つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ケアマネの長所
つるちゃんが、ショートステイから帰ってきたら、
ケアマネの満月さんが、次のケアマネを、連れて来ることになっている。
満月さんは、6月いっぱいで、今の仕事場を離れるのだが、
つるちゃんの担当は、5月いっぱいで外れて、
6月は、新しいケアマネの、相談係になるという。
                
                                   いつも、見ていてくれた

満月さんは、つるちゃんの2代目のケアマネだ。
出会ったのは、まだ、つるちゃんが、小さい施設にいた頃。
第一印象は、普通。前任者とたいして変わりない。
まぁ、そんなとこ。
前任者にも、特に不満はなかったから、決して、印象が悪かったわけではないが。

その印象が、いつ、変わったか、よく覚えてはいない。
特に事件あったとかではないから。

2度くらい、続けて、
「この人は、人の話が聴ける人なんだ。」 と、意識した日があったのだ。
かめこの話を、熱心に聞いてくれる。
こちらが、話したいだけ、話させてくれる。
ただ、聞いているだけではない。
言わんとするトコロを、きちんと理解してくれる。

知り合った頃は、
つるちゃんと、また一緒に暮らしたいとは、まだ、思ってない頃で、
自分が、今どうしたい。とか、あまりなかったから、
自分でも、まとまりのない話をしていたと思う。
満月さんは、一区切りつくごとに、
かめこの話に出てきたポイントらしき単語を、復唱し、
言いたいであろう事柄の文章を復唱して、確認してくれた。
結果として、
かめこが、自分で何を言ったのか、わからせてくれた。
そして、そのことが、かめこが、次に何を考えていけば良いかを、
気づかせてくれることに、いつも、つながってきた。

今でもそれは、変わらない。
満月さんに話すと、自分の話したいことが、はっきりする。


家族に、つるちゃんと再び暮らしたいと相談した時、
かめこの頭の中には、満月さんと、もう一人のプロがいた。
この二人がいれば、再同居に、踏み切れる。
その思いが、強かった。

この二人の共通点は、「謙虚なこと」。
二人とも、その道のプロではない、かめこにも、
教わるべきことがあると、思ってくれてるみたい。



明日から、6月です。
満月さん、大変お世話になりました。
あなたが居てくれたから、再同居に、踏み切れて、ここまで、来られたんだよ。
感謝しています。ほんとうに、ありがとうございます。
       
スポンサーサイト

[テーマ:ケアマネ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/31 08:45】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(16) |
無事、ショートへ
つるちゃんは、きのうから、ショートステイに行ってる。
いつもの、痴呆症専門療養病院 「和やか病院(仮)」へ。 

出かける朝は、いつも、8時35分に、ヘルパーさんが来る。
予約のタクシーが9時30分に来るから、
つるちゃんを、席に乗り込ませるところまでの1時間、居てくれるんだ。


きのうも、つるちゃんが、まだ、ヨーグルトを食べてる間に、かすみ草さんが、やってきた。
頭の良い、つるちゃんは、ピンときたね


「やっぱり、きょう、お泊りだったんだぁ

でも、大好きな、特製ヨーグルトは、機嫌よく食べておこう。
きょうは、メロンまで、入ってるし。 ムフッ!

サァ、歯磨きになったら、大抵抗
そうやすやすと、おかあさんのペースには、させられないよ。
つるには、つるの、想いってヤツが、あるんだからね

ああ、もう  タクシーに乗るのね。
しょうがないなぁ。乗ってやるか。

。。。なんだか、前までと、違う感じ。

外の緑、気持ちいい。
ふぅん、いつも、  こんなトコ 通ってたのか。。。
あれ?おかあさん、寝ちゃってるよ。
心配ない。ってことね。
それじゃ、つるも、一眠り。。。。 



『ここ曲がるんですよね。』
運転手さんの、声だ。
もう直ぐなんだね。

やっぱり、ここだ。
いつも来るよ。
やっぱり、嬉しいわけないさ。
おかあさんと離れるんでしょ?
 
          つる、眉間にしわ寄せて、不安げに歩き回る。

『つるさん、お久しぶり。お元気でしたか?』
ああ、あの看護婦(師)さんたちだ。
お出迎え担当だね。(1階に勤務。)
知ってる人ばっかりだ。 

           つる、ちょっと、顔がほころぶ。
           叫び声上げながら、出入り口に、突進してた頃が、うそみたい。



つるちゃんの病棟にて。。。

かめこは、いつも誰かしらに声をかけられて、話し込む。
話、聞いて、差しさわりのないものは、相手の話に合わせて、適当に、相槌を打つ。
きょうのお相手は、すてきなレースの襟のついた、ポロシャツを着てる。

『すてきな、お召し物ね。』 『とてもお似合いよ。』
『あら、そう?そうかしら。』
その方に、何度も、 『お姉さん?』 と、聞かれた。
ここでは、かめこは、皆さんから、つるちゃんのお母さんだと思われてきたんだけど。
「お姉さん説」初めて、浮上。


つるちゃんは、イスに座ったまま、二人のやり取りを、聞いている。
その女性の、ズボンを、そおっとなでながら。。。 

ずっと触られてるのに、
その方は、ちっとも、イヤでは、ないみたい。

お初にお目にかかる方でした。
また、一人、つるちゃんと気の合う方が、仲間入り。

和やか病院さん、うちのつるちゃんを、よろしくお願いね
     
【2006/05/30 12:02】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(15) |
オット、入浴介助?
日曜日には、ヘルパーさんは来ない。
きのうは、長女のミニーが手伝いに来てくれたんだけど、
用事があって、早めに帰った。


『つるちゃん、お風呂入りたい・・・・・・・・・・・つるちゃん、はっきり、うなずく。
『つるちゃん、お父さんが手伝ってもいい・・・・つるちゃん、はっきりうなずく。
『お父さんは、男の人だよ。ほんとにいいの・・・つるちゃん、分かってる。って、顔で、         
                                           はっきりうなずく。

      
       実は、数日前、つるちゃんのお風呂を手伝ってくれるか、
       オットさまに尋ねてみた。
       
       『つるちゃんが、良くても、僕がいやだよ。』 という返事。
       当然だよね。


にもかかわらず、オットさまのご意向、完全無視

『それじゃ、お母さんとお風呂入ろう。』
『二人で、がんばろうね。』
『無理だったら、お父さんに手伝ってもらうよ。』

本日、これより、入浴。 大決定

オットさまには、
パソコンしながら、待機していただける、ことになりました。

結果は、なんと言うこと。。。

こんなに、スムーズに、お風呂に入れたこと、今だかつてない
シャンプーも、座ったままだから、顔にお湯かかるのに、
声一つ上げなかったし、
おしり洗う時、かめこが、3回
 『立ってください。』 って、言ったら、
その度、立とうとして、3回目には、シャワーチェアーから、立てたし、
湯船に入る時と、出る時は、どうしたことか、どちらも一発だった。
膝が悪いので、立ち上がることが、難しいし、
身体の向きを変えるのが難しくて、いつも時間がかかるのに。。。
かめこ一人に、こんなにあっさり入れられちゃあ、ヘルパーさんの立場がないよ。


