つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2月の寺参り
きょう、“今月の寺参り”をしてきた。
先月は、初旬に行ったので、
これが、このブログをはじめてから、最初の寺参りだ。



お寺には、ヘルパーのかすみ草さんと、3人で行く。
行きは、タクシーで、
帰りは、車椅子で。

参道の入り口のバスのロータリーで、タクシーを降りる。
そこから、車椅子で参道を進む。

参道の、土産物屋で、
桜まんじゅう”なるものを見つけた。
四角い木の“蒸篭”(せいろ)から、湯気が上がっている。 

『“さくらまんじゅう”ですって。 帰りに買おうね。』
かめこが、言ったら、
つるちゃんは、嬉しそうにした。 


正面の入り口を避け、
スロープから、境内へと進む。
太鼓の音が、聞こえる。 


車椅子を降りて、
境内の、玉砂利を、3人で歩く。
つるちゃんの足元が、
前回、ここに来た時より、一段と危うい。
小股、すり足で歩くのが、
前よりも、ぐんと進んだようだ。
重心も、ますます前のめりで、
つるちゃんの両手を支える手に、
ますます力を預けてくる。 

『もう、外を歩くのは、難しくなるね。』
かめこは、かすみ草さんに、そう、話した。

       本堂からは、大勢のお経の声。
       看板に、「○○宗全国行脚大法要」と書いてある。
       どうやら、この寺にとって、
       きょうは、特別な日だったようだ。 



渡された、5円玉を、
つるちゃんは、賽銭箱に入れた。。。 



もちろん、帰りに、“桜まんじゅう”お買い上げ。 
 『二つ買ったよ。』    
と、かめこが言ったら、
 『ふたつ、買ったぁ。』 
 と、つるちゃんは、とびきりの笑顔で、喜んでくれた。
(ジャムパンとかだと、一つを、かめこと、分けるからね。) 



3時頃、家に戻り、さっそく、おやつにした。
つるちゃんったら、
先に、勧めたお茶には、目もくれず、
“桜まんじゅう”に突進したよ。
そして、予想を裏切ることなく、

           “桜まんじゅう”一気食い!

お味は、
「“いつもの蕎麦まんじゅう”より、ずっと、美味でございました。
上に載ってる、塩漬けの桜のつぼみ、
しょっぱ過ぎず、良かったです。」


       春、限定なのかな。
       来月も、売ってると、いいな。 



もう一つ、春情報。
帰りに、通りがかった、家の紅梅の木の枝に、鶯がいた。
真ん丸かったんだよ。
かすみ草さんが、

『寒いから、羽を膨らませているのね。』
と言ってた。


「三寒四温」の“三寒”と言う言葉が、ぴったりな、一日だった。

    


補足説明:ヘルパーさんがお寺参りに同行するのは、つるの自費負担分です。
      
スポンサーサイト

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/28 15:00】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(20) |
髪をなでながら
夜寝る時、              
つるちゃんは、かめこの髪をなでながら、眠りにつく。       
さっきも。。。


髪をなでてると、落ち着くみたい。
たまに、不安な時は、かめこの手を、しっかり握る。
でも、
たいていは、髪をなでてくれる。


少し、高く上げた電動ベットの、
手すり兼柵の、棒と棒の間から、
つるちゃんは、手を伸ばす。
かめこは、ベットのふちにひざまずいている。
“ひざまずく”という、言葉のイメージとは違うけど。
そして、
つるちゃんが眠るまで、見ている。

眠ったな。と思っても、起きちゃうことも多い。
だから、眠っても、しばらく見ている。。。



導眠剤が効くようになって、
夜、眠れるようになった時から、
つるちゃんは、
かめこの髪をなでながら、眠りにつくようになった。
そして、
眠りにつく前の、ひと時だけは、
かめこの、お母さんで居てくれた。。。



名前でなんか、呼ばれなくても、
『おかあさん』 と、呼ばれていても、
髪をなでられていた時は、確かに「娘」だった。 
つるちゃんは、
夜、眠りにつく時、かめこのお母さんに、戻ってくれていた。。。



でも、
毎晩のことで、当たり前になっちゃって、
最近は、
嬉しいとか、思わなくなってた。


きのうの、“おかあさんシリーズ”、
自分で読み返して、気がついた。
忘れてる大事なこと、
何かある。って。。。



さっき、寝る時、
つるちゃんが、教えてくれた。



 「ほんとは、ずっと、ずっと前から、伝えてたのよ。」
 「気づいてくれなかったのは、かめこさんの方でしょう?」 



       

[テーマ:大事な気持ち | ジャンル:心と身体]

【2006/02/27 12:13】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(20) |
「お母さん」記事再び
24日の、「待望の母子再会」を祝して、
きょうは、
かめこの過去記事から、「お母さんモノ」 をまとめて、ご紹介したいと思います。
お時間がある方は、どうぞ、足を運んで(?)くださいませ。



その前に。。。

つるちゃんが、
目の前の、今のかめこが、自分の娘だと、分かってくれたことは、
例え、その時限りのことでも、
かめこは、やはり、とても嬉しかったです。
でも、つるちゃんにとっては、どうなのでしょう?


つるちゃんは、あの時(24日の朝)、
眉をハの字にしたままでした。笑いもしなかった。
表情堅かった。 

つるちゃんにとっては、
娘だと分かることは、辛いことだったのでは、ないかしら?


