つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
つるちゃんの涙
和やか病院(仮)とのお別れの日が来た。


病棟の看護主任さんの報告によると、
つるちゃんは、今回のステイ中、
最近になく、椅子から立って、テーブルの周りを歩き回っていたそうだ。




家に帰ってから、その理由が思い浮かんだ。 
行きのタクシーの中で、かめこが話したこと、 

        「今回が最後だから、皆さんに感謝してね。」


もしかすると、そのことが、プレッシャーになっていたんじゃないだろうか?
ありがとうが言えなくて、
どうしようかと、困って、歩き回っていたのではないだろうか。

考えすぎかなぁ?





病院の玄関のところで、院長先生が、つるちゃんにご挨拶。
        お元気でいて下さいね。

つるちゃん、先生をしっかり見て、ウルウルしてた。



タクシーに乗り、
20分くらいかなぁ?走ってから、
つるちゃんが、泣き出した。 めそめそ。


        ああ、寂しいのね?

つるちゃんが頷く。



つるちゃんは、
タクシーの中でも、家に帰ってからも、夕食になるまで、
時々思い出したように、めそめそしてた。


それで、かめこは話した。


        大丈夫よ。
つるちゃんの気持ちは、皆さんに伝わってるわ。








【13日朝追記】

翌朝つるちゃんは、5時前に目が覚め、
何やら言いながら、ひんひん泣いてた。

かめこが手を取ると、つるちゃんは、強く握り返す。



寂しいの と、聞くと泣き止んだ。


それから、
また泣いて、


今度ははっきり、



さみしい。 と、つぶやいた。



なお、
最後の部分に、かめこの話を書きましたが、削除しました。
スポンサーサイト

[テーマ:ありがとう | ジャンル:心と身体]

【2008/03/12 23:27】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(8) |
たぬき寝入り
きのう2月15日(金)、
つるちゃんは、ショートステイ(入院)先の「和やか病院」(仮)に行った。



その朝のつるちゃんは、いつもの朝と大違い。

普段は、かめこが声をかける 時には、もう目が覚めていて、
ぐにょぐにょ何か言ってる。

       起きてますよぉ。早く来てくださ~い。そんな感じ。


だけど、
きのうのつるちゃんは、
かめこが声をかけても、目を覚まさない。()
   

おはよう!起きるよぉ。
そう、元気に言っても、目を開けない。
       
布団を取っても、そのまま目をつむってる。
 
手を取って、
身体を起こそうとしても、頑張って寝てる。  



きょうが、どういう日だか知ってて、
起きちゃったら、お泊りに行かなくちゃいけないから、
『たぬき寝入り』 してたんだね。
なんて、いじらしいの。



その後も、
いつもなら、少しの手伝いで、ベッドに座わってくれるのに、
かめこがかなり頑張って、座らせた、って具合。


モーニングアイスミルクは、素直に飲んでくれたものの、
ベッドから、立とうとしてくれない!

仕方ないから、
手ぇ、引っ張っちゃったよぉ。


お尻にシャワーをかけ出してから後は、
協力してくれて、
朝食も、パクパク食べてくれた。

8時半に来てくれたヘルパーさんとも、普通の感じ。
タクシーにも、すんなり乗り込んでくれた。
タクシーの中では、ほとんど眠ってた。
病院に着いても、普通にしてた。


それで病棟に着いて、
かめこが帰ろうとして、


それじゃぁ、帰るからね。
しばらくお泊りしててね。
迎えに来るからね。
 と、声をかけたら、

つるちゃんは、かめことは目を合わせずに、
一瞬、くしゃ、って、がまんしますぅ、って顔をした。



(病棟で、帰りたい様子になるようなことはなくて、
 スタッフに甘えて、普通にしてるようです。)




つるちゃん、今回は、いつもよりお泊り長いんだ。

今夜は、ミッキー君とミニーちゃんが来てくれて、
すき焼き食べるの。
18日には、オットさまと船に乗って、(25時間半も!)
デイジーの暮す、小笠原父島へ。



25日には、迎えに行くからね。       
        
      

押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー 亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/02/16 18:48】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
ショートへ:涙のわけ
9月11日(火)、
つるちゃんを、入院(ショートステイの意味あい)先の和やか病院(仮)に、
送っていった。
タクシーでの所要時間は、渋滞などを見越して1時間半見る。


その車の中で、つるちゃんが泣いちゃったんだ。 


乗り込んだ時の表情は、普通かなぁ。
つるちゃんには、お泊りに行くと、話してある。

この頃のつるちゃんは、
車の中で眠っていたり、外を見てたりして、
リラックスしてるように見えたんだけど、
この日は、そういう感じではなかった。

眠っていいよ。
と、声をかけたけど、眠れない様子だった。

3分の2くらい進んだ頃、
つるちゃんは、かめこの足を擦りはじめた。
なんだか、寂しそう。
そのうち、涙があふれてきた。 

mayumi*作

お泊りに行くのが、嫌なの?
と尋ねたら、
コックリする。


そうだね。
でも、ご飯、とってもおいしいでしょう?
お仲間も居るよ。
看護婦さんたちも、みんなつるちゃんのこと好きだよ。


つるちゃんは、うつむいて、聞いてる風。
と、言う間に、

苦しそうにしだして、
これは、吐くな、って、雰囲気になった。


慌てて、運転手さんに、
車止めてください

直ぐに止めてくれて、つるちゃんを降ろさなくっちゃと、思いながら、
どうしたらいいのよぉ。
って、かめこがもたもたしちゃっていたら、
(つるちゃんの乗り降りは、
 こちらが手はず整えて、心を落ち着かせないと、難しいんです。


つるちゃんが、ゲボッ、ゲボッ。
それから、ゲボッ、ゲボッ。
またまた、ゲボッ、ゲボッ。



つるちゃんは、自分の手でゲボを受けて、
手とブラウスとパンツを汚した。
タクシーのシートには、
防水シーツを小さくしたものを敷いていたんだけど、
その中では、収まらずに、少し、タクシーの真っ白いシートに散った。
ついでに、かめこのパンツにも、散った。



