つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜のお寺と帰り道
3月29日(木)午後。
恒例のお寺参りに行った。

タクシーがお寺に近づくと、バス通りの桜並木は、見事な咲きっぷり。
参道の入り口にも、背の高い桜の木がそびえてた。


暑いくらいの陽気だった。

お参りした後、
亀のいる池のほとりのテーブルに落ち着き、抹茶ソフトを買ってきた。
かめこが、スプーンで一口一口、つるちゃんの口に運んだ。
つるちゃんは、唇についたアイスを手でぬぐったよ。
紙コップに入れてもらったお水は、自分で持って飲んでいた。


写真の下の方に、後ろ向きのヘルパーさん。
その前に、見えないんだけど、車椅子に乗った、つるちゃんがいるよ。

桜のお寺


帰り道は、車椅子で。
もう直ぐ家というところに、川がある。
土手を下りて、夕方の岸辺を散歩した。
 
(注:歩行練習に車椅子利用は、危険です。お詫びします。)
土手を散歩


大きな桜の木の下に、つるちゃんがいるよ。
桜の木の下で


あと、何回の春を、つるちゃんと過ごせるのだろう。


 
【続きの表示】
スポンサーサイト

[テーマ:春だねぇ。.:+゚ | ジャンル:日記]

【2007/03/30 19:49】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(24) |
賢いつると井の頭
3月28日(水)、
東京は吉祥寺の、井の頭公園を友達と散策した。
ここは、桜の名所で、よくテレビなどにも出る場所だ。
だいぶ咲いてはきていたが、満開は、この土日あたりか、というところ。


写真は、クリックしていただけば、大きくなります。

28日1


28日2


かめこは、高校時代の一時期、この池の周りを走ってたんだよ。
28日3


つるちゃんとも何度も来てる。
お花見の頃では無いけど、認知症になってからもね。(きょうはデイサービス)

4




さて、つるちゃん、
きのう、またまた、かめこをビックリさせたんだ。


【続きの表示】
【2007/03/28 16:04】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(16) |
きもちいいね
今週は、お花見週間。
5人のヘルパーさん達と、火曜日に来る予定のケアマネさんと、
そして、皆さんを、
「つるちゃんとかめこ」ご自慢の、散歩道へご招待。 

スタッフ一番手は、月曜日午前担当のコスモスさん。
つるちゃんを乗せた車椅子を押して、3人で、川沿いの散歩コースへ。


朝からの春の日差しのおかげか、
きのう(日曜)の午後、かめこの娘のミニーと来た時とは、大違い。
何だか急に、咲いてきたみたい。


花見週間


つるちゃんに 花を見てもらうのは、すごく難しい。
いつも右に首を傾げ、視線が下を向いているから。
指指した方を見る、なんてこともできない。


それで、コスモスさんが、花を見てもらおうと、
花の方向から、
 『こっちですよぉ。お花見てくださ~い。』 と言ったら、
その向こうの花でなく、コスモスさんの顔を見てた。

うまい具合に花の方を見てるな。
と思っていたら、土手を散歩する、ワンちゃんだったり。。。
花には目が行かないけど、動く動物や、遊んでいる子どもならば、
下のほうでも、目が行くんだ。

でも、きょうは、何度か確かに、花を見てた。
きのうもミニーと来たから、お花見の仕方、分かってたのかな?




つるちゃんに、車椅子を押してもらい、歩行練習。
つるちゃんの右側から、脇を、コスモスさんが支えて、
左側、かめこが車椅子を支える

           注:二人で介助してます。


しばらく歩いて、つるちゃんがコスモスさんに、言った。


『きもちいいね。』




本当に驚いた。 



「気持ちいいね」 なんて、自分から言うの、初めて。

お風呂に入ってる時とか、散歩の時とか、
こちらが、気持ちいいですか?
と聞くと、うん、ということはあるけど。




本当に驚いた。

つるちゃんに、辛いことが少なくなったことで、

出た言葉だと、嬉しい。



クリックすると大きくなります。
2枚の写真は、この日の午後のもので、記事のときではありません。

3月26日


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんから、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/27 01:12】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(14) |
晩酌と開花
3月24日(土)。

かめこが、 
夕食の支度するね。 って、つるちゃんに言ったら、


『しゃけ。』


きょうは、ブリなの。 鮭食べたいの って、聞いたら、

つるちゃんは、首を振って、


『しゃけ。』


あ、お酒か。 お酒が飲みたいの




こうして、その夜、
つるちゃんは、晩酌をすることになった。




つるちゃん専用の花柄のお猪口に、 (お猪口は、液体の薬用。)
オットさまの熱燗を注いで、つるちゃんに手渡す。



つるちゃん、グビッ、グビッ っと 二口。


二息くらい置いて、もう一口、
 グビッ



オットさまが、 『うまそうに、飲むなぁ。』 と、顔をほころばせた。



お酒おいしいの

かめこが聞いたら、
つるちゃんが、真面目な顔して、大きく頷いた。





以前も記事にしたけど、
つるちゃんは、イケル口なんだよ。


でも晩酌は、病気になって、初めて。


自分から、お酒飲みたいなんて、
びっくりしちゃった。





3月25日(日)
初孫のミニーと散歩。川の南側は、桜が咲き出しました。

ミニーと


クリックすると、大きくなります。満開が楽しみ
3月25日午後



つるちゃんの飲みっぷりは、こちらに写真があります。
「ボージョレ・ヌーヴォー試飲会」

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-349.html


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんから、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2007/03/26 00:20】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(18) |
誉められた!
3月24日 朝4時過ぎ、

