つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
発熱納め?とお礼
27日日曜日の朝、
つるちゃんは本調子ではなさそうだったけど、
寒くもなかったので、
それでもバッチリ暖かくして、
恒例の「お寺参り」を決行

いつも嬉しそうにしてくれるのに、
タクシーを降りてからも、ずっと居眠り。
家に帰るまで、ずぅっと この調子。

なんと、つるちゃんとかめこ 12年に渡る お寺参り史上 
初の 【寝たまま参り】 となってしまった。


今年最後の寺参り



翌日から、
午後になると 37度越え38度未満の熱が出る。
熱が無い午前中も、調子悪そうに テーブルに突っ伏してる。
良く晴れて暖かい日でも、散歩には出たくないって。
全然食べない とかじゃないけど、口の開け方も小さい。


訪問看護師さんは29日~4日までお休み。
もちろん、内科かかりつけ医キューピー先生もお休み。
ちょっと心細いです。




さて、この1年のご訪問ありがとうございます。

皆様には、いろいろ良くしていただきました。
教えていただいてとても助かったり、
反省材料にさせていただいたコメントも
たくさんあって、感謝しています。

また、
昨年12月に出版しました『本』に関しては、
引き続き応援いただきまして、ありがとうございました。


書籍『つるちゃんとかめこ』は、
かめこにとって3人目の娘 だと言いましたが、
ミニーとデイジーと同じように、
巣立っていってくれたようです。

この本に書かれたことは、
「かめこが書いた物で、あったこと感じたことそのまま」なんだけど、
皆様にいただいた感想のひとつひとつが、
その人の中の「つるちゃんとかめこ」になってくれているのを感じます。

「あとがき」は書かなくて正解だったなぁ。
自分で説明して、狭めたくないと思ったの。
あなたの思う(解釈する)「つるかめ」でいいと思う。
私の とても好きな あの本を、(mayumi先生のおかげです。ありがとう)
手元に置いてくださっている方は、
また 開いてみてくださいね。


サイコーに嬉しいこと、
サイコーに辛いと思ったこと、
いろいろあった2009年の終わりに、
私が届けたい思いは、
やはり あの本のままです。




押してね   この1年のご訪問ありがとうございます。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。


スポンサーサイト
【2009/12/31 00:27】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
祝!「筋肉料理人の居酒屋ごはん帖」
3月7日、ブログ仲間の筋肉料理人さんのレシピ本が発売されます。

「筋肉料理人の居酒屋ごはん帖」




筋肉料理人さんのブログ 「魚料理と簡単レシピ」 
           ↑
       本の購入もできます。



ここをクリックすれば、本の紹介記事に飛びます。


筋肉料理人さんは、家業の他に、居酒屋でアルバイトをされています。
ブログでは、魚のさばき方や料理レシピを紹介されていますが、
手順が、ご本人の手元を中心に丁寧に何枚も撮影されていて、
とても分かりやすいです。
もちろん、どれもとっても美味しそう!
 


かめこのオットさまは、真夏でも熱燗党の呑み助。
              (かめこの亡き父も)
それに、かめこ家は、魚レシピの登場が多い方だと思います。

なので、
筋肉料理人さんのブログと、そのお料理の大ファンなんです。

もちろん、お酒を飲まれない方でも、魚以外でも、
食べたい・作りたいレシピが満載!



筋肉料理人さんは、
昨年(だったと思いますが)調理師免許を取られました。
その動機の一つに、
「ブログの信頼度を高めるためにも」というのがあって、
ブログに来てくださる方のために、今後もっと充実した記事を書きたい、
というようなことを、おっしゃっておられました。



素晴らしいなぁ。
こんなに本気でブログをやっている方がいらして。


そして、
ご自分の記事の充実だけでなく、
ブログ仲間を、とても大事にしてくださっています。
1度記事を見てくだされば、
誠実なお人柄が、直ぐにお分かりいただけると思います。



こんな筋肉料理人さんのレシピ本を、よろしくお願いします。
かめこのコメントも載っているんですって!







本縦置き


さてさて、
『つるちゃんとかめこ』 の方も、
おかげ様で、好評発売中です。


きのうも、
ブログのお友達が注文してくださった本屋さんで、
お店に陳列されているとの、嬉しい報告がありました。  
おまけに、すでに売れている様子だったとか!
     
           (上の写真ではありません)

ワザワザ本屋さんに出向いてくださった皆様、
チャンスをくださってありがとうございます。

これからも、
お友達やお知り会いに、宣伝をよろしくね。




また、
たくさんの人に読んでいただくために、

図書館でのリクエストも、お願いしたいです。

皆様の行かれる図書館に、
『つるちゃんとかめこ』 を、置いていただけますように、
リクエストをかけてくださいね。


すでにリクエストしてくださった方、ありがとうございます!
「新刊本のコーナーに置かれていた」(2月なのに)
という報告もいただきました。
 




【2009/03/06 15:19】 | 本のこと | トラックバック(1) | コメント(10) |
七草と正誤表
正月七日。
いつもより、お粥をたくさん炊いて、5人で七草粥を食べた。
今年は、炊き上がったお粥に混ぜて蒸らすだけの
フリーズドライ「春の七草きざみ」
 (もしかして商品名?)とやらを買ってみた。
わりと美味しくて、つるちゃんも食べられて、良かった。 
(つるちゃんのお粥は、かるくミキサーにかけている)

