つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
指定バトン 【漫画】
●mayumi*丼●から受け取った、お題指定バトンでぇす☆ ←コピーしたもの。 

mayumi*さんは、プロの漫画家さんです。
かめこは、少女漫画の愛読者として過ごした期間が、長いので、
お知り合いになれただけでも、幸せ。


お題【漫画】

1.PCもしくは本棚に入っている【漫画】 

 「ヒカルの碁」 コミックス全巻・・・大好き。
              読み返す度に、気持ちが盛り上がり、同じところで泣く。
自分のもの同然
 「ドラゴン・ボール」・・・1・2巻を ミニーにプレゼントして、残りを買わせた。
 「ワンピース」・・・・・・・1・2巻を デイジーにプレゼントして、残りを・・・。
  うちに、大きいチョッパーのぬいぐるみがあるが、角をつるちゃんが もいでしまった。



3.最初に出会った【漫画】  (2番は、後で)

小学校1年生より、雑誌 “週間 ガール友達”(仮) を定期購読。
ずっと読み続け、その後、“別冊 マのつく花の名前”(仮) に移行。

小1、というのは、同じ学校の6年生の女の子に可愛がってもらって、
その子の影響が大きいので、確かな年齢。

なお、つるちゃんのお母さんである、東北の城下町のおばあちゃんに、
小1より、
田舎に行く度に(年に1回) 雑誌 “”(仮)を 買ってもらっていた。

『かめちゃんは、何がほしいの?』 と、聞かれて、
迷わず、
 『まんが。』
とても楽しみにしていて、嬉しかったのを覚えている。 


4.特別な思い入れのある【漫画】

「エースをねらえ!」

幼稚園の先生をしていた頃、同期かめこを入れて4人で、ブームになっていた。
その頃は、かめこのキャラが 「岡ひろみそっくり」 と言われていたことと、
本名 “お蝶夫人”の実名 で、雰囲気もそっくりの子がいて、
他の二人を、女の子なのに、藤堂さんと宗方コーチ役にして、
「エースをねらえ!」 ごっこをして遊んでいた。

もちろん、テニスなどしない。
役になりきって、会話する。
かめこは、地でいけた。

そして、タイミング良く、映画化。
もちろん行きました。藤堂さんとふたりで。 


藤堂さんは、(大卒なので) かめこより2歳上。
性格が、かめこの憧れの人で、本当に好きです。
幼稚園に勤めている間、ほとんど毎日、寄り道して、長話してました。
話は、クラスの子が、どれだけ可愛いか。そればっかり。

お蝶夫人作のお雛様の挿絵は、このブログの挿絵に使わせていただきました。
彼女は、高校時代、漫画家志望でした。



5.あなたにとって【漫画】とは?

多分、今の性格は、少女漫画を読んで、浸って、つくられたと思います。


2.いま妄想している【漫画】

mayumi*さんに、
「つるちゃんとかめこ」 のキャラを漫画イラストにしてほしいです。


mayumi*さんの漫画の絵柄は、少女まんがの画風も好きですが、
ブログで、描いていらっしゃる絵柄が、明るくて可愛くて、
かめこが、こんなブログにしたい。という、イメージにぴったりなのです。

どうか、どうか、かめこの夢を、かなえてやってくださいませ。 


ブログ 「mayumi*のココロ」  は、
http://blog.mayumi.candypop.jp/

バトンは、アンカーということで。                        ハロウィーン



押してね   応援クリックお願いします。  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
スポンサーサイト

[テーマ:漫画 | ジャンル:本・雑誌]

【2006/10/31 18:44】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(16) |
自覚してるんだよ
認知症になった人は、いろいろなことが出来なくなっていく状態を自覚していない、
という人がいます。

果たして、そうなのでしょうか。



初期の頃の、
強くかめこを拒絶したような場面では、
つるちゃんは、自分の変化に、内心か、無意識にか、気付いていて、
それを怖くて認めたくないのと、

全部見抜いているような娘に対して、
防衛本能が働いて、
強い拒絶心を起こしたのではないかと思うのです。

つまり、どちらも、自分の変化についての自覚があるから、こそ、
の拒絶だった、と思うのです。


拒絶した場面とは、例えば、
かめこが、つるちゃんの痴ほうを疑って、
1年間続けてきた、つるちゃんの神経科への受診に、ついてきて、
自分と入れ替わりに、診察室に入っていった時。