ベッドの中のつるちゃんが動き出した気配で目が覚めた。
掛け布団をはいで、身体を上へ上へと動かしてる。
これは、おしりが気持ち悪い、ということだわ。


起き上がろうとしてる。
聞き取れないけど、起きたいって言ってるみたい。

いざ、かめこの出番



布団をめくったら、つるちゃんはお腹を出してた。


『おしり、気持ち悪いのね
『取り替えるね。』

つるちゃんが、うんうんと頷く。


オムツのパットの交換終了。


『まだ、朝じゃないから、寝てね。』
つるちゃん、コックリ。



かめこも、布団に戻る。



だけど、つるちゃんは、寝付けないみたい。
何度も上体を起こす。 
その度に、かめこは、
 『寝てね。』 と、声をかける。




全然、寝る気配がない。
ああ、これは起きたいのね。



『つるちゃん、ベッドの上に座ってようか。』

足をベッドから下ろして、電動ベッドの頭を上げる。

すると、つるちゃんが立とうとした。


べッドの直ぐそばにある、つるちゃんお気に入りのソファーに座りたいのかな?
まだ起きるには早い時に、何度かそこで過ごしたことがある。



『つるちゃん、あっちの椅子に座りたいのね

そしたら、つるちゃんが、嬉しそうに言った。

『よく、わかった。』


『良く分かったわね、って、かめこを誉めてくれたの



そしたら、つるちゃんが、

『そう。』 って、すごく嬉しそうにニコニコしてくれた。




感謝されたことはある。

でも、誉められたのは、
つるちゃんが認知症になってから、

多分初めて。


きょう、お母さんが、 かめこのこと誉めてくれました。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/25 01:18】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(12) |
不調だったの歯のせい?
3月19日(月)、
つるちゃんを、ショートステイ先の「和やか病院」(仮)に迎えに行った。

皆さん、お昼ご飯中。
広いホールを見渡して、かめこは、つるちゃんを探す。


そこへ、看護師長さんが近づいてきた。
なにやら、大事な話がありそうな、雰囲気。


『お電話するまでも無い、と思ったものですから。。。』

と、取り出して渡してくれたのは。。。

             てるてるちゃん

【続きの表示】
【2007/03/23 16:04】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
NHK生活ほっとモーニング 家族が認知症になったらを観て
楽しみにしてた番組を、つるちゃんとオットさまと3人で観ました。
もう、朝から、つるちゃんが、お通じ出まくりで大へ~ん
2分遅れながらも、リアルタイムで観ることができて、ほっとしてます。
ビデオ録ったから、って、その日観られるとは、限らないもの。



さて、実話ドラマ  「かんちゃん」。

とても良く出来ていました。
特に、認知症になられたお母さまの様子の描写が、秀逸。
そうそうそうそう、あるあるあるある、
そうなのよねぇ、って、泣けてきました。

その涙は、
思い出して、辛いから出たのではなく、
ドラマの登場人物への共感と、
なんだか、
自分が経験したことを、皆さんにわかっていただけるのだ、
という喜びにも似た気持ちから来るものだと思います。

かめこの母のつるちゃんは、
かつては、徘徊も暴力なども大変激しく厳しく、
ドラマのお母さまの様子を伝えるエピソードが、
必ずしもその通りにあったわけではないです。
それでも、とても満足してます。

「認知症になった人って、家ではこんな感じです。」 と、
私からも言わせていただきますね。



お母さまの不可解な様子に接した時の、ご家族の反応も、
とても共感できました。


ドラマのご家族は、お母さまを呼び寄せていらして、
うちはねぇ、かめこ家が、つるちゃん夫妻の住む、この家に越してきたんです。
そんな風に、もちろん、設定は違ったりするし、
反応も会話も、具体的には違うけど、
同じ年頃の子供達がいたし、
肝心なところのニュアンスが、同じでした。

特に、ご主人が、
 『お前とゆっくり過ごしたい。』  と、言うところ。
かめこのオットさまも、つるちゃんにやきもち焼くんだよ。
同じだなぁ。分かるなぁ。
これは、認知症の人の介護家族に限った話では無いけどね。



ドラマで、ここまでの描写が出来たのは、
介護経験者へ徹底した取材や、脚本や演技の素晴らしさもあるとは思いますが、
なんと言っても、原作となった、介護日誌をつけられた高畑冨美子さんが、
きっと、いつも自然体でいらして、
ご自分が、感情的になる部分も含め、
気負いなく、そのままのお母さまを、きちんと記録されていたからだと思います。
同じく、介護の様子を文章にする者の一人として、尊敬申し上げます。

追記:
NHKでは、この高畑さん以外にも、10人以上の介護経験者を面接取材されているようで、
実は、この「つるちゃんとかめこ」も、今回のドラマの候補の一つになっていました。
それについてのご報告記事のリンクは、記事末尾に加えさせていただきます。

