つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
木曜の楽しみ
「車椅子用日よけ」は、別の記事になります。
『車椅子用日除け2007』 をぜひご覧ください。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-548.html


つるちゃんが、午後の散歩を車椅子で出るようになったのは、
去年の夏も終わろうとしている頃だった。

徘徊がひどくて、歩きすぎて、夕方になるとフラフラになって、
身体が後ろに倒れ、かかとに重心がかかるような歩き方をするようになる。
そうなると、目が離せないどころか、手が離せない状態になる。
とにかく、今にも倒れそうで、危ない。
一人では、歩かせられない。


なんとか、イスに座って、身体を休める時間を確保する必要があった。
それで、午後1時間、午前中30分、車椅子で外に出ることにした。

果たして、車椅子に座ったまま、立ち上がらないかとか、心配もしたが、
つるちゃんは、車椅子での散歩を、楽しんでくれるようになった。
【続きの表示】
スポンサーサイト
【2006/06/30 00:45】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(10) |
大寝坊
『おかあさ~ん、おかあさ~ん。』 つるちゃんが泣いてる。

『しまった』 『今、何時』 
かめこが飛び起きたら、もう、7時26分。
きょうは、デイサービスに行く日なのに。


冬の間、つるちゃんが、起きるのは、 7時過ぎだったけど、
3月の半ば位から、早くなった。
 5時頃、目が覚めて、おしゃべりをはじめ、 6時頃起きる。というパターン。
おしゃべりが無くて、そのまま寝てる日は、目覚めと起床が6時頃。

ところが、このところ、5時に目が覚めると、直ぐ起きたくなるようで、
何日か続けて、 5時起きだった。
夜も、この頃、寝つきがあまり良くなくて、
さすがに、きのうは、一日眠そうだった。


ほんとに、眠かったのね。
7時半近くまで、寝てるなんて。
                                             
                              銀座4丁目の七夕飾り

【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/28 23:41】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(18) |
お寺は七夕飾り
お昼前には、明るい日差し。
まぶしいくらいの、太陽が出てきた。

さあ、午後には、お寺に行こう。
晴れたら、行くと決めていた。
もう、6月も、最終週。



お寺への バス通り。
タクシーの、車窓から見える、
濃い緑は、もう夏の色。

お寺の参道。
軒を並べる、蕎麦屋と土産物屋。
店先に、背の高い笹。

『ああ、もう直ぐ、七夕なんだね。』


いつの間にか、6月も、残りわずか。
後4日で、2006年も、折り返し点。


七夕飾り

火曜日のヘルパーしろつめ草さんとは、初めての寺参りです。。
            6月しろつめ草さんと

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/27 17:32】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(17) |
その家の暮し方で
先週の金曜日に、ケアマネージャーの満月さんが、新しいケアマネを連れてきた。
満月さんは、この6月いっぱいで、今の事業所(民間ではなく、支援センター)を、辞める。
それで、この日は、
7月から、つるちゃんを担当する、 マウンテンさんと、契約書を交わしたのだ。


この新旧二人のケアマネに、かめこは、一つの質問をした。
前に書いた、「生きたサービス計画書」 という記事の内容についての、確認だ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-177.html 
記事に書いたことは、かめこが勝手に考えた事だからね。
書いた人に、聞くのが、一番じゃん。



在宅介護の方針って、何?

「居宅サービス計画書」 に、 「方針」 が 書いてあって、
その中に、
本人も家族もスタッフも、
 「気持ちをひとつにして」 って、書いてあるんだけど、

これって、何に、 気持ちをひとつにするの?

      利用者とその家族の 「意向」 に  そって
それとも、
      利用者が、 「安心・安全」 に暮せるように



二人とも、即答。 なんか、ムキになってるみたい。


つるさんとかめこさんの、「意向」 に、そって。 に、決まってるじゃない

「安心・安全」 なんて、みんなが わかりきってること、わざわざ、方針に入れないわよ

「安心・安全」  というのは、基本なの
各自が、やることで、
気持ちをひとつにして、やるようなことじゃないです



はぁ。。。

かめこ、少しばかり、圧倒される。
そして、たくさん、感動した。

この二人のケアマネは、
なんか、本気で、
つるちゃんとかめこの 「意向」を、実現させようとしてくれてる。


満月さんったら、
『私の、文章力が無いせいで、わかりにくいんでしょうか?』
って、しょんぼりしてました。 



そうなんだよなぁ。

今のかめこは、なんか、自信たっぷりみたいに、見えるかもしれないけど、
再在宅1年目、おととしのかめこは、
つるちゃんについては、信念持って接してたけど、
「在宅介護」が、どういうものか、なんて、わからなかったし、
自分の気持ちを、どれくらい、スタッフ達に通していいのかとかも、わからなかった。
自分の言ってることは、細かいんじゃないか。とか、気にしたりもしてた。

そんな時、ケアマネをはじめとして、
スタッフ達が、言ってくれてた。


『かめこさんの、思うようになさってください。』

『かめこさんが、つるさんの気持ちを、
一番良くわかっているんですから。』


『それぞれの、暮し方で、いいんですよ。』
 


かめこ、全部、素直に真に受けて、 

「やりたいようにやっていいんだ。」 って、
                  信じちゃってます
 

[テーマ:支える側の心構え | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/26 16:53】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(28) |
ブラウス大改造
つるちゃんの、デイサービスお出かけ用のブラウスです。
これは、世界で1着の、つるちゃんのためのブラウスなんだよ。


