つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2009年度のケアプラン
2009年度 現行ケアプランについて記す前に                  

要介護5
介護保険限度額いっぱいまで利用して組むと


①  福祉用具     6点
②  認知症通所介護 週3回     (昨年2月まで週2回)
③  訪問看護     週1回1時間 (昨年度は30分)
④  訪問リハビリ   週1回1時間(実質45分)(昨年度はなし)
⑤  短期入所生活介護 2泊3日 (昨年度は3泊4日程度)

⑥  訪問介護       週3回 1時間程度(月により2~3回1時間半)
             ★内容は主に、かめこと二人での入浴介助。 
             ★通院時間は取れない。(二人介助者が必要なので)



上記合計  およそ 35830単位 (限度額目いっぱい) 
            358300円分を1割負担で利用できる。 
利用者負担額    37597円 (消費税のようなものがついた金額の1割)

可愛つるの場合   15000円までの負担ですむ。
                    (後日、高額介護費用分が戻るので)

(上記、介護保険利用サービス利用費用に、
      デイサービスとショートステイの食費などは含まれません)
      ちなみに、デイサービス 食費は1日600円。


    

つるちゃんの介護及び生活費他諸経費全額を、
本人の年金と蓄えの中から支出しています。

幸い、つるちゃんに少し蓄えがあるので、
限度額に自費負担分を追加して、サービスを利用しています。

なお、かめこ家には、つるちゃんに関する金銭面の負担はありません。




限度額目いっぱいに、
月曜日30分・火と金が3時間程度を自費で追加
            (それでも、昨年度までより少ない)



実際利用しているサービス

         午前           午後         

月曜日     なし          訪問介護 1時間半  

火曜日   ③訪問看護 1時間   訪問介護 4時間 

水曜日         ②認知症通所介護 6時間半 

木曜日         ②認知症通所介護 送迎つきで7時間くらい

金曜日   ④訪問リハビリ      訪問介護 4時間半

土曜日         ②認知症通所介護 (認知症デイサービス)

日曜日    なし


⑤毎月2泊3日 短期入所生活介護(ショートステイ)

①福祉用具貸与 6点
 車椅子・歩行器・電動ベッド・マットレス・付属品・上がりかまち用電動昇降イス 




なお、ヘルパーさんに長時間いてもらうことのメリットとしては、
 ●通院できる
 ●デイやショート以外に、かめこが出かけたり休んだりできる、他、
 ●つるちゃんの生活の場に、直に介護専門職の目と手が入ることが大きい。
      ・家族だけでは気づかないことに気づいてもらえる。
      ・具体的によりよい方法を見つけることが出来る。
      ・それぞれのヘルパーさんの長所が活かされ、
                   つるちゃんに良い影響がある。
 ●自費なので、つるちゃんの散歩・洋服のリフォームや家事などもしてもらえる。
       ことなどが挙げられると思う。



介護保険枠と自負分は、書類上は時間区分がされているが、
               実際には、トータルで換算すればいいようにしてもらえた。
保険利用と自負分を細切れに混ぜて使えるので、使い勝手がとてもよい。



★介護保険利用だけでは、見守りや その間家事をするなどが認められないので、
 例えば、本人は食後の一休みもできないことにもなってしまいます。 
スポンサーサイト
【2009/07/28 23:59】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(8) |
サービス担当者会議の焦点
7月16日に開かれた 【サービス担当者会議】
その焦点は、ショートステイ利用日数についてだったと言える。



予定された今回の検討項目は、

1.最近のつる様の心身の状態について
2.ケアプランについて 
  



1 心身の状態については
  前記事参照。
  ●各サービス担当者も、医師同様、身体的な低下が少ないとの見解。
  他には、
  ●“おりもの”対応で、看護師が定期的に洗浄を続けていること。
  ●かめこより、下肢の冷えと浮腫みが同時にある時の
             水分とカリウムの摂り方ついての相談。
  ●栄養補助のエンシュアリキッド2缶(500㌍)について、
    かめこより、
    本人の好みで、飲むとかえって食事量を落とさずにすむほど。
    家族としては、栄養の貯金のような意味合いで考えている。
    ことを説明。
  