つるちゃん夫婦は、
子ども達に、苦労をかけたくないと願っていました。
子どもに頼らず、
なるべく、自分達で、何でもやっていこうとしていました。
子どもには、子どもの生活があって、
それを、尊重したいと思っているようでした。


その願いが、叶わなかったのですから。。。

それから、つるちゃんは、
自分が、もう、できないことばかりたくさんあることを、
よく知っています。

前は、よく、かめこのことを 『大変そうです』 と言って、
さも、すまなそうにしていました。

血のつながらない人が、お仕事で、というなら、まだしも、
愛する我が子に、
こんな大変なことは、させられない。。。

前のつるちゃんなら、そう思うと、思います。


だから、目の前のかめこが、
自分の娘だと分かることは、
つるちゃんにとっては、
辛いことなのでは、ないかしら。。。。




それでは、気を取り直していただいて、

        「出発!」



 「かめこが、“おかあさん”」 シリーズ

1/29  「おかあさんと呼ばれて」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060129.html

2/9   『すきです』
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060209.html


 「つるちゃんが、どんなお母さんだったか」 シリーズ

1/30  「つるちゃんが、かめこを産んだ日」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html#more

2/1   「仲良かったの?」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060201.html

2/2   「大器晩成」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060202.html


 「つるちゃんが、かめこの名前を呼んでくれた」 シリーズ

2/20  「タイムトラベラー後編② 」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-34.html
最後の方に、「かめこちゃん」と呼んでくれたことが載ってます。

2/24 「本日、待望の母子再会」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-41.html
「かめこさん」と呼んで、かめこが娘だと分かったようでした。


↓応援クリックお願いします。
押してね
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。
他の人は、使わないでね。 




[テーマ:大事な気持ち | ジャンル:心と身体]

【2006/02/26 07:09】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(8) |
笑顔で朝食
今朝の (さっきまでの)つるちゃんは、ことのほか、ご機嫌。
ハイテンションな、わけではないよ。
穏やかな、いい顔してました。

朝食の時の会話も、盛り上がった。
つるちゃんとかめこ は、
楽しく お話しながら、
朝ごはんを 食べたんだ。

きょうは、会社がお休みだから、
オットさまも一緒に、食べたよ。
隣で、顔は、見えなかったけど、
嬉しそうにしてたことは、分かりました。 



つるちゃんと、どんな話をしたかというと。。
やっぱり、まず、
今、食べてるものについて。

『おいしい?』  とか、
まあ、月並みな会話。
でも、
つるちゃんは、とても おいしそうに食べてくれて、 

『おいしいですぅ。』 って、答えてくれました。


月並みな会話なんだけど、
でも、すごく幸せ。


そして、きょうは、なんと、
つるちゃんの

「今の歳」 について、話題にしてみました。 

『ねぇ、つるちゃん、』
『つるちゃんは、自分では、若いと思ってるみたいだけど、
ほんとは、結構、歳、取ってるんだよ。』
  って、教えました。
ほんとの歳も、教えました。

つるちゃんは、その度に、 

『そうよねぇ。』  と、答えました。
でも、ほんとは、分かって答えたわけでは、なさそうです。
深いことは、考えず、
普通に答えてた風でした。



きょうは、 「会話を楽しみながら、お食事した」 って、感じでした。
とても、嬉しかったです。
 


↓応援クリックお願いします。
押してね
                                
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。
他の人は、使わないでね。 
 

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/25 12:45】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(11) |
本日、待望の母子再会
2006年2月24日午前5時40分。
『かめこさん』 『かめこさん』 と、呼ぶ、つるちゃんの声。


「かめこさん?」 (今、うっかり、本名書いちゃいました。あわてて、訂正。)
     「・・・さん」。。。。。


『かめこだよ。』 『わかるんだね。』 『私、だれだか、わかるんだね。』
      つるちゃんは、ベットの中で、うなずいた。
      でも、顔は、曇っていて、まゆは、思い切り大きく“ハの字”
      ずっと、“ハの字”のまま。。。


『かめこだよ。』 『つるさんの、娘だよ。』        
      つるちゃん、眉、“ハの字”にしたまま、
      顔のしわも、瞳の光具合も、表情は、何も変わらないまま、
      うなずく。


      

実は、かめこは、小学校の1年生の頃から、
お母さんに、『かめこさん。』 と、“さん付け”で、呼ばれていた。
なんでも、小学校の、初めての保護者会で、担任の先生から、 
『きょうから、お子さんを“さん付け”で、呼んでください』
と、言われたそうな。
つるちゃんは、素直に従って、
その日から、娘を、 『かめこさん。』 と、呼んでいた。 



だから、きょう、 
『かめこさん。』 と、呼ばれたということは、

「目の前に居る人が、自分の娘だと、はっきり、分かった。」
        
と、いうことなんだ。 


『お母さん。』   

かめこは、ベットの中のつるちゃんに、呼びかけてみた。


『はい。』     
つるちゃんは、小さい声で、そう、応えた。


           
        2006年2月24日金曜日、曇り。
        トリノオリンピック、「フィギュアスケート女子」
        荒川静香選手、金メダル獲得の日。
        本日午前担当担当ヘルパー:ひまわりさん(今居る)は、
        字は違うけど、下の名前が、かめこと同じ。
        かめこ、ブログの下書きに、自分の本名を、何度も打つ。
 