かめこは、つるちゃんの服や手やシートを拭いて、
それから、つるちゃんに降りてもらって、

と言っても、座るところなんてなくて、立ってもらってたんだけど、
少し休んで、
出発した。




和やか病院に着いたとき、
つるちゃんの顔色は白かった。


かめこが伝えたのは、玄関で一人に、なのに、
会う看護師さん看護師さん、みんな、
つるちゃんがタクシーで吐いた情報は、承知していた。
挨拶より先に、

「もう、大丈夫?」 の声かけ。

かめこが、
 「吐いたんです。」
って、言うと、
そうなんですってね。 

なんて素晴らしい連携なんでしょう。


顔なじみの看護師さん達みんなに心配してもらって、
病棟に着いた時には、
つるちゃんに、笑顔が出た。

mayumi:


もう、大丈夫ね。

それから、ポカリ飲ませてもらって、
たくさん、優しい言葉かけてもらって、


かめこが、

それじゃぁ、しばらくお泊りしてね。 と言ったら、

しっかり頷いてくれた。




つるちゃんが、車で吐いたのは、初めてで、驚いちゃった。
原因は、特に思い当たらない。



あの涙のわけは、
お泊りが嫌だったわけじゃなくて、
気持ち悪かったんだね。

つるちゃん、気づいてあげられなくて、ごめんね。
つるちゃんのピンチに、助けてあげられなくて、ごめんね。

[テーマ:今日の出来事 | ジャンル:心と身体]

【2007/09/12 15:15】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
慈愛の人
慈愛が、おありになるのね。

ショートステイ先の病棟の看護師長さんが、
つるちゃんのことを、そう言ってくださった。

つるちゃんが、
師長さんの肩や腕や脚をさすってくれた、という話から。



本当に、周りがよく見えていらっしゃいますね。

そうも言ってくださった。


つるちゃんは、スタッフ達が、
いつも、自分やお仲間に、良くしてくれてる、
ということを分かってる。

お仲間のことも、
家で暮すことは難しい人たちだって、
分かっているように見える。



きょう、かめこが迎えにいった時、
つるちゃんは、隣に居たお仲間に、何度も叱られてた。
その方は、注意屋さんのようだった。

それで、つるちゃんは、
少し言い返したりもしてたけど、
冷静に対応していて、
困ったなぁ、誰か、助け舟出してくれないかなぁ。
と、スタッフを探してる様子だった。

その方が嫌だとか迷惑だとか、そういう感じではなくて、
優しく上手に対応できる人を探してるようだった。


その場面にも、
 『慈愛』 という言葉が、似合っていた。




これまで、
かめこのボキャブラリーにはなかった、その言葉。

この頃のつるちゃんにピッタリの言葉。
   


かめこのお母さんは、慈愛の人 です。



つるちゃんとかめこ
お友達の三毛猫さんが、描いてくださいました。
「慈愛の母つるちゃん」 と 「張り切りガールかめこ」 に見えない?
 


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。 

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/08/13 23:56】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(16) |
お帰りなさい
お誕生  病棟の掲示板に、
  つるちゃんの名前も出ていた。
  いつも居るわけではないのに、
  お仲間に入れてくれてるんだね。 
  スタッフの皆さん、
  お心遣い、どうもありがとう。 
  
  お泊りしてた、つるちゃんが、
  きょう帰ってきた。
  お誕生日は、もう直ぐだよ。 



お泊り先の、祝日の「和やか病院」(仮)
ご家族が、何人も見えていて、お昼ご飯の介助をしたりしてる。

つるちゃんは、自分で食べてた。
食べ終わったら、すごく眠そう。


病院を出て、
3時少し前に、タクシーで家に到着。
3時に、月曜日担当のヘルパーさんが来てくれた。
帰る日は、月曜日と決めているから、
お迎え役は、いつもかすみ草さん。

いつもだったら、ヘルパーさんの来る日は、お風呂に入るんだけど、
月曜日は、和やか病院・病棟のお風呂の日。
きょうも、つるちゃんは午前中に入浴済み。
帰ってから、ゆっくり過ごせるね。


おやつの前に、ベッドでお昼寝。
うとうとはしなかったけど、
起き上がろうとしなかったから、休みたかったようだ。

おやつを食べた後、
歩きたい様子だったので、
歩行器を使って、散歩に出た。
かすみ草さんの報告では、足もしっかり大きく出てたって。
椅子からの立ち上がりにも、問題ないみたい。
動きたくなったら、自分で立ってる。

お通じも、きのうもきょうも出たそうだ。
皮膚の様子も、悪くない。


6泊7日のお泊りだったね。


「つるちゃん、お帰りなさい。」

そう言う度に、 「はい。」 って、とってもいいお返事

そうそう、今回は、床屋さんもお願いした。
つるちゃんは、暑がりなのに、髪が多い。
すいてもらって、すっきりしたよ。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/07/16 18:25】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(16) |
報告:家でのつる
7月10日(火)から、つるちゃんは、和やか病院(仮)にお泊り中。
入院前に、つる担当医の院長 Dr.お茶の水博士に、
つるちゃんの家での様子や介護についての報告をした。


この頃のまとめになっていると思うので、
要点を、ほとんどそのまま掲載させていただきます。
茶色は、ブログ用説明部分。



・前回の(4月末から5月初め)入院中に、
 頭が垂れても、食事をしっかり食べられるようにいただいたおかげで、
 その後、家でも食事をしっかり取ることができた。

・前回の帰宅の際、タクシーの中で、母が、(ショートステイに)
 「またいく。」 と言った。
 私は、(こちらへは)、淡々と行き来できれば良いと思っていたので、
 目標以上。
 母自身の努力も大きいと思うので、 私は、母を尊敬している。
 きょう、行きのタクシーの中でも、普通の様子だった。

・おやつを買いに行くのは、続けていて、母の楽しみになっている。
・外出は、車椅子を利用している。
・歩行器利用の散歩は、300メートル弱を週に10回くらい。
 母に合う歩行器が見つかって、すり足小またが以前より改善された。

 (そうなんです!
  ケアマネにも、「以前より足が出るようになりましたね。」
  と言っていただきました。)
 (立ち上がりについては、より難しくなって座っていることが多いことを、
  報告し忘れた。)


・便通は、カマのみで、滞りなく出ている。 
 (腸に負担のかかる種類の下剤や浣腸を使わずに済んでいる)