     これは参考にされないでくださいね。
     つるちゃんはいわゆる「嚥下障害」がないので出来ることなのです。
     お粥をミキサーにかけると餅状に近くなって粘りが出てるので、
     一般的には(嚥下障害があると、はっきりしなくても)
     飲み込みにくく詰まりやすいのでとても危険です。

お粥も、実は自分で炊いてはいなくて、炊飯器任せ。

水曜日のきょう、
つるちゃんは、デイサービスでも、七草粥を食べてきたみたいだよ。

年末は31日から今年は4日まで、
ヘルパーさんもデイサービスもお休み。
ヘルパーさんが5日からで、
つるちゃんは、きょうが「そよ風」さんに新年初のお出かけだった。


ヘルパーさん達、そよ風のスタッフさん達、
今年もよろしくお願いしますね。




さて、以前お詫びしました、
書籍『つるちゃんとかめこ』の誤りについて、
正誤表が届きました。
ご確認をお願いいたします。



正誤表。

<16ページ文頭から文末まで14行〉

 実は、父が入院してからその朝までに、つるちゃんは、
「泥棒に入られた」
 と警察を呼んでいた。それも5日間で2回! でも、さすがに2回目はまったく相
手にされなかったようで、つるちゃんは、
「おまわりさんに、ボケばあさん呼ばわりされた」
 と怒っていた。

 かめこも実は、すでに1997年初夏、つるちゃんの様子が以前と変わったことに
気づいていた。つるちゃんが
67歳も終わりの頃の話だ。何回か続けて、待ち合わせの
時刻や場所を勘違いしている。かめこは、
(これは、単なる老化ではないのでは?)
 と感じて、娘の空子と海子にも、つるちゃんの様子を見てもらった。すると、ふた
りとも、
「お母さんの話していた通りだった。おばあちゃん、おかしいよ」



               (空子がミニーで、海子がデイジーです。)   
    

    まだ本を手にしていらっしゃらない方は、
    この続きを、ぜひお読みくださいね。




押してね ランキングに、応援クリックお願いします。

【2009/01/07 23:59】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(12) |
ラジオ番組電話生出演
きょう27日、かめこはラジオに電話で生出演した。


ラジオ福島で毎週土曜日7:00から11:50まで放送されている、

「大和田新のラジオ長屋」
8:20からの7分間の「長屋の噂」コーナーだ。 



前日朝、大和田アナウンサーさんから打ち合わせのお電話があり、
かめこがラジオで話すのは、
「東京の天気」と「本の内容」と「どうして出版しようと思ったか」とお聞きした。
それで、原稿を用意して、基本はそれに沿ってお話するようにした。

(でも棒読みになっちゃうと困るなぁ)


当日は、8時に大和田さんからお電話をいただき、
お天気の話などをして、気持ちをほぐしていただき、
本番前の段取りを伺う。


 「2分前に、また電話を入れて番組を流します。
  そのまま、お待ちください。
  元気に行きましょう!」



4分くらい前に電話のベルが鳴り、ニュースだか?が聴こえ、
それから番組が再開され、大和田さんがリスナーからの手紙を読み上げ、

それで、「長屋の噂コーナー」に突入。



さすが生放送、恐るべし!
 


時間が足りなくて、という理由ではなくて、
話そびれた部分というのがあるので、
ここでお話しさせていただきますね。

生放送をお聴きになった方は、
そうだったのね。と笑ってやってくださいませ。


赤字「 」部分は、実際には、話していません。


〈本の冒頭3行を、かめこが朗読後〉

「こういう書き出しではじまります。
“つるちゃん”というのが私の母で、
認知症の症状が出てから10年以上経ちます。
本では、
母の様子が以前とは変わったことに気づいてから、これまでの、
母の様子と母を囲む家族の暮らしぶりを、
分かりやすくまとめました。

私の家族は、夫と娘がふたり。
父は今から8年前に亡くなっていますが、
ちょうど10年前の12月に、
私たちがこの家に越して来た時には、父も元気そうでした。
本の前半では、
両親と同居したときの大変さですとか、
母の認知症の症状の厳しい様子も、淡々と書いていて、
後半部分では、
主に母と家族との心の交流を書いています。
どの場面でも、特に、その時々の私自身の気持ちと、私の想像する母の気持ちを
丁寧に書いたつもりです。」



これが、
大和田さんの要求された「本の内容」だったと思うのに、しそびれて、
最後に時間があればのつもりだったけど、8時の段階で申し出ていた、
こちらの勝手な「やりたいこと」を、

(かめこは、時間があればとは言ってないので)
叶えていただいてしまった。



大和田さんには、
お詫びをすると、感謝の気持ちが伝えられなくなってしまいそうなので、
お礼だけ、メールした。



それにしても、
これじゃぁ、かめこのラジオジャックだわ。


大和田さ~ん、
番組スタッフの皆様、
もちろん、リスナーの皆様、

とんだお耳汚しをいたしました。
ごめんなさ~い。





かめこがしたことは・・・

「つるちゃんとかめこ」
冒頭3行のみならず、
104ページと105ページ
(ブログでは、「田舎は下宿屋さん」の途中まで) 
      (本の文章は↑を推敲しています) 
ラジオで朗読させていただいちゃったんですぅぅぅ。

それで、本を買っていただくためには、
著者朗読は、
逆効果だったと思いまするぅぅ。
 



17時 追記:
大和田アナウンサーから、メールをいただきました。
「第2段を考えていますので、その時はまたお願いします」
とのことでした。

かめこ、今度はうれし泣きぃぃ。 
【2008/12/27 16:13】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
本の記述に誤りがあります
昨日、書籍「つるちゃんとかめこ」の本文の記述に、
重大な誤りがあることに気づきました。
お詫びして訂正させていただきます。