2008年3月20日の記事に戻る。  「かめこを忘れたの?」 

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/24 12:27】 | 良くなったこと | トラックバック(0) | コメント(25) |
なんか、好調でした
                   2006年2月23日
なんか、きのうの夕方から、つるちゃん、調子が良いです。      
つるちゃんが、この病気になってから、ずっと、感じていたし、
精神科の主治医の、Dr.お茶の水博士にも、その話は、よくしてたんだけど、


前は、
夕方、具合が悪くなることが、多かったです。

比較的安定してる日でも、夕方になると、必ず、悪くなったりしました。
「たそがれ症候群」って言葉が、当てはまるのかどうか、
わからないけど、
長い間、まさしく、そんな感じでした。

施設にいた時には、
夕方になると、
「家に帰る」と言い出したりすることが、よくあったようです。


それが、去年の春くらいから、
夕方も、他の時間帯と、あまり変わらなくなってきた。
相変わらず、一日の中でも、波はあって、
30分前と、様子が違ったりもするんだけど。

一日の波自体も、小さくなってきたかな。
ようするに、
一日の中では、
突然、大きく崩れることが、前よりは、少なくなってきた気がします。



前置きが、長くなってしまいました。

きのうの夕方から、
なんか、好調で、
それが、きょうの朝食の時まで、続いているのです。

こんなことは、めったにない。
もしかして、はじめてかも。。。


「歯ぎしり」は、夜、寝る前にしました。
『寝たら、楽になるよ』
と言って、慰めました。
それでも、
歯ぎしりのせいで、
導眠剤が、なかなかの飲みにくくて、
苦労しました。


また、話がそれました

「好調」 の種類は、「意識レベルが上がった」 という感じです。
全ての感覚が、うまく、働いている気がします。


きのうの夕方から、きょうにかけての場合は、

言葉が、聞き取りやすい。
よく、話す。
気持ちを、伝えるのが、いつもより、上手にできる。
動作が、比較的、スムーズ。
気持ちが、安定している。
穏やかに、微笑む。
かめこの、ギャグが受ける。
     これ、ホントだよ。
     さっき、転びそうになって、取り繕うと思って、おどけたら、
     『ケケ』って、笑われたもん。


そして、こういう風に、「意識レベルが上がった」 時は、
前は、
いつもより、トイレで、用が足せたりしました。


今は、トイレには、誘うから、行くけど、
そこで、用が足せる。ということは、ずっと、ないです。


でも、「出た」という感覚は、いつもより、はっきりするのです。

きょうは、夜中に、
 『おかあさん、おかあさん』  と呼ばれました。
かめこが、ぐずぐずしていたら、

 『早く、早く』 と、催促されました。
それで、濡れたパットを、取り替えました。 


いつもだと、夜中は、教えてくれません。
きょうは、教えてくれました。 
2月23日午前3時15分位のお話です。 

朝も、 

『おかあさん、おかあさん』 と、呼ばれました。
今度は、

『大変、大変』 と言いました。
えっと。。。してました。大きい方。
ちゃんと、教えてくれました。
午前6時20分位だったかな。

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/23 11:17】 | つるちゃんの一日 | トラックバック(0) | コメント(18) |
タイムトラベラー後編③
タイムトラベラーつるちゃんの、最高年齢

去年の、夏の終わり頃だったと思うけど、
例によって、唐突に、つるちゃんが、尋ねました。
          
          
          子ども達は、どこですか

かめこ、 ピーンと、キマシタヨ。  
          
          『子ども、って、女の子と男の子のコト?』

つるちゃん、普通に答えました。          
          『そうです』

やっと、キマシタネ!  待ちに待ってた、「かめこと弟君」 登場の日が。

そこで、かめこは、飛び切りの笑顔で、
わざと、おどけて、大げさに、
           
           
           その子は、大きくなって、
           おとなになりましたぁ
 
と言いながら、
大げさな動作で、自分の顔を、指差しました。
             
            
           しら~~~  

つるちゃんったら、「何言ってるの? この人。」っていう風に、
思いっ切り、普通でした。無反応。



こうして、
かめこの、 “母子感動の再会記念:一発ギャグ” は、
不発に終わったのです。。。
                                 とほほ。。

【続きの表示】

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/22 12:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(14) |
さっき、辛そうでした
2006年2月21日
このブログを始めてからは、        つるちゃん、まぁ、もちろん、いろいろあるけど、
それでも、
結構、落ち着いていたんじゃないかと思います。

でも、さっきは、
ほんとに辛そうでした。

きのう話した、
「14歳の頃にタイムトラベルする時」 とかのとは、違って、
「日々の、いつもの、具合悪さが、大きく出た」 という、感じです。


つるちゃんの、アルツハイマー病の症状の特徴のひとつに、
「徘徊」「常動行為」があるんだけど、
      
この頃、もう、体力的にか、分からないけど、
歩くとかが、急に少なくなってきて、

だから、単純に言えば、
「徘徊」は、減りました。
         この頃、急に。。。

でも、つるちゃんに、「徘徊」をさせていた、
「具合いの悪さ」というのは、同じで、
だから、
歩き続ける代わりに、
      違う、「気になる所」に、出るみたいです。



それが、 「歯ぎしり」
さっきのは、すごかった。

「身の置き所がなくて、どうしていいか分からない」
というのを、
全身の力、いっぱい込めて、歯ぎしりしてた。。。

      
      目に、涙、いっぱいためて、
      眉間に、しわ、たくさん作って、
      辛そうで、辛そうで、
      見てる方も、辛かったです。
      頭も、痛いみたいでした。


