つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
感謝してます
年末年始は、介護サービスも休業体制。

我が家の場合は、
ヘルパー会社が休みの間も、可能な限り、ヘルパーさんには来てもらう。
それでも、
29日(土)(通常はデイサービスの日)・
1月1日(火)2日(水)は、ヘルパーさんは来ない。




30日。
日曜日は、通常はヘルパーさんは来ないけど、
火曜日担当のしろつめくささんに、
1日(火)に休んでもらい、代わりに30日に来てもらった。

加えて、3日に初めて来るヘルパーさんが、見習いとして同行。




午後の歩行練習の時間。

しろつめくささんと“はじめましてさん” のふたりが付き添って、
つるちゃんが、車椅子を押して歩く。



つるちゃん、外で歩きながら、
しろつめくささんに、



かんしゃしてます。

って、言ったんだって。




つるちゃんは、今が年末だ、ということが、よく分かってる。

1年間、お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。


その二つの意味を、こめて、言ったんだね。


もしかしたら、

年末なのに、特別に来てくれた、

という意味も入ってる?



つるちゃんは、すごいねぇ、

つるちゃんは、偉いねぇ。 


つるちゃん、さすが、我が母。



かめこだって、思ってるよ。

しろつめくささんにも、他のヘルパーさん達にも、
支えてくれてるスタッフの皆さんにも、

家族にも、親戚にも、ご近所にも、

友達にも、

こうしてブログを訪問してくださる皆さんにも、


『感謝してます。
1年間、どうもありがとう。』

スポンサーサイト
【2007/12/31 01:07】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(18) |
受診納めは皮膚科
つるちゃんが皮膚科に着いたのは、
今年最後の診察が終了間際の、27日(木)午後7時前だった。

右足の内側(土踏まずを少し含む)の赤みを、
診てもらうために、やってきたのだ。




先日お泊りした、和やか病院(仮)で、
つるちゃんは、退院時に、
足が赤くなって腫れていることを指摘され、
その原因は、靴のバックルについている金具ではないか、
と、言われた。



それで、退院後1週間以上、
その靴は履かせないようにして、
デイの日には、移動の時以外は、ルームシューズで対応してもらうなどして、
原因と思われる靴の金具から遠ざけるのはもちろんのこと、
靴を履いている時間も、必要時だけにして、
様子を見ていた。


しかし、腫れは引かず、
それどころか、赤みや腫れが増して、悪化傾向になったのだ。


その部分は、
触ると少し硬くなっていて、
他の部分より、若干熱いように感じる状態。
つるちゃんは、特に痛くも痒くもない様子で、
気にして触っていたのは、入浴時に1回あった程度。



診察の結果は、
「しもやけ」 の可能性が最も高い。
目に見えない傷から細菌が入って、
「感染」 を起こしている可能性も否定できない。
とのことで、
「しもやけ」 と「感染症」 を治療する塗り薬と、抗生剤3日分が処方された。




ともあれ、
かめことしては、
特定はできなかったものの、
原因が考えられ、
改善に向けて対応できたことは、良かった、
と思っている。



それでは、
当のつるちゃん本人は、どう思ってるのだろう。。。



つるちゃんは、
それまで、素直に足を見せてくれるなど、
落ち着いていたんだけど、

女医先生が、「しもやけ」 の言葉を出したとたん、
顔が曇り、泣き出しそうになった。 

眉をハの字にして、かめこを見つめ、


え~ しもやけなのぉ と言いたげな表情。


雪国生まれで、
満州という寒い場所で子ども時代を過ごした、つるちゃんにとって、

「しもやけ」って、きっと、
身近な言葉で、
とても困ったことなんだね。


(しもやけの要因は、皮膚科ドクターによれば、
 寒暖の差 (皮膚の温冷の差?)が大きいことと、
 圧迫されることなどにより、血液の循環が悪くなること、
 だということだ。)




