つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
拘束のない環境
家族による、在宅介護においては、「身体拘束」は、許されると、かめこは思う。 
そして、施設・病院においては、「拘束のないことが、当たり前だ。」 と思っていた。


ただ、
「徘徊」以外の行動については、各自の状況について、正直、よくわかりません。
でも、「徘徊」 については、思いがあります。


「徘徊」 と、呼ばれるものにもいろいろあるようだけど。
つるちゃんの場合は、
徘徊することで、散歩したみたいに、気分が晴れるようなのは、
初めの時期だけだった。

一日に、何十回でも、外に飛び出して、いくらでも、歩いてた。
アンデルセンの童話の「赤い靴」の女の子のように。
取り付かれたように、歩き続ける。。。

つるちゃんは、右ひざ、軟骨と軟骨が磨り減っていて、
歩けば、歩くほど、腫れるんです。
痛くないわけないのに、「痛いから歩かない」 なんてことは、しない。

体力のあるうちは、まだまし。
体力が限界を越えても、歩き続ける。
「疲れたから歩かない」 なんてこともしない。

それで、つるちゃんの場合は、
極端に身体が、前のめりになって、突進したり、
逆に、
かかとに重心がかかって、身体が後ろに傾いたまま、歩くことがあった。

このような時は、「目が離せない」 どころではない。
一瞬も気を許すことなく、つるちゃんを支え続けなければならない。



施設や病院に限って言えば、かめこが思うには、
つるちゃんのケースで、「身体拘束」が、あるとすれば、
それが、転倒防止を目的とするものだとしても、
「患者本人の安全の為」ではなく、「介護者側の見守り体制が無い」
ということ、ではないか。


施設や病院での、「徘徊」全般について、
尊厳を冒してまで、本人のために、拘束が考えられるケースがあるとすれば、
「心臓が、弱ってる」 とかかなぁ?



ところで、
これまで、2回、認知症専門病院の「和やか病院」(仮) では、
「例外なく、身体拘束しない」ことについて、話してきた。
「身体拘束しない病院」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-221.html
「居場所」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-223.html
(二つの記事の間に、「徘徊の原因」という記事があります。)

この病院では、
認知症の症状の重さでは、受け入れを拒否することは、ないんだけど、
治療の必要な病気を持つ人については、受け入れられない場合もあるようだ。

心臓が、弱いのに、徘徊のひどい人は、居ないんだね。
【続きの表示】
スポンサーサイト

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/31 19:11】 | 認知症専門病院 | トラックバック(0) | コメント(22) |
「徘徊」の原因
そもそも、 「徘徊」 というものを、
つるちゃんが、するようになったきっかけは、
 
「かめこの無知によるもの」 だと、
今、かめこは、思っている。


つるちゃんが、小さい施設に居た頃、
右ひざがすごく腫れたことがあって、
外科に行って、水を抜いてもらった。

水を抜くと、クセになるんだってね。
週に2回、行く度に、たくさんの水が抜けた。

医師が、
 「歩かないように。」 と、指示を出し、
かめこは、その小さな施設に、その指示を伝えた。

小さい施設って、個人の住宅。
この中から、つるちゃんは、散歩などでは、出られなくなってしまった。


『散歩に出られないので、ご機嫌が悪くなるんです。』
施設の人は、言っていた。

秋晴れの、気持ちのいい日、
つるちゃんに会いに行った時、ちょうど散歩の時間になった。 

つるちゃんが、悲しそうに、かめこに話した。

『私は、行っちゃいけないんだって。』


でも、歩けば、このパンパンの膝は、治らない。


膝の治療を始めて、
つまり、
医師に、「歩かないように」 との、指示を受けてから、
2ヵ月半目、

つるちゃんは、突然
「徘徊」 をするようになったんだ。


外科の医師にしてみれば、
「施設に居る」 と、聞いても、
日常に必要な程度は、「歩いている」 という、イメージだったのだろう。
きっと、厳しく言わないと、
つい、歩き過ぎる人が、多いのだろう。


その指示を、ただ鵜呑みにした、かめこが、バカだった。


徘徊だけでなく、その後の、いろいろな精神的症状の悪化にも、
その時、つるちゃんから、外を歩く機会を奪ったことが、
大きく影響しているように思えて、ならない。



つるちゃん、ごめんなさい。

だから、何があっても、

もう、かめこは、

つるちゃんから、自由を奪いません。

つるちゃんの、自由を保証してくれる場所を、

必ず、探します。
                          
                                 モモさん、おめでとう!

さて、先ほど、このブログのカウンターが、50000を超えました。
たくさんの皆様に、読んでいただけて、とても幸せに思います。

50000の切り番を踏んでくださった、

モモさん、
(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)ございます。

そして、どうもありがとう

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/30 15:40】 | 徘徊:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(20) |
居場所
前回の記事の続きです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-221.html#more


認知症専門の「和やか病院」(仮)では、いわゆる「身体拘束」を全くしないで、
どのように対応しているか。
かめこ目から見た、院内の様子と、かめこの思いを書きます。


なお、は、和やか病院(仮)相談室長です。


【点滴をする際】
ナースステーションが、カウンターで仕切られた、オープン形式になっている。
点滴している人は、ベッドごと、ナースステーションに居る。
常にスタッフの見守りと言葉かけがあり、手が出せる状況にある。


 『「患者さんの点滴の外しの行為」 には、タイミングがあるんですよね?』
 『そうなんです!』
つまり、タイミングを、見つけるまでは、大変だろうと思います。
わかれば、
24時間の見守りでも、24時間厳重にしてるわけではない。ということ。でしょうか。