きょうは、
たまたま 訪問看護師の エンジェルさんが、来てくれる日だったので、
つるちゃんに、「もう直ぐ、看護婦さん、来てくれるからね。」
         「具合悪いって、お話しするからね。」
                     と、言って、
でも、それは、つるちゃんに言う、っていうより、
自分に、言ってた気がします。


      ずっと、手をつないで、
      顔、10センチ位に近づけて、
      肩抱いて、話しかけてました。 

エンジェルさんが来たら、
つるちゃんは、
かめこと、見詰め合ったまま、時々、看護師さんを振り返って、
安心したみたいな、顔を見せてくれるように、なりました。



エンジェルさんは、
ホントは、30分という約束なんだけど、
「まだ、居られますから。」「かめこさん、用事あるんでしょ。」
と言って、もう少し、居てくれました。

かめこは、その間に、お昼ご飯の仕度をしました。
すばやく。。。


そして、もう大丈夫。って感じになって、
エンジェルさんは、帰って行きました。




今は、もう、落ち着いています。

それで、
歩き回っています。

だから、ほんとに、落ち着いているのとは、違うと思うんだけど、

かめこが、つるちゃんを見ながら、
パソコンの、キーボードたたいているのが、分かってるから、
意識は、つるちゃんに向いているのを、知っているから、


落ち着いているように、見えます。
                 
 
P.S.歯ぎしりしてる時には、
いつもは、車椅子で散歩に出ます。外では、しないんだよ。

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/21 13:12】 | アルツハイマー病(非定型) | トラックバック(0) | コメント(23) |
タイムトラベラー後編②
「タイムトラベラーつるちゃんの最少年齢」

きょう話すのは、気が重い。
いい話じゃない。辛い話だ。


答えを、先に言うと、それは、
「14歳」位。
【続きの表示】
【2006/02/20 15:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(19) |
タイムトラベラー番外編
この記事を、ブログ友達のだいさんの、大切な、亡きおばあさまに、捧げます。

「つるちゃんの生い立ち」
         

つるちゃんは、東北の、城下町 に生まれた。
おとうさんが、職業軍人だったから、
やがて、一家は満州に渡った。
こうして、
つるちゃんは、子ども時代を、北京・奉天・大連で暮らした。
       
        つるちゃんは、大陸育ちなんだよ。

満州国地図
         ↑南京  ↑だいさんのおばあ様の暮らされた“上海は”ココ
               矢印の真上の線上。 南だから暖かいのかな?
           
           
             この地図を、
             きのう2006年2月17日に、つるちゃんに見せました。
             「ここが北京」「ここが大連」「ここが奉天」と、言いながら。 
             全部、「分かった」って顔して、大きくうなずいたんだよ。
             ヘルパーのひまわりさんも、「ホント、分かってるね」って。



つるちゃんの、お父さんは、少し偉い軍人で、家には、兵隊さんと馬がいた。
お父さんの身の回りの世話は、兵隊さんがしてたんだって。
お手伝いさんが何人かいる、裕福な暮らし。
ハンバーグだか、オムレツだか忘れちゃったけど、
庶民が食べられないような、
そんなものも、お出かけして、食べていた。


奉天平安小学校
 奉天:平安小学校入学式   

満州は、寒いから、
冬には、河や湖が凍る。
       つるちゃんは、スケートが得意だったんだよ。
       運動は、何でも得意だった、って、よく、自慢してた。
       一番は、鉄棒だって。
              かめこが、学年で一番下手なくらいで、
              つるちゃんは、いつも、首をかしげてた。
 
                     奉天平安小学校にて
                     つるちゃん12歳

戦争が終わって、
つるちゃんは、家族と共に、中国大陸を後にした。
「引き上げ」ってヤツさ。

             
              「引き上げ」っていうのは、大変だったみたいだ。
              だいさんのおばあさまも、経験されたんだよね。 
              もっと、ずっと、大人だったと思うけど。。。


一家が、帰ってきたのは、あの、城下町。
両親は、ここで、旅館を始めた。
              旅館といっても、学生さんと行商の人達相手の、
              下宿屋さんに、毛が生えたような。。。
              大きな玄関があって、
              お客さんも、家族も、そこから出入りする。
              ホテルみたいなフロントとか、
              大きな旅館のお帳場みたいなのはなくて、
              お客さんは、
              家族の居る茶の間に、用を言いに来る。。。
              ご飯は、大きな釜で、薪で炊き、
              お客さんも、家族も、「同じカマの飯を食う」。。。

     
      
       タイムトラベラーになった、つるちゃんに、
       かめこが、歳 を尋ね、
       つるちゃんが一番多く言う 歳、
             
              
          「18歳」と「19歳」              
       
                   その頃、つるちゃんは、
                   家族だけでなく、たくさんの人たちの、
                   温かい、ぬくもりの中に居たんだね。
                 



2月20日は、つるちゃんの、亡くなっただんな様の誕生日です。
かめこのお父さんは、元祖 「真夏でも熱燗派」 
                  
             
「だいさんのおばあさま」、「かめこのお父さん」、
そして、皆さんの、「天国に居る、大切な人達」 へ 。。。
 

『私達は、あなたを忘れません。
      
      どうぞ、これからも、私達を見守っていてください』


↓応援クリックお願いします。
押してね


         関連記事「つるちゃんが、かめこを産んだ日」
         http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html#more 
         この物語の後の、「乙女のつるちゃん」の写真も出てます。

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、
です。
他の人は、使わないでね。 
【続きの表示】
【2006/02/18 14:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(23) |
タイムトラベラー後編①
「タイムトラベラー前編」は
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-32.html
つるちゃんが、過去の自分に、タイム・スリップ すると、
かめこは、必ず、こう尋ねる。


        『今、歳、いくつ?』 

つるちゃんは、いつも、ちょっと困った。っていう風に考えてから、
でも、答えてくれる。 

一番、この会話をする、機会の多かったのが、

「東京」 という、キーワードが出た時。

だから、
 《タイム・トラベルしてる時に、一番多く答える歳》 は、

当然、
 「つるちゃんが、東京に、出てきた時の、歳」
 
                だと、思うでしょ?

