つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
なにしてたのよ
きのう(21日)は一日、つるちゃんが ことのほか調子良かった。
といっても、“元気ハツラツ”というのではなくて、
“いつもより何でも確実にこなす” という風。 

1. 3度の食事もおやつも 残さず 時間もかかりすぎず食べられた。
  
  (前記事でも話したけど、この頃わりとそう)

2. 散歩を、久しぶりに川まで往復できた。  
  (それこそ、2ヶ月ぶりくらいかな? ずっと途中までだった)

3. お風呂場での動きが とてもスムーズだった。  
  (次の動きを予想して動く、足がしっかり上がるなど)   


つるちゃんが調子良いと、かめこもご機嫌。で、オットさまも嬉しくなる。  




そんな中でも かめこが一番嬉しかったのは、


お風呂で つるちゃんに

なにしてたのよ
と、言われたこと。


つるちゃんの お風呂は、
いつもヘルパーさんとかめこの ふたりでお世話しているのだけど、
つるちゃんがお尻を洗ってもらって シャワーチェアーに腰かけた時に、
まだ かめこは浴室に居なくて、

ヘルパーさんが、
座っている つるちゃんの足を“足湯の桶”に入れ、

 (浴室では「キッチン用の洗い桶」を専用に使っている)、

シャワーでお湯を入れていた時に、
かめこが浴室に入って行ったら、

つるちゃんが 顔をかめこに向けて 
かめこを ちょっとにらんで そう言ったんだ。



 お尻を洗うのはヘルパーさんの仕事だけど、
 足湯の桶にお湯を入れるのは、かめこの役目。
 それに遅れたから、
 お母さんから お叱りを受けた、
 という具合だ。



「なにしてたのよ」
を聞いたとたんに、
ヘルパーさんもかめこも嬉しくなっちゃて、 


「今、何してたのよ って言ったわね」 

「ハイ。私もしっかり聞こえました」
と、ニコニコ確かめる。

「きっと、『遅かったわね。ヘルパーさんばかり大変だったわよ』って、言ったのね」
「随分、はっきりおっしゃいましたね」
などと、嬉しさのあまり、その話題を続ける。



だけど、後になって考えたら、

かめこは その時、つるちゃんの言葉に応えてない。




あれが、 「遅かったわね」 という意味ならば、 
       「ごめんなさい。遅くなりました」               
              と答えるのが普通だし、


言葉どおり
 「何してたか」 尋ねているのならば、
     「お風呂場を暖めていたストーブをリビングに運んで、
    (着替えたら直ぐ座れるように)
     リビングのつるちゃんのイスを、
     洗面所の前まで持ってきました」
               
               だし。



せっかくつるちゃんが話してくれたのに、
お話ししなくて、もったいなかったなぁ。
つるちゃん、ゴメンね。




押してね  前記事ではお祝いクリックありがとうございました。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。

動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。

スポンサーサイト
【2009/12/22 23:59】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(4) |
おとなになったの?
きのう7月8日。
つるちゃんは、
お昼寝もベッドには入ったけど、寝たくないって。
 (理由あり)
それなのに、夜、いつまで経っても寝られないみたい。
何度も起きよう起きようとしては、
聞くと、トイレに行きたいとか、出ちゃったとかではないって、言うから、
                                       (言葉ではない)
その度に、かめこに寝かしつけられる。

そのうち、かめこの方が〝おネム〟になって、
つい自分が目をつむっちゃう。

かめこが目をつむると、
つるちゃんが、なにやらお叱りの言葉を発する。


そういうことの繰り返し。


そうしたら、11時を過ぎて、
つるちゃんが一言。


おとなになったの?


発音は、はっきりしてない。
「おたにゃに」 って聞こえて、あとはイントネーションで聴き取れた。

おとなになったの?って聞いたの?

こっちを向いて、横になっているつるちゃんが、はっきりうなずく。
まだ真顔で、本当に知りたい、っていう顔をしている。


うん。おとなになったのよ。おばさんになったでしょ?

つるちゃんは、相変わらず真顔でうなずく。
そして、
手を、ベッドの手すりの間から出して、
かめこの髪をなでてくてれた。


  それは、
   以前(3、4年くらい前?)は、毎晩やってくれていたんだけど、
   とても久しぶりの仕草だ。



それから、両手を手すりから出して、
ほっぺを挟んでくれた。
   柵がジャマでちょっと失敗。上手く挟めなかったけど。




(ああ、この頃のアレは、やっぱり思い出そうとしていたのね?)



