つるちゃんとかめこ
重い認知症になったつるちゃんは、娘のかめこを「お母さん」と呼びます。 かめこの愛と工夫に満ちたケアが、きょうも、つるちゃんの心に届きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
積み上げてきた支援があるから
今後、つるちゃんのお世話を満足にできなくなる状況にある。
その理由については、
沈黙を守らせていただくつもりなので、
ご了承ください。


さて、つるちゃんのことをどうするか。
きょうは、この話を、“思い”を含めてさせていただきます。



まず、頭をよぎったのは、『特別養護老人ホーム』通称『特養』のこと。
お世話をできなくなるのは、ずっとというわけではないから、
「いったん入所して、数ヶ月間で退所する」
・・・なんてことは、できないんだろうなぁ。。。。
(そもそも、そんな都合よく入所できないだろうけど)

これはケアマネに話すまでもなさそうだと思ったから、独り言止まりに。


先月、ケアマネに相談したことは、
「『介護老人保健施設』(通称『老健』)
 に預けるというのは、どうでしょうか?」

ロウケンというのは、
「状態が安定している方が在宅復帰できるよう、
 リハビリテーションを中心としたケアを行います」
というもの。

ケアマネの答えは、
「ロウケンに預けると、帰宅した時にとても大変になってしまいます。
 結局、皆さん家には戻さず、どこかにずっと預けることになってしまいます」
というもの。

表看板と、実態は別物ということだろうか?

ロウケンさんについては、
もちろん、説明文通りの施設の多い地域もあるだろうけど、
かめこが以前受講した「介護者のための講座」でも、
「実態は“在宅に戻ることは難しい場所”」だと、
 鶴亀市市役所スタッフから説明を受けている。

ただ、かめこのご近所さんには、
ロウケンと家を 何ヶ月毎だか行き来していた方がいらした。
お嫁さんが、
「うちは、このロウケンさんがとても合っているみたい。
向こうでは良く眠れて、うちに帰ると眠れないのよ」
と話されていたから、とてもうまく行っているケースもあるようだ。



さて、
「つるちゃんのお世話をどうするか」
これについては、前にも、とても悩んだ経験がある。
話はさかのぼり、2001年12月。
かめこが乳がんの手術のために、入院することになったときのことだ。

「母を預けないと、入院できません」。
ガンの告知を受けた時、
つるちゃんをどうするか、そのことの方が重く心を占めた。

その足で、ケアマネに相談に行き、
前述の「ロウケンさん」の「認知症専門フロアー」に、
見学にも行ったっけ。。。。
認知症フロアーって、とても殺風景だったなぁ。。。



「つるちゃんをどうするか」
これが、かめこの急な病気だったら、
あの頃のように、とても困っていたかもしれないけど、
かめこは元気です。



あの時と異なる点は、それだけではない。

2004年4月から、
つるちゃんと、もう一度一緒に暮すようになって、

家族の協力はもとより、
医療と介護の支援というものを、
それまで以上に、
その時々、効果的に利用することができた。
介護保険の恩恵にも、最大限あずかってきている。


そして、
こうした「制度利用」もさることならが、
積み上げてきたと思えるのは、
やはり 「人の支え」 。

施設も病院も事業所も制度も、全部「人」がやっていることだもの。
制度だけあっても、
血の通った支援にはならないだろうものね。



これまで積み上げてきた、
家族を含めての「人の支え」というものが、
今のかめこに大きな力をくれている。
だから、頑張れる気がしてる。


こんなに「人」に恵まれて、
なんて幸せなんだろうね。




さて、
つるちゃんのケアプラン、
今後は、ショートステイの日数を延ばしていくことを考えている。

それから、
ヘルパーさんに来てもらうのも、増やすことにした。(自費分が増える)



ショートステイの日数については、
制度上、
最大、介護保険の有効期限(つるちゃんの場合は2年間)の半分まで。
(だか、半分未満だか)
ということになっているらしい。

うちの場合、
平成21年4月1日~23年3月31日 のうち、
制度上 365日だか364日は、預かってもらえるようだ。

で、今のところ、実績は通算60日にも満たないと思うから、
計算上は、
来年の3月までで、300日以上預かってもらえる、
ということ?


また、1回に預けられる期間は、最大30日だという。

先日、つるちゃんのショートステイ先「ほほえみさん」のスタッフも
「ご家族の海外旅行のため、30日お預かりしたこともあります」と、
説明してくれた。


今回の場合は、
単発ではないから、

かめことしては、
ショートステイに2週間程度預けて、家に1週間ほどいて、
また、2週間程度預けるというのを、半年強続けるというのを考えている。

6月分2回と7月1回目までは、3泊4日だけど、
7月2回目から 徐々に日数増やしていく希望だ。
(7月分は、6泊を2回で予約済み)



24日にケアマネが今月の訪問に来て、
ショートステイ日程や、介護全体の考え方について、

「かめこさんのご希望通りで、良いと思います」
「頑張りますっ!」
 と、話された。


ケアマネの「頑張りますっ!」というのはね。
「ショートの申し込みを頑張ります」という意味。

ショートステイの予約は、
ほほえみさんの場合は、
2ヶ月前の1日に、ケアマネが電話で申し込むことになっていて、
先着順に日程優先。

8月分ならば、6月1日9時に電話するんだけど、
9時に殺到するわけだから、
「コンサートのチケット申し込みと同じ」だそうで、
すごく大変そうなんだ。



ブログで先に話しちゃったけど、
ショートステイ先に相談に行くのは、これから。
(すでに、「ケアマネが了解すれば、受けます」と言ってはくれている)


そして、実際に1回に2週間預かってもらえるかどうかは、
その月毎に、
ケアマネの“電話テクニック”にかかっているようだよ。




長い介護生活、
手がかけられない時期だって、何度かあるものだよね。

これから、
つるちゃんに、
これまでよりいっそう、ガマンをしてもらうことが多くなるだろうけど、
それでも、今回は、
かめこが納得する「介護体制」が組めるのではないかと思っている。


重ねて言うけど、これは、

「これまで積み上げてきた支援があるから」。



文章がおかしいって?



「支援」というのはね、

支える側が一方的にするものじゃないし、
支えられる側は、受け身なだけじゃダメ。

好い支援を得るためには、
支える側、支えられる側 相互の努力が不可欠なんだ。


かめこも努力してこられたと思うから、

実感として、
「積み上げてきた」支援 と 言わせてほしい。





スポンサーサイト
【2010/05/26 13:32】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(1) | コメント(6) |
大好きな甥と
先週の日曜日3月14日に、つるちゃんの甥が来てくれた。
仙台在住のSちゃん。つるちゃんの亡くなった お姉さんの長男で、
かめこのとっては“従兄”に当たる人だ。

Sちゃんには、
つるちゃんの様子について、
このブログを始めるよりずっと前から、メールで詳しく話してきた。
Sちゃんに話を聞いてもらうと、なんか安心する。
これまで、かめこが どれほど気持ちを楽にさせてもらったことか。
本の出版に際しても、とても力になってくれた人だ。


そんな風に、
かめこにとっても大事な人なんだけど、
つるちゃんにとってだって、特別な存在。


なんせ、
Sちゃんは、
つるちゃんのことを
今も、「昔可愛がってくれた叔母さん」と 心から思ってくれている。

つるちゃんのことを、
一人の人として、
自分の好きな叔母として、
接してくれる。

同じ目の高さにかがんで、
はっきり分かりやすく話してくれる。


そんな姿が、
人の気持ちを人並み以上に感じられる つるちゃんに、
伝わらないわけはない。


Sちゃんに話しかけられて、
つるちゃんは、はにかんだような顔をした。




Sちゃん、
私のお母さんに会いに来てくれて ありがとう。
私お母さんを、うれしい気持ちにしてくれて ありがとう。



甥と散歩

甥とお散歩



お土産に持って来てくれた“仙台の銘菓”は、
ちょっとだけ水を足してミキサーにかけたら、
とても食べやすい、ご馳走オヤツに変身。

つるちゃん、大きな口を開けてモグモグ。
1個分なんて、アッと言う間に 食べちゃったよ!



