つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
横浜:外交官の家
ブログ友達のSATOKOさんが出された、記事に誘われて、
早速行ってきました。


          「横浜山手西洋館」

つるちゃんは、30日に帰ってくるので、きょう(29日)しかなかったの。


10年ぶりの横浜山手。

目指すは、
  「外交官の家」。  (重要文化財旧内田家住宅)
         


           ★写真は、クリックしていただくと、全て大きくなります。


心地よい爽やかな風の中、坂を歩いていくと。。。

木立の中に


もう少し、近づいてみますね。

外交官の家



2階の窓から見た、 「イタリア山庭園」

イタリア山庭園



家の中には、かめこの好きなステンドグラスも何ヶ所か見られました。

ステンドグラス



きょうは、もう1ヶ所「ブラフ18番館」を訪ねただけですが、
7つの洋館が点在し、3時間もあれば散策できるようです。
どこも、無料で見学できるのがいいですね




25日に行った海辺のレストラン、そして、きょう訪ねた横浜の洋館。
今回の、つるちゃんのショートステイ中は、
かめこ、ご機嫌な1週間でした。 


さぁ、あしたから、元気いっぱい、がんばるぞぉ

30日は、つるちゃんを迎えに行きます。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


他の見どころや、お部屋の様子が知りたい方は、
SATOKOさんのブログ 「晴れ☆たびたび トラベル」 へ
「横浜異人館めぐり」 ブラフ18番館、外交官の家
http://travelyours.blog23.fc2.com/blog-entry-122.html
「横浜の洋館」 ベーリック・ホール
http://travelyours.blog23.fc2.com/blog-entry-121.html



テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 
スポンサーサイト

[テーマ:ちょっとおでかけ | ジャンル:旅行]

【2007/04/30 00:06】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(14) |
海辺のレストラン
4月25日(水) 
湯河原の海辺のレストランで、オットさまとランチをとった。



レストランの名前は、「銀河館」。

料理のメニューは、フレンチのコース1種のみ。

この日は、ひらめのカルパッチョ・かぼちゃのクリームスープ・黒鯛のポワレ・
牛肉の煮込み・デザート(ラズベリーのムース他の盛り合わせ)・
パン・コーヒー。


味に深みはあるものの、濃厚なフレンチのイメージはなく、上品な味わい。
とても美味しくて、かめこは、ソースまできれいに食べてしまった。
ジャガイモを練りこんだ、というパンもすごく美味しくて、
お代わりまでいただいた。
私たちが注文したワインは、白のグラスワイン。




そして、とても素晴らしかったのが、細やかなおもてなしの心。

まるで、大切な友人として招かれたような、居心地の良さ。
接客に当たるスタッフ達は、いい意味で素人のような雰囲気があり、
とても好感がもてた。

客は、他に4人グループが2組。
どちらも予約して、遠くから、わざわざ足を運んだと見受けられた。

楽しみにしていたランチは、期待以上だった。



                                 
   
【続きの表示】

[テーマ:ちょっとおでかけ | ジャンル:旅行]

【2007/04/29 01:08】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(10) |
何もしない自由
今回、ショートステイ先の認知症専門「和やか病院」(仮)への入院前に、
診察室で、つるちゃんの様子の報告をする中で、
院長Dr.お茶の水博士に、家での【介護の方針について】 お尋ねした。



その前に、に、生活状況についての確認説明をした。

現在デイサービス週に2日。
ヘルパーさんには、週に4日、うち2日は、午前も来てもらっている。
デイとショートの日以外の天気がいい日は、車椅子で散歩に出ている。
歩行練習を含む。
コンビニでおやつを選ぶことは、3年間ずっと続けている。



