つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
口腔ケアは誤嚥性肺炎予防目的
水曜日。
約束通り、舌掃除グッズを持って、訪問歯科ドクターがやってきた。
このドクターは、
「口腔ケアーの指導もやってくれるドクターを」
という、かめこの条件に沿って来ていただいた人で、
通常なら歯科衛生士が行うような指導もしてくれる。


そもそも、
かめこが「口腔ケア」を重要視する理由は、
口腔ケアが、誤嚥性肺炎の予防に有効だと知ったから。
誤嚥性肺炎の予防が重要だと考える訳は、
その繰り返しが、認知症の人が亡くなる大きな原因だと考えるから。
逆に言えば、
かめこは、
認知症の人の寿命を少しでも伸ばしたかったら、
口腔ケアをおろそかにするわけには行かない、
と考えているというわけだ。




フラワー歯科ドクターは語る。カッコ内はかめこ補足です。

臭いがある、というのは、
発酵するから臭うので、細菌がたくさんあるということです。
口の中に菌がたくさんあれば、
誤嚥した時に、菌が、それだけたくさん肺に入ってしまいます。
誤嚥するのは、
 
(一般的には、口に入れたものが食道に行かず、器官から肺に入ってしまうこと)
食べ物を食べているときとは限りません。
眠っているときに、唾液を飲み込むときに起こりやすいです。

胃に直接入れる“胃ろう”の方でも、逆流で起こることがある
(口の中が清潔なら、唾液の中の菌も少なく、誤嚥しても肺炎を起こしにくい)


ですから、
(歯医者に通えないほど介護の必要な方を診る)在宅歯科医としては、
口臭があれば、
口臭をなくすためというより、口の中の菌を少なくする目的で、
舌掃除を含め、口腔ケアに、より力を入れて欲しい
のです。 


かめこ追記:
ただ、舌掃除をやりすぎて傷つけたり、
舌苔を取り過ぎないことが大切なようです。
舌苔がまったく無いと、それもよくないようです。
優しくケアし、やり過ぎないようにしましょう。



さて、舌掃除をはじめて1週間。

ドクターは、かめこの予想通り、
口臭が消えたことに驚かれた。


全然無い、ってわけじゃないですけど、
ツンとした嫌な臭いは無くなりましたね!

(今だから言えるけど、
 先週は、
「排泄物の臭いがする」なんて表現されたのよ)


そして、舌を見て。

わぁ! きれいになりましたね。
がんばってくださったんですね! 

  は、つるちゃんに向かって。


そして実際に、ドクターがガーゼで舌掃除を開始。

あっ! 横から入れると簡単だ!

  
 これは、ブログ読者へ

   そうなんです。
    「舌掃除は大変だよぉ」の記事の翌日に、
    かめこも、
    つるちゃんの歯が無い部分から指を入れると上手くいく、
    ことに気づいたんです。
    それからは、ほとんど困らずに、
    毎日10回出来ました。
    (記事では、明日から“5回”にすると話したけど)



ドクターが舌掃除をすると、
先週より、ずっときれいに見える舌だけど、
たくさん汚れが取れた。


ああ、やっぱり見た目より随分汚れてますね。
これからは、舌クリーナーを使ってください。
もう、(随分刺激に慣れていますから)、
使って大丈夫ですよ。




ドクターが持って来てくれたグッズは、以下の5種類。


舌クリーナー
  ①      ②    ③        ④     ⑤


一つずつ、丁寧に特徴を教えてくれた。
うち、両端以外の②③④をプレゼントしてくださり、
どれも使ってみて、使いやすい物を見つけるように、
とのご指導。

①を下さらない理由は、良くないわけではなくて、
スプーンを利用するのと、使い方も役割も変わらないから、
ということ。

初めは、②がお勧めだった。
素材が柄も含めしなやかなので。

でも、
汚れがひどいので、③がいいかなぁ? 
と変化。



舌クリーナーって、
真っ直ぐ使うことを前提に作られているから、
横から差し入れると、使い勝手が違うだろうとのこと。
横に動かすことは問題ないけど、
もしかすると、結局ガーゼが一番良いかも、
ともおしゃっていた。



