つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
帯にご応募ありがとう!
「募集!本の帯のメッセージ」に、
たくさんのご応募いただきありがとうございました


それぞれの方のお立場で、
このブログをどんな風に読んでくださっているか、よくわかります。
本に期待してくださっているお気持ちも、伝わります。
とても励みになりました。
できることなら、全部そのまま載せたいです




それでは、応募作品をご紹介させていただきます。
なお、お友達のブログでの、出版紹介記事の中の言葉も、
候補にさせていただきました。
(ほぼ原文のまま)




おめでとうございま~す
注文します!!
発売がとても楽しみです。
私にとって「つるかめ」(勝手に省略)はとても明るく暖かな道しるべですから。
発刊のニュースはとてもうれしいです。
    みつこ



親子愛・夫婦愛・家族愛・・・色々な愛の形の結晶です!
   キバっち



真の優しさや強さに触れたとき、忘れかけていた勇気と希望が心のそこから沸き上がってくる。
つるちゃんとかめこさんの「日常」はそんな元気な気持ちにさせてくれます。
    ウルル



「人としての尊厳とは何か」をいつも考えさせてくれて教えてくれてありがとう!!
私の道標にこれからもなってくださいっ。


かめちゃんの愛情あふれる『生きる姿勢や考え方』が大好きです♪
    海空ママ



夫の介護中にかめこさんと出会いたかった。もっといい介護ができたのに…あなた、ごめんなさい。
    ベンジャミン



つるちゃんはスゴい人だ。読めば、きっとあなたもこの言葉の意味がわかるはず。
つるちゃん、かめこさん、ありがとう。
    kiyomi



自分の家族が認知症になって、辛い思いをしている方が沢山います。
つるちゃんとかめこさんのメッセージが多くの方に届きますように
    CHAN



本になることが、自分のことのように嬉しい。
認知症の介護ということだけではなく、
親子の深い絆を読むことによって、
励まされる方はたくさんいます。
    スリブリ



介護って辛いことばかりじゃないよ!
いつか親を介護するかもしれない私にもエールを送ってくれる、
母娘の愛が溢れた本です。
   yell(≧ο≦)



幼いかめこさんの手を引く、若かりし日のつるちゃん、今は小さくなったかわいいつるちゃんの手をしっかり握るかめこさん。でもいつまでもいつまでもつるちゃんの瞳は優しいお母さんなのです。。
    ygracia



この本は、この生きにくい社会を生きていくための、心のビタミン、いや、心のたんぱく質!
    アハミ



読むたびに優しさをもらいます。出会えてよかった本です
『つるちゃんとかめこ』を読むたびに介護に一番必要なのは優しさと思いやりだと気づきます。まだまだ自分の介護は、思いやりに欠ける所をもっと思いやりのある介護目指そと思いながら、よんでます。出版が待ち遠しいです。
    しろたん



もしも、あなたの大切なご家族が認知症だと言われたら?
この本は、「その時」に何が大切なのかを、優しく・温かく語りかけてくれます。
そして私も、この本に励まされ介護中です。
   kuririn


⑮(笑い)
皆さんの思いの詰まった言葉、読んでるだけで素敵だな~。
皆にそんな風に思われるつるちゃんとかめこさんです。

かめこさんはいつもつるちゃんに
「やってあげる」じゃなく
「~してもらう」です。
自分でしてもらう為のお手伝い。
これが一緒に暮らすということなんだと思います。


「天使なんかじゃない。」
介護する人もされる人も。
介護されてる人は、かわいそうな人じゃない。
私はブログの中のこの言葉で、どんなに楽になったことでしょう。


つるちゃんを家族の一員として、普通に気負いなく、特別じゃなく接するかめこさんの姿勢には、私は心から共感できるのです。   
  ゼリー



「人のやることには全て原因がある」「今あるものを最大限に生かすにはどうすれば良いか考える」「何でも楽しんじゃいましょう」介護だけに通じるものではないんです。大切にしたい言葉が、たくさん話しかけてくるこの本、人生の教科書にしたい!
    リンダ



「つるちゃんとかめこ」さんのご家族は、いつも愛と尊敬に溢れているから、だからみんなの心に感動を呼ぶのです。    
    パンドラ




本当にありがとうございました。
以上の中から、
『つるちゃんとかめこ』帯の裏部分に載せるメッセージを
選ばせていただきます。
なお、コメント欄にてお願いした以外にも、変えさせていただく場合もございますので、ご了承下さいね。


今後本についての記事は、
12月初旬の発売にむけて、11月中旬から書きたいと思います。

それまで、皆様、
口コミ宣伝、よろしくお願いします
 

『つるちゃんとかめこ』は11月20日より、書店にて注文受付です!