ここ1週間くらいかなぁ?

かめこが、つるちゃんのお世話のために、しゃがみこんで、
顔が真近かになったときに、

かめこの目を、じぃっと見つめることがあったんだ。

何度か、全く同じことがあった。


この人は誰だろう?
と、考えているような目。

知らない人を見ている目ではない。
 (これは経験あるのでわかる)
困っている風でもない。

冷静に探ろうとしている目だった。




ああ、あの目が、
きのうの言葉につながるのね?

つるちゃんは、また昨晩、
かめこのことを、思い出してくれたのね? 




[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/07/09 11:23】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(8) |
せんせい すき
火曜日の午後、高熱を出したつるちゃんの、
金曜日の第1声は、



おかあさん。


嬉しかったなぁ。
実は、
熱を出す ずっとずぅっと前から、
あまり呼んでくれなくなってたんだ。



かめこが娘だってことや、
ミニーが孫だってことを思い出したら、
娘のことを 「おかあさん」 だなんて、
呼びにくくなったのかなぁ?

もっとも、つるちゃんの呼ぶ
「おかあさん」 は、
初めから、
「産んでくれたお母さん」 っていう意味ではなくて、
「一番甘えたい人」 っていう意味だと思うけどね。




それから、
その次に、つるちゃんが言った言葉は、



せんせい。



先生っていうのは、
この家で再び暮すようになって、
お母さんと呼ばれるようになるまでの呼び方。
その後も、しばしば出てきていた。

かめこは、この呼ばれ方が好きじゃない。
なんだか、他人行儀で、打ち解けてない感じがして。。。




だから、
せっかく、おかあさんと呼んでくれた後に、
先生だなんて。。。。

がっかりだなぁ。





ところが、つるちゃんは、
その後
一呼吸置いて、



すき。

って、言ったんだ。




「先生好き。」

心を込めて言いたくて、
“すき”の前に一呼吸置いた、っていう風だった。






ああ、つるちゃん、わかったよ。


『お母さん、
看病してくださって、どうもありがとうございます。』



そう、言いたかったんだね?



今言える限りの単語を使って、
知ってる限りの一番丁寧な言葉で、
感謝の気持ちを伝えてくれたんだね。


つるちゃんの 「せんせい」 は、 「おかあさん」 の丁寧語だね?






21日(金)朝より、食欲出る。

22日(土)デイサービスは、水曜日に続き欠席。
  きのうと変わらず、マックス37度5分。クーリングと解熱剤で6度5分に。
  外に出たい、と、泣き続ける。でも、車椅子は嫌なんだって。
  それで、歩行器を押して川まで歩いていく。
  この歩行器は、車椅子代わりにもなるから、そのあとは座ってお散歩。




つるちゃん、ホラ!桜の花が咲いてきたよ。


咲いてたよ!
    22日11時30分

川までは歩いたよ



先端の蕾


東京の桜は、きょう(3月22日)開花宣言が出されました。


参考記事:
2006年1月29日 「お母さんと呼ばれて」
2006年2月9日  『すきです』



[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2008/03/22 13:51】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(8) |
たんげんげの散歩道
12月20日も、朝の寒さが和らいだ頃、
かめこは、つるちゃんを歩行練習に連れ出した。

玄関を出て、いつものように時計回り。
隣の家の角を曲がると、川まで真っ直ぐな道。




きょう、何の日か、知ってる

かめこは、後ろ歩きで、

足元を見ながら歩行器を押してる、つるちゃんを、
ほぼ正面から見て話しだした。



たんげんげ。 
つるちゃんが、そう、2回繰り返した。


文字で表すなら、「たんげんげ」。
かめこには、 「誕生日」  と、聞こえたけど。



つるちゃん、
朝から何度も話したこと、覚えていてくれたのね?
ありがとう。


かめこは、本当に嬉しくて、ありがとうを繰り返した。




道は、川に突き当たり、
つるちゃんとかめこは、葉をほとんど落とした、桜並木の横を歩く。



きょうは、12月20日。
つるちゃんが、かめこのこと、
産んでくれた日だよね?


寒い日の夜に生まれたんでしょう?