誤まった箇所
(かめこが、)つるちゃんの様子が以前と変わったことに気づいた時の
つるちゃんの年齢。  


誤 : 57歳も終わりの頃
正 : 67歳も終わりの頃


これは、書籍「つるちゃんとかめこ」16ページ。 (タイトルは「父が気づいた」)
中ほどに記載されています。


かめこの考える、
つるちゃんの認知症発症の時期なので、
事実関係として、
とても重大なポイントだと思います。
この本を読まれた方に、心からお詫び申し上げます。

そして、「つるちゃんとかめこ」を応援してくださって、
この本をお知り合いに差し上げてくださった方、
紹介してくださった方、薦めてくださった方には、
なんとお詫びしてよいか、言葉もありません。
その方の信用にもかかわることだと、申し訳なく思っております。


また、出版元の文芸社さんには、
著者しか知り得ない事実については、
特に誤まりがないように、著者が充分気をつけなくてはいけないと、
ご指導いただいていました。
(一般的な誤りならば、専門家の手により、誤りに気づいてもらえます)
文芸社さんにも、ご迷惑をおかけすることになってしまいました。




なお、この件につきまして、
出版社としての対応は、以下のとおりです。

ただ、年末の時期に入ってしまうので、
来年年明けの対応になります。


●現在の出版社在庫分について、【正誤表】 を差し入れる。
  今後、書店さんから返品されるものについても、同様にする。
  
 (返品されても、また別の書店さんからの注文によって出荷されます)
  


●現在出ている、 【アマゾン 『なか見!検索』】 を、終了する。 
 アマゾンでは、本の表紙と目次と本文の抜粋と著者プロフィールが、
 閲覧できるようになっています。
 これに、【57歳も終わりの頃】の記載ページも含まれるので、
 閲覧された方が、
 「50歳代で発症した人の例を知りたい」と思われる場合も考えられると思います。
 止めていただくように、かめこが出版社に要望しました。
 

●重版される際には、正しい記述で印刷・発行する。


かめこが本を贈呈させていただいた方へは、
後日、正誤表を送らせていただくつもりです。



皆様、本当に申し訳ございません



追記:
明日27日(土曜日)、朝8時20分より7分間、
ラジオ福島「大和田新のラジオ長屋」の
「長屋の噂」コーナーに、
かめこが、電話で生出演します。

ラジオ福島をお聴きの皆様は、
ぜひお耳をお貸しくださいませ!
【2008/12/26 07:15】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(10) |
新聞掲載報告
橋渡しをくださった方があって、
11月に福島民報さんと河北新報さんによる取材が叶った。
それが、「つるちゃんとかめこ」刊行月の今月、記事として掲載された。



【参考までに】
「福島民報」は、
発行部数30万8千。シェアは福島県内全世帯の半数近く。                      
「河北新報」は、
発行部数50万5千部。宮城県内全世帯の半分以上。東北6県。
(主要全国紙の大まかな発行部数単位万部:読売1000。朝日800。毎日400)



12月6日(土)には、
福島民報朝刊の読書欄に、本が紹介された。
著者名・書名・出版社名・価格・表紙カバー写真と簡潔な説明文。
ブログを書籍化したものだということ、
母子が会津若松市生まれであることも
記載されている。

福島民報

                       

12月7日(日)には、
河北新報
朝刊のくらし面に、
会津若松出身のかめこが、
介護体験記を出版したことが紹介された。
本の内容とかめこの話が書かれていて、
かめこが本を持って、表紙を見せている写真入り。
ブログを編集したものだということ、
ブログ常連のmyumiさんが挿絵を書いていることも
記載されている。



どちらの新聞記事も、長い短いにかかわらず、かめこには、
読者に有益な情報として掲載する、という立場が感じられて、
嬉しかった。 


河北新報
 記者さんから送られてきた掲載紙。
Dr.お茶の水博士にも電話取材がされ、送られています。



河北新報の記事は、
写真も大きくて、本の内容も具体的に紹介されていた。
本に興味を持つ人も、たくさん出てくると思うし、
本を読むまでには至らない、ほとんどの読者にも、
本の内容や、かめこが本で伝えたかった考えを知ってもらえた。
mayumiさんのお名前が出ていた事が、一番嬉しかった。




つるちゃんに、
新聞に載ったのよ。と、話したら、
あらぁ。 って言って笑った。

河北新報の、かめこの写真部分を見せようと、

これ、あたしあたし!
って、注意をひこうとしたけど、
つるちゃんは、かめこの顔ばかり見て、
にっこにこ。
ようやく、写真に目が行った様子でも、特に反応はなし。
でも、ずっと後になって、

しんぶん  って、つぶやいていたよ。

[テーマ:オススメの本の紹介 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/12/13 23:59】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(8) |
河北新報7日・つるかめキャラクターグッズ♡
まずは、12月7日日曜日の速報です。

本日7日の「河北新報」23面くらし欄に、
『つるちゃんとかめこ』と著者くろだかめこが、紹介されました。


河北新報を購読可能な方は、
ぜひご覧ください。

また、
6日(土)には、「福島民報」「読書」ページ「ふくしまの本」のコーナーに、
本が紹介されました
。 



書籍『つるちゃんとかめこ』の表紙やイラストを描いてくださったmayumiさんが、
出版のお祝いに、
【つるちゃんとかめこオリジナルコップ】 を作ってくださいました。