つるちゃんは、

『だいたい、何で、ついてきたのよ』 
と、たいそうなご立腹で、
母子の関係は、とても気まずくなりました。

この時は、私のやり方が、つるちゃんを傷つけたと、反省しています。


また、8年近く前、
かめこ一家が、つるちゃん夫妻の家に、越してきた時。

つるちゃんは、
自分が、娘に手伝ってもらわなければならないようなことは、何もない、
そう、思いたかったのではないでしょうか。

自分の変化に気付いていたからこそ。



他にも、いろいろあります。

援助の手が、必要なことをわかってくれない。

介護する立場の家族には、
そう、見える事柄が、

もしかしたら、援助の必要性を感じてるがゆえに、
拒絶してしまっているのではないか。


いま考えると、そう思えるような場面が。





家族が、認知症になった。認知症かもしれない。

それは、とても辛いことだと思います。


でも、
わからなくなってしまった。わかってもらえない。

そう、嘆くより、


本当は、もしかしたら、自分の方が、相手をわかっていないのではないか、

どうか、そう、考えてほしいです。


相手が、わかってないだけだと思うか、
自分に、わかってないことがあると思うか、


その違いには、


これから先の家族の関係の行方に、雲泥の差があると、


かめこは、思います。




押してね   応援クリックお願いします。  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/29 23:59】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(26) |
8万ヒットお礼
10月28日(土)に、3月から設置したカウンターが、80000ヒットを超えました。
皆様、これまでのご訪問、本当にありがとうございました。

きょうは、キリ番をとってくださった、mayumi*さんへの感謝の気持ちを込めて、
受け取ったバトンを題材にしたかったのですが、
次の機会に延期させていただきます。
他にも、延び延びになっている題材があるのですよね。
きょう(29日)、つるちゃんがしでかした 「ご迷惑な話」 についても書きたいし。。。

でも、最近、かめこは、つるちゃんとの時間が、前以上に充実して感じてます。
かめこ納得の介護の実践を基に、
ブログ「つるちゃんとかめこ」 を続けていきたいと思っています。
どうぞこれからもよろしくお願いします。


                    (記事日付は、28日ですが、作成29日です。)
押してね   ただ今、次を書いてます。29日中に出したいです。

[テーマ:アクセス数 | ジャンル:ブログ]

【2006/10/28 23:59】 | つるちゃんからの贈り物 | トラックバック(0) | コメント(10) |
かめこの診察日
金曜日の午前中、かめこは、自分の診察のために、病院に向かった。
つるちゃんは、ヘルパーのひまわりさんとお留守番。


つるちゃんは、ベッドから起きる前に、ゆるい う☆ちを たくさんしてた。
オムツから漏れて、背中に回る。
その う☆ちが、たくさん染み付いた、パジャマとタオルケットと少しついた防水シーツを残し、
かめこは、家を出た。

つるちゃんが、朝食最後のヨーグルトをのんびり食べてる間に、
ひまわりさんが、それらを下洗いしてくれて、
それを、
かめこが、お風呂の残り湯を入れて、洗剤や消臭液をセットしておいた、洗濯機に入れ、
洗濯して、干しておいてくれた。

なんと素晴らしい、連携プレイ。
とても助かった。



           
【続きの表示】

[テーマ:病気と付き合いながらの生活 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/27 23:59】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(14) |
10月ケアマネ訪問日
きょうの午後、月に1度の定期訪問を兼ねて、ケアマネの マウンテンさんが来た。


30分くらい、つるちゃんとお話。

つるちゃんは、マウンテンさんの服が気になる様子。
ハイネックをつまんだり、 (これは、多分、
 『変わった襟だね。』 か、『温かそうだね。』 
まくった袖を伸ばしたり (これは、多分、 『きちんとしなさい。』 
顔をなでたりしていた。 ( 『あなたのこと、気に入っていますよ。』 かな?)

マウンテンさんは、
『きょうは、顔色も良いですし、お元気そうで良かったです。』
『つるさんといると、気持ちが、ゆったりするわ。』 
『お話、よく聴いてくださるものね。』 

と、とてもリラックスした、様子だった。

つるちゃんにとっても、良い時間が持てたと思う。




そして、本日の予定された用件は、次の2点。

1.ケアプランについて
・11月分のケアプランの 「サービス利用票・利用票別表」 を、かめこが確認し、
 ケアマネが持つ分には、利用者確認の印鑑を押す。
・かめこにも、1部もらう。
 (これは、皆さん、10月中にする決まり。)

・12月・1月分の利用票をチェックし、サービス内容を確認した。(特に年末年始の確認)
 (これは、うちだけ。)


2.手すりの件  
シャワー室を出た時に、つかまるところが、つるちゃんの進行方向に無くて、危ないので、
手すりの追加することにした。
きょうは、その位置を決めた。
介護保険では、住宅改修については、一人につき20万円まで、1割負担ですむ。
うちの場合は、すでに20万円分全額使い切っているので、介護保険関係なし。
今回の手すり設置については、業者に頼まず、オットさまに相談する方向で。




【続きの表示】

[テーマ:ケアマネ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/26 23:59】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(13) |
電話しちゃった?
皆さんに、4,5日お目にかからないうちに、
つるちゃんは、また、一段と自由度が、以前に近づいています。



さっき、夕食前にしたことは。。。     

電話をピッポッパッポ押した。      
     
     
普通は、かける時、
     受話器を取らないと、プッシュ回線の番号を押しても、意味無いけど、
     家の電話の親機は、受話器を取らなくても繋がって話が出来るんです。
     つるちゃんは、まず、「ハンズフリー」 のボタンを押して、
     その後番号を、8つくらい押したようです。
     