とにかく、
スプーンを含め、
すべて試してみるので、
それぞれの特徴と、使ってみての様子を、
いずれ報告させていただきますね。



飛べます: 「口腔ケア・ドットコム」誤嚥性肺炎とは



上野不忍池 今年の蓮の開花は7月1日に1輪。
写真は7月2日。6輪ほど見つけました。
不忍池ハス開花


押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
認知症の症状の出た67歳終わり頃からの10年余のお話です。
母つるちゃんと家族との、互いの愛情を感じていただけると思います。
ご注文よろしくお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。

スポンサーサイト
【2009/07/03 15:41】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(12) |
舌掃除は大変だよぉ
つるちゃんの口が、臭わなくなった。

24日水曜日、
舌掃除を終えた訪問歯科ドクターが、

「なんだか、つるさんのお口、あまり臭わなくなりましたよね?
 (臭いに)慣れたせいかなぁ。。。?」

と言ったときには、
まさかぁって、笑っちゃったけど。


1週間後の水曜日(7月1日)にドクターが見えたら、
全然臭わなくて、きっと驚くだろう。

火曜日のヘルパーさんも、

「(口臭の原因は) きっと口じゃぁ無いですよね?」 って、            
       (何か病気があるのではないかということ)
とても心配してくれていたから、
あっさり治っていて、
びっくりするだろうなぁ。



これで、
つるちゃんの口臭の原因は舌苔過多だと、はっきりした。




それにしても、
舌掃除って、歯磨きなどの口腔ケアとは大違い。
難しいのナンノ!


ドクターが、
○○と△△をなんたらすれば、(無理なく)お口を開けてくださいますね!
って、嬉しそうに言ってたのを、
気にも留めずにいたのが悔やまれる。




【続きの表示】
【2009/06/27 16:35】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(2) |
口臭の原因と舌掃除のやり方
口臭の話です。
今回は、原因究明と対策まで。


ここ数日、急につるちゃんの口臭が、きつくなっていた。
24日(水)に、訪問歯科先生が来るので、(今は ひと月に1回)
まずは、口腔内に異常があるか診てもらい、
口臭の原因が口の中になかったら、
訪問看護師さんと内科かかかりつけ医に相談する心積もりでいた。




訪問歯科ドクターが見えた。
かめこは、この1ヶ月のつるちゃんの様子、特に婦人科受診についても伝えて、
この数日、口臭が気になることを話す。



「呼んでくだされば、直ぐに来ましたのに」 
と、フラワー歯科ドクター。

「つるさんは、もともと口臭が無い方ですから」
      (何か原因があるでしょう)
  

「はい。でも、去年の11月に食べなくなってからは、
口臭が出てきましたけど」



近くに顔を寄せて。
「ああ、確かに(かなり臭いますね)」
「食べ物が逆流するようなことはありませんか?」


「いいえ、むせることもなく、しっかり食べられています」


歯科ドクター、丁寧に診察。


「良くケアできてますね。何もないなぁ」
「歯茎がつるつるしてるでしょ?  こういうのがいいんです。
 唾液がしっかり出てるってことですし」
「寝たきりの方で、年中唇がむけてる方って、
 それは、唇だけが乾燥してるわけじゃなくて、
 口の中が乾燥してしていて、必ず痰の塊がたくさんあるんです」
           
            (他、唾液の効用をひとしきり)
            (そして、口腔ケアを、たくさん誉めてくださる)




結論として、
歯科ドクターの所見では、
つるちゃんの口臭の原因は、
見た目、舌が白すぎるので、
舌の汚れ【舌苔】(ゼッタイ)が多過ぎることによるものだろうとのこと