つるちゃん、お風呂、とってもよくがんばりました。

オットさま、ドキドキのお風呂タイム、終了

お風呂のセッティング

つるちゃんは、膝が悪くて、湯船の底には、座れません。
15センチの踏み台兼用に座ってます。肩と胸は、出るよ。
手すりは、4ヶ所。手前に縦1本あり。(写真に写ってない) どれも必要。

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/29 09:16】 | お父さん(オットさま)とつる | トラックバック(0) | コメント(30) |
変わりない日常
きのう、つるちゃんは、9時半までには、寝られたけど、
10時頃、自分で、とことこ起き出した。
導眠剤を飲んでるから、動くのは、危ない。
急にバタッと倒れたりするんだ。
それで、かめこは、つるちゃんに、あわてて駆け寄った。
きっと、お☆っこが、出たのね。
寝る前に、出てないから。。。

大正解
それで、 薬飲んでるのに、いいのかな?って思いながら、
シャワー室で、おしりをさっぱりさせた。
それから、 

『もう、寝ようね。』 って、ベットに寝かせたら、
今度は、しっかり、寝てくれた。


4時頃、ウニャウニャ大きな声を出して、存在をアピール。
「お☆っこ出たよ。」 ってことね。
はい、取り替えさせていただきますです。
終わったら、また直ぐ寝たみたい。

それで、5時少し前に、
ウギャウギャ、起きたいアピールの後、
ちゃっかり、一人で、ベットのふちに座っちゃった。
もちろん、ベットの背なんか、上げてない。
はい、もう、起きるのね。5時5分前。 
                              
                                 
【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/28 14:03】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(20) |
5月、寺で蕎麦
カフェのようなお蕎麦屋さんの、緑の見える窓際。
ここが、きのう、かめこが つるちゃんを案内した場所。


つるちゃんは、いつも“たぬきそば”

お寺の横にある、お蕎麦屋さん。
つるちゃんの行きつけの、お店じゃないんだけど、
きのうは、ここで、 “お寺で蕎麦” 出来ちゃった


      
      このお寺は、お昼の鐘が11時半に鳴る。
      その鐘の音を聞きながら、大好物のお蕎麦を、食べる。
      もちろん、お参りをした後で。。。
      それが、
      “つるちゃんの様子がおかしい” と気がついて、1年くらいたった、
      8年位前から、週に1回、つるちゃんとかめこ が、ふたりでしてきたこと。
      もちろん、それほど長くは、続かなかったけど。。。



その、“お寺で蕎麦”を、きのう、、再現できたんだ。
“たぬきそば”が、運ばれてきた時、鐘の音は、
つるちゃんの行きつけの店より、もっと、大きく響いてきた。
鐘つき堂の、直ぐそばだものね。この店は。



さすがのかめこも、
実は、その朝までは、お蕎麦なんて、あきらめてた。

そもそも、つるちゃん、この冬は、
うちでも、お蕎麦もうどんも、ほとんど食べてないの。
ツルツル食べるのが、出来なくなって、
麺でも、短いのを、お箸でつままないと
食べられなくなっていた。
そんな食べ方じゃ、ちっともおいしくないみたいで、
あんなに好きだった、お蕎麦より、ご飯の方が、よくなってた。。。


ねぇ、つるちゃん、いつの間に、お蕎麦、食べられるようになったの

                               
【続きの表示】

[テーマ:できることから | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/27 07:47】 | お寺参り① | トラックバック(1) | コメント(26) |
今、ちょっとドキドキ
5月26日(金) 曇り
今朝は、つるちゃん、泣き泣きお目覚め。
30分位、しくしく泣いてました。

きのうの朝が、歴代第1位か2位か、という位の笑顔だったから、
まぁ、いろんな日があるね。


きのうの笑顔は、スペシャルだったの。
口角しっかり上がりっぱなし、
お目目、ぱっちり、キラキラ、キラリン。

結局、一日、笑顔がいっぱい。
ヘルパーのマーガレットさんが、
 
『きょうは、たくさん笑ってくれて、嬉しかったです。』
って、帰りがけに、言ってくれたくらいです。

それでも、ウギャウギャ、叫び声上げたりとか、
ご飯、手つかみしちゃうとか、
お風呂で、う☆ち しちゃうとか、
普通に、いろいろあったけどね。もちろん。


今朝泣いてた時、かめこは、
『寒いの?』 『暑いの?』『悲しいの?』『寂しいの?』『どこか、痛いの?』。。。
もっと、いろいろ尋ねてみた。
つるちゃん、そのどれにも、全部、
うん。って、うなずいてた。
つまり、それって。。。。

なんとなく、不安なのかな?
つるちゃん、やっぱり、分かっちゃってるのかな?

ホントは、もう直ぐ、お泊りだって。。。 


5月29日月曜日から、つるちゃんは、ショートステイに行きます。
明日は、土曜日で、デイサービスに行くから、
5月のお寺参りは、もう、きょうしか、チャンスがない。

バラ園に行く時、今月は、お寺の代わりでもいいかな。って、
思ったんだけど、
出来ることなら、行きたいです。

さぁ、午後の天気は、どうでしょう?
つるちゃんの、ご機嫌は、いかがかな?
今、ちょっと、ドキドキの、かめこで ございます。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/26 10:32】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(20) |
早起きの朝
つるちゃん、春になってから、起きるのが、早くなった。
冬の間は、7時位だったのが、今は、6時くらい。
おかげで、デイサービスに行く時間まで、たっぷり時間があるから、
土曜日に、9時前に、迎えの車が来るんでも、大丈夫。
余裕で、間に合っちゃう。


でも、きょうのは、さすがに早すぎるよ。つるちゃん。

今朝は、5時過ぎくらいに、

『おかあしゃーん、おかあしゃーん。』 って、呼ばれた。
かめこが、直ぐには、起きられなくて、ぐずぐずしてたら、
身体をベットの上の方にずらしだした。
マズイ!直ぐに起きなきゃ。

かめこは、つるちゃんの電動ベットの頭を上げて、
つるちゃんを、座った状態にすると、
あわてて、自分が寝てた、布団を上げはじめた。
シャワー室に入るのには、布団が邪魔なんだ。
最後の敷布団を上げてる時、
なんとつるちゃんが、器用にベットから立って、歩き出した。
自分で立つのは、初めてじゃないんだけど、
こんなに、身軽なのは、\(◎o◎)/!


