つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
雨の寺参り
9月最終日の30日(日)、どうやら一日中雨模様。
今月の寺参りがまだなんだけど、無理しない方が良いかな?



つるちゃんに尋ねてみた。

雨だけど行く?           うん
雨だから、行かない?       (首を横に振る)
雨降ってるけど、行きたいの?   行く! 

間を空けて、何度か尋ねてみたけど、
いつ聞いても、返事は行きたい風。

それで、雨の日の寺参り、決行


雨の寺参り


【続きの表示】
スポンサーサイト
【2007/09/30 16:01】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(6) |
手すりに突進
9月25日朝、
つるちゃんが、ベッドでギャーギャーわめいていた。
かめこは、まだ、半分夢の中。


つるちゃんにしてみれば、5分も10分も経ったろう。
ようやく目が覚めたかめこが、
ベッドをのぞいたら、

つるちゃんは、手すりに顔を押し付けて、まだギャーギャー言ってた。
打ち身はないように見えたけど、
押し付けたというより、打ち付けてた感じ。 



痛かったよね。
身動き取れなくて、辛かったね。
放っておいて、ごめんなさい。


ベッドに沿って柵のようにセッティングしてあった“手すり”の
足側を、手前に開き、
つるちゃんの足をベッドから下ろして、
かめこは、つるちゃんを助け起こした。


そしたら、つるちゃんが、
ものすごい怖い顔して、
かめこの髪の毛をつかんでひっぱったり、
両手のこぶしで頭をぶち続けたりした。

直ぐに来てくれなかったかめこに、
怒りをぶちまけていた。


こんなの初めて。
つるちゃん、待たせてごめんね。



                   花

【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/26 15:35】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(10) |
秋分の日も多汗
「暑さ寒さも彼岸まで」 と言うのに、いつまでも暑いわねぇ。
そんな挨拶が交わされていた、この頃の東京地方だったが、
秋分の日の日曜日は、うって変わって涼しい一日だった。


それで、つるちゃんの下着は、
久々の、【紙のリハビリパンツ+パット】 というスタイル。


超暑がりのつるちゃんは、
デイとかショートとか通院とか、
はたまた、お通じがたくさん出るのが予想される時以外では、
薄着の季節、
もっぱら、【綿の普通のショーツ+パット】 というスタイルが、通常。
ちなみに、真冬でも、風呂上りのひと時は綿ショーツ+パット。


つるちゃんには、朝、
きょうは涼しいから、こっち(リハパン)でいいですか?
と、お伺いを立てて、頷いてもらってのリハパンだ。

                           
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/23 23:20】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(12) |
きょうは家に居たいの
9月17日(祝)、1週間のショートステイから、つるちゃん帰宅。
帰りのタクシーでは、
行きにゲボした経緯から、かめこが緊張してしまったが、
つるちゃんは、居眠りしたり外を見たり。
何回目かの、
 家に帰りますよ、 に、
はい と、とてもはっきり答え、
家に近づいたことを伝えた時には、
顔をくしゃくしゃにして、すごく嬉しそうにした。 


今回のお泊り中、
看護師さんのお話では、
つるちゃんは、あまり眠れなかったようだった。
行く前に比べ、今回は、歩行状態が落ちていない。
火曜日のヘルパーのしろつめ草さんが、

きょうは、よく話されて、会話になっていて嬉しいです。
と言ってくれた。
昨秋頃から、
家を離れてお泊りすることが、いい意味で刺激になっていると感じる。




そして、きょう水曜日は、デイサービスにお出かけの日。
それが、いつもと違っていたんだ。


朝食の終わり近くなって、メソメソ泣き出した。mayumi*作
食べる手が止まり、しばらく泣く。
かめこが、どうしたの?と、声をかけると、泣き止んで食べ出す。
これを3回繰り返した。


