゃん夫婦と一緒にテーブルを囲んだのは
ケーキを食べたのと、ちらし寿司を食べたのとの、
その2回だけ。
たった数時間。


その日1998年12月20日、
夕食の片付けがすむと、
かめこは、父に呼ばれ、

明日からは、食事は別々に。
と言われる。

それでいいんだよね。
と、父がつるちゃんに向かって言った。

つるちゃんは、怖い目で、
かめこをにらんでいた。




【続きの表示】
【2008/12/20 23:59】 | アルツハイマー病(非定型)2 | トラックバック(0) | コメント(8) |
ショートの持ち物
12月15日(月)午後から18日(木)午前まで、
3泊4日で、
つるちゃんは、ショートステイに出かけている。


きょう、つるちゃんが持っていったカバンの中身は。


家族が記入する書類 2  
            健康状態などを記したもの
            持ち物の一覧表
証明書 3       
            後期高齢者医療保険証
            介護保険証
            介護保険負担限度額認定証
            
                (食費と部屋代が減額される)
理髪のお金     
             1000円 毎月第3火曜日理髪日
薬           
             爪水虫用治療薬
             膝の腫れ用シップ薬
             便秘防止用内服薬
栄養補給       
             エンシュアリキッド 8本
             おやつ用ゼリー  3パック (1回半パック) 
                              (食べ残しは捨ててもらう)                                                                                 ポリエステル綿               
              (入浴時に、鼓膜のない左耳に入れる
              中耳炎防止のため)

口腔ケア用
             歯ブラシ・コップ
  
着替え1式 
半袖シャツ・長袖ポロシャツ・ズボン・靴下・カーディガン・レッグウォーマー
室内履き2 
 (これは、今回初めて。
       左足親指の付け根外側にじょくそうが出来ている。
       水泡が硬くなった状態で、
       つぶれたりむけたりはしないとのことだが、
       靴はなるべく履かない方が良いので、
       座っているときのみ室内履き対応をお願いした。
       トイレ誘導など、歩くときには靴)

パジャマ2組
室内用靴 
 (玄関からは室内用の靴)
行き帰り用 ジャンパー
背中に入れるクッション 
 (車の中でも使うので持参)


着替えが一組で良いので、とても楽。
洗濯は、ショート先でしてくれる。
当日に脱いだパジャマなどは、そのまま持ち帰りとなる。



15日午後1時15分に、お迎えの車が来て、
つるちゃんが出かけた。
行きは、たいていかめこも付き添うのだが、
今回はパス。
ショート担当スタッフさんに、持ち物の説明などをした。
(初日昼前に、電話で迎えの時刻を知らせてくれる。
そのときにも、様子とお願い事を話している)



つるちゃん、ご飯食べられてるかなぁ。


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:   
  
【2008/12/15 23:59】 | 地域ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(16) |
新聞掲載報告
橋渡しをくださった方があって、
11月に福島民報さんと河北新報さんによる取材が叶った。
それが、「つるちゃんとかめこ」刊行月の今月、記事として掲載された。



【参考までに】
「福島民報」は、
発行部数30万8千。シェアは福島県内全世帯の半数近く。                      
「河北新報」は、
発行部数50万5千部。宮城県内全世帯の半分以上。東北6県。
(主要全国紙の大まかな発行部数単位万部:読売1000。朝日800。毎日400)



12月6日(土)には、
福島民報朝刊の読書欄に、本が紹介された。
著者名・書名・出版社名・価格・表紙カバー写真と簡潔な説明文。
ブログを書籍化したものだということ、
母子が会津若松市生まれであることも
記載されている。

福島民報

                       

12月7日(日)には、
河北新報
朝刊のくらし面に、
会津若松出身のかめこが、
介護体験記を出版したことが紹介された。
本の内容とかめこの話が書かれていて、
かめこが本を持って、表紙を見せている写真入り。
ブログを編集したものだということ、
ブログ常連のmyumiさんが挿絵を書いていることも
記載されている。



どちらの新聞記事も、長い短いにかかわらず、かめこには、
読者に有益な情報として掲載する、という立場が感じられて、
嬉しかった。 


河北新報
 記者さんから送られてきた掲載紙。
Dr.お茶の水博士にも電話取材がされ、送られています。



河北新報の記事は、
写真も大きくて、本の内容も具体的に紹介されていた。
本に興味を持つ人も、たくさん出てくると思うし、
本を読むまでには至らない、ほとんどの読者にも、
本の内容や、かめこが本で伝えたかった考えを知ってもらえた。
mayumiさんのお名前が出ていた事が、一番嬉しかった。




つるちゃんに、
新聞に載ったのよ。と、話したら、
あらぁ。 って言って笑った。

河北新報の、かめこの写真部分を見せようと、

これ、あたしあたし!
って、注意をひこうとしたけど、
つるちゃんは、かめこの顔ばかり見て、
にっこにこ。
ようやく、写真に目が行った様子でも、特に反応はなし。
でも、ずっと後になって、

しんぶん  って、つぶやいていたよ。

[テーマ:オススメの本の紹介 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/12/13 23:59】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(8) |
にんじん
最近のつるちゃんは、
座っている時、以前より、ますます居眠りも多く、
身体が前に傾くことが増えた。

テーブルに鼻をぶつけるし、
ずっと前のめりだと背中がガチガチにこるので、
少しでも頭が高くなるように、
枕用意してテーブルの上に置き、枕の上に突っ伏してもらう。
もちろん、疲れを取るために、昼寝も欠かせない。