母の介護の方針として、これまで私は、
とにかく、母のやろうとすることを止めない、ことを考えて来た。

だが、活動が不活発になり、
自分から動かず、静かに座っていることが多くなった。

私は、この頃の母は、落ち着いているので、
自分でも静かに座っていたいと思っているのだと思う。

退屈にしているわけではないので、
特に何かをしてもらうように仕向けなくても良い、
と思っているが。。。



Dr.お茶の水博士の答えは、

それで、良いと思いますよ。
退屈だろうと思うのは、あくまでも傍から見てですから。




かめこは、
もちろん、この対応は、その人の状況によって違ってくると思う。
そうではない人がいることも、知っているつもりだ。

だが、世の中の風潮のようなものから受ける印象からは、
「積極的に働きかけることだけが、認知症介護ではない」、
ということは、理解されにくいのではないだろうかとも思っている。

あなたは、どのように、お考えでしょうか?




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


関連記事 「認知症のケアプランって」
「何をするか」でなくて、「いかに、つるちゃんのペースでできるか」だと思う。ということ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-468.html


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/27 13:12】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(20) |
我慢しましょうね。
『おはようございます。』

モニャモニャしてて、はっきりは聞き取れなかったし、
つるちゃんは、そういう“いわゆる挨拶”は、言葉にしないんだけど、

かめこには、そう言ったように聞こえた。

つるちゃんは、ご機嫌にお目覚め。


きょうからお泊りだって、気がついてない。。。


この前の土曜日に買った、新しいシャツを着せた。
鮮やかな水色が、意外なほど良く似合った。
鏡を持ってきて、つるちゃんに見てもらったら、
自分でもまんざらでも無いみたい。



あら、きれいなカッコして、お出かけでもするのかしら?
つるちゃん、あれ? って、気がついた


 タクシーに乗り込む。
つるちゃんは、終始リラックスモード。

いつもは、かめこの手を握るのに、きょうは、その素振りもなし。
きのうだって、
内科かかりつけ医キューピー先生の所への行き帰りの間中、
ずっと手を握っていたのに。



・・・かめこは、なんかさびしい。



ショートステイ先へ、大通りからのポイントの左折。

運転手さんに指示したら、
つるちゃんが、かめこを見つめた。


(もう直ぐなのね?)
          でも、前みたいな、訴えるような目の光では無い。


『きょうからお泊りだって、分かってるのね?』

かめこが聞いたら、
つるちゃんは、
こくんと頷いた


           いちご


『それでは、しばらく我慢しましょうね。』

「和やか病院」(仮)診察室で、最後に、
Dr.お茶の水博士が、そう言ったら、

それまで、全く普通にしてた、つるちゃんが、


ワァ、とうとう言われちゃたぁ、って。 って、顔をして、

かめこを見つめた 
          ちょっとの瞬間だったけど、強い眼差しだった。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/25 08:32】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
抱え込まないで??
先日、お友達のブログのコメント欄に、

私は、
「在宅では抱え込まず、預けたら預けっぱなしにしない」 
という立場を推奨したい。

                                というようなことを書いた。


でも、あれ?
なんか、マ逆のことを話した覚えがある。

たしか・・・
「隣近所の声のかけ方」に記事に書いたようなことを、話題にした時に、
介護経験者と。 

その私の記事は、

ご近所にいる認知症の人を、(親切心で)気易く見ることが出来る、
なんて思わないでほしい。

というようなことを書いたものなんだけど、

知人と話した時には、

もし、これがヘルパーさんとかでも、無理な場合も多いだろうね。
って、言って、 

二人で、

「介護って、家族が抱え込まなきゃいけないこともあるよね。」
って話したんだった。 



・・・という訳で、
お友達さん、それを読まれた多くの方、ごめんなさい。



【私は、在宅で、抱え込まないなんて出来ないし、
家族が抱え込まなくてはいけない部分だって、あると思います。】


と、お詫びして、訂正させていただきます。


私は、もう、安易に、【抱え込まないで】 なんて言いません。



                              
   
【続きの表示】

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/21 19:05】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(28) |
泣いて抗議した理由
きょうも明日のパンが足りなかったので、
つるちゃんがお散歩に出る前に、買ってきてって、頼んだ。