舌って、深い隙間に汚れが溜まりやすいんです。
  (図解しながら説明) 
そして、これまで舌の点検・ケアの指導してこなかったことを、謝られる。



歯科ドクターったら、
なんどもご自分のベロを べえ~って見せて、 


ほら、舌って、こんなに大きいんです。
歯垢なんかいくらあっても、狭い部分じゃないですか。
だから、口臭の原因は、
 (開業歯科医は「歯垢」だとか言うけど) 
舌だってことが多いです。
つるさん(の口臭)は、
(原因が)舌でなかったら、内臓とかから来るものだろうなぁ。



(かめこ、ドクターがベロを出すたびに、 
「ほんと、舌って広いですよねぇ」 と相槌)  




さて、次は、舌苔を取る方法について

この辺も、は、講習会の講師を務めているとかで、
専用グッズも、たくさんお持ちだそうだけど、 

舌クリーナー
(この画像はネットより拝借。 うち、3種を図解してくれた)


歯科ドクターお勧めは、 コレ。アイスのさじ。
  実際に自分で試してほしい、
  専用グッズと差を感じないはずだとのこと。
  どちらも水洗いして使うけど、
  惜しげなく捨てられるので、より衛生的、だとか。

アイスのさじ


【続きの表示】
【2009/06/25 12:56】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(6) |
訪問歯科の診察日
訪問歯科の先生に来てもらうのは、デイサービスの日と決めている。
だって、
デイでは昼食の後、口の中に食べ物が残らないようにはしてくれるけど、
口腔ケアまではしていないハズだから。
つるちゃんの場合、歯科先生のお仕事は、
虫歯などの治療というより、主に口腔内の検診とケアなんだ。



だいたい3週間に1回来てもらう。
その日がショートステイの日になっていたら、翌週。

つるちゃんは、自分のイスに座って、くつろいだままケアを受ける。

つるちゃんは、
先生のことを、とても気に入っているんだけど、
口の中を触られるのは、イヤ。
だから、
写真では、先生と手をつないでいる様に見えるけど、

(この手は使っちゃダメよ) って押さえているんだ。



それでも、きょうは協力的な方。
先生、盛んに、

つるさん、きょうはお優しいですね。って、声をかけ、
かめこには、

きょうは、とても穏やかで助かります。
と言ってたもん。
ちなみに、
寝てません。いつもこんな感じ。



訪問歯科の診察日



帰り際、先生が、
つるさん、また来ていいですか?
と尋ねた。

つるちゃん、無視。3度続けて。

4度目に尋ねられて、
やっと顔を上げて、先生の顔を真っ直ぐ見た。

先生が、

ああ、良かった。また来ていいんですね?
って言った。


そういえば、
これまで1度として、
つるちゃんの返事をもらえないまま、帰られたことはない。




(話は違うけど、
 イスの背にクッションを入れるのを忘れていた。
 夕食の時に気づいて入れたけど、
 パジャマに着替える時に見たら、
 背骨の出っぱっているところが、案の定赤くなっていた。
 この程度なら、朝になったら引いていると思うけど。。。。
 背中にクッションは必需品なんです)


10月2日朝 追記: 背中の赤みは消えていました。


[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/10/01 23:08】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(12) |
嚥下と発語の低下
つるちゃんのところには、
訪問歯科の先生が、3週間に1回くらい来てくれる。
口腔ケアをしながら、歯や口腔内を点検してくれるんだ。

口腔ケアとか嚥下指導といったものは、
本来ならば、別に専門職があるのだろうけど、
つるちゃんの場合は、認知症に理解のあるドクターでないと無理だったし、
本人が慣れて相手を信頼してくれないと無理だったので、
うちでは、歯科先生一人にお願いしている。



これまで、食べるものを柔らかくしたりして、つるちゃんが食べやすいようにしてきたのは、
口の中に物が残るから。
それは、
 歯が少なくて咀嚼できないから起こるもので、
それに加えて、
だんだん舌の動きも悪くなってきたようだ 
 と、歯科先生に言われていた。