キャラクター入りコップ


本の表紙の 「つるかめ」キャラクターに、
ブログタイトル画のように、鶴と亀のお面をかぶらせたものです。

キャラクターの上に入れてある文字は、
             

           2008
     
     Tsuru&Kameko
      from mayumi




包みを開けて、
このコップを見たとたん、

かめこ、はじけちゃいました。


「うれしいうれしいうれしい」と言いながら、
家中をぴょんぴょん跳ねて、大踊りしながら歩き回りました。

オットさまが、それを見て、

そりゃぁ、うれしいねぇ。
と、にっこにこ。


実は、もうすでに、
ブログのお友達3人に、実物を見せびらかしてます。


が、 これは、使えませんねぇ。 って。



大事な大事な宝物です。

mayumiちゃん、どうもありがとう




さて、
本を手にして下さった、ブログのお友達から、
嬉しいコメントをたくさん頂戴しています。


買っていただいたのは、かめこの方なのに、
「ありがとう」って、言ってくださって、
まるでかめこの方が、プレゼントしたような気分です。



この1年、悩んだこと、悲しいこと、辛いこと、
誰しも何かしら、おありだったと思うけど、

クリスマス前に、
あったかな気持ちになってくださるといいな。



介護されてる方の中には、
そうそう出られない方がおられるのを知りながら、
そうでなくても、お忙しい皆様に
「本屋さんで注文してね」 と言ったこと、
申し訳ないなぁ、と思っています。
どうぞ、ご事情に合わせて、
ご都合の良い方法で、本を注文されてくださいね。



なお、本の感想は、最新記事に入れてくださってかまいません。
記事の内容へのコメントは、お気遣いなく。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。
【2008/12/06 23:59】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(24) |
ラジオ生出演決定しました!
かめこが、本の宣伝のために、
ラジオ番組生放送に電話出演することが、決まりました。



出演は、
12月27日土曜日 朝8時20分から7分間



RFCラジオ福島で、毎週土曜日放送されている、

 「大和田新(あらた)のラジオ長屋」  
「大和田新のラジオ長屋」クリックしていただければホームページに飛びます。
  
という番組内、 「長屋の噂」 のコーナーです。


この番組のパーソナリティーである、大和田アナウンサーは、
障害のある方に理解のあるアナウンサーだというお話で、
仲介してくださる方があり、
書籍『つるちゃんとかめこ』を読んでいただいたところ、
たくさんの人に読んでいただけるように、
PR活動に力を貸していただけることになったものです。




先ほど、
大和田アナウンサーから、お電話があり、


「出演は、12月27日(土)と1月3日(土)と1月10日のうち、
いつが良いでしょう?」


と、尋ねられました。


かめこは、

土曜日なら、
デイサービスの日だから
つるちゃんがいなくて、ちょうど良いわ。
3日は、デイサービスがお正月休みでつるちゃんがいるし、
早い方がいいから27日ね。)

と、頭の中で、すばやく反応。

「12月27日にお願いします」 と答えて、決定!


でもでも。。。

受話器を置いてから、落ち着いて考えてみたら、



デイのある日の朝の8時台ってぇ・・・

つるちゃんのお世話は、いったいどうするのぉぉぉぉぉ

デイのない日の方が、良かったってことぉぉぉぉぉ




すると、そこに天の助け。
まるで都合よく、
今月、嫁ぎ先の父島から、出産準備のために帰ってくる、
次女のデイジーから電話。


 予定通り10日に帰るからねー。

 デイジーちゃん、
  お母さん、ラジオに出るから、その日居てね。

(オットさまもいることだし、
これで、つるちゃんの朝食やデイのお支度は、安心だわ)




大和田さんのお話によれば、

まず、東京地方の暮れの様子を一言リポートするんですって。



前日にでも、“お寺”を取材して、
初詣の準備万端整った境内の様子などを、簡単にお話ししようかなぁ、
「ここの参道や周囲にはお蕎麦屋さんがたくさんあって、
年越し蕎麦を食べに来る方も、大勢いらっしゃるんですよ」
とか、お話しようかな、

などと、考えております。
本の中身の話にも、つなげ易いしね。



大和田アナウンサーって、
咄家さんのような、快活な雰囲気の方で、
今のところ、
かめこは緊張感なく、
楽しみな気分でいます。




それでは、

ラジオ福島を、お聴きの皆様、

27日朝8時20分には、
どうぞお耳をお貸しくださいませね。


     著者サイン本の視聴者プレゼントもございます!



12月1日。
面陳

おもて表紙が見えるように、立てかけて陳列することを、
「面陳」 と言います。


著者地元書店さん、
目立つところに置いてくださって、ありがとうございます。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:情報番組 | ジャンル:テレビ・ラジオ]

【2008/12/02 16:22】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(27) |
本、早くも平積みされました!
12月刊行の書籍 『つるちゃんとかめこ』。
一部書店さんでは、もうすでに店頭に出ています。
つるちゃんとかめこのツーショットイメージキャラクターが、
皆様にお目見えです!