ところで、処方された薬。

飲み薬については、
シロップは、飲まない可能性があり、
粒なら、砕いてゼリーに加えて飲ませることになるので、
できれば粉にしてほしい、


という、かめこの希望を汲んで、
錠剤より量が増えますが、という但し書きつきで、
小児用顆粒の抗生剤が処方された。



このオレンジ色の薬を、
つるちゃんは、すごくお気に召したみたい。


薬を混ぜて、オレンジ色になったゼリーを、美味しそうに食べてたから、


甘いの

って聞いたら、

ものすごく嬉しそうに、顔をくしゃくしゃにしたんだよ。




でもね、つるちゃん、

その薬、
“大人のかめこ” の口には合わなかったわよ。 



【2007/12/28 21:09】 | 精神科と内科以外の医療 | トラックバック(0) | コメント(8) |
イブの日の届け物
クリスマスイブの24日、
ミニーが、つるちゃんに “お手紙” を届けに来た。


だけど、
つるちゃんは、ヘルパーさんとおやつを買いに行っている。。。
ミニーは、この後行くところがあるからって、
残念そうに帰っていった。




帰ってきたつるちゃんに、その“封筒” を見せる。


毛筆の表書きで、
宛名は、 「可愛 つる 様」




ミニーちゃんの結婚式の招待状、つるちゃんによ
(かめことオットさまの分は、すでに届けられていて、返事も出してある。)

開けるね。 



中身は白いカード。
金色の文字で
    “Wedding Invitation”



かめこは、
まず、ミニーの言葉の部分を読み上げた。



【おばあちゃんに、ぜひ来てもらいたいと思っています。
来るのに大変だとは思うけど、 わたしの
ウエディングドレス姿と、今後の新しいスタートを見守ってく下さい。 ミニー】




読んでる途中で、こみ上げてくるものがあって、涙が溢れ出した。

でも、それより先に、
つるちゃんの目が、ウルウルしだして、強くかめこを見つめてた。


それから、かめこは、印刷された文章を読み、
続けてもう一度、ミニーの言葉を読み直した。





つるちゃん、ミニーの結婚式、行こうね。



つるちゃんは、キラキラした泪目で、うんうんと頷いた。


結婚式の招待状
                  
          イラストは、ブログ用に、かめこが編集して入れました。
           この部分には、主催者である、「新郎ミッキー」と「新婦ミニー」の名前が書かれています。
 




【2007/12/24 22:12】 | 孫(娘)たちの結婚 | トラックバック(1) | コメント(22) |
たんげんげの散歩道
12月20日も、朝の寒さが和らいだ頃、
かめこは、つるちゃんを歩行練習に連れ出した。

玄関を出て、いつものように時計回り。
隣の家の角を曲がると、川まで真っ直ぐな道。




きょう、何の日か、知ってる

かめこは、後ろ歩きで、

足元を見ながら歩行器を押してる、つるちゃんを、
ほぼ正面から見て話しだした。



たんげんげ。 
つるちゃんが、そう、2回繰り返した。


文字で表すなら、「たんげんげ」。
かめこには、 「誕生日」  と、聞こえたけど。



つるちゃん、
朝から何度も話したこと、覚えていてくれたのね?
ありがとう。


かめこは、本当に嬉しくて、ありがとうを繰り返した。




道は、川に突き当たり、
つるちゃんとかめこは、葉をほとんど落とした、桜並木の横を歩く。



きょうは、12月20日。
つるちゃんが、かめこのこと、
産んでくれた日だよね?


寒い日の夜に生まれたんでしょう?