               
               コーヒーブレイク

【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/21 17:57】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(26) |
21日朝NHK認知症特番情報
3月21日(水・祝) 午前8時35分から9時25分まで、

NHK総合テレビで、


「もしも明日が - 特集 生活ほっとモーニング ー 」 

「もしも明日・・・家族が認知症になったら」
 が、放送予定です。


皆様、ぜひご覧くださいね。




これは、「認知症介護」をテーマに、
主に、これから介護を経験するであろう人たちに向けて、
乗り越えた人の知恵を疑似体験しよう、という主旨で制作された番組です。



主体は、認知症になられたお母さまを介護された女性の記録を

     ドラマ にしたものです。

主演は 原日出子さん 母親役 馬渕晴子さん


このドラマを、
原作者であり、主人公のモデルである女性本人(高畑冨美子さん)
その他の出演者が、スタジオで観ながら、

「幸せな介護」 を求めて、議論を展開されるようです。


NHK番組担当ディレクターさんより、

つるちゃんの精神科主治医Dr.お茶の水博士 が出演されると聞き、
かめこは、先日、つるちゃんが、ショートステイ入院時の診察を受けた折、
番組ホームページなどには載らない、Dr.の目線での、
このドラマの見所を、伺いました。 



【続きの表示】

[テーマ:NHK | ジャンル:テレビ・ラジオ]

【2007/03/19 18:02】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(29) |
問題とされる項目2:介護抵抗と徘徊など
前回に引き続き、介護保険「基本調査」項目ごとに、
つるちゃんに現れた、認知症の症状について説明します。

前記事は、直ぐ下にあります。
もちろん、認知症になられたからと言って、
このようなことが出る、というものではありません。

同じく、
かめこが、つるちゃんの痴ほうらしい症状に気付いた、
約10年前(1997年6月頃)を、基点にしています。 



9.介護などに抵抗するか  
  
今回も、調査員さんには、不本意ながら、 『あります。』 と、答えた。  
『それは、嫌だからですか?』 と問われ、  
『それもあると思いますが、何をするのかされるのかが、分からなくて、怖い、
服を着替える時などは、つかまるところが無い、などと、不安定になるので、
怖いのだと思います。』
と、答えた。
   
   今は、とても少なくなったが、
   
   ・介護者の誘導に対して、動こうとしない。
   ・動作や身の回りについての介助に対して、協力しない。
   ・たたく、ツメタテするなど、力づくで反抗、介護を阻止する。
   ・自分が椅子から立たないように、腕に力を入れて踏ん張る。
   ・世話されないように、逃げ回る。(今は、足で逃げ回るわけではない)

   
時期については、
散歩や旅行や受診の誘いを、とても機嫌悪く断る、というものならば、
基点から9ヶ月後頃の、病院受診時が初め。医師の対応が最悪だった時。
   
   
この時期の断る時のつるちゃんは、
かめこへの信頼関係が、無い状態。
つるちゃんが、かめこを 自分を理解しない「敵」ように感じて、
言いなりにはなれない、と思っているように、感じた。
常に、というわけではなかったが、
かめこは、どう付き合って行けば良いか分からず、苦しんだ。
      
   
これに対し、身体介護が必要になってからの「抵抗」は、程度として激しい時でも、
信頼関係があっても、できない、怖くて身体が拒否してしまう、
今はしんどくて動けない、正直気乗りがしない、
などとかめこには、感じられる。
介護者側が、気長に接すれば良い、と感じ、できないことは困るが、
かめこにとっては、苦ではない。
   
これも、今から1年半前位から、減少傾向。

なんだか、今、書いていて、自分にとって、何が辛かったか、見えた気がしてます



10.目的もなく徘徊するか

徘徊と呼ばれるものには、様々なタイプがあるようだ。
すでに記事にした、「初めての徘徊」(基点から5年半後)は、
当時、狭い施設で過ごしていた、つるちゃんにとって、
開放感にあふれ、気分がすっきりするようなものだったようだ。
けれども、そういう徘徊だけでは、すまなかった。


基点から、6年10ヵ月後の再同居当初の徘徊は、「初めての徘徊」と似ていたが、
激しい暴力後の、不眠状態が続いていた時期の「徘徊」は、とても厳しく激しかった。
5分も間をおかずに、24時間外に飛び出したがり、早足でいくらでも歩く。
エネルギーを発散させずにはいられない感じ。
家の中でも、何かにとり付かれたように歩き続ける。