それが、違うんだ。


おととい、2006年2月7日午後7時30分頃に答えたのは、 

【続きの表示】
【2006/02/17 14:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(14) |
タイム・トラベラー前編
この頃、つるちゃんの言葉が、また増えてきた。
「おかあさん、すきです」 「おとうさんも、すきです」
と言ってくれた、あの日から、上向きな気がする。

            
             「冬のせいかもしれませんよ。
             皆さん、口が重たくなりますから。。。」
             口数が、少なかった理由のひとつは、
             ケアマネージャーの言ってた通りだったのかもしれない。。。
             つるちゃん、
             どうか、まだまだ、たくさんお話していてね。
  


好調な時の、つるちゃんは、本当は、おしゃべりだ。
昔、元気だった頃は、おとなしい人だったけれど。

きのうも、夕食の時、オットさまとかめこが話していたら、
仲間に、加わってきた。
それは、
久しぶりの、
「一家団欒」って感じだった。

             
             おとといまでは、
             つるちゃんだけ、黙って食べていたから。。。


そうは、言っても、
オットさまとかめこの話題に加わるわけではない。
例によって、
唐突に、話し出すのだ。

きのう、急に言い出したのは、『東京』
『東京、東京』 って、繰り返して、
『行かなくちゃ』 『早く、早く』 って繰り返した。
                  
            
            「東京」 という、キーワードは、
            つるちゃんが、認知症になってから、
            昔の話としては、一番たくさん、口にしただろう言葉。   
            結婚する、2年ほど前、
            実家の城下町から、親元を離れて、東京に出てきたことは、
            つるちゃんにとって、深く深く、心に残っているんだ。 



昔の話をする時、
つるちゃんは、その時点まで、戻っている。
決して、
思い出話として、するわけではない。
その「時」を、二次体験しているのだ。

       まるで、 

             「タイム・トラベラー」 のように。 時空を超えて。。。 

つるちゃんが、タイム・トラベル してる時、
かめこが、必ず、質問することがある。

       それは、 

             『今、歳、いくつ?』

皆さんも、知りたくない?

かめこは、必ず、聞くよ。
        つるちゃんが、一体、何歳に戻ったのか。。。   


つるちゃんが、認知症になって、
何度も、何度も タイム・トラベルしてきて、
その度に、歳を聞いて、
その答えの、        
       「最高年齢」 と 「最低年齢」 と 「一番多く言う年齢」
        それは、明日、お話しすることにします。
        皆さんにも、
        写真などで、一緒にタイムスリップしていただきますので。。。 
 



「タイムトラベラー後編①」 「一番多く言う年齢」は
 http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-33.html                                  ↓応援クリックお願いします。
     押してね
 
         関連記事「つるちゃんが、かめこを産んだ日」
         http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html#more 
         東京に出てきた頃の、「乙女のつるちゃん」の写真が出てます。

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、
です。
他の人は、使わないでね。
    

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/16 12:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(11) |
続:子どもに見えるの?
おととしの1月だったと思うけど、
  つるちゃんが、和やか病院(仮)にいて、
  かめこが、会いに行ったら、

  一人の紳士が、つるちゃんに、話しかけていました。
      
       『なんて、名前?』       (かめこ、ちょっとハラハラ)
           つるちゃん、まるで無視。無関心。
 
 
  それから、昼食が運ばれてきて。。。
  その紳士、つるちゃんの名札を取って、
      
        『可愛 つる、かぁ。。。』   (かめこ、ちょっとハラハラ)           
           つるちゃん、まるで無視。無関心。

  すると、紳士は、かめこに尋ねたのです。
       『この人、学校、行ってるの?』
       『子どもは、学校に行くんだよ。ねえ、おかあさん!』


         あっ、子どもね。。。なぁんだ。
それでもって。。。
                         お母さん?       
          
まだ、つるちゃんが、かめこを「おかあさん」と、呼ぶ前のお話でした。


時は、矢のように過ぎ、
2006年2月4日(土)12時10分頃

かめこと、オットさまは、和やか病院の、そのフロアーに到着。
つるちゃんは、お昼ごはん中。
わざと、声をかけずに、観察。


                               和やか病院にて

つるちゃん、今日は、“皆さん”と一緒のテーブルでなくて、
“皆さん”、全員が見渡せる場所で、一人で食べてます。
食べ終わった人で、出来る人は、歯を磨くことになっていて、
つるちゃんの前を通って、洗面台に向かいます。

見てたら。。。
ほとんどの人が、つるちゃんに話しかけてる!
            