 ショートで行き来することで、便秘になり易く困っていたので、
 良かった。
・排尿は、5月12日より、トイレで出来ることもあるようになった。

・反応が以前より良くなった。

・爪たては無い。
(3月よりグラマリールは飲んでない。)
・導眠剤は、家では未だ必要だが、ここ1週間、半量にしている。
(和やか病院では、以前から全く服用せず。)

・水虫になり、塗り薬を持参した。
・両足内側くるぶしが、横向きに寝ているため重みで赤くなり、
 じょく創と言われているので気をつけてほしい。
 
 (9日キューピー先生に、自宅での対応方法の指示受けている。)

・内科通院は、2週に1回。 訪問歯科医の訪問は、3週に1回。

・相談室長に、今年度のケアプラン表をお渡しした。
 今年度の担当者ケア会議には、内科主治医も出席していただけた。
・いいヘルパーさんが定着していて、安定した生活を送っている。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/07/12 23:30】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
また行く
病棟のホールを見渡し、つるちゃんを探す。
ここは、ショートステイ先の和やか病院(仮)。



居た
自分でパクパク食べてる。
食事にすごく集中してる。



どう?
写真がちょっとボケちゃってるけど、穏やかないい顔してるでしょ?


和やか病院にて

これは、かめこが迎えに行ったから、ではない。
初めからこんな感じで、
スタッフが通りかかると、もっとすごくいい笑顔を見せてた。



今回のステイ中は、介助なしで完食してたようだ。
きょうのお昼も、45分で全部食べられていた。
(吸い物とお茶は、後で飲ませてもらった。)
そして、食べ終えた時、
隣の人を見て、(角に座ってるので、斜めだけど)
どう?凄いでしょ!って、自慢げな顔してた。

看護師長さんのお話では、
おかずとご飯をお弁当箱に詰めたことで、
集中して食べられるようになった、とのこと。
周りの人より、うまく食べられるのが、嬉しい様子で、
ますます喜んで食べてくれてます。 とのことだった。



やっぱりね。
つるちゃんは、お仲間が居ると、食が進むようだね。
食べられると、身体がしゃんとして、頭も下がりにくいんだね。

(お弁当箱は、早速真似します。)



                                 
そして。。。
帰りのタクシーに乗ってしばらく経った頃。
つるちゃんが、初めて口にした言葉が、


また行く。

今いた病院に、また行きたい、っていうこと
って、かめこが尋ねたら、

はい。 って、答えた。

楽しかった って訊いたら、

はい。 って答えた。

わざと、

つまらなかった って、訊いたら、

つるちゃんは、少しむっとしたように、
首を横に振った。



よくぞ、これまでになってくれたものだ。
こんな日が、来るなんてね。
つるちゃん、今回は、本当に調子良かったんだね。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。

[テーマ:ああ、よかった | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/06/07 00:30】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(30) |
今、ショートです
お寺でおそばを食べた翌日から、
つるちゃんは、ショートステイ先の和やか病院(仮)に居る。
今回は、6月6日(水)まで。



出かける前に、
「きょうから、しばらくお泊りしてくださいね。」 
ってお願いしたら、
つるちゃんは、大きく首を振った。 


病院に向かう タクシーの中では、
外の景色を眺めて、嬉しそうにしたりしてた。
その日の運転手さんが、わき道ばかり選ぶ人で、
商店が近くに見えて、面白かったみたい。


車に乗るのは、好きなんだけど、
行きのタクシーで、くつろげるのって、
初めてじゃないかなぁ?



それで、
病院に着いて、入院前の診察室で、

「しばらくお泊りしてくださいね。」 って、お願いしたら、
はい。
って、答えてくれた。
嫌なのにしぶしぶとか、形だけではなくて、
落ち着いた答え方。
ちょっとビックリした。


いつものことだけど、
病院に着くと、
相談員さんとか看護師さんとかドクターとか、
一人一人が、

つるさん、お待ちしてましたよ。
と、目の高さを合わせて、声をかけてくれる。

つるちゃんは、その度に、すごく嬉しそうな顔をする。
それで、
場所が移るとか、かめこと離れるとか、
そういう不安も、少しは、和らぐんだろうな。
つるちゃんは、
気遣って優しくしてくれる、人の気持ちが分かる人だから。


mayumi*作

それにしても、
なんだか つるちゃん、
また一つ、しっかりしたみたい。 



(注:つるちゃんの場合は、意味合いはショートステイですが、
 介護保険利用のいわゆる「ショートステイ」ではなくて、
 認知症専門病院への短期「入院」です。)


[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/05/31 11:59】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(18) |
どこ行ってたんですか?
どこ、行ってたんですか?

かめこが、つるちゃんに、そう聞かれたのは、
つるちゃんがショートステイから帰ってきた日の夕方、
ヘルパーさんが帰ってから、直ぐだった。



 かめこは、ビックリして、それからドキマギしちゃった。


驚いたのは、まず、つるちゃんが、はっきり話した、ってこと。
ショートに行く前は、ベッドに入ってからは、結構しゃべったけど、
昼間は、あまり話さなかったから。

タクシーの中でも、受け答えがはっきりしていたし、
ヘルパーさんがいる間も、しっかり答えてた。




それにしても、

どこ行ってたんですか? だよ。



つるちゃんの声の調子は、すねても、恨んでもいない風で、
淡々としてたんだけど。。。

かめこは、自分だけ楽しんでたことが、すごく申し訳ない気になって、


わっ どうしよう! って思って、

とっさに、


家で留守番してました。 って 答えた。


つるちゃんは、かめこの目を真っ直ぐ見たまま、
表情を変えなかった。

でも、なんか、まだ答えの続きがあるのを、待ってる感じだった。


それで、かめこは、

つるちゃんは、ほんとに、どこに行ったか知りたいんだ、と思って、


お出かけして昼ごはんを食べたり、

お散歩してきれいなところに行ったりしました。


と、続けた。



するとつるちゃんが、


ああ、そうですか。 

って、分かりました、って感じで、答えた。


つるちゃんが、聞きたかったことは、これなんだ。


それで、かめこは、

買い物もしたし、良く休ませてもらいました。

つるさんは、病院にいてくれたんですよね?