だけど、
必ずしも、疲れてくるとこうなる、というものでもない。
朝起きてテーブルについたとたん、こうなることも多い。



前のめり1前のめり2           
             


【続きの表示】
【2008/12/10 12:29】 | つるちゃん名語録② | トラックバック(0) | コメント(10) |
河北新報7日・つるかめキャラクターグッズ♡
まずは、12月7日日曜日の速報です。

本日7日の「河北新報」23面くらし欄に、
『つるちゃんとかめこ』と著者くろだかめこが、紹介されました。


河北新報を購読可能な方は、
ぜひご覧ください。

また、
6日(土)には、「福島民報」「読書」ページ「ふくしまの本」のコーナーに、
本が紹介されました
。 



書籍『つるちゃんとかめこ』の表紙やイラストを描いてくださったmayumiさんが、
出版のお祝いに、
【つるちゃんとかめこオリジナルコップ】 を作ってくださいました。



キャラクター入りコップ


本の表紙の 「つるかめ」キャラクターに、
ブログタイトル画のように、鶴と亀のお面をかぶらせたものです。

キャラクターの上に入れてある文字は、
             

           2008
     
     Tsuru&Kameko
      from mayumi




包みを開けて、
このコップを見たとたん、

かめこ、はじけちゃいました。


「うれしいうれしいうれしい」と言いながら、
家中をぴょんぴょん跳ねて、大踊りしながら歩き回りました。

オットさまが、それを見て、

そりゃぁ、うれしいねぇ。
と、にっこにこ。


実は、もうすでに、
ブログのお友達3人に、実物を見せびらかしてます。


が、 これは、使えませんねぇ。 って。



大事な大事な宝物です。

mayumiちゃん、どうもありがとう




さて、
本を手にして下さった、ブログのお友達から、
嬉しいコメントをたくさん頂戴しています。


買っていただいたのは、かめこの方なのに、
「ありがとう」って、言ってくださって、
まるでかめこの方が、プレゼントしたような気分です。



この1年、悩んだこと、悲しいこと、辛いこと、
誰しも何かしら、おありだったと思うけど、

クリスマス前に、
あったかな気持ちになってくださるといいな。



介護されてる方の中には、
そうそう出られない方がおられるのを知りながら、
そうでなくても、お忙しい皆様に
「本屋さんで注文してね」 と言ったこと、
申し訳ないなぁ、と思っています。
どうぞ、ご事情に合わせて、
ご都合の良い方法で、本を注文されてくださいね。



なお、本の感想は、最新記事に入れてくださってかまいません。
記事の内容へのコメントは、お気遣いなく。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
【2008/12/06 23:59】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(24) |
ラジオ生出演決定しました!
かめこが、本の宣伝のために、
ラジオ番組生放送に電話出演することが、決まりました。



出演は、
12月27日土曜日 朝8時20分から7分間



RFCラジオ福島で、毎週土曜日放送されている、

 「大和田新(あらた)のラジオ長屋」  
「大和田新のラジオ長屋」クリックしていただければホームページに飛びます。
  
という番組内、 「長屋の噂」 のコーナーです。


この番組のパーソナリティーである、大和田アナウンサーは、
障害のある方に理解のあるアナウンサーだというお話で、
仲介してくださる方があり、
書籍『つるちゃんとかめこ』を読んでいただいたところ、
たくさんの人に読んでいただけるように、
PR活動に力を貸していただけることになったものです。




先ほど、
大和田アナウンサーから、お電話があり、


「出演は、12月27日(土)と1月3日(土)と1月10日のうち、
いつが良いでしょう?」


と、尋ねられました。


かめこは、

土曜日なら、
デイサービスの日だから
つるちゃんがいなくて、ちょうど良いわ。
3日は、デイサービスがお正月休みでつるちゃんがいるし、
早い方がいいから27日ね。)

と、頭の中で、すばやく反応。

「12月27日にお願いします」 と答えて、決定!


でもでも。。。

受話器を置いてから、落ち着いて考えてみたら、



デイのある日の朝の8時台ってぇ・・・

つるちゃんのお世話は、いったいどうするのぉぉぉぉぉ

デイのない日の方が、良かったってことぉぉぉぉぉ




すると、そこに天の助け。
まるで都合よく、
今月、嫁ぎ先の父島から、出産準備のために帰ってくる、
次女のデイジーから電話。


 予定通り10日に帰るからねー。

 デイジーちゃん、
  お母さん、ラジオに出るから、その日居てね。

(オットさまもいることだし、
これで、つるちゃんの朝食やデイのお支度は、安心だわ)




大和田さんのお話によれば、

まず、東京地方の暮れの様子を一言リポートするんですって。



前日にでも、“お寺”を取材して、
初詣の準備万端整った境内の様子などを、簡単にお話ししようかなぁ、
「ここの参道や周囲にはお蕎麦屋さんがたくさんあって、
年越し蕎麦を食べに来る方も、大勢いらっしゃるんですよ」
とか、お話しようかな、

などと、考えております。
本の中身の話にも、つなげ易いしね。



大和田アナウンサーって、
咄家さんのような、快活な雰囲気の方で、
今のところ、
かめこは緊張感なく、
楽しみな気分でいます。




それでは、

ラジオ福島を、お聴きの皆様、

27日朝8時20分には、
どうぞお耳をお貸しくださいませね。


     著者サイン本の視聴者プレゼントもございます!



12月1日。
面陳

おもて表紙が見えるように、立てかけて陳列することを、
「面陳」 と言います。


著者地元書店さん、
目立つところに置いてくださって、ありがとうございます。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:情報番組 | ジャンル:テレビ・ラジオ]

【2008/12/02 16:22】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(27) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

11≪│2008/12│≫01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。