仙台の金港堂さんでは、平積みが実現しました!
仙台にお住まいの皆さま、
ぜひ、金港堂まで足をお運びくださいませね。


平積み


さて、
かめこの家の最寄駅近くには、
2軒の本屋さんがあります。
そのどちらにも、置かれる予定になっているので、
本日偵察に行ってまいりました。



 A書店さんでは
すでに文芸社の本は、12月刊行分がすべて陳列されているにもかかわらず、
『つるちゃんとかめこ』は、見当たりません。
書店の棚に置かれるのと同時に、お買いあげいただいたのか、
はたまた、
予約された方のお手元に届いているのか。。。

 B書店さんでは、
届いた各社12月刊行分を、順次並べている最中でした。
はてさて、
無事、お店の“レジ前平台”や“棚”に置かれることと相成りますか。
注文分以外にも、たくさん入荷されますように。




リアル書店注文された方のお手元には、
最短10日でお届けしているようです。
20日に注文してくださった方には、
そろそろ書店さんより入荷の 電話が行くかもしれません。
どうぞ、お楽しみに

お手にされた方、お知らせくださいませね。


なお、本の巻末に
【12月20日  初版第1刷発行】 と記載されています。
これは、形だけ【かめこの誕生日】に設定したもので、
20日を待たなくては発売されない、というものではございません。
あしからず、ご了承くださいませ。




書店発売は、すでに始まっておりますが、
書店さんによっては、
棚に置かれるのが10日頃になる場合もあるようです。


また、初版が少ないので、
置かれる書店さんは少ないかと存知ます。
お買い上げくださる方は、
どうぞ、注文をお願いいたしますね。


各ネット書店さんでも、注文を受け付けていますが、
もしも、足を運んでいただけるようでしたら、
お家の近くの書店さんに、注文していただけましたらありがたいです。

皆様の注文してくださったお店に、
いつの日か、『つるちゃんとかめこ』が、たくさん置かれますように。
ご支援よろしくお願いします。




ピンクの帯を外すと・・・・
セピア色のネガ風イラストが登場。
これは、mayumiさんの発案によるものです。

mayumiさんは、子どもの頃、
家族写真のネガを写真屋さんに持っていく役割だったそうで、
【mayumiさんにとっての家族のイメージ=写真のネガ】 なのだとか。。。

愛情いっぱいのイラストを、ありがとうございました。

本の表紙です!

向かって左より、ブログ読者おなじみの、
「ハグ」・「お寺の七夕風景」・「お寺の蕎麦屋さんにて」です。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


ハグ  お寺の七夕

[テーマ:気になる本をチェック!! | ジャンル:本・雑誌]

【2008/11/29 15:55】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(42) |
仙台で2新聞取材
11月18日昼、仙台着。
晩秋の「杜の都」は、盛りを過ぎたとはいえ紅葉・黄葉の季節。
街路のいちょう並木の色鮮やかなこと!
時折目にする、もみじの赤も、東北の空気に映えて美しい。



伊達政宗騎馬像と仙台の街


翌19日の仙台は、摩訶不思議な天気。
澄んだ空の青さがまぶしいほどかと思えば、一転してみぞれ交じりの雪?
でもどうやら観測上は、仙台市内に初雪の記録はならず。



そんな中かめこは、オットさまと、
支援をしてくださる方のご紹介で新聞社を2社訪ね、
本についての取材を受けた。


福島県の「福島民報社」仙台支社さんと、
宮城県の「河北新報社」さん。



福島民報社仙台支社長さんも、河北新報社記者さんも、
すでに、『つるちゃんとかめこ』を読まれていて、
要所を質問される。


かめこは、東北との縁を説明するために、
本の裏表紙に小さいながらも入っている、
つるちゃんのふるさと、かめこの生まれた町、
福島県は会津若松の「鶴が城」のイラストを、特にお見せした。
そして話は、イラストを描いてくださったmayumiさんのことに及ぶ。



ブログが本になったことが、今とても嬉しい。
ブログでは伝えきれない物が、本では思い通りに書くことが出来た。


ブログ読者の存在と共に、
やはりmayumiさんの存在が大きい。
お父様の「介護」という場面の中で、私のブログと出会い、
そのブログが本になる時、
ただの頼まれ仕事ではない、心のこもったイラストを描いてくださった。
彼女と一緒に本を創れたことが、かめこは今、本当に嬉しい。




どちらの新聞にも、12月に入りましてから、
載せて下さることが決まっています。
掲載日が決まりましたら、お知らせしますね。

本の表紙の写真はもちろんのこと、
もしかすると、河北新報には、かめこの写真も載るかもです。



それでは、書籍『つるちゃんとかめこ』 くろだかめこ著 文芸社
書店予約注文をよろしくお願いいたします。
あなたの行かれる本屋さんに、
『つるちゃんとかめこ』が、やがてたくさん置かれますように。




「若年性アルツハイマー介護日誌」・ 「薔薇と宝塚とキラキラが好き」
「アスタ マニャーナ、また明日!」
で、
予約受付を紹介してくださっています。


『書籍「つるちゃんとかめこ」』 クリックしていただければ飛びます。
管理人のスリブリさんには、ブログ部門宣伝部長をお願いしています。

『書籍つるちゃんとかめこ本日受け付け開始!』 クリックで飛びます。
管理人のkuririnさんは、本の帯にメッセージを書いてくださっています。

「つるちゃんとかめこさんの本」 クリックで飛びます。
管理人のygraciaさんは、本の帯にメッセージを書いてくださっています。

[テーマ:新刊・予約 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/11/20 00:27】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(22) |
20日書店予約開始です
いよいよ20日に、書籍 『つるちゃんとかめこ』の書店注文が始まります。


これが、本の背表紙。
皆さんのお家の本棚に置いていただいた時に、
つるちゃんが見えるようにしました。
つるちゃん、かわいいでしょ

(おもて表紙とは、違うつるちゃんです)


背表紙です


このチビつるちゃんの履いてる靴はね。
ブログで写真をお見せした、ピンク!
かめこは、靴の色を指定しなかったのですが、
mayumiさんが気を利かせて、ピンクにしてくださったの。
感激したわ。