つるちゃん仕様

このブラウスは、今年は、6月に入ってから、毎回着てます。
実は、つるちゃん、夏でも、
 「長袖を着て来るように」 って、
デイサービスの施設に言われてるの


手の皮膚がとても弱くて、ちょっとのことで、内出血しやすいし、
そうなると、皮がとても薄いから、
破れやすくて、べロッとむけやすいからです。


でもね、つるちゃんは、ものすご~く、暑がり
ものすご~い、汗っかき


落ち着かない時のつるちゃんは、すごく、力が入っちゃって、
真冬でも、大汗。
その上、脳の指令が、うまく行かないのか、自律神経が、うまく働いてないらしい。
真冬でも、寝汗で、着替えることがあるほど、
動かなくても大汗をかく事がある。


それで、涼しさいっぱいに、大改造 

1.前身ごろを、短くした。
   後ろは、背骨が出てるから、たっぷり必要なんだけど、
   前は、長いと邪魔なだけだから。


2.襟を取った。
   あると暑いから。

3.袖が、外せるようにした。
   家の中では、暑いから、袖なしで着ていて、
   迎えのバスに乗る時に、袖をつけるようにするため。
 
   
   つるちゃんは、服着る時に、袖を通すのが、大変!
   袖をつかんじゃって、なかなか着てくれない。
   それに、服が強くすれると、手の皮がむけちゃうから、
   いつも、慎重の上にも慎重に着替えてもらってる。
   袖をつけるだけなら、迎えのバスがきてからでも、余裕だよね!
     
   それに、マジックテープは、何ヶ所かで止まってるだけだから、
   長袖の時も、わきの下が、スカスカで、涼しいんだよ。
 

袖外せます

ご報告:
手の肌の状態は、おととしより去年、去年より今年と、
丈夫になってます。
「栄養状態は、とても良い。」 と、看護師さん達に、言われるよ。


大事なこと、言い忘れてた。
かめこは、洋裁、大の苦手なの。
これは、洋裁店に勤めてたことのある、ヘルパーのひまわりさんが、作ってくれたんだよ。
かめこは、ああして、こうして。って言って、マジックテープ買ってきただけです。

            (洋裁は、介護保険でなく自費利用分)

[テーマ:手作りお役立ちグッズ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/24 23:53】 | 介護品のこだわり | トラックバック(0) | コメント(47) |
おせわにぃ・・・
さっき、寝る前の、おしものシャワーを終え、
もう、あとは、導眠剤を飲んで寝るだけ、という時、

つるちゃんが、
『おせわにぃ・・・』  って言った。

すごく優しい目をしてた。


『“お世話になってます。” って言いたいの?』 って、聞いたら、

うなずいた。


『私に、言ってるの?』  つるちゃん、また、うなずく。

『私でいいの?』 

そしたら、つるちゃんが、かめこの 顔やらシャツやらを なでてくれた。


つるちゃんが、

すまない。 という意味で、言ったんじゃない みたいで、

安心しました。




ついでに、というか、この際だから、
 

 『私が、誰だかわかる?』  とも、聞いてみた。

たまにわかることあるからね。

その時は、わからないようだった。


                                 さくらんぼの季節

ところで、
きのう、つるちゃんが お魚より、肉が好きだ。って言ったけど、
訂正します。


どちらも好きです。

一番大好きなのは、うなぎだし、

きょうの夕食、メロ(銀むつ)の照り焼きにしたら、
一口お箸で食べて、
すぐ、手づかみで食べだした。

おいしくて、早く口に入れたくて、
箸なんか、使ってらんない。 って、風だった。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/23 22:40】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(16) |
魚屋さん
つるちゃんとかめこの 家には、週に3回、火曜・木曜・土曜日に、  魚屋さんが来る。
チャイム押してくれて、 
かめこが、
 『行きま~す。』 って、どなったら、開店で~す

           魚屋さん6月22日

  
 魚屋さんの来る時刻は、ヘルパーさんが来て直ぐ。
つるちゃんをお願いして、かめこは、お買い物。


きょうは、木曜日だから、もちろん来た。
ワラサ(ブリの子ども)を刺身にしてもらったよ。

おとといの火曜日は、鯵。
おじさんが、朝、三枚下ろしにした物が、並んでた。
残ってた分、全部(と言っても11枚)買ったら、安くしてくれた。
フライにしたら、身がふわっとして、すごくおいしかった。

あれば買うのが、貝類。
ちょっと前に、赤貝の、普通には、見ないようなのが置いてあって、
即、買いました。
貝類は、 オットさまの大好物なんだ。
夏でも熱燗の人だからね。

おっと、かめこの好物は、まぐろの中落ち。
時々、(安くても)抜群にうまいのが、入ってくる。
そういう時、 おじさんは、ちゃんと、かめこの分を取っておいてくれるんだよ。

火曜日のアジフライ、つるちゃんも、すごくおいしそうに食べてた。
付け合せのキャベツの千切りとかも、ちゃんと食べられる。
きゅうりを少し混ぜてるからかな?
マヨネーズかけた方が、食べやすいけど、かけなくても、OK。
 トマトは、皮が残るから、特にミニトマトは、必ず湯むきする。



おじさんには、つるちゃんには、小骨が危ないとか、
パサパサしてるより、脂がのってた方が食べやすいとか、話してある。
焼くとか、煮るとか、どんな調理をすれば、おいしいか、食べやすいか、
相談したりもしてるよ。 