【車椅子からのずり落ち】 (座位が保てないことによる)
 『ゆりかごが、V字になったような、車椅子が、ありますね?』
 『はい。なるべく、クッションの位置を工夫して、対応しますが、
       それでも難しい場合には、この車椅子に乗っていただきます。』

 『素人ながら、一番危ないのは、これかな?と思ってました。』
 『そうですね。』
    『というか、これと、「点滴」については、
    介護者が、拘束しないことを、あきらめやすいですね。』 




【夜間のベッドからの落下】
つるちゃんは、7月3日に、初めて、大きく寝返りを打つようになった
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-197.html
つまり、今回、この病院スタッフは、つるちゃんの寝返りを、初めて経験する。
このことへの、病棟師長の対応は、
「ベッドを低くしましょう。」

そうなんだよねぇ。
「柵で完璧に覆って、自分で降りられないような状況する。」ことは、しないんだよねぇ。
かめこは、つるちゃんが、降りたくなったら、降りられる方がいいです。


余談ですが、スタッフみんな、
つるちゃんが寝返りできるようになったこと、驚いていたよ!

『ガチガチでしたものねぇ。』 と、感慨深げな人も居ました。

病棟の部屋に、鍵はなく、患者どおしさえ、出入り自由になっている。
かめこにも、のぞけちゃいます。
それで、部屋の床中にマット敷き詰めて、
そこに、ベッドを置かずにマットレスだけ置いている部屋があることは、知っていた。


 『動きが激しくて、落ちるような場合には、
       初めから、布団の高さで、寝るんですね?』

 『はい。そうなんですけど。』
    『実は、行政の監査がうるさいんです。』

つまり、床に寝ることは、本当は、不衛生からだと、認められてない。ということ?
その続きの会話からの推測です。未確認で、ごめんなさい。



なお、寝てる部屋を見回るとか、起き出してきた人を見守るとかの、
【夜間の見守り体制】 は、
かめこは、実際に見てるわけではないけど、
この病院の、ウリの一つだと思います。
そこを見込んで、“愛するつるちゃん” を預けることにしたんだから。
ある時、スタッフが、

『きょうは夜勤なの。つるさん、一緒に遊びましょうね。』 と言っているのを聞いて、
かめこが、どれほど嬉しかったか。
ここには、夜眠れない、つるちゃんを、邪魔に思う人は居ないんだ。
 


今、気付いたけど、
かめこには、つるちゃんが、結果として、怪我するかしないかより、
つるちゃんが、人に邪魔者にされるか、大切にされるか。の方が大事だな。


起こってしまった事故が、
邪魔にされて、放って置かれた結果のものならば、認めないけど、
つるちゃんという人を、大事に思ってくれたことの結果ならば、
仕方が無かったと、思える。



【徘徊への対応】 については、次回にまわします。
ショートステイ中に、徘徊時に転倒して、大たい骨骨折を負ったことも含めて、
ご報告させていただくつもりです。



それで、つるちゃんが、今現在、居るところは、

大きな窓のある、広いホールがあって、
みんな、パジャマでなく、普段着を着てて、
症状が軽いように見える人は、談笑したり、テレビ見たり、作業したりしている。
好きに、歩き回っている人も居る。
車椅子に座ったまま、みんなを眺めてる人も居る。
大声を出してる人や、怒ってる人も居る。
誰かに、常にまとわりついてる人も居る。
ベッドに横たわって、点滴を受けている人も居る。
床で、おしっ☆ しちゃう人も見た。
騒ぎだって、いろいろある。

でも、誰も、ベルトで抑えられたりはしてない。

ここでは、みんなが、その人なりの、普通の 暮らしをしているように、
かめこには見える。

かめこ自身は、少しの時間しか、居ないけど、
ここに来れば、自分が、気分が晴れるような。
そんな、居心地の場所です。


続きは、
「徘徊の原因」 身体拘束の無い病院の話ではないです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-225.html
「拘束のない環境」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-224.html

↓ 応援クリック、お願いします。
押してね

[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/29 19:03】 | 認知症専門病院 | トラックバック(0) | コメント(30) |
身体拘束しない病院
今、つるちゃんは、「和やか病院」(仮)に、お泊り中。
8泊9日の 「ショートステイ」 に行ってます。


この病院は、医療区分としては、「老人性認知症疾患治療病棟2」。 
             (2006年3月「痴呆症専門療養病棟」改め)。
認知症と診断がついていて、
急性期の治療の時期を過ぎて、でも、医療的支援の必要な人が暮らす、
認知症の専門病院です。
精神科のみ。


つるちゃんの場合は、
家族の休養などが、目的なので、「ショートステイ」 と呼んではいますが、
法律的には、「医療保護入院」。
介護保険は関係なくて、医療保険の対象。
入院には、精神科医師の判断と、法律上の「保護者」の同意が必要です。
つるちゃんの保護者は、かめこ。 家庭裁判所の決定を受けています。



きょうは、
この病院が、いわゆる「身体拘束」を行っていない。という事実を、
お話したいと思います。


参考資料:「身体拘束0への手引き」
      平成13年3月 厚生労働省「身体拘束ゼロ作戦推進会議」より
http://www.humind.or.jp/no-yokusei/manual/index.html
介護保険制度における、
「身体的拘束その他入所者(利用者)の行動を制限する行為」 をなくすことについて記載。
【続きの表示】

[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/28 19:19】 | 認知症専門病院 | トラックバック(0) | コメント(21) |
自分の時間
今朝、起きたら、片方のまぶたが、少し腫れていた。
どうやら、きょうのかめこは、お疲れモード。
きのう、つるちゃんをショートステイに預けた帰りには、
元気いっぱいで、映画観に行ったんだけどね。