その時は、理由がわからなかった。


お迎えのバスが来た。予定時刻より10分近く早い。
今朝は、
散歩も、食後の歯磨きも、
かめこのする、デイの仕度も(連絡帳に記入したりオムツや着替えや薬を用意。)
バッチリ済んでいて、慌てることなく玄関へ。


つるさん、おはようございます!
そよ風(仮)は、久しぶりですね。

かめこ好みの美人(可愛い?)スタッフがご挨拶。

つるちゃん、一瞬笑顔になる。
でも、なんだか様子が変。



スタッフの手につかまって歩き、玄関を出て、門を出る。
バスのタラップまで、2、3歩という、その時、


つるちゃんが、しっかり振り向いて、かめこを見つめた。
目や眉が、ハの字になって、泣きそうな顔つき。
きょうは行きたくないのに。
と、訴えかける、哀しげな眼差しだった。
こんなの、初めて。

でも、それだけ。
バスに乗り込んだつるちゃんは、顔は曇っていたけど、
嫌がる様子ではなく、
かめこの方は、もう見ようとしなかった。




・・・せっかく家に帰ってきたのに、
もうお出かけしなくちゃいけないのね。
きょうは、家に居たいのに。


きっと、そう思ったんだね。

でも、そんなの我がままなんだ、 って、

きっと、そこまで考えているんだよね。



つるちゃんは、自分の気持ちがコントロールできるようになったんだと思う。
病気や境遇に甘えてなくて、偉いねぇ。
つるちゃん、尊敬してるよ。
どうもありがとう。



[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/19 14:17】 | 認知症専門デイサービス | トラックバック(0) | コメント(6) |
徘徊の変化の意味
3年前の2004年4月7日。
つるちゃんは、2年3ヶ月ぶりくらいに、自宅で暮すことになる。
当初、週に5日は、かめこ+ミニー(勤めを辞め介護を手伝う)
+ヘルパーさんの3人体制。


その1日目から、
つるちゃんは、よく歩き回っていた。
外にも出ていった。
全てに付き添う。
4月13日早朝と14日午前1時前に、相次いで行方不明になり、
警察に保護される。
夜間は、ドアに開けられない鍵をかけ、
全ての服の襟に名前と電話番号をつけ、
17日に、“徘徊感知マット”なるものを、玄関の外に設置した。
しかし、目が届いていたつもりの、5月5日昼間に居なくなり、
その日から、徘徊感知マットを24時間作動させることにした。



時を同じくして、(4月17日に突然)
とても激しい暴力行為が始まる。
徘徊で外に出ていたことも、暴力行為を乗り越えるヒントになり、
発作が出るたびに、外に連れ出す。
5月中旬、3日間、外を大声で歌いながら2人で歩き回り、
暴力行為(転化としての叫び声・悲鳴共に)、なくなる。


しかし、それと引き換えるように、寝つきが悪くなり、
同時に、徘徊の様子にも、変化が起こる。
(前記事に書いたのは、その後の様子。) 



【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/16 09:48】 | 徘徊:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(8) |
徘徊:ヘルパーの4時間
「徘徊」 について、
先日、2004年の再在宅1年目から来てもらっている、
ヘルパーさん3人に、別々に話を聞いてみた。
3人のうち、ひとりは、4月の再在宅開始から、ふたりは9月から。
当時のサービス時間は、
午後の2時から6時までの4時間で、入浴介助を含む。



以下は、
3年前、2004年の4月から12月までについての話です。


先日、それぞれのヘルパーさんに、まず尋ねたことは、
4時間の「徘徊」の回数、わかる?