ただし、歯について言えば、
奥歯がまったく無くても 
 (持っていた入れ歯は、使えなくなっていた状態)
とりのから揚げも他の硬い物も、普通の大きさで食べられていた。
噛み切る働きの歯だけでも、食事に特に影響があるとは思えなかった。
だから、
普通の物が食べにくくなって、口の中に残るようになったのは、
加えて、上の前から2本目が1本抜けてからのことだ。



このところの、
つるちゃんが食べるのが極端に遅くなったり、口の中に物を溜め込む様子は、
これまでの理由に加えて、
新たに、のどの働きが悪くなったようだ。



歯科先生が、かめこに尋ねた。

お話されていますか?
嚥下のためのリハビリ体操とかありますけど、
そういうのが出来なくても、
デイで皆さんと歌を歌ったりすることが、とてもいいんです。



つるちゃんが歌が好きだと、かめこが知ったのは、
認知症になってからのことで、
それからは、なるべく気軽に歌うようにしてきた。
かめこが歌うと、つるちゃんがついて歌い出す。
たくさん一緒に歌ってきた。

だけど、ある時から、
明らかに歌いたくない、という風になった。
歌詞を忘れて、ついて歌えないのが気になったのだろうか。。。
とにかく、折に触れてかめこが歌っても、
つるちゃんは、自分は歌わないと決めているようだった。


でも、おしゃべりはたくさんしていた。

認知症になる前より、おしゃべりになっていた。
夜中も独り言みたいにしゃべり続けたりしていた。
朝、起き抜けが一番、頭が冴えるみたいで、はっきり話す。
このブログをはじめて、
「つるちゃん名語録」が増えていくのが楽しみだった。



3ヶ月くらい前から気になっていて、
2ヶ月前には、はっきり気になっていた。


つるちゃんは、口数がとても少なくなっている。


デイとかショートとかで、
機嫌が良いときは、お仲間と話しているみたい。


でも、家では、

口数が、以前に比べて、とても少なくなった。

はい。  と答えていてくれたところも、
声に出さないで、頷くだけとか・・・・。


かめこが気になっていたことは、

言葉が出ない」 から、「声が出ない」 に、今変わってきている。



歯科先生のお話では、
これが、
食べにくくなってきたことと、かかわりがあるようなんだ。

つるちゃんは、のどを使うのが、下手になってきたようなんだ。



[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/07/25 23:55】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(9) |
歯科ドクターカー
火曜日の夕方、つるかめ家前に、でっかい車が横付けされる。

かめこが、道に出てみたら、ワンちゃんを連れた女の人が、通り過ぎ、
でも引き返して、不思議そうに車を見てる。


『ああ、これは、救急車では ありませんよ。』

女性は、「それが、知りたかった。」 という、表情。

『歯医者さんのドクターカーなんです。』
『歯医者さんが、丸ごと車の中に入ってるんですよ。』




それでは、みなさんに、ご紹介します!

つるちゃんの訪問歯科医の

フラワー歯科(仮)先生と、
            そのドクターカーです 


訪問歯科ドクターカー

実物は、もっと大きく感じます。
この車は、産製の、高規格救急車仕様。
フラワー歯科には、もう一台、ベ☆ツのドクターカーもあるんですって。



先生は、この後、
『きのう、自分で髪切ったんですけど、失敗しちゃって。』 と、
どんな風に失敗したか、丁寧に教えてくれました。


でもねぇ、せんせ、帽子ずっとかぶってるんだから、
かめこに言っても、わからないよ。



それから、きょうは、お昼を 「デ☆ーズ」で、食べた時、
お笑いの モン☆ッキを 見たそうです。
(デ☆ーズの駐車場に、ドクターカー停めてたら、目立っちゃうわねぇ。)


『その前は、ここで、坂マウスけんじにも、会ったんです。』

ふむ、 3時頃ね。
そこから、坂マウス道場が、近いのね?