お土産の銘菓



【2010/03/23 18:28】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(6) |
入浴以外も二人体制
2月5日(金)には、
ヘルパー会社とケアマネが つるちゃんへの“入浴介助”を見に来た。
つるちゃんの入浴は、現在週2回。
自宅でヘルパーさんとかめことの二人で入れている。
つるちゃんの家での移動などが厳しくなったことで、
どうすれば安全に入浴できるか、ケアマネたちが考えてくれるのだ。


(昨年まで、月曜日にも入浴介助のヘルパーさんが来ていたが、
 家庭のご事情で 全ての受け持ちを降りられた。
 新しいヘルパーさんと組んで入れる余裕は、かめこには無いので、
 つるちゃんの入浴は、週に2回となっている)




見てもらったのは、入浴介助の一連の流れ。

      (ヘルパーさんが主で、かめこが補佐)
      〈文章が複雑になるので、つるちゃんへの敬意は省略します〉


・浴室の準備・ 浴室洗面所トイレ廊下を暖房。
・入浴前にトイレに連れていき、そこでリハビリパンツを残し脱がせる。
   (座わらせて脱がせた方が安全) 

お風呂場での動き。
  特に、新しい“回転シャワーチェアー”を利用しての動き。
      浴槽内での動き
 (座る・踏む二役の台あり)     
      浴槽のまたぎへの介助。かめこは足を捧げ持つ。 (回転ボード注文中) 
・リハビリパンツを風呂場ではかせ、  
     (はかせている間に お○っこが出ることが多いので)
・洗面所では、ズボンをはかせて上着の片袖を通したら、椅子に座らせる。
・上着を慎重に着せる。
 (手の皮膚が弱いので)
・その後、またトイレに座らせる。
・椅子に座らせて、リビングまで引く。
・かめこが水分補給やストレッチなどをしている間に、
 ヘルパーさんは風呂場の片付けをする。
・ベッドに寝かせる
 (夕方だけど“昼寝”)



ケアマネ:
「大変ですね。頭が下がります」
「ハラハラする場面が 何回かありました」


ヘルパー会社:
「入浴中の事故は オオゴトになるケースが多いので、
 調子の悪い時には、中止にすることも必要だと思います」



かめこ:
「はい、もうすでに当日の様子を見て2回止めています」
 
「見ていただいて、
 お風呂場での入浴が危険だと思われるなら、止めても構いません。
 朝晩シャワーでお尻を洗っていますし、
 私は家の湯船に入れることに、こだわっているわけではないです。
 その時々で、できることをやっていけばいいと思っています」

「浴室での入浴介助以外にも、
 全ての動作への介助について、安全のために とても神経を使います。
 これまでより丁寧に介護するようになりました。

 私は力が無いので、
 夫に いつでも手を貸してもらえるように 待機してもらっています。
 二人のヘルパーさん達にも、
 『いつでも私を呼んでください』と言っています。
 二人とも、力も技術も大変優れていますが、
 命を預る仕事ですから、
 一人で介助しなくてはいけないと思うだけで、とても緊張されると思うのです。
   
 
  (張りつめすぎていっぱいいいっぱいにならない方が、
  余裕を持って対応できるので 力が出しきれると、かめこは思う)
 

 また、母のこと何をするにも とても時間がかかりますし、
 母が理由なだけでなくて、
 トイレに時間をかけるなど、自分の姿勢として時間をかけていますので、
 家事が間に合わなくなっています。
 
 それで一部、夫にもお願いするようにしました。
 どういう分担にすればいいか、今試行錯誤中です。
 幸い夫も気持ちよく手伝ってくれますので、ありがたいです。
 日曜日には、川を散歩したり お寺に行ったり、
 普段は出来ないことができるので楽しみです。

 私は、今が一番面白いです。
 二人のヘルパーさん達に教えていただいて、
 これまで出来なかったことが出来るようになって嬉しいです。
 
     (同居してからの11年強を振り返り) 
 



押してね   応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。

【2010/02/07 23:56】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(2) |
金棒ズとパンツ
きょうは節分ということで、このタイトルです。

“金棒ズ”は2本で、二人のヘルパーさんたちのこと。
         (しろつめくささんとひまわりさん)
今これまで以上に とても頼りにしてる存在。
かめこが鬼ってわけじゃないけど、
『鬼に金棒』という言葉がピッタリの存在。



それじゃぁ、オットさまは?
って考えたら、
“それがないと鬼は力が出せない” から、
パンツ!

思いついて、オットさまに話したら、

「僕は、パンツなの?」と言いながらも、なにやらお気に入り様子。
「パンツ、来ました!」 とか、
自分から言っちゃってる。




つるちゃんの介護、
年が明けた頃から、大分大変になった。
そして、
オットさまと二人のヘルパーさんの存在が、
ますます大きくなった。



それ以前から、
娘達から見ると、「心配で見てられない状態」だったみたい。


11月に うちに居た 次女のデイジーには、

「これは、頑張るとか そういうことでやっていける状態じゃないよ。
何か具体的に 楽になる方法を考えてください!」
 と言われ、
てっとり早く削れる家事として、
「食器洗い」を提案され、
一緒に食器洗い機を見に行くに至った。


置き場所候補のサイズまで測って、
新しい家電を買う、ワクワク感も経験したけど、
それを買ったところで、
そう変わるものではなさそうだし、

なんと言っても、
その頃の自分は、

介護が大変だ という風には、まったく感じてなかったから、

結局、売り場を見てカタログ見ただけに終わった。




人から見て大変そうなら、大変なの?

自分では気づかないだけなの?

私は、自分でやりたくてやってるだけなのに。

面白くてやってるだけなのに。




それでも、12月の末には、
定時の訪問に来たケアマネに、

「介護に 以前より時間がかかるようになりました」 と話している。
また、
ショートステイ前に背中を痛めたこともあり、
1月初めに申し込む“3月ショートステイ”を月に2回にしたい
と、願い出た。
デイサービスを現在の3回から4回に増やすことは、
すでに申し込み済み。
12月からは、ヘルパーさんに1時間長く居てもらうようになった。 



そして今年に入っては、
大変さを自覚するようになった。
そして、支えてくれる人たちの存在も、
ますます大きく感じている。 



続く


「今年の節分は、いつもより念入りにしてね。
 お雛さまをお迎えする前に、鬼を追い出しておくんですって」


初節句のピーチちゃんに、お雛さまを贈りました。
デイジーとドナルド君に、鬼退治してもらって、
次の大安に、飾ってもらいます。




押してね   応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。
【2010/02/03 17:06】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(14) |
新デイ行き、とても迷った
月曜日に新しいデイサービスを利用するかしないか、とても迷った。
結論から言えば、

●新しいところは利用しない。
●現在週3回(水・木・土)行っているデイ(そよ風)には、 
 引き続き月曜日追加希望を出し、認められたら4回行く。
●ヘルパーさんのサービス時間は増やす方向で 会社と相談する。

そう決めて、ケアマネと確認しあった。





新しいところが悪いというわけではない。

だけど、
今のつるちゃんには、

暮らしていることを楽しみながら、
また身体機能の維持を心がけながらも
疲れすぎず、
いかに食事の時に眠くならずにいられるか。


が、重要課題なので、
新しいところに行けば、いい刺激を受けられるかもしれないけど、
家でのんびりしていた方が良い。

という結論になったのだ。




行くことが難しい理由としては、
新しいデイの始まりは、今のデイより1時間早いので、
朝が あわただしくなりかねないし、
つるちゃんが寝坊すれば間に合わなくなる という事情もある。



これまで通りが良い理由としては、
家でお風呂に入れたいことと、散歩に連れ出したいこと がある。


月曜日には、夕方入浴介助のためにヘルパーさんが来てくれる。
つるちゃんは お風呂が大好きだし、いいリハビリにもなっている。
その後の休養の取り方もうまくいっていて、夕食には影響しないので、
今のところは、月・火・金 と家でお風呂に入る事を続けたい。

また、天気が悪くなければ、
かめこの都合に合わせて つるちゃんを散歩に連れ出せる。
つるちゃんは居眠りしているときでも、
外に誘うと、大抵喜んでくれる。



つるちゃんの楽しみは、かめこの楽しみでもある。
お風呂や散歩で つるちゃんが気持ち良さそうにしてくれると、
かめこも嬉しい。幸せな気持ちになる。
そもそも自分自身が とても楽しみにしている時間だ。

それに、月曜日に来てくれるヘルパーさんに、
ここで辞めていただくのも、とてももったいないんだ。




それなのに、どうして「とても迷った」のか。
それもいったんは、「新しいデイに行く」方に半ば決めていたほど。 




うちに取り込みがあり、
11月の月曜日2回、
現在のデイサービス“そよ風”さんに、臨時で受け入れてもらった。
つるちゃんの起床時間前から就寝までずっと、
ヘルパーさん達に居てもらったこともある。
デイジーの里帰りは予定されたものだったんだけど、
うちの窮状(だよね?)を知った あちらのお母さまが延期を申し出てくれた。
ミニーも泊まりに来てくれて、
夜寝付いたつるちゃんを 見守りしてくれたりもした。




そんな風に、
今回は、いざというときに 手厚い援助体制が取ることができた。


でも、娘達を いつも当てにするわけには行かない。
デイジーは、遠い島に住むし、
ミニーだって、来年は 子育てが始まる。



それを思うと、
このままでは、まだ体制が甘くて不安が大きい。
ショートステイ先は2ヶ月前の1日(12月分なら10月1日)予約で、
キャンセル待ちも ほとんど望めない。
融通が利く場所が確保できたら どんなにか助かるのに。





そんな矢先、
新しいデイの「ご近所内覧会」のチラシが飛び込んできた。



新しいデイには、
緊急時 夜間預かりシステム というようなものがある という。
(前から予定された お泊まりでも良いようだ)