つるちゃんが、認知症になって、同居を始めてから、
「乳がん」なんて、大病をしちゃってるから、
言えた義理ではないんだけど。。。。

かめこは、つるちゃんが家に居る時は、
具合悪くならないんです。

それで、つるちゃんをショートステイに預けると、
とたんに、「がっくり」 きたりするの。

緊張感が、ほぐれる。というのかな?
それで、たまっていた疲れが、一気に出るみたい。

今回は、預けた翌朝に出たようだね。

こういう疲れは、デイサービスに日中預けても、抜けません。
帰ってくる時間が気になって、
午後になると、準備モードだもん。



( 認知症の人の「預け先が、無い」 という問題は、避けては通れないんだけど、
ちょっと、おいとかせてください。 )
【続きの表示】

[テーマ:幸せになる方法 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/27 18:35】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(28) |
7月お泊りへ
ショートステイに行く朝、
つるちゃんは、また、言葉が出なかった。
特に機嫌が悪そうには、見えないけど、
緊張してるのかなぁ?

それで、
タクシーに乗ってから、つるちゃんに尋ねてみた。

『きょう、お泊りだって、朝、起きた時から、わかってたの?』

つるちゃんは、静かに首を振る。

ふ~ん、無意識に、感じてたのかぁ。


この後すぐ、つるちゃんは、居眠り。

つるちゃんはネンネ


タクシーの中では、よく寝てた。起きてた時間より、長いくらい。
目が覚めると、かめこの手を、触りまくる。

目が覚めた時


こうして、
つるちゃん、ショートステイ先に、無事到着。

眠れたってことは、リラックスしてたんだよね。



↓ お泊りのつるちゃんにも、応援クリック、お願いします。
押してね


皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
【2006/07/26 23:59】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(8) |
口数戻る
日曜日に、かめこの長女の ミニーが来てからというもの、
つるちゃんが、又、お話してくれるようになった。


それまで、
最近では、日によっては、単語も話してくれない時もあって、 心配していたから、
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-214.html
すごく安心した。


月曜日の朝は目が覚めたとたん、、
『おかあしゃ~ん。』 『おかあしゃ~ん。』 って、10回くらい呼んでくれた。
日中は、言葉はほとんどなかったけど、
一日中、比較的落ち着いていた。
午後には、お母さんはお出かけで、ヘルパーさんとお留守番したんだよ。

帰って来た時、

『いい子だったぁ?』 って、かめこは、つるちゃんに、頬ずりしちゃった。
つるちゃん、おりこうに、してたみたい。
良かったぁ。



今朝(火曜日)はね。
5時半頃から、ベッドの中で、ペラペラおしゃべりしてた

これこれ、これなのよ 久々、出ました。
これが、ご機嫌の証拠。


それで、6時過ぎに、かめこに向かって、
『あした、あした。』 って、声をかけた。
つるちゃん、何か言いたいみたい。


でも、ちょっと待って。先にトイレに行かせてね。

戻って、ベッドをのぞいたら、

『きょう、やっぱり。。。』 聞きとれなかったけど、長文。
「あした」が、目がしっかり覚めたら、「きょう」になった


『はやく、きれいに。。。』 
『「はやく、きれいにしてください。」 って、おっしゃったの
『うん、そうなの。』
おしり、気持ち悪いのね?
シャワーに、直行ね。


こんな感じ。
いつも、ちゃんと、言葉で、伝えようとする。


そして、午後、
ヘルパーの、しろつめ草さんが、新しいエプロンをしてきたら、  
『きれいです。』 って、山吹色のエプロンを誉めたんだよ。
しろつめ草さん、

『先週は、お話してくださらなかったから、心配してました。』 って。 


まだ、歯ぎしりは、無くならないけど、
お泊り(ショートステイ)の前に、調子をとり戻して、本当に良かった
きょうは、何回か、にっこりも、してくれたよ。



明日の26日、 9時30分発で、つるちゃんは、ショートステイに行ってきま~す。


↓ つるちゃんが、無事に行かれますよう、応援クリック、お願いします。
押してね


皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/25 23:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(14) |
続:つると7月の孫
きのうの続きです。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-216.html


車椅子で、散歩に出て、
孫娘のミニーとつるちゃんは、いろいろ話をしたみたい。

それから、もちろん、えいと・いれぶ☆にも、行ったよ。
おやつは、つるちゃんが、自分で選んだって。
ミニーが、いろいろ勧めるのを、無視して、
自分で見つけたんだって。
すごく嬉しそうに、興奮して話してくれた。


「カスタードクリーム入り、どら焼き」

つるちゃんが、自分で、おやつを選べるようになったのは、
今年の5月になってから
だから、
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-129.html

ミニーにとっては、初めての経験だね。
自分で選べるのは、いつもって、わけじゃないから。



おととしの1年間、自分の仕事を辞めて、
ミニーは、かめこと一緒に、つるちゃんをみてくれていた。
だから、しょっちゅう、えいと・いれぶ☆に連れて行ってた。
でも、その時は、
おやつを自分で選べる日が来るなんて、
予想できなかった。



ミニーが驚いたことは、これだけじゃぁない。

かめこが、つるちゃんをお風呂に入れるのを、手伝ってくれたんだけど、
シャンプーする時、全然騒がない。って、すごく驚いてた。

おととしは、ものすごく嫌がって、大騒ぎだったもんね。
つるちゃんは、前にかがめないから、
お湯が、顔にかかるのも、すごく怖かったんだよね。

先月だって、それほど騒がなかったけど、
今月は、もっとすごかった。
自分でも、泡のついた頭、指でこすってたもん。
おととしのことを思うと、
そりゃぁ、やっぱり、驚くよ。