実は、朝、つるちゃんが、ベットから立つことって、
結構難しいようだったんだ。
怖いみたいで、腕に力が、入りすぎて、身体が固まっちゃうのと、
立つ為には、今から、何をすればいいのか、
具体的な、身体の位置とか、力の入れ方とかが、わからないみたいだった。
そんな時は、オットさまが、参上。
つるちゃんを立たせてくれてたよ。

今は、
たいていは、力も入れすぎないし、
なんだか、次にやるべきことが、頭で分かって、動作に表せるみたい。
いつも、ってわけじゃないけど。


ああ、やっぱりね。
つるちゃん、お☆っこ たくさんと、う☆ちもしてて、
気持ち悪くて、さっさと起きた。ってわけ。
さっき、寝たまま、ベットの上にずるずるしたから、
オムツがずれて、
防水シーツの敷いてない、上の方のシーツまで、濡れちゃってる。

夜中の2時過ぎには、オムツの中は、濡れてなかった。
一気に大量に出たみたい。

というわけで、今朝は、パジャマの他に、シーツと防水シーツを洗いました。
晴れてて、良かったです。 



ちなみに、つるちゃんの、夜の尿量の多いのは、3年位前から。
去年の11月から、夜だけ、
テープ式の、いわゆる紙おむつと吸収量の多いパットを組み合わせて使ってます。
かめこ、お気に入りのものが、探せたんだよ。
でも、夏場は、どうしようかな?
つるちゃんは、すごく汗っかきだから。。。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/24 23:59】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(24) |
バラ園にお出かけ
5月23日火曜日 曇り
きょう、つるちゃんは、バラ園にお出かけ。
かめこと、ヘルパーのしろつめ草さんも一緒だよ。
きのう来たヘルパーさんが、日曜日にバラ園に行ったら、
ちょど今が、見頃だったって。
それで、なんとか、今週中に行かれたら、いいなぁって、思ったんだ。

なんとなんと、つるちゃんは、普通のバスに乗って行った。
停留所までは、車椅子。
バスを待ってる時、これからバラ園に行くって、
つるちゃんは、ちゃんと分かってた。
が来たら、階段をヨイショ。ヨイショ。
かめこにつかまりながら、足を一生懸命、上げてた。

シルバーシートに、普通に座る。
ちょっと、下向いて、首を少し振ってたけど、
当たり前のように、バスに揺られてた。

かめこは、しろつめ草さんと、何度も顔を見合わせた。
だって、つるちゃんが、バスに乗ってるなんて、
とても不思議な光景なんだもん。


バスに乗ったよ


さぁ、バラ園の入り口に到着。
着いてみたら、ちょっと不安げ。
知らない所じゃ、ないんだけど、忘れちゃっても、不思議はないね。


バラ園にて1


バラ園は、まさに、今が見頃。
甘い香りが、漂っている。


バラ園にて2

つるちゃんの表情は、まだ、硬いけど。
バラの花をちゃんと見てる。


バラ園にて3


おやつは、バナナと リンゴジュース。
かめこが、おうちから、持って来ました。 (あと、コップもね)
脇の藤棚の下で、おやつタイムです。

おやつを食べてる時の つるちゃんは、目が穏やかで、
やっと、余裕が出たみたい。
目に写る花々を眺めながら、ゆったり食べてました。

途中で、ヨチヨチ歩きの子が、目の前を通ったら、

『かわいい って、笑って、かめこに教えてくれた。

バナナを食べ終わって、帰ろうとしたら、
ぽつぽつ雨が降ってきたよ。
同時に3時のお知らせの鐘の音。
天気予報、大当たりだね。

帰りは、タクシーに乗って、帰りました。


夜、オットさまが、つるちゃんに、
『きょう、バラ園にお出かけしたんだって』 って、聞いたら、
つるちゃんは、
 『ハイ。』 って、しっかり答えました。
ちゃんと覚えていてくれたんだね。 


このバラ園は、
つるちゃんにとっても、行き慣れた、思い出のたくさんある、場所なんです。
つるちゃんが、この病気になってからも、バラの季節には、二人で来たことあるよ。
つるちゃんは、ホントは、紫の花が好き。
たくさんある中でも、好きなのがありました。
でも、きょうは、もう、その花、忘れちゃってたね。


それでも、かめこも、しろつめ草さんも、おかげで幸せな一日でした。
つるちゃん、どうもありがとう。 

[テーマ:できることから | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/23 23:59】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(34) |
映画でリフレッシュ
この3月から、つるちゃんが、デイサービスに行くのが、週に2回になった。
水曜日と土曜日。希望通りの曜日。

5月20日(土)は、オットさまと映画を観に行った。


かめこは、映画は昔から好きで、
結婚前には、主なロードショーは、封切りの週には行ってた。
今は、レディースデイを水曜日に設けてる映画館も多く、
それが、ディを水曜日を希望した理由の一つにもなってるくらいだ。
その日は、一般1800円のところを、女性なら、1000円。
もっとも、オットさまと二人だと、
今は、「夫婦50割り引き」 というのも、あるんだよ。
夫婦のうち、どちらかが50才を過ぎてれば、いつでも、ふたりで2000円。

ところが、ところが、
今回は、一人、たったの750円 

行ったのは、うちの最寄の駅の前にある、
ビルの中の映画館なんだけど、
ここの会員になっていて、
4500円で、6枚つづりの券が買える。
うちには、いつでも、券があって、
家族みんなが、利用する。
もともと誰が会員か、なんて、関係ない。


この映画館の良さのうち、会員サービスの安さも さることながら、
忘れちゃいけないのが、なんと言っても、上映映画の趣味の良さ。
メインのではなくて、
レイトショートとか、モーニングショーの作品の。
佳作って言うの?
見逃したくないのばかり揃えてる。
もちろん、趣味に合わないものだってあるけど、
どれも、観ておいて損はないって感じ。

それで、今回観たのは、1週間限定モーニングショーの
「ヴェニスの商人」です。

                   ヴェニスの商人

【続きの表示】

[テーマ:映画館で観た映画 | ジャンル:映画]

【2006/05/22 23:59】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(25) |
レストランでお昼
おとといの夜、つるちゃんに、
『レストランに、行きたい?』 って聞いたら、
目をパチクリして、すごく嬉しそうに、うなずいた。

『レストラン、って言ったって、そんなにいいレストランじゃないよ。』
『それでも、いい?』
 って、また聞いたら、
今度は、
『ハイ。』 って、しっかり答えてくれたんだ。
それで、日曜日のお昼は、レストランに行くことに、決定!