ただねぇ、
つるちゃんは、ホントは、お肉の方が好きなんだ。
フライは、大好きなんだけど、
きょうの刺身は、あんまり嬉しくないと思います。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:つぶやき | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/22 14:36】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(24) |
つる、いつも多忙
水曜日と、土曜日は、デイサービスに出かける。
今朝も9時、つるちゃん、笑顔でお出かけぇ


きのう、つるちゃんは、大忙しだった。


毎週火曜日の午前中には、30分間、訪問看護師のエンジェルさんが来る。
何人かのうち、その日、誰が来るのか、わからない。
きのう、来た人は、新人さんだった。
だけど、つるちゃん、“看護婦さん”だってわかったよ。
他のエンジェルさん達に対するのと同じに、頼りにしてるって、感じだった。
看護師さんが居ても、歩きっぱなしだったり、身体に触られるのを嫌がる時もあるんだけど、
きのうは、熱も、血圧も、すんなり測らせてくれた。
熱   36度5分 (平熱は、36度3分)
血圧 115の75・・・だったかな?

そうそう、
ツメタテによる、介助者の怪我防止の為、右手薬指の巻き爪のことを、相談してみた。
アーチ型には、切れないけど、端をヤスリで、丸くは出来るって。



夕方には、訪問歯科の先生が来た。
虫歯の治療、きょうは、無事に出来ました
つるちゃんは、ずっと、先生の腕を、優しくなでていた。
終わってからは、歯医者さんの帽子をかぶった頭をなでてたよ。



それから、午後、ヘルパーさんがいる時に、
髪の毛を カットした。
いつものように、風呂場に、新聞紙を敷いて。
そして、終わったら、シャンプーして、つるちゃんは、湯船に浸かった。
涼しげ気な、若々しいョートヘアーに、つるちゃん、大変身


もちろん、車椅子で散歩に出て、えいと・いれぶ☆で、おやつも買ったよ。
きのう、つるちゃんが選んだのは、でっかい杏仁豆腐



きょう来てくれた、プロ3人が、最後に、同じ言葉を、口にして帰った。

『きょうは、落ち着いてますね。』

その通りだと思う。
忙しかったけど、穏やかな一日だった。
それでも、つるちゃんは、いつでも落ち着かない感じに、歩き回る。
ゆっくり座ってるって事は、この頃、また、少なくなってるなぁ。


そういうわけで、誰が来ても来なくても、
つるちゃんは、いつも大忙しぃ
【続きの表示】

[テーマ:病気と付き合いながらの生活 | ジャンル:心と身体]

【2006/06/21 10:38】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(23) |
久々、ツメタテ
このところ、つるちゃん、落ち着いていたから、
ツメタテが、全然無いわけじゃなったけど、
それで、かめこが、出血する。ってことは、無かった。
きょう、久々です。


朝、シャワーの後、服を着せてる時と、
夕方、お風呂の前に、服を脱がせてる時。


朝のは、親指の付け根の所。
つるちゃんの爪で、5ミリくらい皮向けて、血が出た。
傷薬つけて、水触る時は、テープで保護。
皮は、破れてはいなくて、貼り付いたままだったから、
今は、もう、ふさがって、乾いてます。

夕方のは、手首のちょい上。
5センチくらい、紫のみみず腫れできて、ところどころ、皮向け。
血は出なくて、内出血。
こちらは、手当てもせず、今は、もう、完治。



以前、調子の悪かった時は、
一日にいくつも出来て、その日には、治らなかった。
だから、きょうのくらい、大したことじゃない。

ただ、つるちゃんは、C型肝炎のキャリアで、
感染力弱いといっても、血液感染なので、
傷には、要注意なのだ。
幸い、今現在、つるちゃんに、出血は無いが、
結構、怪我やなんやら、出血することがあるので、
こちらは、極力、無傷でいたい。
ヘルパーさんは、絶対に、怪我しないでね。


きょう、かめこは、つるちゃんのこと、一日、気をつけて見てたけど、
つるちゃんは、特に辛そうな感じでも無かった。
だから、落ち着く為の薬も、増やす必要は、無いだろう。
【続きの表示】

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/06/19 23:30】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(20) |
『一人で行くの?』
今朝も、つるちゃんの方が、かめこよりずっと先に、目が覚めてた。
おしゃべりはじめて、長いこと、二人で話してたんだけど、
かめこは、頭寝てたみたい。
なんて言ってたか、全然、思い出せません。
      
      
      つるちゃんの会話力は、その時によって、極端に違う。
      今朝の、その時は、まるで、普通の人のようだった。
      でも、今も、
 『ウギャウギャ。』。 とか、言うよ。
      さっきも、
 『ウジャウジャ。』、『セセセセ。』、『おかシャシャシャシャ。』      
      って、言いながら、うろついてた。
      「おかシャシャシャシャ」 って言うのは、 「おかあさん」 ってことだよね  


かめこ、やっと起きましたぁ

つるちゃんのベットを覗き、

『ちょっと待っててね。』 『トイレ先に行かせて。』 って、頼んだ。

『どこ、行くの?』

『トイレ行くのよ。』

『一人で行くの

『うん。。。。』 
 (かめこ、悲しいような気持ち) 『。。。一人で行く。』
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/18 16:29】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(20) |
生きた計画書に
「居宅サービス計画書」 なるものがある。

(以下、全て、かめこの解釈)
家族を含めた、つるちゃんにかかわる支援全体を見据えた中での、
援助の方針や、具体的な内容を記したものだ。
この計画書に基づき、月間の介護保険利用の援助内容が決まり、
ヘルパー会社が作る、ヘルパーさんの実際の仕事内容も、決まってくる。