お風呂から上がって、
ミニーは、つるちゃんとお話してた。


『それでさ、花火には、やっぱり浴衣だと思うんだよね。』

話すこと全部、散歩の時の続き。

まるで、普通に覚えてる人にするのと、同じ話し方。

かめこには、通じないけど、
      
             ・・・つるちゃんには、わかってるみたい。。。
【続きの表示】

[テーマ:幸せになる方法 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/24 19:09】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(26) |
つると7月の孫
『つるちゃん、お誕生日、おめでとう

かめこの長女の ミニーは、月に1回、つるちゃんのお世話をしに、家に来る。
さっき、来て、つるちゃんに、お祝いを言ったよ。
つるちゃん、19日にお誕生日だったもんね。


『ありがとう。』 

つるちゃんが、答えた
ちょっと、むにゃむにゃだったけど、でも、ちゃんとわかった


『ね、今、「ありがとう。」って言ったよね?』   ミニーも嬉しそう。
 


『それで、何歳になったの

『にじゅうご。』  そう、聞こえた。


なんか、久しぶり。
つるちゃんが、ちゃんとお返事してくれるの。
さすが、初孫

かめこ、ちょっと、悔しいかも。



今は、車椅子で、お散歩中。
その前に、 ミニーと歩くところを、撮りました。


なにか、ついてるよ。

『ほらほら、つるちゃん、口の下に、何かついてるよ。』

なんだか、つるちゃんには、お母さんが、二人いるみたいだね。


↓ つるちゃんの孫娘にも、応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:家族 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/07/23 15:48】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(26) |
介護抵抗?
「介護抵抗」 なんて言葉、本当は、使いたくない。

かめこも、スタッフ達も、
「介護しようとして、つるちゃんに抵抗されてる。」 とは、思ってないから。


それでも、現実に、認知症と診断されている、つるちゃんが、やってしまう行為の中の、
かめこ達に怪我させてしまうような行為は、

やっぱり、
  「介護抵抗」  って、呼ぶんだろうか?


かめこの、右手の、ひじと、手首の間、手首寄り。
            小指から、ひじに向かった線上の部分です。撮影:21日19時

腕、つかまれて

この部分に、もともとの“しみ”などはありません。
薄く赤みがある部分も、つるちゃんが、つかんだり、爪を立てたりした跡です。
それで、この真ん中の、派手な部分が、20日夕方、つかまれた跡です。
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/22 13:57】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(23) |
口数が。。。
涼しい日が、続いている。
おかげさまで、つるちゃんは、食欲回復
食べられなかった時の分を、取り戻すかのように、しっかり食べてるよ。


いいことは、もう一つ。
この夏は、皮膚の状態が、かなりいいんだ。

おしりも、おしりのたるみのしわしわのところも、赤くならない。
背骨の出っ張ったところも、全然赤くならない。
そして、なんと言っても、
とても弱かった、腕のひじから下の部分のトラブルが、
この夏は、今のところ、起きそうも無い。


去年までは、内出血しやすくて、
いつの間にか、あちこち紫になってた。
それが、服がすれたくらいで、ベロッと、ズルむけてたのに。


お顔なんか、ピッチピッチの、つ~やつ~や。


だけど、良い事ばかりじゃぁ、ない。

歯ぎしりは、一向に治まらない。
眉間にしわ寄せてばかりで、笑顔がたまに瞬間的にしか見られない。


それから、
このところ、ほとんど話してくれない。

かめこ、さびしいです。
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/21 13:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(24) |
もうすぐ、なのに
「歯ぎしり」というより、 「歯を食いしばる」


つるちゃんの、「歯ぎしり」は、そんな表現の方が合ってる。
とにかく、あらん限りの力を込めて、やるんだ。



家の中を歩く時も、調子の悪い時は、
かめこが、後ろ歩きをして、つるちゃんと向かい合い、
両手を取って歩く。
きょうの つるちゃんは、
眉間にしわを寄せ、眉と目と口をハの字にして、
すり足の小またで、歩いてた。。


時々、急にワァ!って、力が入る。
まず、目がすわってから、
一瞬目をギュッて、つぶって、
歯をギリギリさせ、
かめこの手をグッと、つかむ。
それでも、まだ力を出さずにはいられない、というように、
指を立てて、ツメタテする。



今、かめこの手の甲には、
ツメタテで出来た擦り傷が、数ヶ所。
ヘルパーさんも、ツメタテされてた。


そして、つるちゃんの下まぶたには、ピンク色のまつげのあと。
あまりにも、強く、目をギュッとつぶるから。



それでも、きょうは、ラッキーだった。

2時半頃、雨が一旦止み、
車椅子で、外に出ることが出来たから。
つるちゃんは、外では、歯ぎしりをほとんどしないんだ。
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/17 23:03】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(24) |
歯が!
折れた  上の前歯   これで、上6本。下9本+奥1本に。


つるちゃん、歯ぎしりするから、 とうとう、折れちゃったじゃない!


折れたのは、大きな虫歯の歯。
根元近くの虫歯の部分が折れちゃいました。
今、無くなった隙間に、舌、入れてます。
でも、折れて、残った部分で、舌が傷つかなくて、本当に良かったです。


折れた歯は、なぜか、 パソコンのデスクの上に、ありました。
つるちゃんが、朝ごはん食べてる時、 オットさまが見つけました。



きのうの夕食後までは、口の中に、ついてた、

はず。。。




それでも、まだ、歯ぎしりは、止みません。

次は、どの歯が、犠牲になるの?




先週、とても心配してくれてた、訪問歯科の 先生も、

あさって、きっと、 \(◎o◎)/! 



「歯ぎしり」 については、2月21日に書いてます。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-36.html



↓つるちゃんに、お見舞いクリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/16 16:05】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(20) |
つる姫、寺を行く
『これこれ、そこの者、何用じゃ。』

まるで、そう言ってるみたいに、見えない?