ええ。



それから かめこは、

小学校に上がって。。。
大人になって結婚して、苗字が変わって。。。
ミニーとデイジーが生まれて、
弟が結婚して、男の子が生まれて、
ミニーとデイジーの結婚が決まって、
もう直ぐミニーの結婚式だ、と言うところまで、

我が半生を、つるちゃんに語った。
具体的に、はっきり分かりやすい言い方でね。





つるちゃんは、もう、返事はしなかった。

だけど、かめこには分かるよ。


つるちゃんは、ちゃんと聞いてくれていた。 




そうそう。

最後にかめこが、きょう何歳になったか、話したら、


つるちゃんったら、

えー って、おかしそうな顔して、
かめこの顔を見上げたんだよ。






バラの花束
オットさまのプレゼントは、今年もバラの花束。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/21 23:59】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(26) |
仲いいからいいです
お寺参りに行った前日、つまり先週の木曜日の夜。

つるちゃんは、10時には、すやすやおねんね。
かめこは、ベッドから離れ、
隣のリビングで、テレビを見出した。 (「医龍」)

しばらくして、
ベッドから、低い声がした。
つるちゃんが、しゃべってる。

かめこは、ドラマを見続けてた。

低い声は止まらない。
ずっとしゃべり続けてる。



以前は、こういうことが よくあった。
ベッドにいる時が、一日で一番口数が多いと感じるほど。

だけど、ここ何ヶ月か無かった気がする。
つるちゃんのおしゃべり、また聞けて嬉しい。




かめこは、いそいそベッドサイドへ。

つるちゃん、起きてたの?


つるちゃんのおしゃべりは、同じように続いてる。
誰かに楽しげに話しかけてるみたい。
さっきも今も。

単語は一つも聞き取れない。
残念だなぁ。悔しいなぁ。
かめこが分かってあげられないだけで、
つるちゃんは、ちゃんと話してるのに。



すると、しっかり聞き取れる言葉が。



なか、いいからいいです。

仲、良いからいいです、って言ったの?

はい。

それ、つるちゃんとかめこのこと?

はい。

うん。仲、良いよねぇ。
つるちゃん、大好きだよ。
 (これは、毎日必ず何回か言ってる。)



それから、また、聴き取れないおしゃべりが続いて。。。。


もう一つ、はっきり聞こえたのは、



あしたは。。。


あしたは、お寺にお蕎麦食べに行くんだよね?
さっき、おとうさんが、言ってくれたんだよね。


はい。



つるちゃん、
夕食の時、オットさまとかめこが話してたのを、聞いてて、
行こうね、って言ったのを
覚えてたんだね?
楽しみにしてくれてるんだね。






それにしても、

つるちゃんの言ってた、


『仲いいから、いいです。』



きっと、

仲良くて、良かったです、とか、嬉しいです、 という意味だわ。




つるちゃんが、かめこと仲良い、って思ってくれてること、

すごく嬉しい。


つるちゃんとかめこが、同じ気持ちでいること、

もっともっと嬉しい。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/12/10 01:04】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(16) |
言葉より確かなもの
2,3日前から、庭の金木犀が香っている。
秋らしい日曜日になった。

きのう、とっても嬉しいことがあったので、
続きの記事は後回しにして、ご報告させていただきますね。



10月6日の土曜日、
つるちゃんが、デイサービスから帰ってきて、
いつもどおりに、外を一回り歩行器を押して散歩してから、
トイレに行って、
それから、麦茶を飲んだりして、くつろいでいる時の出来事なんだけど。


かめこが、ちょっとパソコンに向かおうとしたら、
つるちゃんが、
つかつか(実際は違うけど) 歩いてきて、
パソコンデスクに詰め寄って、身体を押し付け続けて、

「パソコンに向かうの止めて!」 のサインを出した。

それで、かめこが、

「今までそよ風さん(仮)に行ってて、寂しかったんだから、
 帰ってきたら、傍に居てね。」
って、言ってるの?


と、聞いたら、
つるちゃんが、大きくうなづいた。

それで、つるちゃんには、テーブルの自分の椅子に座ってもらって、
自分は、つるちゃん正面の自分の椅子に座った。



これでいい?


つるちゃんが、うなづく。



それから、
つるちゃんは、ちょっと落ち着かなくなった。

椅子から立ち上がって、
テーブル伝いにかめこのところまで来て、
それで、なんと、ちゃっかりかめこの膝に座っちゃった。


(かめこ、ちょっとヒヤヒヤ。
 なぜかって、
 さっき、トイレで汚れたパットを取り替えた時、
 紙のパンツ式オムツ(リハパン)の背が、汗で濡れてて、
 つるちゃんに聞いたら、涼しいパンツがいいみたいだったから、
 綿のパンツに取り替えちゃたんだ。