坂マウスけんじサン、ぜひ、かめこもお目にかかりたいものだわ。




なんか、この紹介の仕方は、あんまりですね。
だって、とにかく面白い先生なんですもの。

あら、きょうも、もちろん、つるちゃんの歯のケア、しっかりしてくださいましたよ。
いつもながら、つるちゃんに、丁寧に話してくださいました。
(でも、きょうは、かめことたくさん話しました。)

最後に、

『歯は、大丈夫ですよ。この調子で歯磨き頑張ってくださいね。』

そう、言われて、つるちゃんは、 『はい。』  と、答えていました。
(つるちゃんが、自分でできるわけでは、ありませんが、頑張って、やらせてくれてます。)



きょうは、歯ブラシ2本・歯間ブラシ10本・ガーゼ1袋・紙コップ2個くださいました。
歯科先生から


【補足】
現実には、つるちゃんが、このドクターカーの中で治療を受けることは、まずありません。
つる家には、他の場所に訪問後の 先生の足として、使われているものです。
削るなどの通常の歯科行為は、認知症の精神症状の厳しいつるちゃんには、
全身麻酔をかけない限り、かめこも危険だと思います。


 

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/10 23:32】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(16) |
ピンクの歯科医着
火曜日の夕方には、毎週ではないが、訪問歯科の  先生が来る。


『こんにちは。』 『お変わりありませんか
先生が尋ねたら、つるちゃんは、 『はい。』 と、はっきり答えた。


『きょうは、よろしくお願いします。』 そう、先生が言うと、
つるちゃんは、会釈して、手を差し出し、先生の手を取った。


それは、まるで、この前テレビで見た、美智子皇后の握手そっくり。
先生の手を、両手で包み込む。

心を込めて、優しく握手すると、自然に こうなるのかしら




きょうは、口腔ケアのみ。

つるちゃんは、素直に協力。いつもは膝に置いた手で、時折先生の手をさする。
先生が、何度も、何度も、
 『きれいな歯ですよ。』 『歯磨き、頑張ってますね。』 
と、つるちゃんを誉めてくれた。



『ハイ。きょうは、これでおしまいです。』

すると、つるちゃんの手が、スッと伸び、
先生の歯科医着のハイネックの襟をつまんだ。



『ああ、そうなんです。』 『よく気がついてくださいましたね。』

『きょうは、
ピンクでしょう?』
うちの歯医者は、
 「フラワー歯科」 という名前なので、ピンクのイメージかなぁと思って、
本当は、いつもは、
ピンクを着てるんです。

こちらに伺う時は、いつも青でしたね。

これは、7000円もするんですけど、高いでしょう?
青が、1000円で売ってたので、7枚もまとめて買ったんです。
それで、夏場は、いつも青を着てました。
1000円は、安いですよね? 




かめこは、テーブルの向かい側で、リラックスして、二人のやり取りを見てた。
つるちゃんは、先生の話は、聞いていたけど、ちょっと困ったような顔をしてた。

かめこの思うには、

それは、
 

「ピンクは似合わないわね。」 という、顔だった。


↓ 応援クリック、お願いします。         全部先生がくださいました。
押してね                 歯科戦利品


[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/09/12 23:30】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(24) |
歯科先生の経験
きっかけは、サッカーの話だった。

『フランスチームが快進撃中だったから、大騒ぎでしたよ。
若い人は、車のクラクション、鳴らしたりして。』


ワールドカップの頃、訪問歯科の先生は、学会でフランスに居たんだって。

そこから、  「フランスの訪問歯科より、日本の方が進んでる。」
(かめこの解釈では、ハード面というより、ソフト面が。)
という話になり、


でも、日本は、
内科では、 「往診」 という制度が、昔からあったけど、
「歯科では、(訪問歯科は)、最近になって出来た。」 そうで、
それって、10年ぐらい前から。で。。。