この状態は、5.不眠と同じく、大たい骨骨折まで、7ヶ月間続く。
なお、対応は、「徹底的に付き合う」でした。ご近所の理解も大きかったです。

大たい骨骨折以降は、自分からは、外に出ることがほとんどなく、
家の中を歩き回っていた。
歩き方も、落ち着かない感じに変化。

足腰の筋力低下とともに減少傾向。
最近は、かなり減ってきた。



11.「家に帰る」などといって落ち着かないか    
   再同居後、数ヶ月間は、自宅にいてもあった。
   「田舎」を指すようだった。
   現在はない。


12.外出するとひとりで戻れないか   
   帰り道を忘れて戻れなかった、ということは、1度もなかった。


13.一人で外に出たがり目が離せないか   
   10の徘徊に関してと同様。


14.A物を集めたり B無断で持っていくか   
    該当するかどうか、分からないが、
   家の中で、歩き回る時、何でもかんでも持ち歩く。現在も続く。
   
   B 過去も現在もなし。

15.火の始末や管理ができないか     
   もちろん、今は、してないが、
   施設入居時(基点より4年半後)まで、完璧にできていた。
   おそらく、施設に入居しなければ、もっと長くできていただろう。
   恥ずかしながら、今のかめこの方が、
   認知症と診断された後のつるちゃんより、できません。



16.A物を壊したり B衣類を破いたりするか   
   再同居後の激しい暴力行為の時は、激しかった。
    程度が全く違うが、現在も、バンバンたたいたりして壊す。
   
   
   過去も現在もなし。


17.便をいじるなど不潔な行為をするか   
   小さい施設で、夜間拘束服を着せられていた時期に、あったようだ。
   施設を出た後、便が漏れたのを隠そうとして触るとか、は あったが、
   認知症専門病院では、しかることなく対応し、直ぐに治まった。
   今だって、気持ちが悪くて、オムツを外そうとして、誤まって触ってしまう
   ことも、無いわけではないが、この項目には、該当しない。



18.食べられないものを口に入れるか   
   はい。現在も異食あり。
   これは再同居後(現在から3年前)に始まった。



19.ひどい物忘れがあるか
   基点の頃~1年くらい、まだ、つるちゃんに大事な用が任されていた頃、
   用件を忘れて先方を怒らせたりした。 
  
   
   Dr.お茶の水博士には、   
   『お母さまは、(アルツとしては)物忘れが進まないことが、心配です。』
   と、長年言われていた。 
   又、
 『アルツハイマー病非定型』  と、言われている。  
   


関連記事:「認知症の問題行動とされる項目1」
「徘徊の原因」「初めての徘徊:動転編・心配編・理解編」
 暴力行為:6部作(「暴力行為の起きる前」~「歌の力」)

下のURLはカテゴリです。
      トップ画面に、今のこの記事が出ますが、
      下の方に、具体的な記事がいくつか入っています。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-category-42.html
「異食」関連:http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-446.html
他の「異食」関連記事は、この記事末にリンク先掲載。
 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/18 16:43】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(12) |
認知症の問題行動とされる項目1
認知症の症状にかかわると思う項目を取り上げて、
つるちゃんの症状を説明してみます。
出典は、介護保険認定調査の際に「基本調査」として質問される項目です。
こういう取り上げ方については、疑問もあるのですが、
介護についての判断材料になっているものなので、使ってみます。
答えと介護度との関係は、考えないことにさせてください。


なお、つるちゃんは、アルツハイマー病と診断されていますが、
非定型と、言われていて、
多くの人が、このような経過をたどる、というわけではありません。

また、症状の出た時期については、
約10年前の、かめこがつるちゃんの異常に気付いた時点
(1997年平成9年6月頃)を基点にしています。



第7群 問題行動に関連する項目

1.物を盗られたなどと被害的になるか
  現在は無し。
   基点より9ヵ月後 
  夫の検査入院中7日間に、2回泥棒騒ぎで警察を呼ぶ。
  
   基点より1年半後 かめこ家同居をきっかけに、
     家盗られ妄想と、激しい言葉の暴力始まる。
       ~10ヶ月間続く。
   (妄想といっても、自身の体験からくるもので、過去との混乱による。)
  改善は、精神科の薬処方による。 


2.作り話をして周囲に言いふらすか。
  過去も現在も無し。
  作り話とは、言えないと思うが、
  上記の家盗られ妄想について、自分の兄弟に言いつけていた。


3.幻覚や幻聴があるか  
  過去も現在も無し。

4.泣いたりして感情が不安定になるか
  基点から1年半後の同居時から、大きな特徴の一つ。
  感情失禁と呼ばれる。  波は、
color="#0000FF">②の2度。  
  1年半後の同居時~その10ヵ月後の精神科薬処方時まで。
  1の②家盗られ妄想と連動。
  (処方後も、特に夜間は、大変不安に)
  
  5年9ヶ月後に施設で、風邪で1週間寝込んでから急変。悪化の一途。
   今から1年半前、基点から8年3ヶ月後より、とても落ち着く方向に。


5.夜間不眠や昼夜逆転があるか
  基点時直前に、不眠の自覚で神経科通院開始。
  上記項目4の②と全く同じ経過をたどる。
  導眠剤が効かず、「1時2時寝4時起き」が続いたのは、
  再同居1ヵ月後(基点から6年11ヵ月後)~大たい骨骨折までの8ヶ月間
  くらい。
  今から1年半前頃から、導眠剤がしっかり効くようになる。


6.暴言や暴行があるか  
  暴言については、家盗られ妄想に付随する。1の②と4の①と同じ経過。
  暴行については、 
  激しい暴力行為は、6年10ヶ月後の再同居10日目から3週間くらい。
  ツメタテ・たたくなどは、再同居時~最近まで残る。現在はほとんどなし。