     電話機がしゃべりました。
     

     『市外局番を押してください。』    
 


      大変大変。本当にかかっちゃうわ。     

     
     ちなみに、「ハンズフリー」 は、わかってるからではもちろん無く、
     ピンクに光って、目立つので、最初に押したくなるようです。

     電話親機は、キッチンの廊下への出口近くの棚にあり、
     つるちゃんは、廊下を歩く前に、
     ちょっと、ここで、電話していくの。


     つまり、今は、前のように、一人で、家の中をぐるっと、歩き回っている。
     というわけ。

     イスから自分で立てて、
     伝い歩きしなくても、廊下を歩いていけてる。
     一人で歩く様子は、放っておいても大丈夫な、歩き方。
     
     歯ぎしりも、少なくなり、

    
     
     かめこ、とっても安心しました。 



つるちゃんが、デイサービスに出かけた、水曜日。
次女の デイジーと一緒に、お寺に蕎麦を食べに行きました。
恵比寿様と大黒様      10月散歩

檀家さん宅から越してきた、大黒様と恵比寿様。    帰りの散歩道からの景色。
お寺の新名所になりました。



押してね   応援してくださいね。  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
   
【2006/10/25 23:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(20) |
続:セカンドオピニオンの提案
前記事からの続きです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-322.html


おととしの6月、
つるちゃんの 内科かかりつけ医キューピー先生より、
精神科のセカンドオピニオンの提案があった。

かめこは、提案を受けるか受けないか、とても真剣に考えて、
スタッフにも、気持ちを聞いてもらって、


セカンドオピニオンは、受診しないことに決めた。

その時点のつるちゃんにとって、
「新しい病院を受診することが、とても負担になり、
その為に、
少しずつでも、安定方向に向かっている日々の生活が、崩れてしまうのではないか。」
そう考えたからだ。


 キューピー先生は、

『そうなんだよねぇ。』 『そこが問題なんだよねぇ。』 と理解してくださった。


その後、 先生は、つるちゃんを診る度と言っていいほど、

『信じがたいけど、良くなってる。』 という言葉を繰り返された。

『これが、アルツハイマーだというのなら、その根拠を訊きたい。』 
とまで、言われた。

これについては、前ケアマネのアドバイスにより、
 キューピー先生が望めば
 精神科主治医と、電話にはなるが、直接 話が出来るように、
かめこが、段取りすることになったが、

先生は

『そういう時が来れば、お願いします。』 とのことだった。



そして、今年になり、かめこは、
つるちゃんの病名は、
 「アルツハイマー病非典型」 である。との、
精神科主治医の見解を伝えた。


 キューピー先生は、
 
『そういうことなら、わかる。』 と、納得された様子だった。


つるちゃんを見てると、精神科のかかわり方にも、疑問は、なくなるのではないか。
つるちゃんが、いろいろありながらも、うまく暮していけてると思うから。



押してね   応援してね。  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
【2006/10/24 23:59】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(6) |
セカンド・オピニオンの提案
前記事http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-321.html#more から続く。

おととしの6月。
内科かかりつけ医 キューピー先生は、


『いつも、可愛(つる)さんのことが気になってます。』

『(つるさんが、人の話などを) こんなに、わかっているのだから、

もし、違う病気だとわかって、薬が見つかれば、

違う生き方が出来るんじゃないかと思うんだ
。』 


『徘徊なんかを抑えるだけの薬(を処方する) しか(方法が)無い。
というんじゃなくて。』



つまり、キューピー先生は、
「アルツハイマー病」だという、現在の診断に疑問があり、
薬の処方などが適正ではないのではないか。

そう、言っているのだと、かめこは、理解した。




そして、次の診察日に、
セカンド・オピニオンへの受診についての提案があった。



そのセカンド・オピニオンの候補は、先生が懇意にされてるという、
A大学病院B医師と C公立病院D医師の二人。

その二つの選択肢候補について、
病院の性格の違い・検査方法(入院の有無)・一生のかかわり方・
二人の医師のプロフィール・人柄など、

具体的な情報が提供されたのだ。




できることなら、
キュピー先生は、これから、
そのどちらかと一緒に、つるちゃんを最期まで、診ていきたいんだね。




【続きの表示】
【2006/10/23 14:35】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(16) |
続:病名について
前記事の続きです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-318.html#more


こうして、
つるちゃんの病名について、かめこは、疑問を持ち続けることになる。

しかし、それは、
病気の診断や、薬の処方について疑問を持つ。
という種類のものでは、ない。

精神科主治医は、
つるちゃんの家や施設での様子や、思いがけない行動や病状の変化について、
かめこの話から、本当のところを、よくわかってくれていた。
介護についてのご指導やアドバイスも、的を射ていてありがたかった。