ええ。



それから かめこは、

小学校に上がって。。。
大人になって結婚して、苗字が変わって。。。
ミニーとデイジーが生まれて、
弟が結婚して、男の子が生まれて、
ミニーとデイジーの結婚が決まって、
もう直ぐミニーの結婚式だ、と言うところまで、

我が半生を、つるちゃんに語った。
具体的に、はっきり分かりやすい言い方でね。





つるちゃんは、もう、返事はしなかった。

だけど、かめこには分かるよ。


つるちゃんは、ちゃんと聞いてくれていた。 




そうそう。

最後にかめこが、きょう何歳になったか、話したら、


つるちゃんったら、

えー って、おかしそうな顔して、
かめこの顔を見上げたんだよ。






バラの花束
オットさまのプレゼントは、今年もバラの花束。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/21 23:59】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(26) |
ウエディングドレス試着
水曜日。
つるちゃんをデイサービスの迎えのバスに乗せて、
かめこは、ミニーと待ち合わせの街へと急いだ。
きょうは、ミニーが結婚式に着るドレスの小物を見に行く約束。


ウエディングドレスは、すでに、
ミニーと新郎が 二人で、3ヶ所回って選んである。





カーテンが開き、着替えたミニーが登場。 


わぁ、可愛い、ステキ!上品ねぇ!かめこは歓声を上げた。

ミニーにとっても似合ってた。

一緒に、ベールと髪飾りのティアラ(冠)とネックレスを選び、
広い通路に出て、
写真を撮った。

カーテンが閉じて、ミニーは、係りの人とドレスの寸法直し。



                2007.12.19
ウエディングドレス
       実は、二人とも151センチ。


ウエディングドレス



このミニーのウエディングドレス姿は、
      つるちゃんも見るんだよ。





12月初めには、オットさまがモーニングを試着した。
このワイシャツは試着用で、袖が無くて襟だけ。
ズボンは、上着の揃いより、1サイズ長いものになった。
足長いんだね。



モーニング試着




バージンロード、

この姿のミニーとオットさまが、腕を組んで歩く。


想像しただけで、胸がいっぱいになる。



結婚式は、来年の1月27日。

[テーマ:結婚準備 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2007/12/19 19:23】 | 孫(娘)たちの結婚 | トラックバック(0) | コメント(22) |
整形外科受診
17日(月)に和やか病院(仮)から帰宅したつるちゃんは、
翌日午前中に、整形外科を受診した。
退院の時に、看護師主任から、受診を勧められたからだ。




理由は。。。

つるちゃんの左腰には、中に硬いものが触れる部分があるが、

          (以前、整形外科で検査したところ、
          石灰性のもので、
          特に心配はないものだとか。) 

それとは別に、
腰骨の近くの皮膚に、直径3cm位の赤みがあって、硬いものが触れる。
3年前、大たい骨を折った時の手術の際、身体に入れた物が、
元の場所から外れて、皮膚の内側まで出てきてしまったのではないか



というのだ。




もしも、疑われたとおりだったら、
また、手術になるの

1月の末には、ミニーの結婚式があって、つるちゃんも参列するのに。。。



かめこもオットさまも、不安でいっぱいになった。
それで、
退院翌日、近くの整形外科に連れて行った。

(つるちゃんが、骨折後の手術を受けたのは、
 骨折した、和やか病院(仮)近くの病院。)



つるちゃん、
前日からの周りの様子、聞いてたんだね。

分かってたみたいだよ。
ちゃんとレントゲン撮らなくちゃって。





レントゲンの結果。。。

大たい骨の手術部分は、きれいだった。
器具が外れた様子など、全くなかった。
そして、以前からあった、「その石灰性のもの」 も、
以前撮った写真と同じ形で存在していた。

つまり、内部的には、全く問題なし。
3年前の手術とは、関係なかった。






「安心しましたね。」
ドクターが、そう言ってくれた。

赤みは強い。
“じょくそう” 一歩手前だとか。

そういう意味では、ケアが必要で、要注意だ。




(硬いものが触れたと思ったのが、何か、ってことは言われなかった。
腰骨の位置ではあるので、骨が触れたのだろう。)