2 ケアプランについては、  
最初にケアマネより、
●【本人と家族の思い】とそれに基づいた【ケアの方向性】について、
  ケアプラン書類に基づき説明があり、共通認識とした。


次に、
今年度は5月より 【ショートステイを2泊3日】としていることついて、

   認知症専門病院でのお泊りは1週間だったのに、どうしてなのか?
   その期間で少なくないか、大丈夫なのか
     と、心配する声が出た。




① どうして1週間だったものが 2泊3日なのかについては、  

かめこより、
 「認知症専門病院でのお泊り(介護保険は無関係)は、
         最低1週間以上という条件だった」ことを説明。

(説明し忘れたが、前ケアマネより、
  認知症の周辺症状がとても厳しい時期には、
  「家族介護は、3週間自宅に居たら1週間休むのが適切」
  と言われたことも、頭にあった)


ケアマネより、
 「ショートステイ先の担当者は、きょうは欠席ですが、
 報告を預かっています。
 食事は、1、2割しか食べられていないということです」



一同、とても驚いた様子。


かめこは、
確かに、食べられないから 2泊3日にしている。
●昼食の様子も見学したが、
 ショートステイには、特別な大変さがあると感じている
 家やデイでは食べられていても、ショートで食べられないというのも、
 仕方ない部分があると感じている。
●頼みの綱の補助食品エンシュアリキッド(内科処方)は、
    家で使っているカップを持たせることで飲めている。
●他にも、母の家での生活に合わせてくれていることがあり、
  ショートステイ先も 良くやってくれていると思う。
●これからも、気づいたこと・要望があれば、伝えていきたい。



② の短い期間で大丈夫か、ということについては、

●2泊3日にすると決めてからは、
 (不安・不満よりも、いかにリフレッシュできるかを念頭に置くので、)
 とてもリフレッシュできている。

●デイサービスが、(3月より)週2回から3回になったことが大きい。
  おかげでショートの日数を減らしてもやっていかれる。

●足りないと感じたら、その時にどうしたらいいか考えたい。


というような話をした。


食べられない起因のひとつであろう、「見学してわかった食事介助の様子」
については、話さなかった。 

その訳は、

ショートステイ利用の難しさが 何処にあるか、
地域の現実や かめこが課題だと感じることについて、
このところ地域の講座などに出たことで、見えてきたものがあるのだが
「食事介助の実態」が、そこと繋がる深い事柄なので、
簡単に口に出来ることではなかったからだ。



ただ、チームケアの要となる会議では話さないのに、
こうしてこのブログでは話すことに、疑問を感じている。
これじゃぁ、ただのグチブログかと自問している。
また逆に、ブログでどこまで話していいものかも、悩んでいる。
どうしたらいいの?




なお、可愛つる 2009年7月開催 サービス担当者会議の
構成メンバーは★10名。 会議出席者は●8名。


★●利用者本人:つるちゃん
★●家族:かめこ
★●内科かかりつけ医キューピー先生
   通院事体はケアプランに盛り込まれないが、訪問看護体制の指示者。
★●訪問介護サービス提供責任者(ヘルパー派遣会社社員)
★●訪問看護担当者
★  訪問リハビリテーション担当者。 同じ事業所の看護師が代理を兼任。
★●福祉用具貸与担当者
★●通所介護担当者(認知症専門デイサービスセンター職員)
★●ケアマネジャー(この会議の主宰者)
★ 短期生活介護担当者(ショートステイ先担当者)は欠席。

☆ 訪問歯科医は、介護保険での利用だが、
  ケアプランには盛り込まれないので、メンバーには含まれない。



さて、
その2泊3日のショートステイが、7月度は22日きょうまででした。
11時過ぎに帰宅し、
とても疲れている様子でいます。



【2009/07/22 17:02】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(10) |
デイが週3回に
つるちゃんがデイサービスに出かけるのは、
ずっと水曜日と土曜日の週2回だった。
それが、
先週からは木曜日が追加になり、週3回になった。
かめこが疲れ気味なのを自覚して、
ケアマネに願い出たものが、
思いがけず、すんなり実現したのだ。