押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:   
  
スポンサーサイト

[テーマ:紹介したい本 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/29 14:21】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(14) |
この本のブレーンたち
本の帯に入れるメッセージは、引き続き募集中です。
このふたつ下の記事のコメント欄に、ご応募ください。



ブログのお友達が、出版の紹介をしてくださっています。

みつこさんのブログ 「Yajja Time」 のトップページ

>パンドラさんのブログ 「パンドラのつぶや記」
 「つるちゃんとかめこ」さん書籍化

応援どうもありがとう



本日のお話。
なお、敬称が統一されていませんが、直さずにおきます。お許しくださいませ。


25日午後、ケアマネジャーのマウンテンさんが来てくれた。
月に1回の定期訪問。
つるちゃんの様子についての報告と、
来月のケアプラン表の確認と
その他、つるちゃんの介護サービスにかかわる話をした後で、


『つるちゃんとかめこ』のゲラ刷りを見てもらい、
本の中に出てくる、介護保険関連の用語を確認してもらった。
マウンテンさんに見てもらうのは、2回目。
参考にする書類もたくさんあるし、
編集者さんや校正者さんも、用語の確認はしてくれるけど、
原稿のその部分に一番的確な言葉を入れるのと、
自分が書いたものに自信を持つには、
の存在は欠かせなかった。


専門用語のほかに、
前ケアマネの満月さんのせりふや、
ケアマネやヘルパーさんの仕事内容に触れているような部分も、
確認してもらう。



「デイサービスの名前は、
『そよ風』だったんですけど、『春風』に替えました」

とかめこが話したら   マウンテンさんは直ぐにピンと来たようで、
「ああ、その方がいいわ。『そよ風』だと実在しているから」

そんな感じ。
本来のお仕事とは離れることなのに、
同じに熱心に考えてくれた。

そうそう、
満月さんにも連絡を取ってくれて、

「せりふは確認しなくていいです」
との満月さんのお返事を伝えてくれた。



マウンテンさんご自身は、
本の中には、まったく登場しない。

まさしく、縁の下の力持ち的な、かめこのブレーンだ。


マウンテンさん、ありがとうございます


【続きの表示】

[テーマ:福祉関連のおすすめ本 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/08/26 07:12】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(16) |
ゲラ刷り公開!
本の帯に載せるメッセージを募集しています。
ご応募は、
直ぐ下の記事のコメント欄までお願いします。



お友達のブログで、
『つるちゃんとかめこ』が出版されることを、記事にしてくださいました。


mayumi*さんのブログ  「mayumi*のココロ」 
「12月発売です!」
mayumi*さんは、この本のイラストを描いてくださっています。
(このブログのタイトル画の作者)


 momiji1021さんのブログ「ジージのKAIGO!を終えて」  
「つるちゃんとかめこ」

kiyomiさんのブログ
「ママの認知症は天からの贈り物~在宅介護と社長業のワークバランス~」

「『つるちゃんとかめこ』書籍化おめでとうございます! 」


応援、どうもありがとう



さて、12月発刊にむけて、
本作りは佳境を迎えております!


20日、いよいよゲラ(校正紙)が届きました。

本の大きさよりも、用紙自体はずっと大きくて、
使っているのもコピー用紙ですが、

使われる活字もページのレイアウトも、
出来上がりの本の体裁通りになっています。


『つるちゃんとかめこ』は、若い方にももちろん読んでほしいですが、
読者の中心となるのは、40代後半からかしら?とも思うので、
読みやすいように、文字を大きくしました。



それでは、
12月発売に先駆けて、
1ページだけ、お見せします





【続きの表示】

[テーマ:発売予定本 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/22 00:21】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(24) |
募集!本の帯のメッセージ
『つるちゃんとかめこ』 が書籍として出版されるというご報告に、
歓迎のコメントをたくさん頂きまして。ありがとうございます。
なんて幸せ者だろうと感激しております。



そしてまた、
『若年性アルツハイマー介護日誌』の管理人さんが、
宣伝部長を申し出てくださいました。 


ここに改めて、
スリブリさんを、
書籍『つるちゃんとかめこ』の
ブログ部門宣伝部長に、
任命いたします
    (偉そうでごめんなさい)

さっそく初仕事として、出版を記事で紹介してくださいました。
「つるちゃんとかめこが・・・」  です。ありがとうございます。



さて、
3ヶ月もお待たせすることになるのに、
発表しましたのは、

本の帯の作成に当たり、
皆様にも、お力添えをいただきたいからです。


帯の表には、
キャッチコピーのようなものと、mayumiさんのイラストが入ります。


それで、
帯の裏には、
ここに来てくださっている皆様のメッセージを

入れさせていただきたいのです

3人~5人の方のコメントを入れる予定です。



出版を楽しみにしていてくださる想いや、
つるちゃんへの応援メッセージというのも大歓迎!