それなのに、何が疑問だったのかと言うと、


街に氾濫する、「アルツハイマー病」 についての情報と、
つるちゃんの様子が違う。ということ。


診察室で話す、「つるちゃんについて」 の情報交換には、不満は無いが、
街で見る、「アルツハイマー病」 についての情報とは、
大きな隔たりを感じていたのだ。


病名の告知と共に家族に渡された、病気についての説明の冊子も、
時期は前後するが、
内容が、街で見かけるものと大差なく、不満だった。




ここに書いてあるのが、「アルツハイマー病」 なら、

つるちゃんのは、違う。




【続きの表示】

[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/22 17:55】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(12) |
病名について
つるちゃんの病名については、
このブログの途中から、「アルツハイマー病(非典型)」という、表現を使っている。


これは、カルテに書かれた病名ではない。
つるちゃんの精神科主治医のDr.お茶の水博士が、
このブログで使う病名として、かめこにアドバイスしてくれたものだ。

つるちゃんの病気の様子が、多くのアルツハイマー病になった人に当てはまるものだと、
読んでくださる方に、誤解してほしくなかったので、
かめこが、ドクターに、相談したんだよ。


ドクターの、3年くらい前の言葉によれば、


つるちゃんは、認知症になった人の中でも、2割までの

精神症状が厳しい例だということだった。





だから、過去のエピソードとしては、派手なものもあるけれど、
どうか、これらが、ご自分やご家族の将来に、当てはまるかもしれない。
などとは、思わないでほしいです。




【続きの表示】

[テーマ:医療・病気・治療 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/21 23:59】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(4) |
お引き合わせ
10月20日金曜日、曇り。10月の寺参りに出かけた。                             

10月寺参道 10月お寺の参道50


お寺の参道の入り口で、 タクシーを降りる。
きょう、つるちゃんは、ここから、本堂までの片道を歩いていくんだ。
参道を歩くのは、去年の8月以来。
先月まで、車椅子に乗っていた道のり。
ヘルパーのひまわりさんの介助で、つるちゃんは、しっかり歩いていたよ。
たまに、周りをキョロキョロ見渡す。



お寺の階段  山門前の階段は、写真で見るより急。
  左足右足・左足右足と、一段一段、しっかり登る。
  『これだけ、足が上がれば、たいしたもんだわ。』
  煙を浴びて、無事に本堂に到着。 
  きょうは、お賽銭、スムーズにあげられた。
 
 
  暑くも無く、寒くも無い。 
  「そば祭り」 前日の、お寺参り。  



蕎麦守観音   蕎麦守観音。 右手に蕎麦のつゆ入れ・左手に蕎麦の実を持つ。
   明日の「そば祭り」には、「蕎麦守観音供養祭」 があるらしい。
   下に置いてあるのは、赤い幕。張ろうとしている最中だった。
   子どもの頃から来てるけど、「蕎麦守観音」 見るの初めて。  



帰りは、境内から、車椅子に乗る。
お寺の前のバス通りで、家に来てる、「車の魚屋さん」 に出会う。
つるちゃんと魚屋さんは、握手を交わした。 つるちゃん、にっこにこ。



これが、「お引き合わせ」


いえいえ、それは違います。





【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/20 23:59】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(16) |
しょうゆラッパ飲み事件2
10月18日(水) かめこが、夕食をテーブルに運ぼうとした時、
ディジーの、焦った声がした。


『飲んじゃダメ


キッチンから振り返り、つるちゃんを見た。
目が合う。


つるちゃんは、赤いふたを外した、しょう油さしのビンを持っていた。
(つるちゃんには、「ラッパ飲みした前科」 あり。)



かめこは、駆け寄って、しょう油さしを受け取った。


『つるちゃん、しょう油、飲んじゃったの』 


つるちゃんは、うなずきながら  『飲んだ。』 って、答えた。


かめこは、あと、2,3回同じ質問をした。
答えも同じ。


それで、言い方を替えてみた。

『つるちゃん、しょう油、飲んでないよね


そしたら、つるちゃんは、首を横に振りながら、やっぱり、  『飲んだ。』 


え~~

つるちゃんは、飲んだ気分かもしれなけど、

飲んでない


だって、もともと、この位、底の方に残ってただけだったもん。
まず、全部使い切っちゃおうと思って、出す時、足さなかったんだもん。
最初に、「減ってないから飲んでない。」 って、直感したよ。




オットさまが、
『それにしても、ふた、ねじって開けちゃうのが、信じられないよ。』
『全く、一瞬の隙、つくんだから、すばやいよね。』




もしかすると、つるちゃんの言ってた通り、
本当に飲んじゃったのかもしれないけど、飲んだとしても、ほんの少しのはず。

それにしても、直ぐ手が届かないところに、置いたつもりだったんだけど。。。
食卓には、オットさまと デイジーもいたことだし。。。




まぁ、そういう言い訳は、通用しないのが、
つるちゃんのつるちゃんたるところ。

つるちゃんは、相変わらず、何でも口に入れてしまいます。(やはり、特に紙。)


キッ★ーマンの赤いふたのしょう油さし、
こんなの、食卓に載せるのが、いけないわね。

つるちゃんは、この赤いふた見ると、
開けて、飲みたくなっちゃうんじゃないかなぁ? 