いわば、介護保険という制度で、
「実際のところ、つるちゃんについて、何ができるか。」 
が、書かれたものだろう。 


先に、断っておくが、
病気が進んでからの、つるちゃんの自宅での生活は、
現在の日本の介護保険を利用しただけでは、
はじめることも、維持することもできない。

これは、うちの、ケアマネ、精神科主治医、訪問看護師といった、
プロ達が、全員認めていることだ。
しかし、逆に言えば、
現在の、介護保険制度を有意義に活用できているからこそ、
今の、つるちゃんとかめこの、幸せな生活があるのだ。
この制度無しには、今の暮らしは、あり得ない。


                             
【続きの表示】

[テーマ:支える側の心構え | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/17 13:26】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(14) |
ごめん。臭い、うつるかも
午後から、日差しが出てきた

        やったぁ。乾くぞ
               

午前中に来てくれた、ヘルパーのひまわりさんは、
きょうは、洗濯物の下洗いに、大奮闘



下洗いした物とは。。。

パジャマの下  右足脇と後ろ側全部、柔らかめの う☆ちが、もろに染み込んでる。
パジャマの上  背中右より、襟近くまで、う☆ちが、もろに染み込んでる。
防水シーツ   背中の当たってた部分、う☆ちが、うっすら染み込んでる。
シーツ      つるちゃんが、ベットの上にずったので、その部分、
          う☆ちが、うっすら染みてる。
タオルケット   多分、つるちゃんが、う☆ちがベッチョリ付いた手で、触った。
          一部分、う☆ちが、付いてる。
枕カバー     2枚を2重にかけてる。(通常は、外の1枚だけ洗う。)
          2枚とも、う☆ちのしみで、濡れてる。  多分、起こした時、そうなった。
枕本体     そば殻入れの袋。これにも染みてる。
          ただし、頭の乗る部分が、縫い付けてあるので、単純な袋ではない。   
          中身のそば殻を出し、一度、ビニール袋に開けて、
          そば殻入れの袋を、裏返して、下洗い。
そば殻      これは、洗わない。 外に干す。(臭いが付いてる。)
        


上記、下洗いは、今朝、作られた物です。
つまり、通常の洗濯物のほかに、飛び入りしたもの。

今朝、起きた時のつるちゃんの様子は、ご想像通りのものです。


しかしながら、今朝は、かめこ的には、かなりいい感じ。

つるちゃんが、う☆ち、手につけちゃってたけど、
起こす時、おむつのパットで包み込んだので、 ( くるませてもらえたので)
ベットリネンと、手すり以外の部屋の中には、被害が出なかった。
片手だったから、楽勝

もっと、重要な点
う☆ち、ゆるいのが、(下痢ではない)、たくさん出て、全部背中に回った。
女性なので、前に回ると、良くない。
背中なら、気持ち悪いことをのぞいて、健康面への問題なし。
ゆるかったので、シャワーで、さっと洗い流せた。

つまり、つるちゃん、気分は上々。


今朝は、なかなか、うまくいった 

 ひまわりさんが、来てくれるのが、分かってたしね


追記: 我が家は、衣類も住まいも、臭い対策、バッチリです。

↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/16 16:00】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(33) |
つる真の狙いは
今朝、かめこが、朝食の仕度をしてて、振り向いたら、
つるちゃんの、口の周り、茶葉だらけ。
口から、糸がたれてる。
ティーバックの糸だ。
あれ 茶葉包んでる、薄い紙は。。。

口の中に、かめこが指突っ込んだら、あった。 
で、無事、回収。
のどに詰まらなくて、良かった。 ほっ。

茶葉は、お腹の中に、全部 収まった。 (ポリフェノール摂取できた?)



朝、起きると、
つるちゃんは、たいてい、ベットで、モーニング・アイスミルクを飲む。
その後、おしり洗って、(最近は、背中も)着替えて、
(もちろん、つるちゃんが、自分でできるわけではない。)
朝食のテーブルに着く。
そこで、ミルクが、まだの時は、ミルク飲んで、
それから、
朝食(が、テーブルに出る)前に、熱い紅茶を飲む。
(つるちゃんは、何かを飲みながら食べる。ってことが、できない。)


これが、うちに、居る時の、毎朝の習慣だ。

紅茶は、かめこの大きなカップに、ティーバックを入れて作る。
それを、つるちゃんの カップに移し、
残りは、かめこが飲む。


これも、毎朝の、日課。

今朝、
つるちゃんが、かめこのカップを狙ってたのは、知ってた。


『これは、お母さんの。 (つるちゃんは、)熱いから、飲めないよ。』 と、言って、
でも、置いておく方が、悪いのよね。 って思ったから、
サッサと、紅茶、飲んじゃった。


しかし、つるちゃんの、真の狙いが、

紅茶ではなく、ティーバッグだった。ことに、
この時、かめこは、気づかなかった。 


きょうに限って、カップの中には、ティーバックが、入れっぱなし

こうして、かめこが、キッチンに下がった隙に、
           つるちゃん、まんまと、目的、敢行


前に、ティッシュとかを、食べちゃう話、したけど、
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-7.html
この頃、紙類は、何でも食べます。(口に入れるだけじゃないよ。)
広告の紙とか、ダイレクトメールとか、
それより、厚手の紙も。。。
堅くても、いいみたい。 