姫様のよう?


毎月恒例の寺参り、
7月は、14日の金曜日午前に行った。
(この頃、あまり調子良くないんだけど、この時は、ご気分およろしいようでした。)


実は、その前日の木曜日に、ヘルパーのマーガレットさんが、
ウルルさんが、教えてくださった、例の “車椅子の日よけ” を 考えてくれてて、

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-200606.html


だから、この寺参りが、 “日よけ付車椅子” の、お披露目になったよ。 


材料は、100円ショップで買った、車のリアウインド用の日よけ2枚。
これを両脇に差し込んで、安全ピンで留めただけ。

使わない時は、外すの。



きのうも、タクシーのトランクに、車椅子とは、別に入れて、
お寺について、
つるちゃんに、車椅子に乗ってもらってから、
セッティングした。
一緒に行った、ヘルパーのひまわりさんが、

『お籠みたいですね。』 だって。 


それがさぁ、
つるちゃん、ことのほか、お気に召したみたい。
こんなものでも、ちゃんと日よけになってるし、
中は風が抜けるから涼しげ。
それに、
もしかすると、適度に覆われているのが、お落ち着くのかも。



境内まで、乗り入れて、
『さぁ、立って歩こうね。』
て、言っても、なかなか、立ち上がろうとしなかった。

つる姫、やっと、お立ちぃ。
しずしず、お歩きぃ。


ワンピースで



 お参りを済ませ、
蕎麦まんじゅうも  ゲットし、

それから、暑かったから、かめこが  抹茶のソフトクリーム買って、
スプーンで、姫様にも 食べて頂いた。

少しだけ、あげるつもりだったんだけど、
あんまりおいしそうだったから、
ほとんど全部、スプーンに載せちゃいました。

“新食感”とかで、
冷たさが口の中に広がる、すっきり感の ソフトだった。



夏は、やっぱり、
   
        寺でも、アイス


        つる姫、ことのほか、ご満足



[テーマ:手作りお役立ちグッズ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/15 15:05】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(24) |
新わんこそば作戦
2003年9月。今から3年位前。
つるちゃんは、2週間、ほとんど栄養補助のリキッドだけで、過ごした。
食べられなくなっちゃったから。

その頃、つるちゃんは、小さな施設に居た。
病院や美容院に連れて行くのは、かめこの係りで、
その帰りに、つるちゃんの好物を一緒に食べるのが、
かめこの楽しみだった。



その日、
あれ?つるちゃん、もぐもぐ、忘れちゃった?
ほっぺ、膨らんじゃってるよ。
つるちゃんが、食べたものを、口の中に、溜め込んでる




結局、その数日後に、点滴騒ぎになり、
2週間のリキッド生活を余儀なくされた。



こんな風に、
つるちゃんの体調は、ささいな変化から、突然、大きく崩れる。

だから、かめこは、
いつもと違う変化には、敏感に対応したいんだけど。。。
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/14 17:31】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(20) |
こぶとりつるちゃん
つるちゃんったら、
まるで、絵本の、
 「こぶとり爺さん」。
先週の水曜日夕食後から。

食べものを、左のほっぺに溜め込んでしまうんだ。
歯の裏、とかにも溜まるけど。
なぜか、特に左のほっぺの下の方に。

ぷぅっと膨らんでて、

こぶとり爺さん? おたふく風邪? 状態。 

それで、


「こぶとりつるちゃん」。


そういう時は、
口に入れたものを、
もぐもぐゴックンするという作業を、 「忘れちゃう」 ように見える。
(ほぺった、かめこがツンツンしても、もぐもぐは、しない。)
ただ、詰め込むだけ。


食べる速さは変わりなくて、お皿に盛ったものは、全部食べては、いた。
                                   月曜日の昼までは。

それが、月曜日の夕食からは、途中から、「こぶとりつるちゃん」になった。


『口の中のものが、なくなってから、次、食べようね。』
って、お膳を下げたら、
もう1度お膳を出した時には、もう、手を付けなくなっていた。



もう、食べたくないみたい。

だから、つまり、月曜日の夕食からは、5割6割程度の食事量。

そして、
だんだん、食べ初めて まもなくから、「こぶとりつるちゃん」状態になりつつある。




その「診断と対策」 について。



実は、お昼食べてから、つるちゃん、暑くて暑くて、
気が立っちゃてます。

エアコン入れたらいいんだろうけど、家の中歩き回るから、無駄。


ヘルパーさんに、思い切り
『バカ!』 とか言っちゃって、

かめこの頭、バシバシ、ぶったりした。

暑いんだよねぇ。かわいそうに。




そういうわけで、対策については、次にまわします。
かめこが思うのには、原因は、よく眠れなかったのとかも、関係してると思います。
それもこれも、この蒸し暑さのせいだろうな。


それで、出来ること、やってることは、ちゃんとあるんだよ。 


↓応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:




[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/13 15:59】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(18) |
歯科先生の経験
きっかけは、サッカーの話だった。

『フランスチームが快進撃中だったから、大騒ぎでしたよ。
若い人は、車のクラクション、鳴らしたりして。』


ワールドカップの頃、訪問歯科の先生は、学会でフランスに居たんだって。

そこから、  「フランスの訪問歯科より、日本の方が進んでる。」
(かめこの解釈では、ハード面というより、ソフト面が。)
という話になり、


でも、日本は、
内科では、 「往診」 という制度が、昔からあったけど、
「歯科では、(訪問歯科は)、最近になって出来た。」 そうで、
それって、10年ぐらい前から。で。。。