入院と言っても、病気とかじゃないから、

心配しないでくださいね。



つるちゃんは、表情でうなづいて、

はい。   って、答えてくれた。



つるちゃんは、自分が預けられていた意味を知っていた。


それで、もう一度、


つるさん、お休みいただきました。どうもありがとう。



そしたら、つるちゃんも、また、


はい。  


って答えてくれた。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 


[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/05/02 13:16】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(20) |
一番好きな飲み物
6泊7日のショートステイを終え、つるちゃんは、家に帰ってきた。


2時45分頃、タクシーで家に着き、
3時に、月曜日担当のヘルパーの かすみ草さんが来た。


きょうのおやつは、
かめこが迎えに行く途中で買った、柏餅。
この頃のつるちゃんにちょうど良い、ミニサイズ。



柏餅だから、 お茶よね?
その前に、お水も飲んでもらいましょう。



かすみ草さんが、お水を勧めても、お茶を勧めても、
つるちゃんは飲もうとしない。



いりません


おっ! すいぶんキッパリ断ったこと! 

でも、きょうは陽射しが強いわよ。のど渇いてないのかしら?





結局、
つるちゃんは、柏餅に釣られて、水を少し飲んでくれて、
柏餅を食べてからは、お茶を1杯、ほとんど飲んでくれた。


柏餅は、お気に召した様子。
でも、なんだか、
違うのって顔してる。。。




そしたら、つるちゃんが、



 紅茶、どうたらこうたら・・・



かめことかすみ草さん、顔を見合わせ、にっこり!


 紅茶ね?紅茶がほしかったのね?
今すぐに、持ってくるわ。



かすみ草さんも、

良かったですね。紅茶、今入れてくださいますよ。




ああ、やっと分かったわ。



家では、朝食の時は、いつも紅茶で、
おやつの時だって、紅茶のことの方が多い。
和菓子でも、紅茶にしちゃうこともある。


だって、つるちゃんが、紅茶、大好きだから。




そうだよね。
病院では、紅茶、毎日は飲めないのね?

家に帰ったら、 好きなものが、飲みたいよね。





砂糖を入れた紅茶を、 (入れなくても飲める。)
つるちゃんは、ニコニコ顔で、飲んでくれた。
mayumi*作

かめこもかすみ草さんも、自然にニコニコ。



つるちゃんが、家に帰ってきた。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 
【2007/05/01 00:32】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(20) |
我慢しましょうね。
『おはようございます。』

モニャモニャしてて、はっきりは聞き取れなかったし、
つるちゃんは、そういう“いわゆる挨拶”は、言葉にしないんだけど、

かめこには、そう言ったように聞こえた。

つるちゃんは、ご機嫌にお目覚め。


きょうからお泊りだって、気がついてない。。。


この前の土曜日に買った、新しいシャツを着せた。
鮮やかな水色が、意外なほど良く似合った。
鏡を持ってきて、つるちゃんに見てもらったら、
自分でもまんざらでも無いみたい。



あら、きれいなカッコして、お出かけでもするのかしら?
つるちゃん、あれ? って、気がついた


 タクシーに乗り込む。
つるちゃんは、終始リラックスモード。

いつもは、かめこの手を握るのに、きょうは、その素振りもなし。
きのうだって、
内科かかりつけ医キューピー先生の所への行き帰りの間中、
ずっと手を握っていたのに。



・・・かめこは、なんかさびしい。



ショートステイ先へ、大通りからのポイントの左折。

運転手さんに指示したら、
つるちゃんが、かめこを見つめた。


(もう直ぐなのね?)
          でも、前みたいな、訴えるような目の光では無い。


『きょうからお泊りだって、分かってるのね?』

かめこが聞いたら、
つるちゃんは、
こくんと頷いた


           いちご


『それでは、しばらく我慢しましょうね。』

「和やか病院」(仮)診察室で、最後に、
Dr.お茶の水博士が、そう言ったら、

それまで、全く普通にしてた、つるちゃんが、


ワァ、とうとう言われちゃたぁ、って。 って、顔をして、

かめこを見つめた 
          ちょっとの瞬間だったけど、強い眼差しだった。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/04/25 08:32】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
不調だったの歯のせい?
3月19日(月)、
つるちゃんを、ショートステイ先の「和やか病院」(仮)に迎えに行った。

皆さん、お昼ご飯中。
広いホールを見渡して、かめこは、つるちゃんを探す。


そこへ、看護師長さんが近づいてきた。
なにやら、大事な話がありそうな、雰囲気。


『お電話するまでも無い、と思ったものですから。。。』

と、取り出して渡してくれたのは。。。

             てるてるちゃん

【続きの表示】
【2007/03/23 16:04】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
11月ショートへ
27日、つるちゃんを、ショートステイ先の和やか病院(仮)に、送り届けてきた。
つるちゃん、きのうは、お泊りを察して、
ちょっと、べそかきそうになった場面があったよ。

                                            mayumi*作
きのうの日曜日は、
かめこの長女の ミニーが、ひと月に1回手伝いに来る、その日で、
ステイ先に持っていく洋服を、一緒にダンボールに詰めてたんだ。

そこへ、つるちゃんがやってきて、
ダンボール箱を指差して、何か言った。

かめこが

あしたから、お泊りなの? って、言ったの?』  って聞いたら、
つるちゃんは、真剣な表情で頷く。


『そうだよ。あしたからお泊りだからね。』 って、かめこが言ったら、
ちょっとべそかいて、何とかならないか、というような、訴える目をしてた。




今朝起きた時は、とても良い表情をしてた。
顔の色艶もとても良い。

『外は、雨ですよ。』 って、かめこが言ったら、
『ああ、そうですか。』 って、ちゃんとわかりました、って感じで答えた。

大好きな紅茶が出た時には、
きょうは、なんと、
感激して涙を浮かべたような目で、かめこを見つめた

あれ?もしかして、

この朝の紅茶も、しばらく飲めないのね。 
なんて、感じたのかな?