 もちろんパットはつけてるけど、
 そんなのあっても、出たらば漏れちゃう。
 夕方は、なぜか間隔が狭いんだ。
 さっき、取り替えたばかりだからって、安心は出来ない。

 でも、そんなこと考えてるなんて、
 つるちゃんには、絶対に内緒。)



つるちゃんは、つまり、
椅子に座るみたいに、かめこの膝に座ってる。


(おしり、痛くないのかなぁ。)

かめこの顔の直ぐ前に、つるちゃんの背中。

つるちゃん、なんか違う、って、思ったみたい。

1回立ち上がって、考えてる風。


かめこには、わかったよ。


つるちゃんは、
「ダッコしてください」 の時みたいに、ハグしたかったんだ。



それで、

こうでしょ? って、

つるちゃんをこっち向きに、かめこの膝に座らせた。
安定しなくて、2度、座りなおした。

お互いに安心、って座り方が出来て、

かめこは、つるちゃんをギュッとした。




今回は、
つるちゃんは、泣いてなかった。

こういう風にしたかったんだ、
と言いたげに、

満足そうにしてた。





つるちゃんからは、

きっと、もう、
 
「ダッコしてくください。」 
って、言葉は出てこない。


だけど、

あのぬくもりは、しっかり覚えていて、
自分で再現しようとしてくれた。



幸せの感覚。

つるちゃんとかめこは、

共有できてるんだね。



秋のお飾り


関連記事:「ダッコしてください」 2007年2月5日
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20070205.html



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。 

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/10/07 17:06】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(23) |
大変だわねぇ
先週、
用事で来たヘルパー会社の社員さん(ヘルパーの指導係り)二人を、
つるちゃんの目の前で、大きな声で叱り飛ばしてしまった。


(仕事に対して)意識が低すぎるわよ
      
社員さんたちは、
かめこのイカリの直接の原因になった、“判断ミス”について、
ただただ謝ってくれてた。
でも、
多分、本当に改めるべきところは、理解されてない、
と思うけど。



かめこはね、認知症になった、つるちゃんには、
何でこんなことするのよ!
って、頭にきたりしたこと、ほとんどない。
多分、以前このブログの記事に書いた、その1回だけかも。

だけど、プロがプロの仕事をしてくれてない、
というのには、すごく反応しちゃう。

それで、
先週、冒頭に書いたことが、起こった。
かめこにも、
判断ミスを起こさせるような要因があったことは、事実なんだけど。 



その後、社員さんたちは、予定を切り上げて帰って行った。

玄関先で、つるちゃんは眉をへの字にして、
その社員さんたちに、
お気の毒に、か、大変だったわね。というような眼差しを向けた。

事の発端は、つるちゃんの言動だったから、
私のせいで、こんなことになっちゃって、
と、心を痛めたようにも見えた。

この子ったら、すみませんねぇ。気が強くて。
って、
社員さんたちに対して、
かめこのことを謝っているようにも見えた。


だけど、かめこに対しては、
別だん変わった様子はなかった。
いつもの普通のつるちゃんだった。



ひまわり

【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/08/01 13:36】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(14) |
誉められた!
3月24日 朝4時過ぎ、

ベッドの中のつるちゃんが動き出した気配で目が覚めた。
掛け布団をはいで、身体を上へ上へと動かしてる。
これは、おしりが気持ち悪い、ということだわ。


起き上がろうとしてる。
聞き取れないけど、起きたいって言ってるみたい。

いざ、かめこの出番



布団をめくったら、つるちゃんはお腹を出してた。


『おしり、気持ち悪いのね
『取り替えるね。』

つるちゃんが、うんうんと頷く。


オムツのパットの交換終了。


『まだ、朝じゃないから、寝てね。』
つるちゃん、コックリ。



かめこも、布団に戻る。



だけど、つるちゃんは、寝付けないみたい。
何度も上体を起こす。 
その度に、かめこは、
 『寝てね。』 と、声をかける。




全然、寝る気配がない。
ああ、これは起きたいのね。



『つるちゃん、ベッドの上に座ってようか。』

足をベッドから下ろして、電動ベッドの頭を上げる。

すると、つるちゃんが立とうとした。


べッドの直ぐそばにある、つるちゃんお気に入りのソファーに座りたいのかな?
まだ起きるには早い時に、何度かそこで過ごしたことがある。



『つるちゃん、あっちの椅子に座りたいのね

そしたら、つるちゃんが、嬉しそうに言った。

『よく、わかった。』


『良く分かったわね、って、かめこを誉めてくれたの



そしたら、つるちゃんが、

『そう。』 って、すごく嬉しそうにニコニコしてくれた。




感謝されたことはある。

でも、誉められたのは、
つるちゃんが認知症になってから、

多分初めて。


きょう、お母さんが、 かめこのこと誉めてくれました。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/03/25 01:18】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(12) |
ふたりが
2月17日(土曜日)の夕食前、
つるちゃんとミニーとかめこの3人で、梅の木を見上げた話の前日。
食卓には、つるちゃんとオットさまが座っていて、
かめこはキッチンにいた時の話です。