『私が、訪問歯科を始めたのが、その10年前で、
初めは、精神病院の閉鎖病棟などにも、行ってたんです。』


治療中に、発作がおきて、
先生が持ってきた、歯科の治療道具で、自分を傷つけた人もあるんだって。


『自傷行為は、本当に怖い。』 って、言ってらした。
自宅に訪問した時、ご家族の目の前で、急に台所に走っていって、
自分の手首を切りつけたりした人も、ある。って。


かめこは、精神的な病気の人を、差別して言ってるわけではないよ。
誤解しないでね。



つるちゃんに、とても激しい暴力行為があったことは、
前にお話ししました。

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-108.html

その時、前ケアマネの満月さんが、言ったんだ。

『つるさんは、包丁持ち出して、どうのこうの。というの無いですから。』
『自傷行為がある方の場合は、どうしようもない場合があって、
在宅は、本当に、難しくなります。』



それでも、在宅で、介護している家族は居て。
それを、支える、先生みたいな人も居て。 

そう考えたら、胸が熱くなった。




先生が、前に、かめこに言ってくれた、
『大変ですね。』

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-174.html
その 一言が、どれほど、心がこもっているか、

その時も、
 『あれ?本気で言ってる?」 って、思ったんだけど、


きのう、改めて、
本当に、つるちゃんのことを理解してくれる先生に、

また一人、巡り会えたんだ。って、

わかった。



先生は、きのうもつるちゃんに、

『とてもがんばってくださって、とても助かります。』
『ありがとうございます。』


って、何回も言ってくれてた。


    

[テーマ:歯医者 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/12 11:44】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(20) |
キリ番キラー
きのう、キリ番ゲットしました

しかも、   実は、3回目 

しかも、  今回は、初訪問先で



記事に、 「もう直ぐ・・・」 というようなことが、書いてあり、


ああ、カウンターね? ふんふん。        \(◎o◎)/!



「天使のスピリチュアルのお気楽日記」の

管理人リルアンジュさま
       

  
1000ブログビュー達成
  
(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)



かめこが、キリ番取ったブログさまは、

それ以降、ますます大盛況
  
           
                     なんて、ジンクスも、あるかも。



さぁ、

次は、あなたのブログの、キリ番、
        
           狙うわよぉ


    ↓幸運、あやかりたい方、応援クリック、お願いね。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:わぁい♪O(≧▽≦)O | ジャンル:ブログ]

【2006/07/11 16:34】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(24) |
枝豆は、サヤ付ね
きょう、10日。
昼食を食べ終えた頃に、玄関のチャイムが鳴った。

つるちゃんは、まだ、少しご飯が残っていて、
座っていられるようだったので、
かめこは、玄関に出た。
食事室は、玄関のまん前で、ドアもが開いているし、
つるちゃんが、席を立ったらわかる。


宅急便だった。


終えて、つるちゃんのところへ、戻る。


あれ?テーブルの上が、なんだか違う。

つるちゃんの前に、
かめこが、枝豆を食べた後の、サヤだけ入れた器が。。。



ムムム、食べたなぁ


つるちゃんの分の枝豆は、サヤをむいて、豆の薄い皮もとって、
つぶして出している。
その、自分の分は、もう食べちゃてる。

それで、お母さん(かめこのこと)の居ない隙に、
サヤ、頂いちゃった。というわけ。



枝豆は、やっぱり、サヤ付じゃないとね
                         (↑かめこが、勝手に書いてます。)


って、つるちゃん、
サヤ付どころか、
サヤだけ、なんですけどぉ



つるちゃんは、自分では、ペッしない。
だから、もちろん、直ぐ、口に指突っ込んで、取ったよ。

筋は、長いから、取りやすかった。
緑の部分も、まあ、取れた。

緑の裏の透き通った、堅い部分が、噛み千切って、小さくなってって、
とりにくかったです。

つるちゃんの口から出てきたサヤ、
つまり、つるちゃんが、詰め込んだサヤは、3本分くらいだった。



6月15日には、紅茶のティバックを食べました。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-175.html

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/10 18:28】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(20) |
寝だめ?
きのうは、ご心配を、おかけしました。
おかげさまで、
「不眠傾向?」 記録は、ブログの記事にしたとたん、ストップしました。



きのうは、つるちゃん、9時半頃、ベッドに入って、
そのまま、一度も、起き上がることなく、眠りについた。

導眠剤飲んでもらって、
 『ベッドに座ってください。』 と言ったら、
つるちゃんったら、
 『寝ません。』 って、言ったんだよ。
きっと、ベッドに入っても、どうせ、なかなか寝られない。って、思ったんだろうね。

でも、眠そうだったから、
かめこは、
『もう、眠そうだよ。すぐ、寝られると思うよ。』 と言って、
ベッドに座ってもらって、つるちゃんの頭を枕の上に倒して、足を持ち上げて、
ベッドの上の座布団の上に載せた。
つるちゃんは、右の膝が、いつも腫れてるので、足を少し高くしておくんだ。
 


いつも、つるちゃんは、
かめこの髪をなでながら眠りにつく。


きのうは、左手で、髪をなでようとして、
かめこの頭に手を載せたとたん、

寝ちゃった。

手のひらは、かめこの頭に載ったまま。
ベッドの柵の上から、手を伸ばしてるので、柵が支えてくれている。

それで、5分位かな?

