つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
心の格闘技
『心の格闘技』
かめこが夢中だった、アーチェリーは、そう呼ばれることもあるらしい。                                “リカーブ”かめこも赤い弓

出会いは、地域自治体の広報誌。
スポーツの情報コーナーの、

「近くの体育館で、初心者講習会がある。」という記事に、
『カッコよさそう。やってみたい。』 と、飛びついた。

講習会では、覚悟していた通り、劣等性だった。
自分が、何をやってるのか、さっぱり分からないまま、回を重ねた。
それでも、なぜか、面白くてたまらなかった。
講習会を終えると、体育館で、弓が借りられ、練習できる。
翌日から、早速、体育館に通った。

はじめて、一人で、体育館で、弓を引く。
その場で、何人かが、練習していた。
的に向かって、それぞれ勝手に矢を放ち、
6本毎に、遅い人を待って、矢を取りにいく。
想像していたとおり、淡々として、地味ぃな練習風景。
こういうの、好き。
そのうち、一人のおじさんが、こちらを見ているようになった。
しばらく、じっと見ている。
近寄ってきて、声をかけられた。

『あんた、随分、素直に引くじゃない。』
『俺達だって、敵わないよ。』

そして、言った。
『絶対、うまくなるから、がんばりな。俺が保証する。』

しばらくして、そのおじさんは、(もう、その頃には、どういう人だか、知ってた)
『そろそろ、自分の弓持ちな。』 と言って、
自分の行きつけのアーチェリーショップに連れて行ってくれた。
そして、かめこの選んだ赤い弓を見て、嬉しそうにしてくれた。


その後、かめこは、実技指導員として、
その、初心者講習会を手伝うようになった。

オットさまが、勤労者として、
ディジーが、中高生として、かめこの教え子となった。
毎日曜に、3人で、体育館に、通った、時期もある。
かめこの愛弟子のオットさまは、
とても大きな公式戦の、べアボウ(裸の弓)壮年の部準優勝。
ちなみに、優勝は、大差で、例のおじさんだった。
                                    ベアボウ壮年の部銀メダル

例のおじさん、名前は、マウンテンマウス明澄氏。
2000年、イタリア大会他、
(かめこが知ってるのは、それ以前のオーストリア大会)
「世界フィールドアーチェリー選手権大会」 に、少なくとも、3回出場。
世界の野山を舞台に、狩人のごとく戦う人でした。


マウンテンマウスさん、今もご活躍のご様子で、感動しています。
そして、コーチ役をしてくれた、ブリッジさんはじめ、
地域アーチェリー協会の皆さん、
大変お世話になりました。
弓は、もう引けないけど、
かめこは、介護、がんばってますよ 



関連記事: 「神業体験」に、飛ぶ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-519.html
スポンサーサイト

[テーマ:格闘技 | ジャンル:スポーツ]

【2006/03/31 08:22】 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(20) |
介護保険利用実績
今年度は、「介護保険の有効利用」に、とことんこだわってきた。
一在宅介護者として、実際に、限度額いっぱい利用することで、
「介護度5では、現実に、何が出来て、何が出来ない。」
 ということを、知りたかったからだ。 

なお、今年度の、ケアプラン作成条件は、


『認知症で、徘徊などがあり、24時間目が離せない人
(ただし、不眠なし)を、
一応健康な、娘一人(専業主婦、子どもは成人)で、看る』
 場合。 

ケアマネージャー満月さんのプラン作成における、方向性は、

『このレベルの人を無理なく看ていくには、
 3週間在宅で看たら、1週間休んでほしい。
 ディサービスは、週に2回ほしい。』

1週間のショートステイは、医療保険にて、実現。
 ただし、個室料金分自費負担。
ディサービスは、3月度より、週2回が実現した。



介護度5の場合、支給限度額は、標準で、358300円。

これは、
「一月あたり、358300円分のサービスを
         35830円の利用者負担で、受けられる。」
ということだ。
ただし、実際に利用者が支払う金額には、
消費税のようなものが、加算される。
また、所定の条件に該当する、高額利用者には、
あとで、一部返金される制度もある。
可愛つる の場合も、これに当てはまり、
利用実績によって変わるが、
今年度の場合は、毎月1万円以上戻る計算になる。



平成17年度 可愛つる 介護保険サービス利用実績 

限度額    358300円 利用者は、35830円+その1割程度負担  
 4月     362970円   
       自費負担額 4670円。 訪問看護臨時、予想以上
 5月    356640円
 6月    353580円
 7月    357210円
 8月    346120円   
       夏季につき、ショートステイを長めに取った。
       その分、ヘルパーやディサービス利用日数が減った。
 9月    358860円   自費負担額 560円 
10月    345370円    
11月    355480円
12月    354530円
 1月    336050円   
       正月2日ヘルパー休み。ショート入院日調整の為。 
 2月    354600円
 3月    357900円   
       現在サービス利用表作成プラン段階  


サービス内容の詳細については、後日、具体的に説明します。                                                              花見だんご

[テーマ:介護保険・ケアマネのこと | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/30 13:05】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(8) |
かめこの愉快な仲間達
今週、ヘルパーさんに、交代がありました。
ここで、改めて、
「つるちゃんとかめこ」 のうちに、来てくれている、
ヘルパーさん達を、ご紹介します。 

全員、花の名前が、ついてるよ。
これは、自己申告。
だから、その花のイメージと、そのヘルパーさんのイメージは。。。



現在、1週間に、5人のヘルパーさんが入ってくれている。
かすみ草さん、しろつめくささん、マーガレットさん、ひまわりさん、
そして、今週、初登場の、タンポポさん。

新人さんのことは、まだ良く分からないんだけど、
あとの4人は、力量確かで、なかなかの個性派ぞろい。
それぞれ、その得意分野や、タイプを遺憾なく発揮してくれている。
おかげで、ヘルパーさんとの時間は、毎日、愉快で、たまらない。