ケアマネも、
デイの現地に出向いてくれて、
その後も連絡を取ってくれて、


「話を聞いても、よく分からないの」 と言いながらも、
「ご近所さんのよしみで、何かの時に力になってくれそうな気がするわ」
という 言葉が出たりもした。


これが縁というものじゃない?
利用しない手は ないんじゃない?
見る限りは、感じ良かったわ。



そんな風に、揺れた。



ヘルパーさん達に、
前記事に書いた「かめこには うまく介助が出来ないこと」 や
「新しいデイの話」
「つるちゃんの今の生活状況と問題点。どういう生活習慣にしたいか」 
 を相談した。

それぞれが とても親身になって考えてくれた。

今 思い出しても、胸が熱くなるほど ありがたかった。




その辺は、今は省略するけど、 



何も新しいところに 飛びつくこともない。
今 心から支えてくれている場所・人たちを まずは頼りにしよう。


そう思えたので、冒頭の結論になりました。




追記:
前記事コメント欄で、
私は「うちはロボット利用が向いてそう」 といいましたが、
決して ヘルパーさんに代わるものとは思っていませんし、
かめこの出来ないことをロボットで補えるとは考えていません。
イメージとしては、
かめこがロボットを被って力自慢になれればいいなぁ。
というような感じです。
不適切な言い方をして ごめんなさい。




【2009/12/10 16:28】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ヘルパーさん達への気持ち
9月29日火曜日、
ヘルパー会社つる担当コーディネーターが、
「ヘルパー指示書」更新内容打ち合わせのために来宅した。


これは、
ヘルパーの仕事内容を、会社としてより明確にしてもらうことで、
ヘルパーさんと家族との行き違いが無いようにしたいとの思いから、
かめこがお願いしたことだ。


人と人との関係って、案外たわいないことで誤解を生んだりするもので、
今回は、そのたわいないことがクリアされていなかったから、
大事なところも、通じ合えないことになったのではないかと、
かめこは考えたのだ。



コーディネーターさんの一言目が、
「今回指示書を見直せて、本当によかったです。
 つるさん、ADLが低下されていて、
 ヘルパーの仕事内容も、随分変わっていました」



指示書というのは、
ケアプランに示されている、項目一つ一つについて、
「ヘルパーが何をどういうやり方でやるか」
手順から何から説明したもの。


今回、会社が改めてつる担当ヘルパー2名から聴き取りして、
逐一書き出したものを基に、
かめこが、
その場でつるちゃんのお世話をしている、しろつめ草さんにも確認しながら、
補足していった。

その作業は、とても1回では終わらない。
また、ヘルパーさんとかめこからの聴き取りだけでは、
コーディネーターさん自身が理解しにくいので、
ヘルパーサービスの全工程を、後日見学にくることになった。


「見るだけじゃ分からないから、やってみたら」 と、かめこ。
自分が出来ないことは、文章に出来ないし、
ヘルパーさんに、指示できないものね。


コーディネーターというのは、
「ヘルパーの最初の訪問時、
 家の物の置き場所や道具の使い方、仕事内容を詳しく説明する」
というのも、大事な仕事。
それに、コーディネーターが作成する“訪問介護計画書”だって、
実際の仕事内容が分かってないと、絵空事になってしまう。




【続きの表示】
【2009/10/13 22:58】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(8) |
ヘルパーさん達の気持ち
ヘルパーさんに、かめこのせいで辞められたことを知って、
かめこは、他のヘルパーさん達のかめこに対するお気持ちを、
改めて聴くことにした。



会社から知らせを受けたのが、9月25日(金)午前。
その午後には、ひまわりさんに。


 かめこのやったり言ったりしていることで、改めた方がいいことがありますか?

 一番難しいのは、お風呂上りですね。
  (今は洗濯機につかまって立って着替えていますが、)
  もう危ないから、イスを用意した方がいいと思います。


(いやいや、そういうことではなくて。
かめこへの不満とか、そういうことを訊いているんだけど・・・)



 ああ、そうね。
  火曜日のヘルパーさんにもうかがってから、用意するようにします。

  何か、私と行き違いとかはありますか?



 それは無いなぁ。
   私は、何でもその時
(都度)訊く(確認する) ことにしてますから。




9月29日(火)には、しろつめ草さんに。 
月曜日のヘルパーさんが辞められたことを伝え、
同じような質問をした。




 私も、あの時は会社に「かめこさんには もうついていかれません」
  と言いました。


 (ああ、“あの時”のことね。きつい言い方をして申し訳けなかったわ)


 私は、他のお宅ではいろいろ言わせていただいていますが、
  かめこさんには言えません。
  命にかかわることではないから、
  かめこさんのやりたいようになさればいいと思って言いませんでした。

 ミキサー食にしたのもトロミも遅かったですね。
  ミキサーの時は、それより前に、私は(そうした方がいいと)言ったんですけど。



  え?気づかなかったわ。“ミキサー食”という言葉を使ったの?


  いいえ。そういう言い方はお嫌だと思って別の表現をしました。



 かめこさんは、初心に返ってください。
  私はいつも、リセットするんです。

  かめこさんは、「自分は他の家族よりいろいろ経験している」
   と思われているようですが、それがいけないのではないでしょうか。

 私は技術よりも、
   つるさんとかめこさんとの関係の方が重要だと思っています。




言葉はもっと多いです。
しろつめ草さんは、冷静に話された。
かめこは、その場では、
ほとんどの言葉に、ブザマに言い訳ばかりして墓穴を掘っていた。


けれども、しろつめ草さんが帰られてから思い直し、
ヘルパー会社に電話をして、

「しろつめ草さんが、言いにくいことをたくさん話してくださいました。
感謝しているとお伝えください」
 と話した。





【続きの表示】
【2009/10/08 14:20】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(23) |
ヘルパーさんに辞められて
先日、5年5ヶ月来てくださっていたヘルパーのかすみ草さんが、
うちのサービスを辞められた。
ヘルパー会社つる家担当コーディネーターから電話で、
その事実と、替わりに来る担当者の名前、
そして、かすみ草さんが、

「かめこさんとは、もうやっていけません」と、話されたことを知る。


会社もケアマネも、「さもありなん」。
ヘルパーさんを筆頭にスタッフさんたちにとって、
かめこは、とてもとても問題ある家族だから。
そんなだとは、ブログを読まれている方には、想像つかないだろうけどね。

ブログにウソは書いてない。
だけど、その時の自分が書きたいことを書くから、
欠点だとか、悪く映る部分は入れてないだろう。
オットさまから見ると、それでも十分かめこらしいブログだけど。
(あの人は“アバタモエクボ”なんです)




かすみ草さんは、うちを辞められただけではなくて、
ヘルパーとしての自信をなくされ、仕事を縮小されるそうだ。


多分、これまで何度も「辞めたい」と会社つる担当に願い出ては、
「替わりに入ることのできる人がいないから」と、
受けてもらえなかったことと思う。
だけど“21日”に、かめこから、
いろいろ傷つく言葉を受け、決定的な言葉があったことで、
つる家担当を外れる意志が固まり、
今度こそ、
もう会社としても、慰留できないと判断したのだと想像する。
【決定的な言葉】があったことは、会社から聞いているので事実。
まったくかめこの不徳のいたすところで、とても反省している。




会社(つる家担当コーディネーター)には、
たくさん話を聞いてもらい、

かすみ草さんの お気持ちを、無駄にしないように努力します。
と伝えた。

また、ヘルパーさんの仕事が明確になることで、
ヘルパーさんとかめことの行き違いが無くなるように、

「指示書」なるものの更新 をお願いした。

お気持ちというのは、
 5年5ヶ月、つるちゃんとかめこにとても良くしてくださったことと、
    かめこのせいで、とても傷つかれたこと)




お世話になった大事な人を、深く傷つけてしまったことで、
かなり落ち込んだ。 


世の中には、
努力など通用しない どうにもならないこともある。

だけど、
ヘルパーさんに敬意を持って接するなんて事は、
自分の心がけ次第で、たやすくできることだ。

自分にできることをしてこなかったことが、今、とても悔やまれる。


かすみ草さん、ごめんなさい



押してね ランキングに、応援クリックお願いします。


文芸社『つるちゃんとかめこ』情報←クリックすれば飛びます。ここからも買えます。
ただいま、文教堂書店 函館昭和店さん、水戸店さん、まるひろ南浦和店さん、
王子神谷店さん、溝ノ口本店さんに置いていただいています。
お近くのかたは、ぜひ覗いてみてくださいね。


テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
動画部分は、ニャホニャホさんが加工してくだいました。
【2009/09/30 22:59】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(40) |
留守番は高額自費必至
8月2日日曜日、
つるちゃんは、早朝5時半から夜の8時まで、お留守番をする。
つるちゃんのお兄さんの一周忌の法要があり、
かめことオットさまは、つるちゃんの故郷まで出かけるんだ。