つるちゃんが、外食するのは、実に9ヶ月ぶり。
前、行ったのは、ミニーと3人で、きょうと同じファミリー・レストラン。
その時も、つるちゃんは、何とか食べてたけど、
残したし、ちっとも嬉しそうじゃなかった。
外食というものを、させてあげたいのは、
かめこの方の、勝手な、自己満足だったみたい。
そう、反省して、それからは、外食のことは、忘れていた。


だけど、このところのつるちゃんなら、
なんだか、いつもと変わったことも、やってみたいかと思ったんだ。
それで、おととい、聞いてみたってわけ。
もっとも、ブログで知り合ったお友達たちが、ご家族を外に出されてるのを見て、
刺激されたっていうのも、とっても大きいんだけどね。



【続きの表示】

[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/05/21 17:50】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(40) |
つるVSかめこ:素直
全く、つるちゃんには、参るよ。
かめこは、これでも、“素直“ がウリで、
っていうか、それだけが取り柄だと、自分でも思ってたけど。
つるちゃんには、とても敵わない。。。

言っとくけど、
つるちゃんの“素直”なんて、
“認知症” って病気になってからだからね。
別に、ひねくれてたわけではないけど、
昔は、“大人” だったんです。つるちゃんは。
その点、かめこは、誰にでも、
「素直だね。」 って、言われ続けてきて、
自分でも、その気になってたんだ。


【続きの表示】

[テーマ:いま想うこと | ジャンル:日記]

【2006/05/20 06:51】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(23) |
先生、聞いて
2週間前くらいから、つるちゃんは、頭がすっきりしたみたいで、
言葉は、適切でないが、一段と、賢くなった気がする。
もっとも、急に、驚かされるような言葉を発したことは、これまでもあって、
そのあと、つるちゃんは、たいてい、悩み出す。
そして、かめこに、
『わからなくなっちゃった。』 などと、辛そうに、訴える。
一度なんか、
 『頭、からっぽ。』 って、言ってた。
頭が、すっきりすると、
 「自分では何も出来ない」 とかの現実が、
急に気になってくるみたい。


ところが、今回は、今のところ、かめこには、お悩みの訴えなし。
その代わり、内科かかりつけ医 キューピー先生に、話そうとしたみたい。

きょうは、そのお話です。 


今週の月曜日、5月15日午後、2週間ぶりに、内科キューピー先生を受診。
定期健診として。


つるちゃんは、いつも、なんだか、うちにいる時より、しっかりした、受け答えをする。
『外は、まだ、雨が降ってますか?』 『そうです。』 
という風に、会話が、普通に成り立つことも、めずらしくない。
診察にも、結構、協力的だ。
一度なんか、血圧を測る時、自分から、右手を差し出した。
訪問看護師さんには、イヤがって、測らせないこともあるというのに。

それは、多分に、キューピー先生の診察の姿勢に、寄る所が多いと、かめこは感じている。
先生は、いつでも、つるちゃんの目を見て、心から話す。
つるちゃんの反応を、真剣に受け止めようとする。
何かしようとする度に、

『大丈夫だよ。』 『 怖くないよ。』 と、優しく、自信たっぷりに話す。
そして、ドクターとして、見落とす何かが、ないように、
集中して接しているように見える。。。


ところが、その日のつるちゃんは、診察室に入った時から、
妙に落ち着きがなかった。
眉間にしわ寄せて、困ったような、顔をしてる。
なんだか、具合悪いみたい。
そのくせ、目は、先生の顔に、釘付け。


あれ?つるちゃん、もしかして、先生に何か、話したいの?
かめこは、2週間前からの出来事と、
そういう時に、悩みだすようだということを、かいつまんで、話した。


『ああ、それは、辛いね。』
先生は、本気で そう言って、
それまでよりも、身を乗り出すよう、もっと、つるちゃんの顔を覗き込んで、
改めて、問診を始めた。

『怖くないよ。』
『どこが、一番辛いですか?』
『膝?』 『お腹?』 『頭?』


つるちゃんは、じぃっと先生の顔を、見つめっぱなし。
何か言いたいんだけど、言葉が出てこないみたい。
首を振るのが、精一杯という感じ。

結局、その日は、一言も、話さなかった。
それでも、診察室を出た時には、
もう、いつものつるちゃんに戻っていた。

キューピー先生が、

『それは、辛いね。』 って、言ってくれて、
つるちゃんの気持ちを聞こうとしてくれたこと、
つるちゃんにも、伝わったと、かめこは 思います。 

[テーマ:医師との関わりと信頼 | ジャンル:心と身体]

【2006/05/19 11:34】 | 内科かかりつけ医 | トラックバック(0) | コメント(14) |
いちばん、だいじです
この頃、かめこは、朝、つるちゃんに、1度は、
『私のこと、知ってる』 って、聞く。
すると、つるちゃんは、首を横に振る。
そういう時は、あっさり引き下がる。


ところが、今朝は、つるちゃん、
聞かれたとたんに、顔が、ぱぁっと輝いて、目を大きく開けて、

『しってますぅ。』 って、すごく嬉しそうに言った。

『あ、そういう意味じゃないの。』 
かめこが、言ったら、つるちゃんは、考え込んだ。
そして、今度は、
 
『しってるから、だいじょうぶですぅ。』 って、元気に言った。

かめこの表情から、
「まだ違う」 って、つるちゃんは、思ったみたいで、また、考え込んでた。。

それから、つるちゃんは、モーニング・アイス・ミルク飲ませてもらって、
ベットから、立たせてもらって、シャワー室に移動した。

シャワー室の扉を開けようとした時、ずっと、考えてた言葉が、見つかったみたい。


『いちばん、だいじです。』
ちょっと、うつむいて、でも、今、言わなくちゃって、感じで、きっぱり言った。

かめこは、涙出てきて、止まらなくなっちゃて、
いつもだったら、 
『お湯かけますよぉ。』 とか、いちいち声をかけながら、するんだけど、
一言も、言わないまま、おしりをきれいにした。

                                   散歩道にて

【続きの表示】

[テーマ:家族 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/05/17 11:38】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(46) |
かしこくなったよ
5月の4日から、つるちゃんが、なんだか、変わった。
良い方に。
5日間くらい、すごく冴え渡る日が続き、驚かされっぱなしだった。
そのあとは、その5日間ほどのことは、ないけど、
前よりは、1段階、頭がすっきりした気がする。

ディサービスのスタッフにも、

『発語が、増えたようなのですが。。。』 と、不思議そうな顔をされた。
つるちゃん、ディでも、地が出せているようだね。良かった。 


かめこが、観察してる限りでは、
つるちゃんは、心の奥に眠っている、大切な言葉達を、掘り起こしてる。
そんな感じなんだ。
頭の中の表面にある言葉を、そのまま言う。というより、
その都度、考えて、言ってる。感じ。
だから、同じことでも、表現する単語が違ったりするんだよ。