先週の水曜日、つるちゃんはデイをお休みした。
前日の火曜日に熱を出したので、様子見のため。
            
でも、新たに決まった木曜日には行かれたので、
都合週に2日、かめこが休みをもらえた。

(ヘルパーさんのいるときにも、休めない訳ではありません)


先週の木曜日
にはね、
デイジーの妊婦検診に付き添うことができたんだ。
デイジーのお腹にいる赤ちゃんの心音を聴き、
超音波画像で、動く様子や、頭や足の長さを測るところを見て、
主治医の話を聴くことができた。
ずっと行きたくて、
でも、長い時間家を空けるのは無理だから諦めていた、
そのことが叶った。




かめこは、これまで、
つるちゃんのお世話をするために、
自分の何かを犠牲にしてきたと、思ったことは無い。

思えば、10年前に この家に引っ越して来た時には、
続けたいことがあったのを、諦めもした。
だけど、
お世話をすると決めて、やり始めてからは、
つるちゃんのために、
自分のやりたい何かをできないといったストレスを、
感じたことは無かった。


でもね、
お産を控えた娘のために、
母親としてしてあげられることが、
今の自分には少ないなぁと、
気になっていたんだ。


だから、
先週の木曜日の妊婦検診に行かれたことは、
赤ちゃんを身近に感じられたことも嬉しかったけど、
それ以上に、
母親らしいことが、やっとできた気がして、
嬉しかった。




きょうは、
つるちゃんをヘルパーさんに任せて、
赤ちゃんの沐浴指導に参加した。
そして、
つるちゃんの入浴に間に合うように、
帰ってきた。

(お風呂には、ヘルパーさんとかめこの二人で入れる)

明日の水曜日にはね、
午前中にデイジーが退院する。
つるちゃんはデイに行くから、
ちゃんと迎えに行かれる。

あさっての木曜日にはね、
デイジーの赤ちゃんのピーチちゃん(仮)が退院する。
つるちゃんはデイに行くから、
オットさまとデイジーと一緒に迎えに行かれる。


そういうことができることが、とても嬉しい。



通常は母子一緒に退院ですが、ピーチちゃんは一日ずれます。
ですが、ご心配いただくようなことではありませんので。
今のかめこの心配は、
つるちゃんが時々熱を出す(咳などはない)ことと、
どうやらつるちゃんが、ご不満の様子だということ。
お留守番が多いし、
赤ちゃんの話題が多いし。。。
赤ちゃんの話をしてると、そっぽ向いちゃうこともあるの。



n
3月2日。ピーチちゃん生後3日目。大きな指は、かめこの小指です。



押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
認知症の症状の出た67歳終わり頃からの10年余のお話です。
ご注文よろしくお願いします。 


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動くようにしてくださったのは、ニャホニャホさんです。

【2009/03/03 23:59】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(10) |
サービス担当者会議
なんの集まり?」 
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-503.html
と、つるちゃんが尋ねたのは、
「サービス担当者会議」 (カンファレンス) のこと。 


5月15日(火)の出席者は


1. 本人: 可愛つる
2. 家族: かめこ
3. 内科かかりつけ医(訪問看護師に指示も出す): キューピー先生
4. 訪問看護担当者: 数名のエンジェルさんたちの一人
5. 通所介護担当者: 認知症専門デイーサービス「そよ風さん」(仮)より
6. 訪問介護サービス提供責任者 (ヘルパー会社より)
7. 福祉用具専門相談員 (この事業所は、ヘルパー会社と同じ)
8. ケアマネージャー: マウンテンさん (この会を招集)