つるちゃん、
お父さんもお母さんも、すごく安心したよ。




2008年2月28日: 書き直したことのお詫び
この記事を書いた12月18日には、まだ混乱していたようで、

「赤みの部分の硬いものは、以前からある石灰性のものだった」 
と、書いてしまいました。
事実と異なり、誤りでした。
現在の記事は、全面的に書き直したものです。
大変申し訳ありませんでした。
【2007/12/18 23:59】 | 精神科と内科以外の医療 | トラックバック(0) | コメント(10) |
パソコンカバー作り
つるちゃんがお泊り中、ヘルパーさん達は、お休み。
でも、今回は、金曜日担当のひまわりさんに、
いつもより短い時間だけど、来てもらった。
もちろん自費で。



ひまわりさんは、昔洋裁店に勤めてたほど、洋裁がお得意。
これまでも、つるちゃんの介護に役立つものを、
色々リフォームしてもらっている。
ブラウスの袖が、取れるようにするとか、
安いワンピースを、脱ぎ着の楽な、涼しい物に変身させるとか。。。
最近では、歩行器の持ち手の防寒用カバーを作ってくれた。

ちなみに、現在は、
ひまわりさんには、介護保険で認められている時間のほかに、
「家事援助」の時間を、30分自費でお願いしてる。
必要に応じて、「掃除」してもらったり、「洋裁」してもらったり、という具合。





さて、今回は、純粋に、かめこの趣味の時間。

ひまわりさんにお願いして、
簡単なところは、かめこに縫わせてもらって、一緒にミシンがけ。



パソコンカバー

左がプリンターで、右がパソコンのCRT。
パソコンの位置は、
かめこがパソコンに向かって座った時に、
つるちゃんに背を向けないように、わざと横向き。
だから、見えてるのは、画面の裏側。


「立体裁断ね。」
ひまわりさんは、生地を、CRTやプリンターにかぶせて、
生地の裁ち方や縫い方をその場で考えてくれた。
CRTの方は、見た目どおり、単純。
       
       (注:それでも、かめこにはできない。)
プリンターの方は、
ひまわりさんにとっても、力作なようだ。

上手くできたから、うちでも作ってみる って、言ってたよ。


生地は、近くの家具屋さんで、カーテン生地のはぎれを買ってきてた。
150センチくらいで400円
しっかりした生地だから、カバーとして形が上手く出て良かった。



残りの生地を使って、
リビングに置いてる小物たちもおしゃれに。


小物達


ティッシュ箱カバーでしょ。
消毒用のウエットテッュのカバーでしょ。
(これは、かめこがボンドで貼り付けた。
蓋のテッシュを取り出す部分が壊れたら、本体を買って、
蓋だけ取り替えればいい。)

はぎれが、ほんの少しの残ったから、
マガジンラックもお飾り。
最終的に、生地はくずしか残らなくて、
ひまわりさんも、
上手く使ったわね。って、感心しきり。 



こんなのあったらいいなぁ、
って、思ってた物ができたよ。

ひまわりさんと一緒にできて、凄く楽しい時間だった。

[テーマ:こんなの作りました♪ | ジャンル:趣味・実用]

【2007/12/16 12:16】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(14) |
冬場の水分摂取量
今週の火曜日(12月11日)から、つるちゃんはお泊りに行ってる。
17日夕方帰宅予定。 

今回、かめこが、和やか病院(仮)の病棟の看護師さんに特にお話したことは、
前回11月は、帰宅後に出たお☆っこが、量が少なくて色が濃かったこと。
(入院中に使用したオムツの量も、
入院費の領収書内訳によると、同じ日数で、真夏のように少なかった。)
水分補給に、より気をつけていただくようお願いした。



ここでは、食事の前にも、午前や午後にもお茶が出され、
飲んだ量は表に記録されて、スタッフ全員が把握できるようはなってる。
それでも、
ただでさえ冬場は乾燥するのに、病院の中って、ますます乾燥してるからねぇ。