7.A同じ話を繰り返したり B騒音を出したりするか  
   は、過去も現在も無し。  
   は、壁や机をバンバンたたく・・・夜間については、4②と同じ経過。
   昼間については、6年10ヵ月後の再同居時~現在に至る。減少傾向。
  


8.大声を出すか 
  4の②と連動。夜間のみ大声を出すようになった。
  基点から6年10ヵ月後の再同居暴力行為が治まることから、
  昼間、大声・叫び声・悲鳴を上げるようになる。
  夜間については、短期間。
  今から1年半前くらいから大幅に減少。
  現在もあるが、一日に数回まで。



9~19までは、次回。


関連記事:http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-category-42.html
激しい言葉の暴力・家盗られ妄想の頃については、
「自殺未遂の過去」「不遇時代のシンデレラ前・後」
激しい暴力行為については、    
「暴力の起こる前」「暴力行為」「尊厳を奪われるよりは」「介護続行の判断」
「暴力行為の対処方法」「歌の力」
 
不眠(つるちゃんの場合は、全く寝てないわけでは無いです。)
についての記事は、まだありません。


【2007/03/17 19:18】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(12) |
認定結果5への思い
「箱根1泊 温泉と薄っすら富士山と1点豪華グルメの旅」より帰宅したら、
介護保険要介護認定結果通知書が届いていた。


認定結果      要介護5
決定日       平成19年3月14日
認定の有効期間 平成19年4月1日から 平成21年3月31日
理由         要介護状態
審査員意見    長期間にわたり、
            審査判定時の状況が変化しないと思われるため、
            有効期間を24ヶ月とする。



つるちゃんが要介護度5になったのは、
平成15年9月29日、今から3年半前
そして、今後2年間、要介護5との認定結果というわけだ。



かめこの場合、同じ要介護5でも、介護についての感覚は、全く違う。


これまでを振り返ると、
要介護5になってからの2年間(かめこと暮したのは、うち1年半)は、
その後の1年半とは、比べようがないほど、介護が厳しい期間だったと思う。
もし、おととしの秋以前に、ブログと出合っていたとしても、
自分で書いてみる、などとは、思いつくわけも無かっただろう。
時間的にも、精神的な余裕、という意味でも。

その時期を過ぎてからきょうまでは、介護は感覚として楽になっている。
楽に感じる理由は、いろいろあるだろうが、
つるちゃんが、動かなくなってきたことも、大きい要素だろう。


又、つるちゃんの、認知症(当時は痴ほう)らしき症状に、かめこが気付いてから、
あと2ヶ月ほどで、10年になろうとしている。
この10年を振り返って、かめこがもっとも大変だったと思う時期は、
以前も書いたが、
まだ認定も出てない時期。

かめこの場合は、
「つるちゃんが認知症だということを受け入れられない」 
ということは、初めからなかったつもりだが、
それでも、
つるちゃんが疑心暗鬼になった時に、どう接したら良いのか分からないとか、
激しい言葉の暴力について、改善する方向性を見出せない、とか、が、
大きいストレスとなった。


つまり、かめこにとっては、要介護5の今より、
「介護」 と呼ばれるようなことを、まだ経験しない時期の方が、
つるちゃんと暮していくこと、つるちゃんとかかわることは、大変だった。



以下は、箱根の旅のご報告です。

【続きの表示】
【2007/03/16 23:31】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(18) |
ショート:Dr.に報告
3月13日(火)
つるちゃんを、ショートステイ先の認知症専門病院に送ってきた。


タクシーが、「和やか病院」(仮)に到着し、
かめこは、入院手続きのために受付へ。

つるちゃんは、外来担当の看護師さんに連れられて、
直ぐに、院長先生のいる、診察室に

おお Dr.お茶の水博士の声が響く。
つるちゃんに、一生懸命、話しかけてくれてる。

受付に着いた時には涙ぐんでた、つるちゃんは、
泣きも騒ぎもせずに、おとなしくしてる模様。
つるちゃんは、Dr.のことを、もちろん覚えている。 


かめこも診察室に入り、Dr.と挨拶交わし、つるちゃんの隣に座る。





【続きの表示】
【2007/03/14 18:08】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(8) |
基準はどっち?
うちに来るヘルパーさんの一人が、つるちゃんに言う言葉が、
ずっと気になっていた。

なんかなぁ。違うんだけどなぁ。 って。

でも、何がどう、違うか、
きのうまで、自分でも良くわからなかった。


その言葉は、 


『気に入らないのね。』


お風呂に入りましょう。
トイレに行きましょう。
散歩に行きましょう。などなどなどなど。



ヘルパーさんが、
つるちゃんを誘導しようとして、つるちゃんの気が乗らないと、

そう言う。




つるちゃんは、
この頃は、以前と比べると、驚くくらい、素直になった。
こちらがやってほしいことを、やってくれることが、多くなった。


こちらが手を差し出すと、
その手につかまって、
すっと椅子から立って、
素直に一緒に歩いて、
お風呂やトイレや散歩に行ってくれる。



それでも、素直に動いてくれる時ばかりではない。


その度に、ヘルパーさんは、
 『気に入らないのね。』
それを聞く度に、かめこは、 「なんかなぁ。。。」



別に、つるちゃんは、気に入らないわけではないと思うのだ。


その言い方だと、
なんか、つるちゃんが、すねてるみたいじゃない。
なんか、つるちゃんの方が、悪いみたいじゃない。




きょう、やっと、
ヘルパーさんに言いたいことが、はっきり分かった。


かめこは、勝手なのは、こっちだと思う。

こっちの都合で、つるちゃんを動かそうとしてる。



つるちゃんは、本当は、
自分で好きな時に、自分でトイレに行きたいのに。
自分で入りたい時に、一人でお風呂に入りたいのに。
自分で行きたくなってから、散歩に行きたいのに。