でも、泣かれちゃったんだ。
        


いつも買う、パンの袋を見せてる時だったから、
ヘルパーのマーガレットさんが、


『どのパンにすればいいか、分からなくて、困ってるのかしら?』
『私もいますから、大丈夫ですよ。』

と言ってくれたけど、つるちゃんは、ますます泣く。    mayumi*作  


意味が分からないまま、
かめこが、お財布に入れる500円玉を見せたら、


つるちゃんは、泣きながら怖い目でかめこをにらみ、
右手で、かめこの口の両脇をグッと押さえて、
ひょっとこの口みたいにした。


 黙れ、ってことだと思った。

こんなこと初めてで、ビックリした。


(きょうは、パンを買いたくない、ってことなの?)

でも、
その時は、意味が分からないままだった。



【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/19 18:13】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(18) |
定期点検実現確約!
皆様に、最良のご報告をさせていただくことを、とても嬉しく思います。

2月23日付け記事 「定期点検の実現に向けて①」で、
かめこが希望していた件につきまして、

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-436.html


4月16日、
つる契約会社本社 「福祉用具などを取り扱う部署(仮)」 営業部責任者さんが、


全利用者対象に、福祉用具の6ヶ月毎の定期点検実施と、

契約書別紙 「福祉用具貸与説明書」 (割り印をして双方が持つ書類)に、

その旨を記載することを、 


口頭ではありますが、約束してくださいました。

これから、文章の作成と弁護士が検討する作業に入る、ということで、
新規書類完成は、1ヶ月以内。
一番先にかめこが、書類の更新をさせていただく手はずになりました。 


この会社は、
東京都のみならず、近県にも事業所を展開する大きな会社なので、
たくさんの利用者が、今後定期点検を受けられることになります。


とは、言いましても、
今回の展開は、かめこの力ではなく、
会社側がその必要性を認識し、正に実行しようとしていたタイミングだったことを、
声を大にして、ご報告させていただきます。


多くの同業者から、長期に渡り遅れをとったとはいえ、
組織が、人手を必要とする方向に運営を変えていくことは、ご努力のいることと、
利用者の一人として、感謝して、評価したいと思います。 

また、ケアマネのマウンテンさん、かめこの相談に乗ってくださり、
いろいろお調べくださいましてありがとうございました。

併せまして、読者の皆様のご支援を感謝いたします。
ありがとうございました。

窓を開ける

押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
てるてるちゃんの素材は、素材屋さんから、お借りしました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:私たちにできること | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/17 08:15】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(20) |
つるのお仕事
つるちゃんの朝は、昔からパン食と決まっている。

昔好きだった食べ方は、トーストにバターをつけて食べ、
耳の部分は、最後に、 甘い紅茶に浸して食べる、というもの。
去年、記事で朝食について書いた時には、
スティック状に切ったトーストに いちごジャムをつけたものを食べてもらっていた。

そして今は、
3ヶ月くらい前からかなぁ、トーストのパサパサ感が気になって、
フレンチトーストが定番になった。
別におかずとしてつけていた卵料理を、パンと合体させたのだ。
ふわふわのフレンチトーストを、一口大に切ったものを、
つるちゃんは、耳まで食べられる。
今の時期は、かめこ手作り いちごジャム載せ

お皿ではなく、器にこのフレンチトースト盛り、お盆に載せて出すと、
つるちゃん、いつも、すごく嬉しそうにしてくれるよ。



でもね、この嬉しさには、
ただ好きなものが出てきて嬉しい、っていうだけじゃなくて、
誇らしさ、みたいなのも入り混じってると思う。

なんたって、
パンを買う、って大役を果たすのが、つるちゃんなんだから



今朝も、
このパンは、つるちゃんが買ってきてくれたのよね。
って、かめこは、話したら、

うんうん、って、泣きそうな顔して喜んでくれた。


つるちゃんの買ってきてくれたパンは、おいしいね。
つるちゃんが買ってきてくれないと、フレンチト-ストは、作れないね。


そんな言葉を聞きながら、
つるちゃんは、満足気に食べてくれるんだ。

mayumi*作


【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/15 14:49】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(22) |
いちごソフトは母の味
12日(木)。お寺参りに行って来た。
先月に比べ、緑が急に目につくようになり、
4月の境内は、早くも新緑の頃。