昨年の納骨式は、
運良く、先に決まっていたショートステイの真っ最中に当たっていたので、
直ぐに出席の返事が出来た。
あまりの偶然に、
まるで叔父さまが かめこを呼んでくださったとしか思えないような、
縁を感じた。 


同じ奇跡は起こらない。
この8月のショートステイは、
2ヶ月前の1日、6月1日にケアマネが申し込んでくれていて、
かめこの希望通り、第3火曜日を含む2泊3日が取れている。
第3火曜日というのは、ステイ先の月1回の理容の日に当たる。
かめこの希望通りに切ってくれる上、センスがあるので、
とても気に入っている。
それで、
2ヶ月先に優先する用事が無い限りは、
この日程で申し込んでいるのだ。




一周忌の知らせを受け、
直ぐにケアマネに連絡。
念のために、ショートステイ先に空きがあるか調べてもらう。
この手の作業は、もう何度も経験している。
ケアマネに、

「やはり満室でした。キャンセル待ちしても空いたことがないから、
期待しない方がよさそうですね」

と言われ、
かめこは、別の手段を講じることにした。


次なる手、というか最終手段はヘルパーさんを頼むこと。
その日、何時に家を出ればいいのか何時に帰れるか 調べて、
留守の時間帯と世話の内容をイメージし、
いつも来てくれるヘルパーさん達と娘のミニーに、
都合がつくかどうか、打診してみた。
いつもの人なら、
つるちゃん特有の動き方も家の様子も暮らしぶりも わかってるから、
ひとりでもつるちゃんを見ることが出来るのだ。
逆に、慣れてないヘルパーさんでは無理。


それから、会社に正式に依頼する。
今、うちに定時で入っているヘルパーさんは3人。
この3人とミニーが、当日交替で来てくれることになった。




5時半~10時まで・・・しろつめくささん   起床・朝食・散歩など
10時~3時まで・・・・・かすみ草さん     昼食・昼寝など
3時~6時まで・・・・・・・ミニー         おやつなど
6時~8時まで・・・・・・・ひまわりさん     夕食など

かすみ草さんは、引継ぎのため5分前倒し。ミニーは早めに来る)


4人とも、皆さんの聞き覚えのあるラインナップでしょ?



今週は、それぞれのヘルパーさん達と、細かい打ち合わせをしている。
しろつめくささんには、つるちゃん定番の朝食を作ってもらう予定なので、
実習もした。
自費ということで、つるちゃんのこと以外にも、仕事をお願いする。




この日1日で、ヘルパー会社に支払う費用は・・・・。 
   (支払いは、各月ごとに介護保険利用分と自費分を合算)
日曜祭日は30パーセント増し、6時前は深夜料金で50パーセント増しで、
長時間割引というのが入るけど、

な  なんと、 よんまんえんほど
 (大きな声では言えないわぁ)



今回のことは、
かめこが出席したいのももちろんだけど、
つるちゃんだって、かめこ夫婦に出てほしいと思っているよね?
だから、
高額になるけど、つるちゃんに出してもらっていいと割り切ることにした。

だけど、
自分のことだったら、
ショートが取れなかったといっても、
ヘルパーさんを自費で頼むのは、
前記事に書いた、
今年度のケアプランに組んでいる時間外にはできないなぁと、
改めて感じている。
ヘルパー会社への支払いは、全てつるちゃんのお金から出るんだもの。




それにしても、
自費がいくら高額になってもいいわけではない。
そこで、
8月度ケアプラン分に関しては、
看護師さんとケアマネに相談し、
訪問看護師さんの時間を、1時間→30分に減らすことにした。
つるちゃんが膣洗浄の段取りに慣れたことで可能になったこと。
かめこが、先につるちゃんのトイレ誘導を済ませておくことが条件。
30分では、相談時間がとれないので、
9月度分以降のケアプランについては、30分にするかどうか未定。


なお、
訪問看護師さんの4回分が30分ずつ減ると、(トータル2時間減る)
ヘルパーさんの自費分が、トータル4時間分減らせる。



いつもこんな風に、結構細かく計算してるのよ。
せっかくあるサービス、そして介護保険ですもの、
本当に必要なところに使いたいからね。
【2009/07/30 15:34】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(12) |
娘のくれた休日
土曜日の夜、
かめこは、友人がボーカルを務めるブラジル音楽のコンサートに行ってきた。
(ブラジル音楽に興味のある方は、こちら まで)
初めて聴くブラジル音楽。
“サンバ”にも いろいろあるようなんだけど
好きな音楽だなぁと思えたし、
とにかくすごく楽しいステージだった。


ご機嫌のまま帰宅したら、
その日手伝ってくれた娘とオットさまが喜んでくれた。
そうだよなぁ、協力してくれた人にとっても、
かめこが楽しめて良かったなぁと、思った。



なんだか気分がすっきりして、
翌朝の日曜日になっても、ご機嫌で、
朝食を終えてから、
オットさまとつるちゃんと3人で、車椅子を押してスーパーに行った。
つるちゃんをスーパーまで連れて行くのって、
かめこにとってはヨイショって気合入れるようなことだから、
買い物があっても、
普段の日曜日だったら、オットさまに頼んじゃうところなんだけどね。



【続きの表示】
【2009/04/20 23:24】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(6) |
訪看さんにお返事
毎週火曜日の午前中には、訪問看護師さんが来る。
ホウカンさんは4人くらいいて、その日誰が来るかは分からない。
どの人も、先週までのつるちゃんの様子を把握しているし、
相談すれば、自分の考えをしっかり話してくれるから、
かめこは、とても信頼している。


と言うわけで、
誰のことも、エンジェルさんと呼ぶことにするよ。
のせりふは、つるちゃんです。




10月7日、エンジェルさんが、つるちゃんにご挨拶。

つるさん、おはようございます。
つるさん、ピンクの靴もお持ちなのね?
今、玄関で見ました。
とてもいい色!かわいいわ。
あんなステキな靴があるんですね。
このお洋服も、とてもお似合いです。
つるさんは色が白いから、こういうはっきりした色がお似合いね。
あっ、かめこさん、おはようございます。 
       (かめこも、初めからいましたけどぉ)


ピンクの靴の話を、かめこと少しする。
その他にも、つるちゃんに関する雑談。




つるさん、お熱を測らせてくださいね。

うん。  (「うん」だなんて、珍しいです)

つるちゃんは、体温計を入れられるのが嫌いなので、
測りそびれないように、真っ先にチャレンジする。
さんは、一つ一つの動作をする度に
つるちゃんにお伺いを立て、
つるちゃんは、そのひとつひとつに、

「はい」と答えている。


その間、かめこは、この1週間のことを報告。

・2日起きたら、歯が折れていたこと。
・寺のお蕎麦屋さんで、ふた口目まで、とても時間がかかったこと。
・1日(水)から、ミキサーをかけないおかずも出していること。

              などなど。 一つ一つ細かく話す

ホウカンさんがいろいろ質問して、かめこが答える。


お食事は食べられていますか?


はい。しっかり食べています。

お通じはどうですか?


カマだけで、1日に2回出る日が多いです。
               などなど。

体温は36度。測り終えて、



他に、気になるところはありますか?

本人に聞いていただけますか?
 つるに
他に気になるところはありますか?
 ちょっと考えて、
いいえ

まぁ、つるさん、「いいえ」とお返事してくださったのね?

ほんと、はっきり聞こえたわ!        
                  ー会話省略ー


次に、血圧を測る。
腕を出す、袖をまくる、など、
一つ一つに、お伺いがあり、
つるちゃんが声に出して返事をしている。



あれ?きょうはいくつだっけ・・・。 
とても良いです!って言われて、数字は忘れちゃった。

胸とお腹に聴診器を当てる。
膝の腫れ具合をチェック。




ベッドに寝るのは、左腰のじょくそうが一番心配なので、
基本的には右下にしているんですけど、
右足小指のつけ根の外側とくるぶしの赤味が強くなったので、
3日ばかり右を上に寝ています。
そしたら、左の小指の根元が赤くなっちゃって。。。。




どれどれ、
つるさん、右足を見たいので、靴下を脱いでいただけませんか?


はい つるちゃん、すんなり靴下を脱がせる。
                 の会話省略

つるさん、左足も見たいので、靴下を脱いでいただけませんか?