それで、朝食が済んだとたん、
つるちゃんは、泣かないけど泣きたい、って顔して、
机をバンバンしながら歩き回った。
時々、
 『おかあしゃん、おかあしゃん。』 って言いながら。
 
タクシーに乗るまで、ずっとそうだった。


タクシーの中では、
最近にはないほど、ずっとかめこを見つめて、
両手で手をつかんで離さなかった。

かめこは、携帯で写真撮りたかったんだけど、
とてもそんなことできる雰囲気ではなかったよ。


でも、ショートステイ先の和やか病院(仮)に着き、
お泊りする、病棟に行ったら、すぐになじんでくれた。

荷物の整理が済んで、
かめこが、つるちゃんに、

『しばらく、ここでお泊りしてくださいね。』 って言ったら、

つるちゃんは、小さな声で、
 『はい。』 って、答えてくれた。


多分、きょうが、これまでで一番、かめこの滞在時間が短かったはずだよ。
とてもあっさり、引き揚げたから。
長居すると、つるちゃんが辛くなるだけなんだ。



[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/11/27 22:32】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(12) |
10月4日退院
つるちゃんが、ショートステイ先の、認知症専門「和やか病院」(仮)から、帰ってきた。

つるちゃんは、迎えに行った、かめこが声をかけたら、

『ヒー って言って、泣きそうな顔して、喜んだよ。


今回、かめこが心配してたのは、
つるちゃんが、入院前より、歩けなくなっちゃってるのではということ。


この病院の病棟は、
一般の病院とは、イメージが違う。
いつもみんながいるのは、大きい窓に面した、広~いホール。
廊下も広々ゆったりしてる。


それで、
伝い歩きが多く、足元の危ういつるちゃんは、
大たい骨骨折後の入院中を除き、今回初めて、車椅子移動になっていたのだ。



『家に帰るよ。』
車椅子を用意してくれたけど、どの位歩けるか、その場で確かめたかったので、
徒歩でエレベーターへ。
つるちゃんの歩き方は、両腕を、前から支えるかめこに、前よりもっと力がかかって、
前より一段と、足を引きずっていたけど、

タクシーの乗り降りには、同じような介助で、困らなかったし、
家に帰ってきたら、家具を伝って、なんとか、前とほぼ同じに、歩いている。
スタッフが手を取ってのトイレ誘導や、歩行練習を、充分してもらえたようだ。


違うのは、絶えず、牛みたいに口をモグモグしてることくらいか。
普通に、落ち着いている。
かめこにも オットさまにも、話しかけてくれる。(でも何言ってるか、全然わからないけど。)

とても安心した。



押してね  応援クリックお願いします!  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
 

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/10/04 19:13】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(22) |
9月お泊りへ
きのうから、つるちゃんは、ショートステイに行ってる。
ステイ先は、認知症専門の精神科の病院である、「和やか病院」(仮)。



いつものように、入院前の診察を受ける。
『ずいぶん、穏やかな顔をされてますね。 以前は、とても不安そうでしたものね。』
と、女性ドクター。

『おかげさまで、こちらにもだいぶ慣れたようです。』
そう、言いながらも、

でしょでしょ? どんなもんだい! って、

かめこの鼻が、びよよよよよ~ん、と、伸びる。  



退院時に持ち帰る薬については、この入院時の診察時に、確認する。
かめこは、グラマリールを減らすと、
つるちゃんの歯ぎしりがひどくなったり、物をぶん投げる
話をして、
量も今まで通りにと、希望した。

詳しくは、この真下の記事に ↑
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-290.html


つるちゃんは、ドクターの目を見て、神妙に話を聞いてる風。 


『それでは、病棟におあがりください。』 

ドクターが、そう、言ったとたん、
つるちゃんの目がハの字になって、しくしく泣き出した。



なんて可愛いんでしょう。

つるちゃんの、ハの字目は、周りのみんなを微笑ませる。




病棟に着いて10分後には、
つるちゃんは、お仲間達がくつろぐ、その場面に馴染んでいるように、見えた。



かめこは、安心して、その場を離れた。

(しばらくお泊りすること、必ず迎えに来ることは、病棟に着いて、すぐ話したよ。)



[テーマ:薬・医者・病院等 | ジャンル:心と身体]

【2006/09/29 07:23】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(18) |
ショートでオウト
ショートステイから帰ってきてから、しばらくの間、
つるちゃんは、なんだか、顔色が悪かった。

いつものピッカピカの顔が戻ってきたのは、きのうくらいかな。
今回は、8泊9日だったんだけど、
迎えに行った日の前日の8月2日、つるちゃんは、吐いちゃったんだって。
それで、点滴を受けたっていう、話です。


点滴ぃ
1回吐いたくらいで?


とは思ったけど、病院 (ショートステイ先は、認知症の専門病院)としては、
脱水症状をおこさないためにも、適切な処置だったんだろう。




嘔吐した原因は、 「わからない。」 って、看護師さんが、言ってた。

だけど、
この嘔吐と、つるちゃんが、帰ってきても、1週間顔色が悪かったのとは、
関係あるんじゃないかな?

つまり、
つるちゃんは、機嫌よくしゃべりしてたような時も、
体調的には、本調子では、なかったようだ。
食事量は、帰ってきて、2か目までは、ご飯残してた。

それで、今は、
食事も普通に食べられるし、顔色も、申し分ないんだけど、歯ぎしりを、するようになった。
(歯ぎしりしてる間は、顔色だって悪い。)
なかなか、全部が調子いい。というわけには、いかないね。



↓ 応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:病気と付き合いながらの生活 | ジャンル:心と身体]

【2006/08/12 23:45】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(14) |
ご対面
20060803125120
つるちやんのショ-トステイ先の、和やか病院(仮)に着いたよ。かめこ達は、おにぎりを食べました。つるちやん見っけ!お昼ごはん食べ終わってた。今日は、カニクリームコロッケだ。つるちやんは、かめこが声かけたら、泣いた。いくらでも泣けるみたい。
【2006/08/03 12:51】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(14) |
お迎えに行くよ
20060803101214
今から、ショートステイ先まで、つるちやんを迎えに行くよ。お迎えは、いつも、オツトさまも一緒だよ。バス-電車-電車-電車-バスの順番で、乗って行きます。それでは、行ってきま~す。
【2006/08/03 10:12】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(10) |
7月お泊りへ
ショートステイに行く朝、
つるちゃんは、また、言葉が出なかった。
特に機嫌が悪そうには、見えないけど、
緊張してるのかなぁ?