「しょうゆラッパ飲み事件」 この時は、ほんとに、飲んでしまいました。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/19 07:17】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(36) |
少し回復
つるちゃんが、外での歩行練習を始めてから、1週間が経った。

その成果なのか、そういう時期なのか、
つるちゃんは、イスから立ち上がりや歩き方が、一時期より、できるようになった。
火曜日に来る、ヘルパーのしろつめ草さんも、

『ホントだ。すんなり立ててますね。』 と、驚いていた。
伝い歩きも、少し危なげなくなった。

なお、歩く距離は、1回100メートル弱くらい。
介助者は、後ろ歩きで、つるちゃんの両腕の肘付近を下から持ち、腕につかまってもらう。
デイサービスの無い日は、天気の良い限り、午前と午後1回ずつ行っている。



「いつでもすんなり」 とは、今でもいかないが、
つるちゃんが、回復したと感じたのは、15日日曜日の夕方。
その日は、6週間ぶりに来た、ミニーも

『そんなに変わりないじゃん。』 って、言ってたし、
オットさまも。。。

『前みたいに、動けるようになったのは、良かったけど。』
『僕は、見てるとイライラしちゃうんだよねぇ。』 
と、言っていた。


オットさまは、正直な人だ。
つるちゃんの動く様子は、(多くの家族もそうだと思うけど)、
次に何するかハラハラするし、
してほしくないことばかりするから、イライラしちゃうもののようだ。
(ごめん。かめこは、イライラしないです。)



10月17日(火) 川の向こうで、つるちゃんが、車椅子でお散歩。
しろつめ草さんが車椅子を押して、右から、左にゆっくり進んでいます。
10月17日    10月17日そのⅠ

白い家の左端               この辺かな? 


ところで、16日(月)は、つるちゃん、午前2時起き。
ちょっとした手違いで、寝る時、導眠剤を飲みそびれたことが、原因だと思うが、
どうしても、起きたくなったらしかった。
その日の2時以降は、結構寒かった。
つるちゃんは、歩き回るとかじゃなくて、ソファーには座っていてくれたけど、
(そのソファーからは、立ち上がれない。)
毛布でくるんでも、滑り落ちちゃうし、立ち上がろうと力入れて、歯ぎしりはするし。。。
かめこは、直ぐ横で、ふとんに入っていたんだけど、
気になっちゃって、しょっちゅう、つるちゃんを見てたりして、よく眠れなかった。

つるちゃんは、なぜか、16日は、昼間眠くならず、17日に、一日眠そうで、よくうとうとしてた。

かめこは、月曜日は、頭痛くて、イライラして、火曜日は、眠かった。
          


押してね  応援クリックお願いします!  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/17 23:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(10) |
孫の成長
15日の日曜日、かめこの長女の ミニーが来た。
先月は3日に来たから、6週間ぶりだった。


ミニーは、つるちゃんが、不眠や激しい徘徊で、介護が大変だった頃の1年間、
かめこと一緒につるちゃんを見てくれていた。
その後、
去年が、月に2回。
そして、今年度は、月に1回、つるちゃんのお世話を手伝いに、やって来る。




きのうのミニーは、これまでかめこが見てきた中で、
つるちゃんに対して、一番落ち着いて接していたように思う。
つるちゃんを心から可愛がってくれる様子に、余裕が感じられる。

なかなか いい感じ。


きっと、ミニー自身の暮らしが充実してるのだろうな。




そんな母の思いは、当たっていた。


ミニーは、仕事で、人に必要とされていた。

でも、それは自分の力ではなくて。。。と謙虚に、話してくれた。


『私は、人に恵まれているの。』




ミニーも デイジーも、それぞれのやりたいことを見つけ、
その道を進もうとしている。



そんな娘たちを見ていると、

かめこは、とても幸せな気持ちになる。




つるちゃんを、最初に、「つるちゃん」 と “ちゃん付け”で呼んだ、ミニーは、

まるで、つるちゃんのおばあちゃんのような、
優しい目で、
つるちゃんを見ていたんだよ。



押してね  応援クリックお願いします!  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:



[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/10/16 23:22】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(18) |
今も得意だよ
10月10日(火)、つるちゃんは、 児童遊園で、木馬に乗った。
つるちゃんが、怖がらずに、乗りこなしてるの、わかってくれるかな?
へっぴり腰に見えるかもしれないけど、事実、背骨が曲がってるだけで、
曲がってなかったら、さっそうとして見えるはずだよ!
少しでも傾くと、揺れるんだけど、平気だったし、
余裕っぽく、「手放し」 まで、しちゃったんだから!