・・・・・・・
つる無言。
困った顔をして、かめこを見る。
眉間にしわ。ちょっとそわそわ。でもイスから立つほどではない。



かめこ、ピンと来て、
後ろ歩きでつるちゃんの両手を引き、トイレに誘導。
 歩き方をチェック。

右足、大きく出ますねぇ。


トイレで、つるちゃんのズボンとパンツを下ろす。
小が出ていた。 と言うより、今出たという感じ。


 お尻や足をチェック。

お尻もきれいですね。
それにしても、かめこさん、さすがです。トイレだったんですね。
 
いつもは、ああいう時(トイレに行きたい時)には、イスから立つんですけど。。。


つるさん、 (左)足を見せてなくてはいけないから、 
(トイレに行きたいのを) 我慢してくださっていたんですね?
きょうは、全部お返事してくださっていたのに、
あの時だけ、お返事が無かったのは、

(見せないわけにはいかないけど、トイレに行きたいと)
お困りになったからですね。


もう30分を過ぎていたので、
トイレで、とお別れ。



きょうは、全部お返事してくださって、とても嬉しかったです。
と、つるちゃんに挨拶し、エンジェルさんは、帰られた。



ほんと、かめこも\(◎o◎)/!だよ。
つるちゃんは、全部声に出して返事をした。
しかも、ちゃんと考えて、
「いいえ」 もはっきり言えた  



【2008/10/07 23:59】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(12) |
パソコンカバー作り
つるちゃんがお泊り中、ヘルパーさん達は、お休み。
でも、今回は、金曜日担当のひまわりさんに、
いつもより短い時間だけど、来てもらった。
もちろん自費で。



ひまわりさんは、昔洋裁店に勤めてたほど、洋裁がお得意。
これまでも、つるちゃんの介護に役立つものを、
色々リフォームしてもらっている。
ブラウスの袖が、取れるようにするとか、
安いワンピースを、脱ぎ着の楽な、涼しい物に変身させるとか。。。
最近では、歩行器の持ち手の防寒用カバーを作ってくれた。

ちなみに、現在は、
ひまわりさんには、介護保険で認められている時間のほかに、
「家事援助」の時間を、30分自費でお願いしてる。
必要に応じて、「掃除」してもらったり、「洋裁」してもらったり、という具合。





さて、今回は、純粋に、かめこの趣味の時間。

ひまわりさんにお願いして、
簡単なところは、かめこに縫わせてもらって、一緒にミシンがけ。



パソコンカバー

左がプリンターで、右がパソコンのCRT。
パソコンの位置は、
かめこがパソコンに向かって座った時に、
つるちゃんに背を向けないように、わざと横向き。
だから、見えてるのは、画面の裏側。


「立体裁断ね。」
ひまわりさんは、生地を、CRTやプリンターにかぶせて、
生地の裁ち方や縫い方をその場で考えてくれた。
CRTの方は、見た目どおり、単純。
       
       (注:それでも、かめこにはできない。)
プリンターの方は、
ひまわりさんにとっても、力作なようだ。

上手くできたから、うちでも作ってみる って、言ってたよ。


生地は、近くの家具屋さんで、カーテン生地のはぎれを買ってきてた。
150センチくらいで400円
しっかりした生地だから、カバーとして形が上手く出て良かった。



残りの生地を使って、
リビングに置いてる小物たちもおしゃれに。


小物達


ティッシュ箱カバーでしょ。
消毒用のウエットテッュのカバーでしょ。
(これは、かめこがボンドで貼り付けた。
蓋のテッシュを取り出す部分が壊れたら、本体を買って、
蓋だけ取り替えればいい。)

はぎれが、ほんの少しの残ったから、
マガジンラックもお飾り。
最終的に、生地はくずしか残らなくて、
ひまわりさんも、
上手く使ったわね。って、感心しきり。 



こんなのあったらいいなぁ、
って、思ってた物ができたよ。

ひまわりさんと一緒にできて、凄く楽しい時間だった。

[テーマ:こんなの作りました♪ | ジャンル:趣味・実用]

【2007/12/16 12:16】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(14) |
おばあちゃん思い
ショートの間、調子の良かったつるちゃんは、
帰ってからも、ショートに行く前より、食べられるようになった。



きのうは、夕方からミニーが来て、夕食を一緒に食べたんだけど、
良く食べられるねぇ。凄いねぇ。って、
盛んに誉めてくれた。

誉められる度に、
つるちゃんは、ミニーで無くかめこを見て、

嬉しい!誉めてくれてありがとう!
って顔をする。

ミニーは、つるちゃんの左側に座ってたので、
左耳の聞こえない、つるちゃんには、右の耳から聞こえてくるから、
声の主が、かめこかと思ったんじゃないかな?


つるちゃん、誉めてくれたの、ミニーだよ。


ミニーはね、
今回のショートの前に、
つるちゃんの頭が下がって、食べられなくなったのを見て、
とても心配してくれてた。


その時は、言わなかったけど、
あのまま、食べられなくなっちゃうのかと思ってた
って。

お母さんも、そう思ってた。 って、答えた。


きょうは、首も背も、
この前よりしゃきっとしてて、ビックリした
 って、
そして、
つるちゃんが元気になって、表情もいい って、

ミニーは、すごくすごく喜んでくれた。


ミニーがあんまり嬉しそうにしたので、
かめこは、胸がいっぱいになった。

ミニーちゃん、ありがとうね。



押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
素材もブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー
次女ディジー 亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生
訪問看護師:エンジェルさん達  訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2007/06/11 14:35】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(12) |
心配してたこと
自分で言うのもなんだけど、
病気に関して、私は、
自分についても 子どもや オットさまや 親についても、
大げさに考えすぎたとか、
逆に、もう少し早く気付けたはずだとか、
そういうことは、
ほとんど無かったように思う。



その私が、
自分について、認知症またはその前段階ではないかと考えて、
心配してた。 

本気で心配して、
認知症専門医の Dr.お茶の水博士に時間を作ってもらって、
相談したんだ。



結論としては、
今回、つるちゃんが「和やか病院」(仮)に入院した日、
Dr.が、

お話を伺った限りでは、心配ないでしょう。
と言ってくれたから、
大丈夫なようだ。



mayumi*作


【続きの表示】

[テーマ:精神科・心療内科・メンタルクリニック | ジャンル:心と身体]

【2007/06/02 23:48】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(26) |
てるちゃん、退院します
つるちゃんと同じ誕生日で、ちょうど10歳違いの、オットさまの母さまが、
きょう9日、ようやく退院する。


長かったなぁ。
2月15日だよ。てるちゃん(仮)が、腰が痛くて入院したのは。


実は、痛みはまだ取れていない。
ベッドに横になってると楽だって、言ってたけど、
家事をこなせるほどでは ないみたい。

ただ、
ずっとベッドに横になってた割には、歩行状態が良くて、
それは、みんなの安心材料だ。


うう~ん、最近、物忘れが出てきたみたい。
窓も見えない、廊下側のベッドの上の生活が続いたから、
かめこは、仕方ないと思ってるんだけど。
こういうのって、どうなんだろう。。。




きょうはね、 

オットさまが、退院の手続きすることになっていて、
オットさまの兄さまが、車で迎えに行くことになっていて、
オットさまの姉さまが、家で準備して待ってることになってて、
姉さまとオットさまが、てるちゃんの家でお泊り。
兄さまの家は、廊下で繋がってるから、一緒のようなもの。


主治医の説明も、3人一緒に聞くことが多かった。

看護師さんに、言われたって、 

仲の良い、ご兄弟ですね。 って。



そりゃぁ、言うよ。

かめこも感心するもん。




3人が気持ちを合わせてる。



姉さまと兄さまは、
ずっと、てるちゃんを見てきたと思う。

だけどね、
オットさまは、これまでは、
嫁さん一辺倒で、嫁さん大事大事で、
        
    (分かるよね?
母さまのことは、
ちっとも気にしてない風だった。
自分から、会いにいこうとしたことなんて、
なかった気がする。。
それどころか、
かめこが調子悪かった時なんか、
行くの止めようか? (自分も、ってことだよ。)  だって。




今回、初めて、姉さま兄さまと、足並み揃えることができて、

かめこは、とても嬉しい。


親と居る時間を、

大事にしたい。


そう、思っている。




押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

入院について書いた記事:「87歳初入院!」
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-431.html

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり コスモス 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

【2007/04/09 14:10】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(22) |
87歳初入院!
17日土曜日。
つるちゃんがデイサービスに出かけている間に、都心まで、お見舞いに行ってきた。
一度、皆様にもご紹介した、
オットさまの母上の
 てるちゃん」(仮) のところへ。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-212.html


てるちゃんは、腰が痛くて入院したんだ。
原因は、どうやら、圧迫骨折らしい。

圧迫骨折は、つるちゃんも何回かやった。
入院こそしてないけど、1週間、痛くて寝たきり、ということもあった。
アレは、骨がもろくなってるから起こるので、
きっかけは、ホンの些細なことだったりするらしいけど、
とにかく痛いんだよね。
可愛そうに。。。



さて、本日の主人公、てるちゃん、

10年位前まで、  お産以外に入院したことが無い、 というのが自慢だった。
で、この10年間に、白内障の手術は受けているんだけど、
それが、なんと、日帰り。


だから、
今回の入院が、お産以外では初めて、というわけ

つるちゃんとは、
同じ誕生日、ちょうど10年違いの87歳で
。  


かめこなんて、
大きな手術だけでも複数回。入院経験多数。病名多種類、だっていうのに。。。



ベッドで点滴を受けてる、てるちゃんに、
『入院のしたく、大変だったでしょう』 って、聞いたら、

『入院のしたくは、ずっと前(口ぶりでは、何年も前)からしてあったの。』
『こまごましたものも風呂敷に包んで、バックに入れてたのよ。』

『あと、入院してからの着替えもまとめて、風呂敷に包んであるんだけど。。。』
『あしたあたり、持ってきてもらわなくっちゃ。』


ですって 


さすが、てるちゃん。オットさまの母上様

てるちゃん、早く良くなってね


押してね ランキングに参加してます。応援クリックお願いします。

テンプレートタイトル絵は、mayumi*さんが描いてくださいました。              
素材は、同じく、ブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、  