それでも、自分では出来ないから、
こちらの都合に合わせて、動いてくれる。




たまに、すんなり動かなくたっていいじゃない。


それが、たまでなくたって、いいじゃない。


こっちが、つるちゃんに、合わせてもらってるのだから。



基準を、つるちゃんに置いてね。ヘルパーさん。



追記:このヘルパーさんも、つるちゃんにとても愛情を持ってくれています。
    また、実際、つるちゃんのペースを尊重してくれています。
  



テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんから、お借りしてます。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/12 23:59】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(29) |
調査の日のこと
介護保険の認定調査の時の話ですが、
きょうは、質問内容には、触れません。



その日、2月23日は、朝から雨だった。

つるちゃんは、雨が降って、家の中にずっといると、とても落ち着かなくなる。
それで、いつも、少しの降りなら、
家の庭にある、駐車場に車椅子を出して、そこに座ってもらい、
ヘルパーさんが話しかけながら、通りを眺めてもらう。
激しい降りだったり、小雨でもとても寒い日なら、
玄関に置いてある、椅子に座ってもらい、ドアを開けておいて、
やはり、話しかけながら、通りを眺めてもらう。
1時間くらい。

この日も、そのように過ごす予定でいて、
でも、しばらく駐車場にいたら、雨が止んでくれたので、
いつも通りに、えいといれぶ☆に、おやつを買いに行くことが出来た。




訪問調査員さんが見えた時、
つるちゃんは、ひまわりさんの介助による散歩から帰って、
トイレでのパット確認を終え、
食卓の椅子に座っていた。 


風船2

【続きの表示】
【2007/03/11 23:41】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(14) |
3月ショートの予定
つるちゃんが、最後にショートステイに行ったのは、
11月下旬から12月初めまでの、1週間。

今年度は、ふた月またぎで、7、8日間と決めてたから、
その次は、予定では、1月末から2月初めまでだったんだけど、
脳波の検査をすることになって、キャンセルした。



キャンセルの為、電話した時、
ステイ先の「和やか病院」(仮)の相談室長さんが、

『それが済んだら、(部屋を)お取りすればいいですね?』 と、言ってくださった。

それなのに、
一度、実質3ヶ月半強の間、ショートを入れないでやってみようと思って、
次は、3月末から4月初め、ということにした。



だって、つるちゃんが、とても落ち着てきたから、
週に2度のデイサービスがあれば、
何とかやっていけるのではないか、試してみたい。

そう、思ったんだ。


それが、甘かった。


風船1

【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/10 16:09】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(27) |
やっぱりお母さん
つるちゃんが、つかつか (ホントは違うけど、そう感じた。)近づいてきて、
こう言った。


『ゆうしょく、やって。』 

(ホントは、「ゆうしゃ」、って聞こえた。でも、夕食に間違いない。)


けっして、きつい言い方ではなかった。
でも、なんだか、


もう、この子ったらぁ、しょうがないわねぇ。
もう食事の仕度の時間だっていうのに、(パソコンなんかで)遊んでて。
早く仕度しないと、夕食の時間が、遅くなるわよ。


って、注意してくれた、という、雰囲気だった。


かめこは、嬉しくてうれしくて、


『そうだね。もう時間だね。教えてくれてありがとう。』
『今から、すぐ作ります。』 

『ありがとうね。今、作り始めたからね。』


とか、って、何度もお礼を言った。

その度に、つるちゃんは、はにかんだように笑ってくれた。



かめこが、キッチンに立ったら、 
つるちゃんが、パソコンの前の椅子に陣取った。
(パソコンは、食事室の、キッチンへの入り口にある。)

あなた、そんなこと言ってるけど、
また、お鍋を火にかけたまま、ここに座って、鍋焦がすんでしょう?
私が座ってるから、座らせませんよ!