後で、
「つるちゃんは、緑茶が好きではなくて、
(紅茶は別格で)『ほうじ茶』なら、好んで飲む」

ということを、話し忘れたことが気になったので、
さっき、次回の予約のことで相談室に電話を入れた時に、伝えた。
病棟に伝えてくださる、ということだった。



いつも、家では、
かめこが「飲んでね。」 って促して、飲んでもらうことが多いけど、
いつでも、どこでも、
つるちゃんには、好きなものを、飲みたくて飲んでほしいなぁ。




ちなみに、つるちゃんの家での現在の水分量は、
果物やヨーグルトを除き、味噌汁は入れて、1100ミリリットル
デイに行かず、一日いる日に計量すると、この数字が出る。
計量しない日には、これほどは飲めなくて、多分、900位かなぁ。
おしっこの量も、計量した日には、多くなる。




内訳は、

朝、起き抜けに、ベッドで冷たい牛乳を140cc。必ず飲みきる。

朝食には、濃い目の紅茶を250cc作って、
150ccに、食パンを甘い紅茶に浸して出す。
残り100ccは、おかずを食べた後や食後に、砂糖を入れずにカップで飲む。

(今は、フレンチトーストではなくて、こういう食べ方。
つるちゃんは、昔から、トースト食べても、最後には、紅茶に浸すんだ。
どうやら、つるちゃんのお姉さんも、この食べ方が好きだったらしい。)


パンの汁が器に残っても、甘いので、たいてい全部飲む
カップの紅茶は残すことが多い。 
 (残量量って、飲んだ量を計算する)

食後の歯磨きの時のうがいの水は、
うがいも出来なくて、そのままゴックン。3口。
 
(こういうのも、目分量だけど量る。)


午前中の外での歩行練習のあと、
10時半から11時位に、熱いほうじ茶80cc残すことが多い

つるちゃんは、熱いのがお好き。
ちゃんと気をつけて、ふ~して、飲める。
必ずかめこが飲んでみてから、
「熱いよ」と言い続けて飲んでもらう。



昼食前に、ほうじ茶を80cc。全部飲んでから、昼食を出す。
おかわりもほうじ茶80cc。残すことあり。

食後の薬はゼリーに入れる。その後の水
歯磨きの後のうがいの水、ゴックン。


午後の歩行練習と買い物から帰って、おやつの時間になる。
紅茶を2杯。200cc。
まず、1杯全部飲んでから、お菓子が出る。
おかわりも、たいてい、残さない。


おやつの時の紅茶は、今は、キャラメルとラズベリーのフレーバーティ。
実は、和菓子の時も紅茶。(つるちゃんのご要望により。)
朝食の時とは、カップも紅茶も違う。
おやつタイムは大事な時間だからね。



お風呂あとに、お水を100cc。残すことも多い。
おやつから入浴時までの間が少ないので、
入浴前のお水は、冬場は無し。
お風呂は、週に4回。残り3日は入浴後の水は無し。



夕食前に、ほうじ茶1杯80cc
全部飲んでから、夕食が出る。
味噌汁は、家での夕食では、ほとんど出す。
汁は、あまり好まなくて、50cc弱くらい。
ほうじ茶おかわり。80cc。残すことが多い。

食後のゼリー(薬)の後の

寝る前の導眠剤を飲むときの



こんな感じ。
計量すると、いつも同量。
しない日でも、
いつも、この回数は、つるちゃんが水分を摂る状況になっている。
使ってるカップのどこまで入れれば何ccかは、分かってるんだけど、
冷たくなったものを入れ直す時の、初めに飲んだ量は、量らない日は分からない。



暖房器具を入れてから、
つるちゃんは、飲みっぷりが良くなり、残す量が随分減った。
お☆っこやう☆ちの様子とか、むくみが無いことなど、身体の様子を見ると、
つるちゃんには、今の水分摂取量がちょうどいいのだろうと思っている。
 