つるちゃんが、突然、
 『かわいいです。』 って、言ったんだって。

オットさまが、
 『誰がかわいいんですか?』 『かめこさん?』 って、聞いたら、

つるちゃん、
 『ふたりが。』


かめこが、つるちゃんに、夕食前の ほうじ茶を出した時、
オットさまが、興奮気味に話してくれた。 


『二人が、って、言ったんだよ。』 『二人が、だって

オットさまは、それはそれは、嬉しそうだった。


かめこは、胸がいっぱいになった。
つるちゃんを、抱きしめたくなった。
 
    (お茶持ってて、ハグの間がつかめなかった。)

つるちゃん、ありがとう。
かめこのオットさまも、同じにかわいく思ってくれるんだね。 




この話は、取って置きだから、ブログには書かないで、ミニーにも話さないで、
きのう来てくれた、
ケアマネのマウンテンさんに、初めて話した。



マウンテンさんも、

『まぁ、つるさんったら。。。』 って、声を詰まらせた。
『ご主人、さぞ、嬉しかったでしょうね。』 って、言ってくれた。


ケアマネに話したら、
かめこは、もっともっと、嬉しい気分になった。


どれくらい嬉しいかというと、
この時 http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-378.html
より、嬉しいかもしれない。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:家族 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2007/02/21 13:29】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(22) |
ダッコしてください
2月5日(月)。
朝食が終わって、その場で歯を磨いている時、
つるちゃんが、泣き出した。

歯ブラシで、痛くしちゃったのかと思ったけど、
違うって。
泣き止んだから、うがいをしてもらって、
うがいした水を捨てに行った。


キッチンから、振り向いたら、つるちゃんが椅子から立っていた。



食事室からキッチンへの入り口のところにパソコンのデスクがあって、
仕事が休みの ディジーが、座ってる。



つるちゃんが、こっちに向かって、何か言った。ボソッと。

かめこには、聞き取れなかたんだけど、
ディジーが、教えてくれた。


『ダッコしてください。』 だって。



ダッコ?

どうすればいいんだろう?



まず、かめこが椅子に座って、つるちゃんに膝に乗ってもらった。

『これでいい?』

・・・つるちゃん、首を振る。

違うんだ。。。。



分かった!


これだね。


ダッコしてください


そしたら、つるちゃんが泣き出した。

そのまま、ずっと泣いてた。

泣き止むまで、ハグしてた。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/02/05 11:39】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(47) |
かわいい、かわいい
猫、みぃつけた!   ホラホラ、あそこ!ねこ、みぃつけた
   つるちゃんが、大喜び。

   12月14日、木曜日、午後の散歩の時の話。
   猫の大好きな、ヘルパーのマーガレットさんが、
   早速、携帯で、写真を撮ってくれたよ。
   この後、猫ちゃんは下りてきて、
   つるちゃんは、頭なでなで、したんだって。
    

12月14日猫と       左の写真は、
       なでなで、し終わったところですって。
       良かったねぇ。つるちゃん。
 

  
  



さて、15日の朝、着替えが終わって、つるちゃんがいすに座って、
かめこがしゃがんで、靴下を履かせていたら。。。

つるちゃんが、
 『かわいい、かわいい、かわいい、かわいい。』 
って、10回くらい言いながら、かめこの頭を、なでてくれた。
もちろん、つるちゃんの顔は、にっこにこ。
どう考えても、子どもをあやしてる、って感じ。

それで、かめこは、
 『私が、つるちゃんの子どもなの と尋ねてみた。
つるちゃんが、ニコニコ顔で、頷く。
 
『娘だって、こと』 
つるちゃん、またまた頷く。

『おばさんに、なったでしょう
つるちゃん、目を細めて、頷く。

その後、つるちゃんは、今度は、かめこのほっぺを、手で挟んだ。
かめこは、すっかり、つるちゃんの娘になっていた。




金曜日には、午前中にもヘルパーさんが来る。
かめこは、ヘルパーのひまわりさんに、さっきのことを話した。


『私は、つるさんの娘なんだよね
ひまわりさんの前で、つるちゃんに尋ねた。

すると、つるちゃんは、 
 『知らない。』 と答えた。

ひまわりさんとかめこは、顔を見合わせて、微笑んだ。
どうやら、今は、娘ではないらしい。
かめこは、ちょっとがっかりしたけど、
また、いつか、娘にしてもらうから、いいや。 って、思った。