みんな、
つるちゃんのことを、愛してくれて、
人として、認めてくれて、
精一杯、お世話しようとしてくれている。
どうしたら、かめこの力になれるか、常に考えながら、行動してくれる。
だから、
かめこは、それぞれの、長所を見つけたい。
あとは、双方の思いやりで、なんとでもなるさ。
訂正
双方ではなくて、3者。 つるちゃんと、そのヘルパーさんと、かめこだった。

そう、
つるちゃんも、すごく努力してるんだ。
一人一人の特徴を良く見てる。 感心しちゃうよ。
だから、当然、相手によって、頼り方が違う。
今回も、新人さんに対しては、ちょっぴり、気も使ってた。


3者相互の相性、バッチリだね 

でもね、もっと、分かり合うために、ヘルパー会社を通して、
ここぞという時には、きちんと、お互い要望を伝えたりもする。

例えば、かめこは、
今、来てくれてるヘルパーさんの一人について、

『これまでの、経験を、全部忘れて、一から出直してほしい。』 
と、会社側に、伝えた事があるんだ。

その次、来てくれた時、
彼女は、かめこの言葉通りに、
新人のように、謙虚に、かつ、意欲的に、仕事をしてくれた。
かめこは、奥の部屋に行って、泣きました。うれし泣きです。

又、逆に、
今来てくれている、ヘルパーさんの一人から、会社を通じて、
かめこに、要望が出されたこともある。

『家族は、家族の役割を果たしてほしい。』
その意味が、かめこには、とてもよく分かった。甘えが出てたんだと思います。
その時、伝えてくれたことは、今でも、とても感謝している。

そして、その、どちらのヘルパーさんとも、
それまで以上に、
もっと、もっと、仲良くなったんだよ             
                                                                   桜満開!
            

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/29 16:01】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(13) |
お寺は、桜の頃
きのう、3月の寺参りに行った。
暖かい、日だった。
お寺へ向かうバス通りの桜並木は、もう、7、8分咲き。
家の近くの川のより早いみたい。

寺参りには、毎月行く。
つるちゃんが、好きだったこの場所に。

寺参りは、月曜日と、決めている。
毎月、なるべく同じ条件で、同じことをする。
いつもの「ご安心」、つるちゃんに届けたい。

                                 参道の春

行きのタクシーの中。
『お寺に行きますよ。』 『タクシーに乗って、お寺に行きますよ。』
かめこが、何度も言った。
いつもと、同じように。 

そしたら、つるちゃん、

『はい。』 と、はっきり答えた。
かめこが、言う度に、しっかり返事した。
こんなこと、はじめて。
毎月の行事、覚えてくれたかな?


お寺の境内。
ここだけ、車椅子を降りて、歩く。
ヘルパーのかすみ草さんが、後ろ向きで、両手共支える。
つるちゃんは、体重をかすみ草さんに預けるように、
前のめりで、歩く。

先月より、又、一段と、足をするようになった。
つま先が、地面から離れないくらい。。。
玉砂利の境内は、よけい、歩きにくそう。


帰りに、桜まんじゅうを買った。
つるちゃん、ちゃんと覚えていたみたい。

まんじゅう、買おうね。』 って、言ったら、
「わかってる。」という風に、大きくうなずいた。

                                 桜まんじゅうアツアツ!

帰りは、車椅子。
かすみ草さんが、押す。
つるちゃんが、かめこの左手をとった。

つるちゃんの右手は、かめこの手を、離さなかった。
家まで、一度も。

おまけに、時々、
左手の指で、かめこの左手をtonntonnした。

手を、つないでるのに、
まだ、心配になるの?

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/03/28 15:13】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(14) |
ミニー介護の為に退職
日曜日は、基本的に、ヘルパーさんは来ない。
でも、その代わり、
今年度は、月に2回、かめこの長女のミニーが来る。
26日の日曜日も、午後来てくれた。

ミニーは、ホームヘルパー2級の資格を持ってるんだよ。
仕事としては、してないけど、本物のヘルパーさんなんだ。


『おばあちゃんのお世話、せっかくやるなら、
          後で、自分のためになるようなやり方をしたい。』

そう言って、
ミニーは、資格を取ったんだ。


【続きの表示】

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/27 12:15】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(26) |
頭からっぽ
『あたま、からっぽ。』

きのうの夕方、つるちゃんが、そう言った。
かめこは、返す言葉が、見つからなかった。。。 


『わからなくなっちゃった。』 
というのは、症状が出始めて、最初の頃から、つい最近まで、結構 言う。
精神的に、とても不調で、混乱しているような時は、言わなかったけど。


そういう時、かめこは、まず、
何か、具体的に困ってることがあるかどうか、尋ねる。
たいていの場合、そういうものは、表現できなくて、
すごく不安になって、言うみたい。

つるちゃんが、困ると、かめこも困った気分になる。
それで、 『そうか、わからなくなっちゃたのかぁ。。。』 って、一緒に困る。 

それから、
    『わからないことがあれば、私が、何でも、教えます。』
    私が手伝う。 私が助ける。 私にやらせて。 私に任せて。
    ・・・そんな言葉を言いまくる。
そして、
    私は、頼りになるよ。 一緒だから、大丈夫だよ。 側にいるからね。
最後に、
    「つるちゃんは、自分のこと、良くわかってて、偉いね。。」
    「なかなか、自分のこと分かってる人って、少ないよ。」

もちろん、その時によるけど、とにかく、たくさん話すんだ。

いつもなら。。。。 
                    

                           庭のパンジー
    
カテゴリでは、ショートステイですが、名語録です。
「つるちゃんの主張と交渉」3月17日 こちらもぜひ、ご訪問ください。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-69.html

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/26 11:45】 | つるちゃん名語録① | トラックバック(0) | コメント(19) |
今、歳いくつ?
おととい、つるちゃんが、「田舎」を思い出した時、かめこは、とても驚いた。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-77.html