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/13 13:06】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(14) |
仲いいからいいです
お寺参りに行った前日、つまり先週の木曜日の夜。

つるちゃんは、10時には、すやすやおねんね。
かめこは、ベッドから離れ、
隣のリビングで、テレビを見出した。 (「医龍」)

しばらくして、
ベッドから、低い声がした。
つるちゃんが、しゃべってる。

かめこは、ドラマを見続けてた。

低い声は止まらない。
ずっとしゃべり続けてる。



以前は、こういうことが よくあった。
ベッドにいる時が、一日で一番口数が多いと感じるほど。

だけど、ここ何ヶ月か無かった気がする。
つるちゃんのおしゃべり、また聞けて嬉しい。




かめこは、いそいそベッドサイドへ。

つるちゃん、起きてたの?


つるちゃんのおしゃべりは、同じように続いてる。
誰かに楽しげに話しかけてるみたい。
さっきも今も。

単語は一つも聞き取れない。
残念だなぁ。悔しいなぁ。
かめこが分かってあげられないだけで、
つるちゃんは、ちゃんと話してるのに。



すると、しっかり聞き取れる言葉が。



なか、いいからいいです。

仲、良いからいいです、って言ったの?

はい。

それ、つるちゃんとかめこのこと?

はい。

うん。仲、良いよねぇ。
つるちゃん、大好きだよ。
 (これは、毎日必ず何回か言ってる。)



それから、また、聴き取れないおしゃべりが続いて。。。。


もう一つ、はっきり聞こえたのは、



あしたは。。。


あしたは、お寺にお蕎麦食べに行くんだよね?
さっき、おとうさんが、言ってくれたんだよね。


はい。



つるちゃん、
夕食の時、オットさまとかめこが話してたのを、聞いてて、
行こうね、って言ったのを
覚えてたんだね?
楽しみにしてくれてるんだね。






それにしても、

つるちゃんの言ってた、


『仲いいから、いいです。』



きっと、

仲良くて、良かったです、とか、嬉しいです、 という意味だわ。




つるちゃんが、かめこと仲良い、って思ってくれてること、

すごく嬉しい。


つるちゃんとかめこが、同じ気持ちでいること、

もっともっと嬉しい。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/10 01:04】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(16) |
お寺は黄葉の頃
黄葉してるのは、お寺のシンボルツリー 「なんじゃもんじゃ」の木。
春、白い花を咲かせる頃には、
この木の下で、吹奏楽の音楽会が催される。
その名も、「なんじゃもんじゃコンサート」。
10年ほど前には、つるちゃんとふたりで聴きに来たなぁ。


なんじゃもんじゃ



12月の寺参りは、7日金曜日に決行。
本日は、「平日限定20食」を新蕎麦でいただくことも、
お目当ての一つ。


いざ、お寺へ    



タクシーを店の駐車場に乗りつけ、
お参り前に、お蕎麦屋さんに入る。

お寺の鐘が鳴り響き、11時半を知らせてくれた。
つるちゃんごとかめことオットさまは、
すでに蕎麦屋の外席に車椅子を入れ、注文した蕎麦を待つばかり。

(初めに車椅子をセッティングした場所では、テーブルが遠すぎたので、
 別の場所に移動させた。
 つるちゃんが、いかに安定した姿勢で食べられるか、
 二人でいろいろ工夫したよ。)



つるちゃんは、いつものように 「たぬきそば」。
ここのは、揚げ玉が別に付いてくる。


つるちゃん、食べる気満々ね。
それでは、きょうは、
小鉢には移さず、初めからどんぶりで。



たぬきそば


口からはみ出したお蕎麦を、自分で箸で口に運んだりしてる。
なかなか上手に食べてるわ。



いつもなら、かめこは、
つるちゃんが食べ終わってから、お蕎麦に手をつけるから、
ぼそぼそしちゃって、美味しくない。


でもきょうは、
つるちゃんにお手伝いがほとんど要らないようなので、
出された “限定20食しかも新そば” の 「もりそば」を、直ぐにいただいた。



うんまい
かめこ好みのしっかり硬いゆで加減が、蕎麦のうまみを閉じ込めてる。



それで、普通のと、どう違うの? って?