きょうは、つるちゃんの中に今も残る、秘めた(?)運動能力について、お話させてください。


児童遊園にて      木馬に乗ってます


もちろん、二人がかりで乗せてあげて、
後ろから、ヘルパーのしろつめ草さんが、しっかり支えてる。
足をまたがせる時には、ヨイショって、かめこが持ち上げた。
その時も、つるちゃんは、全然嫌がらなかった。
ただ、持ち手を握ったまま、足をまたがせてる間も、手を放してくれなくて、
つまり、自分の手を またいじゃって。。。
手の指を、無理やり、持ち手から、はがすしかなかった。

「つかんだ手、握った手を放せない。」
・・・つるちゃんの動きの、すり足小また以外の、大きな特徴かな。



 揺れる木馬に乗っていられる。

 風が強く吹いたら、とっさに、すばやく両手で帽子を抑える。

 車椅子を、ビュンビュン走らせたら、とっさに、すばやく肘掛にしっかりつかまる。

 実は、3ヶ月くらい前、一人乗りのブランコに乗って、ゆらりんした。(人の支えあり)




こんなことできる、つるちゃんは、


健康な77歳より、


もしかして、


反射神経と (足で立ってない時の)バランス感覚に、優れてるんじゃない?







つるちゃんは、鉄棒が得意で、スケートも大好きで、


そんな女の子だったんだよ。


木馬に乗ったつるちゃんから、想像つくでしょう?



つるちゃん12歳
奉天平安小学校にて

「つるちゃんのおいたち」については、
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-12.html 

押してね  応援クリックお願いします!  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:つぶやき | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/15 12:47】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(18) |
耳鼻科受診
階段   13日午前、つるちゃんは、この階段を登った。
  ヘルパーさんと二人で支えるから、写真は無しね。
  一段、一段、危なげなく、しっかり登る。
  降りる時も、特に怖がる様子も無く、しっかり下りられた。
 
  すご~い、つるちゃん。まだまだ、足は、大丈夫だね
   かめこ、とっても安心したよ。



階段の先には、行きつけの耳鼻科。
といっても、1年ぶりくらいになるんだけど。
あ、別に具合が悪いわけじゃないです。
ただの 「耳アカ取り」 と検診なので、安心してくださいね。




【続きの表示】

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/13 23:50】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(1) | コメント(21) |
歩行練習開始
そもそも、つるちゃんが、車椅子をレンタルするようになったのは、
大たい骨を骨折して、手術をして、ほぼ以前通り歩けるようになったものの、
長距離は無理になったことが、きっかけだ。
でも、借りてはいたものの、
車椅子の出番は、バラ園の中と内科に行く時くらいで、
お寺へは、往復タクシーだったし(参道は歩く)、
日常的には、必要無かった。

皮肉なことに、骨折したおかげで、外への激しい徘徊が治まり、
介護が楽になってしまった。


毎日の生活の中で、車椅子が登場したのは、昨年の8月末。
家の中ではあったが、徘徊がひどく、フラフラになっても歩き続けて、
夕食前には、
支え続けていなければ、危ないほどだったが、それでも歩き続けたので、
とにかく、歩かない時間を作るためだった。
当初、午前30分、午後1時間の車椅子での散歩の時間を設け、
現在に至る。



だから、つい先日までは、
つるちゃんの場合は、筋力低下を防ぐ為に歩行練習を行うという必要は無く、
むしろ、歩き過ぎないようにいかに休ませるか。
の方が課題だったというわけだ。



でも少し前から、
何かにつかまらなくては、不安で歩けなくなり、
一人でいくらでも歩く。ということが、無くなってきた。
そして、最近、
イスから立ち上がるのが難しくなったせいで、
歩くことが、もっと少なくなった。

またもや、皮肉なことに、
座っていてくれることで、目を離せる時間が出来た。
軟骨の磨り減った右膝が、腫れることも無くなったし。

つるちゃんは、立ち上がれないことが、とてもストレスになるようで、
以前にもまして、歯ぎしりをするようになってしまった。


そこで、気分転換と筋力維持の為、
外での歩行練習を行うことにしたというわけだ。

これから先、なるべく長い間、歩いていてほしい。
そして、その先も、立てる時間を維持してほしい。
そう願っている。 




歩行練習   これは、10月12日。
  10日から、歩行の際の、介助の方法を変更した。
  介助者が後ろ歩きなのは、以前と同じ。
  看護師さんのご指導により、
  介助者が、つるちゃんの肘付近を下から支え、
  つるちゃんに上から、腕をつかんでもらうようにした。
  より、体重を介助者に預けられるようになり、
  前の介助方より、安定して疲れにくく、
  長く歩けるようになった。 

風のヒロインちゃん   まだ、2日しか行ってないが、
  家に戻ってからの体の動きが良いような気がする。 
  ヘルパーさんには、午後週4回、午前週2回、
  車椅子での散歩の中で、川沿いを歩行練習してもらう。
  距離については、検討中。
  この写真の時は、
  300メートル弱歩いたが、足取りは変わらなかった。
  ご近所の「風のヒロイン」ちゃんを見て、喜ぶ。 
  



押してね  応援クリックお願いします!  