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケアマネ:マウンテンさん  精神科医:Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医:キューピー先生訪問看護師:エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり たんぽぽ 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 
 
【2007/02/17 18:55】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(16) |
大好きなおばあちゃんが
大好きなおばあちゃんが、認知症になったこと、
ミニーは、辛い、って言ってた。
自分のおばあちゃんが、どうして、 って思うって。


おととしの1年間は、仕事を辞めて、
かめこと一緒につるちゃんをみていた。

ミニーは、おしもの世話がイヤだとか、そういうのじゃなくて、
おばあちゃんのそういうことをすることに、とても抵抗ある、辛い、
って、言ってた。
1年間、悩みながら、つるちゃんをみていた。
一生懸命が、なんだか、かめこには不自然に見えたりもした。


その後、ミニーは、初めからの希望どおり、家を出た。
そして、顔を出す他に、
1年目はひと月に2度、今年度が1度、
つるちゃんの世話をする為に、家に来るようになった。


『つるちゃん、つるちゃん。』 って、呼びかけるその声は、同じ響きだけど、
今は、とても自然に聞こえる。


つるちゃんの方も、いつも傍に居た1年間は、
ミニーを頼りにしているようには、見えなかった。
全然お世話には参加してない、ディジーの方が、
明らかにお気に入りのようだった。
ミニーは初孫で、つるちゃんは、あんなに可愛がっていたのに、
その1年間は、表面は、遠い人のようだった。
それは、ミニーが可愛そうなほど。



でも、今は、全然違う。
ミニーが居る時は、ミニーが、つるちゃんにとっての、おかあさんだ。
きっと、普段は離れていることが、二人を表面も、いい関係にしたんだろう。





【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2007/01/23 07:56】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(16) |
誕生日にはバラの花束
「誕生日には、バラの花束」 
毎年、オットさまが、プレゼントしてくれる。
結婚以来、1回も欠かしたことがない。

バラの花束、そのものだけが、嬉しいわけではない。
玄関で見せる、オットさまの照れくさそうな顔が、
ぶっきらぽうに手渡す、その仕草が、
かめこには、何よりの贈り物だ。


オットさまは、その時住む家の、最寄の駅の花屋を全て廻り、
一番品がいい店を選ぶ。
ここぞという店が決まったら、毎年そこで買う。

店の中で、その年一番きれいな花を選ぶ。
今年のは、どうたらと、バラにだけは、やたらうるさい。


去年だったか、おととしだったか、
色とりどりの花束だった。
かめこは、嬉しくなくて、わざとむすっとしてた。

誕生日には、バラの花束。
それは、真っ赤に限るでしょう?


いつだったか、
家族でグアムに行った。
帰りは、21日夜、東京着の日程だった。


『当日に渡せないよ。』
オットさまがそう言って、
娘達をグアムにおいて、一日早く、二人で帰国する計画に変更。
そして成田からの帰り、花屋に飛び込んだ。


誕生日にはバラの花束。
それは必ず、当日って、こだわる。


5年前に、手術した時も、
誕生日には、退院した。


つるちゃんのことで頭が一杯で、
誕生日を忘れてた年があった。
玄関で、バラの花束渡されて、
きょうが誕生日だと、思い出した。




誕生日には、バラの花束。
今年のバラは、大輪です。

誕生日には、バラの花束


過去記事「つるちゃんが、かめこを産んだ日」も、ぜひご訪問下さい。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html


押してね 応援よろしくお願いします。
                              
素材は、ブログ「mayumi*のココロ」さんより、お借りしてます。
皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 

家族:
mayumi*作可愛つる(つるちゃん) かめこ オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:ケア・マネ:マウンテンさん  精神科Dr.お茶の水博士
     内科かかりつけ医キューピー先生訪問看護師エンジェルさん達 
         訪問歯科の先生  
ホームヘルパー:かすみ草 しろつめ草 マーガレット ひまわり たんぽぽ 
ネットで知り合った、お友達:

mayumi*作 コメントと絵文字の入れ方。
①画面右下の「コメント」と書いてあるところをクリック。
   ②画面を下のほうに移動。コメント投稿欄がある。
   ③コメント投稿欄の上のアヒルクリック。
   ④違う絵が見たい時は、上の番号をクリック。
   ⑤上に出てるアイコン以外の、好きな絵をクリック。 

[テーマ:こんなわたしたち | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/12/21 23:51】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(36) |
今、母として
ミニーが、幼稚園の先生になったのは、
同じ職に就いていた、かめこの影響なのか、
少し前に、改めて訊いてみた。


子どもの頃から、話を聞いていたから、
興味を持つ機会は、他の子より多かったと思うよ。

という返事。 


そういうことなら、自然なことだったのかと思い、安堵した。

私は、娘が同じ仕事を選んだことを、嬉しいと感じるより、
母親が、選択の幅を狭ばめてしまったのではないか、
というような気持ちでいたから。



そうは言っても、
なんと言っても、
ミニーには、子どもたちと過ごす仕事が、とても向いているようだ。


ミニーが仕事を始めてからは、
母親として、話してくれる事柄が、どれも良くわかり、嬉しかった。
ミニーが話すことが、自分は持たなかった悩みだとしても、
状況は、充分想像でき、感情移入して聞くことが出来た。
結果として、ミニーにとって、
お母さんに聞いてもらって良かった。
と、言ってもらえるようなことになったりもして、嬉しかった。
【続きの表示】

[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/12/19 00:32】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(24) |
かめこの診察日
金曜日の午前中、かめこは、自分の診察のために、病院に向かった。
つるちゃんは、ヘルパーのひまわりさんとお留守番。


つるちゃんは、ベッドから起きる前に、ゆるい う☆ちを たくさんしてた。
オムツから漏れて、背中に回る。
その う☆ちが、たくさん染み付いた、パジャマとタオルケットと少しついた防水シーツを残し、
かめこは、家を出た。

つるちゃんが、朝食最後のヨーグルトをのんびり食べてる間に、
ひまわりさんが、それらを下洗いしてくれて、
それを、
かめこが、お風呂の残り湯を入れて、洗剤や消臭液をセットしておいた、洗濯機に入れ、
洗濯して、干しておいてくれた。

なんと素晴らしい、連携プレイ。
とても助かった。



           
【続きの表示】

[テーマ:病気と付き合いながらの生活 | ジャンル:心と身体]

【2006/10/27 23:59】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(14) |
孫の成長
15日の日曜日、かめこの長女の ミニーが来た。
先月は3日に来たから、6週間ぶりだった。


ミニーは、つるちゃんが、不眠や激しい徘徊で、介護が大変だった頃の1年間、
かめこと一緒につるちゃんを見てくれていた。
その後、
去年が、月に2回。
そして、今年度は、月に1回、つるちゃんのお世話を手伝いに、やって来る。




きのうのミニーは、これまでかめこが見てきた中で、
つるちゃんに対して、一番落ち着いて接していたように思う。
つるちゃんを心から可愛がってくれる様子に、余裕が感じられる。

なかなか いい感じ。


きっと、ミニー自身の暮らしが充実してるのだろうな。




そんな母の思いは、当たっていた。


ミニーは、仕事で、人に必要とされていた。

でも、それは自分の力ではなくて。。。と謙虚に、話してくれた。


『私は、人に恵まれているの。』




ミニーも デイジーも、それぞれのやりたいことを見つけ、
その道を進もうとしている。



そんな娘たちを見ていると、

かめこは、とても幸せな気持ちになる。




つるちゃんを、最初に、「つるちゃん」 と “ちゃん付け”で呼んだ、ミニーは、

まるで、つるちゃんのおばあちゃんのような、
優しい目で、
つるちゃんを見ていたんだよ。



押してね  応援クリックお願いします!  