その度に、
かめこが、口の中に手を入れて、取り出す。ってわけ。


ご報告: 食べられない物食べるのは、この頃は、紙くらいです。
「異食」 関連過去記事 上記のほかに
「しょうゆラッパ飲み事件後編」 
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-9.html
「胃洗浄、するの?しないの?事件」・・・蚊取り線香を、食べた話
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-8.html


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/15 15:14】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(37) |
キックとヘッディング
 ワールドカップ、日本の勝利を祈願し、
        開催地 ドイツに、
    つるちゃんとかめこ の頑張りを届けます


  
先週に、引き続き、虫歯治療、2戦目。
治療といっても、食べ物が詰まらないように、穴をつめるだけ。
削るのは、危なくて、無理。
きのうは、それさえも、させてくれなかったんだ。。。


素人目にも、先週と今週とでは、
断然、先週の方が、難易度高かった。
先週は、1本だけど、狭い隙間と、歯の裏の2ヶ所。
きのうは、真横を向いてるものの、バッチリ見える、1ヶ所。 

訪問歯科の 先生、
2度目からは、
 『これは、できるな。』 って つぶやき、
結局、3回トライ。
3回とも、つるちゃんの 果敢な攻め、 炸裂
払いのけようとした手を、先生に封じ込められちゃって、
両足で、キックしまくり
おまけに、ヘッディングまで飛び出した。


「頭突き」 は、かめこでさえ、初めて見た。\(◎o◎)/!
                   つるちゃん、なかなかやるじゃん。
                   かめこ、笑っちゃいました。 


それでも、
その都度、口の中に、詰め物を入れるとこまでは、行く。
でも、目指す虫歯の穴の中には、入れられないんだ。

つるちゃん流、「スーパーセーブ」
決め手は、
とにかく、頭をそらして、
先生の狙いが、定まらないようにすること



先生、かなり、がっかりしたろうな
だって、ずっと難しい治療だった先週、あんなにうまくいったから。
来週の火曜、再チャレンジだって。

ちなみに、先生は、つるちゃんに、常に丁寧で、紳士的だった。
また、かめこには、最後まで、手伝わせなかった。
プロの根性、見せていただきました。

終わって、先生、
つるちゃんに、 『嫌いにならないでください。』 って、頼んでた。
かめこには、 『大変ですね。』 って。

それでも、帰り際、
『また、来ていいですか』 って、先生が、聞いたら、
つるちゃん、 『はい。』 って、はっきり答えてた。
かめこの目から見ても、
大丈夫。先生、つるちゃんに嫌われてないよ。


そういうわけで、「訪問歯科の先生  つるちゃん」、
二戦目は、
攻守 共に優れた、つるちゃんの勝利に、終わった。

ジーコジャパンに、届け
 
                「つるちゃんパワー」


[テーマ:元気でいたい そんな「思い」を応援します | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/14 09:38】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(25) |
できなくなっちゃっても
6月3日(土)朝、つるちゃんが、言った。

             『できなくなっちゃた。』

シャワーで、おしりを かめこに洗ってもらってる時のことだ。
だから、きっと、トイレで お☆っこができなくなっちゃった。
という、意味だと思うんだけど。。。


             『うん、知ってる。』

「できなくなっちゃった」 「わからなくなっちゃった」 「あたま、からっぽ」
そういうつるちゃんの言葉を、これまで、幾度も聞いてきた。
だけど、この日のは、なんだか違う気がした。


             『それで、悩んでるの

つるちゃんは、大きく、首を横に振った。
つるちゃんは、なんだか、照れてるみたいだった。

             
『悩んでないのかぁ。』 『良かった。』 『安心したよ。』


つるちゃんは、自分が、たくさんの人と違うことを知ってる。
だけど、それでも生きていかれると、思ってくれたんじゃないか。って、
この時初めて、かめこは、思えたんだよ。


これから先も、辛いこと、たくさんあるだろう。 
それでも、生きていく。って、思ってくれるんじゃないか。
この時、そうも、思えたんだよ。




つるちゃんは、今はもう、自分の人生をあきらめたり、投げ出したりしていない。
前より、わからなくなって、出来なくなった、今の自分を、しっかり生きているんだ。



かめこは、お母さんを尊敬してます。
お母さんが、大好きです。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:生きるとは | ジャンル:心と身体]

【2006/06/12 12:38】 | 認知症の理解に向けて | トラックバック(0) | コメント(26) |
22歳の意味
東京地方は、雨の日曜日。
つるちゃんも、午前中ずっと、雨模様。。。。。

こんな日のつるちゃんは、
いつもできることでも、いきなり わかんなくなっちゃう。
つるちゃんは、いつもより辛くて、
結果、かめこの仕事量は増えるって具合。

それでも、いろいろあって当たり前の生活で、
こんな暮らしが、
つるちゃんとかめこの 日常 って、わけなんだけどね。



さて、きのう、つるちゃんは、自分の歳を、『22歳。』 だって言った。
そういう時のつるちゃんは、「思い出してる」 とかじゃない。
その時代の自分に、タイム・トラベルしちゃってる。
でも、つるちゃんが、具体的な歳を言うのは、久しぶりのこと。
このごろのつるちゃんは、
「今現在の自分がきちんと居る」 そんな風に見える場面もあったくらいだ。


きのう、タイムトラベラーになった、つるちゃんの口から出た年齢、
かめこが知る限り、初めて聞く、その年齢には意味があることを、
今朝になって、かめこは、探し出した。 


「つる、22歳発言の意味」。
その答えは、
このブログの過去記事にすでに、書かれていた。。。 
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/11 14:58】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(24) |
今朝は、22歳
かめこが、寝てたら、つるちゃんが、なにやら、おしゃべりを始めた。
よくあるパターン。
お☆っこが、出ると、目が覚めて、話し出すんだ。