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/12 23:59】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(22) |
ギリギリするきっかけ
先週の水曜日、つるちゃんは、7泊8日のショートステイから帰ってきた。

その日、つるちゃんが、歯ぎしりをしてなくて、オットさまもかめこも驚いた。
木曜日も、一日う☆ちが出続けて辛かった金曜日も、土曜日も、
歯ぎしりは出なかった。
特に土曜日、デイサービスに行ってたから、家に居た時間は短かったけど、
歯ぎしりが無いどころか、笑顔が一杯出てた。



つるちゃんのは、「歯ぎしり」 と言うより、「歯を食いしばる」。
ものすごく力が入って、目をむいちゃって、歯にも、いかにも悪そう。
つるちゃんが辛そうで、かめこも、見ていて辛くなる。


それが、ショートから帰ってきて少しの間、全然なかったんだ。
それは、なんか、
久しぶりに平安を取り戻した気分だった。


日曜日には、オットさまと3人で、車椅子で散歩にも出た。
その日、特別何かがあったとかじゃない。



だけど、日曜日の夕方、
つるちゃんは、また、あの激しい歯ぎしりを始めた。 





【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/11 23:34】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(12) |
歯科ドクターカー
火曜日の夕方、つるかめ家前に、でっかい車が横付けされる。

かめこが、道に出てみたら、ワンちゃんを連れた女の人が、通り過ぎ、
でも引き返して、不思議そうに車を見てる。


『ああ、これは、救急車では ありませんよ。』

女性は、「それが、知りたかった。」 という、表情。

『歯医者さんのドクターカーなんです。』
『歯医者さんが、丸ごと車の中に入ってるんですよ。』




それでは、みなさんに、ご紹介します!

つるちゃんの訪問歯科医の

フラワー歯科(仮)先生と、
            そのドクターカーです 


訪問歯科ドクターカー

実物は、もっと大きく感じます。
この車は、産製の、高規格救急車仕様。
フラワー歯科には、もう一台、ベ☆ツのドクターカーもあるんですって。



先生は、この後、
『きのう、自分で髪切ったんですけど、失敗しちゃって。』 と、
どんな風に失敗したか、丁寧に教えてくれました。


でもねぇ、せんせ、帽子ずっとかぶってるんだから、
かめこに言っても、わからないよ。



それから、きょうは、お昼を 「デ☆ーズ」で、食べた時、
お笑いの モン☆ッキを 見たそうです。
(デ☆ーズの駐車場に、ドクターカー停めてたら、目立っちゃうわねぇ。)


『その前は、ここで、坂マウスけんじにも、会ったんです。』

ふむ、 3時頃ね。
そこから、坂マウス道場が、近いのね?

坂マウスけんじサン、ぜひ、かめこもお目にかかりたいものだわ。




なんか、この紹介の仕方は、あんまりですね。
だって、とにかく面白い先生なんですもの。

あら、きょうも、もちろん、つるちゃんの歯のケア、しっかりしてくださいましたよ。
いつもながら、つるちゃんに、丁寧に話してくださいました。
(でも、きょうは、かめことたくさん話しました。)

最後に、

『歯は、大丈夫ですよ。この調子で歯磨き頑張ってくださいね。』

そう、言われて、つるちゃんは、 『はい。』  と、答えていました。
(つるちゃんが、自分でできるわけでは、ありませんが、頑張って、やらせてくれてます。)



きょうは、歯ブラシ2本・歯間ブラシ10本・ガーゼ1袋・紙コップ2個くださいました。
歯科先生から


【補足】
現実には、つるちゃんが、このドクターカーの中で治療を受けることは、まずありません。
つる家には、他の場所に訪問後の 先生の足として、使われているものです。
削るなどの通常の歯科行為は、認知症の精神症状の厳しいつるちゃんには、
全身麻酔をかけない限り、かめこも危険だと思います。


 

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/10 23:32】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(16) |
『わかりました。』
つるちゃんが、今朝、 5時頃起きて、ベッドの淵に座ろうとしたので、

かめこが
 
『まだ早いから、寝てください。』  って、言ったら、

つるちゃんが、

『そうなの。わかりました。』  って、 

また、枕に頭を乗せて、寝ちゃった。  



 え え~~~

わ・か・り・ま・し・たぁ

それで、ほんとに、自分から寝ちゃうわけぇ\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!



前から、思ってたんだけど、
つるちゃんって、夜寝てる間と朝の起床時が、
一番、頭はっきり冴えてるみたい。
就寝中は、
まるで昔のつるちゃんに戻ってるみたいに、
言葉がはっきりしてることもある。




【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/08 23:59】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(28) |
笑顔とべそかき
『月がすごくきれいだよ。見てごらん。』
オットさまに誘われて、一日遅れの、十五夜のお月見。 


土曜日は、つるちゃんは、デイサービスに行く日で、
朝と夕方からしか、家に居なかったんだけど、
笑顔を何回も見せてくれた。


「にっこり」 とは、違うな。
目を真ん丸くして、はっきりこちらを見つめて、
 「ニカッ」。 
 朝一番から、これ。


【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/07 23:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(16) |
アルツハイマー病後期に
「つるちゃんは、アルツハイマー病後期に入ったんだな。」