その、5日間の中で言えば、
「お腹張ってる」 時に、そうは、言えないけど、 
『お腹いっぱい。』 という言葉で、表現できた。
この間まで、ずっと、
1日便秘になるだけでも、機嫌がとても悪くなってたけど、
かめこに、そう、言えた日には、機嫌も悪くならなかった。
「う☆ち が溜まる」。
そのこと自体も、不愉快だけど、
それを、言葉で伝えられないことも、きっと、すごく苦しいことだったんだね。


さっき、5月16日午後1時15分位に、
家の中を、ヘルパーのしろつめ草さんに手を添えてもらって、歩いてた時の話。

 
しろつめ草さんが、
『お薬、飲まれたんですか?』 と聞いたら、
『はい。』 って答えて、
2、3歩、歩いて、


『いいえでした』 って、答えなおしたんだ。
2,3歩歩いてる間、すごく考えてたみたい。
考えて、違ったって、思ったんだね。
 

あと、かめこの言葉を、今まで以上に、一生懸命聞こうともしてる。
いつも、何か言う度に、
 『はい。』 と、いちいち返事をしたりしてる。

今、5月16日午後3時30分現在。
つるちゃんとの会話、成り立ちまくりで、しろつめ草さんと、

『すごい、すごい。』 って、盛り上がりっぱなし。
『全部録音したいね。』 って、話してるところです。
              だから、それで、ブログやってるんだよ。 
【続きの表示】

[テーマ:(*^_^*)うれしぃ | ジャンル:日記]

【2006/05/16 15:41】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(26) |
お隣さん達、ありがとう
日曜日は、ヘルパーさんが来ないので、
きのうは、オットさまとかめこ とで、えいと・いれぶ☆に、つるちゃんを連れていった。
もちろん、おやつを買うために。

オットさまが、車椅子の準備をしてくれてる間に、
かめこは、つるちゃんを連れて、外に出た。
お隣さんに、一言お礼が言いたくて。
あと、歩いてるつるちゃんを見てほしくて。



   実は、おとといの土曜日の夕方、チャイムが鳴って、出てみたら、
   雨の中に、お隣のご主人が、立っていた。
   ご挨拶するのも、久しぶり。
 
   『ちょっと、地域の会があって、もらってきたんですけど、良かったら。』
   『要らなければ、それでもいいです。』

   そう、言いながら、かめこに紙袋を手渡たす。
   中をのぞいたら、
「認知症の理解と介護」 という、冊子が見えた。
   『あっ、ありがとうございます。』
   それだけ言って、受け取った。

   そのお宅には、前に、2,3回、野菜のおすそ分けを頂いている。
   奥様が、 
『買い物くらい、行かせてください。』 と、言ってくれた。
   それから、つるちゃんが、しりもちをついて、かめこが起こせないような時には、

   『助けに来て。』  と、お願いしてもある。

   頂いた冊子は、
   主に認知症になった人の家族の為に、介護について書かれたもので、
   40ページもある、しっかりとしたものだった。
   地域社会に、理解の和を広げようという趣旨の、講演会の資料のようだった。
   オットさまが、気に入って、夕食を食べてる間も、広げて、熱心に読んでいた。
   わかりやすく、まとまっていて、かめこも、再確認になりました。



お隣さんは、お留守だった。
それで、つるちゃんを車椅子に乗せ、オットさまに見てもらって、
かめこは、お隣との境の道路を、お掃除。
道路には、うちの落ち葉がたくさんたまっていた。
お隣さんの玄関は、うちの方を向いているから、
玄関の出入りの際、汚くて、申し訳なかった。
いつも、道路の掃除、サボって、すみません。



         かめこが、車椅子に付き添うと、
         つるちゃんは、いつも、右手で、かめこの左手を取る。
         そして、時々、左手も、添えるんです。
         これは、えいと・いれぶ☆の前で、信号待ちしてる時。
         いつもより、しっかり、手を重ねてます。
 
                    つるちゃんとかめこ

【続きの表示】

[テーマ:まちづくり | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/15 14:06】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(33) |
我慢してないよ
『なんで、そんなことするの 

5月9日(火曜日)夜、
かめこは、つるちゃんに、そう、怒鳴り声を上げた。


この時、かめこは、つるちゃんに下剤を飲ませていた。
1回何滴と、決まっている薬を、少量の水にたらして用意する。
かめこが水の入った、お猪口を手渡すと、
つるちゃんは、それを、自分で飲む。
水は、確実に、全部飲みほす必要がある。
そんな場面。


つるちゃんは、口に含んだ水を、飲み込まないで、
自分のパジャマに、吐き出した。
それが、わざとしたように見えたから、
かめこが、怒ったんだ。 


いや、理由は、そこじゃない。
そんなことは、いくらだってあることだ。
あるけど、怒ったこと無かった。

理由は、つるちゃんでなくて、かめこ。
眠くて、たまらなくて、機嫌が悪くなっちゃって、
つるちゃんに、八つ当たりしたんだ。
この頃、つるちゃん、朝が早くなったからね。


それで、
そういう日には、さっさと寝るに限る。
そう思ったから、寝ちゃいました。 

                                母の日

【続きの表示】

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/14 09:50】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(1) | コメント(26) |
誕生日には
きのうは、かめこの弟と、オットさまの誕生日だった。

そして、つるちゃんが、えいと・いれぶ☆で、選んだおやつは、

なんと
イチゴのショートケーキ

「どうしても、これがいい。」
って感じで、目移りしなかったんだって。
でも、それは、2個入りで380円。
かめこが渡したお小遣いでは、足りなくて、ヘルパーのひまわりさんは、大弱り。
それで、お店の中を、もう一回りして、気をそらそうとしたけど、
やっぱり、イチゴのショートケーキしか、目に入らないようだったんで、
仕方なく、
 『お金が足りないから、ジャムパンにしてください。』 って、
頼み込んだんだって。
買ってきたのは、一番好きなジャムパンです。
でも、つるちゃん、なんだか、嬉しそうじゃなかった。。。



やっぱ、「誕生日には、イチゴのケーキじゃないと。」 って、思ったのかな?
つるちゃん、ほんとは、ケーキなら、チョコレートケーキの方が、断然好きなはずだもん。        
           ↑過去記事 「つるちゃん、ケーキ選べるかな?」
           http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-6.html 



朝から、かめこは、つるちゃんに、弟の名前を何度も言って、
弟とオットさまの誕生日だって教えてた。
つるちゃんは、自分の息子の誕生日だってことは、ピンとこなかったみたいだけど、
家族誰かの誕生日だってことは、わかったみたい。
それに、
 『夜、ケーキ食べようね。』  って話も、してた。      