期間は、ただいま~29日正午まで
おひとりいくつでも結構です。
およそ90字以内。
これはあくまでも目安で、数えたりせずに、ご自由に書いてくださいね。
ただし、こちらで許可なく、
短くさせていただくなど、変えさせていただく場合もございます。
また、ハンドルネームは、文字数外で必ず入れさせていただきます。



それでは、コメント欄に
よろしくお願いいたします




[テーマ:この本、オススメーっ! | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/18 13:27】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(47) |
12月に本が出ます
12月に 『つるちゃんとかめこ』 が、出版されることになりました。
一般的な大きさの縦書きの本です。
予定価格:1300円+消費税



タイトル      : 『つるちゃんとかめこ』
著者        : くろだ かめこ
発行所       : 文芸社
メインイラストレイター : mayumi さん (表紙カバー絵と本の中身の絵)
挿絵 1点     :オットさま  (お寺山門にて) 
原稿を見てくれた人: 精神科医師 Dr.お茶の水博士 (全部)
同じく         : ケアマネジャー マウンテンさん (一部)
そしてもちろん    : mayumiさん 



お話の主な登場人物

つるちゃん 
かめこ(つるちゃんの娘)
オットさま(かめこの夫)
長女空子 (ブログではミニー)
次女海子 (ブログではディジー)
父 (つるちゃんの夫)
弟 (つるちゃんの長男)
精神科主治医S先生 (ブログではDr.お茶の水博士)
ケアマネジャー満月さん
訪問看護師さん
ヘルパーさん              



お話の内容 : 目次の写し

 かめこのお母さん  
 仲良かった?
 大器晩成?
1998年   父が気づいた
       病院に付き添う
       一つ屋根の下で
1999年   同居解消へ
        「死にたい」
        診断は「アルツハイマー病」
2001年   夫の存在を消した日
        一人暮らしの頃
        お寺の蕎麦屋へ1
        かめこの入院とつるちゃんの入所
2002年   つるちゃんが、いなくなった!
2003年   本当は、どうしたいの?
2004年   つるちゃんが、帰ってくる!
        たくさんの温かな眼差し
        『赤い靴』の女の子のように
        タイムトラベラー
2004年~  「おかあさん」 と呼ばれて
2005年    「しゅじんは、どこですか?」 
        「どこも、いきません!」
2006年    「すきです」
         「かめこさん」
        髪をなでながら 
        真夜中の「ありがとう」
        田舎は下宿屋さん
        「おいしい、ゆうしょくでした」
        「50さいぐらいになったの?」
        「いちばんだいじです」
        「いかないで、ください」
        おとうさんに、はなしたいこと
        「かわいい、かわいい」
2007年   「だっこしてください」
        「ひとりでえ」
         6回目の祥月命日 
         7回忌の法要
        お寺の蕎麦屋へ2
        「またいく」
        そして未来へ
2007年   つるの故郷を訪れて
2008年   つるちゃんの散歩道
        夫は今、胸の中に



ブログ記事と同じ内容で、タイトルを変えたものもあります。
ブログそのままの内容のものでも、少し直してあります。
書き下ろし部分もあります。
医学的表記につきましては、Dr.お茶の水博士のお墨付きをいただいています。
先生は本文中ではS先生ですが、「付記」にて実名を出させていただいています。
介護保険用語は、現ケアマネのマウンテンさんに見ていただきました。
ブログのお友達で、タイトル画を描いてくださった、
プロの漫画家さんのmayumiさんが、ステキな絵をたくさん描いてくださっています!