内容は

1.家族を含め、それぞれの担当者より、
      つるちゃんの心身の状態についての報告 
  それを踏まえて、対応について検討

2.今年度のケアプランの確認
      本人と家族の意向を確認
      スタッフの援助の方針を確認
      ケアプランの詳細を(書類にて)確認


【各担当者より報告】

かめこより
この2,3ヶ月、精神的には、とても落ち着いているが、
(徘徊などに効く薬、グラマリールは、もう飲んでいない。)
身体面の筋力の低下がみられる。
      ①下肢についての対応として、
            外での歩行練習を行っている。
      ②最近、首をたれ、頭が下がる。
 注:後日別記事に。
  
キューピー先生より  (ごく1部のみ)
診察室にて、断片的に診るだけなので、
       全体を把握できているとは思わないが、
外見上は、血圧を含め特に問題は無い。
便通も、このところ、カマ(便を柔らかくする薬)のみで順調。


「そよ風さん」より  (様子については、後日、別記事にて報告予定)
週2回7時間を過ごす。
精神的に安定している。
体重は、39キロから40キロで、変化なし。

(身長は、元は153cm位で、背中が曲がって140以下) 

訪問看護師より
週1回、30分。検温血圧などバイタルチェック。
このところ、落ち着いている。
反面、動かないことが心配。
便通もカマだけで順調。
       

訪問介護担当者より・・・省略
    
いつもの散歩にもバラが咲いてます。(5月17日)         
いつもの散歩道

【続きの表示】

[テーマ:ケアマネ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/05/21 18:26】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(12) |
家で暮したい
どこで暮したいですか?ご自宅ですか?

先週の木曜日、
つるちゃんに、ケアマネのマウンテンさんが、尋ねた。


マウンテンさんは、
ケアマネとして、本人の在宅の意向を確かめることは欠かせない。
そこにこだわりたい、と言う。

そして、
本人の意向を支えてるんだ、という思いが、
自分達サービス担当者達の意気を高めることになる、と言う。



家で暮したいか  

マウンテンさんに尋ねられたつるちゃんは、固まってた。
表情が硬くて、寄せ付けない雰囲気。
頭の中が、グルグルしてるんだろうか?
もしかして、

わざわざ聞く、ということは、どこかに行きなさい、ということ?
なんて、不安に思っちゃったかしら?

マウンテンさんは、丁寧に、いろいろ言葉を重ねるけど、
つるちゃんは、かたくなな感じ。


そこで、かめこは、

マウンテンさんはお仕事で、聞きたいんですって。
って、言ってみた。

それから、
マウンテンさんが、何度目かの質問をした。


どこで暮したいですか? 家ですか?

そしたらつるちゃんは、
とても辛そうな顔をして、
かめこを、訴えかけるような強い瞳で見つめ、
とても大きく頷いた。


つるさん、ありがとうございます。
とてもよく分かりました。
つるさんが、お家で気持ちよく暮していただけるように、
私たちも、頑張りますね。



マウンテンさんも、涙を浮かべてた。


この質問の答えが、平成19年度の「居宅サービス計画書」 に、
「本人の意向」として、反映されることになる。


庭のすずらん

【続きの表示】

[テーマ:ああ、よかった | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/05/17 11:13】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(20) |
5がほしい!
『(介護度の)点数がほしいですね。』

2月23日、
介護保険の要介護度認定の更新に必要な調査のために、家に来た訪問調査員さんは、
調査を終えて、部屋を出る時に、そう発言された。



どうやら、この言葉で、調査員さんは、言外に、
『要介護5になるように、訪問調査票の中の「特記事項」をしっかり書きますよ。』
と、かめこに伝えてくださったようだ。

つまり、訪問調査員さんは、
つるちゃんが生活していくには、いかに介護に手間がかかるか を、理解してくださり、

(下線部分は、かめこの気持ちではない。
 要介護度というのもが、介護の手間の程度でランク付けされる性質のものなのだ。)

自宅で暮すためには、
介護保険で定められている、最大限の在宅サービスが必要不可欠だ
と、判断してくださった、ということだろう。

これで、要介護5に向けては、
要介護認定の二次判定の重要資料となる、
「特記事項」が、 「主治医意見書」とともに、
戦力となってくれるはずだ。
(主治医意見書についても、内科かかりつけ医のキューピー先生が、
うちの状況をよく理解した上で、書いてくださっている様子だった。) 