この場合の「徘徊」 と言うのは、外限定。
つるちゃんが、自分から外に出たものをいい、
歩き回って、自分では家に帰らないものを言う。



ヘルパーさん達3人は、数なんか聞かれて、とても困ったようだったが、
3人とも、それぞれ、4時間で5回を下らない、とのことだった。



つるちゃんは、一日中、
食べてる間と眠っている間とお風呂とかトイレとかの時間以外、
家の中を歩き回る。
エンドレスで。
何かに憑かれたように、
赤い靴を履いて踊り続ける女の子のように、歩き回る。



ヘルパーさんは、
つるちゃんが歩き回るのに、全部付いて廻り、
つるちゃんが廊下から、の玄関の方に曲がろうとする前に、
さりげなくのリビングに誘導する。
そして、つるちゃんに、自分の椅子に座りましょうか、と、勧める。

たいていは、つるちゃんは無視して歩き続ける。
疲れて、自分から座ることはない。
うまく座ってもらっても、
次に立つ時、
つるちゃんは、立った瞬間、外に出ようと玄関を目指す。

リビングに誘導するのに失敗して(笑)、つるちゃんが玄関に出たら、
止めずに、外出に付き添う。

ちなみに逆周りで歩くと、
リビングから、真っ直ぐ玄関に突進してしまうことが多い。



こんな感じで、外に出た数が、
4時間で最低5回だった、と言うのだ。



外に出たつるちゃんは、どこまでも歩き続ける。
何かに憑かれたように。
赤い靴を履いて踊り続ける女の子のように。 

かめこには、
すっきりした顔つきで帰ってきた、【初めての徘徊】 とは、
全く別物としか、思えなかった。



 雨の日には、合羽を3枚用意した。
つるちゃんは、濡れた合羽は着てくれないので、
外から帰ってきたら、拭いて玄関に掛けておく。
1枚や2枚では、乾く前に(というより濡れすぎたまま)、
また出ることになってしまうから、3枚。



外に出たら、ヘルパーさんは、
しばらくは、つるちゃんに思い通りに歩いてもらい、
適当なところで、それ以上遠くへ行かないように、さりげなく誘導して、
つるちゃんに角を曲がってもらう。
そして、家を目指して、全てさりげなく、うまく誘導する。
(安全の為に)手を繋ぎ、つるちゃんの好きな、歌を歌いながら。



1キロ近いでしょうか?
と、3人とも、言っていた。

1度1キロ近く歩いたら、
2度目からは、短めに、と、思うのですが、
結局、ごまかせなくって、かなり歩かれてしまいます。



ヘルパーさんの居てくれる時間帯より、その後の1時間の方が、
(1時間当たりの回数は)たくさん外に出てる、って、
わかってもらえる?

       と、かめこが尋ねたら。

夕方は、落ち着きませんものね。そうだと思っていました。       
       3人とも、異口同音の答えだった。

もちろん、他の時間帯も、つるちゃんは外に出続ける。




つるちゃんの自由を尊重する。
徘徊は止めたくない。

だけど、
右膝が腫れすぎて、
(6月5日に整形外科に受診し、改めて、変形性膝関節症と診断される)
将来歩けなくなってしまうようなことに繋がるのが、心配なので、
いくらでも歩いてもらっていい、ということではないです。
不眠だからといって、
疲れたら眠れるだろうと、たくさん歩かせるのも、考え違い。
つるちゃんの場合は、身体がどんなに疲れても、
神経は興奮してしまうようなので、
たくさん歩くことが、安眠に繋がることはないです。



かめこは、
ヘルパー会社にもヘルパーさん達にも、そう伝えていた。
 


続く

参考記事:「初めての徘徊:理解編」 
    http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-364.html
関連記事:「徘徊:再同居に向けての方針と対策」     
    http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-552.html

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/13 19:40】 | 徘徊:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(14) |
ショートへ:涙のわけ
9月11日(火)、
つるちゃんを、入院(ショートステイの意味あい)先の和やか病院(仮)に、
送っていった。
タクシーでの所要時間は、渋滞などを見越して1時間半見る。