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:



[テーマ:幸せなひととき | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/10/16 23:22】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(18) |
父の為の部屋
つるちゃんに、認知症の症状が出てから、きょうまでに、
この家は、2回リフォームをしている。



1度目は、かめこ一家が、この家に越す前。
家の奥まった場所に位置する、両親の4畳半の寝室の南側に、
間仕切り無しでつながる、2帖ほどの洋間と
トイレと洗面台(簡易的な間仕切りあり)を増築した。
弟が、知り合いの大工さんを連れてきて、
その棟梁に、かめこが希望を話して、造ったもらった。


2帖分の洋間は、かめこの心積もりでは、 父の居場所だった。
読書の好きな父が 本を読んだり、テレビを見たりするための場所のつもりだった。 



でも、生前、 父が、その部屋を使う場面は、とうとう見られなかった。
一日中、ほとんどの時間を、
狭いダイニングキッチンの、小型テレビの目の前の定位置で、本を読んで過ごしていた。
そして、その2帖のスペースは、
片づけができなくなった母が、物を置いておく場所となっていた。

ただ、トイレと洗面台は、本当に役に立っていた。




時は流れ、父も亡くなり、いろいろあった後、
おととし、再同居を果たした時点に移る。


つるちゃんは、右ひざが悪く、布団に膝をつくことができなくなっていた。
そこで、南側のこの2帖のスペースに、ベッドを置くことになった。
かめこ家が、もともと持っていた、和ダンスの置き場も、そこ以外にはない。 

両方入るの?

それが、バッチリ!
介護保険利用でレンタルした、ショートサイズのベッドは、
洋間の南側のテラス窓にそって置かれ、横向きに置いた箪笥と共に、うまく収まった。
ただし、和ダンスの下の引き出しは、ベッドが邪魔で、通常は開けられない。
そこで、開かない下の引き出しに、着物類を入れ替えて、使用した。

ベッドの裏には、トイレがある。

このレイアウト、まるで、計算していたとしか思いようが無いほど。
寸分の無駄なく、物が置かれ、理想的な動線で、機能的に利用できる。
かめこって天才?予知能力あるんじゃない?

ヘルパーさん達も、口々に誉めてくれた。

なんて明るい、窓辺のベッドなの?
気持ち良さそうね。
 って。
【続きの表示】

[テーマ:認知症の介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/08/13 17:22】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(17) |
願い事
「茅輪神事」 という記事で書いた、神社は、オットさまの通勤途中にある。
http://turukameko.blog44.fc2.com/blog-entry-194.html

かめこが、乳がんだとわかった日の翌日から、
会社に行く日は、ずっと、行きと帰り、
オットさまは、本堂の前で  手を合わせ、
お参りしてくれてたんだって。



願い事は、もちろん、かめこのこと。



今も、かめこは、月に1回、手術をしてくれた先生の所へ行く。
前月の検査に結果を聞き、検診を受け、薬をもらう。
 


『大丈夫だったよ。』 
かめこが、そう報告すると、

『ああ、良かった。』 
オットさまは、いつも本気で言う。
ものすごく、安心したように、胸をなでおろす。


    そんなに、心配してくれてたのね。
    って、胸が痛む。


    そんなに、愛してくれてるのね。
    って、胸がいっぱいになる。 





七月七日。
一年に一度の、 七夕。 

かめこの、 願い事は、

    「つるちゃんと、できるだけ、いつまでも、こうしていられますように。」


オットさまの願い事は、
    あの神社の神様に、お願いしてることだね。



。。。。願い事、追加しようかな。

    この人と、できるだけ、いつまでも、こうしていられましように。」 



↓できれば、応援クリック、お願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:旦那さんのこと。 | ジャンル:結婚・家庭生活]

【2006/07/07 08:14】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(22) |
魚屋さん
つるちゃんとかめこの 家には、週に3回、火曜・木曜・土曜日に、  魚屋さんが来る。
チャイム押してくれて、 
かめこが、
 『行きま~す。』 って、どなったら、開店で~す

           魚屋さん6月22日

  
 魚屋さんの来る時刻は、ヘルパーさんが来て直ぐ。
つるちゃんをお願いして、かめこは、お買い物。


きょうは、木曜日だから、もちろん来た。
ワラサ(ブリの子ども)を刺身にしてもらったよ。

おとといの火曜日は、鯵。
おじさんが、朝、三枚下ろしにした物が、並んでた。
残ってた分、全部(と言っても11枚)買ったら、安くしてくれた。
フライにしたら、身がふわっとして、すごくおいしかった。

あれば買うのが、貝類。
ちょっと前に、赤貝の、普通には、見ないようなのが置いてあって、
即、買いました。
貝類は、 オットさまの大好物なんだ。
夏でも熱燗の人だからね。

おっと、かめこの好物は、まぐろの中落ち。
時々、(安くても)抜群にうまいのが、入ってくる。
そういう時、 おじさんは、ちゃんと、かめこの分を取っておいてくれるんだよ。

火曜日のアジフライ、つるちゃんも、すごくおいしそうに食べてた。
付け合せのキャベツの千切りとかも、ちゃんと食べられる。
きゅうりを少し混ぜてるからかな?
マヨネーズかけた方が、食べやすいけど、かけなくても、OK。
 トマトは、皮が残るから、特にミニトマトは、必ず湯むきする。



おじさんには、つるちゃんには、小骨が危ないとか、
パサパサしてるより、脂がのってた方が食べやすいとか、話してある。
焼くとか、煮るとか、どんな調理をすれば、おいしいか、食べやすいか、
相談したりもしてるよ。 

ただねぇ、
つるちゃんは、ホントは、お肉の方が好きなんだ。
フライは、大好きなんだけど、
きょうの刺身は、あんまり嬉しくないと思います。


↓応援クリックお願いします。
押してね

皆さんに、お願いがあります。
コメントをくださる時、頭に、絵文字のキャラクターを、入れてほしいんだ。
自分の、イメージ・キャラクターだよ。
気に入ったのを探して、自分の印にして、コメントの頭に、いつもつけてね。
もう、決まっているのは、 


家族: 可愛つる(つるちゃん)
     かめこ  オットさま 長女ミニー 次女ディジー
      亡くなったかめこ父 かめこ弟
スタッフ:精神科主治医Dr.お茶の水博士内科かかりつけ医キューピー先生 
     訪問看護師エンジェルさん 訪問歯科の先生
ネットで知り合った、お友達:

[テーマ:つぶやき | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/06/22 14:36】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(24) |
ケアマネの長所
つるちゃんが、ショートステイから帰ってきたら、
ケアマネの満月さんが、次のケアマネを、連れて来ることになっている。
満月さんは、6月いっぱいで、今の仕事場を離れるのだが、
つるちゃんの担当は、5月いっぱいで外れて、
6月は、新しいケアマネの、相談係になるという。
                
                                   いつも、見ていてくれた

満月さんは、つるちゃんの2代目のケアマネだ。
出会ったのは、まだ、つるちゃんが、小さい施設にいた頃。
第一印象は、普通。前任者とたいして変わりない。
まぁ、そんなとこ。
前任者にも、特に不満はなかったから、決して、印象が悪かったわけではないが。

その印象が、いつ、変わったか、よく覚えてはいない。
特に事件あったとかではないから。

2度くらい、続けて、
「この人は、人の話が聴ける人なんだ。」 と、意識した日があったのだ。
かめこの話を、熱心に聞いてくれる。
こちらが、話したいだけ、話させてくれる。
ただ、聞いているだけではない。
言わんとするトコロを、きちんと理解してくれる。

知り合った頃は、
つるちゃんと、また一緒に暮らしたいとは、まだ、思ってない頃で、
自分が、今どうしたい。とか、あまりなかったから、
自分でも、まとまりのない話をしていたと思う。
満月さんは、一区切りつくごとに、
かめこの話に出てきたポイントらしき単語を、復唱し、
言いたいであろう事柄の文章を復唱して、確認してくれた。
結果として、
かめこが、自分で何を言ったのか、わからせてくれた。
そして、そのことが、かめこが、次に何を考えていけば良いかを、
気づかせてくれることに、いつも、つながってきた。

今でもそれは、変わらない。
満月さんに話すと、自分の話したいことが、はっきりする。


家族に、つるちゃんと再び暮らしたいと相談した時、
かめこの頭の中には、満月さんと、もう一人のプロがいた。
この二人がいれば、再同居に、踏み切れる。
その思いが、強かった。

この二人の共通点は、「謙虚なこと」。
二人とも、その道のプロではない、かめこにも、
教わるべきことがあると、思ってくれてるみたい。



明日から、6月です。
満月さん、大変お世話になりました。
あなたが居てくれたから、再同居に、踏み切れて、ここまで、来られたんだよ。
感謝しています。ほんとうに、ありがとうございます。
       

[テーマ:ケアマネ | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/31 08:45】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(16) |
お隣さん達、ありがとう
日曜日は、ヘルパーさんが来ないので、
きのうは、オットさまとかめこ とで、えいと・いれぶ☆に、つるちゃんを連れていった。
もちろん、おやつを買うために。

オットさまが、車椅子の準備をしてくれてる間に、
かめこは、つるちゃんを連れて、外に出た。
お隣さんに、一言お礼が言いたくて。
あと、歩いてるつるちゃんを見てほしくて。



   実は、おとといの土曜日の夕方、チャイムが鳴って、出てみたら、
   雨の中に、お隣のご主人が、立っていた。
   ご挨拶するのも、久しぶり。
 
   『ちょっと、地域の会があって、もらってきたんですけど、良かったら。』
   『要らなければ、それでもいいです。』

   そう、言いながら、かめこに紙袋を手渡たす。
   中をのぞいたら、
「認知症の理解と介護」 という、冊子が見えた。
   『あっ、ありがとうございます。』
   それだけ言って、受け取った。