ご婦人1  「あら、おかず、こぼしちゃったわよ」
ご婦人2  「ちょっと、ここ、座っていい?」
          と、斜め後ろにある、ソファーに腰掛けて、
          あれこれ、話しかけてた。
ご婦人3  「まだ、ご飯、残ってるわよ」「ちゃんと、食べて」


などなど。。。そして、

ご婦人X  「あらぁ、良かったわね。
                   
      きょうは、お父さんとお母さんが、来てくれたの。」
 
      
               

つるちゃんの、反応は、と言えば。。。 
全部、「この人、何言ってんの?」って、感じで、ちょっと迷惑そうでした。


そのあと、かめこが声かけたら、つるちゃん、泣いたんだよ。
やっと、会えた。って顔して。。。

    
        

そして、かめこは、いつも思います。
    
認知症になった人って、
物事の見かけより、本質が見えるみたいって。
「つるちゃんと、かめこ達」の深い絆、最初から、見えてたんだね。
     
    
                                    ↓応援クリックお願いします。
                                      押してね
 

関連記事:「おかあさんと呼ばれて」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-11.html#more
【2006/02/15 12:45】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(15) |
子どもに見えるの?
つるちゃんは、ショートステイ先の「和やか病院」でも、人気者です。
というか、
皆さん、つるちゃんのことが、可愛くて、気になる。って感じなの。


「和やか病院」は、痴呆症と診断された人たちが暮らす、病院です。
だから、“皆さん”というのは、“痴呆症になられた皆さん”という意味だよ。

              (ついでに、説明しておくと、
               この病院では、「認知症」という、言い方はしてないので、
               かめこも、ここでは倣います。)

その、フロアーには、30人位の“皆さん”が居て、
日中は、パジャマでなくて、普段着を着ています。
窓が大きな、明るくて、とても開放感のある、広い食堂みたいな所があって、
まぁ、そこに、食事の時以外は、居ても居なくてもいい、って感じかな。
     
               和やか病院については、いずれ、また、お話ししますね。



そこで、どうやら、“皆さん”は、
つるちゃんのこと、子どもだと、思っているらしいのです。
80才代の人が多いから、皆さん、年上って言っちゃぁ、年上なんだけど。。。
“皆さん同士”は、全員、大人で、
つるちゃんのことだけ、子どもだと、思ってるみたいなんだ。
面白いでしょ。


つるちゃんは、小柄で、  (今は、身長140センチちょっと)
髪の毛、真っ黒で、    (最近、白髪が、何本か出てきた)
お肌が、ピンと張ってて、つやつやで、
                (ミニーとデイジーより、お肌はきれい)
目鼻立ちは、すっきりの美形で、
目は、一重だけど、つぶらな瞳って感じで、


                ここまで書いて、なんか、恥ずかしくなった。
                オットさまが、かめこのこと説明したら、
                全く同じ文 (身長は150センチで、白髪は、まだ無い) 
                        になると思うから。
                夕食の時とかに、
                『ホント、おんなじ顔してるね』って、言われるもん。
                 ↑言っとくけど、「オットさまが、書いたら」 だからね。


だから、つるちゃんは、
要するに、可愛いタイプで、ほんとに、可愛くて、
だから、とてもじゃないけど、←こういう風には、見えなくて、
                  ←こんな感じです。

                  
                  でも、子どもじゃないよ。76歳だよ。

それでもって、かめこは、“皆さん”に
                       
最初から、
 「つるちゃんのお母さん」だと、思い込まれてます。   

続きは、明日にします。途中で、ごめんなさい。    寒椿
                   
【2006/02/14 14:41】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(9) |
バレンタインだから
ハーイ!かめこだよ。
2月14日は、バレンタインデーだから、
かめこも、思い切って、愛の告白をしようと思います。
      
         I LOVE YOU.
受け取って、くれた?


今、かめこは、あなたのことを、考えています。

          
          写真で見て、顔は知ってる、あなた。
          コメントの話し方で分かる、あなた。
          ブログに遊びに行って、知った、あなた。
          メル友になれた、あなた。
          「つるちゃんとかめこ」を 読んでいてくれた、あなた。
          きょう、初めて、来てくれた、あなた。


あなたに出会えて、本当に、良かった。

                   
         話を、聴いてもらって、
         すごく、楽になった。
         気持ちが、とても、軽くなった。
           

あなたの、おかげです。     
助けてくれて、どうもありがとう。  You make me happy.
      
          

ここで、ミュージック!
            
ご存知、 「You Are My Sunshine 」           
          全米で、350組以上のアーティストにカヴァーされ、
          30ヶ国語に翻訳されている、名曲。
          きょうは、オリジナル版で。
          作詞・作曲・歌 : ジミー・デイヴィス


         How much I love you !   
                    
                      ↓応援クリックお願いします。
                       押してね
 


ところで、ひとつ、皆さんに、お願いがあります。

きょうから、コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
最初に、見本を頼んであるから(誰?)マネしてください。

[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/13 11:37】 | カフェでお茶でもいかがですか | トラックバック(0) | コメント(24) |
支えてくれる人達 
きょうは、
つるちゃんとかめこ を、
お仕事として、支えてくださっている人達を、紹介します。



ケア・マネージャー 満月さん
    公平かつ中立の立場に徹し、
    つるちゃんとかめこの暮らし全体を、見通してくださっています。

精神科主治医 Dr.お茶の水博士
    豊富な臨床経験を活かし、
    いつも冷静なアドバイスをしてくださいます。

内科かかりつけ医 キューピー先生
    いつも、つるちゃんの目を真っ直ぐに見て、
    問診してくださいます。

ホームヘルパー 
かすみそうさん・マーガレットさん・しろつめくささん・ひまわりさん・ゆりさん
    個性豊かな、力量あるメンバーが揃いました。
    みんな、つるちゃんを、心から愛してくださっています。
    みんな、かめこ と、大の仲良し!