なお、12月1日に本屋さんに出ますが、
初版は少ないので、
ご近所の本屋さんには置いてないかもしれません。
本屋さんに出向いていただいて、注文していただくことになります。
私の力不足のために、
皆様にお手数をおかけすることになり、申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いします。

まずは、ご報告まで。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:発売予定本 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/15 07:24】 | 本のこと | トラックバック(2) | コメント(44) |
おしゃべり復活
20日ほど前の記事に、
「この頃めっきりつるちゃんの声が出なくなった」という話をした。

その後、調子が上向きになるとともに、その心配も少なくなり、
ついにきのう(12日火曜日)は、
以前のようにおしゃべりをたくさんしてくれて、皆を喜ばせた。




皆というのは・・・。

まず、火曜日午前中に来てくれる、訪問看護師さん。

看護師さんは、数人が交代でやってくるので、
つるちゃんにしてみれば、
どの人についても、馴染みが浅い。


その看護師さんが来て直ぐ、
台所から出てきたかめこに、


今、つるさんがお話してくださったんです!
なんておっしゃったかは、聞き取れなかったんですけど。


と、喜びの声を上げられた。


きっとつるちゃんは、
看護師さんにご挨拶したんだね。
もしかすると、ほかにも、
 きょうはあなたなの? とかって言ったかも。


その後も 看護師さんが、
調子が良さそうですね。お肌もつやつやしてますよ。
と、つるちゃんに声をかけると、

ええ、とか言って、にこにこ笑う。

ずっとそんな調子。

看護師さんは、

きょうは、とてもうれしかったです。

と言って、バイクで帰っていかれた。




午後に来た、ヘルパーのしろつめくささんも、大感激。

つるちゃんったら、お昼寝の時間中目を閉じないで、
ずっと
しろつめくささんにおしゃべり。


やっとあえたね、って、言ったんですって。


お風呂の後で、歩行練習に出たときには、

こんなに、汗いっぱいかいちゃって。  ですって!


夕食を待っているときも、
ずっとひとりで
ぺらぺら(ぶつぶつ?)声を出していた。 


ほんとに、あの記事を出したときまでは、
24時間一言も発しない。
なんて風だったのに・・・。



ああ、良かった。安心した。




おとといの月曜日に、
内科かかりつけ医のキューピー先生のところに受診したんだけど、

キューピー先生が、
 
あのことはどうなりましたか?と、聞かれた、すべてに 、
良くなりました。 とかめこは答えることができた。

は、いつも過去の心配事課題点を、具体的に質問してくださる)


その好調へのきっかけを作ったのは、 
●合うスポーツ飲料を見つけたこと。
●ご飯とパン(紅茶に浸す)以外は、ミキサー食にしたこと。

の2点だろうと思う。




キューピー先生曰く、
「スポーツ飲料はめぐりあえたんですね」


来週、18日午後から20日午前まで、
つるちゃんはショートステイなんだけど、

そこにも、このお気に入りのジュースは、持参することになったんだよ。
   



前回の記事に追記:
12日火曜日の入浴の前。
しろつめくささんがお風呂の準備をしだしたら、
つるちゃんは、落ちつかなくなって、
お風呂に入りたくないと主張した。  (かめこが聞いたら、強く頷いた)

あれは、しろつめくささんの日だった!って、心配しちゃったんだね。


[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/08/13 12:55】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(10) |
つるの記憶と学習能力
硬い言い方をしたけど、
要するに、つるちゃんは、


経験したことをちゃんと覚えていて、失敗しないように気をつけることが出来る。
ということを言いたいんだ。



4,5年くらい前まで、かめこは、
アルツハイマー病が進んできたら、
忘れていくばっかりで、
新しいことは覚えられなくなるんだろうと思っていた。


そうしたら、つるちゃんはそうじゃなかった。

その後、言葉は、だんだん単語が出て来なくなって、
自分で、【その言葉に替わる近い言葉】を 
捜すようになっていく経緯があった。
それって、言葉を忘れていく、という風だった。


だけど、
新しく会った人のことは覚えていくし、
かめこがこの前プレゼントしたお財布が、自分のお財布だと知っているし、
 
 (今では、そんなの当たり前だと思うけど、
   何年か前までは、そういうことが覚えられなくなるのかと、思っていた)



つまり、初めての経験が、
積み重ねられて、初めてではなくなっていく。


また、経験したことが(つるちゃんにとって)失敗だったら、
繰り返さないように、気をつけることが出来る。


それを今、かめこは実感している。





【続きの表示】
【2008/08/12 00:56】 | アルツハイマー病(非定型)2 | トラックバック(0) | コメント(4) |
「コード・ブルー」で認知症
8月7日木曜日pm10時からフジテレビで放送された番組、
『コード・ブルー/ドクターヘリ緊急救命』では、
主人公の祖母に認知症の症状が出た、という設定になっていた。