もしかして、ケーキ、買ってあげようとした。ナンテ


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:日記]

【2006/05/13 01:18】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(28) |
二人目の赤ちゃん
5月12日

きょうは、つるちゃんが、二人目の赤ちゃんを、産んだ日です。
東京の病院で、生まれたのは、男の子。
かめこの弟くんです。


弟君、お誕生日、(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*) 


それで、27年前の6月の末、かめこは、初めてのお見合いをしました。
そのお相手が、オットさま。

彼も、同じく、5月12日生まれ。


オットさま、お誕生日、(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*) 

二人は、ちょうど、10年違いです。
かめこの歳は、弟に近くて、オットさまとは、結構離れてるんだよ。


                    おめでとう。おふたりさん

           
                  やっぱり、ブログで、しゃっべちゃった。
                  オットさま、怒るかなぁ。。。



つるちゃんが、一人目の女の子を、産んだ日の話は、こちら。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html
乙女のつるちゃんの写真や、かわいいかめこ の写真が載ってます。
まだ、見てない人は、必見だよ


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:記念日 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/05/12 12:20】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(24) |
2ヶ月後のおやつ選び
先週の木曜日、5月4日、
つるちゃんは、いつものように、
ヘルパーさんと、えいと・いれぶ☆で、おやつを買ってきた。
でも、ちゃんと、自分で選んだのは、実は、その日が、初めてだったんだ。


そして、つるちゃんは、9日の火曜日にも、
ほんとに自分で、選んできた。
それは、ヘルパーのしろつめ草さんが、

『ビデオに撮って、かめこさんに見せたかった。』 
って言ったくらい、感動的な場面だった。                                 
 

おやつ選びは、
いつも、たいてい、パンや、おまんじゅうの置いてある棚と、
プリンや、ロールケーキが置いてある棚、その2列の棚の商品から、選ぶ。
そこまでは、同じ。

でも、4日と9日の2回以外は、
ヘルパーさん達や、かめこが、選んだものの中から、
つるちゃんは、それでいいとか、イヤだとか。そういう意思表示で、選んでいる。
そして、それが、つるちゃんにとっては、精一杯の能力だろうと、
かめこは、勝手に思っていた。
まさか、その2列の棚の中から、自由に、自分の意思で、選べるようになるなんて、
思いもよらなかった。


だって、「それでいい、とか、イヤと、選ぶ」、
この状態にできるまでが、長いみちのりだったから。
ここまでの状態に、なれただけでも、
えいと・いれぶ☆に、行き始めた頃に比べると、
充分、すごいことだと思えていたから。

2年前から、続けてる。
最初の頃は、
ただ、お店の中に入るだけで、精一杯だった。
つるちゃん、落ち着かなくて、
おやつなんか、まったく、目に入らなかった。 

今は、雨の日は、行かないけど、
昨夏に車椅子に乗るようになるまでは、
雨の日も、台風の日以外は、毎日、えいと・いれぶ☆に出かけてた。
ディサービスが、始まる前とか、中断してた時期は、それこそ、毎日。
                                菖蒲

【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/11 07:51】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(27) |
今朝のつるちゃん
今朝、7時頃、つるちゃんが、シャワーを済ませて、
テーブルで、(朝食前の)紅茶を飲んでいたら、
かめこの次女のディジーが、歯ブラシをくわえたまま、 
『おはよう。』 って、リビングに入ってきて、パソコンを触り始めた。
この間から、パソコンの前に座ると、つるちゃんが、丸見え。

かめこが、ディジーに声をかけた。 

『ちょっと、つるちゃんを、見てごらん。』
ディジーは、一目見るなり、言った。

『あっ、どうしたの?』 『どうして、こんななの?』 
『まるで、普通じゃん。』 『なんか、あったの?』

ふふん、きっと、そういう反応が返ってくるって、予想してたもんね。

そこで、かめこは、きめぜりふ。
『髪は、きのう切ったけど、それだけだよ。同じだよ。』

『普段のたゆまぬ努力の積み重ねってヤツじゃない?』
それを聞いても、ディジーは、笑ったりしなかった。
軽く、『そうだね。』 とも、言えず、って、雰囲気で、
そのまま、洗面所に向かった。


さっき、紅茶を飲んでる時のつるちゃんは、
きれいで、落ち着いた、微笑を浮かべてた。
きのう、切った、ヘアースタイルが似合ってて、
まるで、ただの、いいとこの奥様。
かめことディジーに、見られてることも、意識してるみたいで、
ちょっと、気取って、紅茶を、口に運んでた。
なんと言っても、目つきや、顔つきが、しっかりしていて、
とても、病人には見えない感じだった。
朝食後には、
なにやら、泣きながら、歩き回ったりもしてたし、
トイレの中では、叫び声を一声、あげたりもしたんだけどね。 

ちなみに、つるちゃん、今朝は、5時頃目が覚めて、
ずぅっと、おしゃべりしてました。
時々、
『あたしに、話しかけてるの?』 って、かめこが聞くと、
『えー? そうです。』 って、答えるから、
ずっと、相槌とか打ってたよ。
それで、起床は、6時前でした。


今は、
もう、つるちゃん、ディサービスに、お出かけしちゃってま~す。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:


【2006/05/10 10:10】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(16) |
あげません!
『つるさん、先週より、しっかりされてるように見えるのですが。』
月曜午前に来てくれる、ヘルパーのタンポポさんが、そう、言った。
『そうなのよ。木曜日から、なんか、意思表示も、はっきりしてるの。』 
と、かめこ。

というわけで、「つるちゃん名語録」 木曜日に、さかのぼりま~す。


5月4日(木)休日。 でも ヘルパーさんは、通常通り。
 車椅子での散歩を終え、おやつを買って、
つるちゃんと、マーガレットさんが、帰ってきた。
かめこは、いつもどおり、
つるちゃんの小さい買い物バッグを、マーガレットさんから受け取ると、中身を取り出した。
きょうのおやつは、

「まるごとのバナナが入ってる、チョコのロールケーキ、4切れ入り」 

『あら、これ、おいしいのよね。』
『一緒に食べようね、つるちゃん。』

かめこは、そう言って、
いつものように、おやつを一旦、キッチンに持っていこうとした。
そしたら、つるちゃん、あわててロールケーキを、奪い取って、ギュッと握っちゃったよ。
あ~あ、せっかく柔らかいケーキが。。。。
4切れのうち2切れは、無残にも、
つぶれちゃって、袋の外に、クリームとバナナがべチャー。
つるちゃんの右手の指は、クリームとバナナだらけ。