『私が、訪問歯科を始めたのが、その10年前で、
初めは、精神病院の閉鎖病棟などにも、行ってたんです。』


治療中に、発作がおきて、
先生が持ってきた、歯科の治療道具で、自分を傷つけた人もあるんだって。


『自傷行為は、本当に怖い。』 って、言ってらした。
自宅に訪問した時、ご家族の目の前で、急に台所に走っていって、
自分の手首を切りつけたりした人も、ある。って。


かめこは、精神的な病気の人を、差別して言ってるわけではないよ。
誤解しないでね。



つるちゃんに、とても激しい暴力行為があったことは、
前にお話ししました。

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-108.html

その時、前ケアマネの満月さんが、言ったんだ。

『つるさんは、包丁持ち出して、どうのこうの。というの無いですから。』
『自傷行為がある方の場合は、どうしようもない場合があって、
在宅は、本当に、難しくなります。』



それでも、在宅で、介護している家族は居て。
それを、支える、先生みたいな人も居て。 

そう考えたら、胸が熱くなった。




先生が、前に、かめこに言ってくれた、
『大変ですね。』

http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-174.html
その 一言が、どれほど、心がこもっているか、

その時も、
 『あれ?本気で言ってる?」 って、思ったんだけど、


きのう、改めて、
本当に、つるちゃんのことを理解してくれる先生に、

また一人、巡り会えたんだ。って、

わかった。



先生は、きのうもつるちゃんに、

『とてもがんばってくださって、とても助かります。』
『ありがとうございます。』


って、何回も言ってくれてた。


    

[テーマ:歯医者 | ジャンル:心と身体]

【2006/07/12 11:44】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(20) |
キックとヘッディング
 ワールドカップ、日本の勝利を祈願し、
        開催地 ドイツに、
    つるちゃんとかめこ の頑張りを届けます


  
先週に、引き続き、虫歯治療、2戦目。
治療といっても、食べ物が詰まらないように、穴をつめるだけ。
削るのは、危なくて、無理。
きのうは、それさえも、させてくれなかったんだ。。。


素人目にも、先週と今週とでは、
断然、先週の方が、難易度高かった。
先週は、1本だけど、狭い隙間と、歯の裏の2ヶ所。
きのうは、真横を向いてるものの、バッチリ見える、1ヶ所。 

訪問歯科の 先生、
2度目からは、
 『これは、できるな。』 って つぶやき、
結局、3回トライ。
3回とも、つるちゃんの 果敢な攻め、 炸裂
払いのけようとした手を、先生に封じ込められちゃって、
両足で、キックしまくり
おまけに、ヘッディングまで飛び出した。


「頭突き」 は、かめこでさえ、初めて見た。\(◎o◎)/!
                   つるちゃん、なかなかやるじゃん。
                   かめこ、笑っちゃいました。 


それでも、
その都度、口の中に、詰め物を入れるとこまでは、行く。
でも、目指す虫歯の穴の中には、入れられないんだ。

つるちゃん流、「スーパーセーブ」
決め手は、
とにかく、頭をそらして、
先生の狙いが、定まらないようにすること



先生、かなり、がっかりしたろうな
だって、ずっと難しい治療だった先週、あんなにうまくいったから。
来週の火曜、再チャレンジだって。

ちなみに、先生は、つるちゃんに、常に丁寧で、紳士的だった。
また、かめこには、最後まで、手伝わせなかった。
プロの根性、見せていただきました。

終わって、先生、
つるちゃんに、 『嫌いにならないでください。』 って、頼んでた。
かめこには、 『大変ですね。』 って。

それでも、帰り際、
『また、来ていいですか』 って、先生が、聞いたら、
つるちゃん、 『はい。』 って、はっきり答えてた。
かめこの目から見ても、
大丈夫。先生、つるちゃんに嫌われてないよ。


そういうわけで、「訪問歯科の先生  つるちゃん」、
二戦目は、
攻守 共に優れた、つるちゃんの勝利に、終わった。

ジーコジャパンに、届け
 
                「つるちゃんパワー」


[テーマ:元気でいたい そんな「思い」を応援します | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/14 09:38】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(25) |
虫歯治療
4月28日に、歯を抜いて以来、
訪問歯科の 先生は、隔週火曜日に、つるちゃんを診に来てくれてる。
きょうは、虫歯に、詰め物をした。