関連記事:
2008年3月20日付け。「かめこを忘れたの?」
         タイトルをクリックすれば 飛びます。

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/12/17 01:23】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(44) |
うちのひと
7日の朝、つるちゃんが久々、かめこの名前を呼んでくれた。

  最後に呼んでくれたのは、いつだったけ
  ブログに、書かないはずないんだけど、
  それがいつだか、かめこ、覚えてないや。



きのうは、ベッドから起きたつるちゃんの、おしりを洗うために、
ズボンを脱がせようと、シャワー室の扉の取っ手につかまってもらった時に、
唐突に、言ってくれた。


『かめこかめこ。』 って、続けて2回。
つるちゃんは、
名前思い出したぁ! って感じで、嬉しそうだったよ。


それで、かめこは、思ったんだ。


もしかすると、つるちゃんは、

大事な人の名前が思い出せないこと、
心のどこかに、いつも引っかかってるんじゃないかなぁ、って。

それで、その錘みたいなのは、
かめこが、
つるちゃんに、娘だって忘れられちゃった、って、心の奥がしくしく痛いより、
もっと深いものなんじゃないだろうか、 って。


【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/12/08 15:16】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(12) |
「元気になりました。」
土曜日は、つるちゃんが、デイサービスに行く日だ。

今朝、お迎えのバスが来た時、
つるちゃんとかめこは、もう外に出ていた。
朝から、つるちゃんのご機嫌があまり良く無かったので、
ちょっと散歩でもして、余裕を持って、出かけてほしいと、かめこが思ったのだ。

 バスが角から顔を出した。

その時、つるちゃんが、かめこに口を近づけて、ささやくみたいに、言った


『元気になりました。』 

よく聞き取れなかったので、3回も言わせてしまった。


つるちゃんは、かめこが心配してたのわかってて、
出かける時に、
 「もう、心配しないで。」 って、言ってくれたみたいだね。



父島のパパイヤ  父島の知人が送ってくれた、パパイヤです。
  民宿の庭に、生えてるんですって!
  レモンをかけて食べるのが、あちら流。
  父島でできるレモンは、個性的です。
  この写真のレモンとは、大違いなのよ。
  うちでは、ヨーグルトをかけて食べました。 



東京都 小笠原諸島 父島。
そこで、育ったパパイヤは、上品な甘さで、とっても美味でした。



↓ 応援クリック、お願いします。
押してね
  
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/09/02 23:59】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(10) |
おせわにぃ・・・
さっき、寝る前の、おしものシャワーを終え、
もう、あとは、導眠剤を飲んで寝るだけ、という時、

つるちゃんが、
『おせわにぃ・・・』  って言った。

すごく優しい目をしてた。


『“お世話になってます。” って言いたいの?』 って、聞いたら、

うなずいた。


『私に、言ってるの?』  つるちゃん、また、うなずく。

『私でいいの?』 

そしたら、つるちゃんが、かめこの 顔やらシャツやらを なでてくれた。


つるちゃんが、

すまない。 という意味で、言ったんじゃない みたいで、

安心しました。




ついでに、というか、この際だから、
 

 『私が、誰だかわかる?』  とも、聞いてみた。

たまにわかることあるからね。

その時は、わからないようだった。


                                 さくらんぼの季節

ところで、
きのう、つるちゃんが お魚より、肉が好きだ。って言ったけど、
訂正します。


どちらも好きです。

一番大好きなのは、うなぎだし、

きょうの夕食、メロ(銀むつ)の照り焼きにしたら、
一口お箸で食べて、
すぐ、手づかみで食べだした。

おいしくて、早く口に入れたくて、
箸なんか、使ってらんない。 って、風だった。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/23 22:40】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(16) |
いちばん、だいじです
この頃、かめこは、朝、つるちゃんに、1度は、
『私のこと、知ってる』 って、聞く。
すると、つるちゃんは、首を横に振る。
そういう時は、あっさり引き下がる。