それで、
タクシーに乗ってから、つるちゃんに尋ねてみた。

『きょう、お泊りだって、朝、起きた時から、わかってたの?』

つるちゃんは、静かに首を振る。

ふ~ん、無意識に、感じてたのかぁ。


この後すぐ、つるちゃんは、居眠り。

つるちゃんはネンネ


タクシーの中では、よく寝てた。起きてた時間より、長いくらい。
目が覚めると、かめこの手を、触りまくる。

目が覚めた時


こうして、
つるちゃん、ショートステイ先に、無事到着。

眠れたってことは、リラックスしてたんだよね。



↓ お泊りのつるちゃんにも、応援クリック、お願いします。
押してね


皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:
【2006/07/26 23:59】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(8) |
6月5日お迎え
つるちゃんを、ショートステイ先の、「和やか病院」(仮)に、迎えに行った。

オットさまとかめこが着いた時、つるちゃんは、お昼ご飯の最中。
きょうは、パッと見、症状が、軽い人たち7人と、同じテーブルで、食べている。
食べ終わるまで、後ろから、そっと見てましょう。


他の皆さんは、もう食べ終わってるんだけど、
つるちゃんだけ、まだまだ終わる気配がない。
でも、遊びながらとかではなく、しっかり食べ続けてる。

と、つるちゃん、隣の人に、笑顔で、何か言った
                 
                 かめこ、\(◎o◎)/!

しばらくすると、一人が、急須を片付けようとして、持って、歩き出した。

すると、なんと、つるちゃんが、その人を、呼び止めた
                 
                 かめこ、激しく、\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

だって、その人の声、
                 『ごめんなさいね。もう、お茶、入ってないのよ。』
                 それは、状況から、察したとおりの、答えだった。

つまり、つるちゃんが、その人に、
 『あたしに、お茶頂戴。』  って、アピールしたんだね


前回のお迎えの時も、お仲間と談笑してて、驚いたんだけど、
今回も、またまた、嬉しい、驚きだった。

つるちゃん、ホントに、随分慣れたんだね。
これなら、お母さん居なくても、お泊りするの、辛くないね。




ショートの間の、様子を教えてくれた、看護師さんの、最初の言葉は、
                    
『寂しかったです。』

つるちゃん、落ち着いていて、夜も、眠れたんだって。

わかるなぁ。「寂しいかった。」って言うの。
少し前まで、すごく、大変だったんだよね。
夜中まで、歩き回ってたし。。。

                                  かめこの休日:表参道ヒルズ

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/05 23:48】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(24) |
無事、ショートへ
つるちゃんは、きのうから、ショートステイに行ってる。
いつもの、痴呆症専門療養病院 「和やか病院(仮)」へ。 

出かける朝は、いつも、8時35分に、ヘルパーさんが来る。
予約のタクシーが9時30分に来るから、
つるちゃんを、席に乗り込ませるところまでの1時間、居てくれるんだ。


きのうも、つるちゃんが、まだ、ヨーグルトを食べてる間に、かすみ草さんが、やってきた。
頭の良い、つるちゃんは、ピンときたね


「やっぱり、きょう、お泊りだったんだぁ

でも、大好きな、特製ヨーグルトは、機嫌よく食べておこう。
きょうは、メロンまで、入ってるし。 ムフッ!

サァ、歯磨きになったら、大抵抗
そうやすやすと、おかあさんのペースには、させられないよ。
つるには、つるの、想いってヤツが、あるんだからね

ああ、もう  タクシーに乗るのね。
しょうがないなぁ。乗ってやるか。

。。。なんだか、前までと、違う感じ。

外の緑、気持ちいい。
ふぅん、いつも、  こんなトコ 通ってたのか。。。
あれ?おかあさん、寝ちゃってるよ。
心配ない。ってことね。
それじゃ、つるも、一眠り。。。。 



『ここ曲がるんですよね。』
運転手さんの、声だ。
もう直ぐなんだね。

やっぱり、ここだ。
いつも来るよ。
やっぱり、嬉しいわけないさ。
おかあさんと離れるんでしょ?
 
          つる、眉間にしわ寄せて、不安げに歩き回る。

『つるさん、お久しぶり。お元気でしたか?』
ああ、あの看護婦(師)さんたちだ。
お出迎え担当だね。(1階に勤務。)
知ってる人ばっかりだ。 

           つる、ちょっと、顔がほころぶ。
           叫び声上げながら、出入り口に、突進してた頃が、うそみたい。



つるちゃんの病棟にて。。。

かめこは、いつも誰かしらに声をかけられて、話し込む。
話、聞いて、差しさわりのないものは、相手の話に合わせて、適当に、相槌を打つ。
きょうのお相手は、すてきなレースの襟のついた、ポロシャツを着てる。

『すてきな、お召し物ね。』 『とてもお似合いよ。』
『あら、そう?そうかしら。』
その方に、何度も、 『お姉さん?』 と、聞かれた。
ここでは、かめこは、皆さんから、つるちゃんのお母さんだと思われてきたんだけど。
「お姉さん説」初めて、浮上。


つるちゃんは、イスに座ったまま、二人のやり取りを、聞いている。
その女性の、ズボンを、そおっとなでながら。。。 

ずっと触られてるのに、
その方は、ちっとも、イヤでは、ないみたい。

お初にお目にかかる方でした。
また、一人、つるちゃんと気の合う方が、仲間入り。

和やか病院さん、うちのつるちゃんを、よろしくお願いね
     
【2006/05/30 12:02】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(15) |
お泊り1週間前
つるちゃんは、時々、お母さんと離れて、お泊りに行く。
いわゆる、「ショートステイ」 だ。
その、ショートステイの1週間前になると、
つるちゃんは、決まって、機嫌が、悪くなる。
ならなかったのは、前回のショートの前だけくらい。。。

ショートの日程を、予め、つるちゃんに、教えたことはない。
当日、タクシーに乗る時になって、話す。
そして、
その時までは、つるちゃんの生活が、なるべく普段どおりになるように、かめこは、心がける。
それでも、1週間前になると、なぜか、つるちゃんは、機嫌が悪くなる。
次のショートまでの間隔だって、いつも違うのに、
どうして、もう直ぐだって、わかるんだろう。。。


11日の火曜日の朝、つるちゃんは、とても機嫌が悪かった。
ベットから、立ち上がるのを、ひどく嫌がった。
そして、かめこの腕を、力任せに、つかんだ。
歯ぎしりも、ひどかった。