つるちゃんは、 先生を、覚えてる。
歯医者さんだ、ということも分かっていて、
治療にも、できる限り、協力したいと、思ってるみたい。
でもね、思ってることと、行動が、一致できないんだ。


『口を開けてくださ~い。』 
先生に言われても、つるちゃんは、口を開けない。
意地張ってるとか、やる気無い。とかじゃないの。
気持ちは、あるんだけど、身体がついていけない。って感じ。

すると、
先生は、つるちゃんの口を、無理にではなく、開ける。

『痛くないですよぉ。』 『お上手ですねぇ。』 『ありがとうございます。』
声をかけながら、手早く処置する。

ピンセットにしても、綿にしても、
何かを口に入れる時は、
その前に、あごとかを、それで触って、
痛くないことを、つるちゃんに教えてから、入れる。


『かまないでくださ~い。痛いでぇす。』
あら、つるちゃんったら、 先生の手、かんじゃったのね。
それにしちゃぁ、間延びした言い方。
全然、痛そうじゃないわ。



仕事の出来栄えに、きょうは 先生、大満足。
『こんなにうまくいくとは、思いませんでした。』 
ですって!
いわく、

『つるさんが、口を開けていてくださるのと、
詰め物が固まる時間のタイミングが、合いました。』



そうなんだよね。そこなんだよね。

歯科の先生として、優れた技術を持ってる人が、
つるちゃんの、歯の治療を、うまく出来るとは、限らない。
大人たちの治療経験を、いくら積んでも、
つるちゃんの治療には、活かせない。

つるちゃんの歯の治療は、
つるちゃんのこと、理解してくれてる人にしか、出来ないんだ。



『頑張りましたね。』 そう、何度も言いながら、
先生は、嬉しさのあまり、両手で、つるちゃんの左手を取った。
すると、つるちゃんが、右手を、先生の手の上に載せた。

                 なんか、かめこは、お邪魔でした。。。
  

[テーマ:歯医者 | ジャンル:心と身体]

【2006/06/06 23:59】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(22) |
歯を抜かれて
きのう、(4月28日)、つるちゃんは、歯を抜かれちゃったんだよ。

これで、つるちゃんの歯は、上、前から7本。
下が、きのう前歯を抜いて、9本+奥1本に、なった。


その「歯」は、下の前歯。
去年の夏の終わり頃から、グラグラしだした。
何回か、歯医者には、行ってる。
ショートステイに居る間にも、診てもらえてるし。
歯槽膿漏で、歯が動き出したんだって。

その歯が、動いていくうちに、隣の歯と、重なっちゃって、
その部分が、大きな虫歯になっちゃったんだ。
どうやら、つるちゃんは、痛くないみたいなんだけど、
去年の暮れには、
「今にも、虫歯の部分で折れるか、抜けそう。」 という状態になっていた。



きのうは、「訪問歯科」というのに、初めて来てもらった。
やっと、「この先生なら、どうか」 という、先生が見つかって。

「虫歯は、痛まないが、動いてることで、根っこが触って、痛いと思う。
抜いてしまった方が、痛みはない。」
とのコトで、抜くことになった。 

塗り薬の麻酔をつけて、ペンチの太いヤツで抜く。
つるちゃんは3度、
 『いた~い』 っと、言った。(「叫んだ」というより、「言った」)

先生は、

『1秒で抜ける。って言ったのに、2秒かかっちゃったね。ごめんなさい。』
『本当に、良くがんばりましたね。』
『痛いこと したけど、嫌いにならないでくださいね。』

と、つるちゃんに、話しかけた。

つるちゃんは、目に涙をためたまま、
先生の、ひげ面のほっぺを、手のひらで、下から上に、優しくなでた。

それは、
つるちゃんが、眠りにつく時に、かめこの髪をなでてくれる時と、
同じ仕草だった。
つるちゃんは、とても優しい目をしていた。。。
 
                                 つるちゃんが植えました。

[テーマ:ありがとう | ジャンル:心と身体]

【2006/04/29 08:01】 | 訪問歯科医 | トラックバック(0) | コメント(22) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。