タイトルの文字は、
「一字一字違う色で、可愛いけど品のある書体にしてください」 
というようなかめこの注文に、デザイナーさんが応えてくださったもの。

著者名が、2行になっているのも、かわいくてすごく気に入っています。





さて、皆さんから募集したメッセージは、
kuririnさん、ygraciaさん、ゼリーさんの書いて下さったものを、
採用させていただきました。
皆様、ご応募ありがとうござました。




これは、宣伝用のチラシ。
帯に書かれた文章が、そのまま載っています。



帯のメッセージ



初版は数が少ないので、予約していただいた方が、確実かと思います。
また、
あまたある新刊本の中で、本屋さんの限られたスペースに置いていただくには、
その書店さんに、『つるちゃんとかめこ』 の存在を覚えていただくのが、
一番なのです。
「あなたが注文を入れてくださるおかげで、その本屋さんに平積みで置かれる」
                      ・・・夢ですねぇ。



それでは、

『つるちゃんとかめこ』  著者 くろだかめこ  出版社 文芸社 を、

よろしくお願いいたします。



[テーマ:新刊・予約 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/11/17 22:39】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(20) |
帯メッセージ決定しました。
本の話題は11月に、なんて言いながら、またしちゃいます。


帯に入れるメッセージを、決定いたしました


編集者さんも、そのラインナップを、
「いいですねぇ」 「いいじゃないですかぁ」と、絶賛!
(かめこは自分が誉められたような気分
原文も編集者さんに見てもらい、、
一部変えさせていただくものについては、改めて検討しました。

それにしても、どれも使わせて頂きたくて、本当に悩みました。
それで、出せなかったせめてものお詫びの印に、
帯のメッセージにご応募くださった全員の
(前記事のコメント欄にぜぃぜぃ言いながら飛び込んでくださった方を含む)
お名前を載せさせていただくことになりました。



本の表紙カバーと帯には、
mayumiさんのすてきなアイディアが盛り込まれているので、
帯に載せるメッセージも、お名前も、
デザインの一部として、一体化させる予定です。

(それは、デザイナーさんのお仕事)

といっても、意味わかりませんよねぇ。


とにかく、
この本は外も中も、
mayumiさんのイラストのおかげで、
ちょっと他にない感じに仕上がる ヨ・カ・ン

メッセージもお名前も、 内容以外にも一役買う、というわけ。


もう、かめこはうれしくってうれしくって・・・。


それから、
頂いたメッセージの一つ一つは、
文章の直しの指針にさせていただきました。
この本が、
本当に、ここに書いてくださった通りのものになるように。

そして実際、言葉を何箇所も手直したのですよ。

おかげさまで、より良いものになりました。
ありがとうございました。



応募はされなかった方の中にも、
メッセージくださった方に劣らない思いの方も、きっといられますね。
だから、皆様に、感謝なのです。



『つるちゃんとかめこ』は、12月初旬発売。
11月20日から、お近くの本屋さんで注文受付です。


それでは、次は必ず、
ご無沙汰している、つるちゃんの話をさせていただきますね。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:   
  
【2008/09/02 23:59】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(14) |
帯にご応募ありがとう!
「募集!本の帯のメッセージ」に、
たくさんのご応募いただきありがとうございました


それぞれの方のお立場で、
このブログをどんな風に読んでくださっているか、よくわかります。
本に期待してくださっているお気持ちも、伝わります。
とても励みになりました。
できることなら、全部そのまま載せたいです




それでは、応募作品をご紹介させていただきます。
なお、お友達のブログでの、出版紹介記事の中の言葉も、
候補にさせていただきました。
(ほぼ原文のまま)




おめでとうございま~す
注文します!!
発売がとても楽しみです。
私にとって「つるかめ」(勝手に省略)はとても明るく暖かな道しるべですから。
発刊のニュースはとてもうれしいです。
    みつこ



親子愛・夫婦愛・家族愛・・・色々な愛の形の結晶です!
   キバっち



真の優しさや強さに触れたとき、忘れかけていた勇気と希望が心のそこから沸き上がってくる。
つるちゃんとかめこさんの「日常」はそんな元気な気持ちにさせてくれます。
    ウルル



「人としての尊厳とは何か」をいつも考えさせてくれて教えてくれてありがとう!!
私の道標にこれからもなってくださいっ。


かめちゃんの愛情あふれる『生きる姿勢や考え方』が大好きです♪
    海空ママ



夫の介護中にかめこさんと出会いたかった。もっといい介護ができたのに…あなた、ごめんなさい。
    ベンジャミン



つるちゃんはスゴい人だ。読めば、きっとあなたもこの言葉の意味がわかるはず。
つるちゃん、かめこさん、ありがとう。
    kiyomi



自分の家族が認知症になって、辛い思いをしている方が沢山います。
つるちゃんとかめこさんのメッセージが多くの方に届きますように
    CHAN



本になることが、自分のことのように嬉しい。
認知症の介護ということだけではなく、
親子の深い絆を読むことによって、
励まされる方はたくさんいます。
    スリブリ



介護って辛いことばかりじゃないよ!
いつか親を介護するかもしれない私にもエールを送ってくれる、
母娘の愛が溢れた本です。
   yell(≧ο≦)



幼いかめこさんの手を引く、若かりし日のつるちゃん、今は小さくなったかわいいつるちゃんの手をしっかり握るかめこさん。でもいつまでもいつまでもつるちゃんの瞳は優しいお母さんなのです。。
    ygracia