かめこは、起きられそうにない。
相槌打つ気もしない。
でも、全然、うるさくもない。

つるちゃんは、ひとりで ご機嫌にしゃべってる。

かめこ、起きる気になった。 (無理に、じゃないよ。)

『目、覚めてたのね。』 と、言ってみる。 (知ってたんだけど。)

そしたら、つるちゃんったら、

『さて、行きましょうか。』 だって
(ちなみに、つるちゃんの言葉を、漢字で表現するのは、めずらしいことです。
いつもより、はっきり話してる。という、意味を込めました。)


『行くって、シャワー
『そうよ。』  (「何言ってんのよ。当たり前でしょ!」 という、口調。)
『えー』 『だって、まだ4時前だよ。シャワーは、行かないよ。』

それで、かめこは、つるちゃんのおむつの中の、パットを替えた。
ずっしり重くて、お☆っこ、たくさん出てました。
つるちゃんは、「それで、いい。」 という風だったよ。
【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/10 11:32】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(24) |
ショート日数削減
再在宅2年3ヶ月目。
つるちゃんは、精神的には、だいぶ落ち着いてきた。
うまくいってる時って、方向性としては、それでいいんだと思う。
だけど、満足なんて、してられないよ。

前進あるのみ 

もっと、つるちゃんといたい。
だから、年間の、ショートステイの日数を減らして、在宅の日数を増やすことにした。
具体的には、
希望としては、毎月7日基準、だったのを、ふた月で8日に。
でも、ステイ先の入院日条件の都合で、うまくいかないので、
なるべくこれに近い線で。
もう、この先、来年2月までの日程は、組んでいる。


これに伴い、介護保険利用範囲内では、ヘルパーさんに来てもらう時間が、
これまでより、減ることになる。
(ひと月を、何日として、計算するか。という違いから来る。)
だけど、今、定時で来てくれてるヘルパーさん達を、一人も手放したくないもんで、
なんとか、そういう形で、自費が、できる限り少なく済むように、
ヘルパー会社に相談し、受けてもらえた。
だから、来てもらう時間は、減っても、誰かに辞めてもらうことには、ならなくて済んだ。


最強のメンバーでいくぞ
【続きの表示】

[テーマ:できることから | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/09 15:06】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(30) |
年間計画へ向けて
6月にもなって、今年度の「年間計画」
ようやく、実現の目途が立ったので、今頃になっちゃいました。
その前に、これまでの2年の「年間計画」と、実際を、振り返らせてください。



かめこが、つるちゃんとの再同居を果たしたのは、2004年4月。
ミニーとの家族介護者2人で、スタートした。
初めから、
ミニーが、つるちゃんを、かめこと一緒に介護するのは、
1年間の約束で。


再同居を決めた頃、つるちゃんの、認知症の病状は、とても厳しかった。
あれ程激しい「暴力行為」が、はじまるとは、まだ、予想してなかったが、
「睡眠障害」・「感情失禁」・「徘徊」は、どれも、厳しい状態だったので、
家族介護者二人、というのは、必要不可欠だった。


その時は、夢中でやってたから、それほど意識してなくて、
後になってから、言えることなんだけど、
実は、この1年間で、かめこが一番きつかったのは、9月。
暴力行為の激しかった、4月末ではない。

ケアマネの勧めもあり、
ミニーは、9月から、午後、アルバイトに出かけた。
「へルーパーさんの居る時間帯、休んでいるのは、もったいない。」
という、思いと、
「(家族は、かめこ一人体制となる)次年度に向けての、足がかりを作る為」 
だった。
結果として、
このアルバイトは、本人の希望とする職種への足がかりとなった。
しかし、ヘルパーさんが帰ってから、ミニーが帰るまでの2時間位、
一人で、その頃のつるちゃんを看るのは、
わずか2時間でも、きつかった。

10月から、平気だったのは、
つるちゃんの状態が良くなったからではなく、
単に、その厳しい状況に、かめこの身体が慣れたからだったろう。
もちろん、
週1回のデイサービスに、つるちゃんが慣れ始めてきたことも、
大きかったが。

ちなみに、その“きつさ”とは、
「今、この瞬間が精一杯以上だ」 という、緊張感 と
「この上、何かが起こったら、一人で対応しきれるか。」
という、不安感。 
といったものだと、自分では、分析している。



1年目、2004年4月より。
とにもかくにも、家族介護者は、2名。
午後4時間、ヘルパーさんのサービス。(日曜をのぞく)
デイサービスは、9月から、週1回。
夏と冬に、まとめて、3週間位か、それ以上休む。
(つるちゃんは「和やか病院」(仮)に医療保護入院。)
そのような、介護体制の1年間だった。

そして12月、
次年度に向けて、毎月7日のショートステイ受け入れ態勢を、
「和やか病院」に整えてもらえた。(正式名称:医療保護入院)



2年目、2005年4月より。家族介護者、かめこ一人。
つるちゃんは、夜、薬があれば寝られて、朝まで眠れるようになっていた。
ヘルパーさんは、週2回、午前2時間を追加。
当初は、朝、生ごみを出しに行くのにも、かめこ以外に一人必要な状態。
デイサービス、2月まで、週1回。3月から、週2回。
基準として、月に7日のショートステイ。
(介護保険ではなく、医療保険利用。 
日程は、ふた月を、またぐこともある。)
細かい所で、ほかにも、必要に応じたヘルパーサービスを、月の計画表に、反映させていた。
(今年度の部分で、説明します。)