とにかく、少し経って、

まるで、


あっ、髪なでないと寝られなかったんだぁ。

とでもいう風に、
かめこの髪をなで始めた。
つるちゃんは、その時、薄目を開けてた。

それが、左手で、

右手で、顔をなでてくれた。
右手は、柵の間から、一生懸命、伸ばしてる。

しばらく、そうしてから、眠った。



そして、夜中に1度も目が覚めることなく、
    (しかも、おしっ☆とか、しても、かめこに放っておかれ。)



朝が来た。


つるちゃんが、起きたの、 なんと、8時23分 

    (本日のつるちゃん、快眠快☆

↓できれば、応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:睡眠障害 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/09 10:54】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(28) |
不眠傾向?
思えば、9年位前、
かめこが、つるちゃんの“物忘れ”に関する異常に、気付く、ほんの少し前から、
つるちゃんは、不眠を訴え、病院で薬をもらっている。

「導眠剤」

その後、飲まずに、朝まで熟睡できた時期も、あることはあった。
でも、つるちゃんが、家で暮していくについては、
今では、欠かせない薬になっている。


今話してる 「不眠」 というのは、 だから、つるちゃんの場合は、
「導眠剤は、飲んでるけど、眠れない。または、朝までに目が覚める。」 
ということを指す。
【続きの表示】

[テーマ:睡眠障害 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/08 12:53】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(6) |
願い事
「茅輪神事」 という記事で書いた、神社は、オットさまの通勤途中にある。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-194.html

かめこが、乳がんだとわかった日の翌日から、
会社に行く日は、ずっと、行きと帰り、
オットさまは、本堂の前で  手を合わせ、
お参りしてくれてたんだって。



願い事は、もちろん、かめこのこと。



今も、かめこは、月に1回、手術をしてくれた先生の所へ行く。
前月の検査に結果を聞き、検診を受け、薬をもらう。
 


『大丈夫だったよ。』 
かめこが、そう報告すると、

『ああ、良かった。』 
オットさまは、いつも本気で言う。
ものすごく、安心したように、胸をなでおろす。


    そんなに、心配してくれてたのね。
    って、胸が痛む。


    そんなに、愛してくれてるのね。
    って、胸がいっぱいになる。 





七月七日。
一年に一度の、 七夕。 

かめこの、 願い事は、

    「つるちゃんと、できるだけ、いつまでも、こうしていられますように。」


オットさまの願い事は、
    あの神社の神様に、お願いしてることだね。



。。。。願い事、追加しようかな。

    この人と、できるだけ、いつまでも、こうしていられましように。」 



↓できれば、応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:旦那さんのこと。 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/07/07 08:14】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(22) |
笑っちゃう!
今朝は、つるちゃんの笑い声で、目が覚めた。
そんなの初めて。


つるちゃんは、日曜日と月曜日の朝みたいに、
寝てる間に、ごろんごろん動いて、
ベッドの向こう側の淵で、窓に向かって、丸まってた。
でも、きょうは、頭、落ちてなかったよ。

それで、窓ガラスを、ゆっくり、開けたり、閉めたりしてた。
その、開ける時に、
 『クククク。』 笑うんだ。


窓が開くのが、おかしくて、笑っちゃう。(?)

               おかしいかなぁ?

それで、かめこは、聞いてみた。

『つるちゃん、窓、開けてるの?』

『そうです。』

『面白い?』


『おもしろいですぅ
         
               面白いんだ。良かったね。

この時、おしりは、気持ち悪かったと思う。
だって、モーニング・アイスミルク、お断りで、
直ぐにシャワーに行きたい。って風だったから。

だけど、機嫌は、悪くない。

窓の開け閉め やめても、
まだ、思い出したみたいに、笑ってる。

『クククク。』 『クククク。』

つるちゃんは、眉と目をへの字にして、顔をゆがめて、笑ってる。


               あれ、もしかして、泣いてるの?
               だって、おしり、気持ち悪そうだよ。相当臭うもん。


それで、また、聞いてみた。

『ねえ、つるちゃん、笑ってるの?泣いてるの?』

『わらってるの。』

つるちゃんは、眉と目をへに字にしたまま、答えた。

自分で、答えて、それがおかしいみたいに、

また、
 『クククク。』 始まった。


結局、なんと、シャワーの間中、
 『クククク。』 って、続けてた。 
かめこは、何度か、笑ってるのか、泣いてるのか、聞いたよ。

だって、
 「今まで笑ってて、急に泣き出す」 
そういうの、しょっちゅうだもん。
同じ顔だから、わかんない。


つるちゃんは、結局、シャワーの後、食卓につくまで、笑ってた。


               笑いの長さ、新記録


それで、案の定、朝食食べ終わったら、急に泣き出した。
しっかり、観察しときました



つるちゃんの場合、
笑い顔と、べそかき顔の違いは、“口の開き方”だった。


笑ってる時は、口角しっかり上がってて、
泣いてる時は、ちょっと下がる。

口の開け方は、泣いてる時の方が、横に平べったく、大きく 開いていた。

口隠したら、かめこでも、わからないと思うな。

               笑ってるんだか、泣いてるんだか。


↓できれば、応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:しあわせの素 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/06 14:51】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(14) |
ケアマネ交代
7月1日付けで、つるちゃんの担当ケアーマネージャーが、交代しています。
さっき、新しいケアマネのマウンテンさんが、
ベッドの向こう側にも、手すりをつける件で、家に来てくれました。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-197.html
用件のほかにも、いろいろ話したよ。

しみじみ、
 
『おうち、全然臭いませんね。』
『どうされてるの?』
 って、聞いてくれたので、
調子に乗って、

消臭剤(オカモトの無臭タイプ 洗濯用消臭剤)の宣伝、また、しちゃいました。
シーツとか、衣類に臭いが残ってると、家まで臭くなるの。
それで、衣類の臭い(う☆ち とか おしっ☆とかの)を完全に取ることって、
やっぱり、難しいことみたいだね。
ケアマネが、メモしてくれて、嬉しかったです。