そんな、毅然とした雰囲気。
でも、かめこが、お礼を言いに近づくと、その、はにかんだような笑顔。





嬉しかったなぁ。


きのう、かめこは、お母さんに、注意されました





mayumi*作   おかげさまで、どうやら眠りっぱなしからは、脱出できたようです。
   ご心配いただきまして、ありがとうございました。



テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんから、お借りしてます。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/09 11:56】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(20) |
異食:ガーゼ飲み込み事件
3週間か、4週間に1回くらい、訪問歯科の先生に来てもらっている。
つるちゃんのことを一人の人として、敬意を持って接してくれているので、
つるちゃんもかめこも、大のお気に入りの先生だ。
3月6日の火曜日にも、来てくれて、つるちゃんの口の中のケアをしてくれた。


先生、いつものように、
まず、ピンセットで挟んだガーゼで、歯の表面の汚れを取る。
と言うより、汚れがあるかどうか、確認するんだけど。



トランポリン   程なくして、先生が、声を上げた。
   『今、ガーゼを飲みました
   『え?』 『口の中に残ってませんか?』
   つるちゃんの顔の傍でしっかり見てたけど、ゴックンした気配はない。



【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/08 00:29】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(18) |
5がほしい!
『(介護度の)点数がほしいですね。』

2月23日、
介護保険の要介護度認定の更新に必要な調査のために、家に来た訪問調査員さんは、
調査を終えて、部屋を出る時に、そう発言された。



どうやら、この言葉で、調査員さんは、言外に、
『要介護5になるように、訪問調査票の中の「特記事項」をしっかり書きますよ。』
と、かめこに伝えてくださったようだ。

つまり、訪問調査員さんは、
つるちゃんが生活していくには、いかに介護に手間がかかるか を、理解してくださり、

(下線部分は、かめこの気持ちではない。
 要介護度というのもが、介護の手間の程度でランク付けされる性質のものなのだ。)

自宅で暮すためには、
介護保険で定められている、最大限の在宅サービスが必要不可欠だ
と、判断してくださった、ということだろう。

これで、要介護5に向けては、
要介護認定の二次判定の重要資料となる、
「特記事項」が、 「主治医意見書」とともに、
戦力となってくれるはずだ。
(主治医意見書についても、内科かかりつけ医のキューピー先生が、
うちの状況をよく理解した上で、書いてくださっている様子だった。) 




【続きの表示】

[テーマ:介護保険つれづれ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/06 13:23】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(16) |
居眠りばかり
先週の月曜日、2月26日くらいから、
つるちゃんが、昼間、居眠りばかりしてる。
1月半ばの時の居眠りより、もっと時間が長いし、毎日続いてる。




我が家の雛祭りのお祝いは、2日(金)にしたんだけど。。。

せっかく、家族が揃っての、夕食だったのに、
せっかく、つるちゃんの大好きな鰻を入れた、ちらし寿司を作ったのに。

食事の最中でさえ、眠りっぱなしで、
1時間以上かけて、3分の1も食べなかった。


みんなで、声かけて、話しかけて、

そして、ひたすら、みんなで心配してた。

つるちゃんが、食べないなんて、とても珍しいことだから。




グラマリールという薬は、26.27.28と量を少なくして、1日からは、止めた。
これまでは、
落ち着いているからと、飲ませる量を減らすと、
3日後には、ひどい歯ぎしりを一日中するようになって、
結局、元の量に戻すしかなかった。



今回は、今のところ、歯ぎしりは無い。

でも、薬を止めても、
相変わらず、眠りっぱなし。

かめこも、ヘルパーさん達も、デイサービスのスタッフも、
とにかく声かけ。
立ってもらって、家の中を歩く。
外に連れ出す。

呼ぶと、
 
『はぁいぃ。』
  って、大きな声で返事はする。
でも、直ぐ寝る。



3月4日(日)。
きょうも、朝から眠りっぱなし。
歩行練習して、おやつを買いに、いつものコンビニに行ったんだけど、
何も要らないって。 (何を見せても、全部首を振られた。)

で、これが、3時半位。 紅茶のカップを持ったまま、居眠りしてる。

3月4日

つるちゃ~ん、起きてぇ

(夕食は、しっかり食べました。)


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/05 00:17】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(22) |
だるま市
3月3日。
楽しみにしていた、お寺の 「だるま市」 に、オットさまと二人で出かけた。
土曜日なので、つるちゃんは、デイサービスの日。


ここは、毎月、つるちゃんとお参りに来るお寺。
いつもはあんなに静かなのに、きょうの賑わいは、元日以上。
まだ、午前中だというのに、大変な人出だ。


ついこの間、つるちゃんが、車椅子を押して歩いた参道。
蕎麦屋などの店先に、露天商が軒を連ねる。


だるま市2

露天は、お寺の敷地内、ありとあらゆるところに出ていて、
その総数たるや、相当なもの。
食べ物屋が、やはり多いけど、おもちゃが当たるくじの店や、植木、
果ては、占い、なんて店まである。


さぁ、人の波に乗って、いよいよ境内へ。
まずは、
「これからも、つるちゃんと通えますように」 と手を合わせる。

だるま1 



 だるま市

これが、だるま市です。

境内は、所狭しと だるまだるま。

本堂の前の、いい位置を占めるのは、上州は高崎のだるま達。
数も断然多いし、お寺のポスターなんかも、高崎だるま。
少し外れて、武州のだるま。(調べたら、「越谷だるま」)

東京だるまの店も、数軒出てる。
それぞれ、産地によって、顔が全然違うのが、面白かった。

東京だるまにも、種類があって、

「うちが、初めて、この寺に来た店だ。」 って、言ってた店もあった。
それが、
「瑞穂」ミズホ。立川の近くだって言ってた。
ご主人が、
 「昔は、リアカー引いて、ここまで来てた。」って言ったよ。
(顔が違うだるまを見るたびに、お店の人に、話を聞いてた。
調べたら、「江戸だるま」別名「多摩だるま」と、出てたけど、
だるまを売ってる人たちは、皆、「上州・武州・東京」 って、言ってた。)