その車の中で、つるちゃんが泣いちゃったんだ。 


乗り込んだ時の表情は、普通かなぁ。
つるちゃんには、お泊りに行くと、話してある。

この頃のつるちゃんは、
車の中で眠っていたり、外を見てたりして、
リラックスしてるように見えたんだけど、
この日は、そういう感じではなかった。

眠っていいよ。
と、声をかけたけど、眠れない様子だった。

3分の2くらい進んだ頃、
つるちゃんは、かめこの足を擦りはじめた。
なんだか、寂しそう。
そのうち、涙があふれてきた。 

mayumi*作

お泊りに行くのが、嫌なの?
と尋ねたら、
コックリする。


そうだね。
でも、ご飯、とってもおいしいでしょう?
お仲間も居るよ。
看護婦さんたちも、みんなつるちゃんのこと好きだよ。


つるちゃんは、うつむいて、聞いてる風。
と、言う間に、

苦しそうにしだして、
これは、吐くな、って、雰囲気になった。


慌てて、運転手さんに、
車止めてください

直ぐに止めてくれて、つるちゃんを降ろさなくっちゃと、思いながら、
どうしたらいいのよぉ。
って、かめこがもたもたしちゃっていたら、
(つるちゃんの乗り降りは、
 こちらが手はず整えて、心を落ち着かせないと、難しいんです。


つるちゃんが、ゲボッ、ゲボッ。
それから、ゲボッ、ゲボッ。
またまた、ゲボッ、ゲボッ。



つるちゃんは、自分の手でゲボを受けて、
手とブラウスとパンツを汚した。
タクシーのシートには、
防水シーツを小さくしたものを敷いていたんだけど、
その中では、収まらずに、少し、タクシーの真っ白いシートに散った。
ついでに、かめこのパンツにも、散った。



かめこは、つるちゃんの服や手やシートを拭いて、
それから、つるちゃんに降りてもらって、

と言っても、座るところなんてなくて、立ってもらってたんだけど、
少し休んで、
出発した。




和やか病院に着いたとき、
つるちゃんの顔色は白かった。


かめこが伝えたのは、玄関で一人に、なのに、
会う看護師さん看護師さん、みんな、
つるちゃんがタクシーで吐いた情報は、承知していた。
挨拶より先に、

「もう、大丈夫?」 の声かけ。

かめこが、
 「吐いたんです。」
って、言うと、
そうなんですってね。 

なんて素晴らしい連携なんでしょう。


顔なじみの看護師さん達みんなに心配してもらって、
病棟に着いた時には、
つるちゃんに、笑顔が出た。

mayumi:


もう、大丈夫ね。

それから、ポカリ飲ませてもらって、
たくさん、優しい言葉かけてもらって、


かめこが、

それじゃぁ、しばらくお泊りしてね。 と言ったら、

しっかり頷いてくれた。




つるちゃんが、車で吐いたのは、初めてで、驚いちゃった。
原因は、特に思い当たらない。



あの涙のわけは、
お泊りが嫌だったわけじゃなくて、
気持ち悪かったんだね。

つるちゃん、気づいてあげられなくて、ごめんね。
つるちゃんのピンチに、助けてあげられなくて、ごめんね。

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2007/09/12 15:15】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
デイ家族会9月
きょう9月10日は、
つるちゃんの通っている、認知症専門デイサービスの家族会に行ってきた。
このそよ風さん(仮)では、2ヶ月に1回、家族会が開かれているのだ。


きょうの出席者は、
① そよ風さんに、現在家族を通わせている人が、かめこを入れて3名。
② 過去に(多分数回)利用したことがある人が、1名。
③ 世話役の家族OG1名。
④ そよ風さんのスタッフ1名。
                 の、計6名。

通常は、②は、いなくて、
他に、全国的な家族の会からのアドバイザー が出席。
              (この人も、ここの家族OG)
OGも、2人のことが多かった。

②の方は、介護にお悩みを抱えていらして、
相談先を探すうち、
認知症の家族の集まりがある、と紹介されて、参加されたそうだ。
どうやら、過去に、ご家族がこのデイを利用されたことは、関係ないようだ。



この会の趣旨は、
① 家族が自分の介護の悩みなどを話すことの出来る場であること。
② スタッフやアドバイサーから、アドバイスを受けられること。
③ 家族同士の情報交換の場。