なぜかと言うと、
認知症が重くなってから、
つるちゃんが、過去の話をする時は、
「思い出してる」 とかじゃなくて、
すっかり、「その過去の人になってしまっていた」 からだ。

かめこが、つるちゃんを、「タイムトラベラー」と名づけた、所以である。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060216.html
アレは、つい、40日前頃の記事だった。。。



でも、おとといのつるちゃんは、
もう、かめこの言うトコロの 「タイムトラベラー」 では、
なくなっていた。
以前は、【その「実家」で、今、暮らしている。】 
というような、感覚だったのに。。。


つるちゃんについて、かめこが正常だと感じるのは、
そういう、「時間の感覚」 だけではない。

「汽車に乗って行く所だ。」 という、「距離の感覚」 も、
健康な人と変わりなく見える。
だいたい、「田舎」 という、表現からして、
バッチリ、距離感がある。
以前は、【頭の中の「実家」 まで、歩いて行けると思ってる。】 
みたいだった。。。



それなら、もしや、今何歳ぐらいか、分かるのでは?

それで、実は、きのう、つるちゃんに、尋ねてみたんだ。

『つるちゃん、今、何歳くらいか、わかる?』        
        つるちゃん、「うん。」 という風に、うなずく。
        でも、答えは、出てこない。
それで、かめこは、
 
『申し訳ないんだけど、結構な歳なんだよ。』
『70歳を過ぎてるんだけど。。。分かる?』
 と聞いてみた。
結局、「今、76歳だ。」 ということを、きちんと伝えた。
そのあとも、つるちゃんは、声には、出さなかったけど、
かめこの言葉を、全部、理解したようだった。



「何歳か?」 と、聞かれて、正確な歳は、つるちゃんは、もちろん言えない。
でも、今、子どもでも、18や19でも、31、2歳でもなくて、
実年齢としての感覚を持っているようだ。



今朝になって、
かめこは、これだけ分かってるのなら、もしや? と、思い、

『私が、かめこだって、分かる?』 と、聞いてみた。
つるちゃんは、
健康な人と同じ、普通の表情で、しっかり、
 『うん。』 と、うなずいた。
何度か、聞いたが、同じだった。



どうやら、つるちゃんは、
「今、自分が70過ぎになっていて、
           娘のかめこと暮らしている。」 
                             ことを、理解しているようだ。


上の文章だけ読むと、想像つかないと思うけど、
でも、つるちゃんは、外見上、パッと見、普通の人には、見えません。
今朝も、叫び声とか、あげてたよ。

【2006/03/25 13:13】 | 良くなったこと | トラックバック(0) | コメント(18) |
田舎は、下宿屋さん
つるちゃんは、きのうも長湯だった。
お風呂から上がったら、気分が変わったみたいで、
いつものつるちゃんに戻ったみたいだった。


家の中を、ぐるぐる廻りだす。
お風呂の直ぐあとで、疲れてるから、かめこが、手を取って歩く。
(その時、ヘルパーのマーガレットさんは、お風呂掃除中)

そしたら、つるちゃんが、唐突に、言い出した。


『このごろ、いなかとかぁ・・・』      
        田舎?今、田舎って、言ったよね。
        『この頃、行ってない。』 って言いたいのかしら?

『つるちゃん、田舎、行きたいの?』
つるちゃん、大きく、うなずいた。
『田舎って、城下町のこと?』 (実際には、地名を言いました。)

つるちゃん、一段と、大きくうなずく。

         かめこは、とても嬉しくなった。
         つるちゃんと、「おばあちゃんち」 の話が出来る!

それで、
「実家の城下町」 が、思いだせるような、キーワードを意識して、
つるちゃんに、いろいろ尋ねてみた。


『つるちゃんの田舎は、旅館、やってたんだよね?』
         反応なし。 
それじゃぁ。。。

『つるちゃんの田舎は、下宿屋さん、だったんだよね?』
         (つるちゃんの実家は、
         下宿屋さんに毛が生えたような、旅館をやっていた。)

そしたら、つるちゃん、

『げしゅくげしゅく』 『げしゅくげしゅく
すごく嬉しそうに、何度も言った。その顔がピカピカして見えた。

もう一つ、つるちゃんが、特に喜んだ、キーワードは、


「蒸気機関車」
この言葉にも、つるちゃんは、目を輝かせた。
だから、かめこは、

『田舎には、蒸気機関車で、行ったんだよね。』 
『アイスマウンテンから、蒸気機関車に乗って行ったんだよね。』

って、何回も繰り返した。

その度に、
つるちゃんは、そのどちらにも、
  そうなのぉ。』  と言いながら、
すごく嬉しそうに、繰り返し、うなずいた。 


かめこも、とても幸せな気持ちになった。
だって、
つるちゃんと、大好きだった、「おばあちゃんち」 の、思い出話、したんだもん

                   つるちゃんの田舎の春

「かめこのおばあちゃんち」つまり、「つるちゃんの実家」が、旅館をやってた話が、
↓後半部分に載ってます。
「タイムトラベラー番外編」ーつるちゃんのおいたちー
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-12.html 
 

この日、つるちゃんが、実家を「田舎」と表現した意味について」書いてあります。 
「今、としいくつ?」 
「タイムトラベラー番外編「つるちゃんのおいたち」」

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/24 12:07】 | 良くなったこと | トラックバック(0) | コメント(20) |
帰りのタクシーは、ブルー
つるちゃんが、
7泊8日のショートステイから、ようやく、帰ってきた。

                                         
今回は、看護師長さんから、
「後半は、夜、寝られた」 という、報告を受けた。
画期的な出来事だ。 
「眠れた」 という報告は、初めてなんだ。

 
でも、迎えに行った時、
つるちゃんは、なんだか、調子が悪そうだった。
覇気がなくて、表情が、良くない。
なんだか、ホントの病人みたい。。。

タクシーの中でも、
前回、2月4日の帰りの様子とは、全く違っていた。
もちろん、それまでとも。。。


タクシーに乗り込んで、最初の30分位、
身体は、右に傾いて、顔は、ずっと、右下を、向いていた。
これは、もともとは、調子の悪い時の、椅子や車椅子の座り方。
この頃は、いつもこうだけど、もっと軽い。
そして、首を左右に振り続けてた。
これは、以前、眠い時か不安な時に、よくしてたこと。
今は、ほとんどしないことだ。