かめこは、映画やテレビドラマにおける認知症の扱い方については、
厳しい目で見てしまう。
正直なところ、これまでのものについては、不満がとても大きかった。
「テレビや映画だと、これを教科書のように思う人もいるから困る」
と思ったことも、1度や2度ではない。



その点、
「無償の愛」と題された、この日の取り上げ方については、
ラスト何分かが、必見。なかなかやるなあと感心した。

認知症になったと思われる祖母の起こす、
一見不可解な異様とも思われる行動には、
実は深い訳があったことを、表現していた。
そして、家族がそれに気づいた時の気持ちが、見事に表現されていた。

主人公役の山ピー(山sita智久)も、良かったよ。


そのテレビ画面と過去のつるちゃんの行動が、
かめこの頭の中でオーバーラップした。
その場面の祖母の行動とは違うのに、
まるで、つるちゃんの「あの頃」を見ているようだった。
そしてかめこは、山ピーに感情移入。


これは、もともと番組そのものが、
登場人物の心理的背景を深く描きたいという趣旨によるものだと思う。
他の家族のエピソードについても、家族の絆や愛情が表現されていた。
こんな風に、ことさら認知症いついて取り上げるのでなくて、
いろいろな病気を巡る家族の一つとして、
設定に入れる、ということを、かめこは歓迎したい。

また、視聴者には認知症によるもののように見える症状が、
実は別の病気によるもので、見過ごしたら大変なことになるものだった、
というエピソードが盛り込まれていたのも良かった。




なお、
つるちゃんの「あの頃」のエピソードは、
 「夕食を作れなくなった頃」
でも、主人公のおばあちゃんのとった行動とは異なるので、
ネタバレには、なりません。 



【2008/08/07 23:59】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(20) |
湯船で小が・・・
お父さんには、ないしょにするからね。
って、きのう(4日)つるちゃんに約束したの。
それなのに、ここに書くこと、つるちゃんごめんね。


タイトル通り、きのう、湯船の中で出ちゃいました。
(かめことヘルパーさんは、慌てず騒がず、何もなかったごとくに振舞う。)




お風呂から上がると、
いつもヘルパーさんはお風呂の片づけ。

かめこはリビングで、いつも通り、
つるちゃんの髪をドライアーで乾かしてスポーツドリンクを飲んでもらって、
水虫の薬などを塗る。


すると、つるちゃんが涙ぐんだ。
ずぅっと悲しそうにしている。
それから、かめこの目を見つめて何かを訴える。

(あ!さっきのこと、気にしてるのね?)

いいのいいの。気にしないで。
洗えばいいんだから。

お父さんには、ないしょにしておこうね。



そしたら、つるちゃんは、ちょっと安心したような顔をした。



つるちゃんが、湯船の中で小をしたのは、
3年ぶり以上だと思う。

いつもは、したくなるとお風呂を上がりたくなるようで、
タイルの所で出ることは、たまにある。
でもきのうは、間に合わなかったのだと思う。


つるちゃんの好きなスポーツドリンクを飲み始めてから、気持ちいいくらいに出る。
それでも、家の中では綿パンツ+パッド(夜用))
紙パンツは暑くて蒸れるから、かわいそうなの。


きのうは、午前中、出た量がますます多くて、
綿パンツとパッドをつけていても、
音が出るほど床にもれた。

この時も、つるちゃんはさぞショックだったろう。
(紙パンツとパッドにした方が、本人も安心かなあ?)

だから、湯船に出て、お風呂から上がって落ち着いた時、
きょう2度目で、それはそれはショックだったと思う。
それで、涙ぐんだんだね。




[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/08/06 23:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(12) |
蕎麦屋に行けたよ
お箸が持ちにくくなったり、飲み込みが悪くなってきたつるちゃん。

果たして、
お蕎麦は食べられるかな?