このお店来るの、久しぶりだし、新蕎麦だから条件が異なるし、

両方一度に食べなくっちゃ、わからないよぉ





話が、これで終わったら、
みんな大満足で、めでたしめでたし。 なんだけど・・・・ 



つるちゃん、この写真の少し後、そわそわしだした。
立とう立とうとして、落ち着かない。

(店を出る時、はっきりわかったんだけど、
小の方が、出ちゃったんだ。)


その後は、
がんばって食べようとはするんだけど、、
お蕎麦に集中できない様子で、食べ方が遅くなった。

手づかみも出て、
せっかくの大好きなお蕎麦も、
美味しく食べられなかったかも。



つるちゃん、きょうは、残念だったね。

こんなこともあるけど、また行こうね



[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/08 15:32】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(12) |
いつも青信号
つるちゃんの歩行器 『乗っ歩』 くん。
先週まで使っていたのは、ブレーキが利かなくなって引退した。
つるちゃんが、ブレーキを壊しちゃったんだ。




この歩行器のブレーキは2種類。
1.自転車みたいに、利用者が握るとブレーキがかかる。
同じ位置(部品)を、
2.介護者が下げれば、ストッパーがかかる仕組みだ。 

どちらも、後ろのタイヤが押さえられて動かなくなる。


利用者を歩行器に誘導する時や、
歩行器から離れてもらう時には、

必ず、ストッパーをかけて安定させておく。

当然だよね。動いたら危ないもん。




つるちゃんに、歩行器の持ち手を握ってもらってる間、
ストッパーは、もちろんかかってる。


温かいよ

この写真でも、
かめこがカメラを構えて、つるちゃんから離れてるんだから、
当然、ブレーキはかかったまま。

だけど、つるちゃんは、歩行器の持ち手を握ったら、
その瞬間、直ぐに出発進行モード。


進まないよぉ。動かないよぉ。 
って、泣いてるんだ。

こんなに頑張って押してるのに、
動いてくれないよぉ。
 って。



いつもは、カメラは構えたりしないけど、
ストッパーをかけたまま、待っていてもらう瞬間は、必ずある。

門を閉める間もそうだし、
持ち手を定位置にしっかり持ってもらうにも、手間どるから、
その間、待つことになる。


そんな時、つるちゃんは、歩き出したくて、力いっぱい押す。


それを、毎日繰り返し繰り返し、やられてごらん。

初代 『乗っ歩』 くんは、
とうとう、
つるちゃんに根負けして、
ブレーキの方が緩くなっちゃった、って訳。



歩行器に関してだけではない。

ベッドで寝てる時だって、
つるちゃんは、手すりに寄りだすと、
頭がぶつかったから離れる、なんてできない。
頭をゴリゴリぶつけても、もっともっと手すりに寄っちゃう。

あるいは、家具に接して立っていて、どんどん詰め寄るとか、

暮らしのいたるところで、それはある。




その位置に止まってる、とか、
下がる、とか、
力を緩めるとか、

そういう動きの調整が出来ないんだ。

つるちゃんは、いつも青信号。



それでも、長い時間座っていられるようになってるし、
座ってるときには、
随分、普通に待てるようになってるんだよ。 



なお、この記事は、 前記事 「歩行器もあったかに」 の続きです。


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー 亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 


[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/05 01:10】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(14) |
歩行器もあったかに
つるちゃんご愛用の歩行器 『乗っ歩』のっぽくん。
訳あって、先週、2代目に交替した。