時々、顔を上げて、かめこの顔を見る。
「居るんだ」 という事を、確認してるみたい。
その度に、かめこと、目が合う。
その目に、なんか、力がない。。。


たまにだけど、
しっかり顔を上げて、外を見出したのは、1時間くらい経ってから。
横断歩道を、人がたくさん歩くのを見て、
おかしそうに、少し笑って、かめこの顔を振り向く。

時々、かめこの手をさすったり、
『そばに来て。』 という風なことを、言ったりもする。

つるちゃんの、良く知ってる バス通りを進む。
○○高校の前よ。』
かめこが、教えると、大きくうなずいた。 
反応が、しっかりしている。
ようやく、少し、いつもの、つるちゃんらしくなってきたかな?




まぁ、こんな、時もあるさ。。。
              (単純に、そう、思ってるわけでもないんだけど。。。)

でも、
つるちゃんとの ドライブ気分、楽しみにしてたのに。
運転手さんの趣味、読み上げるのも、聞きたかったな。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-75.html
    
                               

[テーマ:不安定な心 | ジャンル:心と身体]

【2006/03/23 10:49】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(17) |
趣味は、カタカナのにして
きょうは、つるちゃんが、ショートステイから、帰ってくる日だ。

つるちゃんは、帰りは、いつも、ドライブ気分。
行きとは、大違いだ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-68.html 


いつも、1時15分頃、
タクシーに乗り込む。隣に、かめこ。

最初の5分位は、ちょっと緊張気味。

うちに、帰るんだよ。』
タクシーに、たくさん乗って、帰るからね。』

かめこが、しょっちゅう、声をかける。
その度、
「分かってる。」 という風に、つるちゃんは、大きくうなずく。

程なくして、
家にいる時と、大して変わらない、普通の表情になる。
それからのつるちゃんは、
すっかり、ドライブ気分になる。
窓から、街の様子を、キョロキョロ眺めようとする。
でも、背骨がすごく出っ張っていて座高が低いし、視野が狭いみたいだし、
ずっと、外を眺めてることは、難しいんだ。


そこで、つるちゃんは、
タクシーの中に目を向ける。


 ごるふ・ すきー・ どらいぶ。』 
唐突に、 つるちゃんが、声を出す。

それは、
 「運転手さんの趣味」

「和やか病院」から、呼ぶタクシーには、いつも、
運転手さんの自己紹介が書いてある紙を、張り出してあるんだ。
ちょうど、つるちゃんが座る、まん前にあって、
つるちゃんの目に、飛び込んでくるみたい。


こうして、
「和やか病院」(仮)のショートステイからの帰り道、
つるちゃんは、何回も、
その時の運転手さんの趣味を読み上げる。
二度目からは、「知ってる言葉」 って感じで、嬉しそう!

運転手さんの背中が、照れている。。。



ところが、前回の時は、
つるちゃんが、何にも言わなかった。

それで、
かめこは、運転手さんに、お願いしたくなっちゃった。


『これから、趣味は、カタカナのに、してください。』


その日の、運転手さんの趣味は・・・・・「水泳・旅行・音楽」
つるちゃん、漢字は、もう、読めないんですぅ。。。 

       だから、せめて、三つのうち、二つ位は、カタカナで。      
       でも、「ブログ」 は、困ります。
       (つるちゃんが、意味わかんないもの。)



乗車時間は1時間30分位。
3時前には、うちに着いていて、3時からは、おやつの時間。
もちろん、きょう、2006年3月22日(水)も。。。

                                

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/22 09:22】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(12) |
かめこの主治医
つるちゃんが、ショーステイに行ってる間に、
かめこは、自分のことで、病院に行く。
プロフィールにも書いた病気の検診と、薬取りだ。 

薬というのは、抗がん剤。
手術後、5年間飲み続けることになっている。

主治医と会い、
前回の検査の結果を聞き、「変わりないか。」 という、問診を受け。診察を受け。
血液検査などを受け、次回の予約をし、
病院の隣にある、調剤薬局で、薬をもらう。
まぁ、たいてい、こんな感じ。



主治医には、
かめこが、つるちゃんを介護していることを、話してある。
看護師さん達も、知っている。

つるちゃんの、暴力行為が激しかった時は、 

『手術した方の腕を、噛まれないように。』
という、ご注意を受けた。
噛まれると、感染症にかかる可能性があるそうだ。
幸い、つるちゃんは、「噛む」ということは、しなかったが。

徘徊が激しく、一日中、外に出ていた時期には、

『手術した方の腕は、あまり日焼けしないように。』
との、ご注意を受けた。
過去に、主治医の患者さんで、スポーツ観戦で、日焼けし、
悪い状態になった人が、いたとのことだった。
ポロシャツを、UVカットのものにするなど、気をつけている。 


そのほか、診察日を、第1○曜日。などと決めずに、
その曜日なら、月のどの週に行っても良いことにしてくれた。
行けない月があれば、薬を、その次までもらえる。

一日かかる、大きな検査も免除になった。
これは、かめこの 「介護のため」 というより、
先生が、もともと、
手術後の検診としての検査には、乗り気ではなかったからのようだ。

『時間がもったいないでしょう。』 
と、先生の方から、言い出してくれた。
大きな検査は、費用が、万単位でかかるので、
家計の上からも、助かってしまった。。。 



看護師さん達の何人かは、
徘徊に付き合っていた時、、励ましてくれたりだとか、
先生が、特に注意されなかったことについて、
追いかけてきて、細かいアドバイスをくれるとか。