4月のお寺

きょうのつるちゃんは、足取りが軽かった。
反応も表情も、とても良かった。


お寺に行くからね。

かめこが、そう言ったら、泣きそうに嬉しい、って顔をした。

タクシーのシートには、
自分からスッと、おしりを乗せ、タクシーの乗り方を、心得てる感じ。


何も介助しなくても乗り込める?
まさかね。


一瞬、ヘルパーさんもかめこも、そう思ったくらい。
スムーズな、身のこなし方。



つるちゃんは、お寺に行く気、満々だった。 


タクシーを降り、
つるちゃんが車椅子を押して、参道を歩く。
ヘルパーさんが、つるちゃんを支えて、かめこが車椅子を押さえた。
いつもは、下ばかり見て歩くのに、
時々、顔を上げて、廻りを見渡しながら、歩いてた。

行きにも帰りにも、
つるちゃんが好きだった蕎麦屋の前で、かめこが声をかけたら、


うん、分かってる。いつもこのお店だったよね。
って、顔して頷いた。
(きょうは食べられないけど) ここに来られて嬉しい、って顔だった。



しだれかつら(葉が濃い緑の木)と しだれ桜(手前)
4月


【続きの表示】

[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2007/04/13 00:07】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(29) |
食事介助開始
mayumi*作  つるちゃんの食事の様子が変わってきた。 
  自分で最後まで、しっかり食べ続けることが、できなくなった。



3年前、
動き回って、何するか分からなくて、いつも目が離せなかった時は、
食べている間だけは、座っていてくれるし、
何も手を貸さないで、最後までしっかり食べてくれていたので、
かめこも気が抜けたっけ。

でも、かめこが真ん前に座らないと、食事に手をつけなかった。


そのうち、
一人だけで、最後まで上手に食べることは、難しくなって、
食べた器と手をつけないお皿を入れ替えるとか、
食事の途中で、飲み物を持ってもらうとか、
箸を置いてしまい手で食べ出したら、箸を持たせてあげるとか、


これまでだって、何かしら、お手伝いはしてきた。 


だけど、そういうのとは、違う。

食事の途中で、箸が止まってしまうことが多くなった。
箸でエプロンをつまみ出したら、ずっと、続けるようになった。

それで、もう食べる気がないのかと思うと、そうではない。
本当は食べたいんだ。手を貸せば、食べられるんだ。
だから、食事介助を始めることにした。



前回、ショートステイ先の「和やか病院」(仮)では、
つるちゃんの、首や体が傾く方の、そして聞こえる方の右側に、
介助士さんがいて、
つるちゃんの箸が止まると、スプーンで、口に運んであげてた。

先日、ディサービス先の「そよ風さん」(仮)に伺ったところ、
途中で箸が止まることがあるので、一部介助してます。
とのことだった。

家では、
箸が止まる頃(20,30分後位)から、つるちゃんの右側にいて、
つるちゃんがエプロンをつまみ出したら、箸を持った手を器まで持っていくとか、
つるちゃんの箸が止まるようなら、
ご飯を口まで持っていってあげるとか、しはじめた。



mayumi*作  つるちゃんは、手伝った方が、  
  今は食事の時間だ、って、意識できるみたいだ。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/11 17:26】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(10) |
てるちゃん、退院します
つるちゃんと同じ誕生日で、ちょうど10歳違いの、オットさまの母さまが、
きょう9日、ようやく退院する。


長かったなぁ。
2月15日だよ。てるちゃん(仮)が、腰が痛くて入院したのは。


実は、痛みはまだ取れていない。
ベッドに横になってると楽だって、言ってたけど、
家事をこなせるほどでは ないみたい。

ただ、
ずっとベッドに横になってた割には、歩行状態が良くて、
それは、みんなの安心材料だ。


うう~ん、最近、物忘れが出てきたみたい。
窓も見えない、廊下側のベッドの上の生活が続いたから、
かめこは、仕方ないと思ってるんだけど。
こういうのって、どうなんだろう。。。