【続きの表示】

[テーマ:介護保険つれづれ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/06 13:23】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(16) |
1週間と月間の流れ
認知症になった、つるちゃんが、自宅で暮すために、
つるちゃんとかめこは、大勢の人の支援を受けています。
きょうは、平成18年度の具体的な支援内容について、
ケアプランに沿って、お話したいと思います


認知症のケアプラン
【1週間の流れ】
月曜日  A 午前 2時間 ヘルパーさん訪問  B 午後 4・5時間 ヘルパーさん訪問
火曜日  午前30分 訪問看護師さん訪問   B´ 午後 4時間 ヘルパーさん訪問
      不定期ではあるが、夕方、訪問歯科先生、毎週のように訪問
水曜日  デイサービス
木曜日                           B 午後 4・5時間 ヘルパーさん 訪問
金曜日  A 午前 2時間 ヘルパーさん訪問   B 午後4・5時間 ヘルパーさん訪問
土曜日   デイサービス   
日曜日  

【補足説明】
ただし、8月について・・午前中のヘルパー派遣回数を半減。
             (介護保険利用限度額超過の為)

午前中キャンセルは、今後もあり得る。(ショートステイのところで、説明。)


デイサービス・・・9時30分~4時30分+自宅までの送迎時間。 認知症専門。一日10名。
          入浴サービス無し。徘徊時などには、個人対応してくれている。 


A 午前中訪問のヘルパーさんにしてもらうこと (他にもあると思うんだけど)
  見守り。徘徊付き添い。話し相手。(以前は、これだけで、精一杯のことが多かった。)
  シャワー室(トイレ同然なので、排泄介助の一端として)の清掃。  
  つるちゃんが失禁した衣類やシーツなどがあれば、下洗い。
   時間があれば、車椅子での外の散歩30分位

          介護保険では認められていない、「例外」(正式の手続き済み)  
   かめこと、おしゃべり。  (もちろん、書類にはできない。)

B 午後のヘルパーさんにしてもらうこと (上に同じ)  
  見守り。徘徊の付き添い。話し相手。
  車椅子での散歩1時間以上と、つるちゃんとおやつの買い物。
   介護保険では認められていない、「例外」(正式の手続き済み) 
  かめこと二人で入浴介助。
  お風呂清掃。(入浴準備と片付けとして)
  つるちゃんの洗濯物をたたむ、しまう、その他、整理整頓。
  ベッドメーキング
  トイレ誘導。失禁時に、シャワー。
  必要に応じて(排泄介助の一端として)床拭き。
  入浴後のケア。
  済んでない場合の昼食後の口腔ケア。おやつ後の口腔ケア。
  つるちゃんが失禁した衣類やシーツがあれば、下洗い。
  かめこと、おしゃべり。
(もちろん、書類にはできない。)


休む人が出た場合、ショートステイの送り出しその他の場合も、
原則として、今の5人のメンバーの中から来ます。


今、定時で来ている5人のヘルパーさん達については、
つるちゃんを任せての、かめこの外出に、全く問題を感じてません。
安心して、お任せできます。
でも、正直なところ、今のメンバーの定着までには、とても時間がかかりました。
新しいヘルパーさんが来るたびに、大変な労力で、かめこも大変でした。
でも、かめこ宅では、

『よくある、相互の相性の悪さによる、ヘルパー交代は1回も無い。』
と、前ケアマネの満月さんが言ってくれましたよ。
どなたが来てくれても、長所を出していただくようにしたかったです。


訪問看護師さん達にしてもらうこと
熱、血圧などのバイタルチェック
1週間の心身面の報告を受けて、アドバイス。など。

最初の1年間は、1時間取っていて、かめこの悩み相談の時間のようでした。
この週に1時間の時間は、とても貴重だったと思います。
前ケアマネにも、『かめこさんの精神面では、訪看さんが、一番頼りになるはず。』