応援してくれていることが、かめこに感じられる。


だから、
「つるちゃんとかめこ」 を 支えてくれる人は、
つるちゃんに直接かかわる、スタッフだけでは、ないんだよ。


↓応援クリックお願いします。
押してね

[テーマ: | ジャンル:心と身体]

【2006/03/20 12:14】 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(18) |
ショートステイ第1号(’4秋)
つるちゃんは、300床近くの 「和やか病院」(仮) の

      ショートステイ第1号 だ。

ここは、これからも、ずっと、ここで暮らす人がほとんどだと思う。
何ヶ月か入院する人は、これまでも、いただろう。
でも、1週間というような、短期間入院するのは、
            つるちゃんが、一人目なんだ。

 
来春(2005年4月)から、
「可愛つる を、 ショートステイで受け入れてほしい」


2004年秋、そう、かめこが要望し、
病院内で、話し合いが持たれ、

「相談室長」 という、この病院の性格上、
病院側 と 家族 を 結ぶ意味でも  重要な存在の役割の人 が、

うちに来て、つるちゃんの うちでの様子を見て、
ケアマネ と 訪問看護師 と かめこ と 話をして、

そうして、返事をくれた。 

「期間は、入院日・退院日を含め 7日間以上」
「入院日は、週の前半の月・火・水」
「部屋は、個室」
  
 (これは、利用料金加算という意味あいもある。
 実際には、つるちゃんは、いつも、ホールのような所にみんなといる。
 夜も、眠れないから、この部屋は、現実には、衣類置きのような存在。)


という、条件で、
初めての「ショートステイ」 として、受け入れるという

正式名称は、「医療保護入院」で、より長期のものと変わらず。)


本当に、良かった。
というより、ショートステイなしには、
つるちゃんが 家に居ることは、出来ないだろう。



それにしても、
今でこそ、大分落ち着いてきたが、つるちゃんは、
「不眠」 「徘徊」 「常動行為」 「介護抵抗」 「感情失禁」 「異食」
などの 精神症状 を併せ持つ。
            
「こういう人を、短期間預かる」 ことの出来る場所は、
現在の日本では、希少価値なのでは、ないだろうか。 

他の、認知症の重い症状を持つ人の家族達は、
いったい、どうしているのだろう。。。



2006年3月現在、
つるちゃんがお泊りしている病棟では、
ショートステイでの、利用者が、他にも居て、
この病院の利用方法の一つとして、定着したようだ。


『第1号を、なんとしても成功させ、次につなげたい。』      
       という、
病棟の看護師長の言葉通りに、運んでいる。


つるちゃん、個人のために要望したことが、実現し、
        
       それが、
この先へと、つながっていく。。。

       かめこは、とても嬉しい。
 



ちなみに、相談室長が見た、家でのつるちゃんの様子は、
レポートとして、
このショートステイに関係する、病院内スタッフに報告されたそうだ。

その後、すれ違う、スタッフが、

『コンビニで、おやつ、買ってるんですってね』        
と、異口同音に、驚いていた。

↓応援クリックお願いします。
押してね

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/18 15:40】 | 認知症専門病院 | トラックバック(1) | コメント(22) |
つるちゃんの主張と交渉(’5秋)
今、つるちゃんは、「和やか病院」(仮)で、お泊り中。
「ショートステイ」に行ってます。



「和やか病院」は、認知症になった人専門の、精神科単科の病院だ。
だから、お泊りの前に、先生の診察がある。
そして、その最後に、いつも
先生が、つるちゃんに、

『それでは、入院しますか?』  と、聞く。 


4、5ヶ月前(2005年秋)のことなんだけど、

それに、答えて、

つるちゃんが、  
   『しません
って、とても大きなはっきりした声で、叫んだんだ。

すご~い。つるちゃん
自分の意志をはっきりと、先生に伝えたね。


でも、つるちゃんの主張は、受け入れられなかった。
そして、先生は、それから、

『それでは、入院しましょうか。』 と、いう言い方に、替えた。。。


その次の時のこと。
ショートステイに行く、タクシーに乗る前に、
つるちゃんを、いつも通り、トイレに誘った。
 

そしたら、つるちゃん、    
『どこも、いきません
これも、とても大きな声で、はっきり叫んだんだよ。

すご~い。つるちゃん
今度は、「出る前作戦」に、切り替えたね!


けれども、つるちゃんの主張は、この時も、却下された。
トイレには、行かなかったけど、
タクシーには、乗ることになっちゃった。。。


その時のショートステイから帰ってきて、結構間もない頃、
かめこが、忙しいとかでない、普通の時に、


つるちゃんが、台所にやってきて、真面目な顔で、話しかけた。
『なんとか、なりませんか 

もちろん、「お泊りしたくない。」 という意味だってこと、
かめこは、直ぐにピンときたよ。


すご~い、つるちゃん
「主張」の次は、「交渉」ね。なかなかやるじゃん。


『何ともなりません。』
『申し訳ないけど、お泊りは、時々行きます。』

かめこは、あえて、毅然とした態度で、答えた。
そして、こう、付け加えた。
           

『それが、お互いの為なんです。』

[テーマ:自己表現 | ジャンル:心と身体]

【2006/03/17 13:05】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(15) |
涙、あふれて
2006年3月15日午前9時30分ジャスト。
つるちゃんとかめこは、タクシーに乗り込んだ。
行き先は、「和やか病院」。
そう、つるちゃんの、ショートステイ先だ。

つるちゃん、車に乗ってることは、結構好き。

でも。。。
行く先が。。。
この感じは、
着いたら、お母さんと離れて、お泊り。。。


つるちゃんは、ちゃんと、分かってる。
【続きの表示】

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/16 10:19】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(31) |
何されるのか、不安
これは、何に付けても言えることなのだが、
つるちゃんには、
「次に何をされるか、予測が付かなくて、不安になる。」
という様子が、見受けられる。