8月3日日曜日、うだるような暑さの中、
つるちゃんとかめことオットさまはお寺に向かった。
いつもは行きだけタクシーに乗るんだけど、
往復タクシーに乗ると決めて家を出る。
でも車椅子は、詰め込んで。


お寺の入り口のバスのロータリーにタクシーを止め、3人で参道を歩きだす。
それにしても、夏に来る度に感じるんだ。
どうしてここは、こんなに涼しいんだろう、って。
強めの風が吹き抜ける。
七夕の笹飾りが大きく揺れっぱなし、
どこからか、風鈴の合唱が響く。

蕎麦屋の軒に1コ吊るしてあるものだけの音ではない。
これは、後で通りがかって見たんだけど、
楽焼きやさんの売り物の風鈴。
涼しさをいっそう演出する。



さて、
お蕎麦屋さんは、お参りに便利な、つるお気に入りの店。
車椅子を入り口付近に置き、
かめこに手引きされ、つるちゃんはお蕎麦屋さんの中へ。

つるちゃんは、
店の中に立っていた店員さんふたりの前を通り過ぎる時、
しっかり目を見て、少し微笑んだ。
ご挨拶したんだね。


キマシタヨ。オセワサマ。 (声は出ていない) 


8月蕎麦屋へ


写真の通り、
つるちゃんは。とろろ蕎麦を、お箸を使って上手に食べた。


手づかみし出したのは、
半分量を過ぎて。


かめこが、自分が注文した「梅おろし」に載っていた玉子焼きが、
ほんのり甘くてとってもおいしかったので、
小さく切って、
つるちゃんの器に入れてから。

つるちゃん、急に手づかみを始めた。

お蕎麦だけなら、お箸を使って食べていたのに、
玉子焼きを見たとたん、手づかみ。
そのまま、お蕎麦まで手づかみ。

それからちょっとは(お箸で)食べたけど、
もう、口にたまって、あまり飲み込めないみたい。

もう、いらないって。
 (声には出さない)


でも、よく食べたよ。
つるちゃん、お蕎麦食べられて良かったね。



お店を出る時も、
店員さんの目を見て・・・・。
(多分)ご挨拶。


ゴチソウサマ。オイシカッタデス。 (声は出ていない) 


家に帰って口の中を見たら。
あとで食べた分だけが残っている感じ。
手づかみはじめる前までは、
しっかり飲み込めていたようだ。

 
このお寺の住人たち
鬼太郎の家

勢ぞろい


[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/08/04 23:26】 | お寺参り② | トラックバック(0) | コメント(14) |
調子上向き
8月に入りました。

暑中見舞い三毛猫

三毛猫さんにお借りしたイラストです。
暑中お見舞い申し上げます。
体調を崩された方は、早く良くなってくださいね。



かめこは、寒いのは好きだけど、暑いのは苦手。
でも、今年はおかげさまで、とても元気です。


つるちゃんも、食べられるようになってから、
上向き。
きょうは、なんと、お昼も夕食も、おかわりしたのよ。
所要時間は、お昼が40分+おかわりに15分。
        夕食は1時間+おかわりに・・・・食べながら寝ちゃいました。

おかわり食べたい、って言うのは、
もっと食べる余力がある、ってことで、
きょうは、食べるのが辛くなかったよね?


ご飯の時でも、お箸よりスプーンがよくなったみたい。
手づかみは、以前よりハデになって、
こぼすのもハデになって、
かめこが横で、色々お世話するけど、
自分で食べています。

(食べられなかった時との一番の違いは、
ミキサー食をメインにしたこと。
他にも色々やってみている。)



あとね、
きょうは、
 【すごくうれしい!】 という顔を、何回かした。


例のスポーツ飲料を飲むとき。

かめこが、

ジュースよ。と言うと、

目がきらっと光って、にこっとするの。(にやっかな?)
それで、
うん、わかってる、って顔をして、ゴクゴク。


こういうのは、しょっちゅう。


それから、きょうは、お風呂の中で。

ぬるぅくしたお湯に浸かって、(15センチの台に座っているので、胸まで)


きょうは、やけに長湯して、
それで、お風呂のフチに腰掛けている、かめこを見上げて、 

にこぉっ


一緒に介助してるヘルパーのひまわりさんに、
あまり入っていると、疲れちゃいますよ。
この後、お散歩ですから。


と言われたほど。



暑い間は、午後の歩行練習もおやつを買いに行くのも、
夕方、(お風呂のある日は)お風呂に入った後にしています。

川へ行くまでの道は、すっかり日陰になっていて、
川沿いは、木陰で風が吹いていて、
夕涼みお散歩。

(7月の半ばごろには、少し左足を引きずっていたので、
1回に歩く距離を減らしていたけど、
この頃は、戻している)


おやつは、翌日の分を買う。
翌日がデイサービスの日は、買わないから、
えいと・いれぶ☆に行く日は、少なくなったけど、
それでも、おやつを買う楽しみは、ちゃんとあるんだよ。




[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/08/01 23:08】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(12) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

07≪│2008/08│≫09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。