 との、アドバイスを受けました。


【月間の流れ】 
ショートステイ・・・認知症専門病院 (医療保険利用のため、介護保険は、無関係)
   つるちゃんの場合は、個室料金(12000円)自費。 
   期間・・今年度は、隔月 月末から月初めまで、7泊~9泊程度。
   今回の場合は、7月26日(水)からの、8泊9日。
   次回は、9月末から10月初めまでを予定。


日数を組む基準・・・ 
    1ヶ月の介護保険利用期間を28日間までに、押さえたい。
    28日間利用でも、
    上記の【週間の流れ】のサービスプラン通りの内容を
    介護保険利用限度額(介護度5。358300円)内で、
    収めることは、現実には、無理。
    自費払いの上限を決め、
    午前中のヘルパー訪問をキャンセルすることで、調整している。
    ちなみに、自費だと、
    身体介護でヘルパーさん4時間来てもらって、1万円程度かかる。
    (介護保険利用だと1000円位。)



【他に、定期的に行っていること】
ショートステイ関連のヘルパーさんの訪問
    当日送り出し1時間と、帰宅後2時間30分。(入浴介助など)
 
内科かかりつけ医受診・・・隔月曜日午後。
    かめことヘルパーさん付き添い

         介護保険では、認められない。手続きを経ている。
精神科主治医相談・・・・・・隔月1回。かめこのみ。薬もらう。
お寺参り・・・・・・・・・・・・・・毎月1回。かめことヘルパーさん付き添い。        
                   介護保険では認められていない、「例外」(正式の手続き済み)
ミニー手伝いの為に来宅・・・・毎月1回。日曜日午後。午後のヘルパーさん+部屋の掃除他。
かめこ乳腺外来受診・・・・・毎月1回金曜日午前。ヘルパーさん留守番。

なお、ヘルパー会社とデイサービス先、共に、1ヶ所のみと契約。


ヘルパー派遣は、長時間で、回数が多く、1ヶ所では、まかないきれない
                (前ケアマネいわく)
デイサービスは、認知症専門が少ない。
                (和やか病院(仮)相談室長いわく)
ということで、1ヶ所で、というのは、意外に難しいことらしいです。
現実には、同じサービスに、複数の事業所がかかわることが多く、
利用者も、家族も大変な場合が、多いようです。
 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/08/02 17:39】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(14) |
その家の暮し方で
先週の金曜日に、ケアマネージャーの満月さんが、新しいケアマネを連れてきた。
満月さんは、この6月いっぱいで、今の事業所(民間ではなく、支援センター)を、辞める。
それで、この日は、
7月から、つるちゃんを担当する、 マウンテンさんと、契約書を交わしたのだ。


この新旧二人のケアマネに、かめこは、一つの質問をした。
前に書いた、「生きたサービス計画書」 という記事の内容についての、確認だ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-177.html 
記事に書いたことは、かめこが勝手に考えた事だからね。
書いた人に、聞くのが、一番じゃん。



在宅介護の方針って、何?

「居宅サービス計画書」 に、 「方針」 が 書いてあって、
その中に、
本人も家族もスタッフも、
 「気持ちをひとつにして」 って、書いてあるんだけど、

これって、何に、 気持ちをひとつにするの?

      利用者とその家族の 「意向」 に  そって
それとも、
      利用者が、 「安心・安全」 に暮せるように



二人とも、即答。 なんか、ムキになってるみたい。


つるさんとかめこさんの、「意向」 に、そって。 に、決まってるじゃない

「安心・安全」 なんて、みんなが わかりきってること、わざわざ、方針に入れないわよ

「安心・安全」  というのは、基本なの
各自が、やることで、
気持ちをひとつにして、やるようなことじゃないです



はぁ。。。

かめこ、少しばかり、圧倒される。
そして、たくさん、感動した。

この二人のケアマネは、
なんか、本気で、
つるちゃんとかめこの 「意向」を、実現させようとしてくれてる。


満月さんったら、
『私の、文章力が無いせいで、わかりにくいんでしょうか?』
って、しょんぼりしてました。 



そうなんだよなぁ。

今のかめこは、なんか、自信たっぷりみたいに、見えるかもしれないけど、
再在宅1年目、おととしのかめこは、
つるちゃんについては、信念持って接してたけど、
「在宅介護」が、どういうものか、なんて、わからなかったし、
自分の気持ちを、どれくらい、スタッフ達に通していいのかとかも、わからなかった。
自分の言ってることは、細かいんじゃないか。とか、気にしたりもしてた。