だから、どんなに、いつも通りの、分かりきったことをする時でも、
かめこは、

『右の靴下、履きますよ。』 『靴下、履いてますよ。』  
『椅子を、前に入れますよ。』
『エプロンを、付けますよ。』

などど、声をかけながら、お世話をしている。

そして、
それが、つるちゃんにとって、
いやなことだと分かっているようなことをする時には、
必ず、

『おしりに、シャワーかけていいですか?』
などと、聞き、
つるちゃんが、
うなずいたり、
「しょうがないなぁ。」
 という、雰囲気になるまで、出来るだけ待つ。
すぐ、やってしまうことを、前提に、
口先だけ、お伺いを立てるようなことは、しない。

あと、
かめこが、トイレに行く時とかにも、
つるちゃんに、お断りを入れてから、行く。

このことは、
ヘルパーさん達にも、徹底してある。
黙ったままで、つるちゃんを触ったり、
何か、お世話するようなことは、
うっかり、言い忘れた時くらいだろう。



何に付けても、ある、 「不安」。
「着替え」 となると、なおさらだ。


とにかく、何かに、つかまりだがる。
それはそれは、強い力で、握り締める。
つるちゃんに、両手をつかまれて、何も出来ない。
そんな場面は、毎日、必ず何回かある。

それから、つるちゃんは、
着替える時は、パニックのようになって、
動作が、いつもより、こわばったり、
やるべき動きと反対の動きをしてしまうことが多い。


これは、
つるちゃんにとって、
「着替えさせられる」 という行為が、
 “特に怖いこと”のワースト3位くらいに、入るようなこと」
だからでは、ないだろうか。


「裸にさせられること」
「半端に、着た状態でいること」
「素肌に、触られること」

その、一つ一つを、
つるちゃんは、 「怖い」 と、感じているように、かめこには、見える。
いちいち、悲鳴のような、 声を上げることも
以前より、大分少なくなったとはいえ、
まだ、ある。

もちろん、
身体のバランスが取れないので、
ズボンをはくのに、「足を上げたりすること」 は、
「とても不安なこと」 に、違いないだろう。



でも、
「不安になること」 の全体の量には、
身体的に、「それができるか」「できないか」 ではなく、
「気持ちが安定しているかどうか」 の方が、
より、大きく影響するような気がしている。


何しろ、 大声を上げたりすることは、
身体のバランスが、今より、取れていた頃の方が、
多かったのだから。。。 


[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/14 12:35】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(14) |
つるちゃんのペースで
予測した通りの事態が起きた。 
今朝、
ディサービス「そよ風さん」(仮)の、お迎えのスタッフを
待たせてしまった。

これまでは、
余裕を持って、外で、バスを待ってるくらいの気持ちでいたのに。。。


いや、待てよ。
かめこが、困ってるのは、
つるちゃんが、 

「ディに行く、心の準備がないまま、バスに乗り込む羽目になった。」
という点の方が、大きいかも。。。 

お迎えが来た時、
つるちゃんは、まだ、
食後の歯磨き (と言っても、前歯の外側しか、磨けない)した後の、
うがいの水を、口に含んだままだった。

しかも、
大好きな、「すり下ろしりんごとバナナの入ったヨーグルト」 
(かめこ特製)は、時間がなくて、食べられなかった。


ううん、これは、困った。
やはり、30分早く、起こさなくてはいけないか。。。
そのためには、前の夜の、見直しだな。



「つるちゃんのペースを尊重する」
「介護する側の都合で、
        つるちゃんを せかしたりしない」
 


この、「かめこの在宅介護ポリシー」 と、
「集団生活である、ディサービスのお迎えに、
               社会の一員として、間に合わせる」


この、相反する2点を、なんとか、両方、実現させるべく、
きょうから、新たに、がんばりま~す!



《参考資料》 これまでの、標準的な朝の生活
  朝 
 7時前頃  ベットの上で「モーニング・アイス・ミルク」を飲む。
 http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060116.html
 ベットから降りて、シャワーに向かう。
 シャワータイム(パジャマの上着は着たまま、おしりをきれいにする。)
 普段着に着替え。 (これが、大変。)
   ↑ 正味1時間かかる。
 8時前頃   食卓のいつもの椅子に座る。
     紅茶を飲む。   (朝食前に、カップ1杯。)
     朝食を食べる。
    (トースト:ジャム付き・目玉焼き:ブロッコリー・トマト添え
     最後に、特製ヨーグルト:すり下ろしりんごとバナナ入り )
     薬を飲む。 (粉薬をゼリーに混ぜる)
   ↑ だいたい1時間かかる。
 9時頃     歯磨き 
   (歯間ブラシ・普通のブラシ使用。前歯の表しか、磨けない。)
     口をゆすぐ。
     (最近、「ぺっ」が、しにくくなって、
      ずっと口に含んだままでいる。)
      熱いタオルで顔を拭く。 髪に、くしをあててもらう。


それで、
土曜日の、ディのお迎え時刻は、8時55分
絶対、無理じゃん! きょうは、顔も拭いてな~い!


[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/11 12:17】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(21) |
「そよ風さん」の連絡帳
きのうの記事で、つるちゃんが不調で、                      2006年3月9日
かめこが、心配していると書いたら、
「心配してしている、いた」 との、コメントをいくつか頂きました。
多分、他にも、たくさんの方が、
同じように、
感じてくださっているのではないかと、思います。
とてもありがたいです。
つるちゃんの、体調を気遣ってくださって、
どうもありがとうございます。
【続きの表示】

[テーマ:ありがとう | ジャンル:心と身体]

【2006/03/09 12:03】 | 認知症専門デイサービス | トラックバック(0) | コメント(9) |
初めての出来事
きのう、初めての出来事が、起こった。               2006年3月8日
それは、つるちゃんの不調が原因だろう。

きのうは、 コンビニに、買い物に行ったにもかかわらず、           
   おやつを買ってこなかったんだ。
そんなことは、初めてだ。

ヘルパーのしろつめ草さんが、
つるちゃんが好きなおやつのラインナップを、
ひととおり、つるちゃんの、目の前で見せた時、
その、一つ一つに、
首を振ったんだって!