ヘルパー会社の社員さん達
    ヘルパーさんの手配と教育、かめことの連絡など、
    裏方のお仕事をされています。
    ヘルパーさんの代わりに、来てくださることもあります。

訪問看護師エンジェルさん達
    バイクに乗って、さっそうと登場!
    週に1度、何もなくても、来てくださいます。
    24時間、いつ電話しても、直ぐに対応。
    頼りにしてるよ!

認知症専門デイサービスセンター“そよ風さん”(仮)スタッフの皆さん
    ここは、地域の、認知症ケアの草分け的存在です。
    その歴史を背負う、勉強家で、粒ぞろいの皆さんです。
    つるちゃんは、家の門までの送迎バスに乗って、
    週1回(3月から週2回)通っています。

ショートステイ先“和やか病院”(仮)のスタッフの皆さん
    ここは、痴呆症と診断された人達専門の療養病院です。
    夜間の体制が整っていて、
    夜、寝ないで歩き回る、つるちゃんに、やさしく、付き合ってくださいます。

通院先
整形外科の先生・耳鼻科の先生・歯科の先生
    かめこ納得の、認知症に理解ある、先生方です。

調剤薬局2軒の薬剤師の皆さん
    特に、かめこの病気でお世話になってる、薬剤師さん達には、
    つるちゃんの薬についての話も、しやすいです。  
 
       

皆さん、きょうまで、本当に、ありがとう。
これからも、どうぞよろしく!
 
                      ↓応援クリックお願いします。
                       

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/10 12:07】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(6) |
『すきです』
つるちゃんとかめこ は、いつも、一緒に寝てます。 

つるちゃんが、先に寝て、 
かめこは、夕食 の洗い物して、ブログ書いてから、
お風呂の前に、お布団敷こうと思って、
寝室に入りました。

寝室の電気は、付けないんだけど、
リビングと続きになってるので、明るくなります。
  


つるちゃんが、目、覚まさないように。。。

            パンどゅーつつるくわ (必死でメモした)

しまった、つるちゃん、起こしちゃった。
「なぁに、パン食べたいの?」 
 (つるちゃんは、ジャムパン大好き)

つるちゃん、ニコニコ ご機嫌です。
最高の、ニコニコ 顔してます。
            
            
            おかあさん、すきです

つるちゃんが、話すのは、いつも唐突だ。
『あら、私のこと?』 もちろん、わざと。

内心、ドキドキしちゃった!
だって、好きです。なんて言われたの、
実は、初めて。

            おとうさんも、すきです

年表3の記事に書いた、
「うれしい」「おいしい」「好き」の、3つ目は、
アップした、その日(2006年2月8日)になってから、
初めて、言ってくれた言葉なの。


   
    かめこは、つるちゃんに、
    ずっと、いつも、言ってたよ。

    『つるちゃん、好きだよ。大好きだよ』 って。
    一日に、何回も。
    寝る時は、必ず。

    つるちゃんが、どんなに、居てほしい人だか、
    伝えたかったから。。。 
                        
                          お礼のお花
                            つるちゃん、ありがとう!

[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/09 14:27】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(9) |
年表:症状の経過3(全3回)
年表3です。

 つるちゃんが、とてもとても辛かった時期があります。
 本当は、つるちゃんは、ずっと辛いのですが。。。
 
 かめこは、夜、寝る時、
 まず、その日、つるちゃんが食べた、好きなものとかの話をして、
 それから、
 「あしたって言えないけど、
  辛いことより、嬉しいことの方が、多くなるから。
  必ず、そうするから、
  だから、我慢してください。って言ってました。

  
  ねえ、つるちゃん、かめこ、約束守れてるよね。
【続きの表示】
【2006/02/08 12:16】 | つる病状の年表 | トラックバック(0) | コメント(13) |
年表:症状の経過2(全3回)
つるちゃんの認知症の症状の経過についての年表を書きます。

きょうは、2001年冬から2003年末まで。

つるちゃんが、自宅に居られなかった時期です。
これまでの、8年半を振り返り、
かめこが、精神的に、一番辛いと感じた時期が含まれています。   

つるちゃんとかめこ と 家族は、とても辛い時期を乗り越えてきました。


【続きの表示】
【2006/02/07 12:06】 | つる病状の年表 | トラックバック(0) | コメント(5) |
寺参り
つるちゃんとかめこは、月に1度寺参りをする。

そうだよ。
父が、つるちゃんの様子が変わったことに気づいた時から、
週に1度、蕎麦を食べに行っていた。
あのお寺へ。


今は、もう、
蕎麦は、食べない。
週に1度でもない。
歩いて行かれる、わけでもない。


だけど、
蕎麦を食べられていた、
あの頃より、
かめこは、幸せな気分になる。


今月も、
こうして、
このお寺に、来られた。

そのことが、
行く度に、
とても嬉しい。 

お賽銭をあげて、
煙を浴びて、
いつもの店で、
蕎麦饅頭を買う。


かけがえのないひと時は、
今もちゃんとある。

そして、
前より、もっと、
幸せな時間になった。

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/05 12:16】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(13) |
お寺で蕎麦
父がつるちゃんの様子が変わったと気づいた時、