そんな時、ケアマネをはじめとして、
スタッフ達が、言ってくれてた。


『かめこさんの、思うようになさってください。』

『かめこさんが、つるさんの気持ちを、
一番良くわかっているんですから。』


『それぞれの、暮し方で、いいんですよ。』
 


かめこ、全部、素直に真に受けて、 

「やりたいようにやっていいんだ。」 って、
                  信じちゃってます
 

[テーマ:支える側の心構え | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/26 16:53】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(28) |
生きた計画書に
「居宅サービス計画書」 なるものがある。

(以下、全て、かめこの解釈)
家族を含めた、つるちゃんにかかわる支援全体を見据えた中での、
援助の方針や、具体的な内容を記したものだ。
この計画書に基づき、月間の介護保険利用の援助内容が決まり、
ヘルパー会社が作る、ヘルパーさんの実際の仕事内容も、決まってくる。

いわば、介護保険という制度で、
「実際のところ、つるちゃんについて、何ができるか。」 
が、書かれたものだろう。 


先に、断っておくが、
病気が進んでからの、つるちゃんの自宅での生活は、
現在の日本の介護保険を利用しただけでは、
はじめることも、維持することもできない。

これは、うちの、ケアマネ、精神科主治医、訪問看護師といった、
プロ達が、全員認めていることだ。
しかし、逆に言えば、
現在の、介護保険制度を有意義に活用できているからこそ、
今の、つるちゃんとかめこの、幸せな生活があるのだ。
この制度無しには、今の暮らしは、あり得ない。


                             
【続きの表示】

[テーマ:支える側の心構え | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/17 13:26】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(14) |
年間計画へ向けて
6月にもなって、今年度の「年間計画」
ようやく、実現の目途が立ったので、今頃になっちゃいました。
その前に、これまでの2年の「年間計画」と、実際を、振り返らせてください。



かめこが、つるちゃんとの再同居を果たしたのは、2004年4月。
ミニーとの家族介護者2人で、スタートした。
初めから、
ミニーが、つるちゃんを、かめこと一緒に介護するのは、
1年間の約束で。


再同居を決めた頃、つるちゃんの、認知症の病状は、とても厳しかった。
あれ程激しい「暴力行為」が、はじまるとは、まだ、予想してなかったが、
「睡眠障害」・「感情失禁」・「徘徊」は、どれも、厳しい状態だったので、
家族介護者二人、というのは、必要不可欠だった。


その時は、夢中でやってたから、それほど意識してなくて、
後になってから、言えることなんだけど、
実は、この1年間で、かめこが一番きつかったのは、9月。
暴力行為の激しかった、4月末ではない。

ケアマネの勧めもあり、
ミニーは、9月から、午後、アルバイトに出かけた。
「へルーパーさんの居る時間帯、休んでいるのは、もったいない。」
という、思いと、
「(家族は、かめこ一人体制となる)次年度に向けての、足がかりを作る為」 
だった。
結果として、
このアルバイトは、本人の希望とする職種への足がかりとなった。
しかし、ヘルパーさんが帰ってから、ミニーが帰るまでの2時間位、
一人で、その頃のつるちゃんを看るのは、
わずか2時間でも、きつかった。

10月から、平気だったのは、
つるちゃんの状態が良くなったからではなく、
単に、その厳しい状況に、かめこの身体が慣れたからだったろう。
もちろん、
週1回のデイサービスに、つるちゃんが慣れ始めてきたことも、
大きかったが。

ちなみに、その“きつさ”とは、
「今、この瞬間が精一杯以上だ」 という、緊張感 と
「この上、何かが起こったら、一人で対応しきれるか。」
という、不安感。 
といったものだと、自分では、分析している。