この本は、この生きにくい社会を生きていくための、心のビタミン、いや、心のたんぱく質!
    アハミ



読むたびに優しさをもらいます。出会えてよかった本です
『つるちゃんとかめこ』を読むたびに介護に一番必要なのは優しさと思いやりだと気づきます。まだまだ自分の介護は、思いやりに欠ける所をもっと思いやりのある介護目指そと思いながら、よんでます。出版が待ち遠しいです。
    しろたん



もしも、あなたの大切なご家族が認知症だと言われたら?
この本は、「その時」に何が大切なのかを、優しく・温かく語りかけてくれます。
そして私も、この本に励まされ介護中です。
   kuririn


⑮(笑い)
皆さんの思いの詰まった言葉、読んでるだけで素敵だな~。
皆にそんな風に思われるつるちゃんとかめこさんです。

かめこさんはいつもつるちゃんに
「やってあげる」じゃなく
「~してもらう」です。
自分でしてもらう為のお手伝い。
これが一緒に暮らすということなんだと思います。


「天使なんかじゃない。」
介護する人もされる人も。
介護されてる人は、かわいそうな人じゃない。
私はブログの中のこの言葉で、どんなに楽になったことでしょう。


つるちゃんを家族の一員として、普通に気負いなく、特別じゃなく接するかめこさんの姿勢には、私は心から共感できるのです。   
  ゼリー



「人のやることには全て原因がある」「今あるものを最大限に生かすにはどうすれば良いか考える」「何でも楽しんじゃいましょう」介護だけに通じるものではないんです。大切にしたい言葉が、たくさん話しかけてくるこの本、人生の教科書にしたい!
    リンダ



「つるちゃんとかめこ」さんのご家族は、いつも愛と尊敬に溢れているから、だからみんなの心に感動を呼ぶのです。    
    パンドラ




本当にありがとうございました。
以上の中から、
『つるちゃんとかめこ』帯の裏部分に載せるメッセージを
選ばせていただきます。
なお、コメント欄にてお願いした以外にも、変えさせていただく場合もございますので、ご了承下さいね。


今後本についての記事は、
12月初旬の発売にむけて、11月中旬から書きたいと思います。

それまで、皆様、
口コミ宣伝、よろしくお願いします
 

『つるちゃんとかめこ』は11月20日より、書店にて注文受付です!





押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:   
  

[テーマ:紹介したい本 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/29 14:21】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(14) |
この本のブレーンたち
本の帯に入れるメッセージは、引き続き募集中です。
このふたつ下の記事のコメント欄に、ご応募ください。



ブログのお友達が、出版の紹介をしてくださっています。

みつこさんのブログ 「Yajja Time」 のトップページ

>パンドラさんのブログ 「パンドラのつぶや記」
 「つるちゃんとかめこ」さん書籍化

応援どうもありがとう



本日のお話。
なお、敬称が統一されていませんが、直さずにおきます。お許しくださいませ。


25日午後、ケアマネジャーのマウンテンさんが来てくれた。
月に1回の定期訪問。
つるちゃんの様子についての報告と、
来月のケアプラン表の確認と
その他、つるちゃんの介護サービスにかかわる話をした後で、


『つるちゃんとかめこ』のゲラ刷りを見てもらい、
本の中に出てくる、介護保険関連の用語を確認してもらった。
マウンテンさんに見てもらうのは、2回目。
参考にする書類もたくさんあるし、
編集者さんや校正者さんも、用語の確認はしてくれるけど、
原稿のその部分に一番的確な言葉を入れるのと、
自分が書いたものに自信を持つには、
の存在は欠かせなかった。


専門用語のほかに、
前ケアマネの満月さんのせりふや、
ケアマネやヘルパーさんの仕事内容に触れているような部分も、
確認してもらう。



「デイサービスの名前は、
『そよ風』だったんですけど、『春風』に替えました」

とかめこが話したら   マウンテンさんは直ぐにピンと来たようで、
「ああ、その方がいいわ。『そよ風』だと実在しているから」

そんな感じ。
本来のお仕事とは離れることなのに、
同じに熱心に考えてくれた。

そうそう、
満月さんにも連絡を取ってくれて、

「せりふは確認しなくていいです」
との満月さんのお返事を伝えてくれた。



マウンテンさんご自身は、
本の中には、まったく登場しない。

まさしく、縁の下の力持ち的な、かめこのブレーンだ。


マウンテンさん、ありがとうございます


【続きの表示】

[テーマ:福祉関連のおすすめ本 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/08/26 07:12】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(16) |
ゲラ刷り公開!
本の帯に載せるメッセージを募集しています。
ご応募は、
直ぐ下の記事のコメント欄までお願いします。



お友達のブログで、
『つるちゃんとかめこ』が出版されることを、記事にしてくださいました。


mayumi*さんのブログ  「mayumi*のココロ」 
「12月発売です!」
mayumi*さんは、この本のイラストを描いてくださっています。
(このブログのタイトル画の作者)


 momiji1021さんのブログ「ジージのKAIGO!を終えて」  
「つるちゃんとかめこ」

kiyomiさんのブログ
「ママの認知症は天からの贈り物~在宅介護と社長業のワークバランス~」

「『つるちゃんとかめこ』書籍化おめでとうございます! 」


応援、どうもありがとう



さて、12月発刊にむけて、
本作りは佳境を迎えております!