きょうはね、 

オットさまが、退院の手続きすることになっていて、
オットさまの兄さまが、車で迎えに行くことになっていて、
オットさまの姉さまが、家で準備して待ってることになってて、
姉さまとオットさまが、てるちゃんの家でお泊り。
兄さまの家は、廊下で繋がってるから、一緒のようなもの。


主治医の説明も、3人一緒に聞くことが多かった。

看護師さんに、言われたって、 

仲の良い、ご兄弟ですね。 って。



そりゃぁ、言うよ。

かめこも感心するもん。




3人が気持ちを合わせてる。



姉さまと兄さまは、
ずっと、てるちゃんを見てきたと思う。

だけどね、
オットさまは、これまでは、
嫁さん一辺倒で、嫁さん大事大事で、
        
    (分かるよね?
母さまのことは、
ちっとも気にしてない風だった。
自分から、会いにいこうとしたことなんて、
なかった気がする。。
それどころか、
かめこが調子悪かった時なんか、
行くの止めようか? (自分も、ってことだよ。)  だって。




今回、初めて、姉さま兄さまと、足並み揃えることができて、

かめこは、とても嬉しい。


親と居る時間を、

大事にしたい。


そう、思っている。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

入院について書いた記事:「87歳初入院!」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-431.html

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

【2007/04/09 14:10】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(22) |
乗り越えるということ
あれから、
かめこが、父の名前を言うと、

つるちゃんは、ヒーって、一声泣く。
そうだ、死んだんだ、って、想って 泣く。



かめこには、
つるちゃんが、泣く度に、

なんだか、父が、側に来て、
あの、優しい眼差しで、つるちゃんを見つめてる気がする。

 (思い出しちゃった。
  昔、紅顔の美少年って、呼ばれてた、睫毛が長くて二重の、大きな瞳を。)



そして、
つるちゃんも、そんな風に感じてるんじゃないか、と思う。


つるちゃんの泣き方に、

今、絶望の色は無い。




つるちゃんは、思い切り泣けるようになった時から、
悲しいことは、悲しい、って涙することができる自分を、手に入れた。

               (昔は、我慢しすぎる人だった。)
夫に愛された自分を、心の中に取り戻してる。

苦しいとか、悲しいとか、嬉しいとか、楽しいとか、
いろんな現実を抱えながら、生きている。


つるちゃんは、6年の時を経て、つるちゃんとして、生きている。



これが、

乗り越える、ということなんじゃない?


                       竹の子
【続きの表示】
【2007/04/07 23:55】 | つるちゃんからの贈り物 | トラックバック(0) | コメント(12) |
夫は今、胸の中に
先月19日に、ショートから帰ってきてから、
つるちゃんの意識が、一段とはっきりしてきた。
かめこの弟の名前を、自分から口にしたのは、
ショートステイ先に、訪ねてくれたことを覚えている、ってことだね。


それから1週間近く、つるちゃんの様子を見てた。

うんうん、落ち着いてる。今なら大丈夫。 


咲き始めた桜の花の下で、父の名前を言ってみた。
つるちゃんは、名前を聞いただけで、
力のこもった泪目で、かめこを見つめた。 
   
       大事な人なのよ。 っていう、サインだった。


つるちゃんは、夫を、しっかり覚えてる。


川沿いの、見事に咲いた桜の下を通る度に、
かめこは、父の名前を口にした。

つるちゃんの反応は、その度に、同じだった。





4月2日。

夕方、ヘルパーさんが帰ってから、
小さなアルバムの、父の写真を見せた。


四郎さんでしょう つるさんのご主人でしょ
ほら、ゴルフしてる。
二人で旅行、たくさんしてたね。
この写真は、初詣でお寺に行った時。



つるちゃんは、最初に写真を目にした瞬間、
目を潤ませて、例の顔をした。

             (私の大事な人なの。)