ところが、今朝は、つるちゃん、
聞かれたとたんに、顔が、ぱぁっと輝いて、目を大きく開けて、

『しってますぅ。』 って、すごく嬉しそうに言った。

『あ、そういう意味じゃないの。』 
かめこが、言ったら、つるちゃんは、考え込んだ。
そして、今度は、
 
『しってるから、だいじょうぶですぅ。』 って、元気に言った。

かめこの表情から、
「まだ違う」 って、つるちゃんは、思ったみたいで、また、考え込んでた。。

それから、つるちゃんは、モーニング・アイス・ミルク飲ませてもらって、
ベットから、立たせてもらって、シャワー室に移動した。

シャワー室の扉を開けようとした時、ずっと、考えてた言葉が、見つかったみたい。


『いちばん、だいじです。』
ちょっと、うつむいて、でも、今、言わなくちゃって、感じで、きっぱり言った。

かめこは、涙出てきて、止まらなくなっちゃて、
いつもだったら、 
『お湯かけますよぉ。』 とか、いちいち声をかけながら、するんだけど、
一言も、言わないまま、おしりをきれいにした。

                                   散歩道にて

【続きの表示】

[テーマ:家族 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/05/17 11:38】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(46) |
『うれしい』
きのうの日曜日、またまた、嬉しいことがあった。
つるちゃんが、かめこに、
『うれしい。』 って、言ってくれたんだ。

それは、「HAPPYだ。」 というような、言い方ではなくて、
とても小さい声で、恥ずかしそうな、言い方だった。

かめこは、わざと、聞いてみた。
  『かめこと、一緒で、うれしいってこと?』
なんか、違うみたい。

やっぱりね。 今、やったことね。
  『シャワーしたから、うれしいの?』
つるちゃん、小さな声で、かめこを見つめながら、
『うん。』  と言って、うなずく。
その顔は、まるで、
「お慕いしてます」。 ( 
そして、ちょっと、なみだ目。

『ねえ、今の聞こえたでしょ?』 オットさまに向かって、言う。  
オットさまは、このやり取りを、初めから、聞いてくれていたのだった。

【続きの表示】

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/04/10 18:27】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(1) | コメント(31) |
真夜中の『ありがとう』
ベットから、声がした。       『おかあさん、○○してください。』  (○○は、聞き取れなかった。)
もちろん、つるちゃんの声だ。
寝ぼけた風もなく、しっかりした声だった。

そしてら、次に、


『ありがとう。って、おもってます。』 って、言ったんだよ。

かめこ、すごく、びっくりしちゃった!

        
        つるちゃんは、「ありがとう」 って言葉、普通に、言ってくれる。
        大好きな紅茶を出した時とか。。。
        (そういえば、最近は、言われてないけど。)
        ごく、自然に出る。ヘルパーさんにも、言ったりする。
        それに、改めて、そう、言われたことも、実は、ある。
        その話も、いつか、みんなにするつもりだった。。


『こちらこそ、ありがとう。』 って、かめこは、答えた。
そしたら、つるちゃん、

『 ありがとう。ありがとう。ありがとう。』 
って、3回繰り返した。
『え? こっちが、ありがとう♪(#^ー゚)vだよ。』 
って、また言って、
つるちゃんが、

『 ありがとう。ありがとう。って、思ってます。』 って、また言った。
そのあと、つるちゃんは、

『ありがとう。ありがとう。ありがとう。』 の3連発を、
何回だっけ。。。繰り返した。


かめこは、その時になって、時刻を見た。
2時23分。デジタルで、明石とつながってるかなんかで、正確だよ。

真夜中の2時過ぎに、
つるちゃんと、かめこは、『ありがとう。』 の 言い合いになっちゃった。
きりないよぉ。でも、こっちも、引き下がれない。。。


そしたら、つるちゃんの方が、急に、話題(?)を変えてきた。
『いいところ、いきましたぁ。』
「いいところ?」。。。違うとは、思うけど、もしや。。。

『お寺に、一緒に、行ったよね。』

つるちゃん、黙ってる。無反応。やっぱり、ハズレだ。

『あ、分かった。“そよ風さん”だね?』
『“そよ風さん”なら、あした、行くよ。』 
 (正確には、デイサービスは、きょう行く。)
そしたら、つるちゃんは、今度は、

『“そよかぜさん”、“そよかぜさん”、いきましたぁ。』 って、繰り返した。

そのあと、かめこは、起き出して、つるちゃんの、濡れたパットを取り替えた。
それから、

『もう、寝てね。』 って、言った。
つるちゃんは、
 『はい。』 って答えて、すぐ、眠ったようだった。



あのね、きのうは、午後、ちょっと事件があって、
かめこは、落ち込んでいました。
きょうの日記も、そのこと、書くつもりでした。


また、つるちゃんに、助けてもらったの?