   そのお宅には、前に、2,3回、野菜のおすそ分けを頂いている。
   奥様が、 
『買い物くらい、行かせてください。』 と、言ってくれた。
   それから、つるちゃんが、しりもちをついて、かめこが起こせないような時には、

   『助けに来て。』  と、お願いしてもある。

   頂いた冊子は、
   主に認知症になった人の家族の為に、介護について書かれたもので、
   40ページもある、しっかりとしたものだった。
   地域社会に、理解の和を広げようという趣旨の、講演会の資料のようだった。
   オットさまが、気に入って、夕食を食べてる間も、広げて、熱心に読んでいた。
   わかりやすく、まとまっていて、かめこも、再確認になりました。



お隣さんは、お留守だった。
それで、つるちゃんを車椅子に乗せ、オットさまに見てもらって、
かめこは、お隣との境の道路を、お掃除。
道路には、うちの落ち葉がたくさんたまっていた。
お隣さんの玄関は、うちの方を向いているから、
玄関の出入りの際、汚くて、申し訳なかった。
いつも、道路の掃除、サボって、すみません。



         かめこが、車椅子に付き添うと、
         つるちゃんは、いつも、右手で、かめこの左手を取る。
         そして、時々、左手も、添えるんです。
         これは、えいと・いれぶ☆の前で、信号待ちしてる時。
         いつもより、しっかり、手を重ねてます。
 
                    つるちゃんとかめこ

【続きの表示】

[テーマ:まちづくり | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/05/15 14:06】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(33) |
気になる男の人
つるちゃんには、「気になる男の人」 が、いる。

「そういう人が、いるらしい。」 とわかったのは、2週間前の水曜日。
つるちゃんが、認知症専門ディサービスの 「そよ風さん」(仮) から、帰ってきた時だ。

帰ると、つるちゃんは、いつも少し興奮気味で、家の中を、歩き回る。
落ち着くまで、かめこも、つるちゃんの手をとって、一緒に歩く。

その、水曜日、いつものように、
しばらく、歩き回って、ちょっと、気持ちが一段落した頃、
つるちゃんが、また、唐突に、話し出した。


『さうすさん、ってひとが、いてぇ。』
『え?』 『サウスさん?』 

まぁ、驚いたこと
つるちゃんが、人の名前を言い出すなんて、初めてのことだわ。
水曜日には、とてもいいお友達が出来たって聞いてるから、その人かな?


『つるちゃん、サウスさんって、お友達
つるちゃんは、首を振る。

え? 違うの?
『サウスさんって、女の人
つるちゃん、またまた、首を振る。

え? 女じゃない?
『サウスさんって、男の人なの

かめこは、興味津々、ひとつひとつ、質問して、そして、とうとう、聞き出しちゃったよ。
【続きの表示】

[テーマ:デイサービス | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/04/13 18:44】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(36) |
父の命日
『もう、くたびれちゃった。』 『お母さんを頼む。』
父は、かめこに、そう言い残し、翌朝、旅立った。
2001年、平成13年4月2日。その日も、桜が満開だった。


死因は、腹部大動脈瘤破裂。
前日夕方、気分の悪くなった父を、
かめこが、主治医の居る、大学病院まで連れて行った。
父は、タクシーを降りようとして、立てずに、崩れるように倒れ、
そのまま起き上がることが出来なかった。
病院に着くまで、気丈にも、耐えていたのだ。

夜になり、集中治療室の、父の枕元に、家族全員が、集まった。
つるちゃん、かめこ、、かめこの弟君、オットさま、
ミニー、ディジー。


そこで、言ったんだ。


『もう、くたびれちゃった。』  『お母さんを頼む。』


かめこは、
『お父さん、お母さんのこと、良くがんばったね。
 もう充分だよ。ゆっくり、休んでください。』

そう、心の中で、つぶやいていた。。。


                                   お父さんへ

[テーマ:心に残る言葉 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/04/02 10:45】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(20) |
かめこの愉快な仲間達
今週、ヘルパーさんに、交代がありました。
ここで、改めて、
「つるちゃんとかめこ」 のうちに、来てくれている、
ヘルパーさん達を、ご紹介します。 

全員、花の名前が、ついてるよ。
これは、自己申告。
だから、その花のイメージと、そのヘルパーさんのイメージは。。。



現在、1週間に、5人のヘルパーさんが入ってくれている。
かすみ草さん、しろつめくささん、マーガレットさん、ひまわりさん、
そして、今週、初登場の、タンポポさん。

新人さんのことは、まだ良く分からないんだけど、
あとの4人は、力量確かで、なかなかの個性派ぞろい。
それぞれ、その得意分野や、タイプを遺憾なく発揮してくれている。
おかげで、ヘルパーさんとの時間は、毎日、愉快で、たまらない。


みんな、
つるちゃんのことを、愛してくれて、
人として、認めてくれて、
精一杯、お世話しようとしてくれている。
どうしたら、かめこの力になれるか、常に考えながら、行動してくれる。
だから、
かめこは、それぞれの、長所を見つけたい。
あとは、双方の思いやりで、なんとでもなるさ。
訂正
双方ではなくて、3者。 つるちゃんと、そのヘルパーさんと、かめこだった。

そう、
つるちゃんも、すごく努力してるんだ。
一人一人の特徴を良く見てる。 感心しちゃうよ。
だから、当然、相手によって、頼り方が違う。
今回も、新人さんに対しては、ちょっぴり、気も使ってた。


3者相互の相性、バッチリだね 

でもね、もっと、分かり合うために、ヘルパー会社を通して、
ここぞという時には、きちんと、お互い要望を伝えたりもする。

例えば、かめこは、
今、来てくれてるヘルパーさんの一人について、

『これまでの、経験を、全部忘れて、一から出直してほしい。』 
と、会社側に、伝えた事があるんだ。

その次、来てくれた時、
彼女は、かめこの言葉通りに、
新人のように、謙虚に、かつ、意欲的に、仕事をしてくれた。
かめこは、奥の部屋に行って、泣きました。うれし泣きです。

又、逆に、
今来てくれている、ヘルパーさんの一人から、会社を通じて、
かめこに、要望が出されたこともある。

『家族は、家族の役割を果たしてほしい。』
その意味が、かめこには、とてもよく分かった。甘えが出てたんだと思います。
その時、伝えてくれたことは、今でも、とても感謝している。

そして、その、どちらのヘルパーさんとも、
それまで以上に、
もっと、もっと、仲良くなったんだよ             
                                                                   桜満開!
            

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/29 16:01】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(13) |
ミニー介護の為に退職
日曜日は、基本的に、ヘルパーさんは来ない。
でも、その代わり、
今年度は、月に2回、かめこの長女のミニーが来る。
26日の日曜日も、午後来てくれた。

ミニーは、ホームヘルパー2級の資格を持ってるんだよ。
仕事としては、してないけど、本物のヘルパーさんなんだ。


『おばあちゃんのお世話、せっかくやるなら、
          後で、自分のためになるようなやり方をしたい。』

そう言って、
ミニーは、資格を取ったんだ。


【続きの表示】

[テーマ:介護 | ジャンル:福祉・ボランティア]

【2006/03/27 12:15】 | 支えてくれる人達 | トラックバック(0) | コメント(26) |
プロフィール

かめこ

Author:かめこ
つるちゃんは、症状が出てから12年。
現在81歳。要介護5です。
家族は、つるちゃん・かめこ・かめこの夫
孫ミニーとデイジーは共に結婚して別居。
かめこは、乳がん手術を体験しています。
体力は無いけど、命の重さと自由の尊さを
知ってる人だと思います。

↓応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

ご訪問ありがとう !

今、来てくださってるのは?

現在の閲覧者数:
無料カウンター

コメントありがとう!

書籍『つるちゃんとかめこ』  

画像をクリックするとAmazonに飛びます。    下の茶色の文字からは、楽天に飛びます。

 つるちゃんとかめこ 

ISBN978-4-286-05653-1           『つるちゃんとかめこ』楽天で購入できます。  

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事の日付とタイトル

全ての記事を表示する

カテゴリー(数おかしいです)

カレンダー(月別)

01≪│2017/03│≫02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

3月20日カウンター設置

5月15日20000キリ番ゆっきーさん

6月 8日30000キリ番 ツナさん            7月 3日40000キリ番 スリブリさん                       7月30日50000キリ番 モモさん                    8月31日60000キリ番 ゼリーさん                    9月29日70000キリ番 キバっち                       10月28日80000キリ番mayumi*さん             11月22日90000キリ番ゆっきーさん                    1月15日111111キリ番ゼリーさん                        2月20日123456キリ番ウルルさん      10月3日200000キリ番marinaさん               12月2日220000キリ番みつこさん            

ご紹介

有料サイトですが、無料部分もあります。

認知症ラボ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。