というようなものであると、最後にスタッフから、説明があった。
  他の家族の悩みや、どういうやり方でやっているか、  
  などの具体的な話を直接聞けることも、
  家族にとって、とても有益だとのお話だった。


かめこにとっては、
つるちゃんのデイでの様子を知ることのできる、機会で、
スタッフとの話しの中で、デイ側に、要望を伝えることが出来る。
   点も、有意義だと感じている。
初めて参加した時には、
なんだか幼稚園の保護者会みたい、と感じて、
楽しい気分になったものだ。



                                   


【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/11 01:01】 | 認知症専門デイサービス | トラックバック(0) | コメント(10) |
見た
9月入ってからは、つるちゃんの早起きはなくなってきて、
今朝なんて、8時近くまで寝てた。
日曜日につるちゃんがゆっくりだと、かめこも助かる。



ベッドをのぞき、


目が覚めたの
と、かめこは、尋ねた。

え~~。   
つるちゃんは、考えてる風。

そして、言った。  
見た


かめこは、感心しちゃった。
つるちゃんは、「目が覚めた」という言葉を使うのは、難しかったんだね。
でも、なんとか言葉で伝えようと、考えたんだね。




見た。

つるちゃんが “見た”のは、
きっと、かめこの顔。

つるちゃんにとって、“朝起きた” ってことは、
“かめこを見た” ということなんじゃないかなぁ。



つるちゃん、きょうも、一緒にいろんな物見ようね。


mayumi*作


【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/09 11:51】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(14) |
ネムネムの訳
きのう9月5日、
いつもみたいに、
つるちゃんが眠りにつくまで、つるちゃんの顔を眺めていた。


・・・つもりが、
気がつくと、かめこが寝込んじゃってて、
目を開けたら、目の前でつるちゃんが、笑ってた。

それを2回も繰り返し、
でも、さすがに、3回目に目を開けた時には、
つるちゃんは、眠ってた。
先に目を閉じたのは、3回目もかめこの方だと思うけど。。。 



ラインハート

【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/06 11:47】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(12) |
スーパーに行きました。
9月2日日曜日。
つるちゃんとオットさまと3人で、スーパーに買い物に行った。


行き、安全な場所は、つるちゃんに歩いてもらった。
きょうも、つるちゃんは、自信を持って、大きく足を踏み出してたよ。

      8月のショートステイから帰った後は、
      以前骨折した方の左足を、少し引きずってたけど、
      毎日、朝夕散歩(歩行練習)したら、1週間で元に戻った。



散歩


以前だったら、つるちゃんを連れてたら、
つるちゃん中心で、
スーパーに居る時間が長いと、つるちゃんが疲れるのでは、って、
買い物なんか、絞り込んでたけど、
きょうは、つるちゃんのいない時と同じに、
迷ったりもできた。
それだけ、つるちゃんが普通の感じだったんだ。

スーパーに限らず、いつもお店に来ると、
つるちゃんは、棚の商品に手を伸ばしたがる。
でも、この日は、食べ物には、なぜか1度も手を伸ばさなかった。
それで、かめこが、文房具の棚の前で止まっていたら、
サインペンのケースをつかんだ。
かめこが、つるちゃんから取り上げて棚に戻すと、
また、同じ物をつかむ。
それを3回くらい繰り返した。
その時は、
ちょうど手の届く場所だったからだろうと思ったんだけど・・・

もしかして、サインペン(だか色鉛筆だか、そういうもの)
買ってほしかったの



すーぱーにて

 何見てるんだろう? こんな風に、周りを良く見てたよ。

 どらえもんと
  2112年9月3日生まれのドラえもんと。
  でも、ドラえもんは知らないって。


           それからそれから。。。
           家に帰って直ぐ、トイレに座ってもらったら、
           ちゃんと 用(小)が足せました。
 


関連記事:「日曜日はスーパーへ」2005年11月1日
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-331.html

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/09/03 11:28】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(16) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

08≪│2007/09│≫10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。