そのあと、
目を細めて、写真を見入ってた。




【続きの表示】
【2007/04/05 12:02】 | 夫の死、兄の死を乗り越える | トラックバック(0) | コメント(32) |
夫の死を知る日
2005年3月26日。
夕食の仕度をしていた、かめこのところへ、
つるちゃんが、近づいてきた。
どうやら話があるみたい。



主人は、どこですか。


それは、
つるちゃんが夫を亡くしてから、あと1週間で、丸4年になろうと言う日だった。



つるちゃんの問いかけは、唐突だった。
その真剣な眼差しを見て、かめこは緊張した。



四郎さん  (仮。父は4男なので) のことですか 


はい。





かめこは、黙ったまま、
つるちゃんの手を引いて、
いつもは入れないようにしてある、奥の和室に連れて行った。
その部屋の、続きの小さな洋間の整理ダンスの上に、
仏壇が置いてあって、

仏壇の後ろの壁には、父の遺影がかけてある。


かめこは、つるちゃんを仏壇の前に立たせ、
遺影を指して、言った。



あれがなんだか、分かりますか 



・・・はい。



つるちゃんは、涙を浮かべていた。
全てを悟った顔だった。


そして、静かに、ゆっくり、つぶやいた。




知らなかった。かわいそうに。



かめこは、黙ったまま、仏壇のろうそくに火を点し、線香をろうそくに傾けた。

そして、
左手でつるちゃんの手をつなぎ、
もう片方の手で、
仏壇に線香を供えた。


つるちゃんは、泣き続けていた。





【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/03 11:53】 | 夫の死、兄の死を乗り越える | トラックバック(0) | コメント(20) |
夫の存在を消した日
4月2日は、かめこの父の祥月命日。
2001年平成13年に亡くなったので、今年が七回忌に当たる。



父は、自身が大動脈瘤を抱えていることを知りながらも、
前日の午前中まで、普段どおりに暮していた。
              妻であるつるちゃんを、それはそれは気遣いながら。



その日夕方、6年前の4月1日。
具合の悪くなった父を、かめこが病院に連れて行った。
タクシーが病院に着いて、一歩降りたとたん、
その場に崩れ去った父。
もう、時間は残されていない。


夜になり、
集中治療室の父の枕元に、家族が集められた。
つるちゃんと、かめこの弟とかめこの家族が、父を囲む。


もう、くたびちゃった。
お母さんを頼む。




父は、その翌朝、旅立って行った。
満開の桜に見送られて。




つるちゃんは、夫の枕元で、顔色を変えなかった。
何も目に入らない様子だった。
翌朝、亡くなったと聞いても、反応がなかった。
通夜の席でも、告別式でも、
言われた通りに動いてはいたが、
誰の葬式なのか、関心もない様子だった。


つるちゃんは、夫の死を、認識できなかった。



その後、

つるちゃんの暮らしぶりは、
夫のいる朝と変わらなかった。


紅茶とトーストとリンゴの簡単な朝食の仕度は、
自然に一人分になっていた。


まるで、初めから一人暮らしのようだった。


夫のことは、
一言も、言い出さなかった。

写真を見せても、
知らない男の人、だと言い続けた。

つる一家4人の写真には、
知らない人がいるから、家族ではない、と言っていた。




2001年4月1日、夜。

死を前にした夫を見て、

つるちゃんは、その人の存在自体を消してしまったのだ。




それは、

ただ、忘れてしまった、 というのとは、 

違う。




その人を亡くす時を、

経験せずに済むように、



存在自体を、


心の奥底に、封じ込めたのかのように、


かめこには、見えた。 





関連記事:「父の命日」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-88.html
「つるがおかしい」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-90.html

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/01 11:53】 | 夫の死、兄の死を乗り越える | トラックバック(0) | コメント(26) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

03≪│2007/04│≫05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。