この生活を、続けて行くことに、光のようなものが見えたのが、
秋に入ってから。
日常生活の中で、細切れながらも自分の時間というものが、出来たのは、
2年目の11月になっていた。。。

                     
追記:なんだか、厳しさだけ、書いてしまったけど、
それでも、いつでも、どんな瞬間も、かめこは、つるちゃんといられることが嬉しかったし、
自分では、自分の人生、楽しんでると思っていたんだけどな。

                                    6月の庭

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/08 14:06】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(1) | コメント(18) |
虫歯治療
4月28日に、歯を抜いて以来、
訪問歯科の 先生は、隔週火曜日に、つるちゃんを診に来てくれてる。
きょうは、虫歯に、詰め物をした。


つるちゃんは、 先生を、覚えてる。
歯医者さんだ、ということも分かっていて、
治療にも、できる限り、協力したいと、思ってるみたい。
でもね、思ってることと、行動が、一致できないんだ。


『口を開けてくださ~い。』 
先生に言われても、つるちゃんは、口を開けない。
意地張ってるとか、やる気無い。とかじゃないの。
気持ちは、あるんだけど、身体がついていけない。って感じ。

すると、
先生は、つるちゃんの口を、無理にではなく、開ける。

『痛くないですよぉ。』 『お上手ですねぇ。』 『ありがとうございます。』
声をかけながら、手早く処置する。

ピンセットにしても、綿にしても、
何かを口に入れる時は、
その前に、あごとかを、それで触って、
痛くないことを、つるちゃんに教えてから、入れる。


『かまないでくださ~い。痛いでぇす。』
あら、つるちゃんったら、 先生の手、かんじゃったのね。
それにしちゃぁ、間延びした言い方。
全然、痛そうじゃないわ。



仕事の出来栄えに、きょうは 先生、大満足。
『こんなにうまくいくとは、思いませんでした。』 
ですって!
いわく、

『つるさんが、口を開けていてくださるのと、
詰め物が固まる時間のタイミングが、合いました。』



そうなんだよね。そこなんだよね。

歯科の先生として、優れた技術を持ってる人が、
つるちゃんの、歯の治療を、うまく出来るとは、限らない。
大人たちの治療経験を、いくら積んでも、
つるちゃんの治療には、活かせない。

つるちゃんの歯の治療は、
つるちゃんのこと、理解してくれてる人にしか、出来ないんだ。



『頑張りましたね。』 そう、何度も言いながら、
先生は、嬉しさのあまり、両手で、つるちゃんの左手を取った。
すると、つるちゃんが、右手を、先生の手の上に載せた。

                 なんか、かめこは、お邪魔でした。。。
  

[テーマ:歯医者 | ジャンル:心と身体]

【2006/06/06 23:59】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(22) |
6月5日お迎え
つるちゃんを、ショートステイ先の、「和やか病院」(仮)に、迎えに行った。

オットさまとかめこが着いた時、つるちゃんは、お昼ご飯の最中。
きょうは、パッと見、症状が、軽い人たち7人と、同じテーブルで、食べている。
食べ終わるまで、後ろから、そっと見てましょう。


他の皆さんは、もう食べ終わってるんだけど、
つるちゃんだけ、まだまだ終わる気配がない。
でも、遊びながらとかではなく、しっかり食べ続けてる。

と、つるちゃん、隣の人に、笑顔で、何か言った
                 
                 かめこ、\(◎o◎)/!

しばらくすると、一人が、急須を片付けようとして、持って、歩き出した。

すると、なんと、つるちゃんが、その人を、呼び止めた
                 
                 かめこ、激しく、\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

だって、その人の声、
                 『ごめんなさいね。もう、お茶、入ってないのよ。』
                 それは、状況から、察したとおりの、答えだった。

つまり、つるちゃんが、その人に、
 『あたしに、お茶頂戴。』  って、アピールしたんだね


前回のお迎えの時も、お仲間と談笑してて、驚いたんだけど、
今回も、またまた、嬉しい、驚きだった。

つるちゃん、ホントに、随分慣れたんだね。
これなら、お母さん居なくても、お泊りするの、辛くないね。




ショートの間の、様子を教えてくれた、看護師さんの、最初の言葉は、
                    
『寂しかったです。』

つるちゃん、落ち着いていて、夜も、眠れたんだって。

わかるなぁ。「寂しいかった。」って言うの。
少し前まで、すごく、大変だったんだよね。
夜中まで、歩き回ってたし。。。

                                  かめこの休日:表参道ヒルズ

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/05 23:48】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(24) |
不遇時代のシンデレラ後編
「こんなはずじゃ、なかった。」 そう、思っていた。
「何で、こんな目に、合わなきゃいけないのよ。」 そうも、思った。
私達は、何も悪いことしてない。
それどころか、犠牲を払って、来てあげたのに。
思い描いていた、「親孝行な家族像」 と、「現実」 とのギャップ。

起こったことそのものより、苦しかったのは、きっと、この、ギャップってヤツだろう。



でも、目の前のつるちゃんを恨むとか、悪く思うことは、不思議と全くなかった。
「だって、病気なんだもん。仕方ないじゃん。」
まだ、信頼できるドクターとは、出会えてなくて、診断もついてない頃だ。
それでも、かめこの目には、つるちゃんは、病気としか、見えなくて、
つるちゃんの言動は、病気がさせるコトとしか、思えなかった。
それから、
 