かめこは、
週に1回は、二人でお寺に散歩に行って、
つるちゃんの行きつけの蕎麦屋で、
つるちゃんの、大好きな、お蕎麦を食べる。
そう、決めた。

気分の優れない時は、無理しない。
次でいい。
でも、週1回は、行きたい。
そう、思っていた。

調子が悪くて、ずっと行かれなかった時も、
いつか、また、一緒に行かれる。
そう、信じていた。


好きな、落ち着く場所に行って、
大好物を食べる。。。

いつも、同じ、店。

淡々と、同じように。

特別なことでなく、

週に1度の、いつものこと。。。

どうか、この、なんでもない、

でも、

かけがえのない、ひと時が、

どうか、

一日でも、長く、

どうか、

どうか。。。。



[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/04 10:04】 | お寺参り① | トラックバック(0) | コメント(6) |
年表:症状の経過1(全3回)
きょうは、つるちゃんが、認知症の症状が出てから、2001年までの、経過について。


年表を作りました。
驚かれる方も、いらっしゃると思います。
あなたの、想像できない、世界の出来事かもしれません。

でも、かめこのお母さんの、つるちゃんと、その家族の話です。
つるちゃんとかめこ とその家族は、とても辛い時期を、乗り越えてきたのです。
  
【続きの表示】

[テーマ:認知症の症状例 | ジャンル:心と身体]

【2006/02/03 12:11】 | つる病状の年表 | トラックバック(0) | コメント(10) |
大器晩成?
つるちゃんが、昔、言ってくれた言葉の中で、忘れられない、言葉があります。

その言葉は、 
      
           まぁ、大器晩成って言葉もあるから。。。

かめこは、何でも奥手で、(奥手って言ったのは、つるちゃんです)
頭が悪い、っていうわけじゃないけど、
     不器用で、要領悪くて、
     何するにも、出来るようになるまで、人の何倍も、時間がかかってた。

そんな時、言ったんだ。
         
           まぁ、大器晩成って言葉もあるから。


大器晩成? かめこは、大器かぁ!
     
           いつか、なれる。。。その気でいた。
            
    (注:つるちゃんは、なれる。とは、言ってない。)

次の記事で、お話しすることになるけど、
   
つるちゃんの、アルツハイマー病の症状は、
            とても厳しくて、とても大変で、
      でも、その大変な時も、
      というか、大変な時ほど、
        
        
           自分はいつか、大器になる人だから大丈夫なんだ。
                            って、思ってた。
           だって、お母さんが、そう言ってたもん。

                (注:つるちゃんは、なれる。とは言ってない。) 
        
       でね、山を乗り越えられた時、っていうのがあって、

その時、分かりました。

           かめこは、やっぱり、大器だったんだって。
           お母さんが言ってくれたの、本当だった。

                 (注:つるちゃんは、なれる。とは言ってないんだけどね)

           かめこは、大器晩成だった!
 

つるちゃんからの贈り物のおかげで、      
かめこは、辛い時を、乗り越えることができたんだよ。

                                      だるま
                                  一番がんばってるのは、つるちゃん      
 ↓応援クリックお願いします。 
 押してね
                                      

[テーマ:子育て・教育 | ジャンル:学校・教育]

【2006/02/02 11:10】 | つるちゃんからの贈り物 | トラックバック(0) | コメント(15) |
仲、良かったの?
子どもの頃、つるちゃんと仲、良かった?って聞かれたら。
     
  そうでもない。って、答えると思う。


  ミニーとかめこ、ディジーとかめこ は、仲良しだと思うけど。。。


いつも、話すのは、かめこの方で、
つるちゃんは、静かに聞いてたって気がする。

  忙しいから、後で、というのは、なかった。
  でも、かめこばっかり、話してて、
  会話が、盛り上がらないっていうか。。。
     

  ミニーや、ディジーとは、
  向こうが話し出したことで、こっちも話したいこと、たくさんあって、
  楽しいのに。 
     


どう、思う?って、聞いても、
  そうねぇ。。。とか、
  どうかしらねぇ。。。とか、
               はっきりしない。
  手応えなくて、すっきりしなくて、
               なんかさびしかった。
それで、かめこは、わざと、
  つっかかったり、大声出したり、よくしてた。
  そんなに、大きな声出さなくても、聞こえてるわよ。
               って、言われてた。



でも、うちに、遊びに来た友達には、
なぜか、とても評判良かった。     
  いいなぁ、かめちゃんのお母さん。     
  かめちゃんのこと、信頼してるって感じ。
  うちなんか、ガミガミ・クドクドうるさいよ。

別に、かめこは、お母さんのこと、話すわけじゃないし、
つるちゃんも、こっちの会話には入ってこないんだけど、
挨拶したり、お茶出してくれたり、
  そういう時の雰囲気で、そう、思うみたい。


多分、全員言った。いいなぁ。って。   
  
  ふ~ん、よそのお母さんって、よく見えるんじゃない?




子どもの頃は、ずっと分からなくて、
母親になっても、ずっと気づかなかったんだけど、
  でも、今は、分かるよ。
  つるちゃん、かめこのこと、認めてくれてたんだよね。
  この子は、自分でちゃんと考えて、答えを出せるって。。。
  信じてくれてたんだね。
 
  
  つるちゃんの、信頼に、かめこ、応えたいなぁ。。。
   


 ↓応援クリックお願いします。 
 押してね
                                 つるのイラスト
                                   つるちゃん大好き!

[テーマ:子育て・教育 | ジャンル:学校・教育]

【2006/02/01 11:51】 | つるちゃんからの贈り物 | トラックバック(0) | コメント(6) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

01≪│2006/02│≫03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。