縁起物だから、もちろん、値段なんかついてない。
同じ店が、毎年同じ場所に、店を構えるらしく、

『去年も、買ってくれたね!』 とか、
『又来年、ここに居るから、買いに来てね!』 
とか、声が飛びかってた。

お寺は、大賑わいの二日間だ。


お断り:お寺の名前を出さなくて、すみません。 ちょっと調べたら、直ぐ出てくると思います。

押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:お祭り&行事 | ジャンル:地域情報]

【2007/03/04 14:33】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(14) |
意思の疎通は?
前回 (この画面の下の記事 「調査員来訪」)
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20070301.html 
の続きです。



さて、訪問調査で受ける、82の項目の基本調査の中で、
「意思の疎通などに関連する項目」 の質問は、10あるようです。

意思の疎通って、お互いに分かり合う、ということですよね?



さぁ、これから、かめこが質問に答えますから、
あなたが、つるちゃんとかめこの家に来た、訪問調査員さんのおつもりで、

今から、一つ一つ、チェックお願いしますね。


(順不同)

1.聴力は普通か。 
・・・左耳が聞こえない。
2.視力は普通か。 
 ・・・近視と遠視があり、眼鏡をかけていたが、危ないので、もうかけていない。
    顔の判別はつき、眼鏡のないことでの危険や不自由はなさそう。

3.自分の名前が言えるか。
 ・・・実際に質問されて、黙っていた。(誰が聞いても、言えない。)
4.自分の生年月日や年齢を言えるか。 
・・・実際に質問されて、黙っていた。(誰が聞いても、言えない。)
5.今の季節がわかるか。
6.今いる場所がわかるか。
7.直前のことを思い出せるか。
8.毎日の日課がわかるか。


5から8までは、質問を受けなかった。
つまり、調査票の結果は、「わからない」と、されただろう。
これらについては、つるちゃんは、言葉では、表現できない。
でも、今、暮しているのが、自分の家だということは、はっきりわかってる。
「ヘルパーさんが来た日には、おやつのあとにお風呂に入る」、とか、
毎日の日課も、ほとんど、わかってるよ。



9.自分の意思が周囲に伝えられるか

・・・『母とは、心が通じているので、
母の意思は、私とヘルパーさん達はわかります。』
 
 ほんとに、そう答えた。 
 
 さて、 伝えられる、に○? それとも伝えられない?
 あなたなら、どう、判定しますか



10.介護する人の指示が通じるか

・・・『母は、私の話すことは、なんでも、わかってるみたいなんです。
   母と、私やヘルパーさん達は、心が通じているので、指示は、母に伝わります。』

 

その時
つるちゃんの声がした。
ヘルパーさんに、はっきり、
 『ハイ。』 と言って、立ち上がったのだ。
ヘルパーのひまわりさんに、
 『立って、歩きますか?』 と、聞かれたから。


調査員さん、
ぐるぐる
 
『今、ハイ。って、おっしゃったわ  

『はい。私とヘルパーさん達は、母と心が通じていますから。』
(しつこい、とは思ったが、又言った。)

『つるさんは、はい、いいえ、と、答えますか?』
『はい。いつもでは、ありませんが。
わたしと、慣れたスタッフ(ヘルパーさん以外も)には、答えます。』

『それは、正しい答えですか?』
『はい、母の返事は、いつも正しいです。』
(言葉で、返事がない時でも、たいてい わかってる。)
でも、
実際に、指示通りに身体がうまく動くか、というと、全く別の問題ですが。



さぁ。
あなただったら、10.介護する人の指示が通じるか、は、○つけますか




かめこは、9と10の 答えは、

「周囲」 というのと 「介護する人」 というのが、

つるちゃんのことを理解している人かどうかで、

違ってくると思っています。




参考資料: (株)主婦の友社発行 「ほっとくる」4月号

押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんと、
ブログ「♪はあ~い! ままるです!」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 


お蝶夫人(リア友) 作

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/02 22:05】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(20) |
調査員来訪
1週間も前の話なのだが、
2月23日(金)午後、
介護保険の要介護度認定の更新に必要な調査のために、
つるちゃんの住む自治体から、訪問調査員が、家に来た。


訪問調査員は、全国共通の調査票に基づく、82の項目についての質問をする。
認定のための一次判定では、
その項目についての答えが、データとして、コンピューターにかけられるという。
又、本人や家族や施設・病院からの具体的な介護についての情報は、
調査票の特記事項として記載された場合、
主治医意見書と共に、
介護認定審査会における二次判定での、重要な資料となるそうだ。



今回、更新の為の書類は、2月14日に、かめこが役所に提出した。
主治医意見書については、つるちゃんの場合、
19日(月)に受けた、 内科かかりつけ医キューピー先生の診察の際に、
意見書に記入される、本人の体重と身長が測定され、
かめこへの問診の中に、
意見書作成の為に必要な情報についての質問があったようだ。



【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/01 17:25】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(10) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

02≪│2007/03│≫04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。