『しょうがないなぁ。つぶれた方、かめこが食べるよ。』
かめこは、つるちゃんの手の中から、ロールケーキを、取り上げようとした。
その時、つるちゃんが、言ったんだ。


『あげません

その日は、つるちゃん、えいと・いれぶ☆で、
自分から、そのケーキを選んだんだって。
マーガレットさんが、他の、プリンとか、大好きなジャムパンとかを、勧めても、
見向きもせずに、やっぱり、それが良かったんだって。


結局、つぶれた方は、かめこが頂きました。
つるちゃん、4切れ全部は、食べすぎだからね
ほんとは、かめこも食べたかった。っていうのも、あるけどさ。


それにしても、つるちゃんが、こんなにはっきり、言葉で伝えてくれるなんて、
              スゴ~イ、スゴ~イ


追記:9日3時現在。
   きょうも、えいと・いれぶ☆で、おやつを買ってきました。
   なんと、買ったことのない、パンを、『これがいい』 って、選んだんだって 
                                
                             つるちゃんの植えた菖蒲
    ↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:



[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/08 23:59】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(28) |
100作目謝恩:出会いの時
今年、2006年1月12日に、第1号「キューピー先生と往診の約束」 を出してから、
この記事で、なんと100作目になります。


その、前年の11月。つまり、今から、ちょうど半年前。
かめこの文章を、“ブログ”なるものに、載せたいという、お申し出を受けました。 
『まず、のぞいてみて?それで、良かったら、載せさせて。』
そう、言われてのぞいたのが、「晴れ☆ときどき トラベル」。
これが、
 「かめことブログとの出会い」   というわけです。

管理人のSATOKOさんは、
ご自身の記事に、かめこの旅のレポートを、ほとんど丸ごと載せてくれました。
うれし・はずかし・どうしましょう。
だって、ネットに乗って、公開されてるのよぉ
すると、反響のコメントが、続々。
舞い上がった、かめこは、管理人を差し置いて、
現地特派員気取りで、コメントしてくれた方と、お話しちゃいましたよ。
その、一人が、yellさん。
年末には、『chappyさんのコメント好きだよ。ブログ、読んでみた~い。』 って、
      ↑(当時のハンドルネーム。)
ブログ開設を、熱烈に、勧めてくれたんだよね。


でも、二人とも、この時はまだ、
かめこが、「介護」 してるなんて、想像もしてなかったってわけ。
だって、してたの、旅の話とかばっかだもん。

                  
          レポートの載った記事は「ミラコスタに泊まるTDS満喫のHoliday」
                          レポートの日のTDLに沈む夕日

                                             
【続きの表示】

[テーマ:わぁい♪O(≧▽≦)O | ジャンル:ブログ]

【2006/05/07 18:09】 | つるちゃんからの贈り物 | トラックバック(2) | コメント(56) |
99未来の介護
何ヶ月か前、認知症介護に関するテレビ番組を見てたら、
『家での介護に限界を超えていたので、施設に預けたら、
お嫁さんも、優しくなれて、毎日、喜んで介護に通うことが出来た。本人も笑顔になった。』
『施設に預けることに、罪悪感を持たないでください。』

と、言ってた。

その話を、見ていて、半分は、正しいんだけど、

「どうして、そんなに心労が重なるまで、預けなかったの?」
と、逆に突っ込みたくなった。

遅すぎるわよ。

日々の生活は、毎日続くものだから、
どこかで、区切りをつけることは難しい。
もう少し、もう少し、と、思ってる間に、
家族は、自分が追い詰められた状態になってることにさえ、気づけなくなる。


「施設に預けることに、罪悪感を持たない。」
そんなことではなく、
「自由に、選べるんだ。」
そのくらいに、考えてほしい。


みんなが、暗い顔して、心が病んで、それでも、自宅でがんばってるのなんて、おかしいです。
施設に預ける方が、家族みんなが幸せってこともある。



「未来の介護」 その理想形は、「みんなが、幸せ」。


そのためには、

現在、受け入れ先、全く足りてません。
質の高い、施設や病院を増やすことが、急務です。
「預けるなんて、かわいそう」
そんな、介護する家族たちや、周りの人たちの意識を改めたいです。

きちんと、受け皿が用意され、利用することに、抵抗を感じなければ、
将来への不安が、今よりは、少なくなり、
介護する家族に、ゆとりが生まれます。
そのことが、「在宅介護」 を支援することになるんです。
自宅で介護する人を増やすことにもつながります。 



かめこが、こんなにつるちゃんとの暮らしを楽しめるのは、
「先のこと、ちゃんと考えてる。」 って、心のゆとりが、あるからだよ。

「つるちゃんとかめこ」 オットさまもミニーもディジーも、
我が家は、つるちゃんが居てくれて、みんな、とっても幸せです 

             
             アトム、ある時は、桃太郎

             次回は、100作目。 ご愛読、記念特番。 乞う、ご期待

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/05 14:44】 | 幸せな介護とは? | トラックバック(0) | コメント(33) |
『施設を見られては』
かめこは、最期までつるちゃんをみられたら、どんなに幸せだろう。と思っている。
でも、どこかに預ける可能性も、考えてはいて、準備だけは、しているよ。


かめこの父が、亡くなる時に、『母さんを頼む。』 って、かめこに言ったけど、
それも、 
「ちゃんと考えてくれ。」 という意味で、
「かめこに、最期まで看てほしい。」 と思ってたわけでは、ないと思う。

だって、
父が亡くなってから、手紙とかを、整理してたら、
まだ、計画段階の、施設と、連絡を取り合ってることがわかったから。
それは、父の勤めていた会社が、出資予定の、施設だった。 

つるちゃんの精神科主治医Dr.お茶の水博士が、

「ご家族が余裕のあるうちに、施設をいろいろ見られては、いかがでしょう。
その時、必要がなければ、断ればいいのですから。」

そう、父に話していたのだ。

つるちゃんについて、その頃、徘徊に関しては、全く予想などしてなかった。
同居と同時に、被害妄想や、激しい言葉の暴力など、強い精神症状が出ていたが、
それも、薬が出てからは、なんとか治まり、
今は、まだ、家族が、充分動ける。
そんな段階だった。 

父が、

『仕方がないんだろうね。』 と言うから、
かめことオットさまが、施設を見に行く役を申し出ていた。
冬の初め頃、先生から、そういう話があって、
かめこだって、今から探そうなんて、直ぐ動く気にはなれなくて、
春になったら、動く予定でいたら、
その春、父が亡くなって、
かめこは、自分が施設をまわる余裕が、なくなってしまった。


だから、実際に、施設とコンタクトを取っていたのは、
父の方だった、というわけだ。

(この施設については、後に、かめこが、連絡を引き継ぎはしたけど、
認知症の、厳しい精神症状の出る人を、預かれるようになるか、わからなかったから、
そこで、終わってます。) 