1年目、2004年4月より。
とにもかくにも、家族介護者は、2名。
午後4時間、ヘルパーさんのサービス。(日曜をのぞく)
デイサービスは、9月から、週1回。
夏と冬に、まとめて、3週間位か、それ以上休む。
(つるちゃんは「和やか病院」(仮)に医療保護入院。)
そのような、介護体制の1年間だった。

そして12月、
次年度に向けて、毎月7日のショートステイ受け入れ態勢を、
「和やか病院」に整えてもらえた。(正式名称:医療保護入院)



2年目、2005年4月より。家族介護者、かめこ一人。
つるちゃんは、夜、薬があれば寝られて、朝まで眠れるようになっていた。
ヘルパーさんは、週2回、午前2時間を追加。
当初は、朝、生ごみを出しに行くのにも、かめこ以外に一人必要な状態。
デイサービス、2月まで、週1回。3月から、週2回。
基準として、月に7日のショートステイ。
(介護保険ではなく、医療保険利用。 
日程は、ふた月を、またぐこともある。)
細かい所で、ほかにも、必要に応じたヘルパーサービスを、月の計画表に、反映させていた。
(今年度の部分で、説明します。)

この生活を、続けて行くことに、光のようなものが見えたのが、
秋に入ってから。
日常生活の中で、細切れながらも自分の時間というものが、出来たのは、
2年目の11月になっていた。。。

                     
追記:なんだか、厳しさだけ、書いてしまったけど、
それでも、いつでも、どんな瞬間も、かめこは、つるちゃんといられることが嬉しかったし、
自分では、自分の人生、楽しんでると思っていたんだけどな。

                                    6月の庭

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/08 14:06】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(1) | コメント(18) |
介護保険利用実績
今年度は、「介護保険の有効利用」に、とことんこだわってきた。
一在宅介護者として、実際に、限度額いっぱい利用することで、
「介護度5では、現実に、何が出来て、何が出来ない。」
 ということを、知りたかったからだ。 

なお、今年度の、ケアプラン作成条件は、


『認知症で、徘徊などがあり、24時間目が離せない人
(ただし、不眠なし)を、
一応健康な、娘一人(専業主婦、子どもは成人)で、看る』
 場合。 

ケアマネージャー満月さんのプラン作成における、方向性は、

『このレベルの人を無理なく看ていくには、
 3週間在宅で看たら、1週間休んでほしい。
 ディサービスは、週に2回ほしい。』

1週間のショートステイは、医療保険にて、実現。
 ただし、個室料金分自費負担。
ディサービスは、3月度より、週2回が実現した。



介護度5の場合、支給限度額は、標準で、358300円。

これは、
「一月あたり、358300円分のサービスを
         35830円の利用者負担で、受けられる。」
ということだ。
ただし、実際に利用者が支払う金額には、
消費税のようなものが、加算される。
また、所定の条件に該当する、高額利用者には、
あとで、一部返金される制度もある。
可愛つる の場合も、これに当てはまり、
利用実績によって変わるが、
今年度の場合は、毎月1万円以上戻る計算になる。



平成17年度 可愛つる 介護保険サービス利用実績 

限度額    358300円 利用者は、35830円+その1割程度負担  
 4月     362970円   
       自費負担額 4670円。 訪問看護臨時、予想以上
 5月    356640円
 6月    353580円
 7月    357210円
 8月    346120円   
       夏季につき、ショートステイを長めに取った。
       その分、ヘルパーやディサービス利用日数が減った。
 9月    358860円   自費負担額 560円 
10月    345370円    
11月    355480円
12月    354530円
 1月    336050円   
       正月2日ヘルパー休み。ショート入院日調整の為。 
 2月    354600円
 3月    357900円   
       現在サービス利用表作成プラン段階  


サービス内容の詳細については、後日、具体的に説明します。                                                              花見だんご

[テーマ:介護保険・ケアマネのこと | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/30 13:05】 | 在宅介護のケアプラン | トラックバック(0) | コメント(8) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。