次の「お泊り」 が、18日の火曜日から、だから 

【続きの表示】

[テーマ:つぶやき | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/04/14 23:04】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(23) |
帰りのタクシーは、ブルー
つるちゃんが、
7泊8日のショートステイから、ようやく、帰ってきた。

                                         
今回は、看護師長さんから、
「後半は、夜、寝られた」 という、報告を受けた。
画期的な出来事だ。 
「眠れた」 という報告は、初めてなんだ。

 
でも、迎えに行った時、
つるちゃんは、なんだか、調子が悪そうだった。
覇気がなくて、表情が、良くない。
なんだか、ホントの病人みたい。。。

タクシーの中でも、
前回、2月4日の帰りの様子とは、全く違っていた。
もちろん、それまでとも。。。


タクシーに乗り込んで、最初の30分位、
身体は、右に傾いて、顔は、ずっと、右下を、向いていた。
これは、もともとは、調子の悪い時の、椅子や車椅子の座り方。
この頃は、いつもこうだけど、もっと軽い。
そして、首を左右に振り続けてた。
これは、以前、眠い時か不安な時に、よくしてたこと。
今は、ほとんどしないことだ。

時々、顔を上げて、かめこの顔を見る。
「居るんだ」 という事を、確認してるみたい。
その度に、かめこと、目が合う。
その目に、なんか、力がない。。。


たまにだけど、
しっかり顔を上げて、外を見出したのは、1時間くらい経ってから。
横断歩道を、人がたくさん歩くのを見て、
おかしそうに、少し笑って、かめこの顔を振り向く。

時々、かめこの手をさすったり、
『そばに来て。』 という風なことを、言ったりもする。

つるちゃんの、良く知ってる バス通りを進む。
○○高校の前よ。』
かめこが、教えると、大きくうなずいた。 
反応が、しっかりしている。
ようやく、少し、いつもの、つるちゃんらしくなってきたかな?




まぁ、こんな、時もあるさ。。。
              (単純に、そう、思ってるわけでもないんだけど。。。)

でも、
つるちゃんとの ドライブ気分、楽しみにしてたのに。
運転手さんの趣味、読み上げるのも、聞きたかったな。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-75.html
    
                               

[テーマ:不安定な心 | ジャンル:心と身体]

【2006/03/23 10:49】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(17) |
趣味は、カタカナのにして
きょうは、つるちゃんが、ショートステイから、帰ってくる日だ。

つるちゃんは、帰りは、いつも、ドライブ気分。
行きとは、大違いだ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-68.html 


いつも、1時15分頃、
タクシーに乗り込む。隣に、かめこ。

最初の5分位は、ちょっと緊張気味。

うちに、帰るんだよ。』
タクシーに、たくさん乗って、帰るからね。』

かめこが、しょっちゅう、声をかける。
その度、
「分かってる。」 という風に、つるちゃんは、大きくうなずく。

程なくして、
家にいる時と、大して変わらない、普通の表情になる。
それからのつるちゃんは、
すっかり、ドライブ気分になる。
窓から、街の様子を、キョロキョロ眺めようとする。
でも、背骨がすごく出っ張っていて座高が低いし、視野が狭いみたいだし、
ずっと、外を眺めてることは、難しいんだ。


そこで、つるちゃんは、
タクシーの中に目を向ける。


 ごるふ・ すきー・ どらいぶ。』 
唐突に、 つるちゃんが、声を出す。

それは、
 「運転手さんの趣味」

「和やか病院」から、呼ぶタクシーには、いつも、
運転手さんの自己紹介が書いてある紙を、張り出してあるんだ。
ちょうど、つるちゃんが座る、まん前にあって、
つるちゃんの目に、飛び込んでくるみたい。


こうして、
「和やか病院」(仮)のショートステイからの帰り道、
つるちゃんは、何回も、
その時の運転手さんの趣味を読み上げる。
二度目からは、「知ってる言葉」 って感じで、嬉しそう!

運転手さんの背中が、照れている。。。



ところが、前回の時は、
つるちゃんが、何にも言わなかった。

それで、
かめこは、運転手さんに、お願いしたくなっちゃった。


『これから、趣味は、カタカナのに、してください。』


その日の、運転手さんの趣味は・・・・・「水泳・旅行・音楽」
つるちゃん、漢字は、もう、読めないんですぅ。。。 

       だから、せめて、三つのうち、二つ位は、カタカナで。      
       でも、「ブログ」 は、困ります。
       (つるちゃんが、意味わかんないもの。)



乗車時間は1時間30分位。
3時前には、うちに着いていて、3時からは、おやつの時間。
もちろん、きょう、2006年3月22日(水)も。。。

                                

[テーマ:日常 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/22 09:22】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(12) |
つるちゃんの主張と交渉(’5秋)
今、つるちゃんは、「和やか病院」(仮)で、お泊り中。
「ショートステイ」に行ってます。



「和やか病院」は、認知症になった人専門の、精神科単科の病院だ。
だから、お泊りの前に、先生の診察がある。
そして、その最後に、いつも
先生が、つるちゃんに、

『それでは、入院しますか?』  と、聞く。 


4、5ヶ月前(2005年秋)のことなんだけど、

それに、答えて、

つるちゃんが、  
   『しません
って、とても大きなはっきりした声で、叫んだんだ。

すご~い。つるちゃん
自分の意志をはっきりと、先生に伝えたね。


でも、つるちゃんの主張は、受け入れられなかった。
そして、先生は、それから、

『それでは、入院しましょうか。』 と、いう言い方に、替えた。。。


その次の時のこと。
ショートステイに行く、タクシーに乗る前に、
つるちゃんを、いつも通り、トイレに誘った。
 

そしたら、つるちゃん、    
『どこも、いきません
これも、とても大きな声で、はっきり叫んだんだよ。

すご~い。つるちゃん
今度は、「出る前作戦」に、切り替えたね!