これが、きのう、つるちゃんのショーステイ先の認知症専門病院「和やか病院」(仮)の
新院長である、Dr.お茶の水博士の話を聞いて、かめこが感じたことだ。


「後期」 というのは、医学書に書いてあったとか、ドクターが使った言葉とかではなくて、
かめこが、今作った区分なので、念のため。



Dr.お茶の水博士の言葉を、そのまま引用すると、

「これからは、もう、内科の先生に、こまめに診ていただくしかありません。」

「精神科として、内科をお手伝い出来ることは、無いと思います。」

「これから、いろいろなことが起こると思いますが、
それは、(ご家族が)しっかり見てるしか、無いんです。」



それは、例えば、
 『母が、異常に汗っかきなのは、認知症のせいでしょうか?』 という問に、
 『この病気のせいで、自律神経がうまく働かなくなったという可能性はあります。』
と、答えられたように、


今起きてる、これから起こりうる症状の、直接間接の原因や遠因が、
アルツハイマー病にある。としても、

だからといって、それらは、
「精神科の領域で治療する種類のものではない。」


ということなのだと、かめこは、とらえ、

そういう状態を、
 「アルツハイマー病後期」 と、つけたのだ。



【続きの表示】

[テーマ:モノの見方、考え方。 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/05 23:51】 | アルツハイマー病:診断について | トラックバック(0) | コメント(22) |
10月4日退院
つるちゃんが、ショートステイ先の、認知症専門「和やか病院」(仮)から、帰ってきた。

つるちゃんは、迎えに行った、かめこが声をかけたら、

『ヒー って言って、泣きそうな顔して、喜んだよ。


今回、かめこが心配してたのは、
つるちゃんが、入院前より、歩けなくなっちゃってるのではということ。


この病院の病棟は、
一般の病院とは、イメージが違う。
いつもみんながいるのは、大きい窓に面した、広~いホール。
廊下も広々ゆったりしてる。


それで、
伝い歩きが多く、足元の危ういつるちゃんは、
大たい骨骨折後の入院中を除き、今回初めて、車椅子移動になっていたのだ。



『家に帰るよ。』
車椅子を用意してくれたけど、どの位歩けるか、その場で確かめたかったので、
徒歩でエレベーターへ。
つるちゃんの歩き方は、両腕を、前から支えるかめこに、前よりもっと力がかかって、
前より一段と、足を引きずっていたけど、

タクシーの乗り降りには、同じような介助で、困らなかったし、
家に帰ってきたら、家具を伝って、なんとか、前とほぼ同じに、歩いている。
スタッフが手を取ってのトイレ誘導や、歩行練習を、充分してもらえたようだ。


違うのは、絶えず、牛みたいに口をモグモグしてることくらいか。
普通に、落ち着いている。
かめこにも オットさまにも、話しかけてくれる。(でも何言ってるか、全然わからないけど。)

とても安心した。



押してね  応援クリックお願いします!  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/04 19:13】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(22) |
私にとってのドクター
Dr.お茶の水博士は、大学病院のA先生から、つるちゃんの主治医を引き継いだ人だ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-295.html



父が亡くなった、2001年(平成)13年4月から、
かめこは、つるちゃんの通院の付き添いをしているわけだが、
その頃のつるちゃんは、気分にとてもムラがあり、
ドクターのクリニックに連れて行くのも一苦労だった。

クリニックは、都会の一般のビルの2階にある。
歩道からの入口は、黒っぽい自動ドアになっていて、ちょっと入りにくい感じ。



とにかく、中に、入りたくない。 (という様子)

かめこが、父から引き継いで3回目に、
つるちゃんは、ついに、ビルの中に入るのを、断固拒否し、
ずんずん交差点に向かって、歩いていってしまった。

その時のかめこには、もう、どうにも手がなくて、
つるちゃんを残し、ビルの中に駆け込んで、とにかく知らせた。


『お母様、迷われますよね。』  (100%迷子確実。)
ドクターは、直ぐに街に出て、つるちゃんの姿を探してくれた。
そうして、交差点の向こうを歩くつるちゃんを見つけ、
丁寧に話をして、クリニックに連れて行ってくれた。



つるちゃんを探す、ドクターの必死な形相を、かめこは、今も忘れない。
                                           10月1日雨の渋谷109

【続きの表示】

[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/02 22:49】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(13) |
主治医が院長に
10月1日付けで、
今現在、つるちゃんがショートステイでお泊りしてる、「和やか病院」(仮)の院長が替わる。
新院長は、Dr.お茶の水博士。
つるちゃんの、精神科主治医だ。



きょうは、ドクターとかめこ、 そして、 「和やか病院」(仮)とかめこ。
その二つの出会いについて、話していきたい。



 Dr.お茶の水博士は、
つるちゃんをアルツハイマー病と診断した、大学病院のドクターが、
転勤時に後任として、紹介してくれた人で、いわば二代目。

かめこは、父が亡くなった、2001年平成13年4月から、
ドクターが院長を務めるクリニックへ、つるちゃんの診察の付き添いをしている。



そういうわけだから、
前ケアマネの満月さんは、ドクターのことを、かめこが探し出した人だと思ってたけど、
お互い、いわば、引き継いだだけの存在だと、説明しておいた。





【続きの表示】
【2006/10/01 00:29】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(22) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

09≪│2006/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。