1代目くん、ご苦労様。

おかげで、つるちゃんは、
   とても大またで歩けるようになった。
   歩くことに自信がついて、みんなにも誉められて、
   嬉しい思いもたくさんしてる。

話すこととか、できなくなることも多いのに、
前より不安が少なくなったのは、

きみの力によるところが大きいんだよ。


5月末から11月末まで、お世話になりました。
ありがとうね。




そして、2代目『乗っ歩』くん、これからよろしくね。

冬にやって来た2代目くんには、
こんな工夫をして、歓迎の意を表した。



まず、つるちゃんに持ち手をつかんでもらう。(つかんだところ)
着ける前
       お古のマフラーで作ってあるよ。 


そして、カバーをくるり(いつもなら、さぁ出発。)
温かいよ

北風に向かって歩いても、 あったか~い

つるちゃんに、手袋をはめてあげるのは、凄く大変。
車椅子で出かける時は、ゆっくりお仕度するけど、
午前中とか、歩行練習だけで出るときには、
この方が、手袋はめるより、早いでしょ


でね、でね。
この写真で、つるちゃんが大泣きしてる理由が、

初代くんの引退と、ダイレクトに関係してるんだ。

            
           mayumi*作


もし、同じ状況で、つるちゃんが、泣かなくなったら、
この2代目くんも、引退の時期。


この話は、次回に。

さて、この写真で、つるちゃんが泣いてる訳、
つまり、つるちゃんが、1代目くんを引退に追いやった訳、

推測してみてね

つるちゃん、いったい何したの



関連記事: 「新型歩行器発進」


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー 亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/03 21:58】 | 介護品のこだわり | トラックバック(0) | コメント(10) |
ラッキョウ事件その後
デイサービスのそよ風さん(仮)で、
昼食で出された「らっきょう」が丸ごと口に残っていたことがあった。


(かめこは、夕食後の口腔ケアの際、いつものように、 
ガーゼで口の中をしっかりぬぐって確かめたが、気づかなくて、
発見したのは、翌朝だった。)


前回(ふた月前)のそよ風さんの家族会の時に、その話をしたのだが、
次のカレーの時にも、同じことがあったので、
デイの責任者に、かめこはクレームの電話をかけた。

でも、
1度目があった後に、
「食後に、口の中をもっと気をつけて見る。」だけの対応で良しとし、
2度目、同じことが起こったことを、
次からは、硬いものについては刻む、と約束してくれたものの、
さほど重く受け止めているようには思えない、先方の反応に、
かめこは納得いかなくて、ケアマネに相談した。

ケアマネも疑問に思い、この件について、責任者に電話してくれたのだが、
その時のデイ側の言葉にも、かめこはますます納得いかなくて、 


ケアマネには、
(2度目も)食後、口の中を見たが、たまたま口に残った、と言ったようだ。


直接会って話した方がいいのではないか、とずっと悩んでたのが、
この日、家族会が始まる前に、ようやく実現した。 



かめこが話したことは、
どんなに努力を積み重ねていても、
事故というものは起こるものだと、私は認識している。
だから、1度目に関しては、問題にしていない。
でも、
1度起きたことは、2度と起こさないように、最大限の努力をしてほしい。
今回のことは、たまたま母に何もなくすんだが、
危険なことだったと、とらえている。

1回目についての情報そのものは、そちら(デイ側)に伝わったようだが、
家族がどうしてほしいかという思いは、感じ取っていただけなかったようだ。

というような内容、他。




・・・家族会の時間がきて、ほとんど自分が話しただけになってしまったが、
とにかく、話せて良かった。

電話で話すのと、顔を見て話すとでは、全く違うと感じた。
よく聞いてくれていたのが、わかった。

この先、また何かあった時には、
同じような行き違いは起こらないだろう、
そう、今は感じている。



関連記事:  「デイにクレーム」9月27日付


【2007/12/02 22:43】 | 認知症専門デイサービス | トラックバック(0) | コメント(10) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

11≪│2007/12│≫01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。