けれども、つるちゃんの主張は、この時も、却下された。
トイレには、行かなかったけど、
タクシーには、乗ることになっちゃった。。。


その時のショートステイから帰ってきて、結構間もない頃、
かめこが、忙しいとかでない、普通の時に、


つるちゃんが、台所にやってきて、真面目な顔で、話しかけた。
『なんとか、なりませんか 

もちろん、「お泊りしたくない。」 という意味だってこと、
かめこは、直ぐにピンときたよ。


すご~い、つるちゃん
「主張」の次は、「交渉」ね。なかなかやるじゃん。


『何ともなりません。』
『申し訳ないけど、お泊りは、時々行きます。』

かめこは、あえて、毅然とした態度で、答えた。
そして、こう、付け加えた。
           

『それが、お互いの為なんです。』

[テーマ:自己表現 | ジャンル:心と身体]

【2006/03/17 13:05】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(15) |
涙、あふれて
2006年3月15日午前9時30分ジャスト。
つるちゃんとかめこは、タクシーに乗り込んだ。
行き先は、「和やか病院」。
そう、つるちゃんの、ショートステイ先だ。

つるちゃん、車に乗ってることは、結構好き。

でも。。。
行く先が。。。
この感じは、
着いたら、お母さんと離れて、お泊り。。。


つるちゃんは、ちゃんと、分かってる。
【続きの表示】

[テーマ:認知症を介護する家族の悩み | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/16 10:19】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(31) |
続:子どもに見えるの?
おととしの1月だったと思うけど、
  つるちゃんが、和やか病院(仮)にいて、
  かめこが、会いに行ったら、

  一人の紳士が、つるちゃんに、話しかけていました。
      
       『なんて、名前?』       (かめこ、ちょっとハラハラ)
           つるちゃん、まるで無視。無関心。
 
 
  それから、昼食が運ばれてきて。。。
  その紳士、つるちゃんの名札を取って、
      
        『可愛 つる、かぁ。。。』   (かめこ、ちょっとハラハラ)           
           つるちゃん、まるで無視。無関心。

  すると、紳士は、かめこに尋ねたのです。
       『この人、学校、行ってるの?』
       『子どもは、学校に行くんだよ。ねえ、おかあさん!』


         あっ、子どもね。。。なぁんだ。
それでもって。。。
                         お母さん?       
          
まだ、つるちゃんが、かめこを「おかあさん」と、呼ぶ前のお話でした。


時は、矢のように過ぎ、
2006年2月4日(土)12時10分頃

かめこと、オットさまは、和やか病院の、そのフロアーに到着。
つるちゃんは、お昼ごはん中。
わざと、声をかけずに、観察。


                               和やか病院にて

つるちゃん、今日は、“皆さん”と一緒のテーブルでなくて、
“皆さん”、全員が見渡せる場所で、一人で食べてます。
食べ終わった人で、出来る人は、歯を磨くことになっていて、
つるちゃんの前を通って、洗面台に向かいます。

見てたら。。。
ほとんどの人が、つるちゃんに話しかけてる!
            

ご婦人1  「あら、おかず、こぼしちゃったわよ」
ご婦人2  「ちょっと、ここ、座っていい?」
          と、斜め後ろにある、ソファーに腰掛けて、
          あれこれ、話しかけてた。
ご婦人3  「まだ、ご飯、残ってるわよ」「ちゃんと、食べて」


などなど。。。そして、

ご婦人X  「あらぁ、良かったわね。
                   
      きょうは、お父さんとお母さんが、来てくれたの。」
 
      
               

つるちゃんの、反応は、と言えば。。。 
全部、「この人、何言ってんの?」って、感じで、ちょっと迷惑そうでした。


そのあと、かめこが声かけたら、つるちゃん、泣いたんだよ。
やっと、会えた。って顔して。。。

    
        

そして、かめこは、いつも思います。
    
認知症になった人って、
物事の見かけより、本質が見えるみたいって。
「つるちゃんと、かめこ達」の深い絆、最初から、見えてたんだね。
     
    
                                    ↓応援クリックお願いします。
                                      押してね
 

関連記事:「おかあさんと呼ばれて」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-11.html#more
【2006/02/15 12:45】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(15) |
子どもに見えるの?
つるちゃんは、ショートステイ先の「和やか病院」でも、人気者です。
というか、
皆さん、つるちゃんのことが、可愛くて、気になる。って感じなの。


「和やか病院」は、痴呆症と診断された人たちが暮らす、病院です。
だから、“皆さん”というのは、“痴呆症になられた皆さん”という意味だよ。

              (ついでに、説明しておくと、
               この病院では、「認知症」という、言い方はしてないので、
               かめこも、ここでは倣います。)

その、フロアーには、30人位の“皆さん”が居て、
日中は、パジャマでなくて、普段着を着ています。
窓が大きな、明るくて、とても開放感のある、広い食堂みたいな所があって、
まぁ、そこに、食事の時以外は、居ても居なくてもいい、って感じかな。
     
               和やか病院については、いずれ、また、お話ししますね。



そこで、どうやら、“皆さん”は、
つるちゃんのこと、子どもだと、思っているらしいのです。
80才代の人が多いから、皆さん、年上って言っちゃぁ、年上なんだけど。。。
“皆さん同士”は、全員、大人で、
つるちゃんのことだけ、子どもだと、思ってるみたいなんだ。
面白いでしょ。


つるちゃんは、小柄で、  (今は、身長140センチちょっと)
髪の毛、真っ黒で、    (最近、白髪が、何本か出てきた)
お肌が、ピンと張ってて、つやつやで、
                (ミニーとデイジーより、お肌はきれい)
目鼻立ちは、すっきりの美形で、
目は、一重だけど、つぶらな瞳って感じで、


                ここまで書いて、なんか、恥ずかしくなった。
                オットさまが、かめこのこと説明したら、
                全く同じ文 (身長は150センチで、白髪は、まだ無い) 
                        になると思うから。
                夕食の時とかに、
                『ホント、おんなじ顔してるね』って、言われるもん。
                 ↑言っとくけど、「オットさまが、書いたら」 だからね。


だから、つるちゃんは、
要するに、可愛いタイプで、ほんとに、可愛くて、
だから、とてもじゃないけど、←こういう風には、見えなくて、
                  ←こんな感じです。

                  
                  でも、子どもじゃないよ。76歳だよ。

それでもって、かめこは、“皆さん”に
                       
最初から、
 「つるちゃんのお母さん」だと、思い込まれてます。   

続きは、明日にします。途中で、ごめんなさい。    寒椿
                   
【2006/02/14 14:41】 | 病院ショートステイ | トラックバック(0) | コメント(9) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。