新しいケアマネは、前任者の満月さんが、探してくれた人です。
「人柄が、かめこさんに合う人」 ということで、
この、マウンテンさんに、“白羽の矢”を立てたんだって。

満月さんったら、自分で、
『私は、人脈はある方だと思います。』 って、
言うくらいだから、
よほど、自信があったみたいだよ。


マウンテンさんはね、
「ケアマネ連絡会」 の会長を、この何年か、やってるそうです。
この連絡会、つるちゃんとかめこ の住む、自治体に居る、
250人ものケアマネが集まる、勉強会みたいだよ。
満月さんは、この会だけは、必ず出席すると、言ってました。
250人というのは、実働してない、休職中の人も含まれていて、
そういう人も、この会には、出るそうです。
マウンテンさんは、250人のケアマネの代表として、
自治体の会議とかにも出るそうだよ。



ふうむ、なかなかの実力者のようですな。
その人が、「かめこと一番合う」 と、満月さんは、思ったわけだ。


ふうむ、ふうむ。これは、嬉しいことかも。

でも、ひとつ、お断りしておくけど、
かめこは、人を、役職だとかでは、判断してないつもりです。
社会的評価って、かめこの価値基準とは、合わないことも多いから。

それでね、家が臭わないこととか、感心してくれたことだけじゃ、
決してなくて、
マウンテンさんとも、気が合いそうだよ。


なんか、これからが、ますます楽しみです。 

                                  富士山

↓できれば、応援クリック、お願いします。
押してね

[テーマ:ケアマネ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/05 11:50】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(11) |
嬉しい寝相
きのうの朝は、ぶったまげた

つるちゃんったら、ベッドと向こう側の窓の隙間に、頭を突っ込んだまま、
身動きとれずに、泣いてたんだ。

『おかあしゃ~ん。』 『おかあしゃ~ん。』 って。

ちょっと、大げさだったかなぁ。
“はまっちゃった” というほどではなく、
まぁ、危ない。ってコトは、なかったんだけど、
そこまで、動いたことに、びっくりした。


向こうを向いて、丸まってるから、 「つるちゃんの背中が、見える

これまでだったら、あり得ないことだ。


今朝も、頭は、突っ込んでなかったけど、ベットの向こう側の淵で、
背中を向けて、丸まってた。

(背骨が出てるので、よけい、丸まって見える。)



少し前までの、つるちゃんの寝相は、   「微動だにしない」

実際には、動いてないはず無いんだろうけど。
少なくとも、かめこの目には、
寝返りってものを、してるようには、とうてい見えなかった。


いつも、ベッドの柵に、目いっぱい近づいて、こちら側を向いて丸まって寝る。
そして、眠る時、かめこの頭をなでてくれる。


それが、朝、目が覚めた時も、全く同じ姿勢で、いたんだ。
                                少し前までは。

眠ってる時でさえ、体中に力が入ってたみたいで、
                                とても、かわいそうだった。


                                  明るい窓辺に


    ↓できれば、応援クリック、お願いします。
押してね
【2006/07/03 11:48】 | 良くなったこと | トラックバック(0) | コメント(16) |
茅輪(ちのわ)神事
画像が、見苦しくてごめんなさい。これが、茅輪(ちのわ)というものです。
わかりにくいですが、右にあるような、紙垂(しで)も、ついています。
初めて見たのが、8年前の6月。つるちゃんと一緒でした。


                 茅輪神事しめ縄と紙垂(しで)

ここは、つるちゃんとかめこ の家から、歩いて10分ちょっとの神社です。
この神社についての思い出は、また、いずれお話させていただくとして、


きょうは、「茅輪神事」(ちのわしんじ)について。
 
【続きの表示】

[テーマ:神社仏閣 | ジャンル:学問・文化・芸術]

【2006/07/02 16:24】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(22) |
お父さんに話したいこと

おはようございます。
今朝は、つるちゃん、4時36分起床でした。
ベットから、サッサか起きちゃったので、かめこもお付き合い。



さて、
きのうの夕食の前の話なんだけど、

オットさまが、 パソコンに向かっていたら、
つるちゃんが、近寄って、
なにやら、一生懸命に、話しかけてきた。


『おとうさん、むにゃむにゃむにゃ。』
『おとうさん、ムニャムニャムニャ。』


それはそれは、熱心に。
でも、オットさまにもかめこにも、
何を言ってるか、まるで、聞き取れない。

つるちゃんは、
オットさまの目を、真っ直ぐ、真剣に見つめて話してる。

目の高さは、つるちゃんの方が、少しだけ高いんだけど、
やけに、距離が近い。
何しろ、つるちゃんが、
オットさまの目に、思い切り近づいて、話しかけてるから。


『どうしたの』 『どこか痛いの

つるちゃんは、答えない。
ひたすら、自分が、話したい。

かめこが、聞いてみた。


『お父さんに、居てほしい。ってコト
つるちゃん、大きくうなずく。

『お父さんに、傍に居てほしい。ってコト
つるちゃん、また大きくうなずく。

かめこ、今度は、オットさまに向かって話す。

『そうなんだって。お父さんに居てほしいんだって。』

『そうみたいだね。』
『つるちゃんの、ほんとのお父さんじゃないけどね。』



 直ぐ、夕食になった。
かめこが、キッチンに、残りのおかずを取りに行くと、


『ほらほら、お魚だけ、先に食べちゃったよ。』
ご飯も、食べなさい。』
『ほら、ここにあるよ。』


オットさまが、つるちゃんの世話を焼いている。

なんだか、それじゃぁ、ほんとのお父さんだよ。

                                お父さん、嬉しそう!

↓応援クリックお願いします。
押してね

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/07/01 07:02】 | お父さん(オットさま)とつる | トラックバック(0) | コメント(38) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

06≪│2006/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。