食べたくないものは、無視するんだよ。いつもは。
それが、
   首を振ったぁ
随分、積極的に、拒否したじゃない 

コンビニから、出た時、
しろつめ草さんが、

『本当に、何も買わなくて、いいんですか?』
と、聞いてくれたそうだけど、
つるちゃんは、

「それでいい。」 っていう風に、うなずいたんだって。 

結局、おやつは、買い置きの「かぼちゃプリン」 を食べた。
大好きな紅茶は、おかわりもした。
全然、食べられない。というわけでは、なかった。
でも。。。


あんなに、いつも、おやつ選ぶの、
嬉しそうにするのに。。。
「早く、食べたい。」 って感じなのに。。。
レジに行く前に、持たせようものなら、
その場で、袋を開けちゃうくらいなのに。。。


きのうは、午前中から、
眉をハの字にして、落ち着かない感じで、歩き回っていた。

お昼ご飯を食べる時、
椅子にしっかり座れなくて、身体が右にとても傾いていた。
それで、座布団を、
椅子と身体の間に、差し込んであげて、
ようやく、何とか、食べられる姿勢になった。
食べるのも、遅くて、ご飯を少し残した。


そして、今朝は、寝込んじゃってて、目を覚まさなかった。
ディ・サービスの 「そよ風さん」 に、行く日だから、
いつもの時間に、
無理やり、起こしたんだよ。


     つるちゃん、元気に、してるかなぁ。
     お昼、ちゃんと食べられたかなぁ。
     今、どうしてるかなぁ。。。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。他の人は、使わないでね。 

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/08 13:54】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(17) |
夕食を作れなくなった頃
この病気になる前、                            2006年3月7日
つるちゃんは、毎日決まった時間に、買い物に出て、
さっさと歩けば15分の、商店街に通っていた。
台風の日とか、雪の日以外は毎日。


つるちゃんは、
認知症の症状が出てきても、
毎日、買い物に出かけていた。
時間が分からなくなって、待ち合わせが出来なくなっても、
大事な用件を忘れて、先方を怒らせても、
どろぼうなんて入ってないのに、泥棒騒ぎで警察を呼んでも


つるちゃんが、買い物に出なくなったのは、
夕食のメニューを考えつかなくなってからだ。
何を作ればいいのか、
そのために、何を買えばいいのか、
分からなくなった時だ。

【続きの表示】

[テーマ:ありがとう | ジャンル:心と身体]

【2006/03/07 07:31】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(20) |
発表!おやつランキング
きょうは、「啓蟄」けいちつです。 
あなたのお住まいのトコでも、虫さん達、起きだしてきたかな?


きのうの、つるちゃんの3時のおやつは、
3月5日のおやつ

大好きな、シュークリーム!
ミニーと、「えいと・いれぶ★」で買ってきたんだよ。


ところで、この写真のカップ、ちょっと素敵でしょ?
これはね、去年の母の日に、
かめこが、つるちゃんにプレゼントしたものなんだ。
(プレゼントといっても、かめこは選んだだけ。
費用は、その前の年の、地域の75歳敬老祝金を充てました。)
つるちゃんも気にいってくれてるみたいです。


さて、きょうは、つるちゃんが、これまで食べてきた、
3時のおやつに登場回数の多いモノを
発表したいと思います。
きのう食べたシュークリームは、何位かな?


カウント・ダウン形式でいくよ。
でも、回数は、これまで、数えてきたわけじゃないので、
多少順位の入れ替えは、あると思いますが、ご了承ください。
【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/06 14:43】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(11) |
おやつ選び
つるちゃんは、毎日3時のおやつを食べる。
そして、そのおやつは、
たいてい、コンビ二に買いに行って、自分で選ぶんだ。


つるちゃんの行くコンビ二は、
    
       「えいと・いれぶ★」


おとといも、つるちゃんは、
「えいと・いれぶ★」 に、お買い物に行った。
いつもは、ヘルパーさんと二人で、車椅子に乗って、行くんだけど、
おとといは、かめこもお供したよ。


【続きの表示】

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/05 14:58】 | お出かけ(寺以外) | トラックバック(0) | コメント(26) |
号外:きり番ゲット?
「若年性アルツハイマー介護日記」管理人スリブリさん

20,000カウント 

(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)
                    ございます。


で、その、栄えある、きり番ゲット者は、
        どうやら。。。かめこのようです。


カウンターが20000、見ちゃいました。
        2006年3月4日午前7時30分過ぎ頃。


でも、見てる間に、すぐ、20001になっただんよ。
コメント入れて、送信して、
また、画面を見たら、
もう、20005になってました。

さっそく、スリブリさんに、メールしちゃった!

スリブリさんと、メル友になれたね!(勝手に、そう、決めました。) 
        嬉しいな!

というわけで、急遽、号外にて、皆様に、報告させていただきました。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。他の人は、使わないでね。 

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/03/04 09:54】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(13) |
おやつを買いに
つるちゃんは、毎日、3時のおやつを食べます。               2006年3月3日(金)
ショートステイ先の、“和やか病院”でも、
確かめてないけど、ディサービス先の、“そよ風さん”でも、
3時きっかりに、おやつの時間があります。



認知症になったお年寄りにとって、
「食べる楽しみを大事にする」ということは、
とても大切なことらしい。
これは、“和やか病院”の、看護師長さんが、教えてくれたんだよ。
そして、歳をとって、味覚が鈍くなっても、
「甘いもの」については、「おいしい」と感じるものらしい。
え~と、これは、誰に聞いたか忘れました。

つるちゃんについて言えば、
この病気になってから、特に、甘いものが好きになった気がします。
そんなこんなで、3時のおやつは、必ず食べます。


かめこは、
つるちゃんがもう、一人では出来なくなったことも、
なるべく、いつまでも、経験していてほしいと思っています。
それで、
3時のおやつは、
いつも、買い物に行って、自分で選んでいるんだよ。 