20日、いよいよゲラ(校正紙)が届きました。

本の大きさよりも、用紙自体はずっと大きくて、
使っているのもコピー用紙ですが、

使われる活字もページのレイアウトも、
出来上がりの本の体裁通りになっています。


『つるちゃんとかめこ』は、若い方にももちろん読んでほしいですが、
読者の中心となるのは、40代後半からかしら?とも思うので、
読みやすいように、文字を大きくしました。



それでは、
12月発売に先駆けて、
1ページだけ、お見せします





【続きの表示】

[テーマ:発売予定本 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/22 00:21】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(24) |
募集!本の帯のメッセージ
『つるちゃんとかめこ』 が書籍として出版されるというご報告に、
歓迎のコメントをたくさん頂きまして。ありがとうございます。
なんて幸せ者だろうと感激しております。



そしてまた、
『若年性アルツハイマー介護日誌』の管理人さんが、
宣伝部長を申し出てくださいました。 


ここに改めて、
スリブリさんを、
書籍『つるちゃんとかめこ』の
ブログ部門宣伝部長に、
任命いたします
    (偉そうでごめんなさい)

さっそく初仕事として、出版を記事で紹介してくださいました。
「つるちゃんとかめこが・・・」  です。ありがとうございます。



さて、
3ヶ月もお待たせすることになるのに、
発表しましたのは、

本の帯の作成に当たり、
皆様にも、お力添えをいただきたいからです。


帯の表には、
キャッチコピーのようなものと、mayumiさんのイラストが入ります。


それで、
帯の裏には、
ここに来てくださっている皆様のメッセージを

入れさせていただきたいのです

3人~5人の方のコメントを入れる予定です。



出版を楽しみにしていてくださる想いや、
つるちゃんへの応援メッセージというのも大歓迎!



期間は、ただいま~29日正午まで
おひとりいくつでも結構です。
およそ90字以内。
これはあくまでも目安で、数えたりせずに、ご自由に書いてくださいね。
ただし、こちらで許可なく、
短くさせていただくなど、変えさせていただく場合もございます。
また、ハンドルネームは、文字数外で必ず入れさせていただきます。



それでは、コメント欄に
よろしくお願いいたします




[テーマ:この本、オススメーっ! | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/18 13:27】 | 本のこと | トラックバック(0) | コメント(47) |
12月に本が出ます
12月に 『つるちゃんとかめこ』 が、出版されることになりました。
一般的な大きさの縦書きの本です。
予定価格:1300円+消費税



タイトル      : 『つるちゃんとかめこ』
著者        : くろだ かめこ
発行所       : 文芸社
メインイラストレイター : mayumi さん (表紙カバー絵と本の中身の絵)
挿絵 1点     :オットさま  (お寺山門にて) 
原稿を見てくれた人: 精神科医師 Dr.お茶の水博士 (全部)
同じく         : ケアマネジャー マウンテンさん (一部)
そしてもちろん    : mayumiさん 



お話の主な登場人物

つるちゃん 
かめこ(つるちゃんの娘)
オットさま(かめこの夫)
長女空子 (ブログではミニー)
次女海子 (ブログではディジー)
父 (つるちゃんの夫)
弟 (つるちゃんの長男)
精神科主治医S先生 (ブログではDr.お茶の水博士)
ケアマネジャー満月さん
訪問看護師さん
ヘルパーさん              



お話の内容 : 目次の写し

 かめこのお母さん  
 仲良かった?
 大器晩成?
1998年   父が気づいた
       病院に付き添う
       一つ屋根の下で
1999年   同居解消へ
        「死にたい」
        診断は「アルツハイマー病」
2001年   夫の存在を消した日
        一人暮らしの頃
        お寺の蕎麦屋へ1
        かめこの入院とつるちゃんの入所
2002年   つるちゃんが、いなくなった!
2003年   本当は、どうしたいの?
2004年   つるちゃんが、帰ってくる!
        たくさんの温かな眼差し
        『赤い靴』の女の子のように
        タイムトラベラー
2004年~  「おかあさん」 と呼ばれて
2005年    「しゅじんは、どこですか?」 
        「どこも、いきません!」
2006年    「すきです」
         「かめこさん」
        髪をなでながら 
        真夜中の「ありがとう」
        田舎は下宿屋さん
        「おいしい、ゆうしょくでした」
        「50さいぐらいになったの?」
        「いちばんだいじです」
        「いかないで、ください」
        おとうさんに、はなしたいこと
        「かわいい、かわいい」
2007年   「だっこしてください」
        「ひとりでえ」
         6回目の祥月命日 
         7回忌の法要
        お寺の蕎麦屋へ2
        「またいく」
        そして未来へ
2007年   つるの故郷を訪れて
2008年   つるちゃんの散歩道
        夫は今、胸の中に



ブログ記事と同じ内容で、タイトルを変えたものもあります。
ブログそのままの内容のものでも、少し直してあります。
書き下ろし部分もあります。
医学的表記につきましては、Dr.お茶の水博士のお墨付きをいただいています。
先生は本文中ではS先生ですが、「付記」にて実名を出させていただいています。
介護保険用語は、現ケアマネのマウンテンさんに見ていただきました。
ブログのお友達で、タイトル画を描いてくださった、
プロの漫画家さんのmayumiさんが、ステキな絵をたくさん描いてくださっています!



なお、12月1日に本屋さんに出ますが、
初版は少ないので、
ご近所の本屋さんには置いてないかもしれません。
本屋さんに出向いていただいて、注文していただくことになります。
私の力不足のために、
皆様にお手数をおかけすることになり、申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いします。

まずは、ご報告まで。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:発売予定本 | ジャンル:本・雑誌]

【2008/08/15 07:24】 | 本のこと | トラックバック(2) | コメント(44) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。