「これは、私が、実の娘だから、なおさら、ひどく出るのだろう。」 そうも、思った。
つるちゃんが、 「かめこは、自分が何しても、絶対に嫌いにならない」 と、分かってて、
自分の辛い気持ちを、丸ごと、かめこにぶっつけてる。

そんな風に感じた。
そして、つるちゃんの言ってることは、理屈では、理不尽なことばかりなんだけど、
全部、ちゃんと納得できるような気がした。


だから、「一度も、逆らうようなことは、言ってない。」 と、記憶している。
つるちゃんの希望を、できるだけ尊重しようとしてた。


どうして、そんな風に出来たか・・・・。 

不意に、「この、虐げられた場面って、よく知ってる。」 って思った。
そうだ、あの、シンデレラ姫の、最初の頃だ。
王子様はおろか、魔法使いのおばあさんに、まだ会えない頃のシンデレラ。
そうだ、私は、不遇時代のシンデレラなんだ。


そう、思いついた瞬間。
世界が変わった。
イメージと現実が、近づいた。 
急に、気持ちが楽になった。


こうして、かめこは、つるちゃんの気持ちの全てを、受け入れてた。
死にたい。って気持ちまでも。



だけど、その時は、まだ、心から。っていうわけじゃ、ないんじゃないかな。
なんたって、この時は、「不遇時代のシンデレラ役」、演じてただけなんだから。



その後、現実には、つるちゃんと暮らすことを、あきらめた時期もあった。
でも、自分の目指す方向は、あきらめなかった、7年半がある。



「どんな、あなたでも」 の記事書けたのは、
その、7年半後の、今のかめこ なんです。 




著書『つるちゃんとかめこ』では、
この記事部分について、大幅に書き換えていますが、
どちらも本当の気持ちです。
    

6月の庭



【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/04 23:13】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(26) |
不遇時代のシンデレラ前編
つるちゃんに起こった、認知症の暴言と妄想の様子について、書きます。

1998年12月20日。
かめこの家族は、つるちゃん夫婦の住む、この家に、越してきた。
つるちゃんに、痴呆らしき症状が出て、しばらく経ち、
下痢なのに、便秘と思いこんで、下剤を飲み続け、
内科に入院になったのが、きっかけだった。
父も、元気にはしていたものの、
大動脈瘤が、いつ破裂して倒れても不思議はない。
そんな状況だった。 

同居の話を持ち出したのは、かめこの方。
相談したら、つるちゃんは、

『心配だったの。』 『そうしてもらえたら、安心だわ。』 
って、何回も言ってた。

それが、引越しした、その当日から、突然、様子が変わったんだ。
前兆は、
引越しの準備の、家の片付けの時から少しずつあったんだけど。。。
                                    
【続きの表示】
【2006/06/03 23:21】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(0) | コメント(32) |
どんな、あなたでも
どんな、あなたでも、
あなたは、あなたです。

認知症になっても。
それで、私のこと、娘だって忘れちゃっても。
激しい、暴力行為をしても。
私のこと、家を盗りに来たと思い込んでも。
前の、お母さんのまま、じゃなくても。

どんな、あなたでも、
その時のあなたのままを、丸ごと、受け入れましょう。
徘徊、激しくても。
暴力、激しくても。
死にたい。って言っても。
自殺する場所、探しに出かけても。
ほんとに、川に入っちゃっても。

どうか、あなたは、
あなたの気持ちのままに。
徘徊、ダメって、言わなかった。
暴力、ダメって、言わなかった。
死にたい気持ち、いけないって、言わなかった。


私なら、ここにいる。
いつも、あなたを見てる。
あなたのこと、知りたいと願っている。

どんな、あなたでも、愛している。


                                  街角にて

↓応援クリックお願いします。
押してね

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/02 23:08】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(30) |
自殺未遂の過去
センセーションな、タイトルで、ごめんなさい。
でも、つるちゃんにとってみれば、そういうことだったんだと思うから。。。

つるちゃん夫婦の家に、かめこの家族が、初めて越してきた頃の話です。


つるちゃんは、かめこ達が越してきたその日から、
かめこが家を盗りに来たと思い込んで、激しい言葉の暴力を振るうようになった。
そして、ひと月ほどしたら、「死にたい。」 って言うようになった。
時々、3、4時間程、出かけては、

『自殺する場所を探して来た。』 『きょうの所では、死ねない。』 などど言う。
それが、7ヶ月くらい続いた。 

実は、7ヶ月くらいで、かめこの家族は、つるちゃん夫婦の家を出て、
1度近くのアパートに、引越している。
少し、距離を置いたら、つるちゃんが、少しは良くなるのかと期待したら、とんでもない。
前より、もっと、気持ちの行き場が無くなったようで、
言葉の暴力も、「死にたい。」 も、一段と激しくなった。
かめこも、毎日顔は出してたんだけど、父が、ほんとうに大変そうだった。


そして、今から、7年位前。
かめこ達が、家を出て、3週間くらい経った、日曜日。
その日、かめこが、オットさまと、つるちゃんの家を訪ねたら、
父が、つるちゃんは、『1時間くらい前に、自殺する。って出て行った。』 と言う。
『きょうは、今までより、もっと興奮していた。』 って。
早速、父には、留守番していてもらって、オットさまと二人で、探しに出かけた。
 
                                                  商店街にて

【続きの表示】

[テーマ:自殺思考 | ジャンル:心と身体]

【2006/06/01 11:44】 | 暴力・暴言・異食など:様子と対応 | トラックバック(1) | コメント(44) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2006/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。