[テーマ:ありがとう | ジャンル:心と身体]

【2006/03/01 12:41】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(21) |
「お母さん」記事再び
24日の、「待望の母子再会」を祝して、
きょうは、
かめこの過去記事から、「お母さんモノ」 をまとめて、ご紹介したいと思います。
お時間がある方は、どうぞ、足を運んで(?)くださいませ。



その前に。。。

つるちゃんが、
目の前の、今のかめこが、自分の娘だと、分かってくれたことは、
例え、その時限りのことでも、
かめこは、やはり、とても嬉しかったです。
でも、つるちゃんにとっては、どうなのでしょう?


つるちゃんは、あの時(24日の朝)、
眉をハの字にしたままでした。笑いもしなかった。
表情堅かった。 

つるちゃんにとっては、
娘だと分かることは、辛いことだったのでは、ないかしら?


つるちゃん夫婦は、
子ども達に、苦労をかけたくないと願っていました。
子どもに頼らず、
なるべく、自分達で、何でもやっていこうとしていました。
子どもには、子どもの生活があって、
それを、尊重したいと思っているようでした。


その願いが、叶わなかったのですから。。。

それから、つるちゃんは、
自分が、もう、できないことばかりたくさんあることを、
よく知っています。

前は、よく、かめこのことを 『大変そうです』 と言って、
さも、すまなそうにしていました。

血のつながらない人が、お仕事で、というなら、まだしも、
愛する我が子に、
こんな大変なことは、させられない。。。

前のつるちゃんなら、そう思うと、思います。


だから、目の前のかめこが、
自分の娘だと分かることは、
つるちゃんにとっては、
辛いことなのでは、ないかしら。。。。




それでは、気を取り直していただいて、

        「出発!」



 「かめこが、“おかあさん”」 シリーズ

1/29  「おかあさんと呼ばれて」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060129.html

2/9   『すきです』
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060209.html


 「つるちゃんが、どんなお母さんだったか」 シリーズ

1/30  「つるちゃんが、かめこを産んだ日」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html#more

2/1   「仲良かったの?」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060201.html

2/2   「大器晩成」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-date-20060202.html


 「つるちゃんが、かめこの名前を呼んでくれた」 シリーズ

2/20  「タイムトラベラー後編② 」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-34.html
最後の方に、「かめこちゃん」と呼んでくれたことが載ってます。

2/24 「本日、待望の母子再会」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-41.html
「かめこさん」と呼んで、かめこが娘だと分かったようでした。


↓応援クリックお願いします。
押してね
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、
頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
可愛いのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、

です。
他の人は、使わないでね。 




[テーマ:大事な気持ち | ジャンル:心と身体]

【2006/02/26 07:09】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(8) |
『すきです』
つるちゃんとかめこ は、いつも、一緒に寝てます。 

つるちゃんが、先に寝て、 
かめこは、夕食 の洗い物して、ブログ書いてから、
お風呂の前に、お布団敷こうと思って、
寝室に入りました。

寝室の電気は、付けないんだけど、
リビングと続きになってるので、明るくなります。
  


つるちゃんが、目、覚まさないように。。。

            パンどゅーつつるくわ (必死でメモした)

しまった、つるちゃん、起こしちゃった。
「なぁに、パン食べたいの?」 
 (つるちゃんは、ジャムパン大好き)

つるちゃん、ニコニコ ご機嫌です。
最高の、ニコニコ 顔してます。
            
            
            おかあさん、すきです

つるちゃんが、話すのは、いつも唐突だ。
『あら、私のこと?』 もちろん、わざと。

内心、ドキドキしちゃった!
だって、好きです。なんて言われたの、
実は、初めて。

            おとうさんも、すきです

年表3の記事に書いた、
「うれしい」「おいしい」「好き」の、3つ目は、
アップした、その日(2006年2月8日)になってから、
初めて、言ってくれた言葉なの。


   
    かめこは、つるちゃんに、
    ずっと、いつも、言ってたよ。

    『つるちゃん、好きだよ。大好きだよ』 って。
    一日に、何回も。
    寝る時は、必ず。

    つるちゃんが、どんなに、居てほしい人だか、
    伝えたかったから。。。 
                        
                          お礼のお花
                            つるちゃん、ありがとう!

[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/02/09 14:27】 | 名語録かめこへの想い | トラックバック(0) | コメント(9) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。