ちなみに、
初めて、Dr.お茶の水博士から、施設の話が出たのは、2000年11月。
つるちゃんが、介護認定の申請をしたのが、翌3月で、要支援。
(父が亡くなったのは、4月初め。)
介護度1の認定を受けたのは、2001年10月。
介護保険制度を基準にするなら、
から、話が出たのは、それほど、早い時期だった。


かめこは、そのことを、今でもとても感謝している。
父の意思がわかったし、
早い時期から、そういう可能性があることを、かめこが、頭におくことが出来て、
自分が大きな病気をして、つるちゃんを預けなくてはいけなくなった時に、
心の準備が、出来ていたから。
                                              すくすく育て

続きは、つるちゃん情報優先で、特に、何もなければ、書きますね。

↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/04 14:30】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(16) |
9回目の、う☆ち
お食事前の方、申し訳ありません。
きのうは、つるちゃん、お通じが、8回も出た。
おまけに、夜中にも出ちゃった。
だから、9回。
きのうの場合は、下剤かけてたんで、仕方なかったんだけど。


今は、お☆っこでも、う☆ちでも、出たら、昼間なら、直ぐシャワーって決めてる。
これは、もはや、かめこの趣味の世界。
きのうのシャワーの回数は、(“おしも”のみで、お風呂のほかに)
朝晩の定時の分で、2回、お☆っこのみ1回。で、合計、11回

つるちゃんは、出たら、気持ち悪いから、シャワーに行くのは、嫌がらない。
自分から、
『しゃわぁ。』  って言って、教えてくれたり、
勝手に、シャワー室に入ろうとしたりもする。
あと、自分では、気にならないのか、そのまま歩き続けてたりすることも多いけど。
そんな時は、かめこは、まず、臭いでわかるよ。


夜中の う☆ちには、実は、気づかなかった。
てっきり、お☆っこだけかと思って、パットを取り替えようとして、
パットを外したら、う☆ちもしてた。ってわけ。
だから、外す時、パジャマのズボンや、タオルケットにも、ついちゃいました。
もちろん、手にも。(手袋しろよ。って話。)
きのうは(日付は、きょう)、付いちゃったのは、ちょこっと だったから、
その部分にガムテープを貼って、
う☆ちの部分が、他の布団や、パジャマにつかないようにしただけで、
着替えさせたりとかは、しなかった。

布団の中だから、きのうの場合は、臭わなかった。
でも、取り替える前に、気がついてもよかった。
だって、つるちゃん、やけに、身体が、ベットの上の方に、上がってた。
きっと、気持ち悪くて、う☆ちの部分から、逃げようとして、上に動いたんだと思う。

そうそう、つるちゃんが寝言をたくさん言ったら、
それは、「お☆っこ出たよ。」という、合図だよ。

それから、今は、取り替えると、直ぐまた、寝ます。
「取り替えてくれる。」 って、わかったとたんに、寝ちゃうこともある。
きっと、安心するんだね。


どう なんか、夜中も、つるちゃんと居るような、気分になったでしょ 

                                 憲法記念日

↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/03 19:30】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(14) |
本物の家族に
つるちゃんが、ショートステイに行ってる間に、「担当者会議」 というのが、あった。
これは、つるちゃんのうちでの生活について、
スタッフが集まって、意見交換をして、より良い、介護の方向性を探るもの。
だと、かめこは、とらえている。
今回の参加者は、ケアマネ、ヘルパー会社の社員、訪問看護師、
レンタル福祉用具の担当者、そして、かめこ。


10時に始まった会議が、解散したのは、12時を回っていた。
その後半の30分以上、かめこは、時々涙ぐんでた。

つるちゃんは、ヘルパーさんが居てくれても、
かめこが、ブログを書くのに、パソコンに向かって、つるちゃんに背中を向けてると、
落ちつかなくなるって。
パソコンの位置、別の部屋に移すように。って。
歯ぎしりをするようになったのは、かめこのせいだって。
ヘルパー会社の社員さんが、言った。


そう言われたから泣いた、のではない。
自分でも、ずっと、わかってた。
つるちゃんが、かめこの顔見たいけど、我慢してるって。
つるちゃんに、悪いことした。
そう、すごく反省して、涙が出てきたんだ。

ケアマネが、何回か言った。

『私も、つるさんが、背中見て、さびしそうにしてるのは、気になってました。』
『でも、かめこさんが、いきいきしてるのは、つるさんに、とても良い。と思います。』
『それに、それだけ、つるさんが、落ちついてる。ということですよね。』

なんだか、かめこを、心配してくれてるみたい。
【続きの表示】

[テーマ:家族を支える人間関係 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/05/02 12:54】 | 介護保険の有効利用と     医療的支援 | トラックバック(0) | コメント(41) |
つるに、怒られる
『かめこが、悪いのよ
つるちゃんが、とてもはっきり、大きな声で、そう、言った。
つるちゃんは、すごく怒っていた。


きょうの午後1時過ぎ、
つるちゃんは、後ろ歩きのヘルパーのかすみ草さんの両手につかまって、歩いていて、
パソコンに向かってるかめこの横を、通り過ぎようとしているところだった。

普段は、一体何語?と思うような、話し方。
かめこでも、音を文字に置き換えることは、難しいほどなんだよ。
それなのに、なんて、はっきり言えたんだろう
そもそも、「かめこ」 って、はっきりわかってる

つるちゃんは、
ずっとずっと、(3ヶ月以上)我慢してた。
それが、やっと、ようやっと、
言えたんだと思う。
つるちゃんが、自分の気持ちを正直に話してくれた。

その少し後、
かめこは、聞いてみた。

『じゃぁ、歯ぎしりは、かめこのせい
つるちゃんの答えは、
『そうよ。』

その後、かすみ草さんが、内科に診察券を出しに行ってる間に、
かめこは、つるちゃんに話をした。

『こんなわたしですけど、我慢してください。』
『つるさんと、一緒にいたいんです。』


つるちゃんは、「しょうがない子ね。」 という風に、かめこの髪をなでてくれた。

だから、これから話すこと、
つるちゃんは、「しょうがないわね。少しなら、我慢してあげるわ。」
って、思ってくれると思うんだけど。。。


話が、長くなるので、きょうは、ここで切ります。
途中で、ごめんなさい。


追記:
つるちゃんが、あんまりはっきり、「かめこ」 って、わかるから、
このあと、つるちゃんのことを、
「おかあさん」 って、呼んだ方が、いいんだろうと思ったんだけど、
なんか、照れくさくて、ちょっと、試しに呼んでみたただけでした。
                                                           つる、怒る
                         
↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:


[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/01 23:56】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(8) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

04≪│2006/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。