買い物には、ヘルパーさんと二人で行きます。
前は、歩いていっていたけど、
今は、車椅子に乗っていきます。

元気な人が走れば、5分くらいの所に、コンビニがあって、
そこで、買うんだ。



きょうは、かめこも、お供します。
取材のために。。。(笑)
あした、報告するね。
では、きょうは、これで。

                                 お蝶夫人(リア友) 作

↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。他の人は、使わないでね。 

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/03 14:09】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(24) |
すっころんで
おととい、2月28日(火)午後、ちょっとした事件があった。
つるちゃんが、すっころんでしまったのだ。


つるちゃんは、
いつも座っている、肘掛つきの椅子から立って、
テーブルに手をつきながら、
何歩か、伝い歩きをし、
そこから、自分で、歩き出そうとして、
バランスを崩し、転んでしまった。

横から、すべるように倒れて、仰向きに、寝てしまった。
ほとんど「気をつけ」の姿勢で、真っ直ぐに。

結果だけ言えば、
つるちゃんは、どこも怪我などしなかった。
そして、
その時は、ヘルパーのしろつめ草さんが、助け起こしてくれた。
つるちゃんが、落ち着いたのを確かめてから、
後ろから、脇を抱え、一気に起こしてくれた。
カッコ良かった。


だから、
今回は、何事も無かったかのように、すんだ。。。
だけど、
かめこ一人の時だったら、とても助けられはしなかっただろう。 


つるちゃんのアルツハイマー病は、かなり進んでいる。
だから、例えば、
おととい話した、お寺の境内を歩いた時みたいに、
今は、いつも、
歩く時に、足が上がらず、引きずるように小またで歩く。
そして、バランスを崩しやすく、
なんでもない所で、転んだりする。
しかも、転ぶ時にも、健康なお年寄りよりずっと、
とっさに自分をかばうことが出来ない。
他の動作も、同じことだ。
出来ない度合いは、
「健康なお年寄りが、若い人と比べ難しくなる」 というような、
レベルでは、ない。

筋力が衰えたことも、原因のひとつではあるだろう。
でも、それだけではない。
病気のせいで、
脳からの指令が出なかったり、うまく伝わらなくなったりするからだ。
体を動かすのも、脳の仕事なのだから、
当然と言えば、当然のことなのだが。。。


つるちゃんの、ケアの質は、
経過を追うごとに、変わってきている。

どの時も、体力勝負であることに、変わりはない。
でも、
これから、ますます、そうなってくる。


このまま、病状が進めば、
やがて、
歩けなくなって、
そして、立てなくなる。
ベットから移動させるのも、
今より、はるかに難しくなるだろう。
今みたいに、
食卓で、椅子に座って、家族と共に、食べることが、
かめこの介護では、
とても難しくなる。


おととい、つるちゃんがすっころんで、
しろつめ草さんが、
カッコ良く、助けてくれた時、

かめこには、こうはできないと、
落ち込んでしまった。

きのう、皆さんに、話そうと思ったのは、
そのことです。。。
 
                                       ひな祭り
     
↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。他の人は、使わないでね。 


[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/02 18:14】 | 介護: 臨機応変・創意工夫!そして、未来へ | トラックバック(0) | コメント(22) |
真夜中の『ありがとう』
ベットから、声がした。       『おかあさん、○○してください。』  (○○は、聞き取れなかった。)
もちろん、つるちゃんの声だ。
寝ぼけた風もなく、しっかりした声だった。

そしてら、次に、


『ありがとう。って、おもってます。』 って、言ったんだよ。

かめこ、すごく、びっくりしちゃった!

        
        つるちゃんは、「ありがとう」 って言葉、普通に、言ってくれる。
        大好きな紅茶を出した時とか。。。
        (そういえば、最近は、言われてないけど。)
        ごく、自然に出る。ヘルパーさんにも、言ったりする。
        それに、改めて、そう、言われたことも、実は、ある。
        その話も、いつか、みんなにするつもりだった。。


『こちらこそ、ありがとう。』 って、かめこは、答えた。
そしたら、つるちゃん、

『 ありがとう。ありがとう。ありがとう。』 
って、3回繰り返した。
『え? こっちが、ありがとう♪(#^ー゚)vだよ。』 
って、また言って、
つるちゃんが、

『 ありがとう。ありがとう。って、思ってます。』 って、また言った。
そのあと、つるちゃんは、

『ありがとう。ありがとう。ありがとう。』 の3連発を、
何回だっけ。。。繰り返した。


かめこは、その時になって、時刻を見た。
2時23分。デジタルで、明石とつながってるかなんかで、正確だよ。

真夜中の2時過ぎに、
つるちゃんと、かめこは、『ありがとう。』 の 言い合いになっちゃった。
きりないよぉ。でも、こっちも、引き下がれない。。。


そしたら、つるちゃんの方が、急に、話題(?)を変えてきた。
『いいところ、いきましたぁ。』
「いいところ?」。。。違うとは、思うけど、もしや。。。

『お寺に、一緒に、行ったよね。』

つるちゃん、黙ってる。無反応。やっぱり、ハズレだ。

『あ、分かった。“そよ風さん”だね?』
『“そよ風さん”なら、あした、行くよ。』 
 (正確には、デイサービスは、きょう行く。)
そしたら、つるちゃんは、今度は、

『“そよかぜさん”、“そよかぜさん”、いきましたぁ。』 って、繰り返した。

そのあと、かめこは、起き出して、つるちゃんの、濡れたパットを取り替えた。
それから、

『もう、寝てね。』 って、言った。
つるちゃんは、
 『はい。』 って答えて、すぐ、眠ったようだった。



あのね、きのうは、午後、ちょっと事件があって、
かめこは、落ち込んでいました。
きょうの日記も、そのこと、書くつもりでした。


また、つるちゃんに、助けてもらったの?

[テーマ:ありがとう | ジャンル:心と身体]

【2006/03/01 12:41】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(21) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

02≪│2006/03│≫04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。